小田原藩

歴史上の偉人

関重麿とは?幕末-明治時代の武士、官吏の生涯を探る

関重麿の生い立ちと経歴 関重麿は、1829年に江戸で生まれた武士です。父は関重蔵、母は久仁子の妾腹の子として生まれました。重麿は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。16歳の時に江戸に出て、昌平黌に入学しました。昌平黌では、儒学を学び、頭角を現しました。 1853年にペリーが浦賀に来航すると、重麿は幕府の外交交渉に参加しました。ペリーとの交渉では、重麿の活躍が評価され、幕府から褒賞を受けました。その後、重麿は幕府の役人を歴任し、1862年に老中に就任しました。 老中として、重麿は幕府の開国政策を推進しました。しかし、1867年に薩摩藩と長州藩が倒幕を掲げて挙兵すると、重麿は幕府軍を指揮して薩長軍と戦いました。しかし、薩長軍に敗れ、明治維新後は官吏を辞しました。 明治維新後は、重麿は東京に移り住み、教育者として活躍しました。1872年に東京専門学校(現在の早稲田大学)を創設し、その初代校長を務めました。また、重麿は郷土史の研究にも熱心に取り組み、多くの著作を残しました。 1896年に重麿は、東京で亡くなりました。享年68歳でした。
歴史上の偉人

大久保忠隣:日本の豊臣・江戸時代の武将

- 大久保忠隣の生涯 - 大久保忠隣は、豊臣秀吉に仕えた武将であり、徳川家康に仕えた武将である。1545年に三河国に生まれ、1598年に慶長の役で戦死した。大久保忠隣は、勇猛果敢な武将として知られ、徳川四天王の一人にも数えられている。 忠隣は、若い頃より秀吉の配下として戦に参加し、中国攻めや九州征伐などで功を立てる。特に九州征伐では、島津義弘を破ったことで知られる。 秀吉の死後、徳川家康に仕えた忠隣は、関ヶ原の戦いで東軍として参加し、勝利に貢献する。その後も大坂の陣では、大坂城を攻め落とす活躍を見せた。 忠隣は、1598年の慶長の役で、朝鮮半島で明軍と戦った際に戦死した。忠隣は、勇猛果敢な武将として知られ、徳川四天王の一人にも数えられている。 忠隣の功績を称えて、江戸城に忠隣の銅像が建てられた。また、忠隣を祀る神社も全国各地に建てられている。
歴史上の偉人

大久保忠由 – 江戸時代中期の旗本

-大久保家について- 大久保家は、室町時代から戦国時代にかけて駿河国で活躍した武将であり、江戸時代には旗本として続きました。 大久保家の祖先は、鎌倉時代初期に駿河国に土着した大久保氏です。鎌倉時代末期には、大久保氏の一族である大久保忠顕が駿河守護となったことで、大久保家は駿河国を代表する有力な武将となりました。 室町時代中期には、大久保忠世が駿河守護となり、大久保家は最盛期を迎えました。しかし、戦国時代に入ると、大久保家は今川氏、武田氏、北条氏などの大勢力に挟まれ、次第に勢力を弱めました。 戦国時代末期、大久保忠隣は大久保忠勝に従い、織田信長、豊臣秀吉に仕えました。忠勝は、豊臣秀吉の九州平定で活躍し、肥後国熊本藩の初代藩主となりました。 忠隣は、豊臣秀吉の朝鮮出兵で活躍し、肥後国八代藩の初代藩主となりました。 江戸時代になり、大久保家は大久保忠隣の子である大久保忠宣が大久保家第2代熊本藩主となり、以後は代々熊本藩主を務めました。忠宣は、藩政改革を行い、熊本藩を繁栄させました。また、忠宣は、熊本藩の藩校である「時習館」を創設しました。時習館は、江戸時代屈指の藩校として知られ、多くの優秀な人材を輩出しました。 大久保家は、江戸時代を通じて繁栄を続けましたが、明治維新後に藩主の地位を剥奪されました。しかし、大久保家はその後も、華族として代々続いています。 大久保家には、大久保忠次、大久保忠隣、大久保忠宣など、多くの優れた人物が輩出されました。また、大久保家は、熊本藩の藩校である「時習館」を創設するなど、教育にも力を入れていました。大久保家は、日本の歴史において重要な役割を果たした家系です。
歴史上の偉人

