岡山県

学術分野の人

江戸時代中後期地理学者・古川古松軒について

-古川古松軒が生きた江戸時代- 古川古松軒が活躍した江戸時代は、日本が鎖国を行い、独自の文化と伝統を育んだ時代です。江戸幕府が政権を握り、社会は安定しましたが、一方で幕藩体制による身分制度が厳格に定められ、庶民は厳しい生活を強いられました。また、江戸時代は、経済が成長し、人口が増加するなど、日本の歴史上大きな変化のあった時代でもあります。 17世紀初頭、江戸幕府は鎖国政策を実施しました。これは、外国との交易を禁止し、外国人の来日を厳しく制限する政策です。鎖国政策は、日本の伝統と文化を守ることを目的としていましたが、結果として、日本は世界から孤立し、新しい知識や技術が入りにくくなりました。 一方で、江戸時代は経済成長の時代でもありました。商業や工業が発達し、人口も増加しました。江戸は、世界最大級の都市となり、京都は、日本の文化の中心地として栄えました。また、江戸時代には、多くの文化人が活躍しました。浮世絵師の葛飾北斎や歌人の松尾芭蕉などは、今でも世界中で知られています。 そんな江戸時代の中期に古川古松軒は誕生しました。古松軒の活躍した江戸時代は、社会が安定し、文化が栄えた時代であり、古松軒の地理学研究もこの時代の恩恵を受けて大きく発展しました。
歴史上の人物

木下備中守定とその功績

-木下備中守定の生涯- 木下備中守定は、戦国時代から江戸時代にかけての武将です。尾張国海東郡木下村(現在の愛知県海部郡飛島村木下)に生まれ、幼名は弥九郎、後に定春と改名しました。織田信長に仕え、信長の死後は豊臣秀吉に仕えました。のちに、豊臣秀頼に仕えます。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、東軍に属し、徳川家康に仕えました。 大坂の陣では、徳川方に参戦し、豊臣氏を滅亡させるのに貢献しました。慶長20年(1615年)に死去しました。享年68。木下備中守定は、優れた軍人で、徳川家康の天下統一に貢献しました。また、豊臣秀吉や蒲生氏郷など、多くの名将と親交を深めていました。 木下備中守定は、戦国時代から江戸時代にかけての武将です。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など、多くの名将に仕えました。関ヶ原の戦いでは、東軍に属し、徳川家康に仕えました。大坂の陣では、徳川方に参戦し、豊臣氏を滅亡させるのに貢献しました。慶長20年(1615年)に死去しました。享年68。 木下備中守定は、優れた軍人で、徳川家康の天下統一に貢献しました。また、豊臣秀吉や蒲生氏郷など、多くの名将と親交を深めていました。
歴史上の人物

高崎親章-明治-大正時代の官僚

-# 官僚としての功績 高崎親章は、明治から大正時代にかけて活躍した官僚です。内務省や大蔵省で要職を歴任し、日本の近代化に大きく貢献しました。 高崎親章の官僚としての功績は、まず、地方制度の整備です。高崎親章は、内務省で地方局長を務め、郡制や町村制の制定に尽力しました。郡制や町村制は、日本の地方自治制度の基礎を築いた重要な法律です。 高崎親章の功績は、次に、殖産興業政策の推進です。高崎親章は大蔵省で主税局長や銀行局長を務め、殖産興業政策の立案・実施に尽力しました。殖産興業政策は、日本の産業発展に大きく貢献しました。 高崎親章の功績は、最後に、日露戦争の勝利です。高崎親章は、日露戦争中に大蔵次官を務め、戦費の調達や経済の統制に尽力しました。日露戦争の勝利は、日本の国際的地位の向上に大きく貢献しました。 高崎親章は、日本の近代化に大きく貢献した偉大な官僚でした。
歴史上の人物

