山口県

研究者

明月

- 明月とはどんな人物か 明月とは、中国の唐代に活躍した女流詩人で、代表作に『明月集』がある。李白、杜甫に並ぶ唐代三大詩人の一人に数えられる。彼女は、その美しさや知性で知られ、多くの男性から求愛されたが、生涯独身を貫いた。 明月が生まれたのは、唐の玄宗皇帝の統治下である。玄宗皇帝は、唐朝の最盛期を築いた名君として知られており、その治世は「開元の治」と呼ばれた。明月が生まれた頃、唐朝は経済的にも文化的にも繁栄しており、彼女は恵まれた環境で育った。 明月が詩を書き始めたのは、10代の頃である。彼女の詩は、その清新さと繊細さで評判となり、瞬く間に詩壇の寵児となった。明月が最も得意としたのは、自然を詠んだ詩である。彼女の詩には、山水の美しさが生き生きと描かれており、読者に深い感動を与える。 明月の詩は、その美しさだけでなく、その知性でも知られている。彼女の詩には、政治や社会問題に対する鋭い洞察力が込められており、多くの読者に共感された。明月が生涯独身を貫いたのは、彼女の強い意志と独立心の表れである。彼女は、男性に頼らずに、自分の力で生きていくことを決意したのだ。 明月が亡くなったのは、61歳のときである。彼女は、その生涯を詩作に捧げ、中国の詩壇に大きな足跡を残した。彼女の詩は、今もなお多くの人に愛されており、その名声は不朽のものとなっている。
その他のカテゴリー

「前田辰雄」

- 「前田辰雄」 -# 明治-大正時代の畜産技術者「前田辰雄」 前田辰雄は、明治-大正時代に活躍した畜産技術者です。1862年(文久2年)に京都府で生まれ、1885年(明治18年)に東京農林学校(現在の東京大学農学部)を卒業しました。卒業後は、北海道庁に勤務し、畜産振興に尽力しました。 前田辰雄は、北海道の畜産振興に大きく貢献しました。1890年(明治23年)には、北海道庁畜産試験場(現在の北海道立総合研究機構農業研究本部畜産試験場)を創設し、畜産の研究と普及に尽力しました。また、1900年(明治33年)には、北海道畜産組合を設立し、畜産農家の組織化を推進しました。 前田辰雄は、畜産技術の向上にも貢献しました。1894年(明治27年)には、アメリカ合衆国に留学し、畜産技術を学びました。帰国後は、北海道庁畜産試験場で、畜産の研究と普及に尽力しました。また、1907年(明治40年)には、北海道畜産組合を設立し、畜産農家の組織化を推進しました。 前田辰雄は、畜産振興と畜産技術の向上に尽力した功績が認められ、1918年(大正7年)には、農学博士の学位を授与されました。また、1923年(大正12年)には、帝国農会会長に就任しました。 前田辰雄は、1930年(昭和5年)に死去しました。しかし、彼の畜産振興と畜産技術の向上への貢献は、今日でも高く評価されています。
研究者

篠原昌治 – 明治・大正・昭和の偉人たち

-篠原昌治 - 明治・大正・昭和の偉人たち- -官僚であり医師であった、篠原昌治の生涯- 篠原昌治は、1862年(文久2年)に、鹿児島県に生まれました。1885年(明治18年)に、東京帝国大学医学部を卒業し、医師となりました。その後、内務省に入省し、衛生局長として、伝染病の予防や、医療制度の整備など、日本の公衆衛生の向上に尽力しました。また、1918年(大正7年)に、日本赤十字社の社長に就任し、赤十字事業の発展に貢献しました。 篠原昌治は、1930年(昭和5年)に、東京で亡くなりました。 -篠原昌治の功績- 篠原昌治は、日本の公衆衛生の向上に大きく貢献しました。彼の功績は、以下のようにまとめることができます。 * 伝染病の予防のための、予防接種や、検疫制度の整備 * 医療制度の整備 * 赤十字事業の発展 篠原昌治は、日本の近代化に大きく貢献した偉人の一人です。 -篠原昌治の生涯をたどる- 篠原昌治は、1862年(文久2年)に、鹿児島県に生まれました。1885年(明治18年)に、東京帝国大学医学部を卒業し、医師となりました。その後、内務省に入省し、衛生局長として、伝染病の予防や、医療制度の整備など、日本の公衆衛生の向上に尽力しました。 1918年(大正7年)には、日本赤十字社の社長に就任し、赤十字事業の発展に貢献しました。篠原昌治は、1930年(昭和5年)に、東京で亡くなりました。 篠原昌治の生涯は、日本の近代化とともに歩んだ生涯でした。彼は、日本の公衆衛生の向上に大きく貢献し、日本の近代化に大きく貢献した偉人の一人です。
政治家・活動家

