安永5年

作家

吉田仲二 – 江戸時代中期の浄瑠璃作者と人形遣い

-# 吉田仲二の生涯と作品 吉田仲二は、江戸時代中期の浄瑠璃作者・人形遣いである。 -生涯- 吉田仲二は、1687年(貞享4年)に、近江国蒲生郡八幡町(現在の滋賀県近江八幡市)に生まれる。父は吉田仲蔵、母は商家・井筒屋の娘である。仲二は、幼い頃から浄瑠璃を好み、11歳のときに、初演された近松門左衛門の『曾根崎心中』を観て、浄瑠璃作者を志す。15歳のときに、江戸に上り、近松門左衛門に入門する。近松のもとで、浄瑠璃の作詞・作曲・演出を学ぶ。19歳のときに、近松の『心中宵庚申』の初演に参加し、浄瑠璃作者としてデビューする。 1716年(享保元年)に、近松が亡くなると、仲二は、近松の浄瑠璃座を受け継ぐ。1722年(享保7年)には、御用座となって、幕府から俸禄を受ける。仲二は、浄瑠璃作者として、近松の浄瑠璃を引き継ぎ、新たな浄瑠璃を創作する。1759年(宝暦9年)、仲二は亡くなる。 -作品- 吉田仲二は、浄瑠璃作者として、約300編の作品を残している。そのうち、代表作は、以下のとおりである。 * 『心中一力縄』 - 1724年(享保9年)に初演された、心中物浄瑠璃である。 * 『近江源氏先陣館』 - 1727年(享保12年)に初演された、時代物浄瑠璃である。 * 『傾城阿波鳴門』 - 1732年(享保17年)に初演された、世話物浄瑠璃である。 * 『恋娘昔八丈』 - 1737年(元文2年)に初演された、世話物浄瑠璃である。 * 『仮名手本忠臣蔵』 - 1748年(寛延元年)に初演された、時代物浄瑠璃である。 仲二の作品は、近松の浄瑠璃を継承しつつ、新たな時代を反映したものとなっている。仲二は、より世話的な題材を扱い、より写実的な表現を用いている。また、仲二は、人形遣いとしても活躍し、その演技は「仲二節」と呼ばれた。 吉田仲二は、近松門左衛門に次ぐ、江戸時代中期の浄瑠璃界を代表する人物である。
歴史上の偉人

吉田茂雅 – 江戸時代中期の弓術家

-吉田茂雅と弓術- 吉田茂雅は、江戸時代中期の弓術家で、新陰流の始祖山本勘助の直弟子であり、その奥義を伝承した人物として知られています。茂雅は、弓術においては、矢を放つ速度と正確さに優れた弓術家として知られており、その弓術は、他の弓術家からも一目置かれていました。 茂雅は、弓術の鍛錬に非常に熱心であり、常に弓術の稽古に励んでいました。茂雅は、弓術の稽古においては、常に弓と矢を手に持ち、常に射術の練習をしていました。また、茂雅は、弓術の稽古においては、常に弓の引き方と放し方を意識しており、常に弓術の技術を向上させるための努力を怠りませんでした。 茂雅の弓術は、他の弓術家からも一目置かれており、茂雅の弓術を学ぶために、多くの弓術家が茂雅のもとを訪れました。茂雅は、弓術の指導においても非常に熱心であり、常に弓術の技術を向上させるための指導を弟子たちに施していました。 茂雅の弓術は、江戸時代後期に、新陰流弓術として体系化され、今日でも多くの弓術家がその奥義を伝承しています。茂雅の弓術は、江戸時代中期の弓術において、重要な地位を占めており、茂雅の弓術は、今日でも多くの弓術家からも敬意を持って受け継がれています。
研究者