野矢為政 – 江戸時代後期の武士

-美作国津山藩の武士- 野矢為政は、江戸時代後期の美作国津山藩の武士です。津山藩は、現在の岡山県津山市に藩庁を置いた藩で、江戸時代を通じて森氏が藩主を務めました。為政は、森氏の家臣であり、津山藩の重臣として活躍しました。 為政は、天明元年(1781年)に津山藩士・野矢為久の長男として生まれました。幼名は与七郎、通称は新介、号は素峰でした。 為政は、幼い頃から学問や武芸に秀でており、藩主の森忠敬から寵愛されました。寛政12年(1800年)、森忠敬が隠居した後は、新藩主となった森忠賛に仕えました。 為政は、忠賛の信任を得て、津山藩の重臣として活躍しました。幕末の動乱期には、藩主・森忠徳を補佐して、津山藩の藩政を安定させました。 慶応4年(1868年)、戊辰戦争が勃発すると、為政は津山藩兵を率いて、官軍に協力して戦いました。戊辰戦争後、津山藩は廃藩置県によって消滅しました。 廃藩置県後、為政は津山に隠居しました。明治16年(1883年)、73歳で死去しました。 為政は、津山藩の重臣として活躍しただけでなく、儒学者としても知られています。為政は、朱子学を学び、多くの儒教書を著しました。また、和歌にも優れており、多くの和歌を残しました。 為政は、江戸時代後期の津山藩を代表する武士であり、儒学者として、和歌人としても活躍しました。
美術分野の人

寺松国太郎:明治から昭和にかけて活躍した日本の洋画家

-寺松国太郎の生涯と経歴- 寺松国太郎は、1855年(安政2年)に肥前国(現在の長崎県)で生まれました。1877年(明治10年)に工部美術学校に入学し、西洋画を学び始めました。翌1878年(明治11年)にイタリアに留学し、ローマやフィレンツェで学びました。 1883年(明治16年)に帰国し、工部美術学校で教鞭を執りました。1887年(明治20年)に第1回内国勧業博覧会において銅メダルを受賞し、1890年(明治23年)には日本美術協会の創立に参加しました。 1893年(明治26年)に再びイタリアに留学し、1896年(明治29年)に帰国しました。帰国後、東京美術学校で教鞭を執り、1907年(明治40年)に東京美術学校校長に就任しました。 1922年(大正11年)には帝国芸術院会員に選出され、1925年(大正14年)には文化勲章を受章しました。1936年(昭和11年)に81歳で亡くなりました。 寺松国太郎は、明治から昭和にかけて活躍した日本の洋画家の先駆者の一人です。印象派の影響を受けた画風で知られ、風景画、人物画、静物画など幅広いジャンルの作品を制作しました。 寺松国太郎の作品は、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、広島県立美術館など、全国の美術館に収蔵されています。
歴史上の人物

牧野岡山 – 幕末から明治時代にかけて活躍した医師

生い立ちと経歴 牧野岡山は、1822年(文政5年)1月2日、肥前国長崎(現在の長崎県長崎市)に生まれました。父は蘭学者であり、岡山はその影響を受けて医学を志しました。1840年(天保11年)に長崎医学伝習所に入学し、蘭学を学びました。 1845年(弘化2年)に医学伝習所を卒業し、長崎市内の病院で勤務しました。1853年(嘉永6年)にペリーが浦賀に再来航すると、幕府は長崎に病院を開設し、岡山の勤務先もその病院に移されました。 1858年(安政5年)に日米修好通商条約が締結されると、岡山は長崎海軍伝習所の医官に任命されました。海軍伝習所では、西洋医学を学び、日本の医術の発展に貢献しました。 1868年(明治元年)に明治維新が起こると、岡山は新政府の衛生局に任命され、日本の衛生行政の基礎を築きました。また、東京大学医学部の教授に任命され、日本の医学教育の発展にも貢献しました。 岡山は、1891年(明治24年)に69歳で亡くなりましたが、日本の医学の発展に多大な貢献をした人物として知られています。
歴史上の人物

渡辺松窩

渡辺松窩とは 渡辺松窩(1769〜1842年)は江戸時代(1716〜1868年)の文人画家である。名は信、のちに重信、主計、通称庄左衛門。松窩は号で、生涯多くの号を用い、卍山、真竹老人、雲水万里子などの別号でも知られる。 備後国(現在の広島県福山市)生まれ。父は備後の国に生まれ、後に江戸へでて材木商を営んでいた渡辺元左衛門実は、宮本市左衛門重充。その子として江戸に生まれたが、8歳の時に備後に帰り、12歳で、備後福山藩に仕えた。藩校で朱子学を学ぶ一方、書画を学んでおり、文人画家として活躍した。 父は明末清初の中国の文人画家、顔延年の『山水訣』を愛読しており、松窩は中国の画法の影響を強く受けた。江戸時代中期より中国の文人画の影響を受けた南画の文化が日本に入ってきたが、松窩は日本における南画の草分けとして知られている。また、中国の文人画の技法を日本画に取り入れた。 松窩は江戸時代後期を代表する文人画家の一人で、特に山水画をよくした。その画風は、明代中期に活躍した沈周の画風に倣ったものである。また、画論にも優れており、文人画の理論をまとめた『画山水訣』を著した。 松窩は、その画風と画論によって、江戸時代後期に活躍した多くの文人画家に大きな影響を与えた。また、その画作は、今日でも多くの美術館や個人 kolektor によって所蔵されている。
芸能分野の人

