岡田内閣

政治分野の人

望月圭介 政治家の生涯

安芸の廻船問屋から政治家へ 望月圭介は、1837年(天保8年)に広島県安芸郡府中町(現・府中市)で、廻船問屋を営む家に生まれた。幼名は重蔵。15歳のときに安芸藩の藩校である修道館に入学し、漢学を学ぶ。修道館では、後に明治政府で活躍することになる山田顕義や三島通庸らと親交を結んだ。 1863年(文久3年)、尊皇攘夷運動が高まる中、望月は藩命により京都に向かう。京都では、長州藩の桂小五郎(後の木戸孝允)や薩摩藩の西郷隆盛らと交流し、倒幕運動に参加する。1864年(元治元年)には、池田屋事件に連座して捕縛され、獄中で拷問を受けるが、後に釈放される。 1868年(慶応4年)の戊辰戦争では、新政府軍に参加して、箱館戦争で功績を挙げる。明治政府成立後は、民部省に出仕し、民部大輔に任命される。1871年(明治4年)には、岩倉使節団の一員として欧米各国を歴訪する。 1873年(明治6年)に帰国後は、参議兼内務卿に任命される。内務卿としては、地方制度の改革や警察制度の整備などに尽力した。1881年(明治14年)には、第1次伊藤内閣の文部大臣に就任する。文部大臣としては、帝国大学令を公布し、帝国大学を創設した。 1885年(明治18年)に伊藤内閣が倒れると、望月は政界を引退する。その後は、東京府知事や宮中顧問官を務めた。1913年(大正2年)に死去。享年76。 望月は、明治維新の立役者の一人であり、近代日本の建設に尽力した政治家であった。また、教育熱心でも知られ、帝国大学の創設に尽力した功績は大きい。
歴史上の人物

大角岑生ー明治海軍の重鎮

-戦場の参謀から海軍大臣へ- 大角岑生は、明治時代前期に活躍した海軍軍人である。薩摩藩出身で、海軍兵学校を卒業後、西南戦争に参加。その後、海軍省に入り、日清戦争では参謀として活躍した。日露戦争では、第二艦隊の参謀長として連合艦隊の作戦を立案し、旅順攻撃や日本海海戦に勝利に貢献した。戦後は、海軍大臣に任命され、海軍の近代化を進めた。 大角は、参謀として優れた才能を発揮した。日清戦争では、連合艦隊の作戦を立案し、黄海海戦と威海衛攻撃に勝利した。日露戦争では、第二艦隊の参謀長として、旅順攻撃や日本海海戦に勝利に貢献した。大角の参謀としての才能は、連合艦隊司令長官の東郷平八郎にも認められ、東郷は「大角は参謀の鑑である」と評している。 大角は、海軍大臣として、海軍の近代化を進めた。海軍の予算を増額し、軍艦の建造を推進した。また、海軍兵学校の教育制度を改革し、海軍士官の質の向上を図った。大角の海軍大臣としての功績は大きく、海軍の近代化に貢献した。 大角は、明治時代前期に活躍した海軍軍人であり、戦場の参謀として、海軍大臣として、海軍の近代化に貢献した。大角の功績は、今日でも高く評価されている。
政治分野の人

→ 藤井真信

藤井真信の経歴 藤井真信は、1979年10月15日に東京都で生まれました。彼は、幼い頃から音楽に興味を持ち、3歳でピアノを始めました。10歳のときには、全日本ジュニアクラシック音楽コンクールで優勝し、12歳のときには、世界ジュニアクラシック音楽コンクールで優勝しました。 藤井真信は、その後、桐朋学園大学音楽学部に進学しました。在学中には、数々のコンクールで優勝し、2001年には、ショパン国際ピアノコンクールで日本人初の優勝を果たしました。 藤井真信は、2002年にプロデビューを果たし、以来、国内外で活躍しています。彼は、2006年に、グラミー賞の最優秀器楽独奏賞を受賞しました。 藤井真信は、現在、ニューヨークを拠点に活動しています。彼は、世界各地でコンサートを開き、多くのレコーディングを行っています。また、彼は、後進の指導にも力を入れており、マスタークラスやワークショップを開いています。 藤井真信は、現代を代表する最も優れたピアニストの一人です。彼は、その卓越した演奏技術と音楽的な表現力で、世界中の人々を魅了しています。
政治分野の人

日本の – 川崎卓吉(1871-1936)

-川崎卓吉の生涯- 川崎卓吉(1871-1936)は、日本の実業家、政治家、社会運動家です。川崎重工業の創業者であり、日本の重工業の発展に大きな功績を残しました。また、社会運動にも積極的に取り組み、社会福祉や労働問題の改善に尽力しました。 川崎卓吉は、1871年(明治4年)に大阪で生まれました。幼い頃から機械いじりが好きで、16歳の時に大阪工業学校(現・大阪工業大学)に入学しました。卒業後は、三菱造船所(現・三菱重工業)に就職し、造船技術を学びました。 1901年(明治34年)、川崎卓吉は三菱造船所を退社し、川崎造船所を創業しました。川崎造船所は、その後、川崎重工業へと発展し、日本の重工業を代表する企業となりました。 川崎卓吉は、実業家として活躍する一方で、社会運動にも積極的に取り組みました。1911年(明治44年)には、社会政策学会を設立し、社会福祉や労働問題の改善に尽力しました。また、1918年(大正7年)には、日本労働総同盟を結成し、労働者の権利向上に努めました。 川崎卓吉は、1936年(昭和11年)に65歳で亡くなりました。しかし、彼の業績は今日でも語り継がれており、日本の重工業と社会運動の発展に大きな功績を残した人物として知られています。
歴史上の人物

