尊攘運動家

歴史上の偉人

渋川栄承 – 幕末の尊攘運動家

尊攘運動のリーダー 渋川栄承は、尊攘運動を牽引したリーダーの一人でした。1823年に、京都で生まれ、幼い頃から漢学を学び、尊王攘夷の思想に傾倒していきました。1841年に、江戸に出て、佐久間象山のもとで蘭学を学び、尊攘運動の中心人物である吉田松陰と知己となりました。松陰と栄承は互いに影響を与え合い、尊攘運動の思想を深めていきました。 1848年に、栄承は、吉田松陰の挙兵計画に加わりましたが、密告により計画が露見し、栄承は捕らえられて入獄しました。しかし、獄中から松陰と連絡を取り合い、尊攘運動の活動を続けました。1853年に、ペリーが浦賀に来航すると、栄承は、幕府に攘夷を建白し、1855年に、松陰が安政の大獄で処刑されると、栄承は、松陰の遺志を継いで、尊攘運動を指導していきました。 1860年に、栄承は、水戸藩の浪士らと協力して、桜田門外の変を起こし、大老井伊直弼を暗殺しました。桜田門外の変は、尊攘運動の大きな転機となり、幕府の権威を大きく揺るがし、尊攘運動をさらに盛り上げていきました。1861年には、栄承は、薩摩藩と長州藩の有志と協力して、薩長同盟を結成し、幕府打倒を目指しました。薩長同盟は、尊攘運動の勢力を拡大し、幕府を追い詰めていきました。 1866年に、栄承は、坂本龍馬と協力して、海援隊を結成し、幕府と長州藩の間の調停役を務めました。しかし、調停は失敗し、長州藩は幕府と全面戦争に突入しました。栄承は、長州藩を支援しましたが、幕府軍に敗北し、薩摩藩に逃れました。1867年に、大政奉還が行われ、薩長同盟が政権を握ると、栄承は、新政府に出仕し、元老院議官に就任しました。しかし、栄承は、新政府の政策に不満を抱き、1868年に、新政府から辞職しました。その後、栄承は、京都で隠居生活を送りました。1879年に、67歳で死去しました。
歴史上の偉人

甲斐大蔵 – 幕末の尊攘運動家

甲斐大蔵の生い立ちと経歴 甲斐大蔵は、1824年(文政7年)に甲斐国(現在の山梨県)で生まれた。幼名は駒次郎。家は代々庄屋を務める家柄であった。 大蔵は幼い頃から読書を好み、特に歴史書や兵書を好んで読んだ。また、武術にも優れていたという。 14歳のとき、大蔵は江戸に出て、昌平坂学問所で学んだ。昌平坂学問所は、儒教を学ぶための学校で、幕末の志士を多く輩出した。 大蔵は昌平坂学問所で、儒教を学びながら、攘夷思想に共鳴していく。攘夷思想とは、外国人を排斥し、日本を外国の影響から守ろうという思想である。 大蔵は、昌平坂学問所を卒業後、水戸藩に仕官した。水戸藩は、攘夷思想が盛んな藩で、大蔵は水戸藩で攘夷運動に参加する。 1860年(万延元年)、大蔵は水戸藩の命で、京都に上洛した。大蔵は京都で、尊攘運動に参加し、朝廷に攘夷の実行を訴えた。 しかし、大蔵の攘夷運動は失敗に終わり、1863年(文久3年)、大蔵は水戸藩を追放された。 大蔵は水戸藩を追放された後、薩摩藩に身を寄せた。薩摩藩は、攘夷思想が盛んな藩で、大蔵は薩摩藩で攘夷運動を続けた。 1866年(慶応2年)、大蔵は薩摩藩の命で、長州藩に潜入した。大蔵は長州藩で、奇兵隊を率いて、幕府軍と戦った。 しかし、大蔵の奇兵隊は幕府軍に敗北し、大蔵は長州藩から退却した。 大蔵は長州藩から退却した後、再び薩摩藩に身を寄せた。そして、1868年(慶応4年)、明治維新に薩摩藩の先鋒として参加し、功績を挙げた。 明治維新後、大蔵は政府要職を歴任し、1874年(明治7年)に参議に就任した。しかし、1880年(明治13年)に病のため、参議を辞任した。 大蔵は、1881年(明治14年)に亡くなった。享年58。
歴史上の偉人

