山梨県

歴史上の人物

南部信光 – 南北朝時代の武将

-南部信光の生涯- 南部信光は、南北朝時代の武将であり、陸奥国南部氏第16代当主です。南部氏の祖先は桓武天皇の子である良岑安世であり、信光は良岑安世の18代目の子孫にあたります。 信光は、建武元年(1334年)に南部師行の子として生まれ、幼名は千寿丸でした。信光は父・師行から武芸を学び、成長するとともに南部氏の家督を継承しました。 信光は、南朝の忠臣として戦功を挙げ、正平11年(1356年)には陸奥国守護に任命されました。しかし、正平20年(1365年)に北朝方の斯波兼頼に敗れ、南部氏の本拠地である根城を奪われました。 信光は、根城を奪還するために戦いましたが、正平23年(1368年)に斯波兼頼に敗れ、自害しました。 信光は、南部氏の領地を拡大し、南部氏の勢力を確立した名将でした。また、南朝の忠臣として戦功を挙げ、陸奥国守護に任命されました。 信光は、南部氏の歴史の中で最も重要な人物の一人とされており、現在も南部氏の子孫が岩手県に在住しています。
文学分野の人

三枝昂之 – 昭和後期から平成時代にかけて活躍した歌人

-三枝昂之の初期の経歴と短歌会への参加- 三枝昂之は、1934年(昭和9年)に東京府東京市神田区(現東京都千代田区神田)に生まれた。早稲田大学第二文学部国文科在学中に、「心の花」の同人会である「花ぐるま」に参加し、短歌を始める。1957年(昭和32年)に早稲田大学を卒業後、文藝春秋に入社。編集者として勤務する傍ら、短歌の創作を続けた。 1960年(昭和35年)、第一歌集『定本 心の花』を刊行。この歌集は、文壇で注目を集め、三枝昂之は歌人としてデビューを果たした。1962年(昭和37年)には、文藝春秋を退社し、作家活動に専念する。 1963年(昭和38年)、第二歌集『あらかじめ失われた恋人』を刊行。この歌集は、三枝昂之の代表作の一つであり、全国の歌人から高い評価を得た。1965年(昭和40年)には、第三歌集『地上の星』を刊行。この歌集は、三枝昂之の短歌が成熟期を迎えたことを示す歌集として高く評価された。 1966年(昭和41年)、三枝昂之は、短歌雑誌「塔」の編集長に就任する。編集長として、若手歌人の発掘と育成に尽力し、短歌界の発展に貢献した。1974年(昭和49年)に「塔」の編集長を退任するまで、約8年間編集長を務めた。 1975年(昭和50年)、第四歌集『挽歌』を刊行。この歌集は、三枝昂之の短歌が更に深化し、円熟期を迎えたことを示す歌集として高く評価された。1978年(昭和53年)には、第五歌集『遠雷』を刊行。この歌集は、三枝昂之の短歌が更に進化し、新しい境地を開拓したことを示す歌集として高く評価された。 1980年(昭和55年)、三枝昂之は、短歌雑誌「心の花」の編集長に就任する。編集長として、短歌の伝統と革新の両立を目指し、短歌界の発展に貢献した。1990年(平成2年)に「心の花」の編集長を退任するまで、約10年間編集長を務めた。 三枝昂之は、1991年(平成3年)に文化功労者に選出され、1998年(平成10年)には朝日賞を受賞するなど、数多くの栄誉に輝いた。2001年(平成13年)に死去するまで、短歌の創作と短歌界の発展に尽力した。
歴史上の人物

「高坂虎綱」:武田信玄の忠実なる家臣

-「高坂虎綱」武田信玄の忠実なる家臣- -高坂虎綱の生涯と功績- 高坂虎綱は、戦国時代後期に活躍した武田信玄の家臣。信玄の死後は、勝頼を支えて奮戦したが、最後は武田氏の滅亡とともに自害した。 虎綱は、1527年に甲斐国(現在の山梨県)で誕生した。父は高坂昌信、母は武田信昌の娘である。虎綱は幼い頃から武芸に秀で、1542年に16歳で信玄の初陣に従軍した。このとき、虎綱は敵の首級をあげ、信玄から感状を与えられたという。 その後、虎綱は信玄の側近として、数々の戦に参加した。1553年の川中島の戦では、武田軍の総大将として上杉謙信と対峙した。この戦では、虎綱は武田軍の勝利に大きく貢献し、信玄から「軍神」と称された。 1560年に信玄が死去すると、虎綱は勝頼を支えて奮戦した。1575年の長篠の戦では、虎綱は武田軍の左翼を率いて織田信長と徳川家康の連合軍と戦った。しかし、この戦で武田軍は大敗を喫し、虎綱も負傷した。 その後、虎綱は武田氏を再興するために尽力したが、1582年に織田信長の軍勢が甲斐国に侵攻してきた。虎綱は武田勝頼とともに天目山に立てこもったが、武田軍は織田軍に敗北し、虎綱は勝頼とともに自害した。 虎綱は、武田信玄に仕えた忠義の士であり、武勇にも優れた武将であった。その武勇は、後世に「高坂の鬼美濃」として語り継がれている。
歴史上の人物

