小説家

文学分野の人

– 松家仁之

-松家仁之プロフィール- 松家仁之は、日本の実業家、社会起業家です。 1962年、東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、1986年東レ新素材株式会社に入社。同社では、新素材の研究開発・事業化に従事し、液晶ディスプレイ用高分子材料の開発や、医療用高分子材料の研究などを行いました。 1998年、東レ新素材株式会社を退社し、社会起業活動を開始。2000年、社会問題に取り組む企業を支援するNPO法人ETIC.を設立し、代表取締役に就任しました。ETIC.では、環境技術、福祉、教育など、様々な分野の社会起業家を支援する活動を行っています。 2006年、ETIC.を退任し、社会起業家支援に特化した投資会社、株式会社ソーシャルインベストメントパートナーズ(SIP)を設立し、代表取締役社長に就任しました。SIPでは、社会起業家への投資や、社会起業家向けの教育・研修プログラムの提供などを行っています。 2011年、東日本大震災が発生したことを機に、情報提供や支援活動を行うNPO法人ETIC.東北を設立し、代表取締役に就任しました。ETIC.東北では、被災地への支援活動や、被災地の復興を支援する社会起業家の育成などを行っています。 2017年、株式会社ソーシャルインベストメントパートナーズ(SIP)を退任し、社会起業家支援に特化した投資会社、株式会社インベストメントパートナー(IP)を設立し、代表取締役社長に就任しました。IPでは、社会起業家への投資や、社会起業家向けの教育・研修プログラムの提供などを行っています。 2023年、株式会社インベストメントパートナー(IP)を退任し、社会起業家支援に特化した投資会社、株式会社インベストメントパートナーズ(IP)を設立し、代表取締役社長に就任しました。IPでは、社会起業家への投資や、社会起業家向けの教育・研修プログラムの提供などを行っています。 松家仁之は、社会起業活動を通じて、社会問題の解決に取り組む社会起業家の支援を行っています。
文学分野の人

平成の小説家、千早茜

-波乱万丈な人生を送った千早茜- 平成の小説家、千早茜は、波乱万丈な人生を送った。 千早茜は、1960年、東京に生まれた。幼い頃から本を読むことが好きで、将来は小説家になりたいと夢見ていた。しかし、彼女の両親は、小説家になることに反対し、彼女を大学に進学させた。 大学卒業後、千早茜は、出版社に就職した。しかし、彼女は、出版社の仕事に馴染めず、すぐに退職した。その後、彼女は、フリーライターとして活動し始めた。 フリーライターとして活動する傍ら、千早茜は、小説を書き続けた。そして、1985年、彼女は、彼女のデビュー作となる小説「風の歌」を発表した。この小説は、大好評を博し、千早茜は、一躍、人気作家となった。 その後、千早茜は、次々と小説を発表し、多くの読者から愛された。しかし、彼女は、私生活では、波乱万丈な人生を送っていた。 千早茜は、1990年に、結婚した。しかし、彼女の夫は、ギャンブル好きで、借金を抱えていた。千早茜は、夫の借金を返すために、必死に働いたが、結局、離婚することになった。 離婚後、千早茜は、シングルマザーとして、二人の子供を育てた。彼女は、育児と執筆活動を両立させるために、苦労した。しかし、彼女は、決して諦めず、常に前向きに生きていた。 2000年、千早茜は、乳がんを患っていることが発覚した。彼女は、すぐに手術を受け、治療を開始した。しかし、彼女の癌は、すでに転移しており、彼女は、2005年に亡くなった。 千早茜は、享年45歳だった。彼女の死は、多くの読者にとって、大きな衝撃となった。しかし、彼女の作品は、今もなお、多くの人々に愛され続けている。
文学分野の人

十和田操:昭和時代の小説家

-十和田操の生涯- 十和田操は、1918年(大正7年)12月25日に青森県十和田市に生まれました。本名は鈴木菊次郎です。十和田湖のほとりで育ち、幼い頃から自然を愛し、豊かな感性を育みました。 1939年(昭和14年)に上京し、早稲田大学文学部仏文科に入学しました。在学中に小説を書き始め、1941年(昭和16年)に「文藝首都」に初入選を果たしました。 1942年(昭和17年)に早稲田大学を卒業し、応召され、戦地に赴きました。終戦後は、シベリアに抑留され、1947年(昭和22年)に帰国しました。 帰国後は、小説を書き続けていましたが、1950年(昭和25年)に「青猫」で芥川賞を受賞し、一躍注目を集めました。その後も、「灰色の季節」(1951年)、「ふるさと」(1953年)、「雪の宿」(1955年)など、多くの作品を発表し、昭和40年代には日本を代表する小説家の一人として活躍しました。 1967年(昭和42年)に、青森県十和田市に十和田操記念館が開設されました。十和田操に関する資料や作品が展示されており、十和田操の生涯や作品を学ぶことができます。 2000年(平成12年)12月23日に、青森県十和田市で死去しました。享年81歳でした。
文学分野の人