児玉右二 – 明治-昭和時代前期の新聞経営者,政治家

児玉右二の新聞経営者としての功績 ・早稲田大学創設に協力 児玉右二は、1878年(明治11年)に早稲田大学の前身である「東京専門学校」の創設に協力しました。彼は、学校設立のための資金調達を手伝ったり、講師陣の確保に尽力したりしました。早稲田大学は、その後、日本の私立大学を代表する大学の一つに成長しました。 ・読売新聞社の買収と経営再建 児玉右二は、1891年(明治24年)に読売新聞社を買収しました。当時、読売新聞社は経営難に陥っており、廃刊寸前の状態でした。児玉右二は、新聞社の経営を再建し、読売新聞を日本を代表する新聞の一つに育て上げました。 ・読売新聞の発行回数の増加 児玉右二は、読売新聞の発行回数を増やすことに努めました。1893年(明治26年)には、日刊新聞化を実現しました。1895年(明治28年)には、朝刊と夕刊の発行を開始し、読売新聞を日本で初めて朝夕刊を発行する新聞にしました。 ・全国紙への成長 児玉右二は、読売新聞を全国紙に育て上げました。1898年(明治31年)には、大阪支局を設置し、西日本での発行を開始しました。1906年(明治39年)には、九州支局を設置し、九州での発行を開始しました。これにより、読売新聞は全国紙としての地位を確立しました。 ・新聞経営の近代化 児玉右二は、新聞経営の近代化にも努めました。1911年(明治44年)には、読売新聞社に輪転機を導入しました。輪転機は、新聞の印刷速度を大幅に向上させたため、読売新聞の発行部数を増やすのに貢献しました。また、児玉右二は、読売新聞社の経営陣に専門家を登用し、新聞経営の効率化を図りました。 児玉右二は、日本の新聞界に大きな功績を残した新聞経営者です。彼が読売新聞を経営再建し、全国紙に育て上げたことは、日本の新聞界の発展に大きく貢献しました。
研究者

【】藤岡市助(ふじおか いちすけ)

藤岡市助の生い立ちと経歴 藤岡市助は、1861年(文久元年)に、現在の群馬県藤岡市に生まれました。父は藤岡佐七、母は其野と云います。藤岡氏は藤岡藩の藩士で、代々勘定奉行を務めていました。市助は3人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から学問に励みました。 1880年(明治13年)に、藤岡市助は東京帝国大学に進学し、経済学を専攻しました。卒業後は、官僚となり、大蔵省に勤務しました。大蔵省では、税制改正や財政改革などに携わり、頭角を現しました。1901年(明治34年)には、大蔵省主計局長に就任しました。 1906年(明治39年)には、藤岡市助は政界に転身し、衆議院議員に当選しました。その後、農商務大臣、内務大臣などを歴任し、1922年(大正11年)には、第18代内閣総理大臣に就任しました。藤岡内閣は、大正デモクラシーの波に乗って、普通選挙の導入や労働組合の合法化などの改革を行いました。しかし、1923年(大正12年)9月1日の関東大震災により、内閣は総辞職しました。 藤岡市助は、震災後も政界で活動を続け、1924年(大正13年)には、第20代内閣総理大臣に再任されました。藤岡内閣は、震災復興事業や国際協調外交などに尽力しましたが、1926年(昭和元年)6月4日に政友会総裁の床次竹二郎が死去すると、内閣は総辞職しました。 藤岡市助は、政界を引退した後も、実業界や教育界で活躍しました。1938年(昭和13年)には、藤岡経済研究所を設立し、経済学の研究を行いました。また、女子英学塾の設立にも携わり、女性の教育に尽力しました。藤岡市助は、1944年(昭和19年)に死去しました。
歴史上の偉人

