岡部藩

美術分野の人

– 宇津幸英について

-宇津幸英の生涯- 1931年、宇津幸英は新潟県に生まれました。幼い頃から体が弱く、学校を休むことも多かったそうです。しかし、読書が大好きで、本をよく読んでいました。 中学卒業後は、新潟大学医学部に進学しました。大学時代は、学生運動に参加し、反戦運動や労働運動に取り組んでいました。 大学卒業後は、医師として働きました。しかし、医師の仕事に疑問を抱き、脱サラしてジャーナリストになりました。 1960年代から1970年代にかけて、宇津幸英は、ベトナム戦争や学生運動、公害問題など、さまざまな社会問題を報道しました。その報道は、権力に批判的なものであり、人々の共感を得ました。 1978年、宇津幸英は、参議院議員選挙に立候補し、当選しました。国会では、環境問題や平和問題に取り組みました。 1989年、宇津幸英は、参議院議員を辞職しました。その後は、ジャーナリストとして活動を続け、社会問題を報道しました。 2000年、宇津幸英は、肺がんのため亡くなりました。享年69でした。 宇津幸英は、ジャーナリストとして、社会問題を報道し、人々の意識を高めることに貢献しました。また、政治家として、環境問題や平和問題に取り組みました。宇津幸英の功績は、多くの人々に影響を与えています。
歴史上の人物

「安部信賢」

- 安部信賢とは 安部信賢(あべのぶかた)は、戦国時代の武将・大名。信濃国佐久郡の領主。安部宗任の子。安部元真の父。 永正12年(1515年)、安部宗任の子として生まれる。信濃国佐久郡の領主となる。 享禄3年(1530年)、天文の乱で父・宗任が武田信虎に攻められて戦死すると、家督を継ぐ。 天文10年(1541年)、武田信玄が信濃侵攻を開始すると、これに従い、武田氏に従属する。 天文16年(1547年)、上杉謙信が信濃侵攻を開始すると、武田氏から離反し、上杉氏に従属する。 天文17年(1548年)、武田信玄が再び信濃侵攻を開始すると、再び武田氏に従属する。 天文20年(1551年)、武田信玄が松本城を攻めると、これに従い、松本城を攻略する。 永禄3年(1560年)、上杉謙信が再び信濃侵攻を開始すると、再び上杉氏に従属する。 永禄4年(1561年)、武田信玄が再び信濃侵攻を開始すると、再び武田氏に従属する。 永禄6年(1563年)、武田信玄が村上義清を攻めると、これに従い、村上義清を攻略する。 永禄7年(1564年)、武田信玄が信濃国を平定すると、佐久郡の領主として安堵される。 永禄12年(1569年)、武田信玄が三方ヶ原の戦いで織田信長を破ると、これに従い、三方ヶ原の戦いに参戦する。 元亀元年(1570年)、武田信玄が死去すると、武田勝頼が家督を継ぐ。 天正3年(1575年)、長篠の戦いで武田軍が織田・徳川連合軍に大敗すると、これに従い、長篠の戦いに参戦する。 天正10年(1582年)、武田勝頼が織田信長に攻められて自害すると、武田氏は滅亡する。 天正13年(1585年)、死去する。享年71。 安部信賢は、信濃国佐久郡の有力武将であり、武田信玄・武田勝頼の両氏に従属した。戦上手であり、武田氏の信濃侵攻に貢献した。
歴史上の人物

安部信之(1)とは?-江戸時代前期の大名-(1604-1683)

-安部信之(1)の生い立ちと家系- 安部信之(1)は、江戸時代前期の大名。信濃松本藩初代藩主。信之は、1604年(慶長9年)に美濃国岩室藩主・安部信盛の三男として生まれた。母は、徳永寿昌の娘・徳姫。 安部氏は、平安時代末期に信濃国安曇郡安部郷を領した豪族であり、鎌倉時代初期には北条氏に従って幕府に仕えた。室町時代には、安部氏は信濃国松本城を本拠地として、信濃一帯を支配していた。 戦国時代になると、武田信玄が信濃国を侵略し、安部氏は武田氏に臣従した。しかし、1582年(天正10年)に武田氏が滅亡すると、安部氏は徳川家康に臣従した。 1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いでは、安部氏は徳川軍に属して活躍し、戦後には信濃国松本藩10万石を与えられた。信之は、松本藩初代藩主として、藩政の基礎を築き、松本城の築城や、松本藩士の知行所の設定などを行った。 1628年(寛永5年)には、信之は老中となって、幕政に参加した。信之は、老中として、幕府の財政再建や、諸藩の取り締まりなどを行い、幕政に貢献した。 1644年(正保元年)に信之は、松本藩を分知して、三男の信之(2)に松本藩10万石を与え、自身は信濃高島藩1万石に移封された。1683年(天和3年)に信之は、高島藩で死去した。享年80。
歴史上の人物