三村伸太郎 – 昭和時代の脚本家

-三村伸太郎の生涯- 三村伸太郎(1901年1月5日 - 1971年1月21日)は、昭和時代の脚本家。石川県出身。本名は牧野伸太郎。 1923年、早稲田大学を卒業後、松竹蒲田撮影所に入社。1924年、小坂哲人に師事し、脚本家としてデビューした。1927年、清水宏監督の『海国男児』で、初のオリジナル脚本を執筆した。 1931年、松竹蒲田撮影所を退社し、フリーランスの脚本家として活動を開始した。1932年、小津安二郎監督の『東京の合唱』で、初のトーキー脚本を執筆した。1933年、清水宏監督の『血と砂』で、初の劇映画脚本を執筆した。 1934年、溝口健二監督の『瀧の白糸』で、初めて大映の映画の脚本を執筆した。1935年、内田吐夢監督の『無法松の一生』で、初めて日活の映画の脚本を執筆した。 1936年、清水宏監督の『姿三四郎』で、初めて東宝の映画の脚本を執筆した。1937年、山中貞雄監督の『土』で、初めて新興キネマの映画の脚本を執筆した。 1939年、島津保次郎監督の『人情紙風船』で、初めて東映の映画の脚本を執筆した。1940年、古賀新作監督の『エノケンのとび助』で、初めて松竹大船撮影所の映画の脚本を執筆した。 1941年、戦時色が強まり、脚本家として活動することが困難になったため、満州に渡り、映画製作に従事した。1945年、終戦後、日本に帰国し、脚本家として活動を再開した。 1946年、山本嘉次郎監督の『そよかぜ』で、初めて東宝映画の脚本を執筆した。1947年、木下惠介監督の『四つの恋の物語』で、初めて大映映画の脚本を執筆した。 1948年、清水宏監督の『人生劇場』で、初めて東映映画の脚本を執筆した。1949年、内田吐夢監督の『どぶ』で、初めて松竹大船映画の脚本を執筆した。 1950年、溝口健二監督の『西鶴一代女』で、初めて新東宝映画の脚本を執筆した。1951年、小津安二郎監督の『晩春』で、初めて松竹映画の脚本を執筆した。 1952年、木下恵介監督の『カルメン故郷に帰る』で、初めて東宝映画の脚本を執筆した。1953年、黒澤明監督の『七人の侍』で、初めて黒澤明監督の映画の脚本を執筆した。 1954年、清水宏監督の『羅生門』で、初めて大映映画の脚本を執筆した。1955年、木下恵介監督の『二十四の瞳』で、初めて東宝映画の脚本を執筆した。 1956年、市川崑監督の『ビルマの竪琴』で、初めて松竹映画の脚本を執筆した。1957年、黒澤明監督の『蜘蛛巣城』で、初めて黒澤明監督の映画の脚本を執筆した。 1958年、成瀬巳喜男監督の『浮草』で、初めて東宝映画の脚本を執筆した。1959年、小津安二郎監督の『秋日和』で、初めて松竹映画の脚本を執筆した。 1960年、木下惠介監督の『裸の島』で、初めて東宝映画の脚本を執筆した。1961年、成瀬巳喜男監督の『妻として女として』で、初めて松竹映画の脚本を執筆した。 1962年、黒澤明監督の『椿三十郎』で、初めて黒澤明監督の映画の脚本を執筆した。1963年、市川崑監督の『東京オリンピック』で、初めて松竹映画の脚本を執筆した。 1964年、木下恵介監督の『天国と地獄』で、初めて東宝映画の脚本を執筆した。1965年、黒澤明監督の『赤ひげ』で、初めて黒澤明監督の映画の脚本を執筆した。 1966年、成瀬巳喜男監督の『古都』で、初めて松竹映画の脚本を執筆した。1967年、市川崑監督の『どですかでん』で、初めて松竹映画の脚本を執筆した。 1968年、木下恵介監督の『二人だけの砦』で、初めて東宝映画の脚本を執筆した。1969年、黒澤明監督の『どですかでん』で、初めて黒澤明監督の映画の脚本を執筆した。 1970年、成瀬巳喜男監督の『乱れ雲』で、初めて松竹映画の脚本を執筆した。1971年、1月21日に死去した。享年70。
経済分野の人