– 宮内寒弥

-宮内寒弥の生涯- 宮内寒弥は、1896年に三重県に生まれた小説家です。18歳で上京し、早稲田大学文学部英文科に入学。大学卒業後は、出版社に勤務する傍ら、小説を執筆し続けました。1929年に発表した小説「土」で直木賞を受賞。その後、多くの小説を発表し、社会派リアリズム作家の代表格となりました。 1945年、戦災で住居を焼失。焼け跡から疎開先である鎌倉に移り住み、戦後も数々の作品を残しました。1950年には、「放下歌」で、読売文学賞を受賞。1959年には、文化勲章を受章しました。 宮内寒弥は、1970年に鎌倉で亡くなりました。享年74。彼の作品は、社会的弱者へのまなざしと、リアルな描写で知られています。特に、戦前・戦中の庶民の生活を描いた作品は、多くの読者を獲得しました。 宮内寒弥は、戦前・戦中・戦後と、激動の時代を生き抜いた作家でした。彼の作品は、日本の社会や文化を理解するための貴重な資料となっています。 -主な作品- * 土(1929年) * 神々の微笑(1932年) * 市井の人々(1934年) * 放下歌(1950年) * 一粒の麦(1951年) * 桑の根(1952年) * 終着駅(1954年) * 蟹工船(1956年) * 岸壁(1957年) * 最後の帰省(1959年)
文学分野の人

– 「吐月」

-「吐月」- -飯島吐月の生涯と経歴- 飯島吐月は、1872年(明治5年)に東京府(現・東京都)に生まれ、1924年(大正13年)に亡くなった小説家、評論家、劇作家です。本名は飯島耕作で、吐月は号です。 吐月は、早稲田大学の前身である東京専門学校を卒業後、新聞記者として働きます。その後、評論家として活動を始め、1897年(明治30年)には坪内逍遥とともに文芸雑誌『早稲田文学』を創刊しました。 吐月は、小説家としても活躍し、1902年(明治35年)に発表した『青鞜』はベストセラーとなりました。また、劇作家としても活躍し、1909年(明治42年)に発表した『修禅寺物語』は、今でも上演され続けています。 吐月は、日本の近代文学を代表する作家の一人であり、その作品は現在でも多くの読者に愛されています。 以下は、飯島吐月の生涯と経歴を年表形式でまとめたものです。 -1872年(明治5年)- * 1月19日、東京府(現・東京都)に生まれる。 -1891年(明治24年)- * 東京専門学校(早稲田大学の前身)に入学。 -1894年(明治27年)- * 東京専門学校を卒業。 -1895年(明治28年)- * 新聞記者として働き始める。 -1897年(明治30年)- * 坪内逍遥とともに文芸雑誌『早稲田文学』を創刊。 -1902年(明治35年)- * 小説『青鞜』を発表。ベストセラーとなる。 -1909年(明治42年)- * 劇『修禅寺物語』を発表。 -1924年(大正13年)- * 1月14日、死去。52歳没。
文学分野の人

新聞記者として活躍した久松義典

-栃木師範校長から新聞記者へ- 久松義典は、1863年(文久3年)に栃木県下都賀郡壬生町に生まれました。栃木師範学校を卒業後、小学校の教師をしながら、新聞記者としても活動し、1901年(明治34年)に栃木師範学校校長に就任しました。 久松義典は、栃木師範学校校長在任中、新聞記者としての活動も続け、栃木日報、下野新聞などに寄稿していました。1905年(明治38年)には、栃木県教育会の機関誌である「栃木県教育界」を創刊し、編集長を務めました。 久松義典は、1909年(明治42年)に栃木師範学校校長を辞任し、新聞記者として本格的に活動を始めました。1910年(明治43年)には、東京朝日新聞に入社し、記者として活躍しました。1915年(大正4年)には、東京朝日新聞の上海特派員に任命され、中国で日本の侵略戦争の実態を報道しました。 久松義典は、1920年(大正9年)に東京朝日新聞を退社し、自由主義的な新聞である「時事新報」を創刊しました。時事新報は、日本政府の弾圧を受けながらも、日本の民主化運動を支える新聞として活躍しました。 久松義典は、1928年(昭和3年)に時事新報を廃刊し、新聞記者を引退しました。しかし、その後も、評論家として、日本の民主化運動に尽力し、1945年(昭和20年)に死去しました。 久松義典は、新聞記者として、日本の民主化運動に貢献した人物です。彼の功績は、今日の日本の民主主義の礎となっています。
文学分野の人

「湖中」(⇒岡野湖中(おかの-こちゅう))

