守護職

歴史上の人物

島津忠昌:朱子学を興隆させた室町-戦国時代の武将

薩摩・大隅・日向の守護職を継承した名家出身の武将 島津忠昌は、薩摩、大隅、日向の守護職を継承した名家出身の武将です。1372年、薩摩守護島津氏の第11代当主、島津元久の次男として生まれました。幼名は千代丸。1398年に元久が没すると、兄の島津久豊が家督を継ぎました。しかし、久豊は1411年に急死したため、忠昌が家督を継承しました。 忠昌は、兄の急死により、20歳で家督を継承することになりました。しかし、忠昌は幼い頃から聡明で、家督を継承した直後から、家督を円滑に継承するために、多くの家臣を登用するなど、積極的に家臣団の結束を固めました。また、忠昌は、領内の治安維持に努めるとともに、積極的な領地拡大政策を推し進めました。 忠昌は、1413年に日向国の守護職に補任されました。また、1425年に大隅国の守護職に補任されました。さらに、1429年には薩摩国の守護職に補任され、薩摩、大隅、日向の3国の守護職を兼任しました。 忠昌は、3国の守護職を兼任したことで、九州の中心的な大名となりました。また、忠昌は、九州の他の大名と同盟を結び、九州の安定化に努めました。忠昌は、1449年に亡くなりましたが、その死後も島津氏は薩摩、大隅、日向の3国の守護職を継承し、九州の中心的な大名として君臨し続けました。
歴史上の人物

蘆名盛久 – 室町時代の武将

蘆名盛久 - 室町時代の武将 蘆名盛久は、室町時代の武将であり、蘆名氏の第6代当主です。1416年に蘆名盛高の嫡男として生まれ、1446年に家督を継ぎました。 蘆名盛久は、伊達氏や相馬氏など、近隣の有力大名と争い、蘆名氏の勢力拡大に努めました。また、応仁の乱では東軍に属して活躍しました。 1479年、蘆名盛久は嫡男の蘆名顕盛に家督を譲って隠居し、1482年に死去しました。 蘆名盛久の生涯 蘆名盛久は、1416年、蘆名盛高の嫡男として生まれました。1446年に家督を継ぎ、蘆名氏の第6代当主となりました。 蘆名盛久は、伊達氏や相馬氏など、近隣の有力大名と争い、蘆名氏の勢力拡大に努めました。1451年には、伊達氏の当主である伊達持宗を倒して、伊達氏を服属させました。また、1459年には、相馬氏の当主である相馬盛胤を倒して、相馬氏を服属させました。 蘆名盛久は、応仁の乱では東軍に属して活躍しました。1467年、上杉憲実と結んで、足利義政の弟である足利義視を擁立して、上洛しました。しかし、1469年に細川勝元と和睦して、京都を退却しました。 1479年、蘆名盛久は嫡男の蘆名顕盛に家督を譲って隠居しました。1482年、死去しました。
歴史上の人物

島津久豊(1)-室町時代の武将-

島津久豊の生涯 島津久豊は、室町時代の武将であり、薩摩国の守護大名である。島津氏第13代当主であり、島津忠昌の嫡男として誕生した。 久豊は、幼少期より武芸に秀でており、14歳の時に初陣を果たした。その後、数々の戦いで功績を上げ、1442年に薩摩国の守護に任命された。 久豊は、薩摩国の安定に努め、領内の開発や産業の振興に尽力した。また、薩摩国の文化の発展にも貢献し、多くの寺社を建立した。 久豊は、1485年に死去するまで、薩摩国の守護大名として活躍した。久豊の死後、島津氏は家督争いが勃発し、薩摩国は一時的に混乱に陥った。しかし、久豊の嫡男である島津忠治が家督を継いで薩摩国を統一し、島津氏は再び薩摩国の支配者となった。 久豊は、薩摩国の安定と発展に貢献した名君であり、薩摩国の歴史にその名を刻んでいる。
歴史上の人物

