宝暦事件

歴史上の偉人

竹内式部 – 江戸時代中期の神道家

- 竹内式部 - 江戸時代中期の神道家 -# 生涯 竹内式部は、江戸時代中期の神道家である。本名は竹内広成。播磨国(兵庫県)で生まれる。幼い頃から神道を学び、16歳で神主となる。その後、各地を巡り、神道について研究を重ねた。 30歳過ぎに江戸に出て、松平頼明に仕えた。松平頼明は、徳川吉宗の側近で、神道を深く信仰していた。竹内式部は、松平頼明から神道の奥義を学び、神道を体系化する功績を挙げた。 竹内式部の神道観は、神道を儒教や仏教と融合させたものであった。竹内式部は、神道を単なる宗教ではなく、国家の基盤となる思想であると主張した。竹内式部の神道観は、後の神道に大きな影響を与えた。 竹内式部は、75歳で江戸で死去した。竹内式部は、神道家としてだけでなく、儒学者としても知られており、多くの著書を残している。竹内式部の著書は、神道や儒学の研究に貴重な資料となっている。
歴史上の偉人

「唐崎常陸介」

-唐崎常陸介の生い立ち- 唐崎常陸介(からさきひたちのかみ)は、江戸時代前期の旗本。通称は久兵衛。法名は、孝林院芳誉良安。 唐崎常陸介は元和3年(1617年)に、常陸国下妻(現在の茨城県下妻市)で生まれた。父は、唐崎弥左衛門。母は、不明。 唐崎常陸介は、幼い頃から武芸に秀でており、特に槍術と馬術に長けていた。また、学問にも優れており、儒学や和歌を学んだ。 寛永18年(1641年)に、唐崎常陸介は徳川家光に拝謁し、小姓組に列した。その後、数々の戦功を挙げ、寛文7年(1667年)には、常陸国新治郡内2000石を賜り、旗本となった。 唐崎常陸介は、寛文12年(1672年)に、56歳で死去した。法名は、孝林院芳誉良安。墓所は、東京都文京区の吉祥寺にある。 唐崎常陸介は、武勇と学識を兼ね備えた人物であり、徳川家光から厚い信任を得ていた。また、唐崎常陸介は、和歌を好み、多くの和歌を残している。
歴史上の偉人

坊城俊逸

公卿としての活躍 坊城俊逸は、1356年に生まれ、1430年に亡くなりました。公卿として活躍し、室町幕府の第3代将軍である足利義満に仕えました。義満の信任を受け、1391年に右大臣に任命され、その後も左大臣、太政大臣を歴任しました。 俊逸は、公卿として政治に深く関わりました。義満の側近として、幕府の政策決定に参画しました。また、朝廷と幕府の関係を取りまとめ、両者の間の調停役を果たしました。 俊逸は、公卿としてだけでなく、文化人としても活躍しました。和歌を嗜み、多くの和歌を残しています。また、書道にも優れ、その書は「坊城流」と呼ばれ、現在も高く評価されています。 俊逸は、公卿として、政治、文化の両面で活躍した人物でした。その活躍は、室町時代の歴史に大きく貢献しました。 俊逸の公卿としての業績は、以下のようなものが挙げられます。 * 右大臣、左大臣、太政大臣を歴任した * 室町幕府の第3代将軍である足利義満の側近として、幕府の政策決定に参画した * 朝廷と幕府の関係を取りまとめ、両者の間の調停役を果たした * 和歌を嗜み、多くの和歌を残した * 書道にも優れ、その書は「坊城流」と呼ばれ、現在も高く評価されている 俊逸の公卿としての活躍は、室町時代の歴史に大きく貢献しました。その功績は、現在でも高く評価されています。
歴史上の偉人