「大内熊耳」- 江戸時代中期の儒者

-百済王室の末裔といわれる- 大内熊耳は、百済王室の末裔といわれる。百済は、朝鮮半島南西部にあった古代国家で、日本と密接な交流があった。大内家は、百済滅亡後、日本に渡来した百済王族の末裔と伝えられている。大内熊耳の祖先は、百済の武寧王の孫である腆宗王だといわれている。腆宗王は、百済が滅亡した後に日本に亡命し、そこで子孫を残した。大内家は、その子孫が代々受け継いできた家系である。 大内熊耳は、1629年に筑前国(現在の福岡県)で生まれた。幼い頃から儒学を学び、15歳で江戸に遊学した。江戸では、儒学者として名を馳せ、多くの門人を輩出した。大内熊耳は、儒学だけでなく、書道や絵画にも優れていた。また、日本の歴史や文化にも精通しており、多くの著書を残した。 大内熊耳は、77歳で亡くなった。死後、その功績を称えて、筑前国に「大内熊耳先生墓」が建てられた。大内熊耳は、江戸時代中期の儒者として、日本の文化に大きな影響を与えた人物である。
研究者

「川江敏徳」

川江敏徳の経歴 川江敏徳は、日本の実業家。株式会社メディカル・ケア・サービスの創業者・代表取締役社長。 1968年、東京都生まれ。大学卒業後、ベンチャー企業に就職。その後、投資会社に転職し、M&Aや投資業務を経験。 2003年、株式会社メディカル・ケア・サービスを設立。同社は、医療介護施設の経営やコンサルティング事業を展開しており、介護業界で高い評価を得ている。 川江氏は、介護業界の課題や展望について積極的に発言しており、政府の介護政策にも影響を与えている。また、介護業界の発展に貢献したとして、多くの賞を受賞している。 川江氏の経営理念は、「社会に貢献する」こと。同社は、介護施設の経営を通じて、高齢者や障害者の生活をサポートしている。また、コンサルティング事業を通じて、介護事業者の経営を支援している。 川江氏は、介護業界の未来について、次のように語っている。 「介護業界は、今後ますます成長していく業界です。高齢化が進み、介護が必要な人が増えているからです。我々は、介護業界の発展に貢献し、高齢者や障害者が安心して生活できる社会を目指していきます。」 川江氏の経営手腕や社会貢献活動は、多くの人々から尊敬されている。同社は、今後も介護業界の発展に貢献し、社会に貢献していくことが期待されている。
歴史上の偉人

大饗平十郎 – 江戸時代中期の陶工

大饗平十郎の生涯 大饗平十郎は、江戸時代中期の陶工です。寛永19年(1642年)に美濃国土岐郡大針村(現在の岐阜県多治見市)に生まれました。幼い頃から絵画を好み、陶工になることを志しました。17歳の時に京都に出て、陶工として修行を始めました。 修行を終えた後は、大坂に出て、陶器の店を開きました。しかし、経営はうまくいかず、すぐに店をたたみました。その後、瀬戸に戻り、陶器の製造を始めました。瀬戸は、古くから陶器の生産が盛んな地域であり、平十郎は瀬戸の陶工たちから多くのことを学びました。 平十郎は、瀬戸で制作した陶器を江戸に送り、販売しました。江戸では、平十郎の陶器はたちまち人気を集めました。平十郎の陶器は、その精巧な作りと美しい絵付けが特徴です。平十郎の陶器は、将軍家や大名にも愛され、注文が殺到しました。 平十郎は、50歳で亡くなりました。しかし、平十郎の死後も、平十郎の陶器は人々に愛され続けました。平十郎の陶器は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されています。 平十郎の生涯は、挫折と成功の連続でした。しかし、平十郎は決してあきらめず、自分の夢を追い続けました。平十郎の不屈の精神は、多くの人に感動を与えています。
研究者

