安倍清行

歴史上の人物

安倍清行

-安倍清行の出自と家系- 安倍清行は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した武将・政治家です。安倍貞任の孫であり、安倍宗任の子として生まれました。 安倍氏は、平安時代前期に東北地方で勢力を振るった豪族です。貞任は安倍氏の棟梁であり、源頼義・義家父子の軍勢と戦い、陸奥国衣川の戦いで戦死しました。 宗任は貞任の嫡男であり、安倍氏の後を継ぎました。しかし、頼義・義家父子の軍勢に敗れ、陸奥国から追放されました。その後、宗任は伊予国に逃れ、清行を儲けました。 清行は伊予国で育ち、武芸を学びました。その後、上洛して平清盛に仕え、平家の一員となりました。清盛の信頼を得て、平家の重臣として活躍しました。 治承4年(1180年)、清盛が亡くなると、清行は平家の総帥となりました。しかし、源頼朝の挙兵により、平家は没落しました。清行は壇ノ浦の戦いで戦死し、安倍氏は滅亡しました。 清行の出自と家系は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての日本の歴史を理解する上で重要な意味を持っています。清行は、安倍氏という豪族の出身であり、平清盛に仕えて平家の重臣として活躍しました。しかし、源頼朝の挙兵により、平家は没落し、清行は壇ノ浦の戦いで戦死しました。清行の死とともに、安倍氏は滅亡しました。