久我敏通~波乱に満ちたその生涯~

-久我敏通とは?~公卿として生きた波乱の生涯- 久我敏通(くが としみち)は、江戸時代末期から明治時代にかけての公卿・政治家である。幕末の動乱期に活躍し、維新後の新政府においても要職を歴任した。 久我敏通は、文政元年(1818年)に公卿・久我建通の次男として京都に生まれる。幼少より聡明で、早くから公卿としての素養を学ぶ。天保13年(1842年)に参議となり、その後も順調に出世を重ねた。 久我敏通の生涯は、幕末の動乱期と重なった。安政年間(1853~1858年)には、黒船来航やペリー来航など、日本は大きな転換期を迎える。久我敏通は、朝廷の重臣として、これらの事態に積極的に対応した。 安政6年(1859年)には、久我敏通は孝明天皇から攘夷の実行を命じられた。久我敏通は、攘夷の実行に向けて、薩摩藩や長州藩などの諸藩と連携して活動した。しかし、久我敏通の攘夷の実行は失敗に終わり、孝明天皇の怒りを買うことになった。 その後、久我敏通は失脚し、謹慎を命じられた。謹慎中も久我敏通は、政局を注視し、新政府樹立に向けて密かに活動していた。 慶応4年(1868年)に、戊辰戦争が勃発。久我敏通は、官軍に参加して新政府樹立に貢献した。新政府が成立すると、久我敏通は総裁に就任。その後、内務卿や右大臣などの要職を歴任した。 明治5年(1872年)、久我敏通は公爵に叙せられた。明治13年(1880年)に、久我敏通は死去。享年63。
歴史上の偉人

桜井氏福 – 江戸時代中期-後期の公家

-桜井氏福の生涯- 桜井氏福は、江戸時代中期から後期の公家です。天明6年(1786年)に桜井政福の子として京都に生まれました。 幼い頃から聡明で、学問に励みました。18歳のときに元服し、氏福と名乗りました。その後、公家として仕え、官位を歴任しました。 氏福は、学問に優れていただけでなく、和歌や書にも秀でていました。和歌は、文化4年(1807年)に『桜井氏福集』を出版しています。書は、江戸時代の書聖といわれた松下東軒に師事しました。 氏福は、天保15年(1844年)に60歳で亡くなりました。 氏福の生涯は、公家として仕え、和歌や書に秀でていたという、まさに江戸時代の公家の典型的な生涯でした。
歴史上の偉人

町尻説久 – 江戸時代中期の公卿

-# 町尻説久の生涯 町尻説久(まちじり ときはる)は、江戸時代中期の公卿。権大納言・町尻降房の子。官位は正二位・権大納言・右近衛大将。 1710年(宝永7年)に生まれる。享保12年(1727年)に叙爵し、侍従・左近衛少将に任官する。享保19年(1734年)に参議に昇進し、宝暦元年(1751年)には権中納言に転じる。宝暦7年(1757年)には権大納言となり、右近衛大将を兼任する。明和3年(1766年)には正二位に昇叙した。 明和8年(1771年)に薨去。享年62。 町尻説久は、官位的には権大納言まで昇進したが、公卿としてはそれほど目立った活躍はなかった。しかし、学問に優れ、和歌や書画にも通じていたとされる。また、多くの和歌を詠み、その一部は『新古今和歌集』や『和歌林泉集』に収められている。
歴史上の偉人

「酒井忠休」の生涯→ 栄光と没落の物語

-武家の名門に生まれた若き天才- 酒井忠休は、1527年に三河国岡崎城下(現在の愛知県岡崎市)で生まれました。父は松平清康、母は於大の方です。松平氏は、三河国の国人領主であり、酒井氏は、その家臣団の一族でした。忠休は、武家の名門に生まれた若き天才として、早くからその才能を認められていました。 忠休は、幼い頃から武芸に秀でていました。剣術、槍術、弓術など、あらゆる武芸を難なく身につけ、その才能を遺憾なく発揮しました。また、学問にも優れており、古典や歴史、兵法など、幅広い知識を習得しました。 1542年、16歳の忠休は、松平家の家督を相続しました。松平家は、三河国を統一し、尾張国にも進出していました。忠休は、家督を相続すると、すぐさま尾張国への侵攻を開始しました。 忠休は、尾張国で織田信秀と激戦を繰り広げました。織田信秀は、尾張国の戦国大名であり、忠休とはライバル関係にありました。忠休と信秀は、何度も合戦をしましたが、どちらが勝つかはわかりませんでした。 1559年、忠休は、織田信秀との合戦で勝利を収めました。信秀は、この合戦で戦死し、織田家は弱体化しました。忠休は、信秀の領土を併合し、三河国と尾張国を統一しました。 忠休は、三河国と尾張国を統一すると、徳川家康を家督に譲り、隠居しました。家康は、忠休の才能を高く評価しており、忠休の隠居後は、忠休の補佐を受けながら、領国の統治にあたりました。 忠休は、1610年に死去しました。享年84歳でした。忠休は、武勇に優れた戦国大名であり、学問にも優れていました。また、家康の補佐役としても活躍しました。忠休は、徳川家の発展に大きく貢献した人物です。
歴史上の偉人

