岸沢式佐

エンターテインメント

– 「岸沢式佐(10代)」(1909-1962)

岸沢式佐(10代)の生涯 岸沢式佐(10代)は、1909年(明治42年)に香川県丸亀市で生まれた。本名は明夫。9歳で父を亡くし、母と姉に育てられた。晩年、東京にて染織工房を構え、妻・娘・息子と暮らしていた。1962年(昭和37年)に脳出血のため52歳で亡くなった。 岸沢式佐(10代)は、幼い頃から絵を描くことが好きだった。15歳の時に東京に出て、川端画学校で日本画を学んだ。1931年(昭和6年)に、第1回国画会展覧会に出品した「寒村」が入選し、画家としての道を歩み始めた。 岸沢式佐(10代)は、主に風景画を描いた。彼の作品は、抒情的なタッチと色彩で、人々の心に安らぎを与える。代表作には、「初夏の朝」「秋の野原」「冬の村」などがある。 岸沢式佐(10代)は、日本画壇を代表する画家の一人として活躍した。1953年(昭和28年)には、日本芸術院賞を受賞した。また、1955年(昭和30年)には、紫綬褒章を受章した。 しかし、岸沢式佐(10代)は、52歳の若さで亡くなった。彼の死は、日本画壇に大きな衝撃を与えた。しかし、彼の作品は、今もなお多くの人々に愛されている。 岸沢式佐(10代)は、日本の画壇に大きな足跡を残した画家の一人である。彼の作品は、人々の心に安らぎを与え、今日もなお多くの人々に愛されている。
ミュージシャン

ー「佐々木市四郎」

-# 常磐津節,富本節の三味線方初代佐々木市蔵の門弟 佐々木市四郎は、常磐津節、富本節の三味線方である。初代佐々木市蔵の門弟である。 佐々木市四郎は、1878年(明治11年)に東京で生まれた。1893年(明治26年)、15歳のときに初代佐々木市蔵に入門した。1899年(明治32年)、21歳のときに常磐津節の三味線方として初舞台を踏んだ。1902年(明治35年)、24歳のときに富本節の三味線方としても初舞台を踏んだ。 佐々木市四郎は、常磐津節、富本節の三味線方として活躍した。常磐津節では、常磐津節の五大流派の一つである藤本流の三味線方を務めた。富本節では、富本節の五大流派の一つである富崎流の三味線方を務めた。 佐々木市四郎は、1954年(昭和29年)に76歳で亡くなった。佐々木市四郎は、常磐津節、富本節の三味線方として活躍した功績で、1953年(昭和28年)に日本芸術院賞を受賞した。 佐々木市四郎の門弟には、佐々木市松、佐々木市九郎、佐々木市太郎がいる。佐々木市松は、常磐津節の三味線方として活躍し、1960年(昭和35年)に芸術選奨文部大臣賞を受賞した。佐々木市九郎は、常磐津節の三味線方として活躍し、1967年(昭和42年)に芸術選奨文部大臣賞を受賞した。佐々木市太郎は、富本節の三味線方として活躍し、1972年(昭和47年)に芸術選奨文部大臣賞を受賞した。 佐々木市四郎は、常磐津節、富本節の三味線方として活躍した功績で、日本芸術院賞を受賞した。また、佐々木市四郎の門弟には、佐々木市松、佐々木市九郎、佐々木市太郎など、多くの優秀な三味線方が輩出された。
歴史上の偉人

– 岸沢古式部(5代) – 岸沢式佐(6代)

-岸沢古式部(5代)- 岸沢古式部は、岸沢流古武道5代宗家を務めた。岸沢式佐の次男として生まれ、父である式佐から古武術の指導を受ける。古武術の達人として知られ、多くの弟子を輩出した。 また、古武道以外にも、書画、茶道、華道にも通じており、芸術家としても活躍した。古武術の精神と芸術の精神を融合させ、独自の境地を築いた。 岸沢古式部は、明治30年(1897年)に、岸沢流古武道5代宗家を継承する。宗家として、古武道の普及と継承に尽力し、多くの門人を育て上げた。 また、古武術の精神を現代社会に活かすため、講演会や著書などを通じて、古武術の思想を広く世に広めた。岸沢古式部は、大正15年(1926年)に死去するまで、古武道の普及と継承に生涯を捧げた。 岸沢古式部は、古武術の達人としてだけでなく、芸術家としても活躍した。書画、茶道、華道にも通じており、独自の境地を築いた。古武術の精神と芸術の精神を融合させ、新しい表現を追求した。 岸沢古式部の作品は、現在でも高く評価されており、多くの美術館や個人に所蔵されている。岸沢古式部は、古武術と芸術の両分野で活躍した偉大な人物であり、その功績は今日でも高く評価されている。
ミュージシャン

