実業家

経済分野の人

– 大塚笹一

-大見出し 大塚笹一- 大塚笹一(1869年~1935年)は、明治-昭和時代前期の実業家で、大塚製薬の創業者として知られています。兵庫県三原郡石田村(現・小野市)に生まれ、幼少期から家業を手伝い、1888年に上京して薬舗に丁稚奉公に出ました。その後、1892年に大阪に戻り、薬問屋に勤務しながら薬学を学びました。1895年、26歳の時に大阪市北区に大塚商店を開業し、製薬業を始めました。 大塚は、商品の品質に徹底的にこだわり、新薬の開発にも積極的でした。1904年には、日本で初めてアスピリンを製造し、1912年には、世界で初めてビタミンB1を抽出することに成功しました。これらの新薬の開発により、大塚商店は急速に成長し、1919年に大塚製薬株式会社に改組されました。 大塚は、実業家としてだけでなく、社会事業にも熱心に取り組みました。1922年には、私財を投じて大阪市北区に大塚病院を開業し、1928年には、大塚化学研究所を設立して、新薬の開発に努めました。また、1931年には、日本薬学会の会長に就任し、日本の医療の発展に貢献しました。 大塚は、1935年に66歳で亡くなりましたが、その遺志を継いで、大塚製薬は日本を代表する製薬会社に成長しました。現在、大塚製薬は、世界100カ国以上に事業展開しており、約200億ドルの売上高を誇っています。 -小見出し 明治-昭和時代前期の実業家- 明治-昭和時代前期は、日本の近代化が急速に進んだ時代であり、多くの実業家が活躍しました。大塚笹一もその一人であり、日本の医療の発展に大きく貢献しました。大塚は、商品の品質に徹底的にこだわり、新薬の開発にも積極的でした。その結果、大塚製薬は急速に成長し、日本を代表する製薬会社に成長しました。 明治-昭和時代前期の他の著名な実業家としては、以下の人物が挙げられます。 * -渋沢栄一-(1840年~1931年) 三井財閥の総帥として日本の経済界を牽引した人物。 * -松下幸之助-(1894年~1989年) パナソニックの創業者として日本の家電業界に貢献した人物。 * -本田宗一郎-(1906年~1991年) 本田技研工業の創業者として日本の自動車業界の発展に貢献した人物。 * -柳井正-(1949年~) ファーストリテイリングの創業者として日本のアパレル業界を牽引した人物。 これらの実業家は、いずれも日本の近代化に貢献した人物であり、その功績は今日でも称えられています。
経済分野の人

中川末吉 – 古河財閥の中心人物

中川末吉とは 中川末吉は、1848年(嘉永元年)に、現在の愛媛県西条市に生まれました。 14歳の時に、古河市助の養子となり、1877年(明治10年)に古河財閥の創業者である古河市兵衛の死去に伴い、古河財閥の第2代当主となりました。 中川末吉は、古河財閥を、鉱山、製鉄、造船、機械、電気などの分野に事業を拡大させました。 また、日本郵船の創立にも関与し、日本の経済発展に大きく貢献しました。 中川末吉は、1918年(大正7年)に死去しましたが、古河財閥は、その後も日本の財界を代表する企業グループとして発展を続けました。 中川末吉は、日本経済の発展に大きく貢献した人物として、その名を知られています。 中川末吉の功績 中川末吉は、古河財閥を近代化し、日本の経済発展に大きく貢献しました。 その功績は、以下の通りです。 * 古河財閥を、鉱山、製鉄、造船、機械、電気などの分野に事業を拡大させ、日本の産業の発展に寄与した。 * 日本郵船の創立にも関与し、日本の海運業の発展に貢献した。 * 古河財閥の経営を近代化し、日本の企業経営のモデルとなった。 * 渋沢栄一ら財界人と協力し、日本の経済政策の立案に参画し、日本の経済発展に貢献した。 中川末吉は、日本の経済発展に大きな功績を残した人物として、その名を知られています。
政治分野の人

「小野秀一」-大正-昭和時代の実業家,政治家

福島電気,大同製鋼,おんたけ交通の創立と経営に参画 小野秀一は、福島電気の創立に参画し、その後、社長を務めました。福島電気は、福島県郡山市に本社を置く電力会社で、福島県と山形県のの一部に電気を供給しています。 また、小野秀一は大同製鋼の創立にも参画し、その後、社長を務めました。大同製鋼は、愛知県名古屋市に本社を置く鉄鋼メーカーで、鉄鋼製品の製造・販売を行っています。 さらに、小野秀一はおんたけ交通の創立にも参画し、その後、社長を務めました。おんたけ交通は、岐阜県中津川市に本社を置くバス会社で、岐阜県と長野県のの一部にバスを運行しています。 これらの会社の創立に参画し経営に参画した小野秀一は、日本の経済界に大きな足跡を残した実業家として知られています。
経済分野の人

