小島烏水

学術分野の人

ー「東良三」1889-1980

ジョン=ミュアーに心酔した東良三 東良三は、1889年に東京で生まれた日本の博物学者、探検家、登山家である。1980年に亡くなった。東は、ジョン=ミュアーの著作に感銘を受けて自然保護運動に参加し、日本の自然保護運動のリーダーの一人となった。 東は、1922年にミュアーの著書「アラスカの旅」を読んで、自然保護運動に参加することを決意した。1925年に、東はミュアーの案内でアラスカを旅行し、氷河や山々を目にし、自然の美しさに感動した。東は、ミュアーから自然保護の大切さを学び、帰国後は、日本の自然保護運動に尽力した。 東は、1927年に日本山岳会に入会し、1931年に日本山岳会の会長に就任した。1934年には、日本初の国立公園である大雪山国立公園の指定に尽力した。また、東は、日本各地の山々を登り、その体験を著書「山の旅」にまとめた。 東は、1937年に日本山岳会の会長を辞任し、自然保護運動に専念した。1940年には、日本自然保護連盟を設立し、その会長に就任した。また、東は、日本各地で自然保護講演を行い、自然保護の大切さを訴えた。 東は、1980年に亡くなったが、その功績は今日でも語り継がれている。東は、日本の自然保護運動のパイオニアであり、その活動は、日本の自然保護運動の発展に大きく貢献した。
歴史上の人物

宣教師にして登山家-ウェストンの生涯と足跡

-ウェストンの生い立ちと日本への渡来- ウォルター・ウェストンは、1861年10月12日、イギリスのノーフォーク州キングス・リンで生まれた。父親は聖職者で、ウェストンも幼い頃からキリスト教に親しむ。1881年、ケンブリッジ大学卒業後、伝道師として日本に派遣される。 ウェストンは、1882年7月に横浜に到着。すぐに日本語の勉強を始め、伝道活動を開始する。しかし、ウェストンは次第に日本の文化や自然に魅了されるようになり、登山や写真撮影を趣味とするようになる。 1884年、ウェストンは富士山に登頂。これがウェストンの登山家としての第一歩となる。その後も、ウェストンは日本各地の山に登り、数々の日本初の登頂を果たす。 1895年、ウェストンはロンドンに戻り、日本での経験をまとめた著書『日本アルプス』を出版する。この本は、日本アルプスの魅力を世界に広め、多くの登山家の来日を促すこととなった。 ウェストンは、1940年12月24日にロンドンで死去した。享年79。ウェストンは、宣教師としてだけでなく、登山家としても日本に大きな功績を残した人物である。
美術分野の人

茨木猪之吉 – 山岳画のパイオニア

茨木猪之吉の生涯と功績 茨木猪之吉は、1896年(明治29年)に兵庫県に生まれました。彼は幼い頃から絵を描くことが好きで、1915年(大正4年)に東京美術学校に入学しました。同校では、西洋画を学び、1919年(大正8年)に卒業しました。 卒業後は、画家として活動を始め、1923年(大正12年)に第1回帝展に出品して入選しました。その後も、帝展や新文展に出品を続け、1935年(昭和10年)には、帝展の審査員に任命されました。 茨木猪之吉は、山岳画を得意とし、特に雪山を描かせたら右に出る者はいないと称賛されました。彼の作品は、写実的で迫力があり、見る人を圧倒するような迫力があります。 1945年(昭和20年)、茨木猪之吉は、49歳の若さで亡くなりました。しかし、彼の作品は今もなお人々に愛されており、多くの美術館に収蔵されています。 茨木猪之吉は、日本の山岳画の発展に大きく貢献した画家です。彼の作品は、人々に山岳の美しさと雄大さを伝え、登山や自然保護の大切さを訴えかけています。
スポーツ分野の人

高頭仁兵衛 – 明治-昭和時代の登山家

-日本山岳会の創設- 1903年(明治36年)に、高頭仁兵衛は、山岳探検、登山の振興を目的として、日本山岳会を創設しました。日本山岳会は、世界初の登山クラブであり、日本の登山史において重要な役割を果たしました。 日本山岳会は、高頭仁兵衛のほか、登山家で地理学者の小川琢治、登山家で教育者の内藤虎次郎、登山家で地理学者の志賀重昂、登山家で地質学者の山崎直方など、当時の著名な登山家が集まって結成されました。日本山岳会は、登山技術の向上、登山道の整備、山小屋の建設、登山に関する情報の発信など、さまざまな活動を行いました。 日本山岳会の創設は、日本の登山史において大きな転換点となりました。それまで、登山は、一部の限られた人々だけのものとされていましたが、日本山岳会の創設によって、登山は、一般の人々にも開放されるようになりました。また、日本山岳会の活動によって、日本の登山技術は飛躍的に向上し、日本の登山は、世界レベルに到達しました。 日本山岳会は、現在も、日本の登山界をリードする組織として、活躍しています。日本山岳会は、登山に関するさまざまな情報を発信し、登山道の整備や山小屋の建設、登山技術の向上など、さまざまな活動を行っています。また、日本山岳会は、日本の登山文化の保存と継承にも努めています。
美術分野の人