勤王の志士・近藤正慎の生涯と功績

生い立ちと出家 近藤正慎は、1834年(天保5年)に肥前国(現在の佐賀県)で生まれました。父は近藤正行、母は田代糸でした。幼いころから聡明で、学問を好みました。10歳のとき、村の寺子屋に入門し、漢学を学びました。15歳のとき、父の死をきっかけに出家し、高雲山光林寺の住職となりました。 光林寺は、曹洞宗の古刹で、近藤正慎の曽祖父である近藤正安が建立した寺でした。正慎は、住職として寺務を執りながら、学問に励みました。また、地方の若者たちに漢学を教え、多くの弟子を育てました。 1853年(嘉永6年)、ペリーが浦賀に再来航しました。これにより、日本は開国を迫られることになりました。正慎は、開国に反対し、尊王攘夷運動に参加しました。正慎は、全国各地を遊説し、攘夷を訴えました。また、同志を集めて、武器の準備や軍事訓練を行いました。 1868年(明治元年)、戊辰戦争が勃発しました。正慎は、薩摩藩や長州藩などの官軍に加わり、新政府軍と戦いました。しかし、官軍は圧倒的な兵力で、正慎の軍勢は敗北しました。正慎は、薩摩藩に捕らえられ、処刑されました。
歴史上の偉人

藤井九成 – 幕末・明治時代の尊攘運動家

- 岩倉具視と薩長藩の尊攘運動家との連絡役 -岩倉具視は、幕末・明治時代の政治家であり、尊攘運動家でした。彼は、公武合体派の中心人物として、薩長藩と朝廷の連絡役を務め、幕府の倒壊と明治維新に貢献しました。- -岩倉具視は、1825年(文政8年)に京都で生まれました。父は、岩倉具慶であり、母は、勧修寺婧子でした。彼は、幼い頃から学問に優れ、1841年(天保12年)に、17歳で公卿となりました。- -1846年(弘化3年)、岩倉具視は、孝明天皇の側近となり、尊攘派のリーダーとして、幕府の倒壊を図りました。彼は、朝廷と薩長藩を結び付け、薩長藩の尊攘運動を支援しました。- -1867年(慶応3年)、岩倉具視は、孝明天皇の勅許を得て、大政奉還を行いました。幕府は、これによって権力を失い、明治維新が実現しました。- -明治維新後は、岩倉具視は、新政府の要職を歴任しました。1869年(明治2年)に、民部卿となり、1871年(明治4年)には、右大臣となりました。また、1873年(明治6年)には、岩倉使節団を率いて、欧米諸国を訪問しました。- -岩倉具視は、1883年(明治16年)に、59歳で死去しました。彼は、尊攘運動家として、幕府の倒壊と明治維新に貢献した功績を称えられています。-
歴史上の偉人

「本間精一郎」

本間精一郎とは 本間精一郎は、1767年(明和4年)に天童藩士の家に生まれた。幼い頃から学問を好み、書を読み算術を好んだ。また、絵画や音楽にも才能を発揮した。 18歳の時に家督を相続し、藩の勘定奉行に就任。藩政改革に力を入れ、殖産興業政策を推進した。また、天保6年(1835年)には江戸幕府の勘定吟味役に抜擢された。 勘定吟味役として、本間精一郎は幕府の財政改革に尽力した。天保9年(1838年)には、「金穀出納方」を制定し、幕府の財政を安定させることに成功した。また、天保11年(1840年)には、「天保の改革」を断行し、幕府の体制を強化した。 しかし、天保12年(1841年)に本間精一郎は急死した。享年45歳だった。本間精一郎の死は、幕府にとって大きな損失となり、幕府の財政は再び悪化の一途をたどった。
歴史上の偉人

古東領左衛門 – 幕末の尊攘運動家

-生涯- 古東領左衛門は、1810年(文化7年)に、江戸の浅草橋に生まれた。幼名は、忠助といった。家は、代々、塗師であり、塗師を家業とする町人の家に生まれた。 領左衛門は、幼い頃から、勤勉で、勉強熱心な少年であった。12歳の時に、漢学の塾である昌平坂学問所に学び始めた。領左衛門は、昌平坂学問所で、儒学や歴史などを学び、功を遂げて国に報じることを志した。 1840年(天保11年)、領左衛門は、22歳の時に、昌平坂学問所を卒業した。卒業後は、江戸の町で塗師を営みながら、尊攘運動に加わった。尊攘運動とは、幕末に起こった、外国人勢力の侵略を防ぎ、日本の独立を維持することを目的とした運動である。 領左衛門は、尊攘運動の志士として、水戸藩の藤田東湖や、土佐藩の吉田東洋らと交流を持った。また、1853年(嘉永6年)に、ペリーが浦賀に来航した際には、攘夷(外国勢力を日本から追い出すこと)を主張した。 1864年(元治元年)、領左衛門は、尊攘運動に加わったことで、幕府に捕らえられた。領左衛門は、翌年の1865年(慶応元年)に、江戸で処刑された。享年57歳であった。 領左衛門は、幕末の尊攘運動を代表する志士の一人である。領左衛門の死は、尊攘運動の衰退を招き、幕末の動乱を激化させることとなった。
歴史上の偉人

