寛正6年

歴史上の偉人

噩叟宗俊(えくそうそうしゅん):室町時代の僧侶

-噩叟宗俊(えくそう そうしゅん)室町時代の僧侶- -生涯と経歴- 噩叟宗俊は、室町時代の僧侶で、1409年に京都に生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、15歳のときに建仁寺に入門しました。建仁寺は、臨済宗の五山の一つであり、噩叟宗俊は、そこで厳しい修行を積みました。 1535年に、噩叟宗俊は、建仁寺の住職となりました。住職就任後、噩叟宗俊は、建仁寺の復興に努め、多くの人材を輩出しました。また、噩叟宗俊は、禅の教えを広く民衆に広め、多くの信者を集めました。 1479年に、噩叟宗俊は、81歳で亡くなりました。噩叟宗俊の死後、建仁寺は、衰退しましたが、江戸時代になって、再び復興しました。
歴史上の偉人

権力者の名がここに―大沢行嗣

-謎につつまれた人物・大沢行嗣- 大沢行嗣氏は、同氏に関する情報がほとんどないため、謎につつまれた人物として知られています。同氏の生年月日や出身地などは不明であり、同氏の経歴や過去の活動についてはほとんど知られていません。 しかし、同氏は2000年代初頭に突然、日本の政財界に現れ、短期間のうちに大きな影響力を持つようになりました。同氏は与党の主要人物と親密な関係を築き、数多くの政府機関や民間企業の顧問を務めました。また、同氏はメディアにも多く出演し、政治や経済に関する歯に衣着せぬ発言で注目を集めました。 同氏の急激な台頭は、多くの憶測を呼びました。同氏は政府のスパイではないか、あるいはヤクザのフロントマンではないかなど、さまざまな噂が飛び交いました。しかし、同氏はそのような噂をすべて否定し、自分は単なるビジネスマンであると主張しました。 2010年、同氏は政治資金規正法違反の疑いで逮捕されました。同氏は逮捕後、東京拘置所に収容されましたが、その後、保釈されました。同氏の裁判は現在も続いており、同氏の有罪、無罪についてはまだ判決が出ていません。 同氏は、その謎めいた人物像のため、日本のメディアや国民の間で大きな注目を集めています。同氏に関する報道は、連日、各新聞やテレビ番組で取り上げられており、同氏の裁判も多くの注目を集めています。 同氏の背後には何があるのか、同氏の真の目的は何なのかなど、同氏に関するさまざまな謎は、今日もなお解明されていません。
歴史上の偉人

名将列伝 「江戸通房」

-江戸通房の生涯- 江戸通房は、平安時代後期の武将、政治家です。源頼朝に仕えて鎌倉幕府の有力御家人となり、鎌倉幕府の制度の確立に貢献しました。 通房は、保元の乱(1156年)で平清盛の軍に属し、源義朝と戦いました。しかし、平治の乱(1159年)では、源頼朝の軍に属し、平清盛の軍と戦いました。平治の乱後、通房は頼朝に従って伊豆に流罪されました。 1180年、頼朝が挙兵すると、通房はこれに参じ、頼朝の側近として活躍しました。頼朝が鎌倉幕府を開くと、通房は幕府の有力御家人として、政務に参与しました。 1185年、通房は頼朝の命を受けて、奥州藤原氏を討伐しました。奥州藤原氏は、平泉を本拠地とする東北地方を支配する有力な豪族でした。通房は、奥州藤原氏を滅ぼし、東北地方を鎌倉幕府の支配下に置きました。 1192年、頼朝が亡くなると、通房は頼朝の嫡子である頼家に仕えました。しかし、頼家は政治に無関心で、幕政は北条時政が掌握していました。通房は、時政の専横を警戒し、頼家の権威回復を図りました。 1199年、通房は頼家から時政を討つように命じられました。通房は、時政の軍を破り、時政を自害に追い込みました。しかし、頼家は時政の嫡子である北条義時によって殺害され、通房も義時に捕えられました。 通房は義時によって鎌倉に幽閉され、1205年に亡くなりました。通房は頼朝に仕えて鎌倉幕府の制度の確立に貢献した名将であり、その生涯は波乱に満ちたものでした。
歴史上の偉人