岸沢式佐(4代) – 江戸時代後期の浄瑠璃三味線方

-初代鳥羽屋里長の門弟から岸沢派家元まで- 岸沢式佐(4代)は、江戸時代後期の浄瑠璃三味線方である。初代鳥羽屋里長の門弟から岸沢派家元まで、その生涯をたどる。 岸沢式佐(4代)は、文政4年(1821年)に江戸に生まれる。本名は岸沢勇助。幼少の頃から三味線を始め、初代鳥羽屋里長に入門する。里長は当時、浄瑠璃三味線方の第一人者であり、式佐は里長の薫陶を受けて三味線の腕を磨く。 天保3年(1832年)、里長が亡くなると、式佐は岸沢派の家元を継ぐ。岸沢派は、里長が創始した浄瑠璃三味線の流派であり、式佐は里長の遺志を継いで岸沢派を大成させる。 式佐は、演奏技術に優れていただけでなく、作曲にも長けていた。代表作に「勧進帳」「義経千本桜」「仮名手本忠臣蔵」などがある。これらの曲は、現在でも浄瑠璃の定番曲として親しまれている。 式佐は、明治17年(1884年)に亡くなるまで、浄瑠璃三味線方の第一人者として活躍した。その功績を称え、明治22年(1889年)に正五位を追贈される。 式佐は、岸沢派を大成させ、浄瑠璃三味線の発展に貢献した。その功績は、現在でも語り継がれている。
エンターテインメント

「常磐津若太夫(4代)」

常磐津若太夫(4代)の生い立ち 常磐津若太夫(4代)は、1869年(明治2年)に東京に生まれた。本名は岡田平吉。幼い頃から常磐津の演奏に興味を持ち、10歳の時に常磐津若太夫(3代)に入門。1890年(明治23年)に初舞台を踏み、1903年(明治36年)に常磐津正宗家から若太夫を襲名した。 若太夫は、清廉な若衆役や、落魄した哀しみを帯びた役を得意とした。また、常磐津の演奏に新しい息吹を吹き込み、大いに評判を博した。1924年(大正13年)には、帝国劇場で常磐津の演奏会を開催し、大成功を収めた。 若太夫は、1945年(昭和20年)に亡くなった。享年76。常磐津界に大きな足跡を残した名人で、その死は惜しまれた。
ミュージシャン

岸沢式佐(7代)とその生涯

-岸沢式佐(7代)とその生涯 その一門と活躍した時代- -はじめに- 岸沢式佐(7代)は、江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した柔術家である。講道館柔道の創始者である嘉納治五郎の師としても知られている。 -岸沢式佐(7代)の生涯- 岸沢式佐(7代)は、1812年に江戸で生まれた。幼い頃から柔術を学び、頭角を現す。20歳頃には、師匠である岸沢式佐(6代)から印可を受け、7代目を襲名した。 岸沢式佐(7代)は、その後も柔術の修行を続け、多くの弟子を育てた。嘉納治五郎もその弟子の一人である。岸沢式佐(7代)は、1898年に死去したが、その功績は現在も語り継がれている。 -岸沢式佐(7代)の一門- 岸沢式佐(7代)の一門は、江戸時代後期から明治時代にかけて、柔術界で活躍した。岸沢式佐(7代)の弟子には、嘉納治五郎の他にも、東海散士こと田中顕助、平山行蔵、磯貝一、高野佐三郎などがいる。彼らは、いずれも柔術の名手で、講道館柔道の発展に貢献した。 -岸沢式佐(7代)が活躍した時代- 岸沢式佐(7代)が活躍した時代は、日本の歴史において大きな変革期であった。江戸時代末期には、黒船来航によって日本の鎖国体制が崩れ、明治維新によって新しい政府が誕生した。明治時代には、文明開化が進み、日本の社会は大きく変化した。 岸沢式佐(7代)は、このような激動の時代を生き抜いた柔術家である。彼は、柔術の伝統を守りつつ、新しい時代の要求にも応えて、柔術の発展に貢献した。 -おわりに- 岸沢式佐(7代)は、日本の柔術史において重要な人物である。彼は、柔術の伝統を守りつつ、新しい時代の要求にも応えて、柔術の発展に貢献した。彼の功績は、現在も語り継がれている。
ミュージシャン

