宝暦

芸能分野の人

市川小団次(2代)-江戸時代中期の歌舞伎役者

4代市川団十郎の門下生 市川小団次は、4代市川団十郎の門下生として、歌舞伎の世界で活躍した役者です。その芸風は、師匠である団十郎の豪放磊落な演技を継承したもので、特に荒事や時代物で高い評価を得ました。 小団次は、1720年に江戸で生まれ、1737年に初めて舞台に立ちました。その後、団十郎の門下に入り、演技の基礎を学びました。1754年には、江戸中村座で團十郎の当たり役である「助六」を演じて大成功を収め、一躍人気役者となりました。 小団次は、その後も歌舞伎の世界で活躍し続け、1778年に中村座の座頭になりました。1784年には、4代市川団十郎を襲名し、江戸歌舞伎界のトップスターとなりました。 小団次は、荒事や時代物だけでなく、世話物にも優れた演技を見せました。特に、1791年に上演された「仮名手本忠臣蔵」の「塩谷判官」役は、小団次の当たり役の一つとして知られています。 小団次は、1797年に死去するまで、歌舞伎の世界で活躍し続けました。その芸風は、後世の役者たちに大きな影響を与え、歌舞伎の発展に貢献しました。 小団次の主な当たり役 * 「助六」 * 「義経千本桜」の「いがみの権太」 * 「仮名手本忠臣蔵」の「塩谷判官」 * 「勧進帳」の「弁慶」 * 「菅原伝授手習鑑」の「松王丸」など
歴史上の人物

渋川伴五郎(3代)-柔術家と兵学者

渋川伴五郎(3代)の生涯 渋川伴五郎(3代)は、江戸時代後期の柔術家・兵学者である。名は兼松、通称は主膳。渋川備前(2代)の養子となり、3代を襲名した。 伴五郎(3代)は、天明8年(1788年)に、江戸に生まれた。幼少の頃から柔術を学び、特に柔術の門派である起倒流を修めた。起倒流は、渋川家に伝わる武術の一つで、伴五郎(3代)は、その奥義を極めた。また、兵学にも通じ、兵法書の著述も行っている。 伴五郎(3代)は、文政10年(1827年)に、渋川家の家督を継承し、3代目を襲名した。その後、御番方がらみの事件に連座して失脚するが、すぐに許されて再登用されている。 伴五郎(3代)は、天保11年(1840年)に、53歳で死去した。渋川家の家督は、養子の渋川伴五郎(4代)が継承した。 伴五郎(3代)は、優れた柔術家・兵学者であり、渋川家の武術を後世に伝えるのに大きく貢献した人物である。また、兵法書を著述するなど、武術の理論面にも大きな功績を残した。
歴史上の人物

加賀藩8代藩主 前田重煕の生涯

-前田重煕の生涯を彩る二つのこと- 加賀藩8代藩主前田重煕は、1722年に加賀藩7代藩主前田吉徳の長男として生まれ、1745年に藩主を継承しました。重煕は、藩政改革や学問を奨励し、加賀藩の発展に貢献した名君として知られています。 重煕の生涯を彩る二つのこととして、一つは藩政改革、もう一つは学問の奨励があります。 -藩政改革- 重煕は、藩主を継承した直後から藩政改革に着手しました。重煕が行った藩政改革の中で最も有名なものは、「宝暦の改革」です。宝暦の改革は、藩の財政建て直しや、農政の改革などを内容とするもので、加賀藩の財政を改善し、藩政を安定させるのに貢献しました。 重煕は、藩政改革を行うにあたり、家臣たちの意見を積極的に取り入れました。重煕は、家臣たちと議論を重ねることで、より良い改革を行うことを目指しました。 -学問の奨励- 重煕は、学問を奨励し、加賀藩に多くの学者が集まりました。重煕は、藩校である「明倫堂」を設立し、藩士の子弟に教育を施しました。また、重煕は、藩士たちに海外の書物を翻訳することを奨励しました。 重煕の学問奨励により、加賀藩には多くの学者が集まり、加賀藩は学問の中心地となりました。加賀藩から輩出した学者の中には、本居宣長や平賀源内などがいます。 重煕は、藩政改革や学問の奨励など、多くの功績を残しました。重煕の功績により、加賀藩は発展し、加賀藩は越後藩と並んで、加賀藩と越後藩を合わせて加越と称され、百万石を領する一大藩となりました。
歴史上の人物

