官吏

歴史上の人物

穂積朝臣とは?万葉集にその名を残す奈良時代の歌人

穂積朝臣の生涯と経歴 穂積朝臣は、奈良時代の歌人で、『万葉集』に16首の歌を残しています。生没年は不詳ですが、奈良時代初期に活躍したと推定されています。 穂積朝臣の出自については、はっきりしたことはわかっていません。しかし、穂積氏という氏族は、古代豪族の穂積氏に連なる一族であると考えられています。穂積氏は、奈良時代の律令制下において、官僚として活躍した氏族であり、穂積朝臣もまた、官僚として仕えていたものと思われます。 穂積朝臣の歌は、『万葉集』巻1~巻20に収められています。その歌の内容は、主に男女の恋や、自然の美しさなどを詠んだものが多く、優美で雅やかな作風を特徴としています。穂積朝臣の歌は、『万葉集』の中でも屈指の名歌として知られており、現在でも多くの人々に親しまれています。 穂積朝臣は、生没年は不詳ですが、奈良時代初期に活躍した歌人として、その名を残しました。穂積朝臣の歌は、『万葉集』の中でも屈指の名歌として知られており、現在でも多くの人々に親しまれています。
歴史上の人物

「大伴清縄」

-大伴清縄の概要- 大伴清縄(おおともの きよなわ)は、平安時代初期の公卿。大納言・大伴良縄の子。官位は正二位・大納言。 清縄は、父・良縄がまだ没していない809年(大同4年)に、従五位下・右兵衛督に叙任される。810年(弘仁元年)に父が没すると、蔵人頭・中務少輔・治部大輔を歴任する。822年(弘仁13年)に叙爵して従四位下となり、824年(天長元年)には参議に任官して公卿に列した。 清縄は、参議在職中に常陸守や左兵衛督を兼任し、藤原冬嗣の推挙を受けて、827年(天長4年)に右京大夫に任ぜられる。828年(天長5年)には春宮亮に転じ、淳和天皇が即位すると左兵衛督を兼ねる。830年(天長7年)に正四位下、833年(天長10年)に正四位上に叙せられる。 833年(天長10年)に右兵衛督に任ぜられると、834年(承和元年)には蔵人頭となり、835年(承和2年)には左兵衛督に転じる。836年(承和3年)には従三位に叙せられるとともに、春宮大夫に任ぜられて、皇太子・恒貞親王の воспитаにあたる。838年(承和5年)には参議を辞職して、そのまま蔵人頭として宮中に仕えた。 841年(承和8年)には正三位に叙せられるとともに、右兵衛督に任ぜられる。843年(承和10年)には左京大夫に転じ、844年(承和11年)には大納言に任ぜられる。845年(承和12年)には正二位に叙せられる。 847年(承和14年)に清縄は出家して、法号を「浄源」とした。848年(嘉祥元年)に61歳で薨去した。
歴史上の人物

原恒太郎:宮内省で活躍した明治-昭和前期の官吏

-原恒太郎宮内省で活躍した明治-昭和前期の官吏- -原恒太郎の生涯と業績- 原恒太郎(1859-1937)は、明治-昭和前期に宮内省で活躍した官吏である。宮内官僚として、明治天皇の侍従長を務め、昭和天皇の侍従として側近として仕えた。また、宮内省の内部改革に尽力し、宮内省の近代化に貢献した。 -原恒太郎の官僚としての経歴- 原恒太郎は、1859年(安政6年)に、現在の静岡県で生まれた。1879年(明治12年)に、東京大学法学部を卒業し、宮内省に入省した。宮内省では、侍従、式部官、宮内次官などを歴任し、1916年(大正5年)には侍従長に就任した。侍従長として、明治天皇の側近として仕え、天皇の日常業務を監督した。また、宮内省の内部改革に尽力し、宮内省の近代化に貢献した。 -原恒太郎の昭和天皇との関係- 1926年(大正15年)に、明治天皇が崩御し、昭和天皇が即位した。原恒太郎は、昭和天皇の侍従として側近として仕えた。天皇の日常業務を監督するとともに、天皇の相談役として活動した。また、天皇の皇太子時代の教育にも関わり、天皇の成長を支えた。 -原恒太郎の死- 原恒太郎は、1937年(昭和12年)に、78歳で死去した。原恒太郎は、明治-昭和前期に宮内省で活躍した官吏であり、宮内省の近代化に貢献した。また、昭和天皇の側近として仕え、天皇の成長を支えた。原恒太郎の功績は、今日でも高く評価されている。
歴史上の人物