斯波義淳 – 室町時代の武将

- 斯波義淳の生涯 斯波義淳(しば よしあつ)は、室町時代の武将。斯波氏13代当主。従四位下左京大夫。斯波義将の嫡男。官位は従四位下左京大夫。子に義重。 永享2年(1430年)、斯波義将の嫡男として誕生。父である斯波義将は鎌倉府の要職である鎌倉公方の執事職を世襲しており、義淳もまた幼い頃から鎌倉で育てられた。 嘉吉元年(1441年)、12歳のときに父が死去し、家督と鎌倉公方の執事職を継承する。しかし、若年のため、実権は叔父である斯波持種が握っていた。 文安2年(1445年)、持種が死去すると、16歳の義淳がようやく鎌倉公方の執事職に就任する。しかし、鎌倉公方の足利持氏と対立したため、鎌倉を追放されてしまう。 康正元年(1455年)、持氏と和解し、鎌倉に帰還する。しかし、今度は持氏の弟である足利成氏と対立したため、再び鎌倉を追放される。 享徳3年(1454年)、成氏が鎌倉を放棄して古河に拠点を移すと、義淳は鎌倉に帰還して幕府から鎌倉公方の職を拝命する。 しかし、成氏は翌年に鎌倉を奪還し、義淳は再び追放される。 康正3年(1457年)、義淳は成氏と和解し、鎌倉に帰還する。しかし、翌年に成氏と再び対立し、鎌倉を追放される。 文正元年(1466年)、義淳は剃髪して出家し、法号を道淳と称する。 応仁2年(1468年)、義淳は京都で死去する。享年39。
歴史上の人物

山名氏冬:南北朝時代の武将

- 山陰での幕府軍との戦 山名氏は冬の軍事的功績の中で、特に注目すべきなのは山陰での幕府軍との戦いである。この戦いは、南北朝時代の初期に山陰地方を巡って展開されたもので、山名氏は冬は幕府軍を相手に数多くの戦いを戦い、最終的に勝利を収めた。 この戦いのきっかけとなったのは、山陰地方を支配していた山名氏が冬が、幕府の命に背いて挙兵したことである。幕府は、山名氏の冬の挙兵を鎮圧するため、軍勢を派遣したが、山名氏は冬の軍勢は幕府軍を相手に善戦し、数多くの戦いに勝利した。 山名氏が冬の勝利の要因となったのは、彼の優れた軍事戦略と、山陰地方の地形を熟知していたことである。山名氏は冬は、山陰地方の複雑な地形を巧みに利用して、幕府軍を翻弄した。また、山名氏は冬の軍勢は、地元の民衆の支持を受けており、士気も高かったため、幕府軍を圧倒することができた。 山名氏が冬の勝利は、南北朝時代の歴史に大きな影響を与えた。この勝利によって、山陰地方は山名氏の冬の支配下に入り、山名氏は冬の勢力はさらに強大になった。また、山名氏の冬の勝利は、幕府の権威を低下させ、南北朝時代の終結を早めることになった。 山名氏は冬の山陰での幕府軍との戦いは、南北朝時代の重要な戦いのひとつである。この戦いは、山名氏の冬の優れた軍事戦略と、山陰地方の地形を熟知していたことが、勝利の要因となった。山名氏の冬の勝利は、南北朝時代の歴史に大きな影響を与え、幕府の権威を低下させ、南北朝時代の終結を早めることになった。
歴史上の人物