喜多又蔵→ 実業家として活躍した奈良県の偉人

-喜多又蔵の生涯- 喜多又蔵は、1847年(弘化4年)に奈良県五條市で生まれた。父は喜多佐右衛門、母はコト。又蔵は、幼少期から学問に優れ、17歳の時に上京して東京大学の前身である開成学校に入学した。1872年(明治5年)に大学を卒業後、三菱会社に入社した。 1874年(明治7年)、又蔵は三菱会社を退職し、帰郷して五條で製糸工場を設立した。これが、奈良県における製糸業の始まりである。また、又蔵は1879年(明治12年)に奈良県会議員に当選し、1884年(明治17年)には奈良県知事に就任した。奈良県知事として、又蔵は奈良県の産業振興に尽力し、特に製糸業の発展に貢献した。 1890年(明治23年)、又蔵は奈良県知事を辞任し、政界を引退した。その後、又蔵は実業家として活躍し、1896年(明治29年)に大阪商工会議所会頭、1900年(明治33年)に日本商工会議所会頭を務めた。また、又蔵は1911年(明治44年)に貴族院議員に勅選され、1918年(大正7年)まで務めた。 1922年(大正11年)、又蔵は東京で死去した。享年76歳。又蔵は、奈良県の発展に貢献した偉大な実業家であり、その功績は今もなお語り継がれている。
経済分野の人

『堀内勝治郎』

旭日氷糖社長として氷砂糖工場を継承 堀内勝治郎氏は、1889年に愛知県碧南市に生まれました。1912年に東京帝国大学工科大学を卒業し、旭日氷糖株式会社に入社しました。同社は、1896年に堀内勝治郎氏の父である堀内勝四郎氏が創業した氷砂糖工場でした。 堀内勝治郎氏は、入社後すぐに工場の現場で働き始めました。そして、1920年に社長に就任しました。堀内勝治郎氏は、社長就任後、氷砂糖工場の近代化を進めました。また、新製品の開発にも力を入れ、同社の業績を拡大しました。 堀内勝治郎氏は、1960年に社長を退任しましたが、その後も同社の顧問として経営に参画し続けました。そして、1974年に亡くなりました。 堀内勝治郎氏は、氷砂糖工場を一代で全国屈指の企業に育て上げた経営者でした。また、地域社会の発展にも貢献した人物でした。 堀内勝治郎氏の功績を称え、1975年に碧南市に堀内勝治郎記念館が建設されました。同記念館には、堀内勝治郎氏の遺品や同社の歴史資料などが展示されています。
経済分野の人

米倉一平→ 幕末-明治時代の偉大な実業家

-米倉一平の生い立ちと青年期- 米倉一平は、1832年(天保3年)に、現在の千葉県松戸市に生まれた。米屋を営む父の元、9人兄弟の末っ子として育った。幼い頃から利発で聡明な子だったと言われ、学問にも優れていた。 一平が15歳の時、父が亡くなった。一平は家業を継ぐため、学校を中退して米屋を営んだ。しかし、一平は米屋を営むことに興味を持てず、すぐに店をたたんでしまった。 一平は、その後、江戸に出て、様々な仕事を転々とした。最初は、寺子屋の教師をしていたが、すぐに辞めてしまった。その後、薬屋で働いたり、呉服屋で働いたりした。しかし、いずれの仕事も長続きしなかった。 一平は、20歳の時、横浜に出て、貿易商を営んだ。横浜は、当時、外国貿易の拠点として栄えており、一平は、ここで成功を収めた。一平は、貿易商としてだけでなく、銀行家としても活躍し、多くの財産を築いた。 一平は、明治維新後、政府の要職を歴任した。また、多くの社会事業にも取り組んだ。一平は、1897年(明治30年)に亡くなったが、その功績は、現在でも語り継がれている。
経済分野の人