国嵬宗珍

-小見出し 対馬出身で長門で大寧寺に住持となる- 国嵬宗珍は、対馬に生まれ、長門国(現在の山口県)で活動した禅僧である。 宗珍は、幼い頃から仏教に傾倒し、出家して僧侶となった。その後、京都に上り、建仁寺で修行を積んだ。 建仁寺での修行を終えた後、宗珍は長門国の大寧寺に住持となった。大寧寺は、長門国守護大名である大内氏の庇護を受けており、宗珍は、大内氏の帰依を受けて、大寧寺を禅寺として発展させることに尽力した。 宗珍は、また、大寧寺の学頭として、多くの弟子を育成した。その中には、後に大徳寺の開祖となる宗峰妙超も含まれている。 宗珍は、長門国における禅宗の発展に大きな貢献を果たした。また、大寧寺の学頭として、多くの弟子を育成し、禅宗の教えを広めた。 宗珍は、永正6年(1509年)に示寂した。享年80歳であった。
歴史上の偉人

青木研蔵→ 日本の医学のパイオニア

青木研蔵は、1850年(嘉永3年)に肥後国熊本(現在の熊本県熊本市)に生まれました。11歳で長崎に出て、蘭学を学び、1870年(明治3年)に東京に出て、東京医学校(現在の東京大学医学部)に入学しました。1875年(明治8年)に東京医学校を卒業し、大学院に進学しました。1878年(明治11年)に大学院を修了し、東京医学校教授に就任しました。 青木研蔵は、日本の医学の発展に大きな貢献をしました。1879年(明治12年)に、日本初の医学雑誌「東京医学雑誌」を創刊しました。1881年(明治14年)には、日本初の医学博士の称号を授与されました。1886年(明治19年)には、東京帝国大学医学部初代学部長に就任しました。 青木研蔵は、医学教育にも力を入れました。1887年(明治20年)に、東京帝国大学医学部に医学専門学校を設立しました。この専門学校は、日本の医学教育の発展に大きな役割を果たしました。 青木研蔵は、1927年(昭和2年)に77歳で亡くなりました。青木研蔵は、日本の医学のパイオニアとして、医学の発展に大きな貢献をした偉大な医師です。 青木研蔵の主な業績は以下の通りです。 * 日本初の医学雑誌「東京医学雑誌」の創刊(1879年) * 日本初の医学博士の称号の授与(1881年) * 東京帝国大学医学部初代学部長就任(1886年) * 東京帝国大学医学部に医学専門学校を設立(1887年)
歴史上の偉人

佐田五郎作 – 幕末の尊攘運動家

-天保11年に豊前佐田村で生まれた- 佐田五郎作は、天保11年(1840年)に豊前国(現・福岡県)佐田村に生まれた尊攘運動家です。幼い頃から剣術や武術を学び、長じて尊王攘夷運動に参加しました。 尊王攘夷運動とは、幕末期に起こった、天皇を中心とする統一国家を樹立し、外国の侵略から日本を守ることを目指した運動です。佐田五郎作は、この運動に積極的に参加し、長州藩や薩摩藩と協力して倒幕を目指しました。 元治元年(1864年)には、禁門の変に参加し、長州藩の兵士として幕府軍と戦いました。禁門の変は、長州藩が京都の御所で幕府軍と戦った事件で、佐田五郎作は、この戦いで負傷しました。 その後、佐田五郎作は、長州藩に身を寄せ、倒幕運動を続けました。慶応2年(1866年)には、戊辰戦争に参加し、幕府軍と戦いました。戊辰戦争は、幕府軍と薩長同盟軍が戦った戦争で、佐田五郎作は、この戦いで戦死しました。 佐田五郎作は、尊王攘夷運動に命を捧げた尊攘運動家です。彼の功績は、日本史に大きな影響を与えました。
研究者