橋本徹-「富士銀行(現みずほ銀行) 頭取」

橋本徹-「富士銀行(現みずほ銀行) 頭取」
政治分野の人

野崎定次郎 (1854-1933):政治家、実業家

-野崎定次郎の生い立ちと経歴- 野崎定次郎は、1854年(安政元年)に、江戸(現在の東京都)で生まれた。父は、野崎武右衛門といい、呉服問屋を営んでいた。定次郎は、幼い頃から頭が良く、14歳の時には、東京外国語学校(現在の東京外国語大学)に入学した。18歳で卒業した後、アメリカ合衆国に留学し、ペンシルベニア大学で経済学を学んだ。 1876年(明治9年)に日本に帰国した定次郎は、実業家として活躍を始めた。1880年(明治13年)に、東京で日本初の私鉄である東京馬車鉄道株式会社を設立した。さらに、1885年(明治18年)には、日本初の電気会社である東京電灯株式会社を設立した。定次郎は、近代日本のインフラ整備に貢献した偉大な実業家として知られている。 1890年(明治23年)には、政界に転身し、衆議院議員に当選した。定次郎は、自由民権運動のリーダーとして活躍し、立憲政体の確立に尽力した。1900年(明治33年)には、第1次桂太郎内閣で逓信大臣に任命された。定次郎は、逓信大臣として、郵便や電信の近代化に努めた。 1901年(明治34年)には、第2次桂太郎内閣で農商務大臣に任命された。定次郎は、農商務大臣として、農業や商業の振興に努めた。1906年(明治39年)には、第1次西園寺公望内閣で内務大臣に任命された。定次郎は、内務大臣として、地方自治制度の整備に努めた。 1914年(大正3年)に、第1次大隈重信内閣で文部大臣に任命された。定次郎は、文部大臣として、教育制度の改革に努めた。1916年(大正5年)には、第2次大隈重信内閣で外務大臣に任命された。定次郎は、外務大臣として、対中国政策の推進に努めた。 1933年(昭和8年)に死去。享年79。
歴史上の人物

松坂帰庵(1891-1959):偉大な書家、画家、歌人、陶芸家

-# 生い立ちと修行 松坂帰庵は1891年、石川県金沢市に生まれました。本名は松坂宗華といい、旧姓は池田です。幼い頃から絵画と書道に親しみ、10代半ばで上京して日本美術院で学びました。同門には、後に日本美術院の重鎮となる横山大観や菱田春草などがいます。 帰庵は、日本美術院で学んだ後、各地を旅してスケッチや写生に励みました。また、中国や朝鮮にも渡り、東洋の伝統芸術を研究しました。帰庵は、旅先で出会った人々や風景を題材に、独自の画風を確立していきました。 帰庵は、絵画だけではなく、書道、歌、陶芸にも優れていました。書道では、中国の書法を学び、独自の書風を確立しました。歌では、古今和歌集を研究し、多くの歌を詠みました。陶芸では、茶碗や花瓶などの器物を制作しました。 帰庵は、1959年に東京で亡くなりました。享年68歳でした。帰庵は、日本美術史に残る偉大な芸術家として現在も高く評価されています。
歴史上の人物