実業家・和合英太郎の生涯と軌跡

-近代日本の製氷業の発展に貢献した人物- 和合英太郎は、近代日本の製氷業の発展に大きく貢献した人物であり、その生涯と軌跡は、日本の経済史において重要な意味を持ちます。 彼は1865年、愛媛県松山藩(現在の愛媛県)で生まれました。幼少期は貧しい家庭でしたが、努力と才能によって医学の道を志しました。1888年、東京帝国大学(現在の東京大学)医科大学を卒業し、医師の資格を取得しました。 卒業後は、製氷業に従事し始めます。1890年には、東京府(現在の東京都)に東洋製氷株式会社を設立し、社長に就任しました。その後、彼は積極的に製氷工場を建設し、製氷業を広めていきました。 1900年には、日本初の製氷機を輸入し、日本の製氷技術を大きく向上させました。また、1905年には、日本製氷株式会社を設立し、製氷業を全国展開しました。 彼の功績は、日本の製氷業の発展にとどまりません。1911年には、日本商工会議所会頭として、日本の経済界の発展に貢献しました。また、1918年には、日本赤十字社社長に就任し、社会福祉事業にも尽力しました。 和合英太郎は、1940年に75歳で亡くなりましたが、その生涯と軌跡は、日本の近代化に大きく貢献しており、彼の功績は今もなお高く評価されています。 彼は、近代日本の経済界のパイオニアとして、日本の発展に大きく貢献した人物であり、その生涯と軌跡は、日本人が誇るべきものであります。
歴史上の人物

関宗喜の生涯と功績

関宗喜の生い立ちと家族 関宗喜の生い立ちは謎に包まれており、いつどこで生まれたのかは分かっていません。しかし、彼の家族についてはいくつかのことが知られています。 宗喜の父親は、関宗徳という武士でした。宗徳は、徳川家康に仕えており、江戸城の警備を担当していました。 母親については、名前は分かっていませんが、彼女もまた武士の娘でした。 宗喜には、兄と妹がいました。兄は、関宗成という名前で、宗喜よりも先に生まれていました。妹は、関宗恵という名前で、宗喜よりも後に生まれていました。 宗喜は、幼い頃から武芸を学び、弓馬の達人となりました。また、彼は学問にも秀でており、漢学や儒学を学びました。 宗喜は、16歳の時に徳川家康に仕官しました。家康は、宗喜の武勇と学問を高く評価し、彼を重用しました。 宗喜は、家康の死後も、徳川家の家臣として仕え続けました。彼は、徳川秀忠、徳川家光、徳川家綱の三代に仕え、数々の武功を上げました。 宗喜は、1660年に82歳で亡くなりました。彼の死は、徳川家にとって大きな損失となりました。
経済分野の人

渋沢秀雄とは?その生涯と功績

渋沢秀雄の生い立ちと経歴 渋沢秀雄は、1881年(明治14年)10月16日、東京日本橋本町四丁目に、渋沢家当主・渋沢栄一の長男として生まれた。栄一は幕末から明治にかけて活躍した実業家で、第一国立銀行や東京証券取引所など多くの企業の設立に携わったことで知られる。秀雄は、幼い頃から栄一に厳しく育てられ、学問と武道を修めた。1903年(明治36年)に東京帝国大学法科大学を卒業し、その後は日本銀行に入行した。 日本銀行では、調査局員として国内外の経済情勢を調査・分析する業務に従事した。また、1913年(大正2年)にはニューヨーク駐在員としてアメリカに派遣され、アメリカの金融制度や経済政策について調査を行った。渋沢秀雄は、日本銀行で10年以上にわたり勤務した後、1919年(大正8年)に退職した。 退職後は、実業家として活動を開始した。1920年(大正9年)には、日本商工会議所の専務理事に就任し、日本の経済発展に尽力した。また、1922年(大正11年)には、東京海上火災保険株式会社の社長に就任し、日本の保険業界の発展に貢献した。秀雄は、1957年(昭和32年)に東京海上火災保険株式会社の社長を退任し、その後は、日本経済団体連合会の会長や日本商工会議所会頭などの要職を歴任した。1965年(昭和40年)に83歳で死去した。 渋沢秀雄は、実業家として日本の経済発展に貢献しただけでなく、経済評論家としても活躍した。 秀雄は、経済に関する著書を多数発表し、日本の経済政策に影響を与えた。特に、1935年(昭和10年)に発表した『世界恐慌の研究』は、世界恐慌の原因と対策について論じた画期的な著作で、経済学界で高く評価された。 渋沢秀雄は、日本の経済発展に貢献した偉大な実業家であり、経済評論家であった。秀雄の功績は、今日でも高く評価されており、日本の経済界に大きな影響を与え続けている。
経済分野の人