戦国武将の原昌俊:知勇兼備の甲斐の猛将

-知将として名を馳せた原昌俊- 原昌俊は、武田信玄の重臣であり、知勇兼備の武将として名を馳せた。昌俊は、永正10年(1513年)に甲斐国で生まれた。父は原虎胤、母は武田信虎の妹である。昌俊は幼少の頃から聡明で勇猛果敢な性格であり、早くから武田信玄にその才能を見出された。 昌俊は、武田信玄の側近として、数々の戦いで活躍した。特に、天文10年(1541年)の信濃侵攻では、昌俊が率いる軍勢が、村上義清の軍勢を撃破し、信濃を平定する大きな功績を上げた。また、永禄4年(1561年)の川中島合戦では、昌俊が率いる軍勢が、上杉謙信の軍勢を撃退し、武田軍の勝利に大きく貢献した。 昌俊は、武勇に優れていただけでなく、知将としても知られていた。昌俊は、常に武田信玄の相談役を務め、武田軍の戦略立案や戦術の決定に大きな役割を果たした。昌俊は、特に、奇襲や謀略を得意とし、敵を翻弄して勝利を収めた。 昌俊は、天正3年(1575年)に、武田信玄が死去すると、武田勝頼の重臣として引き続き武田氏を支えた。しかし、天正10年(1582年)に起こった本能寺の変により、武田氏は滅亡した。昌俊は、武田氏滅亡後、徳川家康に仕え、天正18年(1590年)に死去した。享年78。
学術分野の人

志村天目 –

志村天目の生涯 志村天目(1522年 - 1584年)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての茶人、武将。本名は志村安芸守行信。 天文11年(1542年)、相模国足柄郡小田原城下に生まれる。父は志村安芸守行朝、母は北条氏康の妹。幼名は猪之助。 天文21年(1552年)、11歳のとき、北条氏康に従って上洛し、三好長慶に人質となる。 天文23年(1554年)、氏康の使者として甲斐国の武田信玄のもとに赴き、武田氏と北条氏の同盟を成立させる。 弘治2年(1556年)、15歳のとき、元服して安芸守行信を名乗り、小田原城代となる。 永禄10年(1567年)、氏康が没し、北条氏政が家督を継ぐと、氏政に仕える。 元亀元年(1570年)、織田信長が上洛して室町幕府を滅ぼし、天下統一に乗り出す。 元亀2年(1571年)、氏政は信長に降伏し、天目は信長の茶頭となる。 天正6年(1578年)、信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると、天目は豊臣秀吉に仕える。 天正12年(1584年)、63歳のとき、秀吉の九州征伐に従軍し、肥後国で病没する。 天目は、茶人として優れた茶の湯の心得を持ち、多くの茶会を主催した。また、武将としても活躍し、北条氏政の重臣として、小田原城の防衛に尽力した。 天目は、戦国時代から安土桃山時代にかけて、茶人、武将として活躍した人物である。
経済分野の人

実業家「雨宮亘」の生涯と功績

-雨宮亘の生い立ちと家系- 雨宮亘は、1945年3月1日、大阪府大阪市に生まれた。父親は保険会社に勤務するサラリーマンで、母親は専業主婦であった。雨宮は三人兄弟の末っ子で、兄と姉がいた。雨宮家は大正時代から続く大阪の老舗企業の経営者一族で、雨宮は幼い頃から家業を継いで社長になることを期待されていた。 雨宮は小学校時代は成績優秀で、常にクラスのトップクラスを維持していた。また、スポーツも得意で、特に野球は天才的な才能を発揮していた。雨宮は地元の少年野球チームで活躍し、何度も全国大会に出場した。 雨宮は、小学校卒業後は、地元の私立中学校に進学した。中学時代は、勉強に励み、野球部に所属して活躍していた。中学3年の時には、全国大会で優勝し、一躍有名になった。 雨宮は、中学卒業後は、地元の私立高校に進学した。高校時代は、勉強と野球に励み、成績は常にトップクラスを維持していた。また、野球部では、キャプテンを務め、チームを甲子園大会に導いた。 雨宮は、高校卒業後は、東京大学に進学した。東京大学では、経済学部で学び、成績優秀で卒業した。大学卒業後は、大手商社に就職し、海外赴任を経験した。
政治分野の人