「下田隼人」

-小田原藩の麦租に反対した農民- 下田隼人は、江戸時代初期に小田原藩の麦租に反対した農民である。小田原藩は、1609年に譜代大名の大久保忠隣が10万石で入封した。忠隣は、藩の財政を立て直すため、麦租を課した。麦租とは、麦の収穫量の10%を藩に納めるという税である。 麦租は、農民にとって大きな負担となった。麦は、農民の主食の一つであり、麦租を納めることで、農民は米を買うことができなくなった。また、麦租は、農民の現金収入を減らすことにもなった。 農民は、麦租に反対して、藩に一揆を起こした。一揆は、1613年に始まり、1614年まで続いた。一揆は、農民が藩の役所を襲撃したり、藩の役人を殺害したりするなど、激化していった。 藩は、一揆を鎮圧するために、兵を出動させた。兵は、農民を殺害したり、農民の村を焼き討ちしたりした。一揆は、藩の弾圧によって、鎮圧された。 麦租に反対した農民の一揆は、江戸時代における農民一揆のさきがけとなった。一揆は、農民の生活を守るために、藩に対して立ち上がったものである。一揆は、藩の政策を改めさせることはできなかったが、藩の支配に対する農民の不満を明らかにした。
歴史上の偉人

中井範五郎 – 幕末の武士

鳥取藩の武士 中井範五郎は、鳥取藩の武士でした。彼は、1838年に鳥取藩の城下町である鳥取城下の富裕な商人の家に生まれました。範五郎は、幼い頃から武術を学び、18歳で鳥取藩の藩校である尚徳館に入学しました。尚徳館では、彼は剣術、弓術、馬術などを学び、優秀な成績を収めました。 1861年、範五郎は鳥取藩の藩主である池田慶徳に仕えるようになりました。範五郎は、池田慶徳の近侍として仕え、彼の側近として活躍しました。1863年、範五郎は鳥取藩の軍隊である鳥取藩兵の隊長に任命されました。鳥取藩兵は、幕末の動乱の中で、鳥取藩の領地である因幡国を守備する任務を担っていました。 1864年、範五郎は鳥取城を攻撃した長州藩の軍隊と戦いました。鳥取城の戦いでは、範五郎は鳥取藩兵を率いて長州藩の軍隊を撃退し、鳥取城を守り抜きました。この功績により、範五郎は鳥取藩の藩主である池田慶徳から褒美を授かりました。 1868年、戊辰戦争が勃発しました。戊辰戦争は、幕府と明治政府の間の戦争であり、範五郎は明治政府軍に参加しました。範五郎は、明治政府軍の隊長として鳥取藩兵を率いて戦いました。鳥取藩兵は、戊辰戦争の中で多くの戦いで勝利を収め、明治政府軍の勝利に貢献しました。 1869年、戊辰戦争が終結しました。戊辰戦争の終結後、範五郎は鳥取藩の藩主である池田慶徳から褒美を授かりました。範五郎は、その後も鳥取藩の武士として働き、1890年に亡くなりました。
歴史上の偉人

大久保忠顕→ 江戸時代中期-後期の相模小田原藩主

大久保忠顕の生涯 大久保忠顕は、江戸時代中期から後期にかけて相模小田原藩の第4代藩主を務めた人物です。1713年に江戸で生まれ、1735年に家督を継ぎました。 忠顕は、藩政改革に力を入れ、藩の財政再建に努めました。また、学問を奨励し、藩校「稽古館」を創設しました。さらに、小田原城の改修を行い、城の景観を整備しました。 忠顕は、1769年に隠居し、家督を嫡男の忠由に譲りました。その後も、藩政に影響力を持ち続け、1784年に死去しました。 忠顕の治世は、相模小田原藩にとって、平和で安定した時代でした。忠顕の藩政改革により、藩の財政は再建され、藩校の創設により、藩士の学問が奨励されました。また、小田原城の改修により、城の景観が整備され、小田原藩の威厳を高めました。 忠顕は、相模小田原藩の発展に貢献した、名君として知られています。
歴史上の偉人