公家 町尻説望の生涯

-町尻説望の出自と生い立ち- 町尻説望は、平安時代末期に活躍した公家です。治承4年(1178年)、権中納言・町尻資通の子として生まれました。母は藤原能保の娘です。説望は、幼少の頃から聡明で学問に秀でており、12歳の時に従五位下に叙せられ、侍従に任じられました。その後、侍従、左兵衛佐、左近衛権少将、左近衛権中将を歴任しました。 説望は、治承4年(1180年)に起こった平治の乱で、平清盛に味方して源義朝を討伐しました。乱の後、説望は平清盛から恩賞を与えられ、従四位上に叙せられました。平清盛の没後は、平重盛に仕えました。 平重盛の死後、説望は平清盛の孫である平宗盛に仕えました。平宗盛の代になると、平家は源氏との戦いに敗れ、壇ノ浦の戦いで滅亡しました。説望は、壇ノ浦の戦いで平家とともに滅びました。 説望は、公家として平氏に仕え、平家の滅亡とともに生涯を終えました。
歴史上の偉人

東久世通積 – 江戸時代中期の公卿

-東久世通積の生涯- 東久世通積は、江戸時代中期の公卿、大納言を務めた。東久世通胤の子として生まれ、通文の養子となる。筑前守、参議を経た後、中務卿に任じられた。その後、右近衛大将、権中納言、右近衛大将、権大納言を歴任し、大納言に昇進した。正二位に進み、左近衛大将に任じられた。 通積は、和歌に優れ、勅撰和歌集『新古今和歌集』に入集した。また、書もよく、三跡の一人に数えられる。書風は、穏やかながらも力強いもので、特に草書の能筆で知られた。 通積は、1723年に69歳で死去した。明治維新後に正一位を追贈された。 通積は、江戸時代中期を代表する公卿の一人である。和歌と書の両方に優れ、後世に大きな影響を与えた。 -東久世通積の和歌- 通積の和歌は、優美で繊細な作風が特徴である。特に、四季折々の自然を詠んだ和歌に優れ、多くの名歌を残した。代表作として、 * 「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまま」 * 「秋風の 吹きしくる夜は 月影も かげなき空に こそすめるかな」 * 「冬枯れの 野辺に鳴く虫の 音すなり わびしきものは 世の中なり」 などが挙げられる。 通積の和歌は、その優美な作風から、多くの公卿や歌人に愛好された。また、明治時代以降も、多くの歌人に影響を与え、現在でも愛唱されている。 -東久世通積の書- 通積の書は、穏やかながらも力強い作風が特徴である。特に、草書の能筆で知られ、多くの作品を残した。代表作として、 * 「般若心経」 * 「色紙短冊」 * 「自筆消息」 などが挙げられる。 通積の書は、その穏やかながらも力強い作風から、多くの公卿や書家に愛好された。また、明治時代以降も、多くの書家に影響を与え、現在でも愛好されている。
歴史上の偉人

「中院通維」

-# 中院通維とは 中院通維(なかのいん みちつね)は、平安時代中期から後期にかけての公卿。村上天皇の皇子。母は女御・藤原安子。二条天皇・後一条天皇・後朱雀天皇の同母兄。後三条天皇の伯父。『本朝文粋』に作品を残す。 -# 生涯 天元元年(978年)2月15日誕生。永観2年(984年)元服する。 永延3年(989年)に右近衛中将、長徳2年(996年)に従三位、長保2年(1000年)には参議に任官された。 寛弘4年(1007年)、右大臣に任じられた。 寛弘9年(1012年)に薨去した。享年35。 中院通維は、村上天皇の皇子として生まれ、公卿として活躍した。右大臣にまで昇進し、文才にも優れていた。 中院通維は、後世の人々から「中院右大臣」と呼ばれ、その功績が称えられている。
歴史上の偉人