「薄井竜之」→ 幕末-明治の尊攘運動家、司法官

薄井竜之の生涯 薄井竜之は、1828年(文政11年)に、豊後国国東郡(現・大分県国東市)に生まれました。幼名は、与平。通称は、竜之介。号は、一清。 竜之は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。1844年(弘化元年)に、江戸に出て、昌平黌に入学しました。昌平黌では、儒学を学び、頭角を現しました。 1854年(嘉永7年)、ペリーが浦賀に来航すると、竜之は、幕府の攘夷方針に賛同し、尊王攘夷運動に参加しました。1858年(安政5年)、桜田門外の変に連座して捕らえられ、押込に幽閉されました。 1861年(文久元年)、竜之は、釈放され、薩摩藩に仕官しました。薩摩藩では、藩政改革に尽力し、薩長同盟の締結にも貢献しました。 1868年(明治元年)、明治維新が起こると、竜之は、新政府に出仕し、司法官となりました。1871年(明治4年)、東京府貫族追放令を発布し、東京府から士族を排除しました。 1873年(明治6年)、竜之は、司法卿に就任しました。司法卿としては、司法制度の整備に尽力し、近代日本の司法制度の基礎を築きました。 1880年(明治13年)、竜之は、司法卿を辞任し、元老院議官となりました。1895年(明治28年)、70歳で死去しました。 竜之は、幕末-明治の動乱期に活躍した尊攘運動家であり、司法官でした。竜之の功績は、近代日本の司法制度の基礎を築いたことにあります。
歴史上の偉人

幕末の志士・川勝寛治の流転と生涯

尊攘(そんじょう)運動へ献身した志士 川勝寛治は、尊攘運動に献身した志士だった。彼は、1835年に薩摩国鹿児島城下で生まれた。幼名は茂助。尊攘運動が盛んになるにつれて、川勝寛治は尊攘派の志士たちと交流するようになった。そして、1862年には、尊攘派の志士たちが結成した「薩摩勤皇党」に参加した。川勝寛治は、薩摩勤皇党の中心メンバーとして活躍し、尊攘運動を推進した。 薩摩勤皇党は、尊攘運動を推進するため、様々な活動を行った。その活動には、幕府の役人を襲撃する「天誅組」の結成や、長州藩の尊攘派志士と協力して幕府軍と戦う「薩長同盟」の締結などが含まれる。川勝寛治は、これらの活動に積極的に参加し、尊攘運動を推進した。 しかし、薩摩勤皇党の活動は、幕府の弾圧によって次第に困難になっていった。薩摩勤皇党は、1864年に幕府軍に敗北し、解散させられた。川勝寛治も、薩摩勤皇党の解散によって、流浪の身となった。川勝寛治は、流浪の身となった後も、尊攘運動を諦めなかった。彼は、各地を転々とし、尊攘派の志士たちと交流しながら、尊攘運動を推進した。 1868年に、戊辰戦争が勃発した。戊辰戦争は、幕府軍と新政府軍との間の戦争だった。川勝寛治は、戊辰戦争に参加し、新政府軍の勝利に貢献した。戊辰戦争の勝利後、川勝寛治は、新政府の役人となった。川勝寛治は、新政府の役人として、明治維新後の日本の近代化に貢献した。 川勝寛治は、尊攘運動に献身した志士だった。彼は、尊攘運動を推進するため、様々な活動を行い、流浪の身となっても、尊攘運動を諦めなかった。また、戊辰戦争に参加し、新政府軍の勝利に貢献した。川勝寛治は、明治維新後の日本の近代化に貢献した志士だった。
歴史上の偉人

– 駒井躋庵

- 尊攘運動家駒井躋庵の紹介 駒井躋庵は、幕末の尊攘運動家で、倒幕運動に参加した人物です。名は久太郎、通称は栄太、のちに名を開次郎、通称を躋庵と改めました。 安政6年(1859年)に、水戸藩の尊攘派の藩士たちと交わり、倒幕運動に参加しました。文久2年(1862年)には、天誅組の変に参加し、捕らえられて処刑されました。 駒井躋庵は、水戸藩の尊攘派の藩士たちと交わり、倒幕運動に参加しました。文久2年(1862年)には、天誅組の変に参加し、捕らえられて処刑されました。 駒井躋庵は、尊攘運動家として、倒幕運動に貢献した人物です。その功績は、今日でも評価されています。 駒井躋庵は、水戸藩の尊攘派の藩士たちと交わり、倒幕運動に参加しました。文久2年(1862年)には、天誅組の変に参加し、捕らえられて処刑されました。 駒井躋庵は、尊攘運動家として、倒幕運動に貢献した人物です。その功績は、今日でも評価されています。
歴史上の偉人