藤川近義 – 江戸時代中期-後期の剣客

-藤川近義の生涯- 藤川近義は、江戸時代中期から後期の剣客です。寛政元年(1789年)に肥後国八代(現在の熊本県八代市)に生まれ、文化14年(1817年)に29歳で亡くなりました。 近義は少年期から剣術に秀でており、地元の道場で剣術を学びました。やがて上京して、神道無念流の免許皆伝を受けました。その後、各地を巡って剣術を究め、多くの弟子を育てました。 近義は、剣術だけでなく、槍術、棒術、柔術など、幅広い武術に通じていました。また、儒学や漢学にも精通しており、文武両道の剣客として知られていました。 近義は、42歳の若さで亡くなりましたが、その剣術は多くの弟子によって受け継がれました。近義の弟子の中には、幕末の剣豪として名を馳せた千葉周作や、幕末維新の志士として活躍した坂本龍馬などがいます。 近義は、江戸時代中期から後期の剣客として、多くの弟子を育て、日本の剣術の発展に貢献しました。
歴史上の人物

偉大な大名、内田正良の人生

-内田正良の生い立ち- 内田正良は、1545年(天文14年)に、尾張国の海部郡佐屋町(現在の愛知県海部郡佐屋町)に生まれました。父は内田信安、母は織田信秀の娘・永姫でした。 正良は、幼い頃から聡明で武略に優れており、わずか15歳の若さで織田信長の小姓となりました。その後、信長の命を受けて、各地を転戦し、数々の武功を挙げました。 1573年(天正元年)、正良は、信長から一万石を与えられ、信濃国の高遠城(現在の長野県伊那市)を居城としました。正良は、高遠城を拠点として、甲斐国の武田氏と戦いました。 1574年(天正2年)、武田氏の前将軍・武田信玄の遺児である武田勝頼が、大軍を率いて、長篠城(現在の愛知県新城市)を攻めました。信長は、正良に命じて、長篠城の救援に向かわせました。 正良は、長篠城に籠城する織田軍を救援し、武田軍を撃退しました。この戦いで、正良は、武田氏の家臣・馬場信房を討ち取るという武功を挙げました。 長篠の戦いの後、正良は、信長から二万石を加増され、三万石の大名となりました。正良は、高遠城を拠点として、甲斐国や信濃国の領地を支配しました。 1582年(天正10年)、本能寺の変で信長が死去した後、正良は、豊臣秀吉に臣従しました。秀吉は、正良に播磨国姫路城(現在の兵庫県姫路市)を与え、五万石の大名としました。 正良は、姫路城を居城として、播磨国を支配しました。正良は、姫路城の改修を行い、城下町を整備しました。また、正良は、領内の寺社を保護し、儒学や茶道の奨励を行いました。 1599年(慶長4年)、正良は、55歳で死去しました。正良は、その生涯を、戦国乱世に生きた武将として、また、平和な世の中を築いた大名として、過ごしました。
歴史上の人物

– 山内豊産

-山内豊産の生涯と功績- 山内豊産は、1849年、岡山県井原市で生まれました。幼い頃から数学に秀で、18歳で東京帝国大学理学部数学科に入学。卒業後は、東京高等師範学校に奉職し、数学の教授として活躍しました。1892年には、東京物理学校(現在の東京理科大学)の校長に就任し、物理学の研究に力を入れました。1895年には、理学博士の学位を取得し、1899年には、日本数学物理学会を創設しました。 山内豊産の最も有名な功績は、1911年に発表した「山内豊産定理」です。この定理は、ある多角形の辺の長さを変えずに、その多角形を凸多角形から凹多角形に変形させることができることを証明しています。この定理は、多角形の研究において重要な成果であり、山内豊産の名を世界的に知らしめました。 山内豊産はまた、教育者としても活躍しました。東京高等師範学校や東京物理学校の校長として、多くの学生を育て上げ、日本の数学と物理学の発展に貢献しました。1922年、山内豊産は東京物理学校の学長に就任し、1928年まで務めました。1929年には、貴族院議員に任命され、その後、1934年に亡くなるまで、その職に就いていました。 山内豊産は、日本の数学と物理学の発展に大きな功績を残した偉大な学者でした。その功績は、今もなお、日本の数学と物理学の発展に貢献し続けています。 山内豊産の功績をまとめると、以下の通りです。 * 山内豊産定理の証明 * 東京物理学校の創設 * 日本数学物理学会の創設 * 東京高等師範学校や東京物理学校の校長としての活躍 * 貴族院議員としての実績 * 日本数学物理学会の創設 山内豊産は、日本の数学と物理学の発展に大きな功績を残した偉大な学者でした。その功績は、今もなお、日本の数学と物理学の発展に貢献し続けています。
美術分野の人