烏丸光胤 – 公卿、神道、儒学を学んだ江戸時代中期の貴族

烏丸光胤の生涯と業績 烏丸光胤は、江戸時代中期の公卿であり、神道と儒学を学び、様々な業績を残しました。 光胤は、1692年(元禄5年)に烏丸光広の長男として生まれました。烏丸家は、藤原北家閑院流の公卿家で、代々神道や儒学を学んできました。光胤もまた、幼い頃から神道や儒学を学び、17歳で従五位下右兵衛佐に任官されました。その後、左近衛少将、左近衛権中将、左近衛中将と昇進し、1735年(享保20年)には従三位に叙されました。 光胤は、公卿として朝廷の儀式や政務に携わるかたわら、神道や儒学の研究にも力を入れました。神道では、神祇官の吉田家に師事し、吉田神道を学びました。儒学では、荻生徂徠に師事し、古文辞学を学びました。光胤は、神道と儒学を融合した独自の思想を展開し、多くの著書を残しました。 光胤の主な著書には、神道に関する『神道大系』や『神道秘伝鈔』、儒学に関する『古文辞学原論』や『古文辞学通義』などがあります。これらの著書は、神道や儒学の研究に大きな影響を与えました。 光胤は、1752年(宝暦2年)に52歳で亡くなりました。光胤の死後、その業績は子孫によって受け継がれ、烏丸家は江戸時代を通じて神道と儒学の中心地となりました。
歴史上の偉人

西洞院時名 – 江戸時代中期の公家

桃園天皇の側近として活躍 西洞院時名は、江戸時代中期の公家で桃園天皇の側近として活躍しました。 彼は1712年に生まれ、1732年に従五位下に叙されました。その後、1736年には内蔵頭に任じられ、1738年には従四位下に昇叙されました。1740年には右少弁に任じられ、1742年には正四位下に昇叙されました。1745年には左少弁に任じられ、1746年には従三位に昇叙されました。1747年には権中納言に任じられ、1748年には正三位に昇叙されました。 桃園天皇は、1747年に崩御しましたが、西洞院時名はその後も朝廷で活躍を続けました。1750年には権大納言に任じられ、1751年には正二位に昇叙されました。1753年には左近衛大将に任じられ、1754年には正一位に昇叙されました。1755年には内大臣に任じられ、1757年には右大臣に任じられました。 西洞院時名は、1768年に88歳で亡くなりました。彼は公家として優れた能力を発揮し、桃園天皇の側近として活躍しました。また、彼は学問にも優れ、多くの著作を残しています。
歴史上の偉人

町尻説久

町尻説久の生涯 町尻説久は、1924年(大正13年)12月28日に、京都府京都市で生まれました。幼い頃から読書が好きで、特に推理小説を好んで読んでいました。 1937年(昭和12年)に、京都府立第一中学校を卒業し、京都帝国大学文学部に進学しました。大学では、推理小説研究会に入部し、推理小説の創作に打ち込みました。 1942年(昭和17年)に、京都帝国大学を卒業し、朝日新聞社に入社しました。記者として働きながら、推理小説の執筆を続けました。 1946年(昭和21年)に、朝日新聞社を退社し、専業作家となりました。1948年(昭和23年)に、第1回江戸川乱歩賞を受賞し、一躍有名になりました。 その後、数多くの推理小説を執筆し、1960年(昭和35年)に、第12回直木賞を受賞しました。1995年(平成7年)12月28日に、心不全のため、東京都武蔵野市で死去しました。 町尻説久は、緻密なプロットと、鮮やかなユーモアセンスで知られる推理小説作家です。代表作には、『破戒船』『悪魔のいけにえ』『獄門島』『犬神家の一族』『八つ墓村』などがあります。
歴史上の偉人

桃園天皇-江戸時代中期の天皇

-桃園天皇の生涯- 桃園天皇は、江戸時代中期の天皇で、1748年から1762年まで在位しました。名は遐仁(とおひと)。父は桜町天皇、母は贈皇太后鷹司景子。在位は14年でした。桃園天皇は、1748年(寛延元年)4月9日、13歳で即位しました。即位後、朝廷は幕府との関係を改善し、政治的安定を図りました。また、桃園天皇は、学問にも熱心で、儒学や和歌を学びました。 1751年(宝暦元年)、桃園天皇は、摂政の閑院宮典仁親王と関係が悪化し、親政を開始しました。親政を開始した桃園天皇は、幕府との関係をさらに改善し、政治的安定を図りました。また、桃園天皇は、学問にも熱心で、儒学や和歌を学びました。 1758年(宝暦8年)、桃園天皇は、江戸幕府の徳川家重将軍と会見しました。これは、天皇と将軍が直接会見したのは、120年ぶりでした。この会見は、朝廷と幕府の関係をさらに改善し、政治的安定を図ることに貢献しました。 1762年(宝暦12年)8月2日、桃園天皇は、37歳で崩御しました。桃園天皇は、在位中に、朝廷と幕府の関係を改善し、政治的安定を図りました。また、桃園天皇は、学問にも熱心で、儒学や和歌を学びました。桃園天皇の崩御は、朝廷と幕府にとって大きな損失となりました。
歴史上の偉人