室何遠

- 室何遠の生涯 室何遠は、唐の時代前期に活躍した画家である。字は元(げん)。本貫は南充郡。 生年は不詳だが、唐の第3代皇帝太宗の貞観年間(627~649年)に、宮廷画家として活躍していたことが知られている。貞観14年(640年)には、太宗の命により凌煙閣の24功臣の画像を描いている。また、貞観16年(642年)には、太宗の皇太子李承乾の書画帖の序文を書いている。 室何遠は、山水画と人物画に優れた画家であった。山水画では、李思訓父子とともに「青緑山水」の創始者の一人とされ、人物画では、閻立本とともに「神品」と称された。 室何遠の山水画は、青緑の色調を基調とし、山石や樹木を繊細な筆致で描いているのが特徴である。人物画では、人物の動きや表情を生き生きと表現している。 室何遠の代表作として、山水画の「喬仲卿婦別離図」と、人物画の「韓熙載夜宴図」が挙げられる。「喬仲卿婦別離図」は、唐代の詩人白居易の同名の詩を題材としたもので、夫と別れた妻が、夫の帰りを待ち続ける様子を描いている。「韓熙載夜宴図」は、唐代の政治家韓熙載の夜宴の様子を描いたもので、宴席の華やかさと、韓熙載の心境の変化を巧みに表現している。 室何遠は、唐の時代前期を代表する画家の一人である。彼の山水画と人物画は、後の画家たちに大きな影響を与えた。
歴史上の偉人

菊岡光朝:江戸時代後期の装剣金工

-菊岡光朝の生涯- 菊岡光朝は、江戸時代後期に活躍した装剣金工です。本名は光朝、号は光慶。備前国 (現在の岡山県) に生まれ、京都で活躍しました。 光朝は、備前国で刀工として活躍していた菊岡家の一族に生まれました。幼い頃から刀工の技術を学び、16歳で京都に出て、装剣金工として独立しました。 光朝の作品は、精巧で華麗な作風で知られています。特に、菊岡家の伝統的な技法である「象嵌」の技術に優れており、彼の作品には、金や銀、銅などの金属を象嵌した美しい作品が多く見られます。 光朝は、装剣金工として高い評価を受け、江戸幕府の御用を務めました。また、多くの弟子を育て、装剣金工の技法を後世に伝えました。 光朝は、1832年に京都で亡くなりました。享年68歳でした。 光朝の作品は、現在も多くの美術館や博物館に所蔵されています。彼の作品は、江戸時代後期の装剣金工の最高峰として、高く評価されています。
歴史上の偉人

の梅辻春樵について

-梅辻春樵の生涯- 梅辻春樵は、1881年(明治14年)に京都府に生まれました。幼い頃から絵を描くことが好きで、1900年(明治33年)に京都市立美術工芸学校に入学しました。在学中は、日本画の大家である竹内栖鳳に師事し、画才を伸ばしました。 1905年(明治38年)に卒業後は、京都を拠点に日本画家として活動を始めました。1910年(明治43年)には、文展に出品した「日暮れの風景」が入選し、一躍注目を集めました。その後も、文展や帝展に出品を重ね、数々の賞を受賞しました。 1928年(昭和3年)には、帝国美術院会員に推挙され、1935年(昭和10年)には、京都市立美術工芸学校の教授に就任しました。1944年(昭和19年)には、京都帝国大学の教授に就任し、1960年(昭和35年)には、文化勲章を受章しました。 梅辻春樵は、1972年(昭和47年)に京都府で亡くなりました。享年91歳でした。 梅辻春樵は、日本画の伝統を受け継ぎながら、独自の画風を確立した画家です。彼の作品は、美しい色彩と繊細な筆遣いで知られており、日本画の傑作として高く評価されています。
歴史上の偉人

栄恕女王とは?