– 島津立久

-島津立久の生涯- 島津立久(1533年 - 1573年6月18日)は、戦国時代の武将。薩摩国島津氏第16代当主。 島津忠良の嫡男として薩摩国鹿児島城に生まれる。 幼名は友四郎。通称は四郎。 官位は従四位下、弾正忠、隠岐守。号は雲興院。 -武勇の誉れ高く、天下統一の夢を有していた----------------- 1554年、父・忠良が死去し、島津氏の家督を継ぐ。 1570年、大隅国を平定。 1571年、肥後国を平定。 1572年、日向国を平定。 -島津の四兄弟----------------------* 立久は四兄弟の三男であり、兄の島津貴久や弟の島津義久、島津家久もまた、勇猛な武将であった。 島津家は「島津の四兄弟」として知られ、九州を統一するほどの実力を持っていた。 -立久の死----------------------* 1573年、大友宗麟率いる豊後国大友氏と肥前国龍造寺氏との合戦で、立久は戦死した。享年40。 立久の死により、島津氏の九州統一の夢は頓挫することになった。 -エピソード----------------------* ・立久は武勇の誉れ高く、天下統一の夢を抱いていた。 ・立久は、島津氏の家臣である伊集院忠棟の娘であるお福を妻とした。 ・立久の死後、島津氏の家督は弟の義久が継いだ。 ・立久の墓は、鹿児島県鹿児島市の浄光明寺にある。
歴史上の人物

佐々木政義 – 鎌倉時代の武将

佐々木政義の生涯 佐々木政義は、鎌倉時代の武将であり、鎌倉幕府の御家人であった。佐々木定綱の子として生まれ、伯父である佐々木盛綱に育てられた。 政義は、若い頃から武功を立て、源頼朝に仕えていた。頼朝の死後、北条泰時の側近となり、幕府の要職を歴任した。1221年、承久の乱では、北条泰時に従って上洛し、乱を平定した。 承久の乱の後、政義は、幕府の有力御家人として、幕政に参画した。1226年、執権となった北条泰時の死後、政義は、幕府の最高実力者となり、幕政を主導した。 政義は、幕府の権威を高め、朝廷との関係を維持することに努めた。また、御家人たちの統制を強化し、幕府の安定を図った。 政義は、1247年に死去した。享年66。政義の死後、幕府は衰退し、鎌倉幕府は、1333年に滅亡した。 政義は、武勇に優れた武将であり、幕府の有力御家人として幕政に参画した。政義は、幕府の権威を高め、朝廷との関係を維持することに努め、幕府の安定を図った。
歴史上の人物

結城基光 – 南北朝・室町時代の武将

-結城家と結城基光- 結城家は、鎌倉時代末期から室町時代にかけて、下野国(現在の栃木県)を拠点とした武家である。結城朝光を祖とし、室町幕府の有力な守護大名として活躍した。 結城基光は、結城家の当主であり、南北朝・室町時代の武将である。1333年(元弘3年)に鎌倉幕府が滅亡すると、建武の新政に参加するが、すぐに離反し、足利尊氏に味方した。尊氏が北朝を立てると、基光は北朝の武将として活躍し、1336年(建武3年)には、後醍醐天皇の皇子である宗良親王を破り、九州を平定した。 1338年(暦応元年)には、南朝の楠木正成を破り、河内国(現在の大阪府)を平定した。1343年(康永2年)には、足利尊氏が九州で謀反を起こした際、基光は尊氏を討伐するために九州に派遣された。そして、1344年(興国5年)には、尊氏を降伏させ、九州を平定した。 1349年(貞和5年)には、尊氏の命を受けて、四国に渡り、南朝の武将である新田義貞を討伐した。そして、1350年(観応元年)には、九州で再び謀反を起こした尊氏を討伐するために、九州に派遣された。しかし、尊氏に敗れ、九州を占拠された。 1352年(観応2年)には、尊氏に降伏し、室町幕府に参加した。そして、1354年(文和3年)には、尊氏の命を受けて、四国に渡り、南朝の武将である懐良親王を討伐した。そして、1356年(文和5年)には、北朝の皇太子である康仁親王を擁立し、室町幕府の第2代将軍とした。 1359年(延文4年)、結城基光は死去した。結城家はその後の争いで滅亡した。 結城基光は、南北朝・室町時代の武将として、足利尊氏を支え、室町幕府の成立に貢献した。また、南朝の討伐にも活躍し、足利尊氏の九州制圧を成功に導いた。
歴史上の人物

