宮崎県

スポーツ分野の人

水泳選手・松田丈志の活躍と記録

-松田丈志の生い立ちと経歴- 松田丈志は、1992年10月13日に神奈川県横浜市に生まれました。幼い頃から水泳を始め、小学生の時には全国大会に出場するほどの実力を持っていました。 中学に入学すると、水泳部に所属し、さらに頭角を現します。中学2年生の時に全国中学水泳選手権大会で優勝を果たし、3年生の時に同大会で2連覇を達成しました。 高校は、水泳の名門である神奈川県立横浜翠嵐高等学校に進学しました。同校の水泳部では、エースとして活躍し、インターハイや全国高等学校選抜水泳大会で優勝するなど、輝かしい成績を残しました。 高校卒業後は、早稲田大学スポーツ科学部に進学しました。大学でも水泳部に所属し、1年生の時に日本学生選手権大会で優勝を果たしました。2年生の時に同大会で2連覇を達成し、3年生の時に同大会で3連覇を達成しました。 大学を卒業後は、プロの水泳選手として活動を始めました。2016年のリオデジャネイロオリンピックに出場し、400m個人メドレーで銅メダルを獲得しました。2017年の世界水泳選手権大会では、400m個人メドレーで金メダルを獲得しました。 2021年に開催された東京オリンピックでは、400m個人メドレーで銅メダルを獲得しました。また、200m個人メドレーでも決勝に進出し、7位に入賞しました。 松田丈志は、日本水泳界を代表する選手の一人であり、今後も活躍が期待されています。
美術分野の人

亀熊 – 江戸時代後期の陶工

-亀熊の生涯と経歴- 亀熊は、江戸時代後期の陶工です。1798年(寛政10年)に、肥前国(現在の佐賀県)の有田で生まれました。本名は亀吉(かめきち)といい、亀熊は号です。 亀熊は、幼い頃から陶芸に興味を持ち、有田の陶工のもとで修行しました。1818年(文政元年)に独立し、有田で窯を開きました。亀熊は、有田焼の伝統的な技法を継承しながらも、新しい技法を積極的に取り入れて、独自の作風を確立しました。 亀熊の作品は、繊細な絵付けと華やかな色使いが特徴で、多くの茶人や好事家に愛されました。特に、亀熊が得意とした「色絵金襴手(いろえきんらんて)」は、金箔や銀箔をふんだんに使用した豪華な作品で、海外にも輸出されました。 亀熊は、1864年(元治元年)に67歳で亡くなりました。亀熊の死後、その作風は息子の亀吉(二代目)や孫の亀吉(三代目)によって継承されました。亀熊の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されており、日本の陶芸史を代表する陶工の一人として高く評価されています。
学術分野の人

「小嶋政一郎」

-大正・昭和時代の教育者・郷土史家- 小嶋政一郎(こじま・せいいちろう、1873年(明治6年)1月14日 - 1956年(昭和31年)8月22日)は、大正・昭和時代の教育者、郷土史家。 -人物履歴- 1873年(明治6年)、現在の宮城県栗原市金成に生まれる。 1890年(明治23年)に東北学院に入学し、1894年(明治27年)に卒業。 -教員時代- 卒業後は、各地の小学校で教鞭を執る。 1900年(明治33年)に金成尋常小学校の校長に就任。 1908年(明治41年)には栗原郡教育会の会長に選出された。 -郷土史家としての活動- 1910年(明治43年)に、郷土史を研究する「栗原郷土史研究会」を設立。 1916年(大正5年)には「栗原郡誌」を出版。 その後も、郷土史に関する著作を多数発表し、栗原郡の郷土史研究に大きな貢献を果たした。 -晩年- 1956年(昭和31年)に、83歳で死去した。 -主な著作- * 「栗原郡誌」(1916年) * 「栗原郡の民話」(1923年) * 「栗原郡の伝説」(1925年) * 「栗原郡の観光地」(1927年)
歴史上の人物

