富士松加賀太夫

音楽分野の人

杵屋三郎助(2代)について

杵屋三郎助(2代)の生涯と業績 杵屋三郎助(2代)は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した浄瑠璃の太夫である。本名は田中亀太郎。京都生まれ。初名を杵屋清楽といい、のちに杵屋佐平治と改めた。杵屋三郎助(初代)の門弟となり、その養子となった。 三郎助(2代)は、師匠の三郎助(初代)から浄瑠璃の手ほどきを受け、早くからその才能を発揮した。1764年に江戸に下向し、1765年に『義経千本桜』で初舞台を踏んだ。その後、江戸、京都、大阪の各座で活躍し、浄瑠璃の名手として知られるようになった。 三郎助(2代)は、浄瑠璃の演唱に独自の工夫を加え、新しい演奏法を確立した。また、浄瑠璃の脚本も数多く手がけ、『勧進帳』や『仮名手本忠臣蔵』などの名作を創作した。 三郎助(2代)は、浄瑠璃の発展に大きな功績を残した。その芸は、多くの弟子に受け継がれ、浄瑠璃の伝統を今日まで伝えている。 三郎助(2代)は、1802年に江戸で死去した。享年51。戒名は清光院巧演日善居士。墓所は東京都文京区の護国寺にある。 三郎助(2代)の業績は、大きく分けて3つある。 1つは、浄瑠璃の演唱法を確立したことである。三郎助(2代)は、師匠の三郎助(初代)から受け継いだ浄瑠璃の演奏法に、独自の工夫を加えて、新しい演奏法を確立した。その演奏法は、三郎助(2代)の弟子によって受け継がれ、今日の浄瑠璃の演奏法の基礎となっている。 2つ目は、浄瑠璃の脚本を数多く手がけたことである。三郎助(2代)は、浄瑠璃の脚本を数多く手がけ、『勧進帳』や『仮名手本忠臣蔵』などの名作を創作した。三郎助(2代)の脚本は、浄瑠璃の演目として広く上演され、多くの人々に親しまれている。 3つ目は、浄瑠璃の発展に尽力したことである。三郎助(2代)は、浄瑠璃の発展に尽力し、その功績を讃えて、1801年に江戸幕府から御目見えを許されている。三郎助(2代)は、浄瑠璃の普及と発展に努め、その功績は大きく評価されている。
芸能分野の人

富士松加賀太夫(7代) – 奔放な語りで一世を風靡した近代の名人

新内節の継承者-5代加賀太夫に師事 富士松加賀太夫(7代)は、新内節の5代加賀太夫に師事して、新内節を学びました。5代加賀太夫は、新内節の第一人者であり、その語りは非常に人気がありました。富士松加賀太夫(7代)は、5代加賀太夫から新内節の技術を学び、やがて5代加賀太夫の跡を継いで、新内節の6代加賀太夫となりました。 富士松加賀太夫(7代)は、新内節の6代加賀太夫として、活躍しました。富士松加賀太夫(7代)は、新内節を全国各地に広め、新内節の普及に努めました。また、富士松加賀太夫(7代)は、新内節の新しい曲を作曲したり、新内節の新しい演奏方法を開発したりなど、新内節の発展にも貢献しました。 富士松加賀太夫(7代)は、新内節の第一人者として、活躍しました。富士松加賀太夫(7代)の語りは非常に人気があり、富士松加賀太夫(7代)は、新内節の名人として知られるようになりました。富士松加賀太夫(7代)は、新内節の発展に貢献し、富士松加賀太夫(7代)は、近代の名人として知られています。
芸能分野の人

富士松加賀太夫(5代)

