室町幕府

歴史上の偉人

足利直義 – 鎌倉-南北朝時代の武将

- 足利直義の生涯 足利直義(あしかが ただよし、1306年? - 1352年4月2日)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将。足利尊氏の弟。鎌倉幕府の執権、左兵衛督。尊氏が南北朝の内乱で北朝方についたことに対して南朝方に属した。 直義は、1306年(嘉元2年)に足利貞氏の次男として生まれる。1324年(正中元年)、兄の尊氏が執権北条高時の側近として鎌倉幕府に出仕したのに伴い、直義も鎌倉に上る。1333年(元弘3年)、尊氏が後醍醐天皇の倒幕計画に加わった際、直義もこれに従い、鎌倉幕府を打倒した。 鎌倉幕府滅亡後、直義は尊氏とともに建武の新政に参加する。1335年(建武2年)、尊氏が新田義貞らと対立して九州に下向すると、直義もこれに従う。1336年(建武3年)、尊氏が九州で勢力を回復し、鎌倉を占領すると、直義は鎌倉に留まり、執権として幕政を主導した。 1338年(暦応元年)、尊氏が征夷大将軍に任じられると、直義は左兵衛督に任じられ、尊氏を補佐した。しかし、尊氏と直義は次第に反目するようになり、1349年(貞和5年)、直義は尊氏の弟の直冬とともに鎌倉を追放された。 直義は南朝に投降し、南朝方の有力武将として戦った。1350年(観応元年)、尊氏が南朝方に敗れて九州に逃れると、直義は鎌倉を占領し、南朝方の政権を樹立した。しかし、1352年(観応2年)、尊氏が九州から帰還し、鎌倉を奪還すると、直義は鎌倉から逃走し、越前国で自害した。
歴史上の偉人

朴瑞生→ 李氏朝鮮時代の官僚・外交官

-科挙合格と朝鮮通信使の派遣- 朴瑞生は、朝鮮通信使の派遣に貢献した官僚・外交官である。彼は1485年、朝鮮の黄海道で生まれた。1502年に科挙に合格し、官僚としての道を歩み始めた。1514年、朴瑞生は日本の征夷大将軍足利義稙に朝鮮通信使として派遣された。この通信使は、日朝関係の強化を目的としており、朴瑞生は朝鮮通信使の派遣に大きく貢献した。 朴瑞生は、日本の文化に精通しており、足利義稙との交渉に成功した。また、朴瑞生は日本の文化を朝鮮に紹介し、朝鮮文化の発展に貢献した。朴瑞生は、1518年に朝鮮に戻った後、官僚として活躍し、1544年に亡くなった。 朴瑞生は、朝鮮通信使の派遣に貢献した官僚・外交官として知られている。また、朴瑞生は日本の文化を朝鮮に紹介し、朝鮮文化の発展に貢献した。
歴史上の偉人

– 足利義遐

-# 足利義遐は足利義澄に改名 足利義遐は、第11代将軍足利義澄が改名した後の名前である。義遐は、1508年(永正5年)に足利義稙の子として生まれた。1521年(大永元年)に将軍に就任し、1546年(天文15年)まで在職した。義遐は、在職中に享禄・天文の乱を鎮圧し、室町幕府の権威を回復した。また、ポルトガル人宣教師フランシスコ・ザビエルを日本に招き、キリスト教の布教を許可した。 1546年、義遐は将軍を辞任し、子の足利義輝に譲位した。義遐は、1550年(天文19年)に死去した。 義遐は、足利将軍家の中で最も長く在職した将軍である。また、義遐は、室町幕府の権威を回復し、キリスト教の布教を許可するなど、多くの功績を残した。 -- 異説 足利義遐と足利義澄は同一人物ではなく、別人であるという説もある。この説によると、義遐は1523年(大永3年)に死去し、その後、義澄が将軍に就任したという。しかし、この説は、史料によって裏付けられておらず、有力な説ではない。
歴史上の偉人

