将軍

歴史上の偉人

結城満藤 – 室町時代の武将

-結城満藤の生涯- 結城満藤は、室町時代の武将です。結城氏第8代当主であり、関東管領や侍所所司を務めました。 満藤は、1362年に結城氏第7代当主・結城基光の嫡男として生まれました。1384年に基光が死去すると、満藤が家督を継いで第8代当主となりました。 満藤は、1391年に室町幕府の関東管領に任命されました。関東管領は、室町幕府の東日本における最高責任者であり、満藤は関東地方の治安維持や幕府の命令の執行にあたりました。 1398年に満藤は、侍所所司に任命されました。侍所所司は、室町幕府の軍事組織である侍所の長官であり、満藤は幕府の軍事を統括しました。 満藤は、1409年に死去しました。享年は48歳でした。満藤の死後、結城氏は衰退していきました。 結城満藤は、室町時代の関東地方における有力な武将でした。関東管領や侍所所司を務めて幕府の重臣として活躍し、関東地方の治安維持や幕府の命令の執行にあたりました。
歴史上の偉人

エルギン卿 – 幕末に来日したイギリス外交官

-エルギン卿の生涯- エルギン卿(本名 ジェームズ・ブルース)、1811年7月20日にロンドンで生まれました。父親は、第8代エルギン伯爵だったトーマス・ブルースです。ブルースは、イートン・カレッジ、オックスフォード大学クライスト・チャーチに進学し、そこで古典文学を学びました。 ブルースは、1835年に外務大臣を務めていた父親の秘書官として外交官生活を始めました。1842年に、中国の香港総督に任命され、1846年に初代香港知事に昇進しました。香港知事として、ブルースは、香港のインフラ整備や貿易振興に尽力しました。 1857年、ブルースは、幕末の日本で初代駐日英国公使に任命されました。ブルースは、1858年に、日本の全権代表である井伊直弼と日英修好通商条約を締結しました。この条約により、日本は、イギリスに開国し、両国間の貿易が自由化されました。 ブルースは、1859年に駐日英国公使を辞任し、イギリスに帰国しました。ブルースは、1860年に父が亡くなった後、第9代エルギン伯爵を継承しました。1861年からは、インド総督を務めました。 ブルースは、1863年にインドで死去しました。享年52歳でした。ブルースは、イギリスの外交官として、中国や日本との関係を改善し、両国との貿易振興に貢献しました。
歴史上の偉人

細川満元 – 室町時代の功績と生涯

-室町幕府の安定化に貢献した管領- 室町幕府3代将軍足利義満の死後、室町幕府は一時的に混乱状態に陥る。しかし、細川満元は管領として幕府の体制を立て直し、室町幕府を安定させることに成功する。 満元は、1379年に管領に就任。管領とは、室町幕府の最高職であり、将軍の補佐や政務を行う重責を担っていた。満元は、管領として、各地の守護大名や朝廷との折衝を行い、室町幕府の権威を維持することに努めた。 また、満元は、室町幕府の財政基盤を強化するために、様々な政策を実施した。例えば、満元は、貿易を奨励し、税制を改革して、幕府の収入を増やすことに成功した。 さらに、満元は、室町幕府の軍事力を強化するために、軍制を改革した。満元は、全国の守護大名に馬揃えや兵糧備蓄などの義務を課し、幕府の軍事力を充実させた。 満元の政策により、室町幕府は安定し、長期にわたって存続することができた。満元は、室町幕府の安定に大きく貢献した人物であると言える。 -満元の功績- * 室町幕府3代将軍足利義満の死後、幕府の体制を立て直し、室町幕府を安定させることに成功。 * 室町幕府の財政基盤を強化するために、様々な政策を実施。 * 室町幕府の軍事力を強化するために、軍制を改革。 満元の功績により、室町幕府は安定し、長期にわたって存続することができた。満元は、室町幕府の安定に大きく貢献した人物であると言える。
歴史上の偉人