山本春正(4代) – 江戸時代中期の蒔絵師

-山本春正(4代)の生涯と功績- 山本春正(4代)は、江戸時代中期の蒔絵師です。本名は山本春貞ですが、春正を名乗ることが多く、特に4代目は春正の名で知られています。 春正は、京都で生まれました。父は3代目の山本春正で、蒔絵師として活躍していました。春正は、父から蒔絵の技術を学び、18歳の時に4代目の春正を襲名しました。 春正は、蒔絵の技術に優れ、多くの作品を残しました。中でも、金蒔絵の技術は特筆すべきもので、金箔を薄く延ばして、繊細な模様を描き出すことに長けていました。 春正の作品は、主に寺院や神社の調度品として使用されました。また、大名や公家からも多くの注文を受け、その作品は全国に散逸しています。 春正は、蒔絵師として活躍しただけでなく、蒔絵の技術を広めることに努めました。多くの弟子を育て、蒔絵の技術を伝授しました。また、蒔絵に関する書物を著し、後世の蒔絵師に大きな影響を与えました。 春正は、江戸時代中期の蒔絵界を代表する蒔絵師であり、その功績は、今日でも高く評価されています。
歴史上の人物

大久保教倫-江戸時代中期の大名

大久保教倫とは 大久保教倫は、江戸時代中期の大名です。大久保家は、近江国大久保を本拠とする国衆であり、教倫は、その当主でした。教倫は、1646年に生まれ、1673年に家督を継ぎました。教倫は、徳川綱吉に仕え、若年寄、奏者番、老中などを歴任しました。また、教倫は、儒学者として、朱子学を学び、朱子学の普及に努めました。教倫は、1713年に死去しました。 教倫は、大久保家の中興の祖として知られています。教倫は、大久保家の財政を立て直し、大久保家を安泰なものとしました。また、教倫は、朱子学の普及に努め、大久保家を朱子学の中心地としました。教倫は、徳川綱吉に仕え、重きをなしました。教倫は、老中として、綱吉の政治を支えました。また、教倫は、奏者番として、綱吉の諮問に答えていました。教倫は、綱吉に信頼され、重用されていました。 教倫は、儒学者としても知られています。教倫は、朱子学を学び、朱子学の普及に努めました。教倫は、朱子学の講義を行い、朱子学の書物を著しました。教倫の朱子学の講義は、多くの学者に影響を与えました。教倫の朱子学の書物は、多くの学者に読まれました。教倫は、朱子学の中心人物として、朱子学の普及に貢献しました。 教倫は、1713年に死去しました。教倫の死は、大久保家にとって大きな損失となりました。教倫の死後、大久保家は衰退していきました。教倫は、徳川綱吉に仕え、重きをなしました。教倫は、老中として、綱吉の政治を支えました。また、教倫は、奏者番として、綱吉の諮問に答えていました。教倫は、綱吉に信頼され、重用されていました。教倫の死は、徳川綱吉にとっても大きな損失となりました。
芸能分野の人