山田憲(1890-1921)~大正時代の官吏で横浜の輸入商殺害犯~

山田憲の生い立ちと経歴~東京帝国大学卒業後の農商務省勤務~ 山田憲は1890年8月20日、兵庫県姫路市に生まれた。父は山田忠七、母はトシである。忠七は姫路師範学校に勤務する小学校教諭で、当時は兵庫県揖保郡網干町に在住していた。憲は忠七の長男として生まれたが、1891年1月、忠七の急逝にともない、母トシと2歳年下の弟、謙介を連れて姫路市に戻った。 その後、憲は姫路高等小学校、兵庫県立第一中学校を経て、1910年に東京帝国大学法科大学に入学した。在学中は政治学を専攻し、1914年に卒業した。卒業後は農商務省に入省し、商務局に配属された。 商務局では、輸出入に関する事務を担当した。1916年には、欧米諸国への調査出張を命じられ、日本商品の輸出促進策を研究した。帰国後、農商務省内で輸出振興に関する報告書をまとめ、その功績が認められて、1918年に商務局長に昇進した。 商務局長としては、輸出入政策の立案や実施を担当し、日本の経済発展に貢献した。1920年には、米国と日本との間に通商協定を締結し、両国間の貿易を促進した。しかし、1921年2月、横浜の輸入商、伊藤傳蔵を殺害した容疑で逮捕された。
歴史上の人物

小槻今雄とは?平安時代前期の官吏について

小槻今雄のプロフィール 小槻今雄(901/902年 - 972年)は、平安時代前期の官吏。小槻高経の子。官位は従四位下・伊予守。 小槻氏は、平安時代初期に活躍した藤原北家の流れを汲む氏族。小槻今雄の父・小槻高経は、宇多天皇の近臣として重用され、菅原道真と親密な関係にあったとされる。 今雄も父同様に宇多天皇に仕え、早い時期から官人として活躍した。天慶4年(941年)には、皇太子・敦明親王の春宮権亮に任じられた。 康保4年(967年)、伊予守に任じられ、地方官として赴任した。伊予国は、瀬戸内海に面した西国の大国であり、交通の要衝でもあった。今雄は、伊予守として、国政の安定と治安の維持に努めた。 天禄3年(972年)、今雄は在職中に死去した。享年71。今雄の死後、小槻氏は、子孫が官人として活躍し、平安時代後期まで続く名門となった。
歴史上の人物

高岳相如 – 平安時代中期の官吏、漢詩人

文章生となり、慶滋保胤とその才能を並び称される 高岳相如は、平安時代中期の官吏、漢詩人です。文章生として活躍し、慶滋保胤とその才能を並び称されました。文章生とは、文章道に秀でた学生のことです。文章道とは、漢文の作文や詩歌の制作など、文章に関する学問のことです。高岳相如は、文章生として、多くの漢詩を制作しました。その漢詩は、その優れた文才と豊かな教養で、人々から高く評価されました。 高岳相如は、文章生としてだけでなく、官吏としても活躍しました。彼は、主税助、左衛門権佐、右中弁などを歴任しました。官吏として、彼はその才能を遺憾なく発揮し、人々から尊敬されました。 高岳相如は、平安時代中期を代表する漢詩人であり、官吏です。彼は、その優れた文才と豊かな教養で、人々から高く評価されました。彼の漢詩は、現在でも多くの人々に愛読されています。 高岳相如は、文章生として、慶滋保胤とその才能を並び称されました。慶滋保胤は、平安時代中期の官吏、漢詩人です。彼は、文章生として、多くの漢詩を制作しました。その漢詩は、その優れた文才と豊かな教養で、人々から高く評価されました。 慶滋保胤は、文章生としてだけでなく、官吏としても活躍しました。彼は、文章博士、蔵人頭、参議などを歴任しました。官吏として、彼はその才能を遺憾なく発揮し、人々から尊敬されました。 慶滋保胤は、平安時代中期を代表する漢詩人であり、官吏です。彼は、その優れた文才と豊かな教養で、人々から高く評価されました。彼の漢詩は、現在でも多くの人々に愛読されています。
歴史上の人物