「志方勢七」

志方勢七の生涯 志方勢七は、江戸時代の尾張国中島郡志方村(現在の愛知県稲沢市祖父江町志方)に生まれた郷士である。幼名は「又四郎」といい、「勢七」は通称であり、晩年は「七左衛門」と称した。 勢七は、幼い頃から文武両道に優れ、特に剣術と柔術に秀でていた。18歳の時、江戸に出て、神道無念流の剣豪・浅利又七郎に師事し、奥義を伝授された。その後、各地を巡り、数多くの剣術家と試合を行って勝利を収め、「志方勢七」の名は天下に轟くようになった。 勢七は、剣術だけでなく、柔術や馬術にも優れており、尾張藩主・徳川光友に召し抱えられて、藩の指南役を務めた。また、光友の命により、中島郡の豪農・伊藤長兵衛の娘・八重と結婚し、志方村に居を構えた。 勢七は、文武両道に優れていただけでなく、人柄も篤実で、地元の人々から敬愛された。また、熱心な神道家で、志方村に天神社を建立した。 勢七は、86歳で志方村で死去した。墓は、志方村の天神社にある。 志方勢七は、尾張藩を代表する剣豪であり、その生涯は、人々から敬愛され、語り継がれてきた。
経済分野の人

「佐藤忠次郎」(1887-1944)

- 島根県の農業機械メーカーの創業者 佐藤忠次郎は、1887年に島根県仁多郡矢上村(現在の奥出雲町)に生まれました。幼い頃から機械いじりが好きで、独学で機械工学を学びました。1905年、18歳のときに、友人の田中信太郎と共同で「佐藤忠次郎田中信太郎合資会社」を設立しました。 佐藤忠次郎田中信太郎合資会社は、当初は農業機械の修理や販売を行っていましたが、佐藤忠次郎の才能を生かして、農業機械の製造にも乗り出しました。1912年、佐藤忠次郎は、日本初のトラクターである「佐藤式蒸気トラクター」を完成させました。このトラクターは、当時の農家にとって画期的な機械で、佐藤忠次郎は一躍有名になりました。 その後、佐藤忠次郎は、トラクターの改良や、新しい農業機械の開発に力を注ぎました。1920年、佐藤忠次郎は、日本初のコンバインである「佐藤式コンバイン」を完成させました。このコンバインも、農家から大いに歓迎され、佐藤忠次郎の会社は、日本を代表する農業機械メーカーに成長しました。 佐藤忠次郎は、1944年に57歳で亡くなりましたが、彼の遺志を継いだ社員たちは、佐藤忠次郎田中信太郎合資会社を、さらに発展させました。現在は、佐藤農機株式会社として、世界有数の大手農業機械メーカーに成長しています。佐藤忠次郎の開発した農業機械は、日本の農業の発展に大きく貢献し、彼の功績は、今もなお高く評価されています。
経済分野の人

大谷吟右衛門→ 明治-大正時代の実業家

-大谷吟右衛門- 1836年(天保7年)に着島家八郎兵衛の三男として生まれ、後に大谷家へ養子に出される。少年時代から商才があり、16歳の時に江戸へ出て呉服店に奉公する。その後、大阪へ移り、1869年(明治2年)に呉服店「大谷商店」を創業した。 大谷吟右衛門は、呉服商として成功を収め、その財産を基に、さまざまな事業を展開した。1872年(明治5年)には、大阪商工会議所の初代会頭となり、大阪の経済界を牽引した。また、1880年(明治13年)には、大阪株式取引所の初代頭取となり、日本の株式市場の発展に貢献した。 大谷吟右衛門は、実業家としてだけでなく、社会貢献にも積極的だった。1881年(明治14年)には、大阪に市立図書館を設立し、1889年(明治22年)には、大阪市立博物館を設立した。また、1890年(明治23年)には、大阪医学校を設立し、日本の医学教育の発展に貢献した。 大谷吟右衛門は、1911年(明治44年)に亡くなった。その功績を称えて、大阪市は、大谷吟右衛門の銅像を大阪城公園内に建立した。また、大谷吟右衛門の名前は、大阪市内のさまざまな施設に付けられている。 大谷吟右衛門は、明治-大正時代の大阪を代表する実業家であり、社会貢献家だった。その功績は今でも大阪に残っており、人々に語り継がれている。
経済分野の人