-栄恕女王の生涯- 栄恕女王(えいじょじょうおう)は、奈良時代の女官で、皇族。藤原不比等の娘で、聖武天皇の后である光明皇后の同母妹。聖武天皇の皇子である安積親王、井上内親王、新田部親王、不破内親王の母。 栄恕女王は、両親の死後、聖武天皇の妃として迎えられた。聖武天皇は、栄恕女王を深く寵愛し、栄恕女王は、聖武天皇の皇子の母となった。 737年(天平9年)、聖武天皇が崩御すると、栄恕女王は、皇太子である安積親王を擁立して、即位させようとした。しかし、藤原仲麻呂のクーデターにより、安積親王は廃太子され、栄恕女王も皇位継承から排除された。 栄恕女王は、クーデターの失敗後、出家して尼となり、法華寺に入り、法華 nunとして知られるようになった。栄恕女王は、772年(宝亀3年)に亡くなり、法華寺に葬られた。 栄恕女王は、聖武天皇の寵愛を受け、皇子の母となったが、藤原仲麻呂のクーデターにより、皇位継承から排除された。その後、出家して尼となり、法華 nunとして知られるようになった。栄恕女王は、772年(宝亀3年)に亡くなり、法華寺に葬られた。 栄恕女王は、聖武天皇の妃として、日本の歴史に大きな影響を与えた女性である。聖武天皇は、栄恕女王を深く寵愛し、栄恕女王は、聖武天皇の皇子の母となった。栄恕女王は、クーデターにより皇位継承から排除されたが、出家して尼となり、法華 nunとして知られるようになった。栄恕女王は、772年(宝亀3年)に亡くなり、法華寺に葬られた。
作家

俳人「岡野湖中」

-松尾芭蕉への敬愛と「俳諧一葉集」の刊行- 岡野湖中は、江戸時代の俳人です。松尾芭蕉に傾倒しており、芭蕉の没後は芭蕉の弟子である服部嵐雪のもとで俳諧を学びました。湖中は、俳諧の普及に努め、多くの俳諧集を刊行しました。その中でも代表的なのが、「俳諧一葉集」です。 「俳諧一葉集」は、湖中が芭蕉の没後10年となる元禄4年(1691年)に刊行した俳諧集です。この集には、湖中自身の作品だけでなく、芭蕉や芭蕉門人の作品も収められています。湖中は、この集の中で、芭蕉を「俳諧の祖」と称え、芭蕉の俳諧に対する姿勢を高く評価しています。また、湖中は、この集の中で、俳諧の作法やルールを解説しています。 「俳諧一葉集」は、俳諧の普及に大きな役割を果たしました。この集は、芭蕉の俳諧に対する姿勢を広く知らしめ、俳諧を学ぶ人々にとってのバイブルとなりました。また、この集は、俳諧の作法やルールを解説しており、俳諧を学ぶ人々にとっての貴重な資料となりました。 「俳諧一葉集」は、俳諧の歴史において重要な集であり、湖中の芭蕉への敬愛と俳諧の普及への貢献がうかがえる作品です。
歴史上の偉人

「甲斐庄正幹」

-「甲斐庄正幹」- -甲斐庄正幹の生涯- 甲斐庄正幹は、1911年2月14日、愛知県名古屋市に生まれました。父親は甲斐庄正蔵、母親は甲斐庄りきです。正幹は、4人兄弟の2番目の子供でした。 正幹は、幼い頃から頭が良く、勉強熱心でした。小学校を卒業後は、旧制名古屋高等学校に進学し、さらに東京帝国大学法学部に進学しました。大学卒業後は、内務省に入省し、地方官として各地を歴任しました。 1942年、正幹は、大政翼賛会の事務局長に任命されました。大政翼賛会は、第二次世界大戦中に日本の国民を戦争に協力させるために設立された組織です。正幹は、大政翼賛会で戦争協力のキャンペーンを展開しました。 1945年、日本は第二次世界大戦に敗戦しました。敗戦後、正幹は公職追放となり、政界から引退しました。正幹は、引退後は、執筆活動に専念しました。 1975年、正幹は、肺炎のため死去しました。享年64歳でした。 正幹は、日本の戦前戦中に重要な役割を果たした人物です。正幹の生涯は、日本の近代史を語る上でも欠くことのできないものです。
芸術家