– 増山守正 (1827-1901)

増山守正の生涯 増山守正は、1827年(文政10年)に薩摩藩(現在の鹿児島県)で生まれました。尊皇攘夷思想の強い薩摩藩士の家庭に育ち、幼い頃から剣術や乗馬に親しみ、文武両道を修めました。 1864年(元治元年)、長州藩(現在の山口県)が幕府に攻め込まれた際に、薩摩藩は長州藩を支援するため出兵しました。増山守正は、この出兵に参加し、長州藩とともに幕府軍と戦いました。 1868年(慶応4年)、薩摩藩や長州藩を中心とした倒幕派が幕府を倒し、明治政府が樹立されました。増山守正は、新政府に出仕し、陸軍省や内務省で働きました。 1877年(明治10年)、西南戦争が勃発しました。西南戦争は、明治政府と薩摩藩を中心とした反政府勢力との内戦で、増山守正は薩摩藩側に立って戦いました。しかし、政府軍に敗れ、薩摩藩は降伏しました。 西南戦争の後、増山守正は政府軍によって逮捕されましたが、まもなく釈放されました。その後、増山守正は郷里の鹿児島県に戻り、余生を過ごしました。1901年(明治34年)に75歳で亡くなりました。 増山守正は、尊皇攘夷思想の強い薩摩藩士として活躍し、倒幕運動や西南戦争に参加しました。また、明治政府に出仕し、陸軍省や内務省で働きました。晩年は郷里の鹿児島県に戻り、余生を過ごしました。
歴史上の人物

森田佐平:明治時代の岡山県官吏

- 森田佐平明治時代の岡山県官吏 -# 小田県でのキャリア 森田佐平は、1830年に備前国児島郡(現在の岡山県倉敷市)で生まれました。1868年に明治政府に参加し、岡山県権典事(現在の副知事)に任命されました。その後、1869年には小田県権令(現在の県知事)に任命され、1871年まで小田県で県政を統括しました。 小田県は、明治政府によって1868年に設置された県であり、現在の神奈川県と東京都の一部に相当する地域を管轄していました。森田佐平は、小田県の県令として、県政の基盤を整備し、殖産興業政策を推進しました。また、小田県と周辺の県との間の関係を調整し、地域の発展に貢献しました。 1871年に小田県が廃止されると、森田佐平は岡山県大書記官に任命されました。その後、1873年には東京府参事官に任命され、東京府の県政にも貢献しました。森田佐平は、1890年に東京府参事官を退職し、1895年に東京で亡くなりました。
歴史上の人物

藤原盛方 – 平安時代後期の官吏・歌人

藤原盛方の生涯と経歴 藤原盛方は、平安時代後期の官吏・歌人です。 1135年(保延元年)、藤原頼長の次男として生まれました。 母は藤原顕季の娘(顕季は藤原清光の孫)です。 1156年(保元元年)の保元の乱のあと後白河天皇に仕え、 1160年(仁安元年)に左近衛権少将に任じられました。 1165年(永万元年)には従五位下、右近衛権中将に昇任し、 1171年(安元3年)には備中介を兼ねました。 1179年(治承3年)には正五位下、右近衛中将に昇進し、 1180年(治承4年)には右近衛権大将に任じられました。 1185年(文治元年)には正四位下に昇叙され、 1186年(文治2年)には従三位に昇進しました。 その後、備前守、大蔵卿などを歴任しました。 1199年(建久10年)に65歳で亡くなりました。 盛方は和歌にも優れており、勅撰和歌集に25首が採録されています。 盛方は、平清盛に近侍した藤原頼長の次男で、歌人として知られています。 保元の乱後、後白河天皇に仕え、右近衛権中将まで昇進しました。 1185年(文治元年)に正四位下に昇叙され、 1186年(文治2年)には従三位に昇進しました。 その後、備前守、大蔵卿などを歴任し、 1199年(建久10年)に65歳で亡くなりました。
歴史上の人物