京極高光 – 室町時代の武将

- 京極高光の生涯 京極高光は、室町時代の武将であり、丹後国、若狭国、越前国守護を務めた。京極氏は、桓武平氏貞盛流の京極氏の傍流であり、高光の父は京極高秀である。京極氏は、南北朝時代末期に、足利尊氏に味方して戦った。 高光は、足利尊氏の四男である足利義満に仕えた。義満は、将軍職を継承して足利幕府の第三代将軍となり、高光は、義満の側近として重用された。高光は、明徳の乱では、細川頼之を討伐し、義満の勝利に貢献した。 応永元年(1394年)、義満は、高光を丹後国守護に任じた。高光は、丹後国に下向し、守護所を宮津城に置いた。高光は、丹後国で領国経営を行い、農地開発や灌漑事業などを実施した。 応永3年(1396年)、義満は、高光を若狭国守護に任じた。高光は、若狭国に下向し、守護所を小浜城に置いた。高光は、若狭国で領国経営を行い、海運業や鉱山開発などを奨励した。 応永6年(1399年)、義満は、高光を越前国守護に任じた。高光は、越前国に下向し、守護所を府中城(福井城)に置いた。高光は、越前国で領国経営を行い、農業生産の向上や商工業の振興などを図った。 応永13年(1406年)、義満が亡くなると、高光は、義満の遺志を継いで、足利義持を将軍職に就けた。高光は、義持の側近として重用され、幕府の政務を担った。 応永30年(1423年)、高光は、64歳で死去した。高光の死後、京極氏は、衰退していった。
歴史上の人物

土岐頼忠とは?平易に解説

-土岐頼忠の生涯と功績- 土岐頼忠(ときよりただ)は、戦国時代の武将で、美濃国守護であり、土岐氏の第27代当主。美濃国守護・土岐政房の四男として誕生。 頼忠は、早くから武勇に優れ、美濃守護代・斎藤利永の娘を正室に迎える。斎藤利永は、頼忠の有力な家臣であり、頼忠を支えた。 頼忠は、永禄2年(1559年)に美濃守護になると、斎藤道三らと争い、永禄12年(1569年)に斎藤道三を討ち、美濃を平定した。 頼忠は、美濃を平定すると、織田信長と同盟を結び、元亀2年(1571年)には、信長とともに三好三人衆を討ち、美濃を安堵した。 しかし、頼忠は、信長の勢力が強大になることを恐れて、信長に離反した。天正2年(1574年)に、信長は美濃を攻め、頼忠は降伏した。 頼忠は、降伏すると、信長の家臣となり、美濃の守護職を安堵された。しかし、頼忠は、信長の家臣としては不遇であり、天正4年(1576年)に隠居した。 頼忠は、永禄5年(1562年)に、岐阜城を築城し、美濃の居城とした。岐阜城は、木曽川と長良川の合流点に位置する山城であり、堅固な城郭であった。 頼忠は、武勇に優れ、美濃を治めた名君であった。しかし、信長の勢力が強大になることを恐れて、信長に離反したことが、頼忠の運命を決した。
歴史上の人物

「宗孝親」

「宗孝親」の最期 「宗孝親」は、日本の戦国時代末期から安土桃山時代にかけての武将・大名です。豊後国(現在の大分県)を拠点に勢力を伸ばしましたが、後に豊臣秀吉に滅ぼされました。 「宗孝親」の最期は、関ヶ原の戦いの後、豊前国(現在の大分県北部)に逃れたところで、毛利秀元によって攻められ、自害しました。 「宗孝親」は、関ヶ原の戦いの後に、豊前国に逃れていましたが、毛利秀元が豊前国に攻め込んできたため、豊前国を脱出しました。しかし、毛利秀元の軍勢に追撃され、豊前国と豊後国の境にある犬塚山で自害しました。 「宗孝親」の自害は、豊前国と豊後国の境にある犬塚山で行われました。犬塚山は、海抜300mほどの山で、頂上には山城跡があります。 「宗孝親」は、犬塚山で自害する前に、家臣たちに「私が死んだら、首を豊臣秀吉に届けてくれ」と遺言しました。家臣たちは「宗孝親」の遺言を遂行し、豊臣秀吉に「宗孝親」の首を届けました。 豊臣秀吉は「宗孝親」の首を見て、「宗孝親は、最後まで私と戦った brave な武将だった」と感心し、「宗孝親」の首を丁重に葬るように命じました。 「宗孝親」の死後、豊臣秀吉は「宗孝親」の領地を没収しました。「宗孝親」の領地は、豊臣秀吉の直轄領となり、豊臣秀吉の家臣たちが豊前国と豊後国を支配しました。
歴史上の人物