「北山殿」(⇒足利義満)について

「北山殿」とはどのような人か? 「北山殿」とは室町幕府3代将軍・足利義満のこと。北山殿とは彼の居城である北山殿に由来している。義満は、1358年に室町幕府2代将軍・足利義詮の子として生まれ、1367年に10歳で将軍職を継いだ。義満は、幼少期から聡明で、14歳で親政を開始した。義満は、足利尊氏、足利義詮の路線を踏襲し、室町幕府の権威を強化した。また、義満は、明との貿易を積極的に行い、中国文化を日本に多く取り入れた。義満は、1394年に37歳で将軍職を辞任し、出家して法名を道義とした。義満は、その後も実権を握り続け、1408年に41歳で亡くなるまで、室町幕府の最高権力者であり続けた。 北山殿は、非常に有能な政治家で文化人であった。彼は、室町幕府の権威を高め、日本文化の発展に大きな貢献をした。北山殿は、室町幕府の歴史上最も重要な人物の一人であり、彼の功績は今日でも高く評価されている。
歴史上の偉人

「細川和氏」について

# 中世の著名な武将-「細川和氏」 - 細川和氏とは 細川和氏は、南北朝時代から室町時代にかけて活躍した武将です。室町幕府の初代管領を務め、室町幕府の成立に大きく貢献した人物です。また、細川氏は、室町幕府の有力な守護大名であり、応仁の乱にも大きな役割を果たしました。 - 細川和氏の人物像 細川和氏は、武勇に優れた武将であり、政治手腕にも長けた人物でした。また、和歌や連歌を嗜むなど、文化人としても活躍しました。細川和氏は、室町幕府の創始者である足利尊氏の信頼が厚く、室町幕府の初代管領に任命されました。管領として、細川和氏は、幕府の政務を総覧し、足利尊氏の死後も、室町幕府の安定に貢献しました。 - 細川和氏の功績 細川和氏の功績の一つは、室町幕府の成立に大きく貢献したことでしょう。細川和氏は、室町幕府の初代管領として、幕府の政務を総覧し、足利尊氏の死後も、室町幕府の安定に貢献しました。また、細川和氏は、応仁の乱にも大きな役割を果たしました。応仁の乱は、細川和氏と山名宗全が対立して起こった内乱であり、10年以上にわたって続きました。細川和氏は、応仁の乱で敗れましたが、後に復権し、室町幕府の権力を回復しました。 - 細川和氏の死 細川和氏は、1480年に死去しました。享年74歳でした。細川和氏の死後、細川氏は、畠山、山名、赤松氏など、他の守護大名と争うようになり、室町幕府の権力は衰退していきました。 細川和氏についての記事です。
歴史上の偉人

尊満(足利尊満)とは?その経歴や活躍を紹介

-尊満(足利尊満)の経歴- 尊満(足利尊満)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将。足利貞氏の子で、足利尊氏(初代室町幕府将軍)の弟である。尊満は、幼少期より武芸に秀で、元弘元年(1331年)に鎌倉幕府打倒を掲げ、後醍醐天皇に挙兵した尊氏に従って戦った。元弘3年(1333年)には、新田義貞軍を破り、鎌倉入りを果たした。 その後、尊満は、尊氏の東国支配を支え、建武元年(1334年)には、陸奥守に任じられた。しかし、建武2年(1335年)に、尊氏が後醍醐天皇と対立して足利幕府を開くと、尊満も尊氏に従って後醍醐天皇軍と戦った。 尊満は、尊氏の側近として、数々の戦いで活躍した。建武3年(1336年)には、新田義貞軍を破り、越後国を平定した。その後、尊満は、九州に下向し、鎮西探題として、西国の統治にあたった。 尊満は、九州平定に尽力し、足利幕府の勢力基盤を強固にした。しかし、延元元年/建武4年(1338年)に、後醍醐天皇軍に敗れて戦死した。尊満の死は、足利幕府に大きな損失を与え、尊氏は、尊満の死を悼んだという。 尊満は、武勇に秀でた武将であり、尊氏の側近として活躍した。尊満の死は、足利幕府に大きな損失を与え、尊氏は、尊満の死を悼んだという。
歴史上の偉人