「三形王」とは

奈良時代の官吏「三形王」 奈良時代の官吏「三形王」とは、天平9年(737年)に制定された「養老律令」によって設置された、律令制度における最高位の官吏である。 「三形王」は、太政大臣、左大臣、右大臣の3名の官吏によって構成されており、太政大臣が最高位、左大臣が次位、右大臣が最下位とされていた。 太政大臣は、律令制度における最高位の官吏であり、天皇を補佐し、政務を取り仕切る役割を担っていた。左大臣は、太政大臣を補佐し、政務を分担する役割を担っていた。右大臣は、左大臣を補佐し、政務を分担する役割を担っていた。 「三形王」は、律令制度における最高位の官吏であり、天皇を補佐し、政務を取り仕切る重要な役割を担っていた。 「三形王」の設置は、律令制度における権力構造を明確にし、政務の円滑な運営を図ることを目的としていた。 「三形王」は、奈良時代を通じて存続し、律令制度の廃止とともに廃止された。
歴史上の人物

藤原宣孝 – 平安時代中期の官吏と紫式部の夫

藤原宣孝の生涯 藤原宣孝は、平安時代中期の官吏で、紫式部の夫でした。村上天皇の玄孫で、父は藤原兼家、母は右大臣藤原忠平の娘・尊子でした。宣孝は、966年に生まれ、985年に従五位下に叙され、991年に右近衛権少将に任じられました。その後、995年に左近衛権少将に、999年に左近衛権中将に昇進しました。 1001年、宣孝は紫式部と結婚しました。紫式部は、平安時代を代表する女流作家で、『源氏物語』の作者として知られています。宣孝と紫式部の間には、4人の子供が生まれました。 1004年、宣孝は右近衛権中将に、1008年に左近衛権中将に昇進しました。1011年、宣孝は蔵人頭に任じられ、1016年には参議に任じられました。1017年、宣孝は権中納言に任じられ、1021年には権大納言に昇進しました。 1027年、宣孝は52歳で亡くなりました。宣孝の死後、紫式部は出家し、1031年に亡くなりました。 宣孝は、平安時代中期の官吏として活躍し、紫式部の夫として知られています。宣孝は、紫式部の文学活動に大きな影響を与えたと言われています。
歴史上の人物

– 壬生晴富

- -壬生晴富の生涯- -壬生晴富とは?- 壬生晴富は、日本の戦国時代の武士であり、壬生氏の第16代当主として活躍しました。彼は、壬生氏を近畿地方で最も強力な勢力の一つに押し上げ、織田信長や豊臣秀吉などの有力な武将と同盟を結びました。壬生晴富は、その卓越した軍事力と政治力で知られ、近畿地方の覇権を争う戦において重要な役割を果たしました。 -壬生晴富の生誕と家督相続- 壬生晴富は、1530年に近畿地方の京都で生まれました。彼の父親は壬生氏第15代当主の壬生晴清であり、母親は不詳です。壬生晴富は、幼い頃から武芸を学び、卓越した軍事力を身につけていました。また、彼は政治にも興味を持ち、家督を相続する前から領内の政務に携わっていました。 -壬生晴富の活躍- 壬生晴富は、1550年に父親の死去に伴い、壬生氏第16代当主を襲名しました。彼は、家督を相続するとすぐに、近畿地方の覇権を争う戦に参加しました。壬生晴富は、織田信長や豊臣秀吉などの有力な武将と同盟を結び、各地で戦功を挙げました。彼は、特に、1582年の本能寺の変では、羽柴秀吉軍の主力として戦って功を上げ、その名を知られるようになりました。 -壬生晴富の隠居と死去- 壬生晴富は、1598年に壬生氏を嫡男の壬生義孝に譲り、隠居しました。彼は、隠居後も政務に参与し、壬生氏の発展に貢献しました。壬生晴富は、1618年に京都で死去しました。享年88歳でした。 -壬生晴富の功績と評価- 壬生晴富は、卓越した軍事力と政治力で近畿地方の覇権を争う戦において重要な役割を果たした武将でした。彼は、織田信長や豊臣秀吉などの有力な武将と同盟を結び、各地で戦功を挙げました。壬生晴富は、また、壬生氏の領地を拡大し、近畿地方で最も強力な勢力の一つに押し上げました。彼は、その功績により、後世の人々から高く評価されています。
歴史上の人物