市川文蔵 – 明治・大正時代の実業家・政治家

-市川文蔵の生い立ち- 市川文蔵は、1861年(文久元年)に江戸神田の商家・市川善太郎の長男として生まれた。幼名は豊太郎。1877年(明治10年)に東京商業学校(現・東京経済大学)に入学したが、後に中退して実家の家業を継いだ。 市川文蔵は、実業家として活躍し、1894年(明治27年)に東京電燈会社(現・東京電力)の創立に参加した。また、1898年(明治31年)には東京市議会議員に当選し、1908年(明治41年)には同議長に就任した。 1912年(明治45年)、市川文蔵は衆議院議員に当選し、政界入りを果たした。以来、政界で活躍し、1918年(大正7年)には内閣総理大臣に就任した。市川文蔵は、在任中に第一次世界大戦の終結に尽力し、また、シベリア出兵を決定した。 1922年(大正11年)、市川文蔵は内閣総理大臣を辞任し、政界を引退した。その後は、実業家として活躍を続け、1933年(昭和8年)に亡くなった。
美術分野の人

篆刻界の革命者:高芙蓉の生涯

- 生い立ちと儒学への傾倒 高芙蓉は、1890年(明治23年)に中国の浙江省紹興府に生まれた。幼い頃から聡明で、6歳で私塾に入学し、儒学を学び始めた。12歳の時には、紹興府で最も権威ある学校である越王学院に入学し、そこで儒学をさらに深く学んだ。 芙蓉は儒学に傾倒し、特に孔子の教えに影響を受けた。彼は、孔子の仁義礼智信の五常を重んじ、それを実践しようとした。また、彼は孔子の「己を脩め、以て天下を治む」という言葉に感銘を受け、自分を磨くことに努めた。 芙蓉は儒学を学ぶだけでなく、書道や篆刻にも興味を持った。彼は、書道では王羲之を、篆刻では鄧石如を師とし、彼らの作品を熱心に研究した。そして、書道と篆刻の技量を磨いていった。 芙蓉は、儒学と書道、篆刻を学ぶことで、豊かな教養と高尚な人格を身につけていった。そして、彼は後に、篆刻界の革命者として、篆刻の歴史に大きな影響を与えることになるのである。
歴史上の人物

工藤行光-鎌倉時代の武将

工藤行光の生涯 工藤行光は、鎌倉時代の武将です。工藤氏は、桓武天皇の子孫である良文を祖とする豪族で、出羽国秋田郡を拠点としていました。行光の父は工藤茂光であり、行光は茂光の次男として生まれました。 行光は、幼い頃から武芸に優れており、13歳の時に源頼朝に仕えました。頼朝は、行光の武勇を高く評価し、行光を側近として取り立てました。 頼朝が挙兵した際には、行光は頼朝の軍勢に加わり、治承4年(1180年)の富士川の戦いでは、行光が率いる騎馬隊が敵を撃破して、頼朝の勝利に大きく貢献しました。 頼朝が鎌倉幕府を開いた後は、行光は幕府の御家人として活躍しました。行光は、文治2年(1186年)に源義経を追討する軍勢に加わり、奥州合戦で功績をあげました。 また、行光は、建久元年(1190年)に頼朝が平定した奥州の警護を命じられ、鎌倉幕府の奥州支配に貢献しました。 建久3年(1192年)に頼朝が亡くなると、行光は頼朝の嫡男である源頼家から厚遇を受け、建久6年(1195年)には、頼家の側近である13人の御家人の一人として選ばれました。 しかし、頼家が北条政子と対立して失脚すると、行光も頼家を追って伊豆国に逃れました。その後、行光は、頼家と和解して鎌倉に戻り、幕府に復帰しました。 建暦元年(1211年)に、行光は、鎌倉幕府の有力御家人である和田義盛の乱を鎮圧する軍勢に加わり、功績を上げました。この功績により、行光は相模国大庭御厨の地頭職を与えられました。 建保2年(1214年)に、行光は病のため鎌倉で亡くなりました。行光は、頼朝から頼家までの三代に仕えて、鎌倉幕府の草創期に活躍した武将でした。
文学分野の人