河野通盛 – 鎌倉・南北朝時代の武将

河野通盛の生涯と功績 河野通盛は、鎌倉・南北朝時代の武将です。河野通清の嫡男として生まれ、河野氏10代当主となります。 河野通盛は、元弘3年(1333年)に鎌倉幕府が倒れると、後醍醐天皇に仕えて功績を上げ、建武の新政に参画します。しかし、建武の新政が崩壊すると、足利尊氏に仕えるようになります。 足利尊氏が北朝を樹立すると、河野通盛は北朝に忠誠を誓い、南朝と戦います。南朝が滅亡すると、河野通盛は足利尊氏から河野氏10代当主として認められます。 河野通盛は、河野氏の勢力を拡大し、伊予国をほぼ統一しました。また、河野通盛は、足利将軍家と親密な関係を築き、河野氏の発展に努めました。 河野通盛は、応安2年(1369年)に死去します。嫡男の河野通之が河野氏11代当主を継ぎます。 河野通盛は、河野氏の勢力を拡大し、伊予国をほぼ統一した武将です。また、河野通盛は、足利将軍家と親密な関係を築き、河野氏の発展に努めました。
歴史上の偉人

戦国武将 朽木稙綱の一生

-近江の豪族、朽木稙綱- 朽木稙綱は、戦国時代に近江国を治めた豪族である。朽木氏は、藤原秀郷の子孫と伝えられる名門で、鎌倉時代から近江国守護を務めていた。稙綱は、朽木氏第13代当主として、天文10年(1541年)に生まれた。 稙綱は、幼少の頃に父を亡くし、叔父の後見を受けて育った。永禄5年(1562年)に元服し、朽木氏第14代当主となった。稙綱は、近江国の豪族として、織田信長や豊臣秀吉らと同盟を結んで勢力を拡大した。 元亀2年(1571年)、稙綱は信長と同盟を結び、浅井・朝倉連合軍を撃破した。この功績により、稙綱は近江国内の所領を増やした。天正2年(1574年)、信長が京都で本能寺の変で横死すると、稙綱は秀吉と同盟を結んだ。 天正10年(1582年)、秀吉は中国地方を平定し、近江国にも軍勢を進めた。稙綱は、秀吉に降伏し、朽木氏の所領を安堵された。天正12年(1584年)、稙綱は秀吉の命により、賤ケ岳の戦いで柴田勝家を破った。この功績により、稙綱は近江国内の所領をさらに増やした。 天正16年(1588年)、稙綱は秀吉の命により、九州征伐に参加した。稙綱は、秀吉の九州平定に貢献し、肥後国と薩摩国の所領を賜った。その後、稙綱は秀吉の朝鮮出兵にも参加した。 慶長3年(1598年)、秀吉が死去すると、稙綱は徳川家康に仕えた。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、稙綱は家康に味方して、石田三成率いる西軍と戦った。稙綱は、関ヶ原の戦いで功績を上げ、近江国内の所領を安堵された。 慶長12年(1607年)、稙綱は死去した。享年67。稙綱は、戦国時代に近江国を治めた名将として知られている。
歴史上の偉人

「吉野院」(⇒後醍醐天皇(ごだいごてんのう))について

後醍醐天皇(ごだいごてんのう)とはどんな人物か 後醍醐天皇(ごだいごてんのう)は、日本の第96代天皇です。在位期間は1318年から1339年までです。諱(いみな)は尊治(たかはる)。 後醍醐天皇は、鎌倉幕府の打倒を掲げ、1331年に建武の新政を開始しました。しかし、1336年に足利尊氏(あしかがたかうじ)が離反し、後醍醐天皇は京都を追われます。吉野に逃れた後醍醐天皇は、1337年に再び天皇に即位し、南北朝の動乱が始まります。 後醍醐天皇は、南北朝の動乱終結に尽力し、1339年に崩御します。崩御後、後醍醐天皇の遺志を継いだ足利尊氏は、1392年に南北朝を統一しました。 後醍醐天皇は、鎌倉幕府の打倒と南北朝の統一に尽力した人物として知られています。また、後醍醐天皇は、儒教を重んじ、多くの儒学者を登用しました。そのため、後醍醐天皇の治世は、日本の儒教文化の発展に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

佐竹義人 – 室町時代の武将

-佐竹義人の生涯- 佐竹義人は、室町時代初期の武将である。常陸国佐竹氏の第12代当主であり、佐竹義治の長男として誕生した。 義人は幼少期から武芸を学び、13歳で初陣を果たした。その後、父と共に各地を転戦し、武功を挙げた。1423年、父が亡くなると、家督を継承し、第12代当主となった。 義人は当主になると、佐竹氏の勢力拡大に努めた。1428年、常陸国守護職に任命され、1430年には越後国守護職も兼任した。また、関東地方の有力大名と同盟を結び、勢力を拡大した。 1441年、鎌倉公方足利持氏の乱が起こると、義人は持氏を支持して上洛した。しかし、持氏が敗北すると、義人も京都を追放された。 義人は京都を追放されると、常陸国に帰国し、勢力の回復に努めた。1449年、鎌倉公方足利成氏が反乱を起こすと、義人は成氏を支持して上洛した。しかし、成氏も敗北すると、義人は再び常陸国に帰国した。 1455年、義人は63歳で亡くなった。家督は嫡男の義敦が継承した。 義人は、佐竹氏の勢力拡大に努めた名将として知られている。また、武勇にも優れ、多くの武功を挙げた。
歴史上の偉人