田中忠夫:20世紀前半の中国研究と政治活動に大きな足跡を残した人物

満鉄社員から著述業へ転身し、中国社会情勢調査に従事 田中忠夫は、1893年(明治26年)に岡山県に生まれました。早稲田大学を卒業後、1916年(大正5年)に満州鉄道株式会社(満鉄)に入社しました。満鉄では、総務部や調査部で勤務し、中国の経済や社会情勢を調査・研究しました。 1921年(大正10年)に満鉄を退社した後、田中忠夫は著述業に専念しました。中国の社会情勢をテーマにした著作を多数発表し、その鋭い洞察力と客観的な分析で評価されました。また、中国の政治や社会運動にも積極的に参加し、中国の近代化に貢献しました。 1931年(昭和6年)に満州事変が勃発すると、田中忠夫は日本の中国侵略に反対し、中国を支援する活動を展開しました。1937年(昭和12年)に日中戦争が勃発すると、田中忠夫は中国に渡り、中国国民政府を支援しました。 1945年(昭和20年)に日本が敗戦した後、田中忠夫は中国に残り、中国の復興支援に尽力しました。1956年(昭和31年)に中国で死去しました。 田中忠夫は、20世紀前半の中国研究と政治活動に大きな足跡を残した人物です。その著作は、中国の近代化の歴史を理解する上で貴重な資料となっています。また、中国を支援する活動は、日本の中国侵略に反対し、中国の近代化に貢献しました。
作家

– 金子みすゞ

-金子みすゞの生涯- -幼少期と家族- 金子みすゞは、1903年(明治36年)4月17日、山口県大津郡仙崎村(現在の長門市)に生まれました。父は金子登米吉、母は金子カネの二女でした。みすゞには姉と弟がいました。みすゞの父は漁師で、母は農業をしていました。みすゞは幼い頃から、自然の中で遊び、自然を愛するようになりました。 -小学校時代- みすゞは6歳の時、尋常小学校に入学しました。みすゞは成績優秀で、特に国語に優れていました。また、みすゞは読書好きで、よく本を読んでいました。みすゞは小学校時代、詩の才能を発揮し始めました。みすゞは、学校の先生や友人たちのために、詩を作ったり、朗読したりしていました。 -高等女学校時代- みすゞは12歳の時、高等女学校に入学しました。高等女学校時代も、みすゞは成績優秀で、特に国語と英語に優れていました。また、みすゞは演劇部に入り、舞台に立つことを楽しみました。みすゞは高等女学校時代、詩の才能をさらに伸ばし、多くの詩を書きました。みすゞの詩は、校内の文芸誌に掲載されました。 -結婚と離婚- みすゞは18歳の時、山口県萩市の医師と結婚しました。しかし、夫婦生活はうまくいかず、みすゞは離婚しました。離婚後、みすゞは上京し、出版社に勤めました。みすゞは、出版社勤めをしながら、詩を書き続けました。 -詩集の出版- みすゞは、1923年(大正12年)に、詩集「金子みすゞ詩集」を出版しました。詩集「金子みすゞ詩集」は、多くの読者に愛され、ベストセラーとなりました。みすゞは、詩集「金子みすゞ詩集」の出版によって、詩人として認められました。 -晩年- みすゞは、1930年(昭和5年)に、26歳の若さで亡くなりました。みすゞの死因は、貧血症による衰弱死でした。みすゞは、詩集を1冊しか出版しませんでしたが、その詩は多くの読者に愛され続けています。みすゞの詩は、シンプルで素朴でありながら、深い洞察力と豊かな感情に満ちています。みすゞの詩は、今もなお、多くの人々に感動を与え続けています。
歴史上の偉人

海雲道会

-室町時代の僧- 海雲道会は、室町時代の僧で、臨済宗の僧侶である。1373年に京都に生まれ、幼少期より仏教を学ぶ。17歳の時、建仁寺に入門し、僧侶としての道を歩み始める。 海雲道会は、建仁寺で修行を重ね、1404年に、同寺の住職に任命される。その後、京都の様々な寺院で住職を務め、1431年には、足利義教の命により、相国寺の開山となった。 相国寺は、室町幕府の菩提寺として建立された寺院であり、海雲道会は、その初代住職として、寺院の基礎を築いた。また、海雲道会は、禅宗の教えを、武士や公家など、当時の支配階級に広めることに尽力し、禅宗は、室町時代の日本文化に大きな影響を与えた。 海雲道会は、1439年に、67歳で死去した。海雲道会の死後、相国寺は、京都の禅宗寺院の総本山として、栄え続けた。 海雲道会は、室町時代の禅宗の代表的な僧侶であり、禅宗の教えを日本に広めることに多大な貢献をした。また、海雲道会は、足利義教の信任を得て、相国寺の開山となったことで、禅宗は、室町幕府の保護を受け、日本の文化に大きな影響を与えるようになった。
歴史上の偉人