江戸の華やかな歌舞伎役者、大谷広次(3代)の生涯

- 大谷広次(3代)の生い立ち 大谷広次は、1752年(宝暦2年)に江戸の生まれである。幼名は市太郎。父は江戸の町人である。広次は幼い頃から歌舞伎の世界に興味を持ち、1765年(明和2年)に14歳の時に中村座で初舞台を踏む。その後、1769年(明和6年)には大谷家の養子となり、大谷広次(2代目)の門下に入る。 広次は優れた才能を発揮し、1771年(明和8年)に19歳の時に二代目広次を襲名する。そして、江戸歌舞伎界の若手スターとして活躍するようになる。広次は美男子で、華やかな舞台姿が評判となり、江戸の町人たちのアイドル的存在となる。また、広次は優れた演技力も持ち、歌舞伎の様々な役柄を演じ分けた。 1778年(安永7年)に26歳の時に、広次は大谷座の座元を継承する。大谷座は江戸三座の一つであり、歌舞伎界で最も権威のある劇場の一つである。広次は大谷座の座元として、歌舞伎界の発展に貢献した。1784年(天明4年)に32歳の時に、広次は三代目広次を襲名する。そして、江戸歌舞伎界の重鎮として活躍するようになる。広次は1799年(寛政11年)に47歳の時に亡くなる。しかし、広次が残した功績は、現在でも歌舞伎界に受け継がれている。
文学分野の人

高井幾圭 – 江戸時代中期の俳人

-高井幾圭の生涯- 高井幾圭は、江戸時代中期の俳人です。1701年(元禄14年)に京都で生まれ、1774年(安永3年)に同地で亡くなりました。本名は幾兵衛、字は子存、号は几圭・柏園などです。 幾圭は、京都の裕福な商家に生まれました。若くして俳諧を学び、19歳のときに江戸に出て、芭蕉の弟子である各務支考に入門しました。その後、京都に戻り、俳諧の指導と句作に励みました。 幾圭は、俳諧において理論派として知られています。芭蕉の「さび」の精神を継承し、さらにそれを発展させました。また、俳諧の言語表現にも独自の工夫を加え、幽玄で奥深い句風を確立しました。 幾圭は、俳諧の指導者としても活躍しました。多くの弟子を育て、江戸俳壇にも大きな影響を与えました。また、俳書の執筆も数多く行い、俳諧の発展に貢献しました。 幾圭の代表作には、「幾圭集」「さびしき笛」「柏園集」などがあります。これらの句集には、四季折々の風物や人生の機微を詠んだ句が多く収められており、幾圭の俳諧観や句風を垣間見ることができます。 幾圭は、江戸時代中期の俳壇を代表する俳人の一人であり、その句風は多くの俳人に影響を与えました。芭蕉の「さび」の精神を継承しつつ、独自の世界観を確立した幾圭の俳諧は、現代でも多くの愛好家から親しまれています。
美術分野の人

鼇山について

- 画壇における活躍 - 鼇山は、画壇においても活躍しました。1929年に日本画院展覧会に初入選し、1936年には文展に初入選を果たしました。その後も、1946年に日展に初入選し、1948年には日展の会員に推挙されました。1951年には日展の理事に就任し、1954年には日展の副会長に就任しました。 鼇山は、画壇の重鎮として、日本の近代絵画の発展に貢献しました。1955年には日本芸術院会員に選出され、1963年には日本芸術院賞を受賞しました。1969年には文化勲章を受章し、1975年には東京芸術大学の名誉教授に就任しました。 鼇山の作品は、日本の伝統的な絵画技法と西洋の近代絵画の技法を融合させた独特の画風で知られています。風景画や人物画などを得意とし、その作品は国内外の美術館や博物館に収蔵されています。 鼇山は、1992年に92歳で死去しました。しかし、彼の作品は今もなお人々に愛され続けています。
美術分野の人