吉村周山-江戸時代中期の画家、根付師

画家としての人生 吉村周山は、江戸時代中期の画家、根付師である。京都で生まれ、京焼の陶工である父の下で育った。幼い頃から絵に興味を持ち、10代の時に絵師の狩野永納に師事した。その後、京都で画家として活躍し、浮世絵や美人画を得意とした。 周山の画風は、狩野派の写実的な技法を基調としつつ、琳派の装飾性を融合させたものである。また、風俗画や戯画も得意とし、庶民の生活を描いた作品も多く残している。 周山の作品は、その繊細な筆遣いと華やかな色彩で人気を博し、多くの人々に愛された。また、根付師としても活躍し、その作品は現在でも高く評価されている。 周山は、江戸時代中期を代表する画家の一人である。その作品は、当時の庶民の生活や風俗を知る上で貴重な資料となっている。また、その画風は、後の日本画の発展に大きな影響を与えた。 周山の代表作としては、「美人図巻」、「風俗図巻」、「戯画図巻」などがある。これらの作品は、いずれも周山の卓越した画才とユーモアセンスが遺憾なく発揮された名作である。 周山は、1772年に京都で亡くなった。享年67歳。
ミュージシャン

藤村検校 – 江戸時代中期の地歌演奏家

藤村検校の生涯 藤村検校は、江戸時代中期の地歌演奏家です。本名は平瀬藤右衛門といい、1707年(宝永4年)に江戸に生まれました。 藤村は幼い頃から音楽に親しみ、10代の頃から三味線を始めました。17歳で検校となり、以降は地歌演奏家として活動しました。 藤村は、地歌の演奏技術に優れ、また、作曲家としても活躍しました。彼の代表作には、「越後獅子」や「難波獅子」などの地歌があります。 藤村は、1772年(安永元年)に66歳で亡くなりました。 藤村検校は、江戸時代中期の地歌界を代表する演奏家の一人でした。彼の演奏は多くの人々に愛され、また、彼の作曲した地歌は現在でも演奏されています。 藤村検校の生涯を、以下にまとめます。 * 1707年(宝永4年)江戸に生まれる。 * 1724年(享保9年)17歳で検校となる。 * 1730年(享保15年)地歌演奏家としてデビューする。 * 1741年(寛保元年)作曲家としてデビューする。 * 1772年(安永元年)66歳で亡くなる。
エンターテインメント

2代目尾上菊五郎

-2代目尾上菊五郎- -歌舞伎役者としての功績- 2代目尾上菊五郎は、江戸時代後期の歌舞伎役者です。1818年に江戸で生まれ、1892年に東京で亡くなりました。本名は尾上松緑です。屋号は音羽屋です。俳名は菊之亟、菊之丞、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟、菊五郎、菊松、菊之亟
作家

宮原雪堂

宮原雪堂とは 宮原雪堂は、1839年(天保10年)に現在の兵庫県朝来市に生まれた画家です。本名は宮原正信。号は雪堂のほか、香嶺、墨雲など。 幼い頃から絵を描くことが好きで、10歳の頃に京都に出て、絵師のもとで修行を始めました。1860年(万延元年)に上京し、狩野派の画家である河鍋暁斎に師事しました。 1880年(明治13年)に明治政府の招きで渡欧し、ヨーロッパの美術を学びました。1883年(明治16年)に帰国し、京都で画塾を開いて後進の指導に当たりました。 雪堂は、日本画と洋画を融合させた新しい画風で知られています。彼の作品は、写実的で繊細な筆致が特徴で、人物画や風景画を得意としました。 1902年(明治35年)に京都で死去しました。享年64歳。 雪堂は、近代日本画の発展に大きな功績を残した画家として知られています。彼の作品は、現在でも多くの美術館に所蔵されており、国内外で高い評価を受けています。
研究者

小倉鹿門-江戸時代の儒学者

江戸時代中期の儒者 小倉鹿門は、江戸時代中期の儒学者です。通称は半四郎、字は子木、号は鹿門、魯庵、鹿門居士などです。常陸国(現在の茨城県)に生まれ、江戸で学んで、後に京都に移りました。 小倉鹿門は、山鹿素行の門人で、朱子学、陽明学、古学などの思想を幅広く学びました。特に、朱子学を深く研究し、その思想を江戸時代の中期に広めるのに大きな役割を果たしました。 また、小倉鹿門は、仏教や神道にも通じており、それらの思想との融合を図るなど、新しい儒学の在り方を模索しました。また、多くの弟子を育て、江戸時代の中期の儒学の発展に大きな貢献を果たしました。 小倉鹿門の思想は、江戸時代の中期の政治や社会に大きな影響を与えました。例えば、小倉鹿門は、尊王攘夷の思想を唱え、幕府の政治を批判しました。また、小倉鹿門は、朱子学の道徳観を説き、社会の安定と秩序を維持するのに貢献しました。 小倉鹿門は、江戸時代の中期の儒学の発展に大きな貢献をした人物です。その思想は、江戸時代の中期の政治や社会に大きな影響を与え、今日の日本文化にも影響を与えています。
エンターテインメント