安部信峯:江戸時代前期の大名

-安部信峯(あべ・のぶみね)の生涯- 安部信峯は、江戸時代前期の大名です。信濃国飯田藩の初代藩主であり、陸奥国白河藩の初代藩主も務めました。 信峯は、天正7年(1579年)に安部信長の次男として生まれました。幼名は亀松丸です。信峯は、幼い頃から武術や学問に励み、16歳の時に父・信長が築城した飯田城の城主となります。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、徳川家康に従って活躍し、戦後には信濃国飯田藩1万石を賜りました。 信峯は、藩政に励み、領内を安定させました。また、キリシタン禁教にも尽力し、藩内からキリシタンを一掃しました。 元和9年(1623年)、信峯は陸奥国白河藩1万石に加増移封されました。信峯は、白河藩でも藩政に励み、領内を安定させました。寛永7年(1630年)、信峯は病のため死去しました。享年52歳でした。 信峯は、江戸時代前期の大名として、領内を安定させ、藩政に励んだ名君として知られています。
歴史上の人物

安部信操-岡部藩主

-安部信操の生涯と功績- 安部信操は、江戸時代中期の岡部藩第2代藩主です。1689年に初代藩主・安部信友の嫡男として生まれ、1713年に家督を継ぎました。 信操は、藩政改革に尽力した名君として知られています。藩の財政を立て直し、産業を振興しました。また、藩校を設立して人材育成にも努めました。 信操は、学問を奨励し、自らも多くの書物を著しました。また、和歌や茶道にも通じており、文化人としても活躍しました。 信操は、1757年に江戸で死去しました。享年68。跡を嫡男の信賢が継ぎました。 -信操の功績- * 藩政改革に尽力し、藩の財政を立て直した。 * 産業を振興し、藩の経済力を高めた。 * 藩校を設立して人材育成を図った。 * 学問を奨励し、自らも多くの書物を著した。 * 歌や茶道にも通じており、文化人として活躍した。 信操は、岡部藩の発展に大きく貢献した名君です。その功績は、今日でも高く評価されています。
歴史上の人物

「安部信允」

-安部信允の生涯と業績- -安部信允-(1838年 - 1890年)は、江戸時代末期から明治時代にかけての日本の武士、政治家、実業家、思想家。 -生涯- 安部信允は、1838年(天保9年)10月16日、備中国足守藩主・安部正明の三男として生まれた。幼名は信次郎。1851年(嘉永4年)に江戸に出て、昌平坂学問所に学び、1859年(安政6年)に帰藩した。 1862年(文久2年)に足守藩の参政となり、藩政改革に尽力した。1864年(元治元年)には、幕府の勘定奉行に任命され、江戸市中取締を担当した。1867年(慶応3年)には、パリ万国博覧会に出席した。 1868年(明治元年)に戊辰戦争が起こると、安部信允は、新政府軍に加わり、東北地方を転戦した。1869年(明治2年)には、民部省の次官となり、1870年(明治3年)には、大蔵省の次官となった。 1871年(明治4年)に、安部信允は、アメリカ合衆国に派遣され、国務長官のウィリアム・H・スワードと条約交渉を行った。1872年(明治5年)に、帰国し、大蔵省の卿に任命された。 1873年(明治6年)に、安部信允は、参議となり、内務卿を兼任した。1875年(明治8年)には、大蔵卿を辞任し、1876年(明治9年)には、参議を辞任した。 1877年(明治10年)に、西南戦争が起こると、安部信允は、政府軍に加わり、九州地方を転戦した。1878年(明治11年)には、西郷隆盛の降伏を受け入れ、戦争を終結させた。 1879年(明治12年)に、安部信允は、貴族院議員に勅任された。1880年(明治13年)には、枢密顧問官に任命された。1890年(明治23年)2月11日、東京府麹町区の自宅で死去した。享年52。 -業績- 安部信允は、日本の近代化に貢献した人物として知られている。特に、大蔵卿時代に、貨幣制度の改革や、租税制度の改革などを行い、日本の財政基盤を確立した。また、内務卿時代には、地租改正や、戸籍制度の改革などを行い、日本の近代国家建設に尽力した。 安部信允は、思想家としても知られており、多くの著書を残している。その中で、安部信允は、西洋文明を積極的に取り入れるべきであると主張し、日本の近代化を訴えた。安部信允の思想は、日本の近代化に大きな影響を与えた。
歴史上の人物