村田白庵 – 江戸時代前期の医師

- 曲直瀬玄朔に師事 村田白庵は、1622年(元和8年)、京都で生まれました。本名は春海、号は白庵、通称は佐左衛門でした。幼い頃から学問を好み、12歳の頃には神童と呼ばれていました。 1642年(寛永19年)に、京都で医者をしていた曲直瀬玄朔に師事しました。曲直瀬玄朔は、江戸時代前期の医師で、外科医としては名人と呼ばれていました。村田白庵は、曲直瀬玄朔から医学を学び、外科医としての手術技術を習得しました。 1647年(正保4年)に、江戸に開業しました。江戸では、外科医として評判を呼び、多くの患者を診ました。また、医学書を執筆し、医学の普及に努めました。 1680年(延宝8年)に、60歳で亡くなりました。村田白庵は、江戸時代前期の医師として、外科医として活躍しました。また、医学書を執筆し、医学の普及に努めました。
政治家・活動家

山県伊三郎-明治・大正時代の官僚

山県伊三郎の生涯 山県伊三郎は、1856年(安政3年)に高知城下で生まれた。1879年(明治12年)に東京帝国大学を卒業後、大蔵省に入省。その後、大蔵省主税局長、主計局長、会計検査院長などを歴任し、1916年(大正5年)に大蔵大臣に就任した。 山県は、大蔵大臣在任中に第一次世界大戦による財政難に対処し、戦費調達のために増税や公債発行などを行った。また、シベリア出兵の費用を賄うために国債を発行し、財政を安定させた。 山県は、大蔵大臣退任後も、貴族院議員、枢密顧問官などを歴任し、1935年(昭和10年)に死去した。 山県は、明治・大正時代の日本の財政を支えた官僚として知られる。第一次世界大戦による財政難に対処し、戦費調達のために増税や公債発行などを行った。また、シベリア出兵の費用を賄うために国債を発行し、財政を安定させた。山県は、大蔵大臣退任後も、貴族院議員、枢密顧問官などを歴任し、1935年(昭和10年)に死去した。
歴史上の偉人

河瀬真孝 幕末から大正を生きた武士・官僚

河瀬真孝の生涯 河瀬真孝(1828-1914)は、幕末から大正時代にかけて活躍した日本の武士、官僚、政治家である。河瀬真孝は、1828年(文政11年)に、土佐藩士・河瀬家のもとに生まれた。幼名は、直蔵といった。河瀬真孝は、幼少期から漢学や武術を学び、藩校・致道館に入学し、頭角を現した。1853年(嘉永6年)に、ペリーが浦賀に来航すると、河瀬真孝は、藩主・山内容堂に、攘夷を建言し、その才能を認められた。1858年(安政5年)、河瀬真孝は、藩命により、江戸に遊学し、開国論を唱えた吉田松陰に師事した。1861年(文久元年)に、河瀬真孝は、土佐藩の参政となり、藩政改革を断行した。1863年(文久3年)に、河瀬真孝は、薩摩藩と連合して、長州藩を攻撃したが、敗北した(下関戦争)。1864年(元治元年)に、河瀬真孝は、藩主・山内容堂とともに、上洛し、孝明天皇に拝謁した。1865年(慶応元年)に、河瀬真孝は、土佐藩の参政を辞任し、隠棲した。1867年(慶応3年)に、大政奉還が行われると、河瀬真孝は、土佐藩に復帰し、藩政に参与した。1868年(明治元年)に、明治政府が樹立されると、河瀬真孝は、明治政府に仕え、内務大輔に任命された。河瀬真孝は、内務大輔として、地方制度の改革や警察制度の整備に尽力した。1871年(明治4年)に、河瀬真孝は、内務大輔を辞任し、参議に任命された。河瀬真孝は、参議として、殖産興業政策や教育改革に尽力した。1881年(明治14年)に、河瀬真孝は、参議を辞任し、貴族院議員に任命された。河瀬真孝は、貴族院議員として、政治に参与し、1913年(大正2年)に引退するまで、その職にあった。河瀬真孝は、1914年(大正3年)に、86歳で死去した。
歴史上の偉人