– 山尾鶴軒

-山尾鶴軒の生涯・作風- -生涯- 山尾鶴軒(1775-1855)は、江戸時代後期の俳人、狂歌師、書家。本名は山尾吉郎右衛門。号は鶴軒、春明、爽雨、等。 文化5年(1808年)、34歳の時に松尾芭蕉の「奥の細道」に倣い、奥州出羽の旅に出る。この旅は、鶴軒の人生に大きな影響を与え、俳人としての彼の作風を決定づけた。 旅の途中、鶴軒は東北地方の美しい自然と人情に触れ、多くの俳句を詠む。これらの俳句は、後に彼の代表作の一つとなる「鶴軒発句集」にまとめられた。 文化7年(1810年)、鶴軒は江戸に戻り、狂歌を始める。狂歌は、当時の庶民の間で流行していたユーモアのある詩の一種で、鶴軒は狂歌師としてすぐに名を馳せた。 文政2年(1819年)、鶴軒は「江戸名所百人一首」を出版。これは、江戸の名所を詠んだ狂歌を集めたもので、大ヒットした。 鶴軒は、俳人としてだけでなく、狂歌師、書家としても活躍し、幕末の文壇に大きな影響を与えた。 -作風- 鶴軒の俳句は、写生を重んじる芭蕉の作風に影響を受けている。しかし、鶴軒は芭蕉の写生をさらに徹底し、対象をありのままに描写することを目指した。 また、鶴軒はユーモアを交えた俳句を好んで詠んだ。彼の俳句は、庶民の生活や風俗をユーモラスに描いたものが多く、庶民の間で親しまれた。 鶴軒の狂歌は、ユーモアと風刺に富んだものが多く、庶民の間で人気を博した。また、彼の狂歌は、当時の社会情勢を反映したものも多く、歴史的資料としても価値が高い。 鶴軒の書は、力強く伸びやかな筆致が特徴である。彼の書は、多くの書家に影響を与え、幕末の書壇に大きな影響を与えた。 鶴軒は、俳人、狂歌師、書家として活躍し、幕末の文壇に大きな影響を与えた。彼の作品は、現代でも多くの人々に愛されている。
歴史上の人物

・林天真

-林天真人物紹介- 林天真は、1995年7月4日生まれの日本の女優、ファッションモデルです。東京都出身。身長162cm。血液型はAB型。所属事務所はスターダストプロモーションです。 -経歴- 2011年、ファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルオーディションに合格し、モデル活動を開始しました。2013年には、映画「渇き。」で女優デビューを果たしました。その後、映画「海街diary」、「ちはやふる」、「君の名は。」などに出演し、注目を集めました。 2017年には、連続ドラマ「カルテット」でヒロインを務め、人気を博しました。その後も、連続ドラマ「過保護のカホコ」、「あなたのことはそれほど」、「この世界の片隅に」などに出演し、その演技力が評価されています。 -人物像- 林天真は、透明感のある美貌と、ナチュラルな演技力が持ち味の女優です。その可憐な容姿から、男性ファンのみならず、女性ファンからも支持を集めています。また、ファッションセンスも高く評価されており、プライベートでは、モデルとして活躍しています。 -私生活- 林天真の私生活については、あまり多くの情報は公開されていません。しかし、2017年に俳優の田中圭と結婚したことが発表されました。田中圭とは、映画「海街diary」での共演がきっかけで、交際に発展したそうです。2018年には、第一子となる女児を出産しました。 -今後の活躍- 林天真は、現在も女優として活躍しており、今後のさらなる活躍が期待されています。また、私生活では、田中圭との結婚生活を円満に送っているようです。
文学分野の人

『慶紀逸』-江戸座の判者を務め、川柳の素地を築いた俳人

江戸座の重鎮として活躍した俳人 庆紀逸(けいきいつ、生年不詳 - 元禄15年(1702年))は、江戸前期の俳人。通称は長兵衛。本姓は森氏。『慶紀逸一代記』によれば、名は甚兵衛、号は貞右衛門とされており、慶紀逸という名は俳号である。 生年は不詳であるが、延宝8年(1680年)には江戸座の判者として活動していたことが確認されており、元禄15年(1702年)に没したとされる。江戸座は、江戸の俳諧師たちが集まって句会を開いていた組織であり、慶紀逸は江戸座の重鎮として活躍した。 慶紀逸の句風は、自由奔放でユーモアに富んだ作風であり、川柳の素地を築いた俳人として知られている。また、慶紀逸は俳諧の理論書『俳諧早合点』を著しており、俳諧の普及に貢献した。 慶紀逸は、江戸の俳諧界に大きな影響を与えた俳人であり、川柳の祖として後世に名を遺している。
美術分野の人