千手旭山とは?江戸時代後期の儒者を紹介

千手旭山の生涯 千手旭山は、江戸時代後期の儒者であり、全国各地に多くの門人を持ち、その教えを広く伝えた。 天明8年(1788年)、肥前国高来郡樺島村(現在の長崎県諫早市樺島町)に生まれる。 父は、代々庄屋の職を務める千手氏の当主であり、旭山は幼い頃から学問を好んで、儒教の経典や諸子百家を広く学んだ。 18歳で江戸に遊学し、佐藤一斎に師事して朱子学を学ぶ。 その後、京都に遊学し、伊藤仁斎の門下である藤懸氏に師事して、古文辞学を学ぶ。 26歳で帰郷し、郷里で塾を開いて、門人に儒教を教えた。 その教えは、朱子学と古文辞学を融合したもので、門人たちは、旭山の教えを慕って全国各地から集まった。 旭山は、門人に儒教を教えるだけでなく、地域の社会事業にも積極的に参加し、地域の発展に貢献した。 また、旭山は、多くの著作を残しており、その代表的な著作である『経学通解』は、儒教の経典をわかりやすく解説したもので、後世の儒者たちに大きな影響を与えた。 旭山は、嘉永7年(1854年)に67歳で死去した。 旭山の死後、その教えは、門人たちが受け継ぎ、全国各地に広まった。 旭山の教えは、明治維新後の日本の近代化に大きな影響を与え、今日の日本の文化や社会の形成に貢献した。
政治分野の人

川越進(1848-1914)

-明治時代の政治家川越進の生涯- 川越進は1848年(嘉永元年)に、越後国魚沼郡塩沢村(現在の新潟県南魚沼市塩沢)に生まれた。 17歳のときに上京して、慶應義塾に入り福澤諭吉に師事した。 明治維新後は、文部省や内務省に勤務し、1884年(明治17年)に衆議院議員に当選した。 その後、文部大臣や内務大臣、逓信大臣などを歴任し、1902年(明治35年)には総理大臣に就任した。 川越の総理大臣時代は、日露戦争後の混乱期であった。 川越は、戦後の財政再建や、日露講和条約の締結に尽力した。 また、韓国併合の準備を進めたが、1906年(明治39年)に韓国併合条約が調印される前に死去した。 川越は、日本の近代化に貢献した政治家であった。 彼の功績は、今日でも高く評価されている。 -川越の功績- 川越の功績は、以下の通りである。 * 文部省や内務省に勤務し、日本の近代化に貢献した。 * 衆議院議員に当選し、日本の政治に貢献した。 * 文部大臣や内務大臣、逓信大臣などを歴任し、日本の近代化に貢献した。 * 総理大臣に就任し、日露戦争後の混乱期を乗り切った。 * 日露講和条約の締結に尽力した。 * 韓国併合の準備を進めた。 川越は、日本の近代化に貢献した政治家であった。 彼の功績は、今日でも高く評価されている。
学術分野の人

「土屋藍洲」- 江戸時代中期の儒者・医師

-土屋藍洲の生涯- 土屋藍洲は、江戸時代中期の儒者・医師である。名は忠直、通称は弥平次。字は伯寿、号は藍洲・別荘主人など。 1741年(寛保元年)、江戸・本所柳島に生まれる。父は医師の土屋九兵衛、母は佐藤氏。藍洲は幼少期より聡明で、5歳にして経書を誦し、12歳にして詩文をよくしたという。15歳で江戸に出て、儒者の古賀精里に師事。その後、京都に出て、儒者の山県周南に師事した。 藍洲は、21歳で江戸に戻り、医業を開業した。同時に、儒学の研究にも精進し、多くの著作を残した。主な著作として、『藍洲詩草』、『藍洲文集』、『藍洲医書』などがある。 藍洲は、儒学者としてだけでなく、医師としても優れた業績を残した。特に、痘瘡(天然痘)の治療法を研究し、痘瘡の予防接種法を確立した。痘瘡は、当時、多くの人々を死に追いやる恐ろしい病気であったが、藍洲の予防接種法によって、痘瘡による死亡率は大幅に低下した。 藍洲は、1804年(文化元年)に64歳で死去した。藍洲の死後、藍洲の功績を讃えて、藍洲の墓所のある東京都墨田区東駒形に藍洲公園が設けられた。
歴史上の人物

