岩手県一関市長

歴史上の偉人

「菅原佐平」

-菅原佐平の出生と経歴- 菅原佐平は、1885年(明治18年)1月20日に、福岡県福岡市に生まれた。父は菅原伸三郎、母は菅原トミ。菅原佐平は、幼い頃から頭が良く、成績優秀だった。1902年(明治35年)に、福岡県立中学修猷館を卒業し、東京帝国大学法学部に進学した。 東京帝国大学在学中は、政治学を専攻し、1906年(明治39年)に卒業した。卒業後は、内務省に入省し、地方局に配属された。1910年(明治43年)には、内務次官に就任し、1912年(大正元年)には、文部大臣に就任した。 文部大臣在任中は、教育制度の改革に取り組み、義務教育年限を6年に延長した。また、高等教育機関の拡充にも努め、東京帝国大学に法学部と経済学部を新設した。 1913年(大正2年)に、文部大臣を辞任し、貴族院勅選議員に就任した。1914年(大正3年)には、内閣総理大臣に就任し、1916年(大正5年)まで務めた。 菅原佐平は、内閣総理大臣在任中に、第一次世界大戦に参戦し、ドイツ帝国とオーストリア=ハンガリー帝国に宣戦布告した。また、シベリア出兵も決断し、ロシア内戦に介入した。 1918年(大正7年)に、内閣総理大臣を辞任し、貴族院議員に復帰した。その後は、1924年(大正13年)まで、貴族院議員を務めた。 菅原佐平は、1926年(昭和元年)1月11日に、東京市で死去した。享年41歳だった。