– 飯田正紀

江戸時代中期の歌人 飯田正紀は、江戸時代中期の歌人です。1657年に京都に生まれ、1723年に67歳で亡くなりました。本名は飯田右衛門正重、別号に荊花園、草堂、菜根庵、春風老人などがあります。 正紀は、幼い頃から和歌に親しみ、17歳の時に一条兼良の『花鳥余情』を読んで和歌の道に進むことを決意しました。その後、京都の歌壇で活躍し、1701年に『荊花集』を出版しました。この歌集は、正紀の代表作であり、彼の歌風は、雅やかで清麗な作風と評されています。 正紀は、また、歌論家としても知られており、1708年に『歌学口伝』を出版しました。この歌論書は、和歌の作り方や鑑賞の仕方について解説したもので、当時の歌壇に大きな影響を与えました。 正紀は、江戸時代中期の歌壇を代表する歌人であり、彼の歌は、現在でも多くの人々に愛唱されています。 正紀の歌風の例 以下は、正紀の歌の例です。 * 春立つや 霞の衣 はれわたる 空のけしきは けふぞはじめぬ * 夏の夜は 更くるほどに 涼やかに 月の光は 床にぞ満つる * 秋風の 吹くもあはれは 露霜の 置きて行けば 草葉がくれぬ * 冬枯の 野辺の景色も 花を見て 心をなぐさ む人もぞあり これらの歌は、どれも雅やかで清麗な作風であり、正紀の歌風の代表例と言えるでしょう。
経済分野の人

– 「小野金六」(1852-1923)

-小野金六 (1852-1923)- -明治-大正時代の著名な実業家- 小野金六は、明治-大正時代の著名な実業家で、日本の近代化に大きく貢献した人物です。 小野金六は、1852年(嘉永5年)に、越前国(現在の福井県)に生まれました。幼い頃から家業を手伝い、1871年(明治4年)に上京して、東京で干物屋を開業しました。 1876年(明治9年)、小野金六は、東京銀座に「小野組」を設立し、土木建築事業を手がけました。小野組は、順調に事業を拡大し、やがて、日本の四大ゼネコンの一角を占めるまでになりました。 小野金六は、実業家として成功するだけでなく、社会貢献にも力を入れました。1889年(明治22年)には、当時の日本最大規模の私設図書館である「小野文庫」を開設し、一般の人々に読書の機会を提供しました。 また、小野金六は、日本赤十字社の設立にも深く関わりました。1877年(明治10年)、西南戦争の際に、小野金六は、負傷した兵士を救護するために、日本赤十字社の前身である「博愛社」を設立しました。 小野金六は、1923年(大正12年)、東京で死去しました。享年71歳でした。小野金六は、日本の近代化に大きく貢献した偉大な実業家でした。 小野金六の業績は、以下のような点で評価されています。 * 土木建築事業で成功を収め、日本の近代化に貢献した。 * 小野文庫を開設し、一般の人々に読書の機会を提供した。 * 日本赤十字社の設立に深く関わった。 小野金六は、日本の近代化に大きく貢献した偉大な実業家であり、その業績は今日でも高く評価されています。
政治分野の人

– 広瀬久忠(1889-1974)

内務官僚としての活躍 広瀬久忠は、1912年に東京帝国大学法科大学を卒業後、内務省に入省しました。入省後は、地方官として、鳥取県、北海道、京都府、愛知県などに勤務しました。地方官としての経験を積んだ後、1934年に内務省本省に異動し、警保局長を務めました。警保局長としては、治安維持法の運用を担当し、治安維持法違反事件の取り締まりを強化しました。また、1937年に発生した二・二六事件の際には、事件の収拾に当たりました。 1939年、広瀬は内務次官に就任しました。内務次官としては、戦時体制下での地方行政の強化を図りました。また、1941年に発生した太平洋戦争の際には、戦争遂行に必要な物資の生産や輸送の調整を担当しました。 1945年、広瀬は内務大臣に就任しました。内務大臣としては、敗戦後の混乱した社会情勢の中で、地方行政の再建や食糧の確保に取り組みました。また、1946年に制定された日本国憲法の施行に伴い、内務省を解体し、地方自治庁を設置しました。 広瀬は、内務官僚として、地方行政の強化や治安維持、戦時体制の構築、敗戦後の社会情勢の安定化など、日本の近代化に貢献しました。
文学分野の人