「日高栄三郎」-明治-大正時代の漁業家

-「日高栄三郎」-明治-大正時代の漁業家- -明治-大正時代の漁業家、日高栄三郎の生涯- 日高栄三郎は、明治元年(1868年)に和歌山県日高郡由良町(現・日高町)に生まれました。父は日高半之助、母はミチ。栄三郎は、幼少の頃から漁業に親しみ、17歳のときに漁船の船長となりました。その後、19歳のときに独立して漁業を営み、20歳のときには漁師仲間と共同で漁業組合を設立しました。 栄三郎は、漁業の近代化に努め、最新式の漁船や漁具を導入しました。また、漁場の開拓にも力を入れ、県外や海外にも漁船を派遣しました。その結果、栄三郎の経営する漁業組合は、和歌山県屈指の規模を誇るようになりました。 栄三郎は、漁業経営のかたわら、社会事業にも熱心に取り組みました。1912年(大正元年)には、由良町に漁業協同組合を設立し、漁民の福利厚生に努めました。また、1917年(大正6年)には、由良町に水産学校を設立し、漁業後継者の育成に尽力しました。 栄三郎は、1927年(昭和2年)に60歳で亡くなりました。栄三郎の死後、その経営していた漁業組合は、息子の日高栄吉が引き継ぎました。栄三郎は、和歌山県の漁業の発展に貢献した偉大な漁業家として、今もなお人々の記憶に留められています。
歴史上の人物

– 愛洲惟孝

愛洲惟孝の諸国遍歴 愛洲惟孝は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した剣術家です。剣聖上泉信綱の高弟として知られ、諸国を遍歴して剣術を研究し、その名声を高めました。 愛洲惟孝は、天文2年(1533年)に備中国浅口郡里庄(現在の岡山県里庄町)に生まれました。幼い頃から剣術に興味を持ち、上泉信綱の門下に入って剣術を学びました。上泉信綱は、当時屈指の剣術家として知られており、愛洲惟孝は上泉信綱から直に秘伝を授かりました。 愛洲惟孝は、諸国を遍歴して剣術の修行を積みました。甲斐国(現在の山梨県)では武田信玄に仕え、越後国(現在の新潟県)では上杉謙信に仕えました。また、九州にも足を運び、薩摩国(現在の鹿児島県)で島津義久に仕えました。 愛洲惟孝は、諸国を遍歴する中で、様々な剣術家と出会い、その技を学びました。また、各地の剣術大会に参加し、その名を轟かせました。愛洲惟孝は、諸国遍歴の中で、剣術の奥義を極め、その名声を高めました。 愛洲惟孝は、天正19年(1591年)に死去しました。享年59歳でした。愛洲惟孝の死後、その弟子たちは各地に道場を開き、愛洲惟孝の剣術を伝えました。愛洲惟孝の剣術は、後世に大きな影響を与え、日本の剣術の発展に貢献しました。 愛洲惟孝は、諸国を遍歴した剣術家として知られています。愛洲惟孝は、諸国を遍歴する中で、様々な剣術家と出会い、その技を学びました。また、各地の剣術大会に参加し、その名を轟かせました。愛洲惟孝は、諸国遍歴の中で、剣術の奥義を極め、その名声を高めました。愛洲惟孝の死後、その弟子たちは各地に道場を開き、愛洲惟孝の剣術を伝えました。愛洲惟孝の剣術は、後世に大きな影響を与え、日本の剣術の発展に貢献しました。
学術分野の人

高木兼寛 – 脚気を撲滅した明治時代の医学者

-# 脚気の栄養原因説を主張した海軍軍医 高木兼寛は、脚気の栄養原因説を主張した海軍軍医です。1837年、薩摩藩士の家に生まれ、1867年に海軍軍医となりました。1876年に海軍軍医総監に就任し、脚気の原因究明に尽力しました。 当時、脚気は船員や軍人の間に蔓延しており、多くの人が死亡していました。高木は、脚気の原因は栄養不足にあると考え、海軍の食事制度を改革しました。従来、海軍の食事は白米が中心でしたが、高木はこれに麦や豆、野菜などを加えるようにしました。また、ビタミンB1の豊富な食品である玄米や大豆を積極的に取り入れるようにしました。 高木の食事改革の結果、海軍の脚気患者は激減しました。1881年には、高木の功績を称えて、帝国議会の場で「脚気の栄養原因説を主張した海軍軍医」として賞賛されました。 高木の脚気研究は、脚気の原因を明らかにしただけでなく、食事の重要性を人々に認識させるきっかけとなりました。高木は、日本の近代医学の発展に大きく貢献した偉大な医学者です。

高木兼寛の功績

高木兼寛の功績は、脚気の栄養原因説を主張したことだけではありません。彼は、日本の近代医学の発展にも大きく貢献しました。 高木は、1877年に東京医学校(現・東京大学医学部)の設立に尽力しました。また、1886年には、日本初の医学雑誌「東京医誌」を創刊しました。さらに、1892年には、日本初の医学会「日本医師会」の設立に貢献しました。 高木は、日本の近代医学の基礎を築いた偉大な功績者の一人です。彼の功績は、今日でも日本の医学界で高く評価されています。
学術分野の人