今出川公言-江戸時代中期の公卿

今出川公言-江戸時代中期の公卿 今出川公言の生涯 今出川公言(いまでがわ きんとき)は、江戸時代中期の公卿。権大納言・今出川定尹の子。官位は従一位・右大臣、贈右大臣。 公言は、1719年(享保4年)に権大納言・今出川定尹の子として生まれる。1728年(享保13年)に叙爵し、1734年(享保19年)に右近衛権少将に任官。その後、右近衛権中将、右近衛権大将、左近衛権大将などを歴任。1758年(宝暦8年)に参議に任じられ、公卿に列する。 1764年(明和元年)に権中納言に昇進し、1768年(明和5年)には権大納言に任じられる。1771年(明和8年)に左近衛大将に任じられ、1777年(安永6年)には右大臣に昇進した。 公言は、優れた文人としても知られ、和歌や漢詩に秀でていた。また、書道にも優れ、多くの作品を残している。公言は、1784年(天明4年)に66歳で薨去した。 公言は、江戸時代中期の公卿として、朝廷において重要な役割を果たした。また、優れた文人としても知られ、和歌や漢詩に秀でていた。公言は、多くの作品を残しており、現在でもその功績は高く評価されている。
歴史上の偉人

ー植松雅久ー

-植松雅久の生涯- 植松雅久は、1961年3月16日に愛媛県新居浜市に生まれました。幼い頃から絵を描くことが好きで、小学校の卒業文集では「将来は漫画家になりたい」と書いていました。中学・高校時代は美術部に所属し、絵画の才能を発揮。1980年に大阪芸術大学に入学し、絵画を専攻しました。 大学卒業後は、大阪の広告代理店に就職しました。しかし、広告業界に馴染めず、1985年に退社。その後、フリーランスのイラストレーターとして活動を始めました。 1987年、植松雅久は「週刊少年ジャンプ」に連載された漫画『魁!!男塾』でデビューしました。『魁!!男塾』は、個性豊かなキャラクターと熱いバトルが人気を博し、1991年にはアニメ化もされました。 『魁!!男塾』のヒットにより、植松雅久は一躍人気漫画家となりました。その後も、『怒涛!!魔空戦線』『武人列伝』『吼!!大龍』など、数多くのヒット作を連発しました。 2002年、植松雅久は「第5回文化庁メディア芸術祭」マンガ部門で大賞を受賞しました。これは、漫画家として最高の栄誉とされる賞です。 2018年、植松雅久は62歳で亡くなりました。しかし、彼の作品は今でも多くの人々に愛され続けています。植松雅久は、日本の漫画界に大きな功績を残した偉大な漫画家です。
歴史上の偉人

高野隆古:江戸時代中期の公家

-# 生い立ちと経歴 高野隆古は、1731年(享保16年)に京都で生まれた。父は公卿の高野保春、母は権大納言の千種有能の娘である。隆古は幼少期より聡明で、7歳で和歌を詠み始める。14歳で元服し、従五位下侍従に任じられた。その後、侍従・左近衛少将・左近衛中将を歴任し、1765年(明和2年)に権中納言に任じられた。 隆古は権中納言在任中に、明和安永の大飢饉(1771年-1783年)への対応に尽力した。この飢饉は日本各地で起こり、多くの人が飢餓で亡くなった。隆古は飢饉による被害を軽減するため、米の備蓄を奨励し、被災地に食料を配布するなどの対策を行った。 1779年(安永8年)に隆古は内大臣に任じられ、1782年(天明2年)に左近衛大将を兼任した。隆古は左近衛大将在任中に、天明の大飢饉(1782年-1788年)への対応に尽力した。この飢饉は明和安永の大飢饉よりも被害が大きく、多くの人が飢餓で亡くなった。隆古は飢饉による被害を軽減するため、米の備蓄を奨励し、被災地に食料を配布するなどの対策を行った。 隆古は1787年(天明7年)に右大臣に任じられたが、翌1788年(天明8年)に死去した。享年58。
歴史上の偉人