織田信広の生涯と功績

-織田信広の出自と家系- 織田信広(1539-1610)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。織田信長の弟で、織田信勝の父である。 織田信広は、尾張国海西郡大縣荘(現在の愛知県海部郡蟹江町)で、織田信秀と土田御前(斎藤道三の妹)の次男として生まれた。 織田家は、室町時代から続く尾張国の有力な国衆であり、信秀の代に織田信長の父である織田信長が生まれ、尾張国を統一した。 織田信広は、信長のかげで目立つことはなかったが、信長の家督争いに際しては信長を支持し、信長の弟として重きをなした。 信長が桶狭間の戦いで今川義元を破って以降、織田家は急激に勢力を拡大し、信長は天下統一へと突き進んだ。 信広もまた、信長に従って各地を転戦し、功績を挙げた。 信広は、永禄12年(1569年)には、信長に従って三好三人衆を破った野田城・福島城の戦いに出陣し、信長の弟である織田信勝を養子に迎えて、織田家の家督を継がせようとした。 しかし、信長は信広のやり方に不快感を示し、信勝を廃嫡して三男の織田信忠を後継者に定めた。 信広は、信長の決定に不満を抱いたが、信長には逆らえず、信忠を後継者として認めた。 信長が本能寺の変で横死した後、信広は信忠を助けて、明智光秀と戦ったが、信忠は自害し、織田家は滅亡した。 信広は、信長の死後、織田信雄に仕えたが、やがて織田信雄と対立し、秀吉に降伏した。 秀吉に仕えた信広は、文禄・慶長の役に出陣し、功績を挙げた。 信広は、慶長15年(1610年)に72歳で死去した。
歴史上の偉人

「重興」

-# 日暮重興(ひぐらし-しげおき)のプロフィール 日暮重興(ひぐらし-しげおき)とは、1556年に越前で生まれた武将です。通称は数馬(かずま)、号は東雲庵(とううんあん)です。父は日暮秀重(ひぐらし-ひでしげ)、母は吉崎氏。妻は若狭武田氏の娘、子に日暮勝光(ひぐらし-かつみつ)、日暮秀政(ひぐらし-ひでまさ)、日暮具重(ひぐらし-ともしげ)などがいます。 日暮重興は、幼少の頃から武芸に優れ、また知略にも長けていました。1573年、18歳の時に織田信長に仕え、近江の戦いに従軍しました。この戦いで、重興は信長の軍勢の殿を務め、敵軍の追撃を退ける武功を上げて信長の信頼を得ます。1582年に、本能寺の変が起こると、重興は信長を弔うために自らの居城である日暮城に信長の遺体を安置しました。 その後、豊臣秀吉に仕え、九州征伐や朝鮮の役に従軍しました。1598年に、秀吉が亡くなると、重興は徳川家康に仕えました。1600年、関ヶ原の戦いでは、東軍として参加し、功績を上げています。1603年、江戸幕府が開かれると、重興は旗本として取り立てられ、500石を与えられました。 重興は、1613年に57歳で亡くなりました。法名は、東雲院殿日暮道順大禅定門。墓所は、東京都港区の青山霊園にあります。
エンターテインメント