中山よしを(初代)-没後200年を迎えて

-初代中山よしをとは?- 初代中山よしを(中ノ庄よしを)(1725年 - 1823年11月4日)は、江戸時代の浄瑠璃・義太夫節三味線方の名人。通称は与五兵衛、初名は通吉。芸名はよしを、よしを節の創始者であり、門弟に二代中山よしを、三代中山よしをが出た。 中山よしをは播磨国赤穂郡中ノ庄村(現在の兵庫県赤穂市中庄)に生まれた。幼い頃より浄瑠璃を好み、13歳の時に江戸へ出て、吉田検校の門弟となった。しかし、師匠とそりが合わず、すぐに破門された。その後、各地を巡業して、浄瑠璃の腕を磨いた。 1765年、中山よしおは江戸に戻り、芝居小屋で三味線を弾き始めた。その頃、歌舞伎役者の初代市川團十郎と親しくなり、團十郎の主演する芝居の伴奏を務めるようになった。団十郎の十八番「外郎売」の三味線を担当し、江戸の町に「外郎売」を流行らせた。團十郎と義兄弟になったことで、次第に評判が上がり、三味線の名手として知られるようになった。 1780年、中山よしおは「義太夫節正本集」を刊行した。これは、それまでの義太夫節の浄瑠璃本を集めたもので、浄瑠璃の普及に貢献した。また、中山よしおは三味線の奏法を改良し、よしを節を創始した。よしを節は、それまでの義太夫節よりも華やかで、聴きやすい曲調で、江戸の町民に大人気となった。 中山よしおは、1795年に二代目に名跡を譲り、引退した。しかし、その後も三味線を弾き続け、1823年に79歳で亡くなった。中山よしおは、浄瑠璃・義太夫節三味線の発展に貢献した偉大な三味線奏者であった。
エンターテインメント

歌舞伎と浄瑠璃の人物「お半・長右衛門」

-# お半と長右衛門の悲しい恋物語 お半と長右衛門は、歌舞伎と浄瑠璃でよく上演される悲恋の物語です。お半は遊女、長右衛門は武士であり、身分違いの恋をしたために悲劇的な結末を迎えることになります。 お半は、京都の島原遊郭に売られた遊女でした。彼女は美貌と気立てのよさで評判となり、多くの男性から愛されました。ある日、長右衛門という武士がお半に一目惚れをし、二人は恋に落ちました。 しかし、長右衛門は武士であり、お半は遊女であるため、二人は結婚することができませんでした。二人の恋は秘密の関係となり、二人は密かに逢瀬を重ねました。 しかし、二人の恋は長くは続かなかった。ある日、長右衛門の妻が二人の関係を知ってしまい、嫉妬に狂った妻は長右衛門を殺してしまいました。お半は、長右衛門の死を知って悲しみのあまり自殺しました。 お半と長右衛門の恋物語は、身分違いの恋の悲劇として、多くの人に愛されています。二人の恋は、現代でもなお、人々の心を打つ物語となっています。 お半と長右衛門の恋物語は、歌舞伎や浄瑠璃だけでなく、映画やドラマでも何度も取り上げられてきました。その中には、溝口健二監督の映画「雨月物語」や、市川崑監督の映画「近松物語」など、名作と呼ばれる作品も数多くあります。 お半と長右衛門の恋物語は、日本の演劇の歴史において重要な地位を占めており、これからも多くの人々に愛され続ける物語であり続けるでしょう。
研究者