矢野光儀 – 江戸後期から明治時代の武士と官吏

- 矢野光儀 - 江戸後期から明治時代の武士と官吏 -# 塩谷宕陰の弟子として学ぶ 矢野光儀は、1832年(天保3年)に、江戸に生まれました。父は、矢野玄蕃で、武蔵国埼玉郡(現在の埼玉県)の代官を務めていました。光儀は、聡明な子供で、幼い頃から学問を好み、特に、儒学を好んで学びました。 1847年(弘化4年)、光儀は、16歳の時に、儒学者である塩谷宕陰の門下生となりました。宕陰は、幕府の儒官であり、多くの門下生を輩出したことで知られています。光儀は、宕陰から、儒学のほか、政治経済や軍事を学び、将来の武士として必要な知識を身につけていきました。 1853年(嘉永6年)、ペリー来航によって、幕府の権威が失墜し、日本は開国へと向かいました。光儀は、この状況を憂慮し、幕府の改革を主張しました。しかし、幕府は、光儀の意見を聞き入れず、改革を怠りました。 1868年(明治元年)、明治維新が起こり、江戸幕府は滅亡しました。光儀は、新政府に出仕し、官吏として活躍しました。光儀は、明治政府の改革を支持し、近代日本の建設に尽力しました。 光儀は、1902年(明治35年)に、70歳で亡くなりました。光儀は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した、優れた武士であり、官吏でした。
歴史上の人物

【】 榎井広国

-榎井広国の生涯- 榎井広国は、1551年、甲斐国(現在の山梨県)に生まれました。 豊臣秀吉方に属し、九州征伐、小田原征伐、文禄の役、慶長の役など、数々の戦いで功績を上げました。 関ヶ原の戦いでは、徳川家康に従い、東軍として参戦。 戦後、信濃国(現在の長野県)に封じられ、松代藩を立藩しました。 1615年の大坂冬の陣では、徳川軍の総大将を務め、豊臣氏を滅ぼしました。 1623年死去。享年73。 榎井広国は、清廉潔白な人物として知られ、松代藩の藩政改革にも尽力しました。 また、茶道にも造詣が深く、利休七哲の一人に数えられています。 榎井広国は、戦国乱世を生き抜き、江戸時代を築いた名将・政治家として、歴史に名を残しています。
歴史上の人物

和気巨範とは-平安時代前期の官吏

平安時代前期の官吏 平安時代前期には、律令制に基づく官僚機構が整備され、官吏は国家の中枢を担っていました。官吏の職位は、位階と官職によって定められ、位階は正一位から従八位までの18段階、官職は太政大臣から少納言までの30余りが存在していました。官吏は、任期を定められた任官と、任期のない非任官に分けられ、任官は、中央の官吏と地方の官吏に分けられていました。 中央の官吏は、太政官、八省、五衛府などの官庁に所属し、国政の運営を担っていました。太政官は、中央官庁の最高機関であり、太政大臣、左大臣、右大臣、大納言、中納言、参議などの官人によって構成されていました。八省は、中務省、式部省、治部省、民部省、兵部省、刑部省、大蔵省、宮内省の8つの省庁であり、それぞれが異なる行政分野を担当していました。五衛府は、左右衛門府、左右兵衛府、左右近衛府の5つの衛府であり、宮廷の警護や軍事力の統括を担っていました。 地方の官吏は、国司と呼ばれ、国郡制に基づいて地方行政を担っていました。国司は、国守、介、掾、目、主税、主帳、主船、主計、主水などの官人によって構成され、国守が国政を統括し、介が国守を補佐していました。掾は、国司の事務を分掌し、目は、地方の治安を維持していました。主税は、税金の徴収を、主帳は、文書の作成や保管を、主船は、船舶の管理を、主計は、財政を、主水は、水利をそれぞれ担当していました。 官吏は、国家の中枢を担う重要な存在であり、律令制に基づく国家運営を支えていました。
歴史上の人物