上矢敲氷 – 江戸時代中期から後期の俳人

- 上矢敲氷の生涯 上矢 敲氷(うわや こうひょう、1702年(元禄15年)- 1792年12月9日(寛政4年10月29日))は、江戸時代中期から後期の俳人。本姓は村越。幼名は寛太郎。字は子智・子知。通称は市蔵、八蔵。号ははじめ万留屋、のち敲氷に改めた。 小倉に生まれ、1720年(享保5年)に京都に出て医師村越玄益の門に入り、医術を学ぶ。その後、俳諧に転じ、宗匠となって西山宗因を称した。1734年(享保19年)には江戸に出て、幕臣の安藤為重の知遇を得る。1742年(寛保2年)には江戸で俳諧結社「曠野社」を設立し、翌年には俳書「曠野集」を刊行した。 1754年(宝暦4年)には、俳諧結社「月並句合」の総裁に就任した。同年に、当時の将軍徳川家重の命で、江戸城で俳諧の会を催した。1765年(明和2年)には、浅草寺で俳諧の大会である「芭蕉忌」を催した。1770年(明和7年)には、俳諧結社「花蓑社」を設立し、翌年には俳書「花蓑集」を刊行した。 1781年(天明元年)には、俳諧結社「独吟社」を設立し、翌年には俳書「独吟集」を刊行した。1783年(天明3年)には、幕府から「俳諧宗匠」の称号を授与された。1792年(寛政4年)に91歳で死去した。 上矢敲氷は、江戸時代中期から後期の俳壇を代表する俳人であり、多くの俳人を輩出した。その作風は、洒脱で軽妙なものが多く、庶民の間にも広く親しまれた。 上矢敲氷の代表句としては、以下の句が挙げられる。 * 「霜枯れや駒と枕をならべ置く」 * 「夏草や兵どもが夢の跡」 * 「雪とけて村一生の屎尿かな」 * 「花曇りかすかに見ゆる富士山」 * 「朝ぼらけ野分は庭に風の音」 これらの句は、いずれも日本の自然の美しさと無常観を詠んだものであり、上矢敲氷の俳句の特色をよく表している。
歴史上の人物

五味長元 – 江戸時代後期に活躍した郷士

-遣米使節への参加と「亜行航海日記」- 五味長元は、江戸時代後期の郷士で、遣米使節団の一員としてアメリカに渡ったことで知られています。1860年(万延元年)、長元は遣米使節団の記録係として、咸臨丸で渡米しました。このとき、長元は「亜行航海日記」という日記をつけました。この日記は、咸臨丸の航海の様子や、アメリカでの出来事などを記録した貴重な資料です。 「亜行航海日記」は、咸臨丸の航海から約100年後の1960年に発見されました。この日記は、遣米使節団のアメリカ滞在中の様子や、咸臨丸の航海の様子を詳細に記録しています。日記の中には、長元が見たアメリカの風景や、アメリカ人の生活の様子なども描かれています。 「亜行航海日記」は、遣米使節団の歴史を知る上で貴重な資料です。また、この日記は、アメリカの歴史を知る上でも貴重な資料です。日記には、アメリカ人の生活の様子や、アメリカの社会の様子などが詳細に記録されており、当時のアメリカの社会を知る上で貴重な情報となっています。 五味長元は、遣米使節団の一員としてアメリカに渡った郷士です。このとき、長元は「亜行航海日記」という日記をつけました。この日記は、咸臨丸の航海の様子や、アメリカでの出来事などを記録した貴重な資料です。「亜行航海日記」は、遣米使節団の歴史を知る上で貴重な資料です。また、この日記は、アメリカの歴史を知る上でも貴重な資料です。
歴史上の人物

和紙のパイオニア:望月清兵衛の軌跡

-西島和紙の誕生- 望月清兵衛は、西島和紙の生みの親です。1859年に米沢藩領の西島村(現在の山形県米沢市)に生まれ、幼い頃から和紙作りに携わっていました。 1890年、清兵衛は西島村に和紙工場を建設しました。当時、日本の和紙生産の中心は岐阜県美濃市でしたが、清兵衛は西島の豊富な水と良質な原料を利用して、美濃和紙に対抗する和紙の生産を目指しました。 清兵衛は、原料の楮(こうぞ)の栽培から紙すきまで、すべての工程に改良を加えました。また、機械化にも積極的に取り組み、和紙生産の効率化を図りました。 清兵衛の努力の結果、西島和紙は美濃和紙に匹敵する品質を誇るようになりました。西島和紙は、書道や絵画、障子紙など、さまざまな用途に使用されるようになりました。 清兵衛は、西島和紙の生産を拡大するために、積極的に販路を開拓しました。清兵衛は、海外にも西島和紙を輸出しました。西島和紙は、国内外で高く評価されるようになりました。 清兵衛は、1929年、70歳で亡くなりました。しかし、清兵衛が築いた西島和紙の生産技術は、後世に受け継がれました。西島和紙は、現在でも日本の代表的な和紙として生産され続けています。 西島和紙は、清兵衛の努力と情熱によって生まれた和紙です。西島和紙は、日本の伝統文化を支える大切な財産です。
歴史上の人物