僧 願知の生涯と功績

室町-戦国時代の僧, 願知 願知は、室町時代後期から戦国時代にかけて存在した天台宗の僧侶です。長禄2年(1458年)、近江国蒲生郡(現・滋賀県東近江市)に生まれ、幼少期に比叡山に登って出家しました。当初は園城寺に属し、天台宗の学問と修行に励みました。 文明13年(1481年)、願知は比叡山延暦寺の衆徒の代表である「衆徒三長」に選出され、寺務の運営に携わるようになりました。明応4年(1495年)、延暦寺の座主である覚恕が入寂すると、願知は座主の候補として有力視されましたが、最終的には後花園天皇の皇子である覚胤が座主に就任しました。 願知は、覚胤の座主就任後も比叡山の衆徒を率いて寺務の運営に当たりました。しかし、明応8年(1499年)、比叡山で「大乗院騒動」が発生し、願知は騒動に巻き込まれて延暦寺から追放されてしまいました。 願知は、延暦寺を追放された後も天台宗の僧侶として活動し、各地を巡回して法華経の説法を行いました。また、比叡山に代わる新たな拠点として、近江国蒲生郡に願知寺を建立しました。願知寺は、後に天台宗の学問と修行の拠点として発展し、多くの僧侶が学んでいました。 願知は、天文19年(1550年)、93歳の生涯を閉じました。願知の死後、願知寺は願知の弟子である了覚が継ぎ、天台宗の学問と修行の拠点として引き続き発展しました。 願知は、室町時代後期から戦国時代にかけて、天台宗の僧侶として活躍し、比叡山延暦寺の衆徒の代表を務めたほか、各地を巡回して法華経の説法を行いました。また、比叡山に代わる新たな拠点として、願知寺を建立し、天台宗の学問と修行の拠点として発展させました。
歴史上の偉人

九条政基 – 室町から戦国時代における公卿

-九条政基の生涯- 九条政基は、室町時代から戦国時代にかけて活躍した公卿。関白・九条政忠の子として生まれ、幼少期から頭角を現し、17歳で従三位に叙される。その後、侍従、左近衛権少将、右兵衛督を歴任し、25歳で権中納言となる。 32歳で内大臣に昇進し、35歳で関白に就任。関白在任中は、室町幕府との関係を重視し、幕府の権威を回復させるために尽力した。また、応仁の乱の勃発に際しては、幕府と朝廷の仲介役を務め、和睦に導いた。 しかし、応仁の乱の長期化に伴い、幕府の権威はさらに低下し、朝廷の内紛が激化。政基は、朝廷の秩序を維持するために、様々な手を尽くしたが、その努力もむなしく、応仁の乱は10年以上も続いた。 応仁の乱終結後、政基は関白を辞任し、出家して「道富」と号した。その後は、京都の相国寺で隠遁生活を送り、82歳で死去した。 政基は、応仁の乱という激動の時代に、朝廷の秩序を維持するために尽力した公卿である。その功績は大きく、後世に高く評価されている。
歴史上の偉人

「多賀谷氏家」

-「多賀谷氏家」- -多賀谷氏家の生涯- 多賀谷氏家は、戦国時代に活躍した武将です。美濃国守護代斎藤道三の重臣として活躍し、永禄11年(1568年)に信長に降伏するまで、美濃国を支配していました。 氏家は、永正13年(1516年)に美濃国多賀谷城(現在の岐阜県関市)で生まれました。父は多賀谷氏光の三男・氏秀、母は不詳です。氏家は幼い頃から武芸に秀でており、15歳の時に斎藤道三に仕えました。道三は氏家の才能を見込んで、彼を重臣として抜擢しました。 氏家は、道三の信頼を得て、美濃国の政務を任されました。1556年、道三が桶狭間の戦いで織田信長に敗れると、氏家は信長に降伏しました。その後、氏家は信長の家臣となり、近江国長浜城(現在の滋賀県長浜市)の城主となりました。 1570年、信長が越前国を平定すると、氏家は越前国丸岡城(現在の福井県坂井市)の城主となりました。氏家は、丸岡城を拠点に越前国の統治に務めました。1573年、信長が足利義昭を擁して上洛すると、氏家もこれに随従しました。 1575年、氏家は信長の命を受けて、越前国一向一揆の鎮圧に向かいました。氏家は、一向一揆を破って、越前国を平定しました。1582年、信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると、氏家は羽柴秀吉に仕えました。秀吉は、氏家を丹波国亀山城(現在の京都府亀岡市)の城主としました。 1590年、秀吉が小田原征伐を行うと、氏家もこれに随従しました。小田原征伐後、氏家は秀吉から九州の太守に任命されました。氏家は、九州を平定して、秀吉の天下統一に貢献しました。1598年、氏家は病死しました。享年83歳でした。 氏家は、戦国時代の梟雄として知られる斎藤道三に仕え、織田信長、豊臣秀吉の天下統一にも貢献した武将です。氏家は、その武勇と智謀で、戦国乱世を生き抜いた名将の一人です。