安藤適斎の生涯と功績

-# 安藤適斎の生い立ちと家系 安藤適斎は、1624年、江戸幕府の旗本・安藤玄蕃允の三男として、江戸に生まれた。幼名は源右衛門といい、後に重右衛門と改名した。家系は、安土桃山時代に豊臣秀吉に仕えた安藤直次を先祖とする。 適斎の父・玄蕃允は、徳川家康の側近として仕え、大坂の陣では功績を挙げた。適斎が生まれた頃、玄蕃允は江戸幕府の旗本として、千石の知行を受けていた。 適斎は、幼少の頃から聡明で、読書を好んだ。7歳の時、父・玄蕃允の勧めで、儒学者・林羅山の門下に入り、儒学を学んだ。林羅山は、徳川幕府の儒官であり、儒学の権威者として知られていた。適斎は、林羅山の指導を受け、儒学の基礎を学んだ。 16歳の時、適斎は、林羅山の推薦で、江戸幕府の儒官となった。儒官とは、幕府に仕えて、儒学を講義する役職である。適斎は、江戸幕府の儒官として、幕府の諸藩の藩校で、儒学を講義した。 適斎は、江戸幕府の儒官として、儒学の普及に努めた。また、儒学の研究にも励み、多くの著書を著した。適斎の著書は、江戸時代の儒学の発展に大きな影響を与えた。 1708年、適斎は85歳で死去した。適斎の死後、その遺志を継いだ門人たちが、適斎の学問を継承し、発展させた。適斎の学問は、江戸時代の儒学の発展に大きな貢献をした。
歴史上の人物

富村雄(1836-1887) – 明治時代の新聞経営者

-富村雄の生涯- 富村雄は、1836年に薩摩藩の鹿児島城下で生まれました。彼の父は、薩摩藩の武士であり、彼は幼い頃から学問に励み、藩校である「造士館」で学びました。1858年、彼は薩摩藩の命により、長崎に留学し、そこで西洋の学問を学びました。1861年に帰国した後、彼は薩摩藩の藩政改革に尽力し、1868年の明治維新にも協力しました。 明治維新の後、富村雄は、東京に移り住み、新聞経営に乗り出しました。1871年に、彼は「郵便報知新聞」を創刊し、その後、1877年に「東京日日新聞」を創刊しました。これらの新聞は、いずれも政府の御用新聞として発行され、明治政府の宣伝に貢献しました。 1885年、富村雄は、衆議院議員に当選し、政治の世界にも進出しました。彼は、自由民権運動を支持し、政府の圧政を批判しました。しかし、1887年に彼は、肺結核のため42歳の若さで亡くなりました。 富村雄は、明治時代の新聞経営者として、大きな功績を残しました。彼が創刊した新聞は、明治政府の宣伝に貢献し、民権運動の普及にも一役買いました。彼は、また、政治家としても活躍し、政府の圧政を批判しました。彼の死は、明治政府にとって大きな損失となりました。
歴史上の人物

有馬康純 – 江戸時代前期の大名

-有馬康純の生涯- 有馬康純は、江戸時代前期の大名で、筑後国久留米藩の初代藩主。康純は、天正18年(1590年)、有馬晴純の三男として京都で生まれた。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで西軍に属して敗れ、所領を没収された。しかし、翌年、徳川家康の許しを得て、久留米藩10万石を与えられ、入封した。 康純は、入封後すぐに、藩政の改革に取り組んだ。まず、領内の検地を実施して、租税制度を整えた。また、藩校「久留米藩学問所」を設立して、人材の育成に努めた。さらに、産業の振興にも力を入れ、特産品の開発や商業の奨励を行った。 康純の改革により、久留米藩は、経済的に豊かになり、文化も栄えた。康純は、藩主としてだけでなく、歌人としても知られ、多くの和歌を残している。寛永11年(1634年)、45歳で死去した。 -逸話- 康純には、次のような逸話が残っている。 あるとき、康純が鷹狩をしていると、一羽の鷹が、獲物を捕まえて、木の上に止まっていた。康純は、鷹匠に命じて、鷹を捕まえさせた。すると、鷹は、康純の手に乗って、じっと動かなくなった。康純は、鷹をかわいがって、自分のそばに置いた。 また、あるとき、康純が、家臣たちと酒宴を開いていると、一人の家臣が、康純に、無礼なことを言った。康純は、その家臣を、酒宴から追い出した。その後、康純は、その家臣を呼び出して、諭した。家臣は、康純の言葉に感動して、改心した。
文学分野の人