赤松寸雲→ 江戸後期から明治時代の儒者

-赤松寸雲の生涯- 赤松寸雲(あかまつ すんうん、文化元年(1804年)- 明治45年(1912年))は、江戸後期から明治時代の儒学者です。名は顕道(けんだ)、字は寸雲、通称は省吾(せいご)。 赤松寸雲は、文化元年(1804年)に備中国浅口郡連島村(現在の岡山県倉敷市連島町)に生まれました。父は儒者の赤松成徳、母は庄屋の長女、みなという。 幼い頃から聡明で、6歳で詩を詠み、8歳で『論語』を読み、10歳で『孟子』を読みこなしたと言われています。14歳の時、江戸に出て、昌平黌に入学。 昌平黌では、儒学を学び、朱子学を修めました。また、西洋の学問にも興味を持ち、蘭学を学びました。 昌平黌を卒業後、各地を遊歴し、儒学を講じました。嘉永5年(1852年)、江戸に出て、塾を開きました。 安政年間には、ペリー来航に際して、攘夷を主張しました。文久3年(1863年)、尊王攘夷運動に参加し、長州藩の参謀として活躍しました。 しかし、元治元年(1864年)の長州征伐で長州藩が敗北すると、寸雲は薩摩藩に逃れました。薩摩藩では、西郷隆盛や大久保利通らと親交を結び、藩政改革に協力しました。 明治維新後、寸雲は明治政府に出仕し、文部省の官僚として活躍しました。明治5年(1872年)、文部卿に任命されました。 文部卿在任中は、学制を制定し、近代的な教育制度を確立しました。また、東京大学の前身である東京開成学校を設立しました。 明治15年(1882年)、文部卿を辞任し、郷里の岡山県に隠居しました。明治45年(1912年)に81歳で死去しました。 寸雲は、儒学を基盤とし、西洋の学問も学び、近代日本の教育制度を確立した人物です。また、尊王攘夷運動や明治維新にも参加し、日本の近代化に貢献しました。
文学分野の人

「八千房屋烏」

-八千房屋烏の生涯- 八千房屋烏とは、江戸時代の日本に実在した、不思議な力を持った烏です。 八千房屋烏の伝説は、江戸時代前期の寛永年間(1624~1644年)にさかのぼります。当時、江戸の町には、八千房屋と呼ばれる、大きな屋敷に住む裕福な商人がいました。八千房屋の屋敷には、一羽の烏が住んでいました。この烏は、普通の烏とは違って、言葉を話すことができました。 八千房屋烏は、八千房屋の屋敷で暮らす人々から、大いに愛されていました。八千房屋烏は、八千房屋の屋敷のことを「お屋敷」と呼び、八千房屋の主人を「おやっさん」と呼んでいました。八千房屋烏はおやっさんをとても敬愛しており、おやっさんのために様々なことをしていました。 例えば、八千房屋烏はおやっさんのために、毎朝新聞を運んできました。また、八千房屋烏はおやっさんのために、毎晩おやっさんの寝室の窓辺に止まって、おやっさんが眠るまで歌を歌って聞かせていました。 八千房屋烏は、おやっさんのために、様々な不思議な力を使っていました。例えば、八千房屋烏はおやっさんの財布を盗んだ泥棒を捕まえてきました。また、八千房屋烏はおやっさんの病気を治してきました。 八千房屋烏は、おやっさんのために、様々なことをして、おやっさんにとても愛されていました。しかし、ある日、八千房屋烏は突然姿を消してしまいました。八千房屋烏を探しましたが、ついに見つかりませんでした。 八千房屋烏が姿を消した理由は、謎のままです。しかし、八千房屋烏は、今でも江戸の人々の間で語り継がれています。
美術分野の人

– 「三宅西浦」について

-人名辞典とは何か?- 人名辞典とは、さまざまな分野で活躍した人々の経歴や業績をまとめた辞書のことです。政治家、経済人、芸能人、スポーツ選手など、各界で活躍した人物について、生年月日、出身地、学歴、経歴、主な業績などが記載されています。 人名辞典は、人物情報に関するさまざまな情報を網羅しており、人物を調査したり、人物に関する情報を調べたりする際に役立つ資料です。また、人物の生涯や業績を学ぶことで、その分野の歴史や文化を理解する助けにもなります。 人名辞典には、さまざまな種類があります。日本の著名人をまとめた「日本人名大辞典」、世界中の著名人をまとめた「世界人名大辞典」、特定の分野の著名人をまとめた「医学人名辞典」、「音楽人名辞典」などがあります。 人名辞典は、図書館や書店などで購入することができます。また、インターネット上でも、さまざまな人名辞典を閲覧することができます。
政治分野の人