「一橋家斉」(⇒徳川家斉(とくがわ-いえなり))について

徳川家斉(とくがわ-いえなり)とは? 徳川家斉(とくがわ-いえなり)は、江戸幕府の第11代将軍です。紀伊藩主・徳川宗将(とくがわ-むねまさ)の次男として、1773年に生まれました。1787年に12代将軍・家治が死去したため、15歳で将軍に就任しました。 家斉の治世は、江戸幕府が最も繁栄した時代の一つです。家斉は、財政改革や税制改革を行い、幕府の財政を改善しました。また、文化政策を奨励し、歌舞伎や浄瑠璃などの芸能が発展しました。 しかし、家斉の治世は、幕府の腐敗が進んだ時代でもありました。家斉は、側用人や大奥の女性たちを重用し、彼らの意見に左右されるようになりました。そのため、幕府の政治は、私利私欲にまみれたものとなり、綱紀が乱れていきました。 1837年に家斉が死去すると、家斉の長男・家慶が12代将軍に就任しました。家慶は、家斉の政策を受け継ぎ、幕府の腐敗を改革しようと努めましたが、成功しませんでした。江戸幕府は、その後も衰退を続け、1868年に明治維新が起こり、江戸幕府は滅亡しました。
歴史上の偉人

尚思紹王―琉球の歴史に名を刻む琉球の統一者

琉球の統一を成し遂げた初代国王 尚思紹王は、琉球王国の初代国王です。1350年に沖縄本島に生まれ、1429年に即位しました。尚思紹王は、中国明朝の冊封を受けて琉球王国の初代国王となり、1469年に亡くなるまでの40年間統治しました。 尚思紹王は、琉球の統一を果たした偉大な国王です。即位前は北山王国の尚巴志王の次男であり、同王国の権力者として父王を補佐していました。しかし、1416年に父王が死去すると、弟の尚巴志が王位を継承しました。尚思紹王は、弟の王位継承に不満を持ち、1422年に弟を討って王位を奪取しました。 尚思紹王は、琉球の統一を果たした後、政治・経済・文化の改革を行いました。政治改革では、中央集権体制を確立し、官僚制度を整備しました。経済改革では、琉球を交易の中心地として発展させ、中国や日本との貿易を盛んにしました。文化改革では、儒教を導入し、学校を整備しました。 尚思紹王の改革は、琉球の発展に大きな貢献をしました。琉球は、尚思紹王の治世下で、中国と日本に次ぐ東アジアの大国となりました。尚思紹王は、琉球の歴史に名を刻む偉大な国王です。
歴史上の偉人

崇神天皇(記・紀系譜による第10代天皇)について

崇神天皇の系譜と生涯 崇神天皇(記・紀系譜による第10代天皇)は、第9代開化天皇の皇子で、母は香坂王后とされる。 記・紀では、崇神天皇の治世は77年間にわたったとされる。 崇神天皇の系譜 崇神天皇は、第十代天皇とされ、父は第9代開化天皇、母は香坂王后とされる。崇神天皇には、兄弟として、兄に御間城入彦五十瓊殖天皇、妹に神武天皇の皇后となる媛蹈鞴五十鈴媛命がいた。 崇神天皇の生涯 崇神天皇の生涯については、記・紀に以下のように記されている。 崇神天皇は、幼い頃から聡明で、正義感の強い少年だった。ある日、天皇は、皇居の近くにある森の中で、一匹の白鹿を見かけた。天皇は、白鹿を捕まえようと、森の中を追いかけたが、白鹿は天皇を誘導するように走り回り、ついに消えてしまった。天皇は、白鹿を追いかけている間に、いつの間にか皇居から遠く離れた場所に迷い込んでしまった。 天皇は、途方に暮れて、森の中で一晩を明かした。翌朝、天皇は、森の中をさまよっているうちに、一軒の家にたどり着いた。天皇は、家に住む老婆に助けを求め、老婆は天皇を家に招き入れた。老婆は、天皇に食べ物を与え、天皇の話を聞いた。 天皇は、老婆に、白鹿を追いかけている間に迷子になってしまったことを話し、老婆は、天皇に、白鹿は神様の化身であり、天皇を導くために現れたのだと言った。老婆は、天皇に、神様の教えに従うように言い、天皇は、老婆の言葉に従うことを約束した。 天皇は、老婆の家を出て、皇居に戻った。天皇は、神様の教えに従い、賢明に国を治めた。天皇は、77年間の治世の間、多くの功績を挙げて、人々から尊敬された。 崇神天皇の死後、息子の垂仁天皇が第11代天皇に即位した。
歴史上の偉人