– 大久保章言

大見出し 大久保章言 小見出し 大久保章言の生涯 大久保章言は、1886年(明治19年)に現在の東京都府中市で生まれました。父は、大久保章太郎、母は、大久保富子です。章言は、6人兄弟の2番目で、兄の章一、弟の章二、章三、章四、章五がいました。 章言は、幼い頃から聡明で、学業に秀でていました。1901年(明治34年)に府中尋常小学校を卒業後、東京府立第一中学校に進学しました。第一中学校では、野球部に所属し、投手として活躍しました。1905年(明治38年)に第一中学校を卒業後、東京帝国大学法科大学に進学しました。 東京帝国大学法科大学では、政治学を専攻しました。1910年(明治43年)に東京帝国大学法科大学を卒業後、大蔵省に入省しました。大蔵省では、主計局に配属され、予算編成を担当しました。 1918年(大正7年)に、大蔵省を退官して、政界に入りました。1920年(大正9年)に、第14回衆議院議員総選挙に立候補して当選しました。以後、連続7回当選を果たしました。 章言は、衆議院議員として、主に財政問題に取り組みました。1924年(大正13年)に、大蔵大臣に任命されました。大蔵大臣としては、緊縮財政を断行して、財政の健全化を図りました。1926年(大正15年)に、大蔵大臣を辞任しました。 章言は、1932年(昭和7年)に、内閣総理大臣に任命されました。章言内閣は、軍部の圧力に屈して、満州事変を承認しました。また、国際連盟を脱退しました。1934年(昭和9年)に、章言内閣は総辞職しました。 章言は、1945年(昭和20年)に、病気のため死去しました。享年59歳でした。
美術分野の人

写真家「白籏史朗」の人生と作品

-写真家「白籏史朗」の人生と作品- -写真家・白籏史朗の歩み- 白籏史朗は、1925年に東京都に生まれた写真家です。本名は白籏史郎と書き、1987年に「白籏史朗」と改名しました。 白籏は、第二次世界大戦中に海軍に入隊し、終戦後は写真学校に通い、写真家としての道を歩み始めました。1950年代には、写真雑誌「カメラ毎日」に作品を発表し、若手写真家として注目を集めました。 1960年代には、白籏は「写真新世紀」を結成し、写真界の革新を訴えました。また、この頃には、白籏は海外にも進出し、ニューヨークで個展を開くなど、国際的に活躍するようになりました。 1970年代には、白籏は「写真表現」を結成し、日本の写真界の発展に貢献しました。また、この頃には、白籏は「記録写真」を提唱し、社会問題をテーマにした写真を多く発表しました。 1980年代には、白籏は「写真家協会」の会長に就任し、写真界のリーダーとして活躍しました。また、この頃には、白籏は「写真美術館」を開設し、写真作品の収集と展示を行いました。 白籏は、1999年に74歳で亡くなりましたが、その作品は世界中の美術館やギャラリーで展示され、多くの人々に愛されています。 -白籏史朗の作品の特徴- 白籏史朗の作品は、モノクロームの写真が多く、シンプルで力強い構成が特徴です。また、白籏の作品は、社会問題をテーマにしたものが多く、戦争、貧困、差別など、人々の苦しみや悲しみを訴えています。 白籏は、写真を通して社会に問題提起をしており、その作品は多くの人々に衝撃を与えました。白籏は、写真家としてだけでなく、社会活動家としても活躍し、その功績は高く評価されています。
歴史上の人物

土屋忠直:戦国時代の武将

土屋忠直戦国時代の武将 生い立ちと家系 土屋忠直は、戦国時代の武将です。美濃国大垣城主を務めました。 忠直は、土屋正直の嫡男として、永正8年(1511年)に生まれました。土屋氏は、清和源氏の流れを汲む名門であり、忠直は幼い頃から武芸に励み、優れた武将として成長しました。 天文21年(1552年)には、父・正直が斎藤道三に攻められて戦死し、忠直は家督を継ぎます。その後、忠直は斎藤道三に仕え、数々の戦いで功績をあげました。 しかし、天文23年(1554年)に斎藤道三が織田信長に敗れ、嫡男・斎藤義龍が家督を継ぐと、忠直は斎藤氏を離れ、織田信長に仕えるようになりました。 信長に仕えた忠直は、桶狭間の戦い、三河一向一揆、姉川の戦いなど、数々の戦いで活躍し、信長から厚い信頼を受けました。 元亀元年(1570年)には、信長に従って越前国の朝倉義景を討伐し、功績をあげました。その後、忠直は信長の命により、美濃国大垣城の守備を任されました。 大垣城主となった忠直は、城の改修や周囲の農村の整備などを行い、大垣を一大拠点として発展させました。また、忠直は織田信長の家臣の中でも、特に信長に忠実な武将として知られ、信長から「人の城に立たず」と称賛されました。 天正12年(1584年)、忠直は羽柴秀吉が率いる軍勢によって大垣城を攻められ、落城しました。忠直は秀吉に降伏し、以後は豊臣秀吉に仕えました。 秀吉に仕えた忠直は、九州平定、小田原征伐、朝鮮出兵など、数々の戦いで活躍しました。また、忠直は秀吉から上総国の平定を命じられ、秀吉の関東平定に貢献しました。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで忠直は西軍に属し、美濃国大垣城に立て籠もりました。しかし、徳川家康の軍勢によって大垣城は攻められ、落城しました。忠直は家康に降伏し、以後は徳川家康に仕えました。 忠直は、徳川家康に仕えた後、慶長16年(1611年)に死去しました。享年101歳でした。
芸能分野の人