嵯峨信之:昭和から平成の詩人

-萩原朔太郎に師事した20代の詩人- 嵯峨信之は、萩原朔太郎に師事した詩人で、昭和から平成にかけて活躍しました。1910年、北海道札幌市に生まれ、幼い頃から文学に関心を持ち、詩作を始めました。1930年に上京し、萩原朔太郎に師事。1933年に第一詩集『街』を刊行し、詩壇にデビューしました。 嵯峨信之の詩は、萩原朔太郎の影響を強く受けており、シュールレアリスムやダダイズムなどの新しい文学運動を積極的に取り入れました。また、日本の伝統的な詩歌にも通じており、古典的な題材を扱った詩も多く発表しました。 嵯峨信之の代表作には、『街』『風景』『抒情詩集』『定本嵯峨信之詩集』などがあります。また、詩人としての活動に加え、評論家、編集者としても活躍しました。1983年には、詩集『定本嵯峨信之詩集』で、日本詩人クラブ賞を受賞しています。 嵯峨信之は、昭和から平成にかけて、日本詩壇を代表する詩人として活躍しました。萩原朔太郎を師と仰ぎ、シュールレアリスムやダダイズムなどの新しい文学運動を取り入れながら、日本の伝統的な詩歌にも通じた詩を多く発表しました。その作品は、多くの読者に愛され、詩壇に大きな影響を与えました。
歴史上の人物

谷村計介-明治時代の軍人

-谷村計介の生涯- 谷村計介は、1857年(安政4年)10月28日に、東京府(現在の東京都)で生まれました。1873年(明治6年)に陸軍士官学校に入学し、1876年(明治9年)に卒業しました。卒業後は、近衛歩兵第1連隊に配属され、西南戦争に出征しました。西南戦争では、田原坂の戦いで負傷し、左腕を切断しました。 西南戦争後、谷村計介は、陸軍歩兵第1連隊長に任命され、日清戦争に出征しました。日清戦争では、旅順攻囲戦で活躍し、少将に昇進しました。日清戦争後、谷村計介は、陸軍歩兵第15旅団長、陸軍歩兵第4旅団長、陸軍歩兵第11旅団長を歴任しました。 1904年(明治37年)、日露戦争が勃発すると、谷村計介は、陸軍第1軍参謀長に任命されました。日露戦争では、旅順攻囲戦、奉天会戦など、多くの戦いで活躍し、中将に昇進しました。日露戦争後、谷村計介は、陸軍第1師団長、陸軍第10師団長を歴任しました。 1912年(明治45年)、谷村計介は、陸軍大将に昇進し、軍事参議官に任命されました。軍事参議官在任中は、第一次世界大戦の勃発を受けて、シベリア出兵を主張しました。シベリア出兵は、1918年(大正7年)に開始され、谷村計介は、シベリア出兵軍総司令官に任命されました。シベリア出兵は、1922年(大正11年)に終了し、谷村計介は、帰国しました。 1924年(大正13年)、谷村計介は、学習院院長に任命されました。学習院院長在任中は、皇太子の教育に尽力しました。1928年(昭和3年)、谷村計介は、学習院院長を辞任し、予備役に編入されました。1938年(昭和13年)11月11日に東京府(現在の東京都)で死去しました。
政治分野の人

小林乾一郎 – 明治・大正時代の教育者・政治家

小林乾一郎 - 明治・大正時代の教育者・政治家 生い立ちと教育 小林乾一郎は、1862年(文久2年)7月7日、江戸の麹町(現在の東京都千代田区麹町)に生まれた。父は小林啓蔵、母は小林キク。啓蔵は、薩摩藩出身の医師で、東京開成所(現在の東京大学)の医学科を卒業していた。キクは、啓蔵の2番目の妻で、岩手県の武士の娘であった。 乾一郎は、幼い頃から聡明で、勉強好きであった。1876年(明治9年)、小学校を卒業し、東京開成中学(現在の東京大学附属学校)に入学した。開成中学では、英語や数学、理科などを学び、成績優秀であった。 1881年(明治14年)、開成中学を卒業し、東京大学予備門(現在の東京大学教養学部)に入学した。予備門では、さらに英語や数学、理科を学び、首席で卒業した。 1884年(明治17年)、東京大学予備門を卒業し、東京大学法学部に入学した。法学部では、法律や政治学、経済学などを学び、1887年(明治20年)に卒業した。 東京大学卒業後は、ドイツに留学し、ベルリン大学やハイデルベルク大学で政治学や経済学を学んだ。1890年(明治23年)に帰国し、東京大学法学部の助教授に就任した。
歴史上の人物