「徳川綱豊」(6代将軍 名が改名)

-徳川綱豊とは?- 徳川綱豊は、江戸幕府の第6代将軍である。1646年に江戸城で生誕し、1712年に66歳で没した。幼名は徳松丸、のちに源三郎と称した。徳川家光の孫で、徳川家綱の長男である。 綱豊は、1680年に父である家綱の死を受けて、35歳で将軍職を継承した。綱豊の将軍在任期間は32年間で、この間、元禄文化が栄えた。元禄文化とは、江戸時代中期に起こった文化の華やかな時期のことである。この時代には、俳諧、浮世絵、歌舞伎などの芸術が盛んになり、庶民の間にも広まった。 綱豊は、元禄文化を保護し、奨励した。綱豊自身も和歌や俳諧を好み、多くの作品を残した。また、綱豊は、儒教を奨励し、朱子学を正学とした。朱子学とは、中国の儒学者朱熹が唱えた儒教の学説である。綱豊は、朱子学を正学とすることで、幕府の権威を高めようとした。 綱豊は、1712年に66歳で没した。綱豊の死後、徳川家宣が7代将軍を継いだ。
芸術家

「金子蓑香」

- 江戸後期-明治時代の篆刻(てんこく)家 「金子蓑香」は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した篆刻(てんこく)家、書家、歌人です。本名は金子佐吉。蓑香は、号である。 金子蓑香は、1823年に江戸に生まれました。幼い頃から書を学び、篆刻を学びました。篆刻とは、石や木などの素材に文字を彫る彫刻技法です。蓑香は、篆刻の才能を発揮し、江戸で活躍する篆刻家になりました。 蓑香は、1868年に明治維新を迎えました。明治維新後は、東京に移り住み、篆刻を続けました。蓑香は、1884年に東京で亡くなりました。 蓑香は、篆刻家として、多くの作品を残しました。蓑香の作品は、篆刻の教科書などにも掲載されており、篆刻の学習者から高く評価されています。蓑香は、篆刻の歴史に大きな足跡を残した、偉大な篆刻家です。 - 蓑香の篆刻の特徴 蓑香の篆刻の特徴は、以下の通りです。 * 線が細く、繊細である。 * 文字の配置が整っており、バランスが良い。 * 印影が鮮明である。 * 篆書(てんしょ)の書風に基づいている。 蓑香の篆刻は、その繊細さと美しさで知られています。蓑香の作品は、篆刻の芸術性の高さを示しており、篆刻愛好家から高く評価されています。 - 蓑香の代表作 蓑香の代表作には、以下のものがあります。 * 「金石萃編(きんせきすいへん)」 * 「篆刻指南(てんこくしなん)」 * 「蓑香印譜(みのこういんぷ)」 「金石萃編」は、篆刻の歴史と理論をまとめた書物です。「篆刻指南」は、篆刻の技法を解説した書物です。「蓑香印譜」は、蓑香の篆刻作品を集めた作品集です。 蓑香の代表作は、いずれも篆刻を学ぶ上での貴重な資料です。蓑香の代表作は、日本の篆刻の歴史と文化を理解する上でも、重要な資料となっています。
歴史上の偉人

清水純斎-江戸時代後期の武士,書家

-清水純斎の生涯と業績- 清水純斎は、1775年(安永4年)に江戸に生まれた江戸時代後期の武士、書家です。幼名は定五郎、通称は勝介、号は純斎、無私園、清白堂、省斎等であったとされ、文化5年(1808年)に与力三番組与力に任じ、寛政元年(1818年)六番組与力に転じ、文政12年(1829年)近江守に任じられます。 清水純斎は、幼少の頃から書を学び、才能を発揮しました。10代後半には、当時の著名な書家である梁川星巌に師事し、書道を本格的に学び始めます。その後、星巌の推薦により、江戸幕府の老中である松平定信に書を披露し、その才能を高く評価されました。 清水純斎は、その後も書道を続け、数多くの作品を残しました。その作品は、力強く躍動感のある筆致が特徴で、高い評価を得ました。また、書道に関する著作も数多く残しており、その中には『書道指南』『書論』などがあります。 清水純斎は、1832年(天保3年)に58歳で亡くなりました。しかし、その作品は現在でも高く評価されており、多くの書道家に影響を与えています。 清水純斎の功績は、書道の発展に貢献したこと、書道に関する著作を数多く残したこと、そして、数多くの優れた作品を残したことなどです。清水純斎は、江戸時代後期を代表する著名な書家として、現在でも多くの人々に知られています。
歴史上の偉人