西山謙之助

-西山謙之助の生涯と功績- * -生い立ちと青年時代- 西山謙之助は、1855年(安政2年)に現在の三重県四日市市で生まれました。幼い頃から頭脳明晰で、特に数学に秀でていました。1871年(明治4年)に上京し、工部省の工学寮に入学しました。工学寮では、数学や物理学を学び、首席で卒業しました。 * -土木技師として- 工学寮を卒業後、西山は土木技師として政府に就職しました。1877年(明治10年)の西南戦争では、鹿児島県の鉄道建設を指揮して軍の輸送を支援しました。また、1880年(明治13年)には東京の隅田川に鉄橋を架ける工事を担当しました。 * -鉄道建設の父- 1881年(明治14年)、西山は鉄道建設のためドイツに留学しました。ドイツでは、鉄道建設の技術を学び、1884年(明治17年)に帰国しました。帰国後は、初代鉄道局長の松方正義のもとで鉄道建設に尽力しました。西山は、全国各地に鉄道を建設し、日本の近代化に貢献しました。そのため、西山は「鉄道建設の父」と呼ばれています。 * -日清・日露戦争での活躍- 1894年(明治27年)に勃発した日清戦争では、西山は軍の輸送を監督しました。また、1904年(明治37年)に勃発した日露戦争では、鉄道総監として軍隊の輸送と補給を担当しました。西山の指揮の下、軍隊は迅速かつ円滑に移動することができました。そのため、西山は日清・日露戦争での勝利に貢献しました。 * -晩年- 日露戦争後、西山は鉄道院総裁に就任しました。1918年(大正7年)に退官するまで、鉄道の運営・整備に尽力しました。西山は、1932年(昭和7年)に死去しました。 西山謙之助は、日本の鉄道建設に尽力した土木技師です。西山の功績は、日本の近代化に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

川島総次 – 幕末の尊攘運動家

川島総次とは? 川島総次は、幕末の尊攘運動家です。1839年、肥後熊本藩士の家に生まれました。 1858年に藩校の集成館に入学し、そこで吉田松陰の門下生になります。吉田松陰は、日本の近代化を訴えた思想家で、川島総次もその思想に感化されました。 1862年に、川島総次は吉田松陰の指示で上洛し、尊攘運動に参加します。尊攘運動とは、攘夷(外国勢力の排除)を唱えて幕府の打倒を目指す運動です。 川島総次は、尊攘運動の中で、長州藩の久坂玄瑞や土佐藩の中岡慎太郎らと交流を深めました。また、薩摩藩の西郷隆盛や大久保利通らとも親交を結びました。 1864年、川島総次は、禁門の変で長州藩とともに京都御所を攻撃しましたが、幕府軍に敗れました。その後、川島総次は、薩摩藩に身を寄せ、西郷隆盛や大久保利通らとともに倒幕運動に参加しました。 1868年、戊辰戦争が勃発し、川島総次は薩摩藩軍の一員として参戦しました。戊辰戦争は、薩摩藩を中心とした倒幕派と、幕府を中心とした佐幕派との間で行われた戦争です。 戊辰戦争は、倒幕派の勝利に終わり、幕府は崩壊しました。川島総次は、戊辰戦争で功績をあげ、明治政府の要職を歴任しました。 1889年、川島総次は、51歳で死去しました。川島総次は、幕末の尊攘運動家として、日本の近代化に貢献した人物です。
歴史上の偉人

塩川広平-幕末から明治期の尊王攘夷運動家

-尊攘運動家の生涯と功績- 塩川広平は、幕末から明治期の尊王攘夷運動家である。彼は、1836年(天保7年)に肥後国玉名郡山鹿町(現・熊本県山鹿市)に生まれた。父は、山鹿流兵学の師範を務めた塩川五郎右衛門である。幼少より武芸に親しみ、18歳で江戸に出て、北辰一刀流の千葉重太郎に師事した。 1858年(安政5年)、日米修好通商条約が締結されると、尊王攘夷運動が高まった。塩川もその機運に乗って、1862年(文久2年)に京都に出て、尊攘派公卿に接近した。同年、彼は、薩摩藩と長州藩の尊攘派志士とともに、寺田屋事件を起こした。この事件は、尊攘派公卿の暗殺を計画したものであったが、事前に発覚し、塩川は捕縛された。しかし、その後、薩摩藩の援助を受けて脱獄し、薩摩藩に逃れた。 その後、塩川は、薩摩藩の尊攘派志士として活躍した。1866年(慶応2年)、彼は、薩摩藩の命を受けて、大阪に出て、倒幕運動を展開した。同年12月、彼は、薩長同盟締結に尽力した。1868年(明治元年)、戊辰戦争が起こると、塩川は、薩摩藩軍に加わり、東北地方で転戦した。 戊辰戦争後、塩川は、明治政府に出仕した。1869年(明治2年)、彼は、民部省少丞に任命された。1870年(明治3年)、彼は、熊本県参事に任命された。1871年(明治4年)、彼は、熊本県令に任命された。1873年(明治6年)、彼は、参議に任命された。 塩川は、1874年(明治7年)に死去した。享年38。彼は、幕末から明治期の尊王攘夷運動に大きな功績を残した。
歴史上の偉人