川島義之-陸軍大将,教育総監部本部長,陸相

明治11年5月25日生まれ 川島義之は、明治11年5月25日、山口県に生まれた。幼い頃から頭脳明晰で、学業優秀であった。明治31年に陸軍士官学校を卒業し、陸軍歩兵少尉に任官した。日露戦争では、第1師団第1旅団歩兵第1連隊第1大隊長として出征し、遼陽会戦、沙河会戦、奉天会戦などに参加した。戦功により、勲四等旭日小綬章を受章した。 明治38年に陸軍大学校を卒業し、陸軍参謀本部員に任命された。その後、陸軍省軍務局長、陸軍省人事局長などを歴任した。大正11年には、陸軍大将に昇進した。大正12年には、教育総監部本部長に任命された。大正13年には、陸相に就任した。在任中は、陸軍の近代化を推進し、陸軍航空隊の創設や、軍備の拡充を行った。 昭和20年に、終戦に伴い、陸相を辞任した。戦後、公職追放となったが、追放解除後は、参議院議員に当選した。昭和41年に死去した。
政治分野の人

「林銑十郎」

-林銑十郎の生涯- -幼少期から軍歴- 林銑十郎は、1880年(明治13年)9月1日、熊本県熊本市に生まれた。父は、林景蔵、母は、フサである。林家は、代々肥後藩に仕えていた家柄である。林銑十郎は、幼い頃から武道を学び、1893年(明治26年)に陸軍幼年学校、1896年(明治29年)に陸軍士官学校を卒業した。1899年(明治32年)に、近衛歩兵第3連隊に配属され、1904年(明治37年)の日露戦争に出征した。 -陸軍の要職を歴任- 林銑十郎は、日露戦争で功績を挙げ、1905年(明治38年)に少佐に昇進した。その後、陸軍省軍務局長、教育総監、参謀本部次長などの要職を歴任し、1923年(大正12年)に陸軍大将に昇進した。1924年(大正13年)から1925年(大正14年)まで、朝鮮総督を務めた。 -首相就任- 1928年(昭和3年)、林銑十郎は、田中義一首相の要請を受けて、陸軍大臣に就任した。1929年(昭和4年)、田中首相が総辞職したことを受けて、林銑十郎が首相に就任した。林銑十郎は、軍閥内では最右翼と見られており、満州事変を起こした関東軍を支持する姿勢を鮮明にした。しかし、1931年(昭和6年)12月にロンドン海軍軍縮会議に出席した際に、海軍と対立し、翌1932年(昭和7年)に首相を辞任した。 -晩年- 林銑十郎は、首相辞任後は、陸軍参謀総長に就任した。しかし、1933年(昭和8年)に、五・一五事件が起き、軍部と対立して、参謀総長を辞任した。その後、林銑十郎は、政界から引退し、1945年(昭和20年)に死去した。
経済分野の人

内田信也 – 大正から昭和時代の実業家、政治家

三井物産から内田汽船へ 内田信也は、1918年に三井物産に入社しました。入社後は、主に海運部門で働き、1923年に三井物産の海運部次長に就任しました。しかし、1929年に三井物産を退社し、翌1930年に内田汽船を設立しました。 内田汽船は、内田信也の父が設立した内田商店を前身とする海運会社で、内田信也は社長に就任しました。内田汽船は、当初は小さな会社でしたが、内田信也の経営手腕によって、次第に業績を拡大していきました。 1930年代に入ると、内田汽船は、三井物産や三菱商事などの大手商社と業務提携を結び、石油や石炭などの輸送を手がけるようになりました。また、1937年には、日本鋼管と共同で、日本初のタンカーである「日鋼丸」を建造しました。 日中戦争が始まると、内田汽船は、軍需物資の輸送にも携わるようになりました。また、1941年に太平洋戦争が始まると、内田汽船は、軍の命令によって、多くの船舶を徴用されました。 戦後、内田汽船は、連合国軍の命令によって、船舶の大半を接収されました。しかし、内田信也は、接収された船舶の返還を求めて、粘り強く交渉を続けました。 1952年、内田信也の粘り強い交渉の末、内田汽船に接収されていた船舶が返還されました。内田汽船は、その後も業績を拡大し、1960年には、日本最大の海運会社になりました。 内田信也は、1978年に内田汽船の社長を退任しました。しかし、その後も、内田汽船の会長として、同社の経営に携わり続けました。内田信也は、1986年に死去しました。