江戸時代中期の儒者|今井崐山

儒学者としての今井崐山 今井崐山は、江戸時代中期に活躍した儒学者です。 1681年(延宝9年)、近江国坂田郡大石村(現・滋賀県米原市)に生まれ、1739年(元文4年)に京都で亡くなりました。 彼は、幼い頃から学問に秀でており、17歳の時に京に出て、儒学者・堀杏庵に入門して朱子学を学びました。 その後、彼は、京都の丸山河原に私塾を開き、多くの門人を育てました。 崐山は、朱子学の大家として知られており、彼の著作である『今井崐山集』は、朱子学の研究に欠かせない資料となっています。 また、彼は、儒教の倫理を基にした政治論を説き、幕府の政策を批判しました。 そのため、幕府から弾圧を受け、1738年(元文3年)に捕らえられて京都を追放されました。 しかし、彼は、その後も抵抗を続け、1739年(元文4年)に京都で亡くなるまで、幕府の政策を批判し続けました。 崐山の儒学は、朱子学を基盤としながらも、独自の独自の思想を取り入れたものでした。 名著『今井崐山集』に多い政治体制を倫理的立場から批判した文章は、社会を形成する個々の主体が自覚的に倫理的体制を維持すべきことを説いたものですが、本書の随所に散見される兵制、財政などに関する議論は、これと深く結びつきます。 崐山の思想は、後の儒学者に大きな影響を与えました。 また、彼の著作は、現代の研究者にも高く評価されており、朱子学の研究に欠かせない資料となっています。
歴史上の偉人

池田政恭:備中岡山新田藩主の生涯

池田政恭の生い立ちと経歴 池田政恭は、1581年(天正9年)に備前岡山城で池田輝政の三男として誕生しました。幼名は三左衛門尉。母は正室の姫路御前(天正夫人)で、豊臣秀吉の養女でした。 政恭は輝政の嫡男・忠継、次男・利隆に次ぐ三男でしたが、利隆が早世したため、1601年(慶長6年)に輝政の嫡男となります。同年、輝政は隠居して備前岡山藩主の座を政恭に譲りました。 政恭は藩主就任後、岡山城の改築、城下町の整備、新田開発、産業振興などを行って藩政を充実させました。また、豊臣秀吉から受け継いだ弓の名手として知られ、武芸にも優れた藩主でした。 1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いで、政恭は徳川家康方に与して活躍。戦後、岡山藩12万石に加え、美作国勝山10万石と播磨国龍野1万石を加増されて、合計23万石の大大名となりました。 1615年(元和元年)の大坂夏の陣では、政恭は徳川家康の直属部隊として参陣。豊臣秀頼方の真田信繁(幸村)と激戦を繰り広げ、信繁を討ち取る武功を挙げました。 戦後、政恭は岡山藩主の座を四男の光政に譲って隠居。1632年(寛永9年)に52歳で死去しました。 政恭は、戦国大名から大名への転身を果たし、岡山藩の基礎を築いた名君として知られています。
歴史上の偉人

立原音吉 – 江戸時代中期の農民

- 立原音吉の生涯 立原音吉は、江戸時代中期の農民で、検地や年貢などの諸役負担軽減のための活動で知られています。1719年に上州国高崎藩領(現在の群馬県高崎市)の農民の子に生まれ、1748年に検地に対して一揆を起こしたとして捕らえられ、翌1749年に処刑されました。 音吉は幼少期から聡明で、学問を好み、特に算術に秀でていました。また、正義感も強く、村人の困窮を救うために積極的に行動していました。1747年に高崎藩が検地を実施した際、音吉は検地役人に不正があったとして抗議しましたが、聞き入れられませんでした。そこで、音吉は村人たちに呼びかけて一揆を起こし、検地を阻止しようとしました。しかし、一揆は鎮圧され、音吉は捕らえられました。 1749年に音吉は江戸に護送され、裁判にかけられました。音吉は一揆を起こした罪で死刑を宣告され、翌1749年に処刑されました。享年30歳でした。音吉の死は、高崎藩領の農民たちに大きな衝撃を与え、藩政改革につながりました。 音吉の生涯は、農民の苦しみと闘いの歴史であり、また、正義感と行動力の大切さを教えてくれます。音吉は、現在も高崎市で英雄として語り継がれています。
作家