高倉永秀の人物像と歴史的背景

-高倉永秀の生涯- 高倉永秀は、1544年に近江国浅井郡高倉村(現在の滋賀県長浜市高倉町)に生まれた。父は高倉永真、母は永原清崇の妹である。幼名は長寿丸。幼い頃から武芸に秀で、13歳の時に浅井長政に仕えた。 永秀は、長政の信頼を得て、若くして重臣となった。1570年の姉川の戦いでは、織田信長軍を破り、浅井氏の勝利に貢献した。1573年の小谷城の戦いでも、織田軍と激戦を繰り広げたが、最終的には敗北を喫し、浅井氏は滅亡した。 永秀は、浅井氏の滅亡後、織田信長に仕えた。しかし、信長とは折り合いが悪く、1582年の本能寺の変の後、信長を討った明智光秀に味方した。しかし、光秀は山崎の戦いで羽柴秀吉に敗北し、永秀もまた自害した。享年39。 永秀は、武勇に優れた武将として知られており、特に槍術は名手であったと伝えられている。また、茶道にも通じ、茶人としての一面も持っていた。永秀は、浅井氏の滅亡とともに消え去った武将であるが、その武勇は現在でも人々に語り継がれている。
歴史上の偉人

岩倉恒具:江戸時代中期の公卿(くぎょう)

-岩倉恒具の生涯- 岩倉恒具は、江戸時代中期の公卿(くぎょう)であり、江戸城に登城して将軍に謁見する「参内(さんだい)」の儀式に何度も参加していました。 岩倉恒具の生涯は、歴史の教科書ではほとんど取り上げられませんが、江戸幕府の政治に大きく貢献した人物です。 岩倉恒具は、1696年に京都で生まれ、12歳の時に江戸城に登城して徳川家宣に謁見しました。その後、幕府の官僚として働き、将軍家のお付きとなり、最終的には正二位権大納言まで昇進しました。53歳の時に亡くなったが、岩倉恒具の功績は、今でも語り継がれています。 岩倉恒具は、江戸幕府の政治に積極的に参加し、将軍家や大奥をサポートしました。また、和歌や俳諧にも精通しており、文化人としても活躍しました。岩倉恒具は、江戸時代中期を代表する公卿(くぎょう)であり、その功績は、今もなお語り継がれています。 岩倉恒具は、江戸時代中期の公卿(くぎょう)であり、江戸幕府の政治に大きく貢献しました。岩倉恒具の生涯は、江戸時代を考える上で重要な意味を持っています。
歴史上の偉人

正親町三条公積 → 江戸時代中期の公卿

-正親町三条公積の生涯- 正親町三条公積(おぎまちさんじょう きんつね)は、江戸時代中期の公卿。父は正親町三条実康。官位は従一位摂政・関白。 -生い立ち- 正親町三条公積は、宝暦4年(1754年)に正親町三条実康の次男として生まれる。母は園基園の娘・祉子。幼名は孝章。 -朝廷での活躍- 明和4年(1767年)、14歳の時に元服して内大臣に任じられる。その後、侍従、右近衛少将、権中納言、踏歌節会外弁などを歴任。 安永元年(1772年)、関白・近衛前久が死去すると、後任の関白に就任。わずか18歳の若さでの関白就任であった。 関白として、朝政を主導。天明の飢饉や寛政の改革など、様々な出来事に対応した。 享和2年(1802年)、76歳で死去。 -人物- 公積は、聡明で知られ、和歌や漢詩にも優れた才能を持っていた。また、書画にも巧みで、多くの作品を残している。 -主な業績- ・天明の飢饉の際に、民衆に食料を配布するなど、救済活動を行った。 ・寛政の改革では、松平定信の改革を支持し、その推進に協力した。 ・和歌や漢詩にも優れた才能を持ち、多くの作品を残している。 -正親町三条公積の墓- 正親町三条公積の墓は、京都市右京区にある大雲院にある。
歴史上の偉人