安部信盛:江戸時代前期の大名

安部信盛の生涯 安部信盛は、江戸時代前期の大名であり、信濃国松本藩の初代藩主を務めた人物です。信盛は、1602年に信濃国高遠藩の初代藩主である安部信貞の長男として生まれました。信盛は、幼少期から父である信貞から武芸や学問を学び、1622年に父の死により高遠藩を継ぎました。 信盛は、高遠藩主として藩政改革を行い、藩の財政を改善し、高遠城を拡張するなどして藩の勢力を拡大しました。また、信盛は幕府の要職にも就き、1633年に老中に就任しました。信盛は、老中として幕府の政治に参画し、江戸幕府の安定に貢献しました。 1642年に信盛は、信濃国松本藩に移封され、松本藩の初代藩主となりました。信盛は、松本藩主として藩政改革を行い、藩の財政を改善し、松本城を拡張するなどして藩の勢力を拡大しました。また、信盛は幕府の要職にも就き、1651年に大老に就任しました。信盛は、大老として幕府の政治に参画し、江戸幕府の安定に貢献しました。 信盛は、1657年に死去しましたが、信盛の死後も安部家は松本藩を治め、明治維新まで続きました。信盛は、江戸時代前期を代表する大名の一人であり、松本藩の基礎を築いた人物として知られています。
歴史上の人物

「安部信亨」

-「安部信亨」- -# 安部信亨の生涯 安部信亨は、1534年に駿河国で生まれました。父は今川義元の家臣である安部定重であり、幼少期から武術を学び、優れた才能を発揮しました。1554年に今川義元の命を受けて上洛し、将軍足利義輝に仕えました。1560年に桶狭間の戦いで今川義元が敗死すると、信亨は織田信長に仕え、各地を転戦しました。1568年に信長が上洛すると、信亨は京都の警護を任され、治安維持に努めました。1573年に信長が室町幕府を滅亡させると、信亨は越前国の敦賀城を任され、北陸の防衛を担当しました。1575年に信長が長篠の戦いで武田勝頼を破ると、信亨は信長の命を受けて飛騨国を攻略しました。1582年に信長が本能寺の変で死去すると、信亨は明智光秀に仕えました。しかし、光秀が山崎の戦いで羽柴秀吉に敗れると、信亨は秀吉に降伏しました。 秀吉に仕えた信亨は、九州平定や小田原征伐などに参加し、功績を挙げました。1590年に秀吉が死去すると、信亨は徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いで東軍として参戦しました。関ヶ原の戦い後、信亨は美濃国の大垣城を任され、西国の諸大名や大名の監視を担当しました。1600年に家康が江戸幕府を開くと、信亨は老中として幕政に参加しました。信亨は、家康の信任を得て、幕府の制度整備や外交政策など、様々な政策に携わりました。1613年に家康が死去すると、信亨は隠居し、1615年に82歳で死去しました。 信亨は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将であり、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人の天下人に仕えました。信亨は、武勇に優れていただけでなく、政治的手腕にも長けており、幕府の制度整備や外交政策など、様々な政策に携わりました。信亨の功績は、江戸幕府の安定した統治に大きく貢献しました。
歴史上の人物

安部信友 – 江戸時代前期の大名

安部信友の生涯 安部信友(1598-1680)は、江戸時代前期の大名で、備後福山藩初代藩主である。安部氏は、源頼朝に仕えた安部季任を祖とする名門である。信友は、安部信盛の長男として、美濃国で生まれた。 信友は、幼少の頃から聡明で、学問に秀でていた。16歳のとき、徳川家康に仕え、駿府城で過ごした。その後、信友は、大坂の陣で活躍し、武功を挙げた。 1619年、信友は、備後福山藩に封じられ、大名となった。信友は、領内の開発に力を入れ、福山城を築城した。また、信友は、学問を奨励し、福山藩に藩校を設立した。 信友は、1680年に亡くなった。享年83。信友の死後、嫡男の信政が跡を継いだ。 信友は、名君として知られ、福山藩の発展に貢献した。信友の功績は、現在も福山市民に語り継がれている。
学術分野の人