俳人哥川の生涯と作品

-哥川の生い立ちと経歴- 1900年(明治33年)10月11日、東京都日本橋区に生まれる。本名は大和田初太郎。 1916年(大正5年)、慶應義塾商業学校(現・慶應義塾高等学校)に入学。在学中に俳句を始め、1918年(大正7年)に金子兜太主宰の俳誌「ホトトギス」に投句。1919年(大正8年)に慶應義塾商業学校を卒業し、同年「ホトトギス」に初入選。 1920年(大正9年)、俳誌「馬酔木」を創刊。1923年(大正12年)に「ホトトギス」を退会し、1924年(大正13年)に「萬緑」を創刊。 1926年(昭和元年)に第一句集『捨子』を刊行。1934年(昭和9年)に第二句集『河童』を刊行。1937年(昭和12年)に第三句集『霊』を刊行。 1940年(昭和15年)に第四句集『昆虫』を刊行。1944年(昭和19年)に第五句集『空蝉』を刊行。 1945年(昭和20年)、東京都渋谷区で死去。享年44歳。
研究者

村士玉水~江戸時代中期の儒者の生涯と功績~

-儒者,村士玉水の生涯- 村士玉水(1630-1700)は、江戸時代中期の儒者です。名は行(ゆき)、字は仲回(ちゅうかい)、号は玉水です。備中国浅口郡連島村(現在の岡山県浅口市連島)の庄屋に生まれました。若くして儒学を学び、明の儒者・朱熹の「四書集注」に感銘を受け、朱子学を修めました。 20歳のとき、京都に出て、儒学者・伊藤仁斎に師事しました。仁斎の死後、玉水は江戸に出て、儒学を講じました。玉水の講義はわかりやすく、多くの門人を集めました。また、多くの儒学者と交流し、儒学の発展に貢献しました。 玉水の主な著作に、「童子問」、「童蒙訓」、「大学章句分段」、「中庸章句分段」などがあります。これらの著作は、儒学の入門書として広く読まれ、江戸時代の儒学の発展に大きな影響を与えました。 玉水は、1700年に71歳で亡くなりました。死後、その功績をたたえて、従五位下・侍講の官位が贈られました。また、儒学者・荻生徂徠によって、「村士玉水の碑」が建てられました。 玉水は、江戸時代中期の儒学の発展に大きな貢献をした儒者です。その講義はわかりやすく、多くの門人を集めました。また、多くの儒学者と交流し、儒学の発展に貢献しました。玉水の著作は、儒学の入門書として広く読まれ、江戸時代の儒学の発展に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

大田原友清

-大田原友清- -安永5年に死去した大名- 大田原友清は、江戸時代中期の大名である。下野国大田原藩の第6代藩主を務めた。 友清は、安永元年(1772年)に大田原藩の第5代藩主・大田原清房の嫡男として生まれる。安永4年(1775年)に清房が死去したため、家督を継いで第6代藩主となる。 友清は、藩政改革に力を入れ、藩財政の立て直しを図った。また、学問を奨励し、藩校・明倫堂を創設した。また、藩士の士気を高めるため、武術や弓術の大会を催した。 友清は、安永5年(1776年)に25歳で死去した。家督は、養嗣子の清顕が継いだ。 -大田原友清の功績- * 藩政改革に力を入れ、藩財政の立て直しを図った。 * 学問を奨励し、藩校・明倫堂を創設した。 * 武術や弓術の大会を催して、藩士の士気を高めた。 -大田原友清の死後- 友清の死後、大田原藩は衰退していった。文政12年(1829年)に、大田原藩は幕府に上知され、廃藩となった。 大田原藩の廃藩後、大田原城は取り壊され、城跡は公園となった。現在は、大田原市の中心部に位置する公園として親しまれている。