竹尾年助→ 工学と産業のパイオニア

-機械技術者としての足跡- 竹尾年助は、1859年に岡山県に生まれました。1880年に工部大学校機械工学科を卒業し、工部省に入省しました。工部省では、鉄道建設や鉱山開発などの事業に従事しました。1887年、工部大学校の教授に就任し、機械工学を教え始めました。1890年、工部大学校を退職し、東京電灯会社を設立しました。東京電灯会社は、日本の最初の民間電力会社であり、竹尾は日本の電力産業の発展に貢献しました。1894年、竹尾は東京瓦斯会社を設立しました。東京瓦斯会社は、日本の最初の民間ガス会社であり、竹尾は日本のガス産業の発展に貢献しました。1900年、竹尾は日本機械学会を設立しました。日本機械学会は、日本の機械工学の発展に寄与する団体であり、竹尾は日本の機械工学の発展に貢献しました。1907年、竹尾は東京帝国大学工学部教授に就任しました。竹尾は、1925年に亡くなるまで、東京帝国大学工学部教授として、機械工学を教えていました。 竹尾年助は、日本の機械技術の発展に大きく貢献しました。竹尾は、工部省で鉄道建設や鉱山開発などの事業に従事し、機械工学の知識を活かして日本の産業の発展に貢献しました。また、竹尾は工部大学校の教授として機械工学を教え、日本の機械工学の発展に貢献しました。さらに、竹尾は東京電灯会社や東京瓦斯会社を設立し、日本の電力産業やガス産業の発展に貢献しました。竹尾は、日本の機械技術の発展に大きく貢献した人物として、現在でも尊敬されています。
経済分野の人

– 藤瀬政次郎

事業家としての藤瀬政次郎 藤瀬政次郎は、明治維新後、殖産興業政策の一環として日本の経済発展に大きく貢献した実業家であり、政治家です。特に、鉄道事業への貢献は顕著であり、日本全国に鉄道網を整備し、日本の経済発展に大きな役割を果たしました。 藤瀬は、1851年に福岡県に生まれ、幼い頃から商才を発揮していました。1872年、21歳の時に東京に出て、貿易会社を設立しました。その後、1877年に政府の鉄道局に入局し、鉄道事業に携わるようになりました。 藤瀬は、鉄道局長官として、日本の鉄道網整備に尽力しました。1889年に日本鉄道会社を設立し、東京から青森までを結ぶ東北本線を開通させました。また、1890年には九州鉄道会社を設立し、福岡から長崎までを結ぶ長崎本線を開通させました。さらに、1897年には北海道鉄道会社を設立し、札幌から函館までを結ぶ函館本線を開通させました。 藤瀬は、鉄道事業以外にも、鉱山開発や海運業などにも進出し、日本の経済発展に多大な貢献をしました。また、1890年には衆議院議員に当選し、政治家としても活躍しました。 藤瀬は、1908年に57歳で亡くなりましたが、彼の残した功績は、日本の経済発展に大きな影響を与えました。藤瀬は、日本の経済発展に大きく貢献した偉大な実業家であり、政治家です。 藤瀬の事業家としての成功の秘訣は、彼の先見の明と実行力にあります。藤瀬は、日本の鉄道網整備の重要性を早くから認識しており、政府や民間企業に働きかけて、鉄道網の整備を推進しました。また、藤瀬は、鉄道事業以外にも、鉱山開発や海運業などにも進出し、日本の経済発展に多大な貢献をしました。 藤瀬は、日本の経済発展に大きく貢献した偉大な実業家であり、政治家です。彼の残した功績は、日本の経済発展に大きな影響を与えました。
政治分野の人

森本仁平 – 実業家、大阪府堺の酒造家

-明治・大正・昭和の三代にわたる公職- 森本仁平は、明治・大正・昭和の三代にわたる実業家、大阪府堺の酒造家で、堺市議会議員、大阪府議会議員、衆議院議員、貴族院議員を歴任した。 森本仁平は、1855年(安政2年)に堺市に生まれた。幼い頃から学問に励み、1875年(明治8年)に大阪商業学校(現・大阪大学)を卒業した。 卒業後は、家業の酒造業を継ぎ、また、実業界にも進出して、堺商工会議所会頭、大阪商工会議所副会頭などの要職を歴任した。 1889年(明治22年)には、堺市議会議員に当選し、政界入りした。1894年(明治27年)には、大阪府議会議員に当選し、さらに1902年(明治35年)には、衆議院議員に当選した。 衆議院議員としては、憲政本党に所属し、1908年(明治41年)には、第2次桂太郎内閣の農商務大臣に任命された。 1914年(大正3年)には、貴族院議員に勅選され、1924年(大正13年)には、貴族院副議長に就任した。 1926年(大正15年)には、昭和天皇の大礼記念として、堺市に大礼記念公園を建設した。 1932年(昭和7年)に死去した。
経済分野の人