稲葉正則 – 江戸時代前期の大名

- 稲葉正則の生涯 稲葉正則は、江戸時代前期の大名。武蔵国忍藩の初代藩主を務めた。幼名は虎之助。 1586年(天正14年)、稲葉貞通の次男として生まれる。母は安土桃山時代の大名、筒井定次の娘・筒井順子の姉妹。幼少の頃から徳川家康に仕え、1590年(天正18年)、小田原征伐に参加。1593年(文禄2年)、従五位下・左近衛少将に叙任され、丹波国桑田郡内に2万石を与えられた。1598年(慶長3年)、加藤清正らとともに朝鮮出兵に従軍。1599年(慶長4年)、伏見城の築城奉行を務める。1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いで東軍に属し、石田三成の居城、佐和山城の攻略に功を挙げた。 1601年(慶長6年)、徳川家康により武蔵国忍藩5万石の領主として封じられた。藩政においては、領内を5か所に分治して行政を強化し、検地を実施して課税制度を整備した。また、文教政策にも力を入れ、藩校である明倫堂を設立し、教育の振興を図った。 1613年(慶長18年)、家督を嫡男の正次(まさつぐ)に譲り、隠居する。その後、江戸で隠居生活を送った。 1623年(元和9年)、江戸で死去。享年38。法名は海岳院殿前播磨守宗正。墓所は東京都港区の増上寺。
歴史上の偉人

土井利意 – 江戸時代前期-中期の大名

-出身と家系- 土井利意は、1625年(寛永2年)駿河国沼津城で誕生しました。父は沼津藩主・土井利勝、母は徳川家康の養女・お亀の方です。土井利勝は、豊臣秀吉に仕え、関ヶ原の戦いでは徳川家康に味方して勝利を収めました。戦後は駿府藩主となり、1615年(元和元年)には大名に列せられました。 土井利意は、土井利勝の次男として生まれました。兄の土井利長は、1638年(寛永15年)に早世したため、土井利意が沼津藩の跡を継ぐことになりました。 土井利意の家系は、清和源氏の名門である土岐氏の一族であると伝えられています。土岐氏は、鎌倉時代から室町時代にかけて美濃国を支配した守護大名でした。戦国時代には、織田信長に敗れて衰退しましたが、土井利勝の代に大名に復帰しました。 土井利意は、徳川家康の養女を母に持つことから、徳川将軍家と親しい関係にありました。また、妻は、加賀藩主・前田利常の娘であったため、前田家とも縁戚関係を結んでいました。 土井利意は、1669年(寛文9年)に死去しました。享年45歳でした。跡を長男の土井利房が継ぎました。
歴史上の偉人

稲葉正倚-江戸時代前期-中期の武士,歌人

-生い立ちと和歌- 稲葉正倚は、1614年に尾張国の稲葉家で生まれた。幼少期から和歌に興味を持ち、13歳の頃にはすでに和歌を作り始めていたという。19歳のときには、京に出て、歌人として名を馳せていた連歌師の卜部良香に入門した。良香から和歌の指導を受け、和歌の才能をさらに磨いていった。 20歳の時、正倚は江戸に遊学し、有栖川宮熾仁親王の和歌会に出席する機会を得た。そこで、正倚の和歌は熾仁親王に賞賛され、以降、熾仁親王に重用されるようになった。正倚は、熾仁親王の和歌会に出席するだけでなく、和歌の指南役を務めるなど、和歌の世界で活躍するようになった。 正倚は、1642年に、熾仁親王の命によって、和歌集『万葉集』の注釈書である『萬葉集古義』を著した。『萬葉集古義』は、『万葉集』の注釈書としては、初めての書物であり、その後の和歌の世界に大きな影響を与えることとなった。正倚は、1650年に、48歳の若さで亡くなったが、その死後も、稲葉正倚の和歌は、高く評価され続けた。
歴史上の偉人