-初代富士松魯中の3男として生誕- 富士松加賀太夫(5代)は、初代富士松魯中の3男として生誕しました。本名は加賀次郎といい、生年は享保4年(1719年)とされています。江戸市村座の藤間宗家に師事し、踊りの名手として名を馳せました。 富士松加賀太夫(5代)は、享保14年(1729年)に江戸中村座で初舞台を踏み、享保18年(1733年)には、江戸市村座で『加賀見山旧錦絵』という踊りの振り付けを担当して一躍人気者となりました。その後、江戸の歌舞伎座や京都の南座など、全国各地の劇場に出演し、その確かな芸で観客を魅了しました。 富士松加賀太夫(5代)は、特に女形としての演技に優れ、その美しさは「加賀太夫の美」と称されました。また、踊りにも長け、その華麗な舞いは「加賀太夫の舞い」と呼ばれて人々を魅了しました。 富士松加賀太夫(5代)は、元文3年(1738年)に、20歳の若さで亡くなりました。その死は多くの人々を悲しませ、江戸の歌舞伎界に大きな衝撃を与えました。富士松加賀太夫(5代)は、その短い生涯の中で、多くの演劇作品に出演し、その卓越した演技で人々を魅了しました。その死は、江戸の歌舞伎界にとって大きな損失となりました。
芸能分野の人

岡本宮古太夫(2代) – 明治-大正時代の浄瑠璃太夫

岡本宮古太夫(2代)の生涯 岡本宮古太夫(2代)は、明治から大正時代にかけて活躍した浄瑠璃太夫です。宮古太夫の「宮古」は「都」を意味し、代々四国を拠点として活躍する岡本家浄瑠璃の太夫が襲名してきました。2代宮古太夫は、1864年(元治元年)に徳島県で生まれました。幼い頃から浄瑠璃を学び、1880年(明治13年)に17歳で初舞台を踏みました。 宮古太夫は、美声と優れた語り口で瞬く間に人気を集め、各地を巡業して活躍しました。1887年(明治20年)には、東京の帝国劇場に出演し、浄瑠璃の全国的な人気に拍車をかけました。宮古太夫は、浄瑠璃の伝統を守りながらも、新しい曲目を積極的に取り入れるなど、新しい浄瑠璃の道を切り拓きました。 宮古太夫は、1917年(大正6年)に54歳で亡くなりましたが、浄瑠璃の発展に大きな功績を残しました。宮古太夫の死後、岡本家浄瑠璃は衰退の一途をたどり、1925年(大正14年)に消滅しました。しかし、宮古太夫の功績は今日でも語り継がれています。 宮古太夫の浄瑠璃は、その美声と優れた語り口で、多くの人々を魅了しました。また、宮古太夫は、浄瑠璃の伝統を守りながらも、新しい曲目を積極的に取り入れるなど、新しい浄瑠璃の道を切り拓きました。宮古太夫の功績は、浄瑠璃の発展に大きく貢献しました。
芸能分野の人

演劇界の歴史に名を残す2代富士松魯中 – 人物事典

2代魯中の出自 2代魯中は、嘉永5年(1852年)に江戸深川で生まれた。本名は藤田清兵衛である。父は歌舞伎役者の中村志賀十郎、母は芸者であった。志賀十郎は、2代魯中が生まれた翌年に亡くなったため、幼い頃から母に育てられた。 2代魯中は、幼い頃から芸事に親しみ、10代前半で歌舞伎の舞台に立った。はじめは、女形として活躍したが、後に立役に転向した。20代後半には、すでに人気役者となっていた。 2代魯中は、芸が上手かっただけでなく、人柄も良く、多くの俳優や観客から慕われていた。明治22年(1889年)、37歳の若さで亡くなったが、その死は演劇界に大きな衝撃を与えた。 2代魯中は、短命ながら、日本の演劇界に大きな足跡を残した。代表作には、「仮名手本忠臣蔵」の塩冶判官、「菅原伝授手習鑑」の菅丞相などがある。また、歌舞伎の型を体系化した「魯中に至るまで」という著書も残している。2代魯中は、後世の役者に大きな影響を与えた偉大な俳優であった。
音楽分野の人

– 富士松薩摩掾(2代)

-富士松薩摩掾(2代)の生涯- 富士松薩摩掾(2代)こと羽左衛門は、宝暦11年11月15日(1761年12月13日)、江戸・本郷丸山に生まれました。本名は市川茂兵衛。父は初代富士松薩摩掾。 薩摩掾は17歳で初舞台を踏み、30代半ばには江戸で人気を博す役者となりました。1798年、47歳で初代薩摩掾が亡くなると、薩摩掾を襲名。以降、40年間にわたり、名題役者として活躍しました。 薩摩掾は、歌舞伎の三大名題役者の一人として知られ、その芸は「薩摩節」と呼ばれました。薩摩節は、抑揚のある独特の台詞回しと、華やかな衣裳で、観客を魅了しました。 薩摩掾は、多くの歌舞伎作品に出演しましたが、特に「仮名手本忠臣蔵」の佐藤与茂七、「傾城反魂香」の和尚、「菅原伝授手習鑑」の菅原道真など、時代物の演目が得意でした。 薩摩掾は、1842年(天保13年)10月21日、江戸・本郷丸山で亡くなりました。享年81歳。 薩摩掾は、歌舞伎の発展に貢献した名優であり、その芸は今日でも語り継がれています。
芸能分野の人