相良前頼:南北朝・室町時代の武将

- 肥後芦北荘の安堵と肥前守護への任命 相良前頼は、南北朝時代の武将であり、肥後国芦北荘と肥前国の守護を務めた。 前頼は、相良氏の第12代当主である相良頼平の次男として生まれた。父である頼平は、肥後国の有力武将であり、南朝方に属していた。前頼もまた、南朝方に属し、肥後国内で転戦した。 1350年(観応元年)、肥後国では南朝方の武将である菊池武光が反乱を起こした(菊池武光の乱)。前頼は、菊池武光に味方し、菊池軍の将として転戦した。しかし、菊池武光は1352年(観応3年)に戦死し、菊池軍は敗北した。 前頼は、菊池武光の死後も南朝方に属し、肥後国内で戦いつづけた。しかし、1356年(延文元年)に、菊池武光の弟である菊池武政が南朝方に寝返り、前頼は菊池武政に敗北した。 前頼は、菊池武政に敗れた後、肥後国を離れ、肥前国に逃れた。1358年(延文3年)には、肥前国の守護に任命された。前頼は、肥前国の守護として、肥前国内を統治した。 1361年(康安元年)、前頼は、足利義詮の九州探題である今川了俊に降伏した。前頼は、今川了俊に降伏した後は、南朝方に背き、北朝方に属した。 前頼は、北朝方に属した後、肥後国に復帰した。1363年(貞治2年)には、肥後国の守護に任命された。前頼は、肥後国の守護として、肥後国内を統治した。 前頼は、1379年(永和5年)に死去した。前頼は、肥後国と肥前国の守護として、肥後国と肥前国内を統治した。前頼は、相良氏を肥後国の有力武将として発展させた武将であった。
スポーツ分野の人

井上八郎 – 幕府講武所の剣術師範から実業家へ

千葉周作に師事し、幕臣となる 井上八郎は、幕府講武所の剣術師範から実業家へと転身した人物です。彼は、1809年(文化6年)に江戸に生まれました。幼少期から剣術を学び、その腕前は早くから認められていました。1827年(文政10年)に、彼は千葉周作の道場に入門しました。千葉周作は、当時江戸で最も有名な剣術師範の一人でした。井上八郎は、千葉周作のもとで厳しい修行に励み、その腕前はさらに磨かれました。 1835年(天保6年)に、井上八郎は幕臣となりました。彼は、江戸城の警備を担当する寄合組に所属しました。井上八郎は、幕臣として働きながら、剣術の修行も続けていました。1840年(天保11年)に、彼は千葉周作の後を継いで、幕府講武所の剣術師範となりました。井上八郎は、幕府講武所の剣術師範として、多くの弟子を育てました。その中には、後に新選組の局長となる近藤勇や、土方歳三もいました。 1868年(慶応4年)に、幕府が倒れ、井上八郎は失職しました。彼は、その後、実業家として活躍しました。井上八郎は、1870年(明治3年)に、日本初の私立銀行である第一国立銀行を設立しました。第一国立銀行は、その後、三菱銀行となり、現在の三菱UFJ銀行の前身となりました。井上八郎は、1885年(明治18年)に亡くなりました。
歴史上の人物

森権十郎-幕末から明治時代の武士

-森権十郎の生涯- 森権十郎は、幕末から明治時代の武士である。1824年、美濃国加茂郡に生まれる。1841年、18歳の時に江戸に出て、旗本・松平康英(まつだいらやすひで)に仕える。1853年、ペリーが浦賀に来航し、開国を迫ると、権十郎は尊皇攘夷を唱え、倒幕運動に参加する。 1868年、明治維新が成ると、権十郎は新政府に出仕し、兵部省に出仕する。西南戦争では、政府軍に属して戦い、功績を挙げる。しかし、1877年、西南戦争が終結すると、権十郎は政府を辞任し、故郷の美濃国加茂郡に帰る。 権十郎は、その後も開拓使に出仕し、北海道の開拓に尽力する。1885年、権十郎は北海道庁長官に任命される。1889年、北海道庁が廃止されると、権十郎は北海道庁長官を退任し、東京に戻る。 権十郎は、1894年、71歳の時に死去する。権十郎の墓は、東京都港区の青山霊園にある。 権十郎は、幕末から明治時代の武士として、尊皇攘夷を唱え、倒幕運動に参加し、西南戦争で功績を挙げ、北海道の開拓に尽力した。権十郎は、日本の近代化に貢献した人物の一人である。
歴史上の人物