平在寛:平安時代中期の官吏

-平在寛の生涯- 平在寛は、平安時代中期の官吏である。初め平在衡の養子となり、のちに平兼盛の養子となった。官位は従二位権大納言まで昇った。 平在寛は、延喜12年(912年)に平在衡の養子として生まれた。平在衡は、平貞文の六男で、兼平の弟である。平在寛は、幼少期から聡明で、学問を好んだ。また、武芸にも優れ、弓馬の達人であった。 平在寛は、元慶3年(879年)に正六位上に叙せられ、右近少将に任じられた。その後、昇進を重ね、延喜22年(922年)には従四位下に叙せられ、右兵衛督に任じられた。 平在寛は、右兵衛督として、左近衛府と協力して、京の治安維持に努めた。また、東国に派遣されて、蝦夷の反乱を鎮圧した。 平在寛は、天慶2年(939年)には従三位に叙せられ、権中納言に任じられた。その後、昇進を重ね、天慶9年(946年)には従二位権大納言に昇った。 平在寛は、権大納言として、国の政治に参与した。また、摂政として、天皇を補佐した。平在寛は、天暦3年(949年)に亡くなった。享年40歳であった。 平在寛は、短命であったが、平安時代中期の重要な官吏であった。彼は、聡明で、学問を好み、武芸にも優れていた。また、彼は、国の政治に参与し、摂政として天皇を補佐した。平在寛は、平安時代中期の歴史に大きな役割を果たした人物である。
歴史上の人物

平安時代の官吏「忍海山下氏則」

- 忍海山下氏則とは 忍海山下氏則(おしのみやましたうじのり)は、平安時代前期の官吏であり、著名な歌人でもありました。参議を務めた桓武天皇の孫宇多皇子(宇多天皇)に仕え、寛平9年(897年)に相模守に任じられた後、左近衛少将、従五位上などに昇進しました。また、美形の官吏として知られ、人から愛されていました。 氏則は、優れた歌人として知られており、『古今和歌集』に18首の歌が残されています。その歌は、風情があり、叙情的なものが多いのが特徴です。特に、相模守に任じられた際に詠んだ「いにしへの なりぬるものは 野べの草 人の心の 秋の夕暮れ」という歌は、名歌として知られています。 氏則は、延喜4年(904年)に卒去しました。享年は32歳でした。氏則の死は、人々から惜しまれ、彼の歌は後世にまで伝えられました。
歴史上の人物

坂上茂樹 – 平安時代前期の官吏

-# 坂上茂樹の生涯 坂上茂樹は、平安時代前期の官吏である。坂上田村麻呂の孫、坂上好蔭の子として、仁明朝に生まれる。 貞観13年(871年)に文章生に補され、翌14年(872年)に右衛門少尉に任ぜられる。その後、右近衛少将、左衛門少尉、右衛門権佐などを歴任し、元慶元年(877年)に参議に任ぜられる。 元慶3年(879年)に中納言に昇進し、仁和元年(885年)には右大臣に任ぜられる。 寛平8年(896年)には左大臣に昇進し、翌9年(897年)には太政大臣に任ぜられる。 延喜元年(901年)、薨去。享年52。 坂上茂樹は、清廉潔白な人物として知られ、政治家としての手腕も高く評価されていた。また、和歌にも優れ、古今和歌集に6首が入集している。 坂上茂樹は、平安時代前期を代表する政治家であり、その功績は今日でも高く評価されている。
歴史上の人物