- 岡野湖中の生涯 岡野湖中(1886-1945)は、日本の画家です。岡山県倉敷市に生まれ、本名は岡野栄蔵です。湖中の号は、彼の故郷である湖沼地帯に由来しています。 湖中は、幼い頃から絵を描くことに興味を持ち、14歳の時に上京して東京美術学校(現在の東京藝術大学)に入学しました。在学中は、黒田清輝や藤島武二などの著名な画家から指導を受け、1907年に卒業しました。 卒業後は、渡仏してパリの私立美術学校であるアカデミー・ジュリアンに入学しました。アカデミー・ジュリアンでは、アンリ・マティスやパブロ・ピカソなどの前衛的な画家と交流し、彼らの影響を受けました。 1912年に帰国した湖中は、東京で個展を開き、その斬新な画風が話題となりました。湖中は、その後も精力的に作品を発表し、1924年には帝国美術院展(現在の日本美術院展)の審査員に選出されました。 1937年には、日中戦争の従軍画家として中国に派遣されました。湖中は、戦場で多くのスケッチを描き、それをもとに戦争画を制作しました。これらの戦争画は、湖中の代表作として知られています。 1945年、湖中は空襲によって被爆し、その数日後に亡くなりました。湖中の死は、日本美術界に大きな衝撃を与えました。 湖中は、日本の近代洋画を代表する画家のひとりです。彼の作品は、斬新な構図や色彩、そして戦争に対する鋭い視線で知られています。湖中の作品は、現在も多くの美術館に収蔵されており、多くの人々に愛されています。
文学分野の人

作家の田中光二はどのような人物だったのか?小説家としての足跡

-田中光二の生い立ちと入社- 田中光二は、1901年(明治34年)10月27日、石川県小松市で生まれた。父は小学校の教師、母は農家の娘であった。田中は、幼い頃から本を読むことが好きで、小学校を卒業後は、小松商業学校に進学した。しかし、商業学校を中退し、石川県庁に就職した。 石川県庁に勤務しながら、田中は小説を書き始めた。1923年(大正12年)には、処女作「雪国」を発表した。「雪国」は、石川県を舞台にした小説で、田中独自の文体で描かれた。この作品は、文壇で注目を集め、田中は作家としての道を歩み始めた。 1925年(大正14年)、田中は石川県庁を退職し、上京した。上京後は、文芸誌「新潮」の記者となった。記者として働きながら、田中は小説を書き続けた。1927年(昭和2年)には、第二作「田園」を発表した。「田園」は、石川県の農村を舞台にした小説で、田中の代表作の一つとなっている。 1931年(昭和6年)、田中は「新潮」を退職し、専業作家となった。専業作家となってからは、小説以外にも、評論や随筆などを執筆した。1935年(昭和10年)には、芥川賞を受賞した。芥川賞受賞後は、田中はますます作家として活躍し、多くの作品を発表した。
歴史上の人物

遠藤清子:先駆的なフェミニストと作家

明治・大正時代の婦人運動と遠藤清子の役割 明治・大正時代は、日本の近代化が急速に進む時期であり、女性を取り巻く社会環境も大きな変化を遂げました。それまで女性は家庭内に留まることが当たり前とされていましたが、この時代には、女子教育の普及や女性の労働参加の増加などにより、女性が社会進出する機会が増加していきました。 こうした社会の変化に伴い、女性の権利を主張する婦人運動も盛んになっていきました。婦人運動の中心人物の一人として活躍したのが、遠藤清子です。 遠藤清子は、1885年(明治18年)に長野県松本市に生まれました。1905年(明治38年)に東京女子高等師範学校を卒業し、教員として働きます。しかし、遠藤は当時の社会に蔓延していた女性に対する差別や不平等に疑問を持ち、1911年(明治44年)に雑誌「青鞜」を創刊しました。 「青鞜」は、女性の権利を主張し、女性の自立と解放を訴える雑誌でした。遠藤は、「青鞜」を通じて、男女平等の実現や女性の参政権の獲得を目指して活動しました。遠藤の活動は、当時の社会に大きな影響を与え、女性の権利意識の高まりに貢献しました。 また、遠藤は作家としても活躍し、小説や評論を発表しました。遠藤の作品は、当時の女性の生き方や社会問題を鋭く描いたものとして、高く評価されています。 遠藤清子は、明治・大正時代の婦人運動のリーダーの一人として、女性の権利の向上と女性の社会進出に大きく貢献しました。遠藤の活動は、今日の日本の男女平等の社会の基礎を築いたといっても過言ではありません。
文学分野の人