八代英太 – タレントから政治家への道

-八代英太の生い立ちと芸能界入り- 八代 英太(やしろ えいた、1957年12月5日 - )は、日本の政治家、元タレント。公明党所属の衆議院議員(1期)、元神戸市議会議員(5期)。兵庫県神戸市兵庫区出身。所属事務所は松竹芸能。 -生い立ちと芸能界入り- 1957年12月5日に兵庫県神戸市兵庫区に生まれる。神戸市立鵯台中学校、明石市立明石高等学校、桃山学院大学経済学部経済学科卒業。 大学卒業後、1982年に松竹芸能に入り、タレントとして活動を開始。1983年に「モーニングジャンボ奥さま8時半です」(TBS)で、やしきたかじん、ぜんじろう、佐々木美絵、貝山知弘とともにレギュラー出演した。1984年には、3人で阿倍野ロックタウンのCMに出演。 タレントとしてはその後、俳優として、映画「超少女REIKO」(1991年)、「劇場版 超少女REIKO / 夢のENDで恋が唄う」(1992年)、「トラック野郎UFO激走団」(1992年)、「瀬戸内武侠伝 人斬り数え唄」(1994年)に主演した。 1995年には、兵庫県議会議員選挙に立候補し、落選した。
歴史上の人物

「受天栄祐」の生涯と功績-戦国時代の僧

受天栄祐の出身と生い立ち 受天栄祐は、1505年に京都で生まれた。父は念阿弥(聖雲伯光)といい、母は不明。念阿弥は、東福寺で修行した後に、相国寺に転じて、のちに大徳寺の塔頭である海蔵院の院主となった。受天栄祐は、幼い頃に念阿弥のもとで出家し、受天栄祐と名乗った。 受天栄祐は、相国寺で修行した後、大徳寺に移り、1526年に大徳寺の塔頭である黄梅院の院主となった。その後、受天栄祐は、大徳寺の住職を務め、1548年には、相国寺の住職に就任した。 受天栄祐は、臨済宗の僧侶として、禅の教えを説く一方、戦乱の続く世の中で、人々を救済する活動にも尽力した。受天栄祐は、1548年に、相国寺を復興し、また、1558年には、京都の東本願寺を再興した。さらに、受天栄祐は、1564年に、織田信長に招かれて、安土城に赴き、信長に禅の教えを説いた。 受天栄祐は、1568年に、相国寺の住職を辞任し、大徳寺に戻った。その後、受天栄祐は、1573年に、大徳寺の塔頭である龍源院の院主となり、1576年に、大徳寺の住職に再任された。 受天栄祐は、1581年に死去した。享年76。受天栄祐は、臨済宗の僧侶として、禅の教えを説く一方、戦乱の続く世の中で、人々を救済する活動にも尽力した。受天栄祐は、戦国時代の代表的な僧侶の一人であり、その生涯と功績は、現在でも高く評価されている。
政治分野の人

– 「三枝彦太郎」の生涯と功績

-経営者としての実績- 三枝彦太郎は、経営者としても優れた手腕を発揮しました。1925年に兄の三枝守太郎とともに日清製粉株式会社を設立し、社長に就任しました。同社は、日本初の小麦粉専業メーカーであり、三枝彦太郎の経営手腕によって、業界をリードする企業に成長しました。 三枝彦太郎は、経営者として、以下のような実績を残しています。 * -日清製粉株式会社の設立と経営- * -業界初の小麦粉専業メーカーとしての成功- * -日本初の小麦粉工場の建設- * -小麦粉の品質向上と新製品の開発- * -小麦粉の輸出拡大- 三枝彦太郎の経営手腕は、業界内外から高く評価され、多くの賞を受賞しています。1936年には、藍綬褒章を受章し、1943年には、勲四等瑞宝章を受章しました。 三枝彦太郎は、1945年に日清製粉株式会社の社長を退任し、同社の相談役に就任しました。その後も、同社の経営に携わり、1962年に88歳で亡くなるまで、同社の発展に貢献しました。 三枝彦太郎の経営者としての功績は、日本の小麦粉産業の発展に大きく貢献しており、今日の日本の小麦粉産業の基礎を築いた人物として高く評価されています。
歴史上の人物