有坂成章:明治時代の軍人と武器の改良者

-有坂成章の生涯と功績- 有坂成章は、1838年(天保8年)に生まれて、1904年(明治37年)に亡くなった、明治時代の軍人と武器の改良者です。彼は、日本陸軍の近代化に貢献した人物として知られています。 有坂成章は、幕末期に薩摩藩で生まれました。1860年(万延元年)に江戸に出てオランダ医学を学び、1865年(慶応元年)に軍医として採用されました。戊辰戦争では、維新軍の軍医として従軍しました。 明治維新後は、陸軍省に勤務しました。1874年(明治7年)には、フランスに留学して武器の改良を学びました。帰国後の1879年(明治12年)には、東京砲兵工廠に勤務し、新型の歩兵銃の開発に携わりました。 1885年(明治18年)には、有坂成章は工兵中佐に昇進し、第1工兵大隊の隊長に任命されました。日清戦争では、第1工兵大隊を率いて遼東半島に渡り、旅順要塞の攻撃に参加しました。 日清戦争後、有坂成章は工兵大佐に昇進し、砲兵工廠の技師長に任命されました。彼は、引き続き新型の歩兵銃の開発に当たり、1897年(明治30年)には三八式歩兵銃を完成させました。三八式歩兵銃は、日露戦争で日本軍の主力火器として使用され、日本の勝利に貢献しました。 有坂成章は、1904年(明治37年)に工兵中将に昇進しましたが、同年中に病死しました。彼は、日本の陸軍近代化に貢献した功績が認められ、陸軍大将に特進されました。 有坂成章は、日本の陸軍近代化に貢献した人物として知られています。彼は、三八式歩兵銃を開発し、日本の勝利に貢献した功績が認められ、陸軍大将に特進されました。
歴史上の偉人

西野文太郎 – 明治時代の国家主義者

-西野文太郎の生涯- 西野文太郎は、1847年(弘化4年)に備中国浅口郡(現在の岡山県浅口市)に生まれた。幼名は勘蔵。家は代々庄屋を務めており、文太郎もまた庄屋として村を治めていた。 1868年(明治元年)、戊辰戦争が勃発。文太郎は官軍に加わり、東北地方を転戦した。この功により、明治政府から賞与金と勲章を授与された。 1871年(明治4年)、文太郎は自由民権運動に加盟。民権派の急進派として活動し、政府に対して国会開設や地方自治の実施を要求した。 1881年(明治14年)、文太郎は第2回総選挙で衆議院議員に当選。国会開設後は、民権派の領袖として活躍し、政府の政策を批判した。 1885年(明治18年)、文太郎は秩父事件に関与したとして逮捕された。秩父事件は、自由民権運動の過激派が政府打倒を企てて引き起こした反乱である。文太郎は、秩父事件の首謀者の一人として有罪判決を受け、終身刑に処された。 文太郎は1898年(明治31年)、獄中で病死した。享年51。 文太郎は、自由民権運動の急進派として活躍した政治家である。政府に対して国会開設や地方自治の実施を要求し、民権派の領袖として活躍した。秩父事件に関与したとして逮捕され、有罪判決を受けて終身刑に処された。文太郎は、獄中で病死した。
歴史上の偉人

「境道哲」

- 境道哲の人物像 境道哲は、自由で奔放な生き方を貫いた人物である。また、非常に優れた音楽的才能を持っており、作曲家として素晴らしい作品を残した。 境道哲は、1949年に東京都に生まれた。18歳の時にギターを手にし、音楽の虜となった。その後、彼は音楽学校に通い、ギターのテクニックを磨いた。そして、20歳の時にプロのミュージシャンとしてデビューした。 境道哲の音楽は、フォーク、ロック、ジャズなど、様々なジャンルを融合させた独自のスタイルであった。彼の音楽は、人々に希望と勇気を与え、多くの人々から愛された。 境道哲は、音楽活動以外にも、執筆や講演活動にも力を入れていた。彼は、自身の生き方や音楽に対する考えを、多くの人々に伝えていた。 境道哲は、1999年に49歳の若さで亡くなった。しかし、彼の音楽は現在でも多くの人々に愛され続けている。 境道哲は、自由で奔放な生き方を貫いた人物であり、優れた音楽的才能を持った作曲家であった。彼の音楽は、人々に希望と勇気を与え、多くの人々に愛された。
歴史上の偉人