内藤政順-江戸時代後期の大名

内藤政順の生涯 内藤政順は、1783年(天明3年)に信濃国上田藩主・内藤忠興の三男として生まれました。幼名は勝丸。1802年(享和2年)に兄の正誠が早世したため、家督を相続して上田藩の第8代藩主となりました。 政順は、藩政改革に熱心に取り組み、藩財政の立て直しや軍備の強化を行いました。また、藩士の教育にも力を入れ、藩校「明倫堂」を開設しました。 1827年(文政10年)、政順は老中格に任命されました。老中格は、老中の次に位置する役職で、幕府の重要政策の決定に関わりました。政順は、老中格として幕府の財政改革や軍制改革に取り組みました。 1837年(天保8年)、政順は老中に任命されました。老中は、幕府の最高権力者であり、幕府のあらゆる政策を決定する権限を持っていました。政順は、老中として幕府の財政改革や軍制改革をさらに推進しました。 しかし、1843年(天保14年)、政順は老中を辞任しました。理由は、幕府の財政改革に反対する勢力から圧力をかけられたためと言われています。 政順は、1850年(嘉永3年)に死去しました。享年68。 政順は、江戸時代後期に活躍した大名であり、藩政改革や幕政改革に貢献しました。
歴史上の人物

黒木親慶:明治-大正時代の軍人

黒木親慶の生涯 黒木親慶は、1841年(天保12年)に鹿児島県に生まれました。幼い頃から武術に秀でており、1865年(慶応元年)に薩摩藩の藩士となりました。戊辰戦争では、薩摩藩軍の指揮官として活躍し、東北地方の戦線で大きな功績をあげました。 明治維新後、黒木親慶は新政府軍に加わり、陸軍省の次官などを歴任しました。1877年(明治10年)の西南戦争では、政府軍の指揮官として薩摩藩軍と戦い、勝利に貢献しました。西南戦争の後、黒木親慶は陸軍大将に昇進し、参謀総長や陸軍大臣などの要職を歴任しました。 日清戦争では、黒木親慶は第一軍司令官として出征し、金州の戦いや旅順の戦いで勝利を収めました。日露戦争では、黒木親慶は第二軍司令官として出征し、奉天会戦で勝利を収めました。奉天会戦は日露戦争の最大の会戦であり、黒木親慶の勝利は日本の勝利に大きく貢献しました。 日露戦争後、黒木親慶は陸軍元帥に昇進し、貴族院議員や枢密顧問官などを歴任しました。1923年(大正12年)、黒木親慶は82歳で死去しました。黒木親慶は、明治-大正時代の軍人として、日本の近代化に大きく貢献しました。
歴史上の人物

宮谷三連 幕末-明治時代の神職

生い立ちと出自 宮谷三連は、1831年(天保2年)12月10日に播磨国飾磨郡(現在の兵庫県姫路市)で生まれました。本名は親常と言い、幼名は三之助、のちに三連と改めました。父は宮谷親賢、母は佐野氏でした。 宮谷家は、飾磨郡で代々神職を務めてきた家柄でした。親賢は、飾磨郡の総社である飾磨神社の宮司を務めていました。三連は、そんな神職の家に生まれ、幼い頃から神道の教えに親しんで育ちました。 三連は、10歳の時に父を亡くし、親戚の家に引き取られました。しかし、その家ではあまり恵まれない生活を送ることになり、15歳の時には家を飛び出してしまいました。 三連は、その後、各地を放浪しながら、神職や儒学を学びました。そして、20歳の時に京都に出て、吉田神道(吉田家)の吉田信尹に師事しました。吉田神道は、江戸時代に朝廷と密接な関係を築いていた神道の一派で、三連は吉田神道を通じて、朝廷や公家との人脈を築くことができました。 三連は、吉田神道で学んだ後、24歳の時に地元の飾磨に戻り、飾磨神社の宮司を継ぎました。そして、神職として地域の人々のために尽くすとともに、朝廷や公家との関係を活かして、神道の普及に努めました。
歴史上の人物