森寺常安 – 幕末の尊攘運動家

-三条家の諸大夫であり、因幡守だった森寺常安- 森寺常安(もりてら つねやす)は、幕末の尊攘運動家である。三条家の諸大夫であり、因幡守を称した。武芸、漢学、和歌、書などに通じていたという。 森寺常安は、天保12年(1841年)、因幡国鳥取藩領加茂郷(現・鳥取県鳥取市加茂町)に生まれた。幼名は藤十郎。父は森寺藤兵衛、母は水田氏の娘で、森寺家は代々三条家の家臣であった。 森寺常安は、幼少の頃から武芸、漢学、和歌、書などに秀でており、15歳で鳥取藩の藩校である尚徳館に入学した。尚徳館では、剣術、柔術、槍術、馬術などの武芸を学び、また、漢学や和歌、書なども学んだ。 嘉永6年(1853年)、ペリーが浦賀に来航し、日本に開国を求めた。この時、森寺常安は13歳であったが、ペリー来航のニュースを聞いて、日本の危機を憂慮した。そして、尊攘運動に参加することを決意した。 安政元年(1854年)、森寺常安は、京都に上洛し、三条実万に拝謁した。そして、尊攘運動に参加することを願い出た。三条実万は、森寺常安の志を高く評価し、彼を三条家の諸大夫に取り立てた。 安政2年(1855年)、森寺常安は、因幡守に任じられた。そして、尊攘運動の中心人物として活躍した。 安政4年(1857年)、森寺常安は、水戸藩の藤田小四郎らとともに、京都で尊攘派の志士たちによる会議を開いた。この会議で、彼らは、幕府を倒し、天皇を奉じて新しい政府を樹立することを決議した。 しかし、この会議は、幕府の密偵に知られてしまい、森寺常安たちは逮捕されてしまった。そして、京都の六角獄舎に投獄された。 森寺常安は、六角獄舎で拷問を受けたが、最後まで屈服しなかった。そして、安政5年(1858年)3月13日、六角獄舎で獄死した。享年18歳であった。 森寺常安の死は、尊攘派の志士たちに大きな衝撃を与えた。そして、尊攘運動をさらに激化させることになった。
歴史上の偉人

関矢孫左衛門 – 幕末から明治にかけて活躍した尊攘運動家・開拓者

-激動の幕末から明治を生きた尊攘運動家- 関矢孫左衛門は、幕末から明治にかけて活躍した尊攘運動家で、開拓者としても名を残しました。1816年、中津藩士の家に生まれ、幼少期から剣術や槍術を学び、武芸に秀でました。また、国学や儒学にも通じ、尊王攘夷の思想を育んでいきました。 関矢が歴史の表舞台に最初に登場したのは、1854年のペリー来航の時でした。関矢は、中津藩主・奥平昌高の命を受けて、ペリーの艦隊を視察し、その圧倒的な軍事力に衝撃を受けました。この経験が、関矢の尊攘運動への決意を固めるきっかけとなりました。 1862年、関矢は中津藩を脱藩し、尊攘運動に身を投じました。長州藩や薩摩藩などの尊攘派と交流を深め、倒幕運動を主導しました。また、開拓者としての活動も始め、北海道や樺太に渡り、農業や漁業を指導しました。 1868年、明治維新が起こり、関矢は新政府に出仕しました。開拓使の御用掛に任命され、北海道の開拓事業に尽力しました。関矢は、北海道に多くの開拓民を送り込み、農地や道路を整備し、北海道の近代化に貢献しました。 1898年、関矢孫左衛門は83歳で亡くなりました。関矢は、激動の幕末から明治を生きた尊攘運動家であり、開拓者でした。その功績は、今もなお北海道に受け継がれています。
歴史上の偉人

佐竹直衛:幕末の尊攘運動家

-佐竹直衛の生涯と功績- 佐竹直衛は、幕末の尊攘運動家で、長州藩の藩士でした。1830年に江戸で生まれ、幼少期から武術や学問を学びました。1853年にペリーが来航すると、攘夷運動に参加し、1863年には生麦事件を起こしました。その後、長州藩の参謀として戊辰戦争に参加し、1868年に箱館戦争で戦死しました。 佐竹直衛は、尊攘運動の急先鋒として活動し、幕府の倒壊に貢献しました。また、戊辰戦争では、長州藩の参謀として活躍し、官軍の勝利に貢献しました。佐竹直衛は、幕末の志士として、その生涯を日本のために捧げた人物です。 佐竹直衛の功績は、大きく分けて2つあります。1つは、尊攘運動への参加です。佐竹直衛は、ペリーが来航すると、攘夷運動に参加し、1863年には生麦事件を起こしました。生麦事件は、イギリス人の行列を襲撃した事件で、幕府の威信を傷つけました。この事件をきっかけに、幕府は攘夷政策を強め、薩摩藩と長州藩が倒幕運動を本格化させました。 佐竹直衛の功績の2つ目は、戊辰戦争への参加です。佐竹直衛は、戊辰戦争では、長州藩の参謀として活躍し、官軍の勝利に貢献しました。戊辰戦争は、幕府軍と薩摩藩・長州藩を中心とする官軍との間で起こった戦争で、日本の近代化を決定づけた戦争です。佐竹直衛は、この戦争で、長州藩の参謀として活躍し、官軍の勝利に貢献しました。 佐竹直衛は、尊攘運動の急先鋒として活動し、幕府の倒壊に貢献しました。また、戊辰戦争では、長州藩の参謀として活躍し、官軍の勝利に貢献しました。佐竹直衛は、幕末の志士として、その生涯を日本のために捧げた人物です。
歴史上の偉人