先駆者たち:吉田市十郎と日本の福祉の変革

-地方の改革者・吉田市十郎- 吉田市十郎は、福島県耶麻郡猪苗代町(現在の耶麻郡猪苗代町)に生まれた。貧しい農家の長男として生まれ、幼い頃から苦労を経験した。小学校卒業後、上京して印刷工として働きながら夜学に通い、その後、専門学校を卒業した。 1920年、吉田は猪苗代町に戻り、町会議員に立候補して当選した。町会議員として、吉田は社会福祉の充実や教育の改善に尽力した。また、猪苗代町に社会事業協会を設立し、貧困家庭への支援や児童福祉事業を実施した。 1932年、吉田は福島県議会議員に立候補して当選した。県議会議員として、吉田は社会福祉法の制定や、児童福祉施設の整備に尽力した。また、福島県社会事業協会を設立し、社会福祉事業の推進に努めた。 1947年、吉田は福島県知事に当選した。福島県知事として、吉田は社会福祉の充実や教育の改善に尽力した。また、福島県に社会福祉部を設置し、社会福祉事業の推進に努めた。 吉田は、社会福祉の充実や教育の改善に尽力した先駆者であった。吉田の功績により、日本の社会福祉制度は大きく発展し、国民の生活は大きく改善された。 吉田は、1963年に死去した。しかし、吉田の功績は今もなお語り継がれている。吉田は、日本の社会福祉の父として、今日でも多くの人々に敬愛されている。
歴史上の人物

– 「額田部広麻呂」(?-? 奈良時代の官吏。)

額田部広麻呂の生涯 額田部広麻呂は、奈良時代の官吏である。氏は額田部、名は広麻呂。字は広麻呂。生没年は不詳。 額田部広麻呂は、天武天皇の御代に生まれた。持統天皇の御代に、右京亮に任じられ、その後、下野守、下総守を歴任した。文武天皇の御代に、参議に任じられ、その後、大蔵卿、中務卿を歴任した。元明天皇の御代に、権中納言に任じられ、その後、右大臣に任じられた。 額田部広麻呂は、聖武天皇の御代に、太政大臣に任じられ、政務を総覧した。天平宝字2年(758年)、病気のため太政大臣を辞任し、出家した。 額田部広麻呂は、律令制の整備に尽力した。また、渤海国との国交を樹立し、遣唐使を派遣した。額田部広麻呂は、奈良時代の政治家として、重要な役割を果たした。 額田部広麻呂は、天平宝字5年(761年)、出家したまま死去した。享年70。
歴史上の人物

国中公麻呂 – 盧舎那大仏の鋳造を成功させた奈良時代の官吏・仏師

国中公麻呂の生涯 国中公麻呂は、奈良時代に活躍した官吏・仏師です。彼は、盧舎那大仏の鋳造を成功させ、日本の仏教美術史上、重要な役割を果たしました。 公麻呂は、天平宝字元年(757年)に、越前国足羽郡(現在の福井県福井市)に生まれました。彼は、幼少の頃から仏教に帰依し、仏像を彫ることに熱心に取り組みました。 天平勝宝9年(757年)、公麻呂は、東大寺の大仏(盧舎那大仏)の鋳造を監督する役人に任命されました。彼は、鋳造に必要な銅や錫などの材料を集め、鋳造に必要な技術を習得するために、中国に留学しました。 公麻呂は、中国で鋳造技術を学び、帰国後、盧舎那大仏の鋳造を開始しました。しかし、鋳造は困難を極め、何度も失敗を繰り返しました。それでも、公麻呂は諦めずに、何度も鋳造に挑戦し続けました。 天平勝宝10年(758年)、ついに盧舎那大仏の鋳造は成功しました。盧舎那大仏は、高さ16.2メートル、重さ452トンという巨大な仏像で、日本の仏教美術史上、最大の仏像となりました。 盧舎那大仏の鋳造は、公麻呂の功績で成功しましたが、公麻呂は盧舎那大仏の開眼を待たずに、天平宝字5年(761年)に亡くなりました。享年60歳でした。 公麻呂は、日本の仏教美術史に大きな功績を残した偉人です。彼の盧舎那大仏の鋳造は、日本の仏教美術の発展に大きな影響を与え、今もなお多くの人々を魅了しています。
歴史上の人物