遠山信政

遠山信政とは 遠山信政(とおやま のぶまさ、天正17年(1589年) - 寛永元年(1624年))は、戦国時代・江戸時代前期の大名。遠山直景の嫡男。母は上杉景勝の娘・菊姫。通称は源三郎、与左衛門。官位は従五位下・丹波守。 遠山信政の生涯 遠山信政は、天正17年(1589年)、信濃国小諸城主・遠山直景の嫡男として生まれる。母は上杉景勝の娘・菊姫。幼名は源三郎。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで東軍に属した父・直景が戦功を挙げ、美濃国岩村藩1万石に加増される。信政も父に従って岩村に移り住む。 慶長12年(1607年)、父・直景が死去し、信政が家督を相続する。遠山氏の家格は譜代大名であり、丹波守に叙任される。 元和2年(1616年)、大坂夏の陣に参戦。天王寺口の戦いで功績を挙げ、戦後、徳川家康から感状を受ける。 元和6年(1620年)、信政は隠居し、家督を嫡男・景政に譲る。隠居後は、信濃国小諸に隠棲し、俳諧などの風流を楽しんだ。 寛永元年(1624年)、信政は小諸で死去した。享年36。 遠山信政の功績 遠山信政は、美濃国岩村藩の初代藩主として、藩政の基礎を固めた。また、大坂夏の陣では功績を挙げ、徳川家康から感状を受けている。 遠山信政の性格と人物像 遠山信政は、温厚で慈悲深い性格だったと伝えられている。また、和歌や俳諧を好むなど、風流な一面もあった。
美術分野の人

内藤香石→ 篆刻の巨匠が残した功績

-内藤香石の生涯と経歴- 内藤香石は、1870年に石川県金沢市に生まれ、1946年に東京で亡くなった篆刻家です。幼少期から書に親しみ、18歳の頃に篆刻を始める。1893年、上京して、小室翠雲、富永沙渓に師事。1900年に、私塾「篆刻研究会」を設立。1901年に、東京美術学校教授に就任。1907年に、文部省美術展覧会審査員に就任。1913年に、帝国美術院会員に選出。1919年に、東京美術学校校長に就任。1925年に、帝国美術院評議員に就任。1927年に、帝国美術院理事長に就任。1935年に、帝国芸術院会員に選出。1943年に、帝国芸術院賞を受賞。 内藤香石は、篆刻の第一人者として、篆刻の普及と発展に尽力しました。また、篆刻の理論と実技を体系化し、篆刻の教育にも力を入れました。内藤香石の篆刻は、その高い芸術性と完成度で、国内外で高く評価されています。 内藤香石は、その功績により、1919年に東京美術学校校長に就任し、1925年に帝国美術院評議員に就任。また、1927年には、帝国美術院理事長に就任して、篆刻界の発展に尽力しました。 内藤香石は、1946年に東京で亡くなりましたが、その篆刻作品は現在も多くの美術館に収蔵されており、多くの人々から愛されています。
歴史上の人物

真田信尹-戦乱の世を駆け抜けた真田家の名将

真田幸隆の四男として波乱の生涯を歩む 真田信尹は、真田幸隆の四男として、天文10年(1541年)に生まれた。真田家は、戦国時代の名将・真田幸村を輩出した名門であり、信尹もまた、父や兄たちと共に戦乱の世を駆け抜けた。 信尹は、幼い頃から武芸に励み、15歳で初陣を果たした。その後、兄たちと共に各地を転戦し、数々の武功を立てた。永禄4年(1561年)には、川中島合戦で武田信玄の軍勢と戦い、負傷しながらも敵将を討ち取るという勇猛果敢な戦いを見せた。 その後、信尹は父・幸隆の死後に家督を継ぎ、真田家の当主となった。信尹は、家督を継いだ後も、武田信玄の配下として各地を転戦した。しかし、天正10年(1582年)に武田信玄が病死すると、武田家は衰退し始めた。信尹もまた、武田家の衰退とともに、苦境に立たされた。 その後、信尹は織田信長に臣従したが、本能寺の変で信長が横死すると、再び織田家と敵対した。その後、信尹は徳川家康に臣従し、関ヶ原の戦いでは家康の軍勢に加わって戦った。 関ヶ原の戦いで徳川家が勝利した後、信尹は上田藩主となった。信尹は、上田藩主として領内の統治に励み、藩政を安定させた。また、信尹は、学問や芸術を奨励し、上田藩を文化の拠点とした。 信尹は、寛永9年(1632年)に死去した。享年92歳であった。信尹は、戦乱の世を駆け抜けた名将であり、上田藩の基礎を築いた名君であった。