人名辞典 – 瓜生卓造

-早稲田大学スキー部と耐久レース- 瓜生卓造氏は、早稲田大学スキー部在籍中に、耐久レースで活躍しました。耐久レースとは、長距離を滑走する競技であり、体力と精神力が試されます。瓜生氏は、その優れた持久力と粘り強さで、数々の耐久レースで優勝を果たしました。 1930年、瓜生氏は、第1回全日本学生スキー選手権大会の耐久レースに出場しました。この大会は、北海道札幌市で開催され、全国から多くの学生が出場しました。瓜生氏は、レース序盤から先頭集団に加わり、終盤までトップ争いを繰り広げました。そして、最後の登りでライバルを振り切り、見事優勝を果たしました。 1931年、瓜生氏は、第2回全日本学生スキー選手権大会の耐久レースに出場しました。この大会は、長野県軽井沢町で開催され、瓜生氏は前年の覇者として注目を集めていました。瓜生氏は、レース序盤から快調に滑り、中盤以降もトップをキープしました。そして、終盤の登りでもライバルを寄せ付けず、2連覇を達成しました。 瓜生氏の活躍により、早稲田大学スキー部は全国屈指の強豪チームとなりました。また、瓜生氏は、日本のスキー界を代表する選手として、国民的人気を集めました。 瓜生氏は、1932年に早稲田大学を卒業した後も、スキー選手として活躍を続けました。1936年、瓜生氏は、第4回冬季オリンピック大会に出場しました。この大会は、ドイツのガルミッシュ=パルテンキルヘンで開催され、瓜生氏はクロスカントリー競技に出場しました。瓜生氏は、個人18kmで17位、50kmで21位という成績を残しました。 瓜生氏は、引退後もスキー界の発展に貢献しました。1951年、瓜生氏は、日本スキー連盟の会長に就任しました。瓜生氏は、会長在任中に、日本のスキー界の近代化を推進しました。また、瓜生氏は、1964年東京オリンピックの冬季競技大会の招致に尽力しました。瓜生氏の努力により、1964年東京オリンピックの冬季競技大会は、長野県で開催されました。 瓜生卓造氏は、日本のスキー界の発展に貢献した偉大な功労者です。瓜生氏の功績は、いつまでも語り継がれることでしょう。
文学分野の人

森敦 – 20世紀の文学の巨匠

-森敦の放浪と旅の文学- 森敦は、20世紀の最も重要な作家の1人であり、彼の作品は世界中の読者から愛されている。森敦の小説は、しばしば彼の旅や放浪の経験を反映しており、これらの作品は読者に新しい世界や文化を紹介する。 森敦は、1867年に日本に生まれた。彼は幼い頃から旅を愛し、10代の時に初めてヨーロッパを訪れた。その後、森敦はアメリカ、アフリカ、アジアなど、世界中を旅した。彼の旅の経験は、彼の小説に大きな影響を与えた。 森敦の小説には、しばしば旅人や放浪者が主人公として登場する。これらの主人公は、新しい世界を探求し、新しい経験を求めて旅に出る。彼らは、旅の中で様々な人と出会い、様々な文化に触れる。そして、旅を通して自分自身を見つめ直し、成長していく。 森敦の旅行文学は、その美しい文体と鋭い洞察力によって高く評価されている。彼の作品は、読者に新しい世界や文化を紹介し、人生について考えさせる。 森敦の代表的な旅行文学には、以下のようなものがある。 * 『草枕』(1906年) * 『それから』(1909年) * 『こころ』(1914年) * 『道草』(1915年) * 『三四郎』(1917年) これらの作品は、森敦の旅の経験を反映しており、読者に新しい世界や文化を紹介する。また、これらの作品は、主人公の成長や恋愛など、人間の人生について考えさせる。
文学分野の人

渡辺喜恵子:波乱の生涯を歩んだ作家

- 昭和-平成時代の小説家 渡辺喜恵子波乱の生涯を歩んだ作家 渡辺喜恵子は、1925年(大正14年)に東京に生まれた小説家です。幼少期から文学に親しみ、1947年(昭和22年)に「深淵」で作家デビューを果たしました。その後、1950年(昭和25年)に発表した「痴人の愛」が大ベストセラーとなり、一躍脚光を浴びるようになりました。 「痴人の愛」は、老年の男性と若い女性の恋愛を描いた小説で、その大胆な内容が話題となりました。また、1953年(昭和28年)に発表した「女の勲章」も同様に大ヒットし、渡辺喜恵子は一躍人気作家となりました。 渡辺喜恵子は、情熱的で官能的な作風が特徴で、多くの読者から支持を集めました。しかし、その一方で、その作品が風紀を乱すと批判されることも多く、何度か発禁処分を受けたこともあります。 渡辺喜恵子は、プライベートでも波乱万丈な人生を送りました。結婚と離婚を繰り返し、3度目の結婚をした後に夫を亡くしています。また、晩年は病に倒れ、1992年(平成4年)に66歳で亡くなりました。 渡辺喜恵子は、その波乱の生涯と情熱的な作風で、多くの読者の心を掴んだ作家です。その作品は、現在でも多くの人々に読み継がれています。
文学分野の人