福井三郎(1857~1935):甲府日日新聞記者から政界へ

明治期のジャーナリストとして 福井三郎は、明治初期に甲府日日新聞の記者として活躍した。同紙は、1874年(明治7年)に創刊された甲府初の新聞で、福井は創刊からまもなく記者として入社した。 福井は、甲府日日新聞記者として、県内のニュースや世論を積極的に報道した。また、同紙に掲載された記事の中には、福井の独創的な視点や鋭い分析が光るものも少なくなかった。 福井のジャーナリストとしての活躍は、甲府日日新聞の発行部数を伸ばし、同紙を県内有数の新聞へと成長させることに貢献した。また、福井の記事は、県民の意識啓発や社会改革への機運醸成にも大きな役割を果たした。 福井は、ジャーナリストとしての実績が認められて、1884年(明治17年)に甲府市議会議員に当選した。その後、1889年(明治22年)には山梨県議会議員に当選し、県政にも参画した。 福井は、政界に進出後も、ジャーナリストとしての活動を続けた。同氏は、1897年(明治30年)に山梨日日新聞を創刊し、同紙の主筆として論陣を張った。 福井三郎は、明治期の山梨県を代表するジャーナリストであり、政治家であった。同氏は、県内のニュースや世論を積極的に報道し、県民の意識啓発や社会改革への機運醸成に大きな役割を果たした。また、同氏は、甲府市議会議員や山梨県議会議員として、県政にも参画し、県民の生活向上に貢献した。
歴史上の人物

児島東雄

-児島東雄の生涯- 児島東雄(こじま-とうゆ)は、1905年(明治38年)10月27日に岡山県浅口郡金光町(現在のアサヒ町)に生まれた。彼の父は造り酒屋を営んでおり、東雄は五男二女の七人兄弟の四番目であった。 東雄は幼い頃から好奇心旺盛で、新しいことや面白いことに興味を示していた。また、読書が好きで、特に歴史や科学の本を好んで読んでいた。 小学校を卒業後、東雄は金光中学に進学した。中学時代は文武両道に優れ、特に柔道では全国大会に出場するほどの実力であった。 中学卒業後、東雄は東京帝国大学理学部数学科に入学した。大学時代は数学に没頭し、卒業後は東京大学の助教授となった。 しかし、東雄は純粋数学の研究だけでは満足できず、より実社会に役立つ数学を学びたいと考えるようになった。そこで、彼は東京帝国大学工学部に入学し、応用数学を専攻した。 工学部を卒業後、東雄は三菱重工業に入社した。三菱重工業では航空機設計部に配属され、戦闘機や爆撃機の設計に携わった。 第二次世界大戦後、東雄は三菱重工業を退社し、日本大学工学部教授に就任した。日本大学では応用数学の講義を担当し、多くの学生を育て上げた。 1963年(昭和38年)に東雄は日本大学を退職し、東京大学工学部教授に就任した。東京大学では応用数学の研究室を主宰し、多くの優れた研究者を輩出した。 1975年(昭和50年)に東雄は東京大学を退職したが、その後も精力的に研究を続け、1987年(昭和62年)に亡くなった。 東雄は応用数学の分野において、多くの功績を残した。特に、線形計画法や最適制御理論の研究においては、世界的に著名な研究者であった。 東雄は優れた研究者であるだけでなく、教育者としても優秀であった。彼は多くの学生を指導し、その中には後に著名な研究者となった者も多い。 東雄は日本の応用数学の発展に大きく貢献した、偉大な数学者であった。
政治分野の人

有森新吉 – 実業家・政治家

-実業家としての活躍- 有森新吉は、実業家としても大きな功績を残しています。1880年、彼は大阪市に「有森鉄工所」を創業しました。有森鉄工所は、鉄道車両や機械類を製造する工場として、日本の近代化に貢献しました。また、有森新吉は、大阪商工会議所の初代会頭にも就任し、大阪の経済発展に尽力しました。 有森新吉は、実業家としてだけではなく、政治家としても活躍しました。1890年、彼は衆議院議員に当選し、政界入りを果たしました。有森新吉は、自由党に所属し、大阪の経済発展に貢献する政策を推進しました。また、彼は、大阪港の建設にも尽力し、大阪の発展に貢献しました。 有森新吉は、実業家としても政治家としても、日本の近代化に貢献した偉大な人物です。彼の功績は、現在でも高く評価されています。
美術分野の人