陶工高橋道八(初代)について

-陶工高橋道八(初代)の生涯- 高橋道八(初代)は、1559年に美濃国羽栗郡牧野村(現・岐阜県関市)に生まれました。幼い頃から陶芸に興味があり、同じく陶工であった父・高橋道右衛門のもとで修行を積みました。 1582年、織田信長の命により、京都の聚楽第の築城に携わりました。この時、道八は信長の茶頭であった千利休と出会い、その指導を受けました。利休から茶の湯の精神を学び、陶芸の技術を磨きました。 1585年、信長が本能寺の変で自害すると、道八は京都を離れ、美濃国に戻りました。その後、関市や多治見市で窯を開き、陶器の制作を始めました。 道八の陶器は、利休好みの侘び寂びの精神を反映したもので、茶人から高い評価を受けました。特に、黒釉の茶碗や花瓶は、道八の代表作として知られています。 1623年、道八は64歳で亡くなりました。彼の死後、長男の高橋道八(二代目)が家業を継ぎ、高橋家の陶芸は代々受け継がれていきました。 高橋道八(初代)は、美濃焼の基礎を築いた偉大な陶工として知られています。彼の作品は、現在も多くの美術館や博物館に所蔵されており、人々から愛されています。
文学分野の人

中村重助(初代) – 江戸時代中期の歌舞伎作者

-生い立ちと出自- 中村重助(初代)は、江戸時代中期の歌舞伎作者である。文化13年(1816年)、江戸の浅草国谷(現在の東京・台東区浅草)に生まれる。幼名は又太郎。父は歌舞伎作者の初代瀬川如皐、母は姉役者の瀬川勝星である。 重助は幼い頃から歌舞伎を好み、父や母に教えを受けて育つ。安政4年(1857年)、22歳の時に歌舞伎作者としてデビューし、姉役者の初代中村芝翫(後の五世松本幸四郎)の世話を受けて、中村重助と名乗って舞台に立つ。 重助は、世話物の脚本を得意とし、人情噺や世話噺を元に、庶民の生活や恋愛を描いた作品を多く執筆した。代表作には、『助六由縁江戸桜』(天保12年)、『妹背山婦女庭訓』(嘉永2年)、『大経師昔暦』(安政5年)などがある。これらの作品は、いずれも大当たりとなり、重助の名を一躍高めた。
美術分野の人

岡熊岳 – 江戸時代後期の画家

岡熊岳の生涯 岡熊岳(1759-1819)は、江戸時代後期の画家です。名は成美、字は碩宇、号は熊岳、別号に無窮山人と称しました。江戸に生まれ、狩野派の画家として活躍しました。 幼い頃から絵を好み、12歳の時に狩野養信に入門しました。養信のもとで狩野派の画法を学び、18歳で同門の狩野養堂と結婚。養信の没後は、養堂とともに狩野派を担いました。 岡熊岳は、狩野派の伝統的な画風に独自の画風を加えたことで知られています。彼の作品は、繊細で写実的な描写が特徴で、特に花鳥画を得意としました。また、山水画や人物画も描きました。 岡熊岳は、江戸時代の画家として活躍し、多くの作品を残しました。彼の作品は、現在も多くの美術館や個人に所蔵されています。 岡熊岳は、1819年に61歳で亡くなりました。 岡熊岳は、江戸時代後期の画家として活躍し、多くの作品を残しました。彼の作品は、現在も多くの美術館や個人に所蔵されています。岡熊岳は、日本美術の発展に貢献した重要な画家の一人です。
歴史上の人物

ー「田安治察」ー江戸時代中期、田安家の2代。

-# 田安治察とは 田安治察とは、江戸時代中期に田安家の2代に与えられた治察権のことである。 田安家は、徳川将軍家の御三家の一つで、初代田安宗武は、徳川家宣の次男として誕生した。宗武は、1716年に田安家を起こし、1734年に死去した。 2代田安宗尹は、宗武の嫡男として誕生した。宗尹は、1734年に田安家2代を継ぎ、1780年に死去した。 宗尹は、1742年に治察権を認められた。治察権とは、特定の地域を支配し、治安維持や民政を行う権限のことである。宗尹は、下総国(現在の千葉県北部)と常陸国(現在の茨城県南部)の一部を治めた。 田安治察は、江戸時代中期に田安家にのみ認められた特権であった。田安治察は、田安家の権威を維持し、江戸幕府の支配体制を強化する役割を果たした。
歴史上の人物