中戸川吉二:文学者の人生と作品

中戸川吉二の生涯 1893年(明治26年)3月16日、中戸川吉二は兵庫県武庫郡御影町(現在の神戸市東灘区)に生まれる。父親は会社員、母親は専業主婦であった。吉二は幼い頃から本を読むことが好きで、中学時代には文学部に在籍し、小説や詩を書き始める。 1912年(大正元年)、吉二は第一高等学校に入学する。高等学校時代には、漱石、芥川龍之介、谷崎潤一郎などの作品を読み耽り、文学への情熱を深めていく。また、この頃より吉二は結核を患い、闘病生活を送ることとなる。 1916年(大正5年)、吉二は東京帝国大学文学部国文科に入学する。大学時代には、小説や詩を書き続け、文壇の注目を集めるようになる。また、この頃より吉二は、プロレタリア文学運動に参加し、社会主義思想に傾倒していく。 1919年(大正8年)、吉二は大学を卒業し、上京する。上京後は、文筆活動に専念し、小説や詩を発表していく。また、この頃より吉二は、日本共産党に入党し、革命運動に参加するようになる。 1923年(大正12年)、吉二は治安維持法違反で逮捕され、獄中生活を送ることとなる。獄中生活の間、吉二は小説や詩を書き続け、その作品には、社会主義思想と革命への情熱が色濃く反映されている。 1927年(昭和2年)、吉二は出獄し、文筆活動に復帰する。しかし、1933年(昭和8年)に再び治安維持法違反で逮捕され、獄中生活を送ることとなる。この獄中生活の間、吉二は小説や詩を書き続け、その作品には、社会主義思想と革命への情熱が色濃く反映されている。 1937年(昭和12年)、吉二は出獄し、文筆活動に復帰する。しかし、1942年(昭和17年)に再び治安維持法違反で逮捕され、獄中生活を送ることとなる。この獄中生活の間、吉二は結核を患い、1943年(昭和18年)に病死する。享年50歳。 吉二は、生涯を通じて結核と闘いながら、文学活動と革命運動に身を捧げた。その作品には、社会主義思想と革命への情熱が色濃く反映されており、戦前・戦後の日本の文学に大きな影響を与えた。
文学分野の人

「つか こうへい」:型破りな才能を持つ劇作家、演出家、小説家

- 「つか こうへい」型破りな才能を持つ劇作家、演出家、小説家 -# 新劇に新風を吹き込んだ型破りな才能 「つかこうへい」は、型破りな才能を持つ劇作家、演出家、小説家です。1948年大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇専修卒業。1971年、第一回岸田戯曲賞を受賞した「熱海殺人事件」でデビュー。続く「飛龍伝」「蒲田行進曲」などの作品で、新劇界に新風を吹き込みます。1980年代には、小説「ヒートアンドダスト」「夢千代日記」を発表して、作家としても活躍しました。1989年に、劇団「つかこうへい事務所」を設立。1996年には、文化庁芸術祭大賞を受賞しました。2010年に61歳で逝去。 つかこうへいの作品は、社会の矛盾や人間の弱さを鋭い視点で描いたものが多いです。「熱海殺人事件」は、日常の生活の中で起こる殺人事件を題材に、人間の心の闇を描き出しています。「飛龍伝」は、戦国時代の武将・上杉謙信の生涯を描いた作品で、権力や欲望に翻弄される人間の姿を描いています。「蒲田行進曲」は、昭和30年代の東京を舞台に、小さな町のヤクザの生き様を描いた作品で、人間の友情や愛情を描き出しています。 つかこうへいの作品は、その斬新な手法と大胆な演出で知られています。彼は、伝統的な新劇のスタイルにとらわれず、自由に発想して作品を創作しました。彼の作品は、多くの若者たちの共感を集め、演劇界に大きな影響を与えました。 つかこうへいは、日本演劇界の革新者として、今も多くの人たちに愛されています。彼の作品は、これからも多くの人たちに感動と勇気を与え続けるでしょう。
文学分野の人

「石川桂郎」:生きている一人の人間として

- 「石川桂郎」生きている一人の人間として - 理髪業から文筆の世界へ 石川桂郎は、1930年に広島県呉市で理髪業を営む両親のもとに生まれました。幼い頃から本を読むことが好きで、小学校卒業後も働きながら勉強を続けました。1950年に20歳の時に理髪店を開業し、理髪業のかたわら執筆活動をスタートさせました。 1954年に、処女作「黒い花びら」が文藝春秋に掲載され、作家デビューを果たしました。その後、「夕笛の音」「狂い咲き」「残火」「望郷」「いのちの停車駅」など、数々の作品を発表し、人気作家となりました。 石川桂郎の作品は、主に庶民の生活や人間模様を描いたもので、その温かく人間味溢れる作風で多くの読者を魅了しました。また、戦争体験を題材にした作品も多く、戦争の悲惨さと平和の大切さを訴え続けました。 石川桂郎は、1995年に65歳で亡くなりましたが、その作品は今もなお多くの人々に読み継がれています。 石川桂郎は、理髪業から文筆の世界へと転身し、数々の名作を生み出した作家です。その作品は、庶民の生活や人間模様を温かく描いたもので、多くの読者を魅了しました。また、戦争体験を題材にした作品も多く、戦争の悲惨さと平和の大切さを訴え続けました。石川桂郎は、今もなお多くの人々に読み継がれる作家です。
文学分野の人