稲葉正員 – 江戸時代前期から中期の武将

-# 稲葉氏の概要 稲葉氏は、江戸時代初期に、美濃国安八郡加納(現在の岐阜県加納市)を領有した大名一族です。稲葉氏の本姓は藤原氏で、藤原正光の子孫であると言われています。正光は、鎌倉時代中期に、美濃国安八郡に移住して稲葉荘を領有し、稲葉氏を名乗ったとされています。 稲葉氏は、戦国時代には、美濃国の守護である土岐氏に仕えていました。土岐氏が没落すると、稲葉氏は織田信長に仕え、信長の家臣として活躍しました。信長の死後は、豊臣秀吉に仕え、秀吉の天下統一に貢献しました。 稲葉氏は、関ヶ原の戦いでは、東軍に属して戦功を挙げました。徳川家康から美濃国加納藩5万石を与えられ、大名となりました。稲葉氏は、加納藩主として、藩政を改革し、領民の生活を安定させました。 稲葉氏は、江戸時代を通して加納藩を治め続けました。明治維新後は、華族に列せられました。稲葉氏の家系は、現在も続いています。 -# 稲葉氏の歴代当主 * 稲葉正員(1567年-1645年) * 稲葉正通(1586年-1647年) * 稲葉正成(1613年-1675年) * 稲葉正益(1647年-1705年) * 稲葉正知(1694年-1741年) * 稲葉正明(1725年-1788年) * 稲葉正興(1758年-1834年) * 稲葉正邦(1787年-1849年) * 稲葉正誼(1821年-1872年) * 稲葉正勝(1843年-1904年) -# 稲葉氏の家臣 稲葉氏には、多くの家臣が仕えていました。稲葉氏の家臣の中には、戦国時代から稲葉氏に仕え、江戸時代まで仕え続けた家臣もいました。稲葉氏の家臣の中には、徳川家康に仕えて、幕府の重臣となった家臣もいました。 稲葉氏の家臣団は、稲葉氏の藩政を支える重要な役割を果たしました。稲葉氏の家臣団は、稲葉氏の領地を治め、領民の生活を守護しました。稲葉氏の家臣団は、稲葉氏の軍事力も担っていました。 稲葉氏の家臣団は、稲葉氏にとってなくてはならない存在でした。稲葉氏と稲葉氏の家臣団は、協力して稲葉氏の藩政を運営し、稲葉氏の領地を治めました。
歴史上の偉人

– 三雲種方→ 幕末の武士

-三雲種方の生涯- 三雲種方(1818-1868)は、江戸時代末期の武士。土佐藩士。通称、小太郎。諱は種方。字は季良。号は翠倒。 三雲久成の三男として生まれる。母は佐川急写娘。幼名は勇之助。1831年(天保2年)、14歳の時、藩主山内豊資に仕え、1835年(天保6年)、18歳の時、小姓組に入り、小姓頭を務めた。1841年(天保12年)、24歳の時、大目付に任命され、1843年(天保14年)、26歳の時、勘定奉行に任命された。 1853年(嘉永6年)、36歳の時、ペリーが浦賀に来航し、日本に開国を迫った。三雲種方は、開国に賛成し、1854年(安政元年)、37歳の時、日米和親条約の交渉に参加した。そして、1858年(安政5年)、41歳の時、日米修好通商条約の交渉に参加した。 1860年(万延元年)、43歳の時、京都守護職に任命され、京都の治安維持に努めた。しかし、1862年(文久2年)、45歳の時、薩摩藩と長州藩の連合軍が京都を攻撃し、三雲種方は敗北した。 1863年(文久3年)、46歳の時、三雲種方は、京都守護職を辞任し、土佐藩に戻った。そして、1864年(元治元年)、47歳の時、大老井伊直弼を暗殺した。 1865年(慶応元年)、48歳の時、三雲種方は、薩摩藩と長州藩の連合軍に加わり、幕府軍と戦った。そして、1868年(慶応4年)、51歳の時、戊辰戦争で戦死した。 三雲種方は、幕末の激動の時代に生きた武士であり、日本の近代化に貢献した人物である。
歴史上の偉人

稲葉正勝 – 江戸時代前期の卓越した大名

稲葉正勝の生涯と功績 稲葉正勝は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した大名です。尾張国に生まれ、織田信長に仕えていたが、後に豊臣秀吉に仕えるようになる。秀吉の死後は徳川家康に仕え、江戸幕府の初期を支えた。 正勝は、秀吉の朝鮮侵略では水軍を率いて戦い、多くの功績を挙げた。また、家康の関ヶ原の戦いや大坂の陣にも参陣し、勝利に貢献した。これらの功績により、正勝は徳川家康から江戸に2万5千石の所領を与えられた。 正勝は、江戸では老中として幕政に参画し、江戸幕府の基礎を固めるのに貢献した。また、正勝は、儒学や茶道を好み、多くの文化人を庇護した。正勝は、1624年に72歳で死去し、その子である稲葉正則が家督を継いだ。 正勝の功績は、江戸幕府の初期を支えたことや、江戸の文化の発展に貢献したことなどである。正勝は、江戸幕府の初期を支えた功臣であり、江戸の文化の発展に貢献した文化人でもあった。
歴史上の偉人