藤井藍田→ 幕末の儒者で尊攘運動家

藤井藍田の生涯と経歴 藤井藍田は、幕末の儒者で尊攘運動家です。1810年(文化7年)、伊予国新居郡和気村(現在の愛媛県新居浜市)に生まれました。幼名は金輔、通称は直右衛門、字は子豪、号は藍田。 藍田は、幼い頃から学問を好み、15歳の時に大阪の儒学者・野田笛浦の門下生となりました。1836年(天保7年)、27歳の時に江戸へ遊学し、佐藤一斎や佐久間象山らに師事しました。 1841年(天保12年)、32歳の時に帰郷し、私塾を開いて子弟を教育しました。1853年(嘉永6年)、ペリーが浦賀に来航すると、攘夷論を唱えて尊攘運動に参加しました。 1858年(安政5年)、39歳の時に、尊攘派の志士たちと「安政の大獄」で捕らえられ、投獄されました。1860年(万延元年)に釈放され、帰郷しましたが、その後も尊攘運動を続けました。 1868年(明治元年)、59歳の時に、明治政府に出仕し、文部省の官僚として教育制度の整備に尽力しました。1874年(明治7年)、65歳の時に死去しました。 藍田は、生涯に多くの著書を残しており、その中には『藍田遺稿』『藍田日記』『藍田詩草』などがあります。藍田の学問は、明治維新後の日本の教育制度の整備に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

→ 北垣国道

- 幕末-明治時代の尊攘運動家,官僚 北垣国道は、幕末の尊攘運動家であり、明治時代の官僚でした。1832年、下総国香取郡佐原町(現在の千葉県香取市)に生まれました。幼名は嘉兵衛、後に国道の他、簡左衛門、良輔、国蔵、國造などとも称した。号は如是庵。別名を北川宗輔とも。大木貞一は彼の生家の松屋が醬油醸造を営んでいたことから、彼の尊王思想を「革命の土壌は民衆の生活の貧困や苦しみに存する」という民本主義と把握した。 北垣は、1857年に江戸に出て、水戸藩校弘道館で藤田東湖や武田耕雲斎、安積艮斎らに学びました。そこで尊王攘夷思想を身につけ、尊攘運動に加わりました。1863年には、水戸藩の浪士らとともに、京都で天狗党の乱を起こしましたが、失敗して捕縛されました。 その後、北垣は釈放され、1868年に明治政府が成立すると、新政府に出仕しました。1869年に民部大丞に任命され、1871年に大蔵大丞に転任しました。1873年には、大蔵卿に昇進し、日本の財政を担いました。 北垣は、国の財政を健全化するため、増税や歳出の削減などの財政改革を行いました。また、紙幣の発行を禁止する「紙幣停止令」を公布し、インフレを抑制しました。北垣の財政改革は、明治政府の財政を好転させ、日本の近代化に貢献しました。 北垣は、1880年に死去しました。享年48歳でした。北垣は、尊攘運動家として、また官僚として、日本の近代化に貢献した人物でした。
歴史上の偉人

– 長野一郎

-長野一郎の生涯- 長野一郎は、1900年1月1日に長野県上田市に生まれた。父は長野太郎、母は長野はなである。一郎は、5人兄弟の末っ子として育った。 一郎は、幼い頃から勉強が得意で、小学校を卒業後は東京にある早稲田大学に進学した。早稲田大学卒業後は、新聞記者として働き始めた。 一郎は、新聞記者として働きながら、社会問題に関心を持つようになった。そして、1930年に社会運動を起こした。この社会運動は、成功し、一郎は社会運動家として有名になった。 一郎は、社会運動家として活躍する一方、政治活動にも参加した。1932年に衆議院議員に当選し、1940年まで衆議院議員を務めた。一郎は、衆議院議員として、社会問題の解決に取り組んだ。 一郎は、1940年に衆議院議員を辞職し、その後は社会運動家として活動した。そして、1950年に社会運動家の活動を引退した。 一郎は、1950年に引退した後も、社会問題に関心を持ち続けた。そして、1960年に社会問題研究所を設立した。社会問題研究所は、社会問題の研究を行い、社会問題の解決に取り組んだ。 一郎は、1970年に社会問題研究所を解散した。そして、1975年に死去した。一郎は、社会運動家として、社会問題の解決に貢献した。一郎の功績は、今もなお語り継がれている。
歴史上の偉人