「中村清太郎」

-中村清太郎の生涯- 中村清太郎は、1867年(慶応3年)7月15日、現在の東京都に生まれた。幼名は源太郎。父は中村熊太郎、母はしづ。兄に中村宗太郎、妹に中村琴江がいる。 中村清太郎は、1882年(明治15年)、15歳の時に上京し、東京美術学校に入学した。同校では、洋画を専攻し、黒田清輝や藤島武二らに師事した。1889年(明治22年)、東京美術学校を卒業し、帰郷した。 中村清太郎は、1890年(明治23年)、東京府の美術展覧会に出品し、入選を果たした。その後、1893年(明治26年)には、第3回日本美術院展に出品し、入選を果たした。1895年(明治28年)には、第4回日本美術院展に出品し、一等賞を受賞した。 中村清太郎は、1896年(明治29年)、第5回日本美術院展に出品し、二等賞を受賞した。その後、1899年(明治32年)には、第7回日本美術院展に出品し、一等賞を受賞した。1901年(明治34年)には、第8回日本美術院展に出品し、二等賞を受賞した。 中村清太郎は、1902年(明治35年)、日本美術院の創立に参加した。その後、同院の評議員や幹事を務めた。1907年(明治40年)には、同院の院長に就任した。1910年(明治43年)には、同院の第1回展を開催した。 中村清太郎は、1920年(大正9年)、病気のため、同院の院長を辞任した。その後、1923年(大正12年)に亡くなった。享年57。 中村清太郎は、日本の洋画界に大きな足跡を残した画家である。同氏は、日本美術院の創立に参加し、同院の院長を歴任した。また、同氏は、日本美術院展に出品し、入選や受賞を果たした。同氏の作品は、東京国立近代美術館や京都国立近代美術館などに所蔵されている。
スポーツ分野の人

偉大な登山家・岡野金次郎とその生涯

- 岡野金次郎の生い立ちと登山への情熱 岡野金次郎は、1860年、長野県上伊那郡南箕輪村(現・伊那市)に生まれました。 彼は幼い頃から山に通い、自然の美しさに魅了されていました。16歳の時、初めて富士山に登頂し、その雄大な景色に感動しました。 その後、金次郎は東京高等商業学校(現・一橋大学)に進学し、卒業後、日本郵船に入社しました。しかし、彼は会社勤めに馴染めず、1890年、退社して故郷に戻りました。 金次郎は帰郷後、郷土の山の調査を始め、その結果をまとめた『信濃の山』を出版しました。この本は、日本初の登山ガイドブックとして知られ、多くの登山家に影響を与えました。 また、金次郎は日本山岳会の創設にも尽力しました。日本山岳会は、日本の登山界の発展に大きな役割を果たした組織であり、金次郎は初代会長を務めました。 金次郎は生涯を通じて、登山と山の調査に情熱を傾け、日本登山界の発展に貢献しました。彼は「日本登山界の父」とも呼ばれ、現在でも多くの登山家に尊敬されています。
スポーツ分野の人

上条嘉門次 – 明治・大正時代の伝説的な登山ガイド

-槍ヶ岳と穂高連峰を登頂に導いた男- 上条 嘉門次(かみじょう かもんじ、1863年2月15日 - 1924年11月15日)は、明治・大正時代の伝説的な登山ガイドである。 上条嘉門次は、1863年2月15日に長野県松本市で生まれた。15歳で木曽漆器の職人として働き始め、山仕事でも生計を立てた。1887年、上条嘉門次は友人とともに槍ヶ岳に登頂した。この登頂は、槍ヶ岳に初めて登頂した日本人の記録である。 上条嘉門次は、槍ヶ岳登頂後に登山ガイドとして働き始めた。上条嘉門次は、槍ヶ岳や穂高連峰などの日本アルプスを案内した。上条嘉門次は、登山ガイドとしての技術に加えて、人柄もよく、多くの登山者から信頼されていた。 上条嘉門次は、1924年11月15日に槍ヶ岳で遭難して死亡した。上条嘉門次は、遺体も発見されなかった。上条嘉門次は、日本アルプスの登山ガイドとして活躍した伝説的な人物であり、現在でもその功績は称えられている。 上条嘉門次は、日本アルプスの登山ガイドとして、多くの登山者を頂上に導いた。上条嘉門次は、日本の登山史において、重要な人物である。 上条嘉門次は、1934年に松本市から名誉市民の称号を授与された。上条嘉門次は、1963年に日本登山協会から日本山岳会功労賞を授与された。上条嘉門次は、1973年に岐阜県から岐阜市名誉県民の称号を授与された。