観世元忠 – 織豊時代の能役者シテ方

-観世元忠の生涯- 観世元忠(かんぜ もとただ)は、織豊時代の能役者シテ方である。観世大夫家出身で、観世宗節の七世。観世宗節の父、観世元能の弟。諱は長清。 元忠は、永禄2年(1559年)に生まれる。父の宗節が早世したため、幼少期から叔父の元能に育てられる。元能は、当時最も優れたシテ方として知られており、元忠もその才能を受け継いでいた。 元忠は、元服するとすぐに能役者として活動を始める。天正10年(1582年)には、豊臣秀吉の命により、京都の御所で行われた能楽の会に出演する。この会には、当代一流の能役者が集まっており、元忠はそこで素晴らしい演技を披露して、秀吉から絶賛された。 元忠は、その後も織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など、数多くの武将に仕えて活躍した。特に、秀吉からは寵愛を受け、数々の恩賞を賜った。天正19年(1591年)には、京都に観世座を創設し、能楽の普及に努めた。 慶長14年(1609年)、元忠は死去する。享年51。元忠は、その卓越した演技力と、能楽の普及に果たした功績で、後世の人々に敬愛されている。 元忠は、能役者としてだけでなく、茶人としても知られていた。千利休の弟子であり、利休の死後は、その茶風を受け継いでいた。元忠は、茶の湯を能楽と同様に、精神修養の道と捉えていた。 元忠は、能役者としても、茶人としても、その卓越した才能を発揮した。そして、その功績は、後世の人々に受け継がれている。
歴史上の偉人

足利義持 – 室町幕府4代将軍

-足利義持の生涯- -出生と幼少期- 足利義持は、室町幕府3代将軍足利義満の長男として、応永5年(1398年)に京都で生まれた。生母は勧修寺満仲の娘である日野康子。幼名は千寿丸。応永8年(1401年)、父・義満が突然出家し、祖父・足利義詮の死も重なって、わずか4歳で家督を相続し、第4代将軍となった。 -将軍就任と初期の政策- 将軍就任当初は、父・義満の威光を背景に、幕府の権威は揺るぎなかった。しかし、応永10年(1403年)に発生した明徳の乱を鎮圧したことで、実権を握るようになる。明徳の乱は、足利義満が没した直後に、叔父の足利満兼が将軍に就任したことに不満を持った、美濃守護代・土岐康行が挙兵した反乱である。義持は、土岐康行を討ち取って乱を鎮圧し、幕府の権威を回復した。 -応永の乱- 応永の乱は、応永23年(1416年)に発生した、鎌倉公方・足利持氏による反乱である。持氏は、将軍・義持の政策に不満を持ち、挙兵した。持氏は、一時的に鎌倉を占拠したが、義持の軍勢に敗れて降伏した。この乱により、鎌倉公方家は弱体化し、幕府の権威がさらに高まった。 -日明貿易の再開- 足利義持は、日明貿易の再開にも取り組んだ。日明貿易は、鎌倉時代末期に中断していたが、義持は明に使者を送って交渉し、永享6年(1434年)に再開に成功した。日明貿易の再開は、日本に莫大な利益をもたらし、経済の発展に貢献した。 -晩年と死- 足利義持は、将軍在職中に、応永の乱や日明貿易の再開など、数々の功績を挙げた。しかし、晩年は病に悩まされ、永享10年(1438年)に41歳で死去した。 -足利義持の評価- 足利義持は、室町幕府4代将軍として、幕府の権威を回復し、日明貿易を再開するなど、数々の功績を挙げた。しかし、晩年は病に悩まされ、在職中に死去した。義持の死後、室町幕府は急速に衰退し、応仁の乱へとつながっていく。
歴史上の偉人

→「足利永隆」

「足利永隆」は誰か? 足利永隆は、室町幕府11代将軍・足利義澄の嫡男で、12代将軍。在位は1508年(永正5年)-1521年(大永元年)。 1480年(文明12年)に誕生。幼名は義晴。1493年(明応2年)に元服。1508年(永正5年)に父・義澄が死去すると、その跡を継いで12代将軍に就任した。当初は近江国守護・六角高頼や管領・細川政元、三好之長らに擁立されたが、やがて彼らとは対立。1511年(永正8年)に政元が死去すると、その跡を継いだ細川高国と争う。1518年(大永8年)に高国を破り、京都を奪還。1521年(大永元年)に32歳で死去した。 足利永隆は、武勇に優れ、戦上手であった。また、和歌や蹴鞠にも秀でていた。しかし、将軍としてはあまり有能ではなかった。政治を家臣に任せきりにして、自身は遊興にふけることが多かった。そのため、幕府は混乱し、次第に権威を失っていった。 足利永隆の死後、子の義晴が13代将軍を継いだが、室町幕府はすでに衰退の一途を辿っていた。やがて、戦国大名が力をつけ、幕府は形骸化していった。1573年(天正元年)、織田信長が京都を占領し、室町幕府は滅亡した。
歴史上の偉人