鸕鷀草葺不合尊 – 日本神話に登場する神

-鸕鷀草葺不合尊とは- 鸕鷀草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)は、日本神話に登場する神である。神武天皇の父であり、海神の娘である豊玉姫命との間に生まれた。 鸕鷀草葺不合尊は、海神の宮殿で豊玉姫命と出会い、恋に落ちた。しかし、豊玉姫命は神の世界に属し、鸕鷀草葺不合尊は地上の人間界に属するため、二人は結ばれることができなかった。 ある日、鸕鷀草葺不合尊は豊玉姫命の子を宿していることを知り、地上に戻った。しかし、豊玉姫命は鸕鷀草葺不合尊を愛しすぎて、彼を追いかけて地上にやって来た。 豊玉姫命は、鸕鷀草葺不合尊の子を出産した。その子は、神武天皇である。神武天皇は、日本最初の天皇であり、日本の建国の祖とされる。 鸕鷀草葺不合尊は、神武天皇の父であり、日本建国の祖である。また、海神の娘である豊玉姫命との間に生まれたことから、海の神として信仰されている。
文学分野の人

潮水(1814-1886) – 江戸後期から明治時代前期の俳人

-潮水の人柄と生涯- 潮水は、江戸後期から明治時代前期の俳人です。本名は長谷川喜六。通称は長谷川久兵衛。号は朝翠、虚舟、一翁などがあります。 安永3年(1774年)、信濃国安曇郡豊科郷(現・長野県安曇野市)に、北国街道(現在の国道19号線)に面した矢澤家で、農業を営む長谷川家の長男として誕生しました。 青年期には、家業の農業や養蚕の傍ら、独学で漢籍や俳諧を学びました。 文化13年(1816年)、43歳のときに、俳人一茶を訪ねて門下生となりました。 一茶からは、「一に吾、二に吾」という、俳句を作る上での大切な教えを受け、その後の俳句作風に大きな影響を受けました。 その後、潮水は、信濃国内を巡りながら俳句を作り続けました。 また、信濃出身の俳人とも親交を深め、その中には、小林一茶、井上井月、松尾芭蕉、与謝蕪村などがいます。 安政6年(1859年)、信濃国松本藩の藩医であった平井玄悦の招きで、松本に移り住みました。 松本では、俳諧の指導を行い、多くの門人を育成しました。 明治19年(1886年)、松本で没しました。享年73。 潮水は、俳句において、自然の美しさや季節の移ろいを詠んだ作品が多く、その句風は、一茶の写生俳諧の影響を受けていると言われています。 また、潮水は、俳諧の指導者としても活躍し、多くの門人を育成しました。 その門下生の中には、後に俳壇で活躍する俳人が多くおり、潮水は、信濃の俳諧史に大きな足跡を残しました。
歴史上の人物

玉仲宗琇とは?戦国-織豊時代の僧侶について知ろう!

- 戦国-織豊時代の動乱の時代に生きた玉仲宗琇 玉仲宗琇は、戦国-織豊時代の動乱の時代に生きた僧侶です。美濃国加茂郡の出身で、幼少のころから仏門に入り、学問に励みました。15歳で得度し、18歳で京都に上洛して、大徳寺の春屋宗聞に師事しました。春屋宗聞は、臨済宗の禅僧で、玉仲宗琇に大きな影響を与えました。 玉仲宗琇は、春屋宗聞の死後、その法を継いで大徳寺の住持となりました。玉仲宗琇は、大徳寺を復興し、臨済宗の復興に努めました。また、玉仲宗琇は、織田信長や豊臣秀吉などに仕えて、彼らの相談役を務めました。 玉仲宗琇は、戦国-織豊時代の動乱の時代にあって、人々の心の支えとなるべく、仏教の教えを説きました。玉仲宗琇は、多くの弟子を育て、臨済宗の復興に貢献しました。また、玉仲宗琇は、戦国-織豊時代の歴史を記録に残した「玉仲宗琇日記」を残しました。「玉仲宗琇日記」は、戦国-織豊時代の貴重な史料となっています。 玉仲宗琇は、1599年に大徳寺で入寂しました。玉仲宗琇は、戦国-織豊時代の動乱の時代にあって、人々の心の支えとなるべく、仏教の教えを説いた偉大な僧侶でした。