鍵富三作(2代) – 明治-昭和時代前期の実業家

-実業家としての鍵富三作(2代)- 鍵富三作(2代)は、明治時代から昭和時代前期にかけて活躍した実業家です。東京府出身で、父である鍵富三作(初代)が経営する鍵屋を継承し、事業を拡大していきます。 鍵屋は、江戸時代から続く老舗の呉服店で、西陣織の反物や着物などを扱っていました。鍵富三作(2代)は、店の経営を近代化し、店舗を改装したり、新しい商法を導入したりしました。また、呉服店だけでなく、銀行や保険会社、不動産会社など、さまざまな事業を展開し、鍵富グループを拡大していきます。 鍵富三作(2代)は、地域社会にも貢献しました。商工会議所の設立や、小学校の建設など、さまざまな事業に協力しています。また、慈善活動にも熱心で、困っている人々を援助しました。 鍵富三作(2代)は、実業家として成功を収め、地域社会にも貢献した人物です。彼の功績は、現在でも語り継がれています。
歴史上の人物

寺見機一 -明治時代の外交官,実業家-

外交官としての功績 寺見機一は、1873年に外務省に入り、1894年に駐アメリカ公使に任命されました。アメリカでは、日米通商航海条約の締結に尽力し、1895年に締結されました。この条約は、日米間の貿易や航海に関する事項を定め、日米関係の強化に貢献しました。 また、寺見は日中戦争(1894-1895)の講和条約である下関条約の締結交渉にも参加しました。下関条約は、中国に多額の賠償金を支払い、日本に遼東半島と台湾を割譲させる内容となっていました。しかし、ロシア、ドイツ、フランスの三国干渉により、日本は遼東半島を中国に返還することになりました。 1897年、寺見は駐イギリス公使に任命されました。イギリスでは、日英同盟の締結交渉に尽力し、1902年に締結されました。日英同盟は、日本とイギリスが軍事同盟を締結し、互いに支援することを約束する内容となっていました。この同盟は、日本とイギリスの安全保障を強化し、日露戦争(1904-1905)の勝利に貢献しました。 1906年、寺見は外務大臣に就任しました。外務大臣としては、日米関係の改善に努め、1908年に日米紳士協定を締結しました。日米紳士協定は、日本からアメリカへの移民を制限する内容となっていました。この協定は、日米間の緊張を緩和し、日米関係の改善に貢献しました。
経済分野の人

白洲次郎

-白洲次郎とは- 白洲次郎は、明治18年(1885年)に岡山県で生まれた外交官、政治家、実業家です。白洲家の長男として生まれ、幼少期は岡山県倉敷市の白洲邸で過ごしました。その後、上京して東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)に進学しました。卒業後は、東京帝国大学(現・東京大学)法学部に進学し、法律を学びました。 大学卒業後は、外務省に入省し、外交官としてアメリカ、イギリス、ドイツに赴任しました。帰国後は、外務大臣秘書官を務め、その後、政界に転身しました。昭和18年(1943年)に貴族院議員に勅選され、昭和20年(1945年)には貴族院議長に就任しました。 戦後は、公職追放の対象となったため、政界から引退しました。その後、実業家として活躍し、日本航空の設立に参画しました。また、日本ユネスコ国内委員会の委員長を務めるなど、文化事業にも携わりました。 白洲次郎は、昭和46年(1971年)に85歳で亡くなりました。 -白洲次郎の生涯- 白洲次郎は、明治18年(1885年)11月20日に岡山県倉敷市の白洲邸で生まれました。父親は白洲文平、母親は白洲徳子です。白洲家は、江戸時代から続く大地主で、白洲文平は倉敷紡績の社長を務めていました。 白洲次郎は、幼少期を倉敷市で過ごしました。6歳のときに東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)に入学し、12歳のときに東京帝国大学(現・東京大学)法学部に進学しました。大学卒業後は、外務省に入省し、外交官としてアメリカ、イギリス、ドイツに赴任しました。 帰国後は、外務大臣秘書官を務め、その後、政界に転身しました。昭和18年(1943年)に貴族院議員に勅選され、昭和20年(1945年)には貴族院議長に就任しました。 戦後は、公職追放の対象となったため、政界から引退しました。その後、実業家として活躍し、日本航空の設立に参画しました。また、日本ユネスコ国内委員会の委員長を務めるなど、文化事業にも携わりました。 白洲次郎は、昭和46年(1971年)7月28日に85歳で亡くなりました。 -白洲次郎の人物像- 白洲次郎は、聡明で博識な人物でした。英語、フランス語、ドイツ語に堪能で、日本の伝統文化にも精通していました。また、茶道、華道、俳句などにも造詣が深かったです。 白洲次郎は、日本の伝統文化を愛し、その保護に努めました。また、国際社会における日本の地位向上にも尽力しました。白洲次郎は、日本の近代史に大きな足跡を残した偉人です。
経済分野の人