徳川家治-生い立ちと生涯

-徳川家治の生い立ち- 徳川家治は、江戸幕府の第10代将軍である。1737年、江戸城で大納言・徳川宗尹の三男として誕生した。幼名は竹千代。 家治は、1745年に父が死去したため、9歳で家督を相続し、12歳で元服して家治と名乗った。1760年、23歳のときに将軍職に就いた。 家治の生母は、側室の桂昌院である。桂昌院は、加賀藩主・前田吉徳の養女として生まれ、1722年に宗尹の側室となった。家治は、桂昌院の唯一の子である。 家治は、幼い頃から病弱で、しばしば病に苦しんだ。そのため、学問を修めることができなかった。しかし、家治は、聡明で知られ、政治にも関心を持っていた。 家治の将軍職は、30年以上に及んだ。その間、家治は、幕府の財政を立て直し、軍備を強化し、江戸の町を整備するなど、多くの功績を挙げた。 家治は、1786年に50歳で死去した。跡を子の家斉が継いだ。
歴史上の偉人

足利義輝の人生と業績

-足利義輝の人生と業績- -室町幕府13代将軍としての統治- 足利義輝は、室町幕府の13代将軍である。1543年に生まれ、1565年に13代将軍に就任した。父は12代将軍足利義晴、母は北条氏綱の娘である。1568年に織田信長の軍勢によって京都から追放され、1573年に近江で死亡した。 足利義輝は、将軍職に就いたとき、幕府はすでに衰退しており、有力な守護大名たちが実権を握っていた。義輝は、これらの大名たちを統制するために、政略結婚など様々な手段を駆使したが、うまくいかなかった。また、義輝は、貿易の振興や貨幣の鋳造など、経済政策にも乗り出したが、これも成功しなかった。 1560年、桶狭間の戦いで今川義元が織田信長によって討たれると、義輝は信長と同盟を結んだ。しかし、義輝と信長の関係は、すぐに悪化した。1565年、信長は京都に上洛し、足利義輝を奉じて入京した。しかし、義輝は信長の専横を許さず、信長と対立した。 1568年、信長の軍勢は京都を攻撃し、足利義輝は京都から追放された。義輝は近江に逃れ、信長と戦い続けたが、1573年に信長の軍勢に攻め込まれ、死亡した。 足利義輝は、室町幕府の衰退を阻止することができず、幕府は滅亡した。しかし、義輝は、幕府の将軍として、最後まで戦い続けた。義輝の死は、室町幕府の滅亡と、戦国時代の終焉を意味した。
エンターテインメント

三船敏郎:銀幕の巨匠

日本の映画界を代表する名優三船敏郎 三船敏郎は、日本の映画界を代表する俳優であり、国際的にも高く評価されています。1920年に北海道に生まれ、戦後、映画界に入りました。1950年代に、黒澤明監督の「羅生門」や「七人の侍」に出演して、一躍有名になりました。その後も、数多くの映画に出演し、「用心棒」「椿三十郎」「赤いひげ」などの名作を残しました。 三船敏郎は、その圧倒的な存在感と演技力で、観る者を魅了しました。彼は、どんな役柄でも自分のものにでき、見る者に強烈な印象を残しました。また、彼の人間性も高く評価されており、映画人としてだけでなく、一人の人間としても尊敬を集めていました。 三船敏郎は、1997年に亡くなりましたが、彼の映画は今もなお多くの人々に愛されています。彼は、日本の映画界に大きな足跡を残した偉大な俳優であり、これからもずっと語り継がれるでしょう。 三船敏郎の代表作 * 羅生門(1950年) * 七人の侍(1954年) * 用心棒(1961年) * 椿三十郎(1962年) * 赤いひげ(1965年) * 黒部の太陽(1968年) * 影武者(1980年) * 天と地と(1990年)
歴史上の偉人