馬場文耕

-講釈師として活躍した馬場文耕- 馬場文耕は、江戸時代前期の講釈師である。本名は岩崎重宗。法名は、文楽院釈文耕。幼名は、藤太郎。 文耕は、元和5年(1619年)に、武蔵国榛沢郡榛沢町(現在の埼玉県深谷市)に生まれる。幼少の頃から、説教や講談を聴いて育ち、講談師を志す。 17歳の時に、江戸に出て、講談師の二代目松浦将監に入門する。将監の死後は、三代目松浦将監を襲名し、講談師として活躍する。 文耕は、高い声音と巧みな話術で、多くの聴衆を魅了した。また、講談の脚本も手がけ、多くの名作を残した。 文耕は、明暦3年(1657年)に、江戸の大火で焼死する。享年39歳。 文耕の死後、講談師たちは、文耕を偲んで、講談の脚本集『文耕節用集』を編纂した。この脚本集は、講談の歴史を知る上で、貴重な資料となっている。 文耕は、講談師として、江戸の庶民に娯楽を提供した。また、講談の脚本を手がけ、講談の発展に貢献した。文耕は、講談の歴史における、重要な人物である。
歴史上の人物

「長田兼持」

長田兼持の紹介 長田兼持は、日本の政治家、官僚、実業家。自由民主党所属の参議院議員(3期)、科学技術庁長官、内閣府特命担当大臣(科学技術政策)、経済産業大臣、総務大臣などを歴任。 1951年、兵庫県神戸市に生まれる。灘高等学校を経て、東京大学法学部卒業後、通商産業省に入省。 1995年、第17回参議院議員通常選挙に兵庫県選挙区から自由民主党公認で立候補し、初当選。 1999年、参議院議員に再選。 2001年、第1次小泉内閣で科学技術庁長官に任命される。 2003年、参議院議員に3選。 2005年、第2次小泉内閣で内閣府特命担当大臣(科学技術政策)に任命される。 2006年に経済産業大臣に任命される。 2007年に総務大臣に任命される。 2008年、政界を引退。 2010年、経済同友会副代表委員長に就任。 2012年、日本経済団体連合会副会長に就任。 2014年、新エネルギー・産業技術総合開発機構理事長に就任。 2016年、東京電力ホールディングス取締役会長に就任。 長田兼持は、日本の政治家として活躍し、科学技術政策、経済政策、総務政策などの分野で重要な役割を果たした。
歴史上の人物

三宅康徳-江戸時代中期の三河田原藩主

-三宅康徳の生涯について- 三宅康徳は、江戸時代中期の三河田原藩の藩主です。彼は1651年に生まれ、1667年に藩主を継ぎました。藩主在任中は、藩政改革を行い、藩の財政を立て直しました。また、彼は学問を奨励し、藩校を創設しました。1709年に死去し、跡を長男の康件が継ぎました。 三宅康徳は、1651年に三河田原藩の藩主三宅康盛の次男として生まれました。幼名は源之助。母は松平忠勝の娘・百合姫。兄に6代藩主の康直がいました。 康直には子ができず、1667年に康徳は兄の養子となり、家督を相続しました。同年12月18日、従五位下・信濃守に叙任され、12月28日には侍従を兼任しました。 康徳は、藩政改革を行い、藩の財政を立て直しました。また、彼は学問を奨励し、1690年に藩校「仰高館」を創設しました。仰高館は、儒教を主体とした藩校で、多くの藩士がここで学びました。 康徳は、1709年に死去しました。享年59。跡を長男の康件が継ぎました。 康徳は、三河田原藩の藩主として、藩政改革を行い、藩の財政を立て直しました。また、彼は学問を奨励し、藩校を創設しました。康徳は、三河田原藩の発展に大きく貢献した藩主です。
歴史上の人物