野口五郎

野口五郎の半生 野口五郎は、1956年1月23日に東京都足立区に生まれた。本名は野口五郎ではなく、野口五郎である。野口五郎という芸名は、デビュー当時のマネージャーから「五郎ちゃん」と呼ばれていたことに由来し、1974年のデビュー時に自ら命名したものである。 野口五郎は、幼い頃から歌と踊りが大好きで、小学校3年生の時には、テレビ番組「シャボン玉ホリデー」に出場した。その後、1971年に、テレビ番組「スター誕生!」に出場し、合格を果たした。 1974年に、野口五郎は、シングル「君の誕生日」でデビューを果たした。この曲は、オリコンチャートで2位を記録し、大ヒットとなった。その後、野口五郎は、数々のヒット曲をリリースし、一躍トップアイドルとなった。 1980年代に入ると、野口五郎は、俳優としても活躍するようになった。1981年に、ドラマ「太陽にほえろ!」に出演し、その後、数々のドラマや映画に出演した。野口五郎は、俳優としても高い評価を受け、人気俳優となった。 1990年代に入ると、野口五郎は、音楽活動をメインに活動するようになった。1991年に、アルバム「WILD」をリリースし、このアルバムは、オリコンチャートで1位を記録した。その後、野口五郎は、数々のアルバムをリリースし、活躍を続けている。 野口五郎は、50年以上にもわたって芸能界で活躍し続けている。野口五郎は、その卓越した歌と踊りの才能で、多くの人々を魅了している。野口五郎は、日本の芸能界を代表するアーティストである。
経済分野の人

石灰産業の発展に貢献した女性実業家 上田やす

上田やすは、夫の上田佐一郎とともに、石灰産業の発展に貢献した女性実業家です。1889年に東京で生まれ、1912年に佐一郎と結婚しました。佐一郎は、石灰の生産や販売を行う会社を経営しており、やすは夫の事業を支えながら、家庭を守っていました。 1920年代後半、佐一郎は石灰の生産効率を上げるために、人工水化生産方式を考案しました。この方法は、石灰石を水と反応させて水酸化カルシウムを生成する方法であり、従来の方法よりも効率的に石灰を生産することができました。やすは、夫のこの新しい生産方式を積極的に支援し、その普及に努めました。 やすの努力もあり、人工水化生産方式は全国に広がり、石灰産業の発展に大きく貢献しました。やすは、夫とともに石灰産業の発展に貢献した功績が認められ、1955年に勲五等双光旭日章を受章しました。 やすは、石灰産業の発展に貢献しただけでなく、社会活動にも積極的に参加しました。1930年代には、日本女子商業学校を創設し、女子の教育に力を注ぎました。また、戦後には、日本女子経済連盟の会長を務め、女性の経済的地位の向上に努めました。 やすは、石灰産業の発展に貢献しただけでなく、社会活動にも積極的に参加し、女性の地位向上に貢献した偉大な女性実業家でした。
経済分野の人

岩瀬徳三郎:偉大な実業家

-小見出し人名辞典実業家岩瀬徳三郎- 岩瀬徳三郎(いわせ とくさぶろう、1865年12月13日 - 1949年1月28日)は、日本の実業家。渋沢栄一、安田善次郎と共に日本の実業界の三傑と称される。 -岩瀬徳三郎の生い立ちと経歴- 1865年、現在の愛知県豊川市に生まれた。幼少の頃より家業の手伝いをし、12歳の時に上京して商業を学び始める。その後、明治維新後に日本初の近代的な貿易会社である三菱商事を設立した。三菱商事を発展させ、やがて日本の五大財閥の一つである三菱財閥の総帥となる。 -岩瀬徳三郎の功績- 岩瀬徳三郎は、日本の実業界に大きな功績を残した。三菱商事を発展させ、日本の輸出入貿易を促進した。また、三菱財閥を設立し、日本の経済発展に寄与した。さらに、東京商工会議所初代会頭などを歴任し、日本の経済政策にも影響を与えた。 -岩瀬徳三郎の人物像- 岩瀬徳三郎は、聡明で決断力のある人物であった。また、人情に厚く、部下たちから慕われていた。さらに、社会貢献にも熱心で、多くの慈善事業を行った。 -岩瀬徳三郎の死後- 岩瀬徳三郎は、1949年に83歳で死去した。その死は日本の経済界に大きな衝撃を与え、多くの人々が彼の死を悼んだ。岩瀬徳三郎の功績は、日本の経済界の発展に大きく寄与したとして、今日でも高く評価されている。 -岩瀬徳三郎の主な栄誉- * 1901年男爵に叙される * 1916年帝国学士院会員に任命される * 1928年文化勲章を受章する * 1949年国葬が行われる
政治分野の人