岡延年-江戸時代中期-後期の画家

-岡延年の生涯- 岡延年は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した日本画家です。1751年に、現在の大分県臼杵市に生まれました。幼い頃から絵の才能を発揮し、10代で京都に上洛して画家・狩野養信の弟子になりました。狩野派の伝統的な画風を学びながら、独自の画風を追求しました。 延年は、風景画や花鳥画を得意とし、特に、雪景色の描写に優れていました。また、美人画も手がけ、その妖艶な美しさで知られています。延年の作品は、国内外の多くの美術館に所蔵されており、日本美術史を代表する画家のひとりとして評価されています。 延年は、1818年に京都で亡くなりました。享年68歳でした。 -延年の画風- 延年の画風は、狩野派の伝統的な画風をベースに、独自の画風を追求したものです。風景画や花鳥画を得意とし、特に、雪景色の描写に優れていました。また、美人画も手がけ、その妖艶な美しさで知られています。 延年の作品は、写実的で精緻な描写が特徴です。また、色彩感覚に優れており、鮮やかな色使いで描かれた作品が多いです。延年の作品は、国内外の多くの美術館に所蔵されており、日本美術史を代表する画家のひとりとして評価されています。 -延年の代表作- * 雪松図(1790年頃、東京国立博物館蔵) * 山水図(1790年頃、京都国立博物館蔵) * 花鳥図(1795年頃、ボストン美術館蔵) * 美人図(1800年頃、東京国立博物館蔵) * 雪景山水図(1805年頃、京都国立博物館蔵)
学術分野の人

山田弘倫 – 明治ー昭和時代の軍人と医師

-経歴と功績- 山田弘倫は、1862年(文久2年)に長崎県に生まれました。1882年(明治15年)に東京府医学校を卒業し、1883年(明治16年)に陸軍に入隊しました。日清戦争、日露戦争に出征し、功績を上げました。1904年(明治37年)に陸軍軍医総監に就任し、1907年(明治40年)には男爵に叙せられました。1912年(大正元年)には陸軍省医務局長に就任し、1914年(大正3年)には軍医監に昇進しました。1918年(大正7年)には陸軍次官に就任し、1920年(大正9年)には陸軍大臣に就任しました。1922年(大正11年)には陸軍大将に昇進し、1923年(大正12年)には予備役に編入されました。 山田弘倫の功績は、日清戦争、日露戦争での活躍だけでなく、陸軍の衛生行政の改善にもありました。山田弘倫は、陸軍の衛生行政の近代化を推進し、陸軍の衛生状態の向上に貢献しました。山田弘倫は、1938年(昭和13年)に死去しました。
文学分野の人

小野泉蔵 – 江戸時代後期の漢詩人

-小野泉蔵の生涯- 小野泉蔵は、江戸時代後期の漢詩人です。1795年、加賀国金沢(現在の石川県金沢市)に生まれ、1850年に56歳で亡くなりました。 幼い頃から漢詩を好み、18歳のときに京都に出て、漢詩の大家である頼山陽に入門しました。頼山陽のもとで、漢詩の作り方を学び、その才能を磨きました。 25歳のときに江戸に出て、漢詩の同人誌である「快雨堂詩話」に参加しました。この同人誌には、大田南畝や菅茶山など、当時の著名な漢詩人が参加しており、小野泉蔵は彼らと交流を深めました。 30歳のときに、加賀藩に戻り、藩校の明倫堂で漢詩の教授を務めました。また、藩主の前田斉広に仕えて、その側近として活躍しました。 40歳のときに、再び江戸に出て、漢詩の同人誌である「鉄眼詩話」に参加しました。この同人誌には、渡辺崋山や高野長英など、当時の知識人が参加しており、小野泉蔵は彼らと交流を深めました。 50歳のときに、加賀藩に戻り、藩校の明倫堂で漢詩の教授を務めました。また、藩主の前田斉泰に仕えて、その側近として活躍しました。 56歳のとき、加賀藩の命を受けて江戸に出張した際に、病にかかり、亡くなりました。 小野泉蔵は、江戸時代後期の代表的な漢詩人であり、その作品は、現在でも高く評価されています。
経済分野の人

津下紋太郎 – 明治時代から昭和時代にかけて活躍した実業家

-同志社普通学校教師から台湾事業総支配人へ- 津下紋太郎は、明治時代から昭和時代にかけて活躍した実業家です。同志社普通学校教師から台湾事業総支配人まで上り詰めた、その波乱万丈の人生をご紹介します。 -同志社普通学校教師として- 津下紋太郎は、1863年(文久3年)に現在の京都府宮津市で生まれました。同志社普通学校を卒業後、同志社普通学校の教師として働き始めました。 -台湾事業総支配人として- 1895年(明治28年)、津下紋太郎は台湾事業総支配人に就任しました。台湾事業総支配人は、台湾の経済発展を担う重要なポストでした。津下紋太郎は、台湾の電力、鉄道、鉱工業などのインフラ整備に尽力しました。 -晩年- 津下紋太郎は、1937年(昭和12年)に74歳で亡くなりました。津下紋太郎は、台湾の経済発展に貢献した功績で、勲二等旭日重光章を授与されました。 -津下紋太郎の功績- 津下紋太郎は、同志社普通学校教師から台湾事業総支配人まで上り詰めた、波乱万丈の人生を送りました。津下紋太郎は、台湾の電力、鉄道、鉱工業などのインフラ整備に尽力し、台湾の経済発展に貢献しました。津下紋太郎の功績は、現在も台湾の人々によって高く評価されています。
美術分野の人

