密教

歴史上の偉人

– 「円載」

-円載の生涯- 円載(1290年 - 1350年)は、鎌倉時代後期の曹洞宗の僧侶です。中国に渡り、元の皇帝から「国師」の称号を授けられ、日本に曹洞宗を広めました。 円載は、1290年に越前国(現在の福井県)に生まれました。幼い頃から仏教に興味を持ち、17歳で出家しました。その後、京都の建仁寺で修行し、1311年に中国に渡りました。 円載は、中国で曹洞宗の指導者である鉄舟徳済(てっしゅうとくさい)に師事しました。鉄舟徳済は、円載の才能を見抜き、彼を厚遇しました。円載は、鉄舟徳済から曹洞宗の教えを学び、中国で10年間修行しました。 1321年に、円載は日本に帰国しました。彼は、京都に円覚寺を開き、曹洞宗を広めました。円覚寺は、曹洞宗の総本山として、現在も多くの信者が訪れています。 円載は、1350年に亡くなりました。享年61歳でした。彼は、日本に曹洞宗を広め、曹洞宗の発展に大きな貢献をした人物です。 -円載の事績- * 中国に渡り、曹洞宗の教えを学びました。 * 日本に帰国後、京都に円覚寺を開き、曹洞宗を広めました。 * 元の皇帝から「国師」の称号を授けられました。 * 曹洞宗の発展に大きな貢献をしました。 -円載の思想- * 曹洞宗の教えである「只管打坐」を重視しました。 *「只管打坐」とは、ただひたすらに坐禅を組み、心を無にすることを意味します。 * 円載は、「只管打坐」によって、悟りに達することができると考えました。 -円載の評価- * 円載は、曹洞宗を日本に広めた功績を称えられ、日本の曹洞宗の祖師として敬われています。 * 円載の思想は、曹洞宗の発展に大きな影響を与えました。 * 円載は、日本仏教史において重要な人物です。
歴史上の偉人

詮海-江戸時代後期の僧侶

詮海(1786年 - 1845年)は、江戸時代後期の僧侶で、浄土宗西山派で第25世法主を務めました。天明6年(1786年)に、備中国浅口郡(現在の岡山県浅口市)に生まれました。 詮海は、幼い頃から仏教に興味を持ち、12歳の時に出家して浄土宗西山派の僧侶となりました。その後、京都の西本願寺で学び、1813年(文化10年)に第25世法主の座を継ぎました。 詮海は、法主として浄土宗西山派の復興に努め、各地を巡回して布教活動を行いました。また、学問にも優れ、多くの著書を残しました。 1845年(弘化2年)に、詮海は59歳で亡くなりました。 詮海は、浄土宗西山派の発展に貢献した高僧として知られています。