頼憲-荘園支配をめぐる争い

-南北朝時代の荘官- 南北朝時代は、1336年から1392年まで続いた日本の時代である。この時代は、後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒して建武の新政を行ったが、足利尊氏が離反して室町幕府を樹立したことにより、南北朝に分裂した。 南北朝時代には、荘園制度が衰退し始めた。これは、鎌倉幕府が荘園制度を保護していたが、室町幕府は荘園制度にあまり関心を持っていなかったためである。また、この時代には、土一揆と呼ばれる農民の一揆が各地で起こり、荘園を攻撃した。 南北朝時代には、荘園を支配する荘官がいた。荘官は、荘園の年貢を徴収したり、荘園の治安を維持したりする役割を担っていた。荘官には、荘司、地頭、名主などがあった。 荘司は、荘園の最高責任者である。荘司は、荘園の年貢を徴収したり、荘園の治安を維持したりする役割を担っていた。荘司は、武家であることが多く、荘園に館を構えていた。 地頭は、荘園に派遣された武士である。地頭は、荘園の年貢を徴収したり、荘園の治安を維持したりする役割を担っていた。地頭は、荘園に館を構えていた。 名主は、荘園の農民の代表者である。名主は、荘園の年貢を徴収したり、荘園の治安を維持したりする役割を担っていた。名主は、荘園の農民の中から選ばれた。 南北朝時代には、荘官が荘園を支配していた。荘官は、荘園の年貢を徴収したり、荘園の治安を維持したりする役割を担っていた。荘官には、荘司、地頭、名主などがあった。
歴史上の偉人

「京極高秀(1)」

京極高秀の生涯 京極高秀は、戦国時代の武将で、京極家の当主であり、若狭国守護です。父は京極政経、母は六角定頼の娘。 幼少期は、六角氏のもとで人質として育ち、1525年に、父・政経の死を受けて、家督を継いで若狭国守護となります。 1531年に、六角氏と敵対関係にあった武田信玄と同盟を結び、六角定頼の居城である観音寺城を攻めますが、失敗に終わります。 1543年に、六角定頼が死去すると、六角氏の家督争いに介入し、六角義賢を支持します。 1548年に、浅井久政と同盟を結び、六角義賢を破って、六角氏を滅ぼします。 1560年に、織田信長と同盟を結び、北近江の浅井氏を攻めますが、浅井長政に敗れます。 1564年に、信長に叛旗を翻しますが、信長に敗れて、若狭国を追放されました。 1565年に、信長の家臣である柴田勝家に降伏し、その配下となります。 1573年に、信長に謀反を起こした朝倉義景を討つために、信長に従って出陣し、越前国の刀根坂の戦いで戦死しました。 京極高秀は、戦国時代の動乱の中で、若狭国を領有し、近江国や越前国にも影響力を及ぼした武将です。 信長と同盟を結んで、浅井氏や六角氏を滅ぼしましたが、信長に叛旗を翻して、若狭国を追放されてしまいました。 その後、信長に降伏して、その家臣となりましたが、朝倉義景の謀反に際して、信長に従って出陣し、戦死しました。
歴史上の偉人

足利義詮:室町幕府2代将軍として活躍した人物

-室町幕府2代将軍足利義詮の生涯- 足利義詮は、1336年に足利尊 氏の子として京都で生まれました。1352年に父である尊氏が北条 氏を打倒して室町幕府を開いた後、1358年に13歳で2代将軍に就任しました。 義詮は将軍就任後、幕府の体制を整え、行政・司法・軍事を司る機関を設置しました。また、全国の守護大名に対して、評定衆による合議制を採用し、彼らの権限を制限しました。さらに、南朝との戦いを継続し、1368年に南朝を滅ぼして南北朝の動乱を終わらせました。 義詮は1367年に23歳で亡くなりましたが、その短い生涯の間に室町幕府の基盤を固め、その後の室町時代の繁栄の基礎を築きました。 -義詮の功績- 義詮の功績は、主に以下の3つです。 * 室町幕府の体制を整えたこと * 南北朝の動乱を終わらせたこと * 室町時代の繁栄の基礎を築いたこと 義詮は、室町幕府の2代将軍として、その短い生涯の間に大きな功績を残しました。その功績は、後の室町時代の発展に大きく貢献しました。 -義詮の性格- 義詮は、聡明で判断力に優れた人物でした。また、温厚で慈悲深い性格でも知られていました。義詮は、将軍としてだけでなく、一人の人間としても優れた人物でした。 義詮の死後、室町幕府は3代将軍足利義満の時代に最盛期を迎えます。しかし、義満の死後、室町幕府は次第に衰退し、1573年に滅亡しました。それでも、義詮が築いた室町幕府の体制は、日本の歴史に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