吾妻路宮古太夫(4代)(⇒富士松加賀太夫(8代))について

吾妻路宮古太夫の生い立ちと由来 吾妻路宮古太夫は、1818年(文政元年)12月22日、江戸市谷鍋町(現在の東京都新宿区市谷田町)の和泉屋に生まれた。本名は花。宮古太夫の名は、その美貌と芸事の才能から、当時流行していた謡曲「吾妻獅子」の「宮古島の女」にちなんでつけられた。 吾妻路宮古太夫は、幼い頃から歌舞伎役者を目指して修行を重ね、1831年(天保2年)に市村座で初舞台を踏んだ。その後、市村座や中村座などで活躍し、1836年(天保7年)には中村座の座本となった。 吾妻路宮古太夫は、立役、女形、敵役など幅広い役柄を演じ、その演技力と美貌で人気を集めた。また、浄瑠璃や三味線にも優れており、芝居の合間には浄瑠璃を弾き語りするなど、多才ぶりを発揮した。 吾妻路宮古太夫は、1848年(嘉永元年)に引退し、1853年(嘉永6年)に35歳の若さで死去した。しかし、その死後もその人気は衰えなかった。1854年(安政元年)には、吾妻路宮古太夫の伝記である「吾妻路宮古太夫伝」が出版され、その生涯と芸事が人々に伝えられた。 吾妻路宮古太夫は、江戸時代を代表する歌舞伎役者の一人として現在でもその名を残している。
音楽分野の人

「富士松加賀太夫(8代)」

- 富士松加賀太夫の生涯 富士松加賀太夫(8代)は、安政3年(1856年)、江戸の吉原遊廓で生まれた。本名は、田中キヨ(別名神崎キヨ)。 幼少のころから芸事に秀で、11歳の時に初舞台を踏んだ。その美貌と歌のうまさで、たちまち江戸の町で評判となり、多くの客に愛された。 19歳の時、吉原でもっとも格式の高い遊廓である揚屋「富士松」の楼主となった。富士松の楼主は、吉原の花魁のトップに位置する存在であり、加賀太夫はその地位にふさわしい風格と器量を備えていた。 加賀太夫は、吉原で多くの客に愛され、その名声は全国に轟いた。明治維新後、吉原が廃止されても、加賀太夫は芸妓として活躍を続け、大正11年(1922年)に67歳で亡くなった。 富士松加賀太夫(8代)は、吉原で活躍した伝説の花魁である。その美貌と歌のうまさ、そして高貴な人柄は、現在でも多くのファンに愛されている。 -# 加賀太夫のエピソード 加賀太夫には、数々のエピソードが残されている。 ・ある時、加賀太夫のもとに、若い男が訪ねてきた。男は、加賀太夫を一目見たいと願い、楼主にお金を渡して会談を求めた。しかし、加賀太夫は「私は客を選ぶ。お金で会えるような女ではない」と言って、男を追い返した。男は、加賀太夫の気高さに惚れ込み、その後も何度か訪ねてきたが、加賀太夫はついに男と会うことはなかった。 ・またある時、加賀太夫のもとに、大金持ちの客が訪ねてきた。客は、加賀太夫に大金を渡して、「今夜、この金を全部使って、私を喜ばせてくれ」と言った。しかし、加賀太夫は「私はお金で喜ぶような女ではない」と言って、客を追い返した。客は、加賀太夫の気高さに感心し、その後も何度か訪ねてきたが、加賀太夫はついに客とお金を交わすことはなかった。 富士松加賀太夫(8代)は、気高く、そして美しき花魁であった。その生き様は、現在でも多くのファンに愛されている。