宇努男人:隼人の反乱を鎮めた古代日本の官僚

-宇努男人とは?- 宇努男人は、奈良時代の官僚であり、隼人の反乱を鎮圧したことで知られています。隼人は、現在の九州南部に居住していた民族で、大和朝廷の支配にたびたび抵抗を示していました。720年(養老4年)に、薩摩国(現在の鹿児島県)で隼人が反乱を起こし、宇努男人は朝廷軍を率いて反乱を鎮圧しました。この戦いで、宇努男人は多くの隼人を捕虜とし、朝廷に献上しました。この功績によって、宇努男人は朝廷から従五位下の官位を授与され、参議に任命されました。その後、宇努男人は右大臣まで昇進し、朝廷の中枢で活躍しました。 宇努男人は、隼人の反乱を鎮圧しただけでなく、蝦夷の反乱を鎮圧した大伴旅人や、遣唐使として中国に派遣された阿倍仲麻呂など、多くの功績を挙げた人物です。宇努男人は、奈良時代の代表的な官僚であり、その功績は高く評価されています。 宇努男人は、749年(天平勝宝元年)に72歳で亡くなりました。宇努男人が亡くなった後、隼人は再び反乱を起こしましたが、朝廷軍によって鎮圧されました。隼人の反乱は、その後も何度か起こりましたが、朝廷軍によって鎮圧され、隼人は最終的に大和朝廷に服属しました。
歴史上の人物

– 山田春城

山田春城 山田春城とは 山田春城は、昭和の小説家である。1887年(明治20年)に、東京府の品川区(現在の品川区)に生まれた。 春城は、幼い頃から読書が好きで、特に小説を好んで読んだ。また、春城は、文才にも恵まれており、小学校の頃から作文で賞をもらっていた。 春城は、1906年(明治39年)に早稲田大学に入学し、英文科を専攻した。大学在学中、春城は、文学サークルである「早稲田文学会」に参加し、小説を執筆し始めた。 春城は、1910年(明治43年)に早稲田大学を卒業し、新聞社に就職した。しかし、春城は、新聞記者としての仕事に満足できず、小説家になることを決意した。 春城は、1914年(大正3年)に、処女作である『白樺』を発表し、文壇デビューを果たした。『白樺』は、若者の恋愛を描いた小説で、多くの読者に支持された。 春城は、その後も、多くの小説を発表し、人気作家となった。春城の作品は、その庶民的な題材と温かい文体で知られている。 春城は、1972年(昭和47年)に、85歳で亡くなった。春城は、日本の小説界に大きな功績を残した作家である。
歴史上の人物

渤海から遣唐使として来日した官吏、裴頲について

- 裴頲の生涯と経歴 裴頲は、渤海国で最も輝かしい遣唐使として知られています。647年に生まれ、字は孝先、渤海郡の人です。父は裴幽であったと推測されています。裴頲は、若くして唐の文化に傾倒し、特に詩を好みました。彼は、唐の文化を渤海国に伝えるために、遣唐使として唐に派遣されました。 裴頲は、671年に唐に渡り、12年間滞在しました。その間、彼は唐の都である長安で、唐の官吏たちと交流し、唐の文化を学びました。彼は、唐の太宗や高宗に謁見し、渤海国の使節として唐と友好関係を築きました。また、彼は唐の詩人である李白や杜甫とも親交があり、彼らから詩作を学びました。 683年に、裴頲は渤海国に帰国しました。帰国後は、渤海国の高官として活躍し、渤海国の発展に貢献しました。裴頲は、渤海国を中国の文明に導き、渤海国を東アジアで最も繁栄した国のひとつにしました。 714年に、裴頲は渤海国の第3代王である大武藝に仕え、渤海国を統一しました。719年には、裴頲は渤海国の第4代王である大欽茂に仕え、渤海国を拡大しました。裴頲は、渤海国の発展に大きな功績を残し、渤海国で最も尊敬される人物の一人となりました。 734年に、裴頲は78歳で亡くなりました。彼の死は、渤海国に大きな悲しみをもたらしました。渤海国の王である大欽茂は、裴頲を哀悼し、彼を渤海国の英雄と称えました。裴頲は、渤海国の歴史の中で、最も重要な人物の一人として語り継がれています。