浜村蔵六(4代) – 江戸後期から明治時代にかけて活躍した篆刻家

-4代蔵六の生涯と功績- 浜村蔵六(4代)は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した篆刻家です。本名は浜村基吉、通称は弥蔵。号は松渓・無逸・癧且庵。 4代蔵六は、江戸の日本橋に生まれました。父は3代蔵六、母は本郷追分の豪商の娘です。幼い頃から書画を好み、篆刻の才能を発揮しました。15歳の時に父が亡くなり、家業を継ぎました。 4代蔵六は、篆刻を独学で学び、その技術を磨きました。20歳の時には、江戸の篆刻家の中で最も優れていると評されるようになりました。 4代蔵六は、江戸時代末期の動乱の中、篆刻の普及に努めました。戊辰戦争の際には、官軍に従軍し、戦地で篆刻を制作しました。明治維新後は、東京で篆刻教室を開き、多くの弟子を育て上げました。 4代蔵六の篆刻は、古今の名作を参考にしながらも、独自の工夫を加えたもので、その独創性と技術の高さは高く評価されています。 4代蔵六は、明治18年(1885年)に亡くなりました。享年57歳でした。 4代蔵六は、篆刻の普及と発展に貢献した偉大な篆刻家です。その功績は、今日でも高く評価されています。
美術分野の人

宮本包則 – 幕末から大正時代の刀工

-生い立ちと修行- 宮本包則は、1834年(天保5年)に越前国今立郡鳥羽村(現在の福井県鯖江市)で生まれた。幼名は源八郎。宮本家は代々刀工の家系で、包則は幼い頃から刀工の父・宮本包則のもとで刀鍛冶の技術を学んだ。また、包則は15歳の時に京都に出て、刀工・長谷川国平の門下に入り、本格的に刀鍛冶の修行を始めた。 国平のもとで修行した包則は、その才能を早くから発揮し、18歳で早くも名刀を完成させた。その後、包則は修行を終えて越前国に戻り、父・包則とともに刀鍛冶として働いた。 1861年(文久元年)、包則は越前国敦賀郡気比田村(現在の福井県敦賀市)に移り住み、独立して刀鍛冶を始めた。包則は気比田村で刀鍛冶として活躍し、多くの名刀を世に送り出した。 包則の刀は、地鉄が小板目肌で、刃紋は湾れ乱れや小乱れが特徴的である。また、包則は金工の技術にも優れており、刀装具にも多くの名作を残している。 包則は、1912年(大正元年)に79歳で亡くなった。包則の死後、その刀鍛冶の技術は息子・宮本包則に受け継がれた。
経済分野の人

林原一郎-昭和時代の実業家

-林原一郎の生涯と功績- 林原一郎は、1897年に福岡県に生まれました。1920年に東京帝国大学経済学部を卒業後、三菱商事に入社しました。三菱商事では、主に化学製品の貿易を担当し、1934年には取締役に昇進しました。 1937年、林原一郎は三菱商事を退社し、林原産業を設立しました。林原産業は、化学製品の製造販売を主な事業とし、林原一郎の経営の下で急速に成長しました。1945年、林原産業は東京証券取引所に上場し、日本を代表する化学メーカーの一つとなりました。 林原一郎は、1966年に林原産業の社長を退任し、会長に就任しました。会長在任中も、林原産業の経営に積極的に関与し、同社の発展に貢献しました。林原一郎は、1988年に91歳で亡くなりました。 林原一郎は、日本の化学業界の発展に大きく貢献した実業家です。林原一郎の功績は、以下の通りです。 * 林原産業を設立し、同社を日本を代表する化学メーカーの一つに育て上げた。 * 化学製品の製造技術の開発に貢献した。 * 日本の経済界の発展に貢献した。 * 社会貢献活動にも熱心に取り組み、多くの学校や病院の設立に寄付を行った。 林原一郎は、日本の化学業界の発展に大きく貢献した偉大な実業家です。