「「駿河大納言」(⇒徳川忠長(とくがわ-ただなが))について」

徳川忠長の生涯 徳川忠長は、1597年(慶長2年)に徳川秀忠の三男として江戸城で生まれた。母は側室のお万の方である。忠長は幼少期から聡明で俊敏な子どもとして知られ、秀忠からもかわいがられて育った。1610年(慶長15年)、忠長は14歳の若さで駿河大納言に任官され、駿府城を居城とした。 忠長は駿河大納言として、駿府藩の藩政を担った。忠長は領内の検地や新田開発を行い、また、駿府城の拡張や整備にも力を注いだ。また、忠長は文芸にも秀で、和歌や連歌をよくした。忠長は、多くの文人墨客を駿府城に招き、文芸サロンを開いて交流を深めた。 しかし、忠長は次第に秀忠の寵愛を失っていった。秀忠は、忠長の豪奢な生活や、横暴な振る舞いを快く思っていなかった。また、忠長は秀忠の弟である松平忠輝と親しくしており、秀忠はこれを快く思っていなかった。 1632年(寛永9年)、忠長は秀忠の命により改易された。忠長は高野山に蟄居させられ、1634年(寛永11年)に高野山で死去した。享年38。 忠長の改易は、徳川家の権力闘争の犠牲となったものと考えられている。忠長は聡明で有能な人物であったが、秀忠の寵愛を失い、また、徳川家の權力闘争に巻き込まれてしまった。忠長の生涯は、悲劇的なものといえるだろう。
歴史上の偉人

中条兵庫助 – 南北朝時代の武将, 剣術家

中条兵庫助の生涯と功績 中条兵庫助は、南北朝時代から室町時代にかけての武将、剣術家です。本名は佐々木高綱といい、父は佐々木貞清、母は北条高時の娘・赤橋千寿です。 中条兵庫助は、1350年に鎌倉で生まれました。幼い頃から武芸に秀でており、15歳の時に足利尊氏に仕えました。尊氏に仕えた後、足利義詮の近臣として活躍しました。 1391年、中条兵庫助は、室町幕府の命を受けて、北陸地方に遠征しました。この遠征では、加賀国の守護職に任命され、加賀国を平定しました。 1399年、中条兵庫助は、室町幕府の命を受けて、九州地方に遠征しました。この遠征では、九州国の守護職に任命され、九州国を平定しました。 1405年、中条兵庫助は、京都で死去しました。享年56歳でした。 中条兵庫助は、南北朝時代から室町時代にかけて活躍した武将、剣術家です。足利尊氏、足利義詮に仕え、北陸地方、九州地方を平定しました。また、剣術の達人としても知られ、多くの弟子を育てました。
歴史上の偉人

徳川吉宗の側室、和歌山城奥勤めとなった「お梅の方(2)」とは

-お梅の方(2)の生涯- お梅の方(2)は、徳川吉宗の側室で、和歌山城奥勤めとなった女性です。和歌山県出身で、生年は不詳ですが、没年は享保13年(1728年)とされています。 お梅の方(2)は、吉宗が紀州藩主時代、和歌山城に仕えていました。吉宗が将軍として江戸城に入った後も、和歌山城奥勤めとして仕えていました。 吉宗は、お梅の方(2)を非常に寵愛しており、2人の間に5人の子供が生まれました。しかし、お梅の方(2)は、享保13年(1728年)に30歳の若さで亡くなりました。 お梅の方(2)の死後、吉宗は、側室としてお浜の方(3)を迎えましたが、お梅の方(2)のことを忘れずにいました。そして、お梅の方(2)の死後、11年後の享保24年(1739年)、和歌山城内に「お梅の方(2)の碑」を建立しました。 お梅の方(2)の碑は、和歌山城の西の丸庭園にある、紀州徳川家の墓所の中にあります。碑には、「肥前守源朝臣吉里菩提也」と刻まれており、お梅の方(2)の戒名である「肥前守源朝臣吉里」が記されています。 お梅の方(2)の碑は、吉宗が、お梅の方(2)のことを深く愛していたことを示すものであり、和歌山城を訪れる観光客に人気のスポットとなっています。
エンターテインメント