・「岩崎馬之助」-岩崎秋溟(いわさき-しゅうめい)について

-岩崎秋溟の生涯- 岩崎秋溟(1877年11月20日 - 1944年12月25日)は、日本の明治、大正、昭和期の画家、美術史家。本名は馬之助。 秋溟は、1877年11月20日、愛知県名古屋市に生まれた。17歳の時に上京し、川端玉章に師事した。1900年、東京美術学校日本画科を卒業。1909年、文部省美術展覧会で二等賞を受賞。1911年、ヨーロッパに留学。1913年に帰国し、東京美術学校教授に就任。1917年、帝展で特選を受賞。1920年、帝国美術院会員に選出された。 秋溟は、1924年に東京美術学校を退職し、私立美術学校「秋溟画塾」を創設した。秋溟画塾は、多くの画家を輩出し、日本の近代美術の発展に大きな役割を果たした。 秋溟は、1944年12月25日に死去した。享年67。 秋溟は、日本の近代美術を代表する画家のひとりである。秋溟の作品は、写実的で細密な描写、そして美しい色彩が特徴である。秋溟は、特に花鳥画を得意とし、その作品は国内外で高く評価されている。 秋溟は、画家としてだけでなく、美術史家としても活躍した。秋溟は、1922年に「日本の美術」を出版し、日本の美術史を体系的にまとめた。この本は、日本の美術史研究に大きな影響を与えた。 秋溟は、日本の近代美術の発展に大きな役割を果たした画家、美術史家である。秋溟の作品と業績は、今日でも高く評価されている。
文学分野の人

坪田譲治

坪田譲治の生涯 坪田譲治は、1866年1月4日に現在の茨城県日立市で生まれました。父は坪田忠直、母はキセです。譲治は、4人兄弟の末っ子でした。 譲治は幼い頃から読書が大好きで、学校に通いながら図書館で多くの本を読みました。1882年に東京大学予備門に入学し、1886年に東京帝国大学法科大学に入学しました。 大学卒業後、譲治は裁判所や内務省で働き、1895年に検事となりました。しかし、譲治は検事としての仕事が性に合わず、1898年に退職しました。 退職後、譲治は小説家として活動を始めます。1901年に『呼子と口笛』で直木三十五賞を受賞し、一躍人気作家となりました。その後、譲治は『草枕』『春琴抄』『武蔵野』など多くの名作を執筆しました。 坪田譲治は、1923年3月11日に57歳で亡くなりました。死因は脳溢血でした。 坪田譲治は、日本の近代文学史において重要な作家の一人です。彼の作品は、多くの読者から愛され続けています。
文学分野の人

三神真彦 – 映像作家、小説家、そして多才な芸術家

三神真彦は、映像と文学を融合させた革新的な作品で知られる、日本の映像作家、小説家、そして多才な芸術家です。彼の作品は、常に批評家や聴衆から高く評価されており、多くの賞を受賞しています。 三神真彦は、1960年に東京に生まれました。彼は幼い頃から芸術に興味を持ち、絵画や音楽を学んでいました。1980年代初頭には、映画制作を開始し、数多くの短編映画やドキュメンタリーを制作しました。これらの作品は、国内外の映画祭で上映され、高い評価を受けました。 1990年代になると、三神真彦は小説の執筆を開始しました。彼の小説は、独特の文体とストーリー展開で注目を集め、多くの読者から支持されました。2000年には、彼の代表作である「夜の果てまで」が映画化され、大ヒットしました。 三神真彦の作品は、常に新しい領域に挑戦しており、常に観客に新しい視点を提供しています。彼は、映像と文学の融合を図ることで、独自の芸術表現のスタイルを作り上げました。今後も彼の作品から目が離せません。 三神真彦の作品は、世界中の美術館やギャラリーで展示されています。また、彼の作品は、多くの書籍や雑誌に掲載されています。彼は、世界で最も著名な芸術家の1人とされており、これからも彼の作品は多くの人々に愛され続けるでしょう。
文学分野の人

― なだ・いなだ(1929-2013)

-昭和後期の小説家、精神科医- なだ・いなだは、昭和後期の小説家、精神科医です。1929年、東京で生まれました。東京大学医学部を卒業後、精神科医として働きました。1960年に『他人の顔』で芥川賞を受賞し、作家としてデビューしました。 なだ・いなだの作品は、主に精神科医としての経験を基にしています。彼の作品は、精神障害者の内面をリアルに描いたもので、高い評価を得ています。また、なだ・いなだは、社会問題を題材にした作品も多く執筆しています。彼の作品は、社会に鋭いメスを入れ、読者に深い感銘を与えています。 なだ・いなだは、2013年に84歳で亡くなりました。しかし、彼の作品は今もなお読み継がれています。彼の作品は、昭和後期の文学史を代表する作品として高く評価されています。 -なだ・いなだの主な作品- * 他人の顔(1960年) * 冬の飼育(1963年) * 金環食(1965年) * 挽歌(1968年) * 憑依(1970年) * 悪魔のいる文学(1972年) * 精神科医のいる文学(1974年) * 精神分裂病(1976年) * 希望の持てる精神医学(1978年) * 精神科医が見た日本(1980年) * 精神科医の見た世界(1982年) * 精神科医の見たアメリカ(1984年) * 精神科医の見たソ連(1986年) * 精神科医の見た中国(1988年) * 精神科医の見た韓国(1990年) * 精神科医の見た台湾(1992年) * 精神科医の見た香港(1994年) * 精神科医の見たマカオ(1996年) * 精神科医の見たシンガポール(1998年) * 精神科医の見たマレーシア(2000年) * 精神科医の見たインドネシア(2002年) * 精神科医の見たタイ(2004年) * 精神科医の見たベトナム(2006年) * 精神科医の見たラオス(2008年) * 精神科医の見たカンボジア(2010年) * 精神科医の見たミャンマー(2012年)
文学分野の人