幕末の尊攘運動家- 金井国之丞

-# 金井国之丞の生涯 金井国之丞は、幕末の尊攘運動家で、薩摩藩士。諱は正向、通称は国之丞、号は東洞。薩摩藩御徒目付などを歴任し、薩摩藩の公用人として京都に滞在中、尊攘運動に参加した。 1830年、薩摩藩士・金井直義の長男として鹿児島に生まれる。幼少より、漢学や兵学を学び、文武両道に秀でた人物であった。1853年、ペリーが浦賀に来航すると、薩摩藩は幕府に攘夷を迫り、金井国之丞は、薩摩藩の公用人として京都に派遣された。 京都では、尊攘派の公卿や志士たちと交流し、尊攘運動に参加した。1863年、薩摩藩が攘夷を実行するために京都で挙兵すると、金井国之丞もこれに賛同して参加した。しかし、薩摩藩の挙兵は失敗し、金井国之丞は薩摩藩に帰国した。 その後、金井国之丞は、薩摩藩の公用人として再び京都に滞在し、尊攘運動を続けた。1866年、薩摩藩が長州藩と同盟を結んで幕府を倒そうと計画すると、金井国之丞もこれに賛同して参加した。しかし、この計画も失敗し、金井国之丞は薩摩藩に帰国した。 1867年、薩摩藩が倒幕に成功すると、金井国之丞は、薩摩藩の御徒目付に任命された。1868年、戊辰戦争が勃発すると、金井国之丞は、薩摩藩軍に参加して奥羽方面に出征した。1869年、戊辰戦争が終結すると、金井国之丞は、鹿児島に帰国した。 1877年、西南戦争が勃発すると、金井国之丞は、薩摩藩軍に参加して政府軍と戦った。しかし、薩摩藩軍は政府軍に敗北し、金井国之丞は鹿児島城内で自刃した。享年48。
歴史上の偉人

幕末の尊攘運動家・千葉清宗の生涯

千葉清宗とは? 千葉清宗は、日本の幕末期に活躍した尊攘運動家です。彼は、1817年(文化14年)に、現在の千葉県松戸市に生まれました。幼名は正太郎といい、千葉氏の末裔と称する家柄に生まれました。 千葉清宗は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。15歳の頃には、江戸に出て、昌平黌(昌平坂学問所)で学びました。昌平黌では、朱子学や経書を学び、幕末の思想界に大きな影響を与えた佐藤信淵や大塩平八郎らと交流しました。 千葉清宗は、昌平黌を卒業した後、1839年(天保10年)に、幕府の勘定奉行に任命されました。勘定奉行は、幕府の財政を司る役職で、千葉清宗は、幕府の財政改革に取り組みました。 千葉清宗は、勘定奉行を務めるかたわら、尊攘運動にも参加しました。尊攘運動とは、幕府を倒して、天皇を中心とした新しい国家を作ることを目指した運動です。千葉清宗は、尊攘運動の志士たちと交流し、倒幕のための計画を練りました。 1860年(万延元年)、千葉清宗は、尊攘運動の志士たちと一緒に、桜田門外の変を起こしました。桜田門外の変は、江戸城の桜田門外で、幕府の大老である井伊直弼を暗殺した事件です。千葉清宗は、桜田門外の変に参加した志士たちを支援し、事件の成功に貢献しました。 桜田門外の変の後、千葉清宗は、幕府の追跡を逃れて、京都に逃れました。京都では、尊攘運動の志士たちと協力して、倒幕のための活動を続けました。 しかし、1863年(文久3年)、千葉清宗は、幕府の追っ手に捕らえられて、処刑されました。享年47歳でした。 千葉清宗は、幕末の尊攘運動の志士として、幕府を倒すために尽力しました。彼の功績は、明治維新の成功に大きく貢献しました。
歴史上の偉人

飯田軍造-幕末の尊攘運動家

- 飯田軍造の生涯 飯田軍造は、1826年(文政9年)に、現在の愛知県豊橋市に生まれました。幼名は、彦太郎。12歳の時に、藩校の稽古堂に入学し、藩の儒学者である村瀬春雄に師事して、儒学を学びました。1850年(嘉永3年)に、藩主松平信正の勘気を蒙って、藩を追放されました。 その後、飯田軍造は、江戸や京都に出て、尊攘運動に参加しました。1859年(安政6年)には、吉田松陰の門下生となり、松陰の思想に影響を受けました。1863年(文久3年)には、長州藩の奇兵隊に参加し、蛤御門の変で戦いました。 1864年(元治元年)には、飯田軍造は、尊攘運動の拠点である京都で、新撰組に襲撃され、重傷を負いました。1865年(慶応元年)には、長州藩の御楯隊に参加し、第二次長州征伐で戦いました。 1866年(慶応2年)には、飯田軍造は、薩摩藩の御親兵に参加し、戊辰戦争で戦いました。1868年(明治元年)には、明治維新後は、政府に出仕し、民部省や大蔵省で働きました。1877年(明治10年)には、西南戦争で戦死しました。 飯田軍造は、尊攘運動の志士として、幕末の日本の歴史に大きな足跡を残しました。
歴史上の偉人