宝生友于-江戸時代後期の能役者

-宝生流14代宝生英勝の養子となる- 宝生友于は、宝生流14代宝生英勝の養子となりました。英勝は、宝生流中興の祖であり、友于に宝生流の芸を厳しく指導しました。友于は、英勝から芸を学び、宝生流の芸をさらに発展させました。 -宝生流の芸を学ぶ- 宝生流の芸は、能楽の五大流派の一つであり、その芸は、優美で華麗な舞と謡で知られています。友于は、英勝から宝生流の芸を学び、その芸をさらに発展させました。友于は、能楽の舞台で活躍し、その芸は多くの観客を魅了しました。 -宝生流の芸を後世に伝える- 友于は、宝生流の芸を後世に伝えました。友于は、宝生流の指導者として、多くの弟子を育て、宝生流の芸の発展に貢献しました。友于の弟子の中には、後に宝生流の宗家に就任した人もおり、友于の芸は現在でも宝生流で受け継がれています。 -宝生流の芸の功績- 友于は、宝生流の芸の発展に大きな功績を残しました。友于は、宝生流の指導者として、多くの弟子を育て、宝生流の芸の発展に貢献しました。また、友于は能楽の舞台で活躍し、その芸は多くの観客を魅了しました。友于の芸は現在でも宝生流で受け継がれており、その功績は大きいです。
歴史上の偉人

足利義満 – 室町幕府を繁栄に導いた3代将軍

-室町幕府の基盤を固めた将軍- 足利義満は、室町幕府の3代将軍で、幕府の基盤を固めた将軍として知られています。 義満は1358年に足利義詮の子として生まれました。幼名は千寿王で、1367年に将軍に就任しました。将軍職に就いた義満は、室町幕府再建に努めました。 まず、義満は京都の治安強化を図りました。当時の京都は、山賊や盗賊が跋扈しており、治安が悪化していました。義満は、治安維持のため、京都奉行を設置しました。京都奉行は、京都の治安を維持する責任を負っていました。 次に、義満は全国の国人領主を抑え込む政策をとり、九州には探題を派遣して、九州の国人領主を抑えました。また、北陸には守護を派遣して、北陸の国人領主を抑えました。 また、義満は室町幕府の権威を高めるために、天皇との関係を深めました。義満は、天皇に忠誠を誓い、天皇の権威を利用して幕府の権力を強めました。 そして、義満は足利氏の本拠地である足利荘を整備しました。足利荘は、義満が将軍に就任するまでは、小規模な荘園でしたが、義満は足利荘を整備し、京都に匹敵する都市に発展させました。 義満は、室町幕府の基盤を固めた将軍として評価されています。義満の政策により、室町幕府は安定し、鎌倉幕府よりも長い期間続きました。
歴史上の偉人

日野内光

- 日野内光 -# 戦国時代の公卿 日野内光(ひの うちみつ)は、戦国時代の公卿。内大臣・日野弘資の子。官位は内大臣・従一位。 1517年生まれ。弘資の七男。 1524年に父が没し、1526年に内大臣に任じられる。1535年に権大納言、1543年に右大臣、1548年に内大臣に昇進。 1551年、京都の火災で公卿の家屋が焼失。翌年には醍醐寺が焼失。1553年、京中の公卿や武家が相次いで没し、内光も病に伏して出家。 1554年、京の町を洛中洛外の町衆と山伏が暴れ、朝廷の威信が低下。その後も、公家の生活は逼迫し、戦乱が続く。 1557年、将軍・足利義輝が三好長慶に殺される。内光は、三好政権に協力。1560年、三好政権が倒れ、足利義昭が将軍となると、内光は、公卿の筆頭に選ばれた。 1562年、内光は、嫡孫の輝資に家督を譲り、出家。将軍・足利義昭と対立し、剃髪して法名を道堯と改めた。 1573年、没。享年57。
歴史上の偉人