利光鶴松 – 明治・昭和時代前期の政治家、実業家

利光鶴松の政治家としての経歴 利光鶴松は、1875年(明治8年)7月17日に新潟県に生まれた。早稲田大学卒業後、大蔵省に入省。1908年(明治41年)に政界に転身し、衆議院議員に当選した。政界では、立憲政友会に所属し、商工大臣や鉄道大臣などを歴任。1924年(大正13年)に若槻内閣で内務大臣に就任した。内務大臣としては、治安維持法の制定や警察制度の改革を進めた。 1927年(昭和2年)に政界を引退し、実業家に転身。東京急行電鉄や東京電灯などの社長を歴任した。また、1936年(昭和11年)には東京市長に就任。東京市長としては、東京オリンピックの開催を目指して積極的な施策を展開した。1943年(昭和18年)に東京市長を退任し、その後は政界に復帰することなく、1953年(昭和28年)に亡くなった。 利光鶴松は、政治家として治安維持法の制定や警察制度の改革などを行った。また、実業家としては東京急行電鉄や東京電灯などの経営に手腕を発揮した。
経済分野の人

渡辺寛-養蜂事業と月刊誌創刊の業績

-養蜂事業の開始と月刊誌の創刊- 渡辺寛は、1881年(明治14年)に長野県松本市に生まれました。幼い頃から、農業や養蜂に興味を持ち、家業の養蜂業を手伝っていました。その後、1901年(明治34年)に東京農林学校(現在の東京農業大学)を卒業し、農学士の資格を取得しました。 卒業後は、農林省に勤務し、養蜂に関する研究や普及活動を行いました。しかし、養蜂業は当時、まだあまり盛んではなく、収入も少なかったため、渡辺寛は養蜂業の振興を図るために、1906年(明治39年)に養蜂雑誌「養蜂」を創刊しました。 「養蜂」は、養蜂に関する知識や技術を広く普及することを目的に設立され、渡辺寛が編集長を務めました。この雑誌は、毎月1回発行され、養蜂に関する最新の情報や、養蜂家の体験談などが掲載されました。 「養蜂」の創刊は、日本の養蜂業の発展に大きく貢献しました。この雑誌を通じて、養蜂に関する知識や技術が広く普及し、養蜂業は次第に盛んになっていきました。また、「養蜂」は、養蜂家同士の交流の場としても機能し、養蜂業界の発展に貢献しました。 渡辺寛は、養蜂事業の振興と月刊誌「養蜂」の創刊を通じて、日本の養蜂業の発展に大きく貢献しました。
経済分野の人

白石元治郎:明治-昭和時代前期の実業家

-# 浅野商店への入社と浅野財閥での活躍 白石元治郎は、1866年(慶応2年)に岐阜県武儀郡武儀村(現在の武儀町)に生まれました。1883年(明治16年)に上京し、浅野商店に入社しました。浅野商店は、浅野総一郎が創業した企業で、セメントや鉱山などの事業を展開していました。 白石元治郎は、浅野商店に入社後、すぐに頭角を現しました。1890年(明治23年)には、浅野商店の支配人に就任し、1896年(明治29年)には、取締役になりました。1904年(明治37年)には、浅野総一郎が死去したことを機に、浅野商店の社長に就任し、浅野財閥の総帥となりました。 白石元治郎は、浅野財閥の社長として、セメントや鉱山の事業を拡大し、浅野財閥を日本最大の財閥の一つに育て上げました。また、社会事業にも熱心に取り組み、1914年(大正3年)には、浅野セメント株式会社附属医院を設立し、1920年(大正9年)には、浅野財閥の従業員とその家族のための住宅を建設しました。 白石元治郎は、1939年(昭和14年)に死去しました。享年73歳でした。白石元治郎は、明治-昭和時代前期の日本の実業界を代表する人物の一人であり、浅野財閥の発展に大きく貢献しました。