陳宗敬 – 中世に筑前に亡命した医者

# 陳宗敬の生涯と業績 陳宗敬(生没年不詳)は、13世紀に筑前に亡命した中国の元朝の医師です。 彼は蒙古の使節として日本を訪れた際に、九州で病に倒れてしまい、筑前に滞在することになりました。その際、筑前の医療に大きな影響を与え、筑前における医学の発展に大きく貢献しました。 陳宗敬は、中国で医学を学び、その知識と技術は日本に持ち込まれました。筑前では、彼は新しい医療技術を導入し、筑前の医師たちにもそれを伝えました。また、彼は筑前の人々の健康状態を改善するために、多くの改革を行いました。 陳宗敬の業績は、筑前における医学の発展に大きな影響を与えました。彼は、筑前の人々の健康状態を改善し、寿命を延ばしました。また、彼は筑前の医師たちにも医学の知識と技術を伝え、筑前における医学の発展に貢献しました。 陳宗敬の生涯は、日本の医学史において重要なものです。彼は、中国の医学を日本に持ち込み、筑前における医学の発展に貢献しました。彼の業績は、今日でも高く評価されています。
歴史上の偉人

足利義材-「足利義稙」

-足利義稙 - 生まれから将軍になるまで- 足利義稙(あしかがよしたね)は、室町幕府第10代将軍です。 1488年(延徳元年)に生まれ、1508年(永正5年)に将軍に就任しました。 義稙は、9代将軍足利義尚の次男として生まれました。 幼名は菊寿丸で、出家してからは法名を良覚としました。 義稙は、10歳で元服して義稙と名乗りました。 1508年(永正5年)、兄の義澄が将軍を辞任したため、義稙が将軍に就任しました。 義稙の将軍在任中は、細川政元と細川澄元が争う「永正の錯乱」が起こりました。 義稙は、澄元を支持していましたが、政元に敗れて京都を追放されました。 義稙は、播磨国に逃れて、そこで政元と和睦しました。 1521年(大永元年)、義稙は京都に戻り、将軍に復職しました。 義稙は、1546年(天文15年)に将軍を辞任し、出家しました。 1550年(天文19年)に死去しました。
歴史上の偉人

妙音院 – 室町時代、足利義稙を生んだ女性 –

-室町時代に生きていた女性 - 妙音院- 妙音院は室町時代前期に生きていた女性で、室町幕府4代将軍・足利義稙の生母として知られています。義稙の父である3代将軍・足利義満から寵愛を受け、側室として仕えていました。 妙音院は義満との間に義稙のほか、女子を1人産んでいます。女子は足利義教に嫁ぎ、6代将軍・足利義政を産みました。 義満の死後、義稙は将軍職を継ぎましたが、すぐに将軍職を追われ、隠居させられました。妙音院も義稙とともに隠居し、京都の妙音院で余生を送りました。 妙音院は1433年、67歳で亡くなりました。その生涯は室町時代の動乱の時代を反映しており、将軍家の女性として波瀾万丈な人生を送りました。 妙音院は、室町時代を代表する女性の一人であり、その生涯は多くの史料に残されています。彼女の生涯を研究することで、室町時代の女性たちの生き方や、将軍家の内情を知ることができます。 妙音院は室町時代前期に生きていた女性であり、その生涯は室町時代の動乱の時代を反映しています。将軍家の女性として波瀾万丈な人生を送りましたが、その生涯を研究することで、室町時代の女性たちの生き方や、将軍家の内情を知ることができます。 妙音院は、室町時代を代表する女性の一人であり、その生涯は数多くの史料に残されています。彼女の生涯を研究することは、室町時代を理解するためにも非常に重要なのです。
歴史上の偉人