治水家「百津清左衛門」の生涯と功績

-百津清左衛門の生い立ちと治水事業への取り組み- 百津清左衛門は、1751年、豊後国大野郡百津村(現在の大分県豊後大野市百津町)に生まれました。家は代々庄屋を務める旧家で、清左衛門もまた、庄屋として村の治水事業に尽力しました。 百津村は、大野川とその支流である百津川の合流点に位置する村で、古くから洪水に悩まされていました。清左衛門は、村の治水事業に早くから取り組み、1782年に百津川に堤防を築き、洪水の被害を軽減しました。 また、清左衛門は、大野川の上流にある山間部の森林を保護し、洪水を防ごうとしました。清左衛門は、山間部の農民に森林を保護するよう呼びかけ、また、自らも森林を巡視して、違法伐採を取り締まりました。 清左衛門の治水事業は、村人の生活を洪水から守ることに成功し、清左衛門は「治水家」として村人から尊敬されました。清左衛門は、1827年に86歳で亡くなりましたが、その功績は現在でも語り継がれています。 清左衛門の治水事業は、近代的な治水技術が導入される以前の、日本の伝統的な治水技術の代表例です。清左衛門の治水事業は、自然との共生を重視しており、森林を保護することで洪水を防ぐという考え方は、現代の治水事業にも通じるものです。 清左衛門の治水事業は、村人たちの生活を守り、村の発展に貢献しました。清左衛門は、治水家としてだけでなく、村のリーダーとしても偉大な人物でした。
学術分野の人

屋代通賢 – 江戸時代の園芸家とその著述

-屋代通賢の生涯と業績- 屋代通賢は、江戸時代前期の園芸家で、特に梅花の栽培と品種改良に優れた功績を残しました。屋代姓は苗字の発音であり、生家は相模国(現神奈川県)厚木市下古沢の古くから続く名主の屋代氏です。1650年(慶安3年)4月に屋代氏の二男として生まれ、幼名は「長四郎」、通称は「太郎右衛門」で「屋代太郎右衛門通賢」または「屋代通賢」と表記されます。 通賢は、幼い頃から植物に興味を持ち、特に梅の花を愛していました。成長するにつれて、梅の栽培と品種改良に没頭し、梅園を開いて多くの品種を収集しました。また、梅の花の美しさや栽培方法について、いくつかの著作を残しました。 通賢の最も有名な著作は、「梅園秘伝書」です。この本は、梅の栽培方法や品種改良の方法について、詳しく解説しています。また、梅の花の美しさや、梅の文化についても触れています。「梅園秘伝書」は、江戸時代の園芸書の中で、最も重要なものの1つと考えられています。 通賢は、梅花の栽培と品種改良に優れた功績を残しただけでなく、梅の文化の普及にも貢献しました。通賢の著作は、多くの園芸家に影響を与え、梅の栽培と品種改良が盛んになりました。また、通賢は、梅の花を題材にした絵画や工芸品を収集し、梅の文化の普及に努めました。 通賢は、1725年(享保10年)に76歳で亡くなりました。しかし、通賢の業績は、江戸時代の園芸の発展に大きな影響を与え、現在でも梅の栽培と品種改良の基礎となっています。
歴史上の人物

松平近貞(1)

松平近貞(1) 松平近貞の生涯と功績 松平近貞は、江戸時代前期の武士で、徳川家光の側近として仕え、江戸幕府の基礎固めに貢献した人物である。松平近貞は、1591年に三河国(現在の愛知県)で生まれ、10代のときから徳川家光に仕えた。家光が将軍になった後、近貞は側近として重用され、老中や大老などの要職を歴任した。近貞は、家光の死後も徳川家に対する側近として仕え続け、江戸幕府の基礎固めに貢献した。 近貞の功績の一つは、江戸幕府の財政基盤を確立したことである。近貞は、幕府の財政を立て直すために、様々な施策を講じた。例えば、貨幣の鋳造や、年貢の増徴、新田の開発などである。これらの施策によって、幕府の財政は好転し、江戸幕府は安定した統治を行うことができるようになった。 近貞の功績のもう一つは、親藩・譜代大名を集め、相互の連携を強化したことである。近貞は、幕府の権威を高めるために、親藩・譜代大名を集めて、相互の連携を強化した。これによって、幕府は権力を集中することができ、江戸幕府は安定した統治を行うことができるようになった。 近貞は、1666年に76歳で亡くなった。近貞は、徳川家光と徳川家綱の二代にわたって仕え、江戸幕府の基礎固めに貢献した人物である。