「多々羅文雅」

-多々羅文雅の生涯- 多々羅文雅は、1891年(明治24年)1月10日に香川県で生まれました。父親は多々羅定次郎、母親は多々羅きよです。幼い頃から絵を描くことが好きで、1911年(明治44年)に東京美術学校に入学しました。1915年(大正4年)に卒業後、東京の美術学校で教鞭を執りました。 1922年(大正11年)に、政府の奨学金を得てフランスに留学しました。フランスでは、ポール・ゴーギャンやアンリ・マティスなどの画家の作品に影響を受け、独自の画風を確立しました。1927年(昭和2年)に帰国後、東京で個展を開き、高い評価を受けました。 1931年(昭和6年)に、第1回文部大臣賞を受賞しました。1940年(昭和15年)には、帝国美術院の会員に選出されました。1945年(昭和20年)に、第二次世界大戦で戦死しました。享年54歳でした。 多々羅文雅は、日本の近代絵画の代表的な画家のひとりです。彼の作品は、色鮮やかで力強く、日本の伝統的な絵画とは一線を画しています。彼の作品は、国内外の美術館に所蔵されており、多くの人々から愛されています。
歴史上の偉人

田島直之:幕末から明治時代の林業家

-周防岩国藩士としての田島直之- 田島直之は、周防岩国藩の藩士であり、幕末から明治時代にかけて活躍した林業家です。岩国藩は、現在の山口県岩国市に藩庁を置いた藩であり、初代藩主は吉川広家です。吉川氏は、毛利氏の家臣であり、関ヶ原の戦いでは西軍に属しましたが、後に徳川家康に降伏し、岩国藩を立藩しました。 田島直之は、岩国藩の藩士として生まれ、幼い頃から学問や武術を学びました。特に、林学に強い興味を持ち、藩の林業政策に携わるようになりました。岩国藩は、山林が多く、林業は藩の重要な産業でした。田島直之は、藩の林業政策を改革し、林業の振興に努めました。 田島直之は、周防岩国藩の藩士として、林業の振興に尽力しました。彼の功績は、岩国藩の林業の発展に大きく貢献し、今日でもその功績は称えられています。
歴史上の偉人

楢崎剛十郎:明治維新に散った若き志士

楢崎剛十郎の生涯 楢崎剛十郎は、幕末の土佐藩士であり、明治維新の志士です。1846年、土佐藩の上士階級に生まれ、幼少期から剣術や学問を熱心に学びました。15歳の時には、藩校である致道館に入学し、そこで尊王攘夷思想に傾倒していきます。 1863年、楢崎は土佐勤王党に参加し、武力倒幕運動に身を投じます。1864年、土佐勤王党は挙兵しますが、藩政府の弾圧により失敗に終わります。楢崎は、この時負傷して捕らえられ、投獄されますが、翌年に釈放されます。 1866年、楢崎は薩摩藩に亡命し、西郷隆盛のもとで活動を開始します。翌年の薩長同盟締結後は、戊辰戦争に参加し、鳥羽伏見の戦い、上野戦争などで活躍しました。しかし、1868年7月、会津戦争で戦死してしまいます。享年22歳でした。 楢崎剛十郎は、明治維新の志士として、その短い生涯を国のために捧げました。彼の勇気と情熱は、後世の人々に語り継がれています。
歴史上の偉人

明治の社会事業家・赤松安子の人生

-赤松安子の生い立ちと結婚- 明治の社会事業家である赤松安子は、1864年(元治元年)に、彦根藩士・森醇の娘として滋賀県彦根市に生誕しました。幼い頃から聡明で、家事や裁縫を勉強し、俳句や和歌も得意。安子は、1883年(明治16年)に、同じく彦根藩出身の医師の赤松則良と結婚しました。 赤松安子は、夫・則良が医師として勤務した山形県酒田市で、社会事業の活動を開始しました。赤松安子は、1887年(明治20年)に、酒田に婦人矯風会を設立して、女性の権利向上を図りました。また、赤松安子は、1890年(明治23年)には、酒田に育児所を開設し、孤児や貧困家庭の子供たちの養育に尽力しました。 赤松安子は、社会事業活動の功績が認められ、1911年(明治44年)に、藍綬褒章を授与されました。1924年(大正13年)には、赤松安子は、日本婦人社会事業家の草分けとして、初の女性貴族院議員に選出されました。赤松安子は、1942年(昭和17年)に、78歳で亡くなりましたが、その社会事業活動は、今日でも高く評価されています。
政治家・活動家