徳川家宣と彼の時代

第六代将軍として徳川家宣が成し遂げた功績 徳川家宣は、1662年に江戸で生まれ、1709年に将軍となりました。彼は穏健で賢明な統治者として知られ、その治世は「享保の改革」として知られています。享保の改革は、経済、政治、社会、文化の各分野にわたる幅広い改革であり、徳川家宣の治世の礎石となりました。 経済面では、徳川家宣は貨幣制度の改革を断行しました。それまでは、金・銀・銅の三貨が流通していましたが、デフレが進行し、貨幣の価値が低下していました。そこで、徳川家宣は、金一両を銀五十枚に固定する「金銀相場制定令」を制定し、貨幣の価値を安定させました。また、銅貨の鋳造量を制限し、銅銭の価値を上げました。 政治面では、徳川家宣は老中制を確立しました。それまでは、将軍の側近が政治を取り仕切っていましたが、徳川家宣は、老中を設けて政治の実権を委ねました。老中は、大名の中から選ばれ、将軍を補佐して政治を行う役職です。老中制の確立によって、将軍の権力が強化されました。 社会面では、徳川家宣は、身分制度の緩和を行いました。それまでは、武士、農民、町人、えた・非人の四つの身分があり、身分間の移動は厳しく制限されていました。しかし、徳川家宣は、武士と農民の間の移動を緩和し、また、えた・非人の身分を廃止しました。 文化面では、徳川家宣は、儒教を奨励しました。儒教は、中国発祥の思想で、徳川時代には武士の教養として重んじられていました。徳川家宣は、儒教の普及を図り、儒学者を保護しました。また、徳川家宣は、享保暦を制定しました。享保暦は、それまでの暦を改良したもので、より正確な暦でした。 徳川家宣は、1716年に亡くなりました。享年55歳でした。徳川家宣の死後、将軍は息子の徳川家継が継ぎましたが、徳川家継は若くして亡くなり、徳川吉宗が将軍となりました。徳川吉宗は、徳川家宣の政策を継承し、享保の改革をさらに進めました。
エンターテインメント

「虎屋源太夫」- 江戸時代前期の浄瑠璃太夫

-薩摩浄雲の門人として- 虎屋源太夫は、薩摩浄雲の門人として浄瑠璃太夫としてのキャリアをスタートさせました。薩摩浄雲は、江戸時代の初期に活躍した浄瑠璃太夫で、浄瑠璃の語り方の新機軸を打ち立て、浄瑠璃を大衆芸能として確立した人物として知られています。 虎屋源太夫は、薩摩浄雲のもとで浄瑠璃の語りを学び、その才能を早くから認められていました。そして、薩摩浄雲の後継者と目されるようになりました。しかし、虎屋源太夫は、薩摩浄雲の死後、江戸に下って、新たな浄瑠璃太夫として活躍する道を歩むことになります。 江戸で虎屋源太夫は、薩摩浄雲の浄瑠璃の語り方をベースにしながらも、独自の語り口を確立しました。虎屋源太夫の浄瑠璃の語り口は、薩摩浄雲の浄瑠璃の語り口よりも、より情感豊かで、よりドラマチックなものでした。そして、虎屋源太夫の浄瑠璃は、江戸の庶民の間で大きな人気を得ました。 虎屋源太夫は、江戸で浄瑠璃太夫として活躍しながら、薩摩浄雲の浄瑠璃の語り方を継承し、発展させました。そして、虎屋源太夫は、江戸浄瑠璃の祖の一人として、浄瑠璃の歴史に名を残すことになったのです。
歴史上の偉人

足利義量 – 室町幕府5代将軍

-足利義量とは- 足利義量(あしかが よしかず、1407年 - 1425年)は、室町幕府の第5代将軍(在職1423年 - 1425年)。父は第3代将軍・足利義満、母は藤原栄子。本名は義熙(よしひろ)。 足利義量は、1407年に第3代将軍・足利義満の嫡男として誕生した。幼名は鶴王丸。1423年、義満の死後に17歳で第5代将軍に就任した。 義量は、将軍職を継いだ後、管領である畠山満家と協力して幕政を運営した。しかし、義量は病弱で、将軍職に就任してからわずか2年後の1425年に死去した。 義量には子がなく、義満の次男である足利義持が第6代将軍に就任した。
歴史上の偉人