島津貞久 – 鎌倉・南北朝時代の武将

-足利尊氏に従い、南朝方と戦う- 島津貞久は、鎌倉・南北朝時代の武将で、島津氏の祖です。島津貞久は、建武3年(1336年)、後醍醐天皇の建武政権に抵抗する足利尊氏に従い、南朝方と戦いました。 島津貞久は、薩摩国(現在の鹿児島県)を拠点として、南朝方の武将である阿蘇惟時や菊池武光と戦いました。島津貞久は、阿蘇惟時や菊池武光を破り、薩摩国を平定しました。 島津貞久は、正平6年(1351年)、北朝方の武将である今川貞世と戦いました。島津貞久は、今川貞世を破り、日向国(現在の宮崎県)を平定しました。 島津貞久は、正平11年(1356年)、南朝方の武将である楠木正行と戦いました。島津貞久は、楠木正行を破り、阿波国(現在の徳島県)を平定しました。 島津貞久は、正平16年(1361年)、北朝方の武将である細川頼之と戦いました。島津貞久は、細川頼之を破り、讃岐国(現在の香川県)を平定しました。 島津貞久は、正平23年(1368年)に死去しました。島津貞久の死後、島津氏は、薩摩国を拠点として、南九州を支配しました。
歴史上の人物

赤松義村-室町・戦国時代の武将

- 赤松義村の生涯 赤松義村は、室町・戦国時代の武将です。播磨国の守護大名であり、赤松氏の一族です。赤松則村の次男として生まれ、兄の義則の死後に家督を継ぎました。 義村は、赤松氏の勢力を拡大し、播磨国を統一することに成功しました。また、明徳の乱では、足利義満に味方して、北朝の勝利に貢献しました。 応永の乱では、初めは北朝に味方していましたが、後に南朝に寝返りました。しかし、南朝が敗北したため、再び北朝に帰参しました。 義村は、永享年間には、越前の守護に任命されました。しかし、嘉吉の乱で赤松満祐が幕府に謀反を起こしたため、義村も連座して失脚しました。 失脚後は、播磨国に蟄居していましたが、文明年間には、赦免されて、播磨国の守護に復帰しました。 義村は、文明12年(1480年)に死去しました。享年88歳でした。 義村は、赤松氏の勢力を拡大し、播磨国を統一した名将でした。また、明徳の乱や応永の乱など、多くの戦乱を戦い抜いた武将でもありました。
歴史上の人物

佐竹義篤(1)

佐竹義篤(1)の生涯 佐竹義篤(1)は、1547年、佐竹晴幹の長男として誕生しました。幼名は菊麿丸と言いました。1568年に父が亡くなり、家督を継ぐと、すぐに越後国の上杉謙信と敵対することになりました。1570年には、上杉謙信に攻め込まれ、居城の太田城を落とされました。しかし、義篤はすぐに反撃し、太田城を奪還しました。その後も上杉謙信と抗争を続け、1572年には、上杉謙信が病死すると、ようやく越後国を平定することができました。 1573年、義篤は常陸国の小田原城を攻め、北条氏政を降伏させました。そして、1574年には、上杉景勝と和睦し、越後国と常陸国の境を定めました。その後も義篤は、周辺の諸国と争いを続け、領土を拡大していきました。 1581年、義篤は織田信長の命を受けて、北条氏政を攻めました。しかし、北条氏政は籠城して抵抗し、義篤は北条氏政を降伏させることができませんでした。その後も義篤は、北条氏政と争いを続けましたが、1582年に本能寺の変が起こると、義篤は北条氏政と和睦し、越後国に帰国しました。 1583年、義篤は上杉景勝と再び敵対することになりました。義篤は、上杉景勝に攻め込まれ、居城の春日山城を落とされました。しかし、義篤はすぐに反撃し、春日山城を奪還しました。その後も義篤は上杉景勝と抗争を続けましたが、1584年に豊臣秀吉の仲介で和睦しました。 1585年、義篤は豊臣秀吉の命を受けて、九州の島津氏を攻めました。しかし、島津氏を降伏させることができずに、越後国に帰国しました。その後も義篤は、豊臣秀吉の命を受けて、各地の戦いに参加しました。 1598年、義篤は豊臣秀吉の死後に、徳川家康に接近しました。そして、1600年の関ヶ原の戦いでは、徳川家康方に参加して、上杉景勝と戦いました。関ヶ原の戦いで徳川家康が勝利すると、義篤は越後国と佐渡国を加増されました。 1603年、義篤は江戸幕府を開府した徳川家康に謁見し、幕府の御家人となりました。そして、1609年に死去するまで、越後国を治めました。
歴史上の人物