幕末から明治時代の儒者 – 宮原蒼雪

-宮原蒼雪の生涯- 宮原蒼雪は、幕末から明治時代の儒者、教育者です。名は重、字は建豊、別号に寒松亭と号しました。 1812年、摂津国西成郡川辺村(現・大阪市西淀川区川辺町)に生まれました。1824年に父を亡くし、母と兄に育てられました。1832年に儒学者・岸本由之の門下生となり、儒学を学びました。 1841年に江戸に遊学し、佐藤一斎、安井息軒、梁川星巌らに学びました。1847年に帰郷し、私塾・寒松亭を開設しました。1853年に黒船来航が起こると、攘夷論を唱え、尊王攘夷運動に参加しました。 1868年に明治維新が起こると、新政府に出仕し、修史局総裁、大学南校総長などを歴任しました。1871年に文部省初代卿に任命され、日本の近代教育制度の確立に尽力しました。 1873年に文部卿を辞任し、私塾・寒松亭で再び教育活動を始めました。1876年に大阪で死去しました。享年65歳。 宮原蒼雪は、幕末から明治時代にかけて活躍した儒者であり、教育者でした。尊王攘夷運動に参加し、明治維新後には新政府に出仕して日本の近代教育制度の確立に尽力しました。
歴史上の人物

儒者・秦新村の生涯と功績

秦新村の生い立ちと儒学への傾倒 秦新村は、1709年、中国の浙江省嘉興で生まれた。父は役人であり、幼い頃から儒学の英才教育を受け、4歳で『孝経』を読み始めたという。15歳で秀才となり、20歳で嘉興府学に学び、朱子学を修めた。24歳で挙人に合格し、翌年、京師の太学に入学。ここで、当時の著名な儒学者である毛奇齢に師事し、さらに朱子学を深めた。 秦新村は、朱子学を深めるにつれて、その功利主義的な面に疑問を抱くようになる。そして、より実践的な儒学を志すようになる。28歳のとき、太学を卒業し、嘉興に戻って郷里の教育に尽力した。その後、各地を遊学し、各地の儒学者と交流を深めた。 秦新村は、各地を遊学する中で、清朝の政治の腐敗を目の当たりにする。そして、それを改革するためには、儒学をもっと実践的なものにする必要があると考えるようになる。また、当時の儒学は、朱子学の権威が強く、新しい思想が受け入れられにくい状況にあった。秦新村は、儒学をより実践的なものにするためには、朱子学の権威を打破する必要があると考えた。 秦新村は、嘉興に戻ってからは、郷里の教育に尽力する一方で、朱子学を批判し、新しい儒学を提唱するようになる。彼は、朱子学の功利主義的な面に批判し、儒学はもっと実践的なものでなければならないと主張した。また、朱子学の権威を打破するため、新しい儒学の書物を著し、各地で講義を行った。 秦新村の新しい儒学は、多くの人々の支持を集め、清朝の儒学界に大きな影響を与えた。そして、秦新村は、清朝を代表する儒学者の一人となった。
歴史上の人物

安部信宝 – 激動の時代を生きた若き藩主

-安部信宝の生涯- 安部信宝は、1831年(天保2年)に、越前鯖江藩主・安部正功の次男として生まれた。幼名は虎之助。1843年(天保14年)、父・正功の死去に伴い、13歳で家督を継いだ。 信宝が藩主となった時代は、幕末の動乱期であった。1853年(嘉永6年)に、ペリー率いるアメリカ艦隊が浦賀に来航し、日本は開国の危機にさらされた。信宝は、幕府の海防政策を支持し、藩内の海岸防備を強化した。 1868年(慶応4年)、戊辰戦争が勃発した。信宝は、幕府軍に属し、新政府軍と戦った。しかし、新政府軍の圧倒的な優勢の前に、幕府軍は敗北した。信宝は、鯖江藩に帰国し、新政府に降伏した。 新政府は、信宝の恭順な態度を評価し、信宝を鯖江藩知事に任命した。信宝は、藩政改革に取り組み、藩の財政を立て直した。また、学校を設立するなど、教育にも力を入れた。 1871年(明治4年)、廃藩置県が行われ、鯖江藩は廃止された。信宝は、東京に移住し、元老院議官に任命された。1884年(明治17年)、53歳で死去した。 信宝は、激動の時代を生きた若き藩主であった。彼は、幕末の動乱期に藩をまとめ上げ、維新後の藩政改革にも尽力した。信宝の功績は、今日でも鯖江市で語り継がれている。