平頼秀:十津川で南朝を支えた武将

永和5年1月15日の事件 永和5年(1379)1月15日、平頼秀は、南朝の主君である長慶天皇を奉じて、吉野から京都に侵攻しました。しかし、幕府軍の待ち伏せに遭い、頼秀は戦死してしまいました。この事件は、南朝にとって大きな痛手となり、南朝の衰退に拍車をかけることとなりました。 頼秀は、十津川で生まれ、南朝の武将として活躍していました。頼秀は、優れた武勇と戦略で知られ、幕府軍を何度も破りました。しかし、永和5年の京都侵攻は、頼秀にとって最後の戦いとなりました。 頼秀は、幕府軍の待ち伏せに遭い、激戦の末に戦死してしまいました。頼秀の死は、南朝にとって大きな痛手となり、南朝の衰退に拍車をかけることとなりました。 頼秀の死後、南朝はますます衰退し、最終的には滅亡してしまいました。しかし、頼秀の武勇と戦略は、今でも語り継がれており、頼秀は南朝の英雄として敬われています。
歴史上の偉人

戦国武将 朽木稙綱の一生

-近江の豪族、朽木稙綱- 朽木稙綱は、戦国時代に近江国を治めた豪族である。朽木氏は、藤原秀郷の子孫と伝えられる名門で、鎌倉時代から近江国守護を務めていた。稙綱は、朽木氏第13代当主として、天文10年(1541年)に生まれた。 稙綱は、幼少の頃に父を亡くし、叔父の後見を受けて育った。永禄5年(1562年)に元服し、朽木氏第14代当主となった。稙綱は、近江国の豪族として、織田信長や豊臣秀吉らと同盟を結んで勢力を拡大した。 元亀2年(1571年)、稙綱は信長と同盟を結び、浅井・朝倉連合軍を撃破した。この功績により、稙綱は近江国内の所領を増やした。天正2年(1574年)、信長が京都で本能寺の変で横死すると、稙綱は秀吉と同盟を結んだ。 天正10年(1582年)、秀吉は中国地方を平定し、近江国にも軍勢を進めた。稙綱は、秀吉に降伏し、朽木氏の所領を安堵された。天正12年(1584年)、稙綱は秀吉の命により、賤ケ岳の戦いで柴田勝家を破った。この功績により、稙綱は近江国内の所領をさらに増やした。 天正16年(1588年)、稙綱は秀吉の命により、九州征伐に参加した。稙綱は、秀吉の九州平定に貢献し、肥後国と薩摩国の所領を賜った。その後、稙綱は秀吉の朝鮮出兵にも参加した。 慶長3年(1598年)、秀吉が死去すると、稙綱は徳川家康に仕えた。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、稙綱は家康に味方して、石田三成率いる西軍と戦った。稙綱は、関ヶ原の戦いで功績を上げ、近江国内の所領を安堵された。 慶長12年(1607年)、稙綱は死去した。享年67。稙綱は、戦国時代に近江国を治めた名将として知られている。
歴史上の偉人

一宮随波斎-戦国-織豊時代の武将

弓馬礼法家小笠原氏の一族 一宮随波斎は、戦国・織豊時代の武将で、弓馬礼法家小笠原氏の出身です。 小笠原氏は、鎌倉時代初期に源頼朝に仕えた小笠原長清を祖とする、弓馬礼法を家業とする一族です。 戦国時代には、小笠原長益が織田信長に仕えて、信長の家臣の中で最も弓馬の達者な者として知られ、信長から「下総守」の官位を授かっています。 また、長益の子である小笠原信之は、豊臣秀吉に仕えて、秀吉の馬廻り衆の1人として活躍しました。 信之は、秀吉から「遠江守」の官位を授かり、豊臣政権下の武家として重きをなしました。 一宮随波斎は、小笠原信之の弟である小笠原貞慶の長男として生まれました。 随波斎は、兄の小笠原長雄と共に、父・貞慶から弓馬礼法を学び、弓馬の達者な武将として知られるようになりました。 随波斎は、当初、織田信長に仕えましたが、後に豊臣秀吉に仕えて、秀吉の馬廻り衆として活躍しました。 秀吉の死後は、徳川家康に仕え、家康の関東入部の際に、武蔵国一宮領を拝領して、一宮随波斎と名乗りました。 随波斎は、弓馬礼法の達人として知られ、家康から「弓馬礼法指南役」を任命されました。 また、随波斎は、徳川家康の側近として、家康の政務にも参与したと言われています。 随波斎は、慶長12年(1607年)に死去しました。 随波斎の死後、小笠原氏は、弓馬礼法の名門として、江戸幕府で重きをなしました。