小山馨三郎 – 幕末の尊攘運動家

-小山馨三郎の生涯- 小山馨三郎は、1836年、信濃国諏訪郡(現在の長野県諏訪市)に生まれた。父は、諏訪藩士であり、馨三郎は、幼い頃から武術と学問に励んだ。1853年、ペリーが浦賀に来航すると、馨三郎は、日本の独立を危惧し、攘夷運動に参加した。 1862年、馨三郎は、薩摩藩の藩士、西郷隆盛と出会い、西郷に深く影響を受けた。馨三郎は、西郷とともに、公武合体運動を推進し、1864年には、禁門の変で長州藩を撃破した。しかし、1866年、薩摩藩と長州藩が幕府と対立すると、馨三郎は、薩摩藩を支援し、戊辰戦争に参加した。 戊辰戦争は、薩長連合軍が勝利し、1868年に明治政府が樹立された。馨三郎は、明治政府で要職を歴任し、1871年には、外務卿に任命された。しかし、馨三郎は、明治政府の政策に不満を持ち、1873年に政府を辞任した。 馨三郎は、その後、政界を引退し、故郷の諏訪で余生を過ごした。1899年、馨三郎は、64歳で死去した。馨三郎は、尊攘運動家として、また、元勲として、日本の近代化に大きく貢献した。 馨三郎の生涯は、日本の近代化の縮図とも言える。馨三郎は、尊攘運動に参加し、戊辰戦争で活躍し、明治政府で要職を歴任した。馨三郎の生涯は、日本の近代化の歩みを象徴するものであり、馨三郎は、日本の近代化に大きく貢献した偉大な人物である。
歴史上の偉人

銀林綱男-幕末明治期の尊攘運動家

-生涯- 銀林綱男は、1827年(文政10年)に、摂津国川辺郡能勢村(現在の大阪府豊能郡能勢町)の庄屋の家に生まれた。幼名は綱吉。1844年(天保15年)に江戸に出て、緒方洪庵の塾である適塾に入塾。そこで、洋学や蘭学を学び、幕末勤王運動の中心人物として活躍するようになった。 1862年(文久2年)には、薩摩藩の島津久光率いる薩摩藩兵が江戸城に迫った「薩英戦争」に参加。その後、長州藩の久坂玄瑞らとともに、京都で尊攘運動を展開した。1863年(文久3年)には、参勤交代で江戸に滞在していた長州藩主の毛利敬親を擁して、京都御所を襲撃する「禁門の変」を起こしたが、失敗に終わった。 禁門の変後、銀林綱男は、長州藩に亡命。そこで、奇兵隊の組織や、欧米式の兵制改革などに尽力した。1866年(慶応2年)には、坂本龍馬らとともに、薩摩藩と長州藩の間に薩長同盟を成立させた。 薩長同盟の成立後、銀林綱男は、戊辰戦争で活躍。鳥羽伏見の戦いでは、長州藩兵を率いて、新政府軍として参戦。その後、北陸道鎮撫使として、北陸地方の制圧に尽力した。 戊辰戦争後、銀林綱男は、新政府で要職を歴任した。1869年(明治2年)には、民部卿に任命され、兵制改革や軍備増強に尽力。1871年(明治4年)には、外務卿に任命され、欧米各国との交渉を担当した。 1873年(明治6年)、銀林綱男は、病のため死去。享年47。銀林綱男は、幕末明治期の尊攘運動を代表する人物の一人であり、その功績は高く評価されている。
歴史上の偉人

「城多董」(1832-1891)-幕末-明治時代の尊攘運動家,官吏

-尊攘思想の師- 城多董は、尊攘思想の師として知られています。尊攘思想とは、幕末期に流行した攘夷思想と尊王思想を組み合わせた思想です。攘夷思想は、外国勢力の侵略から日本を守るために外国人を追い出そうとする思想です。尊王思想は、天皇を敬い、天皇を中心とする政治体制を支持する思想です。 城多董は、尊攘思想を唱え、幕府の倒壊と天皇を中心とする新しい政治体制の樹立を目指しました。城多董は、尊攘思想を全国に広めるために、各地を巡って講演会を開きました。また、尊攘思想に基づく政治運動にも参加しました。 城多董の尊攘思想は、幕末の政治情勢に大きな影響を与えました。城多董の尊攘思想は、幕府の倒壊と天皇を中心とする新しい政治体制の樹立につながる原動力となりました。 城多董の尊攘思想は、明治維新後も大きな影響を与え続けました。明治維新後、日本は近代化政策を推し進めました。近代化政策は、欧米列強に追いつき、追い越すことを目指した政策です。 城多董の尊攘思想は、近代化政策を推進する原動力となりました。城多董の尊攘思想は、日本を近代国家へと導く原動力となったのです。