小田治久→ 鎌倉・南北朝時代の武将

-弘安6年生まれの常陸小田城主- 小田治久は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての武将。常陸国小田城主。小田氏の一族。小田家次の子。小田時久の弟。通称は五郎。 弘安6年(1283年)に常陸国小田城(現在の茨城県筑西市)で生まれる。父・家次の死後、家督を継いで小田城主となる。 正中2年(1325年)、鎌倉幕府の倒幕運動に参加し、鎌倉に攻め込む。しかし、幕府軍に敗れて小田城に逃亡する。 元弘3年(1333年)、鎌倉幕府が滅亡すると、建武の新政権に参加する。建武2年(1335年)、足利尊氏が鎌倉で反乱を起こすと、尊氏に従って京都に攻め込む。 建武3年(1336年)、尊氏が京都を制圧すると、治久は常陸国守護に任命される。 延元元年(1336年)、尊氏が九州に逃れると、治久は尊氏に従って九州に渡る。 延元4年(1339年)、尊氏が京都に帰還すると、治久も京都に戻る。 正平7年(1352年)、尊氏が死去すると、治久は足利義詮に従う。 正平10年(1355年)、治久は常陸国で反乱を起こす。しかし、幕府軍に敗れて小田城に籠城する。 正平11年(1356年)、治久は小田城で自害する。享年74。 治久は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて活躍した武将であり、常陸国小田城主として一国の守護を任された人物である。
歴史上の人物

人名辞典-「浦上則宗」

浦上則宗とはどんな人物か? 浦上則宗は、戦国時代の武将で、播磨国(現在の兵庫県)の守護大名。浦上宗景の子として生まれ、室町幕府11代将軍・足利義澄に仕えました。 則宗は、若い頃から武勇に優れており、1519年には、播磨国の赤松則村を破って、播磨国の守護に就任しました。その後、則宗は、足利義晴を奉じて、畿内を転戦し、1527年には、京都を奪取しました。 しかし、1533年に、足利義晴が近江国に逃亡すると、則宗は、近江国に攻め入り、足利義晴を捕らえました。この功績により、則宗は、室町幕府12代将軍に任じられました。 1536年には、則宗は、播磨国に帰国し、居城である赤穂城を築城しました。その後、則宗は、家臣の浦上宗景と対立し、1545年に、宗景に攻められて、赤穂城を失いました。 則宗は、その後、播磨国を流浪し、1560年に、備前国(現在の岡山県)で死去しました。 则宗は、戦国時代の武将の代表格であり、その武勇と謀略は、多くの人々に知られていました。その生涯は、多くの小説やドラマの題材となっています。
歴史上の人物