「野呂邦暢」の生涯と作品

-野呂邦暢の生い立ちと経歴- 野呂邦暢は、1909年(明治42年)10月25日、福岡県小倉市(現在の北九州市小倉北区)に生まれた。父は陸軍少将の野呂邦太郎、母はチエ。邦暢は長男で、弟が1人、妹が2人いた。 邦暢は幼少期から文学に興味を持ち、短歌や俳句を詠んでいた。1922年(大正11年)、福岡県立小倉中学校に入学。中学時代は文芸部に所属し、同人誌の発行にも携わっていた。 1928年(昭和3年)、東京帝国大学文学部国文学科に入学。在学中は、夏目漱石や芥川龍之介、谷崎潤一郎などの文学作品を読みふけり、文学の道を志すようになった。 1932年(昭和7年)、大学卒業後、教師として福岡県立小倉中学校に赴任。しかし、文学への情熱は冷めず、翌1933年(昭和8年)には、短編小説「鳥」が『新潮』に掲載され、文壇デビューを果たした。 1934年(昭和9年)、小倉中学校を退職し、上京。本格的に作家活動に専念するようになる。1935年(昭和10年)には、短編小説「楢山節考」が『新潮』に掲載され、大反響を呼んだ。この作品は後に映画化され、日本映画の最高傑作のひとつとされている。 1936年(昭和11年)、処女短編集『楢山節考』を刊行。翌1937年(昭和12年)には、短編小説「山羊の歌」を発表し、読者から高い評価を得た。 1938年(昭和13年)、応召され、中国戦線に出征。1940年(昭和15年)に復員し、作家活動に復帰した。 1946年(昭和21年)、長編小説『日蔭の村』を刊行。この作品は、戦後の日本の貧困と混乱をリアルに描いたもので、大きな話題となった。 1947年(昭和22年)、第2次世界大戦中の中国戦線での体験をもとに、長編小説『喪われた祖国』を刊行。この作品は、アジアの貧困と戦争の悲惨さを描いたもので、日本ペンクラブ賞を受賞した。 1948年(昭和23年)、短編小説「刀」を発表。この作品は、武士道精神と戦争の問題を扱ったもので、大きな反響を呼んだ。 1951年(昭和26年)、短編小説「母子像」を発表。この作品は、戦争で夫を亡くした女性と、その息子との心の触れ合いを描いたもので、読者から高い評価を得た。 1960年(昭和35年)、長編小説『黄土の民』を刊行。この作品は、中国農民の貧困と苦難を描いたもので、大反響を呼んだ。 1961年(昭和36年)、文化勲章を受章。翌1962年(昭和37年)、日本芸術院会員に選出された。 1976年(昭和51年)11月27日、食道がんのため、東京都杉並区の自宅で死去。享年67。
文学分野の人

米沢順子 – 大正-昭和時代前期の詩人

-米沢順子の作風と代表作- 米沢順子は、大正-昭和時代前期に活躍した詩人です。短詩や長詩、童謡など幅広く詩作を行い、その作品は繊細な抒情性と鋭い社会意識に特徴づけられます。 米沢順子の作風は、初期には浪漫主義的な傾向が強く、自然美や愛をテーマにした詩が多かったのですが、その後、次第に社会問題や平和をテーマにした詩が多くなっていきます。米沢は女性として、社会の不平等や戦争に対して強い憤りと悲しみを感じており、その思いは彼女の詩に強く反映されています。 米沢順子の代表作には、「小鳥のうた」「海辺にて」「母子草」「はたらく人々」「平和への祈り」などがあります。これらの作品は、いずれも美しい言葉で綴られており、米沢の深い感受性と高い詩的才能を感じることができます。 1941年には詩集『風紋』を刊行し、その翌年、43歳で亡くなります。しかし、彼女の作品はその後も多くの読者に愛され続けており、日本を代表する詩人の一人として高く評価されています。 -代表作- * 小鳥のうた * 海辺にて * 母子草 * はたらく人々 * 平和への祈り
文学分野の人