大久保忠興の人生と小田原藩主としての在任について

-大久保忠興の人生と小田原藩主としての在任- -大久保忠興の生い立ちと家系- 大久保忠興は、1542年に尾張国で生まれました。父は大久保忠員、母は小笠原春長と松平信忠の娘である与良姫です。忠興は、幼いころから織田信長の小姓として仕え、1560年の桶狭間の戦いで初陣を飾りました。その後、信長の部将として各地を転戦し、功績を挙げました。 1573年、信長が浅井・朝倉連合軍を破った姉川の戦いで、忠興は朝倉軍の将である朝倉景鏡を討ち取りました。この功績により、信長から近江国蒲生郡を与えられ、蒲生氏郷を名乗りました。 1582年、本能寺の変で信長が討たれると、忠興は明智光秀と戦い、光秀を破りました。その後、豊臣秀吉の配下となり、1585年の九州征伐や1590年の小田原征伐に参加しました。 1590年の小田原征伐の後、忠興は小田原藩5万石を拝領し、小田原藩主となりました。忠興は、小田原城を改修して本拠地とし、領内の統治に努めました。また、キリスト教を禁止し、諸大名にキリシタン追放令を出しました。 1600年の関ヶ原の戦いでは、忠興は徳川家康の東軍に属し、石田三成の西軍と戦いました。忠興は、関ヶ原の戦いで功績を挙げ、戦後、播磨国明石藩3万7千石に加増されました。 1610年、忠興は明石藩を隠居し、江戸藩邸で隠居生活を送りました。1613年に死去し、享年72でした。 忠興は、戦国時代から江戸時代にかけて活躍した武将であり、小田原藩主として領内の統治に努めました。また、キリスト教を禁止し、キリシタン追放令を出したことで知られています。
歴史上の偉人

高村久兵衛 – 江戸時代前期の農民

-高村久兵衛の生涯- 高村久兵衛(1615年 - 1690年)は、江戸時代前期の農民です。肥前国松浦郡小値賀郷(現在の長崎県小値賀町)に生まれ、小値賀島で過ごしました。 久兵衛は、16歳で父を亡くし、母と妹の3人で生活することになりました。久兵衛は、農業をしながら、家計を支えました。また、村の役人を務め、村の発展に貢献しました。 1643年、久兵衛は、小値賀島の沖合で遭難した朝鮮人の船を救助しました。このことがきっかけで、久兵衛は、小値賀島と朝鮮半島との交易を始めました。久兵衛は、小値賀島から陶磁器や海産物を朝鮮半島に輸出し、朝鮮半島から米や布を輸入しました。久兵衛の交易は、小値賀島の経済発展に貢献しました。 1661年、久兵衛は、小値賀島の沖合で遭難した中国人の船を救助しました。このことがきっかけで、久兵衛は、小値賀島と中国との交易を始めました。久兵衛は、小値賀島から陶磁器や海産物を中国に輸出し、中国から米や布を輸入しました。久兵衛の交易は、小値賀島の経済発展に貢献しました。 久兵衛は、1690年に亡くなりました。享年76歳でした。久兵衛は、小値賀島の発展に貢献した偉人として、現在でも地元の人々に尊敬されています。
歴史上の偉人

萩原村久右衛門 – 江戸時代中期の農民一揆指導者

荻原村久右衛門の生涯 荻原村久右衛門(おぎわらむらきゅうえもん、生没年不詳)は、江戸時代中期の農民一揆指導者です。 荻原村久右衛門の出身地は、現在の福島県須賀川市です。須賀川は、会津藩の飛び地のひとつで、年貢の取り立てが厳しい地域でした。久右衛門は、百姓でありながら、読み書きができ、算盤にも強かったと伝えられています。 久右衛門は、会津藩の年貢の取り立てに不満を持つ農民たちを糾合し、一揆を起こしました。一揆は、須賀川城を襲撃して藩の役人を追い出し、藩に年貢の減免を認めさせました。 しかし、一揆は長くは続きませんでした。会津藩は、藩兵を派遣して一揆を鎮圧し、久右衛門は捕らえられて処刑されました。 久右衛門の一揆は、農民の年貢負担の重さを物語る事件です。また、久右衛門は、農民の権利のために戦った英雄として、現在も語り継がれています。