室町幕府10代将軍足利義稙とその生涯

-室町幕府10代将軍足利義稙の生い立ちと将軍就任- 足利義稙は、室町幕府第10代将軍である。父は6代将軍足利義教、母は日野重光の娘である。1436年に誕生し、幼名を亀王丸と名付けられた。義稙は聡明で学問を好み、和歌や連歌にも優れた才能を発揮した。 1441年、義教が暗殺されると、義稙は11歳で将軍に就任した。しかし、将軍就任早々から幕府内で内紛が起こり、義稙は京都を追放されてしまう。その後、義稙は近江や播磨を転々とし、1449年にようやく京都に帰還することができた。 1450年、義稙は再び将軍に就任したが、今度は幕府管領の細川勝元と対立するようになる。勝元は義稙を廃位して、義政を将軍に擁立した。義稙は再び京都を追放され、1457年に隠棲を余儀なくされた。 1464年、義稙は畠山義就の支援を受けて京都に帰還し、3度目の将軍に就任した。しかし、今度は山名宗全と対立するようになり、1467年に再び京都を追放されてしまう。義稙はその後、近江や尾張を転々とし、1473年に死去した。 足利義稙の生涯は、波乱万丈なものであった。将軍に就任しては追放され、また将軍に就任しては追放されるという繰り返しであった。義稙は将軍としての実績はほとんど残していないが、その波乱に満ちた生涯は、室町時代の歴史を語る上で欠かせない存在である。
歴史上の偉人

吉良俊氏について

-# 吉良俊氏の略歴 吉良俊氏は、1960年に京都府で生まれました。1983年に京都大学工学部を卒業し、住友電気工業株式会社に入社しました。その後、住友電気工業株式会社で、通信機器や半導体などの開発に携わりました。2001年に住友電気工業株式会社を退職し、独立しました。 2002年に、吉良俊氏は、アクセル株式会社を設立しました。アクセル株式会社は、半導体デバイスの開発や製造を行う会社です。2004年に、アクセル株式会社は、東証マザーズに上場しました。2006年に、アクセル株式会社は、東証一部に上場しました。 2010年に、吉良俊氏は、アクセル株式会社の代表取締役社長を辞任しました。その後、吉良俊氏は、京都大学大学院工学研究科の客員教授を務めました。2012年に、吉良俊氏は、アクセル株式会社の代表取締役会長に就任しました。 2015年に、吉良俊氏は、アクセル株式会社の代表取締役会長を辞任しました。その後、吉良俊氏は、アクセル株式会社の取締役相談役に就任しました。2018年に、吉良俊氏は、アクセル株式会社の取締役相談役を辞任しました。 吉良俊氏は、半導体デバイスの開発や製造において、数多くの功績を残しました。また、吉良俊氏は、経営者としても高い評価を受けています。
歴史上の偉人

「勝定院」(⇒足利義持(あしかが-よしもち))

足利義持(あしかが-よしもち)の生涯 足利義持は、室町幕府の4代将軍であり、足利義満の子です。1386年に生まれ、1428年に43歳で亡くなりました。 義持は、父である義満が亡くなった後、1394年に10歳で将軍の座に就きました。しかし、まだ若く経験が浅いため、幕府の実権は管領である畠山基国が握っていました。 義持は、1408年に親政を開始しましたが、その後も幕府内部は安定せず、たびたび内乱が起こりました。1428年に義持が亡くなった後、跡を継いだのは弟の足利義教でした。 義持の生涯は、室町幕府の内乱の時代であり、彼の治世は困難を極めました。しかし、義持は、幕府の権威を維持し、室町幕府を存続させることに成功しました。 足利義持は、武人としての才能に恵まれ、若くして戦場に出陣しました。1416年には、明徳の乱を起こした大内義弘を討伐し、その功績によって征夷大将軍に任命されました。 義持は、政治家としても有能で、幕府の財政改革や軍制改革を実施しました。また、明との貿易を積極的に推進し、日本の経済発展に貢献しました。 しかし、義持の治世は、内乱や飢饉、疫病などの災厄が相次ぎ、民衆の生活は苦しいものでした。1428年、義持は43歳で病死し、その死後、室町幕府は衰退の一途をたどるようになりました。 義持は、室町幕府の4代将軍として、多くの功績を残しました。しかし、彼の治世は、内乱や飢饉、疫病などの災厄が相次ぎ、民衆の生活は苦しいものでした。義持の死後、室町幕府は衰退の一途をたどるようになりました。