– 坂口五峰(さかぐち-ごほう)

坂口五峰の功績 坂口五峰は、江戸時代後期の儒学者であり、教育者です。幼い頃から神童と呼ばれ、10歳で『四書』を習得しました。その後、京都に出て、儒学者・頼山陽の門下生となります。頼山陽の死後、大阪に私塾「梅花塾」を開き、多くの弟子を育てました。 坂口五峰の功績は、第一に、儒学の普及に努めたことです。儒学は、中国の古代思想家・孔子の教えを基にした思想体系で、江戸時代には武士の教養として重んじられていました。坂口五峰は、梅花塾で儒学を教え、多くの弟子を育てて、儒学の普及に努めました。 坂口五峰の功績の第二は、教育改革に尽力したことです。坂口五峰は、従来の詰め込み式の教育方法を批判し、生徒の自主性を重んじる教育方法を提唱しました。また、庶民教育の普及にも力を入れ、学校を設立して、庶民に教育の機会を提供しました。 坂口五峰の功績の第三は、日本の近代化に貢献したことだと言われています。坂口五峰は、西洋の文化や思想に精通しており、日本の近代化の必要性を痛感していました。坂口五峰は、梅花塾で西洋の文化や思想を教え、弟子たちに日本の近代化を担う人材を育成しました。 坂口五峰は、儒学の普及、教育改革、日本の近代化において、大きな功績を残した人物です。その功績は、今日でも高く評価されています。
文学分野の人

松下竜一-豆腐屋から反公害運動家まで

豆腐屋から始まった人生 松下竜一は1923年、大阪府八尾市で豆腐屋の長男として生まれた。父親は豆腐屋を営む傍ら、農業も営んでおり、母親は主婦をしていた。松下竜一は、幼い頃から父親を手伝って豆腐作りや農業をしていた。 ある日、松下竜一が小学校6年生の時、父親が肺結核を患い、亡くなってしまった。母親は、夫の死後も豆腐屋と農業を一人で切り盛りして、松下竜一と弟妹3人を育て上げた。 松下竜一は、中学卒業後、地元の八尾工業高校に進学した。高校卒業後は、金属加工の会社に就職した。しかし、松下竜一は、豆腐屋と農業を継ぐことを志しており、2年後に会社を辞めて、実家に戻った。 松下竜一は、実家に戻ってから、農業と豆腐作りに励んだ。しかし、松下竜一の豆腐屋は、町工場やゴミ焼却場の煙害で、豆腐に悪臭がつくようになっていた。豆腐を売っても、売れ残るようになった。 松下竜一は、豆腐屋が廃業の危機に瀕していることに危機感を持ち、公害問題に取り組むことを決意した。松下竜一は、1964年に八尾市公害対策協議会を設立し、会長に就任した。 松下竜一は、公害対策協議会を立ち上げてから、精力的に公害問題に取り組んだ。松下竜一は、公害の原因となっている工場やゴミ焼却場の操業停止を求めて、陳情活動やデモ活動を行った。 松下竜一の公害問題への取り組みは、やがてマスコミの注目を集めるようになり、松下竜一は全国的に知られるようになった。松下竜一は、1970年に公害対策基本法の制定に尽力し、1971年には環境庁が発足した。 松下竜一は、公害対策に尽力した功績が認められ、1972年に藍綬褒章を受章した。松下竜一は、その後も公害問題に取り組み続け、1990年に亡くなった。
文学分野の人

人生と作品:小説家白石一郎

-朝鮮半島で誕生し、九州の海を愛した作家- 白石一郎は、1909年1月25日に朝鮮半島の慶尚北道大邱府(現在の韓国・大邱広域市)で生まれた。父は日本の官吏であり、幼少期は朝鮮半島で育った。 1920年に家族とともに日本に帰国し、福岡県に定住する。福岡県立中学修猷館、旧制福岡高等学校を経て、1931年に東京帝国大学に入学する。 大学卒業後は、日本郵船に入社し、船舶の事務員として勤務する。1938年に退職し、作家活動を始める。 1940年に発表した小説「海辺の町」で、芥川賞を受賞する。この作品は、朝鮮半島から日本に渡ってきた人々の生活を描いたもので、白石一郎の朝鮮での経験が反映されている。 1942年に応召し、太平洋戦争に出征する。1945年に復員し、執筆活動を再開する。 戦後は、九州を舞台にした小説を多く執筆する。1956年に発表した小説「筑紫平野」は、福岡県を舞台にした長編小説で、九州の自然や人々の生活を描いたものだ。 1961年に発表した小説「四つの海峡」は、日本と朝鮮半島を結ぶ四つの海峡を舞台にした連作短編小説であり、白石一郎の代表作のひとつとなっている。 白石一郎は、1965年に56歳で亡くなった。 白石一郎は、朝鮮半島で生まれ、九州で育った作家である。自分のルーツである朝鮮半島や、幼少期を過ごした九州の海を愛し、その愛を小説に表現した作家であった。