ー島津忠隆

島津忠隆の生涯 島津忠隆は、大名・島津義久の四男として、永禄8年(1565年)に鹿児島で生まれた。島津氏は、薩摩、大隅、日向を領する戦国大名であり、忠隆は幼少の頃から武芸に励み、また、学問にも秀でていたと伝えられている。天正10年(1582年)に父・義久が死去すると、兄の島津義久が家督を継ぎ、忠隆も義久を補佐して島津氏の勢力拡大に努めた。 天正15年(1587年)に豊臣秀吉が九州を平定すると、島津氏も秀吉に降伏し、忠隆も秀吉に人質として差し出された。しかし、秀吉は忠隆の才能を高く評価し、肥後国八代城主10万石を与えた。忠隆は八代で領国の統治に努め、また、キリスト教の布教にも尽力した。 慶長5年(1600年)に関ヶ原の戦いが勃発すると、島津氏は西軍に与した。忠隆も西軍に加わり、兄・義久や甥の島津義弘らと共に、関ヶ原の戦いで徳川家康率いる東軍と戦った。しかし、西軍は敗北し、忠隆も薩摩へ逃亡した。 関ヶ原の戦いの後、忠隆は島津氏の本拠地である薩摩に戻り、義弘と共に島津氏の再興に努めた。しかし、慶長15年(1610年)に急死した。享年46。忠隆の死は島津氏にとって大きな痛手となり、島津氏はその後、徳川幕府の圧迫を受けて衰退していった。
歴史上の人物

山名時義 – 南北朝時代の武将

-山名時義の生涯- 山名時義は、南北朝時代の武将です。室町幕府の有力な守護大名であり、室町幕府の初代将軍・足利尊氏を支えました。 時義は、1327年に摂津国(現在の大阪府)に生まれました。父は山名時氏、母は足利貞氏の娘です。時義は幼い頃から武芸に秀でており、足利尊氏に仕えました。 1336年、尊氏が鎌倉幕府に反旗を翻した際、時義は尊氏に従って出陣しました。尊氏は京都で北朝を立て、時義は北朝の武将として活躍しました。 1338年、時義は摂津国守護に任命されました。時義は守護として、摂津国の治安維持に努めました。また、時義は北朝の有力な武将として、南朝と戦いました。 1367年、時義は南朝の武将・楠木正成を討ち取りました。この功績により、時義は播磨国守護に任命されました。時義は播磨国守護として、播磨国の治安維持に努めました。 1378年、時義は京都で亡くなりました。享年52歳でした。時義の死後、山名氏は衰退しました。 時義は、室町幕府の有力な守護大名であり、室町幕府の初代将軍・足利尊氏を支えました。時義は武芸に秀でており、北朝の武将として活躍しました。
歴史上の人物

「島津勝久」~知られざる戦国大名~

-「戦国時代の複雑な情勢」- 戦国時代の日本は、諸大名が群雄割拠して争い、中央政権が弱体化していた時代です。そのため、各地域では、大名同士の領土争いや、農民や商人などの庶民を巻き込んだ戦乱が繰り返されていました。 また、戦国時代には、海外から鉄砲やキリスト教が伝来し、日本の社会や文化に大きな影響を与えました。鉄砲は、それまでの戦のあり方を大きく変え、キリスト教は、人々の価値観や倫理観に大きな影響を与えました。 このような戦国時代の複雑な情勢は、島津勝久の生涯にも大きな影響を与えました。島津勝久は、戦国時代のさなかに、薩摩国の守護大名である島津忠良の嫡男として生まれました。戦国時代の情勢に翻弄されながらも、島津勝久は、薩摩国を統一し、九州の有力大名として台頭しました。 しかし、島津勝久は、九州統一の野望を果たすことなく、病に倒れ、亡くなりました。島津勝久の死後、島津氏は、豊臣秀吉の九州平定によって滅亡しました。しかし、島津氏の家臣たちは、豊臣氏に抵抗して島津氏を再興し、江戸時代には、薩摩藩の藩主として栄えました。 戦国時代は、日本の歴史の中でも、特に複雑で激動の時代でした。島津勝久は、戦国時代の複雑な情勢に翻弄されながらも、九州の有力大名として台頭した人物です。島津勝久の生涯は、戦国時代の日本の歴史を理解する上で、重要な意味を持っています。