周東英雄→ 明治・昭和時代の官僚・政治家

農商務省から政界へ 周東英雄は、1868年(慶応4年)に肥後国(現・熊本県)で生まれました。1894年(明治27年)に東京帝国大学法科大学を卒業し、農商務省に入省しました。農商務省では、農務局長、商務局長、次官などを歴任し、1924年(大正13年)に退官しました。 退官後は、政界に転じ、1925年(大正14年)に衆議院議員選挙に当選しました。以後、5期連続で当選を果たし、1932年(昭和7年)には田中内閣の農林大臣に任命されました。農林大臣在任中は、農林省設置法を制定し、農林省を設置しました。 1934年(昭和9年)には、齋藤内閣の商工大臣に任命されました。商工大臣在任中は、工業整備法を制定し、工業の発展を図りました。 1936年(昭和11年)には、広田内閣の文部大臣に任命されました。文部大臣在任中は、国民学校令を改正し、国民学校を義務教育化しました。 1937年(昭和12年)には、近衛内閣の農林大臣に再任されました。農林大臣在任中は、食糧管理法を制定し、食糧の統制を強化しました。 1938年(昭和13年)には、平沼内閣の農林大臣に三選されました。農林大臣在任中は、農業基本法を制定し、農業の振興を図りました。 戦後、公職追放になりましたが、1951年(昭和26年)に解除されました。解除後は、財団法人日本農業研究所の理事長を務めました。 1960年(昭和35年)に死去しました。
研究者

「伊藤澹斎」

-# 伊藤澹斎の生涯 伊藤澹斎は、江戸時代後期の儒学者、思想家、教育者です。名は篤、字は成仲、通称は六次郎、澹斎は号です。1775年(安永4年)、現在の鹿児島県伊佐市に生まれました。幼少期から聡明で、5歳で漢籍を読み始め、10歳で『論語』を暗唱したと言われています。 18歳で鹿児島城下に移り、有名な儒学者である島津重豪に師事しました。重豪からは朱子学を学び、その才能を高く評価されました。19歳で薩摩藩の藩校である造士館の助教となり、22歳で教授となりました。 澹斎は造士館で、朱子学を基にした独自の思想を講義しました。その思想は、人間の本性を「仁」とし、仁を実現するためには「礼」を守ることが重要であるとするものでした。澹斎の思想は、薩摩藩の武士たちに大きな影響を与え、薩摩藩の近代化に貢献しました。 1833年(天保4年)、澹斎は造士館の総長になりました。総長として、造士館の改革を行い、藩校としての地位を確立しました。また、多くの弟子を育て、その中には西郷隆盛や大久保利通も含まれていました。 澹斎は、1846年(弘化3年)に72歳で亡くなりました。その死は、薩摩藩に大きな衝撃を与え、藩主の島津斉彬は、澹斎の死を悼んで、その墓に「澹斎先生之墓」の碑を建立しました。 澹斎の思想は、明治維新後にも大きな影響を与えました。明治政府は、澹斎の思想を基にした教育制度を導入し、近代日本の発展に貢献しました。
歴史上の偉人

河村正彦の紹介

-明治-大正時代の軍人- 河村正彦は、明治-大正時代の軍人で、日露戦争における旅順攻囲戦の英雄の一人として知られています。 1858年(安政5年)に薩摩藩士として生まれ、1878年(明治11年)に陸軍士官学校を卒業しました。1894年(明治27年)の日清戦争では、第2軍に従軍して遼東半島に上陸し、旅順攻略戦に参加しました。その後、日露戦争では、第3軍に従軍して再び旅順を攻略し、陥落させました。 河村正彦は、旅順攻略戦における功績により、少将に昇進し、勲一等旭日大綬章を受章しました。また、1911年(明治44年)には、陸軍大臣に就任し、1913年(大正2年)には、陸軍大将に昇進しました。 河村正彦は、1924年(大正13年)に66歳で死去しましたが、その功績は今もなお語り継がれています。