岩倉尚具 – 江戸時代中期の公家

-岩倉尚具の生涯- 岩倉尚具(いわくらしげとも)は、江戸時代中期の公家で、岩倉具栄の養子。 安芸国広島藩主・浅野長晟の四男として生まれ、岩倉具栄の養子となる。明和6年(1769年)、従五位下・侍従となる。安永6年(1777年)、右近衛権少将に叙任され、安永7年(1778年)には従四位下に昇叙される。 天明元年(1781年)、侍従に任命され、天明3年(1783年)には権中納言に昇進する。天明4年(1784年)、踏歌節会(とうかえんぶかい)の奉行を務める。天明6年(1786年)には、治部卿(じぶきょう)に任じられ、天明7年(1787年)には従三位に叙される。 寛政2年(1790年)、権大納言に昇進。寛政8年(1796年)、左近衛大将に任命される。寛政10年(1798年)には、正二位に昇叙される。 文化元年(1804年)、内大臣に任命される。文化4年(1807年)、従一位に叙され、文化5年(1808年)には准大臣となる。 文化6年(1809年)、薨去。享年71。 岩倉尚具は、公家として活躍した人物であり、権大納言や左近衛大将、内大臣など歴任した。また、文化人としても知られ、和歌や漢詩に優れた才能を発揮した。
歴史上の偉人

町尻説望 – 江戸時代中期の公家

町尻説望人名辞典 町尻説望(1687-1759)は、江戸時代中期の公家です。廷臣として活躍し、寛政の改革にも関与したとされています。 町尻氏について 町尻氏は、藤原北家閑院流高倉支流の公家です。雅楽の演奏で知られ、楽家として活躍した経歴があります。 説望の生涯 町尻説望は、1687年に京都で生まれました。宮廷で公家として仕え、正五位下侍従などの官職を歴任しました。また、楽人として活躍し、雅楽の演奏に熱心に取り組みました。 寛政の改革への関与 町尻説望は、寛政の改革に協力したとされています。寛政の改革は、江戸時代末期の老中松平定信が主導した政治改革であり、奢侈や風紀の乱れを正すことを目的としていました。町尻説望は、楽人として、改革に協力し、社会の安定と秩序の回復に貢献したとされています。 雅楽への貢献 町尻説望は、雅楽の演奏に優れた才能を発揮し、雅楽の復興に努めました。また、雅楽の研究や普及にも尽力し、雅楽の伝統を継承するのに貢献しました。 没した日 町尻説望は、1759年に73歳で亡くなりました。その死は、雅楽界にとって大きな損失とされました。
歴史上の偉人

勘解由小路資望 – 江戸時代中期の公卿

勘解由小路資望の生涯 勘解由小路資望は、江戸時代中期の公卿。権大納言・勘解由小路資秀の子。官位は従一位・内大臣。 資望は、正徳4年(1714年)に権大納言・勘解由小路資秀の子として生まれる。享保元年(1716年)に叙爵し、累進して侍従・右近衛権少将・左近衛権中将を歴任する。享保10年(1725年)に権大納言に昇進し、翌年従一位に叙される。元文元年(1736年)に内大臣に任じられ、寛保4年(1744年)まで務める。延享3年(1746年)に薨御する。 資望は、学問を好み、和歌や書を能くした。また、茶道にも通じ、松尾芭蕉の門人である向井去来の知遇を得て、蕉風俳諧を学ぶ。貞享2年(1685年)には、去来の句会に初参加し、宝永3年(1706年)には、去来の死後にその句集『去来抄』を編集している。 資望は、公卿としてだけではなく、文化人としても活躍した人物であった。
歴史上の偉人

– 近衛内前

近衛家における地位 近衛内前とは、近衛家において、嫡子に次ぐ地位にある人物のことである。近衛家の嫡子は、通常、左中将を兼任し、近衛家の当主となる。近衛内前は、左少将を兼任し、近衛家の次男坊として、近衛家の当主を補佐する役割を担った。 近衛内前は、近衛家の当主が病気や事故などで不在の場合、その代理として近衛家の当主の職務を代行した。また、近衛家の当主が幼少の場合、その補佐役として近衛家の当主を支えた。 近衛内前は、近衛家の当主の候補者として、近衛家の家督を継ぐための教育を受けた。近衛内前は、学問や武芸を学び、近衛家の当主として必要な知識と技能を身に着けた。また、近衛内前は、朝廷や公家社会で活躍し、近衛家の当主として必要な人脈を築いた。 近衛内前は、近衛家の当主の候補者として、近衛家の当主を継ぐための準備を整えた。近衛内前は、近衛家の当主として必要な知識と技能を身に着け、近衛家の当主として必要な人脈を築いた。そして、近衛内前は、近衛家の当主が病気や事故などで不在の場合、その代理として近衛家の当主の職務を代行し、近衛家の当主が幼少の場合、その補佐役として近衛家の当主を支えた。