―岸沢式佐(6代)

-岸沢式佐(6代)の生涯- 岸沢式佐(6代)は、1027年に京都で生まれました。幼名は藤原伊通といい、藤原頼通の息子でした。1036年に従三位に叙せられ、1041年に右兵衛権佐に任じられました。1046年に式部権少輔に転任し、1049年に左兵衛権佐に任じられました。1052年に従四位下に昇叙し、1054年に式部権少輔に再任されました。1056年に正四位下に昇叙し、1059年に左兵衛権佐に再任されました。1062年に従三位に昇叙し、1064年に左兵衛佐に任じられました。1066年に正三位に昇叙し、1069年に右兵衛督に任じられました。1072年に従二位に昇叙し、1074年に左兵衛督に再任されました。1076年に正二位に昇叙し、1078年に右衛門督に任じられました。1080年に従一位に昇叙し、1082年に左衛門督に再任されました。1086年に正一位に昇叙し、1087年に内大臣に任じられました。1090年に左大臣に任じられ、1094年に太政大臣に任じられました。1107年に81歳で亡くなりました。 岸沢式佐(6代)は、平安時代後期に活躍した公卿です。藤原摂関家の嫡流で、父は藤原頼通、母は藤原教通の娘でした。1027年に京都で生まれ、1036年に従三位に叙せられました。その後、右兵衛権佐、式部権少輔、左兵衛権佐などを歴任し、1062年には従三位に昇叙しました。1064年に左兵衛佐に任じられ、1066年に正三位に昇叙しました。1069年に右兵衛督に任じられ、1072年に従二位に昇叙しました。1074年に左兵衛督に再任され、1076年に正二位に昇叙しました。1078年に右衛門督に任じられ、1080年に従一位に昇叙しました。1082年に左衛門督に再任され、1086年に正一位に昇叙しました。1087年に内大臣に任じられ、1090年に左大臣に任じられました。1094年に太政大臣に任じられ、1107年に81歳で亡くなりました。 岸沢式佐(6代)は、平安時代後期を代表する公卿の一人です。藤原摂関家の嫡流として生まれ、高い官位を歴任しました。また、学問にも優れ、多くの著書を残しました。その代表作である『栄華物語』は、平安時代後期の様子を生き生きと描いた歴史物語として知られています。
エンターテインメント

佐々木市蔵(2代) – 江戸時代後期の浄瑠璃三味線方

- 佐々木市蔵(2代)の生涯 佐々木市蔵(2代)は、江戸時代後期の浄瑠璃三味線方。本名は佐々木市太郎。通称は市助。別名は佐々木市蔵、佐々木豊市。江戸市ヶ谷(現・東京都新宿区市ヶ谷)に生まれ、天保10年(1839年)に初代佐々木市蔵の門下に入る。その後、天保12年(1841年)に初舞台を踏み、天保14年(1843年)には市蔵を襲名する。市蔵が三味線方に転向したのは、安政2年(1855年)のことである。 安政3年(1856年)に江戸中村座で『恋娘昔八丈』を弾き、浄瑠璃三味線の第一人者として喝采を浴びた。その後は、江戸市村座、江戸河原崎座などに出演し、嘉永6年(1853年)には大阪中座で『曾我兄弟』を弾いている。市蔵は、浄瑠璃三味線に新しい手法を取り入れ、浄瑠璃界に一大旋風を起こした。市蔵の浄瑠璃三味線は、それまでの浄瑠璃三味線よりも速く、かつ繊細で、より豊かに表現力のあるものだった。市蔵の浄瑠璃三味線は、江戸浄瑠璃の隆盛を支え、江戸浄瑠璃を全国に広めるのに貢献した。 市蔵は、明治2年(1869年)に死去した。享年42。市蔵の墓は、東京都豊島区の染井霊園にある。市蔵の浄瑠璃三味線は、その後の浄瑠璃界に大きな影響を与えた。市蔵の浄瑠璃三味線を継承した三味線方は、二代目佐々木市蔵、三代目佐々木市蔵、四代目佐々木市蔵、五代目佐々木市蔵などである。
エンターテインメント

「岸沢式佐(9代)」1892~1979

-浄瑠璃三味線方の家系・家元としての活動- 岸沢式佐(9代)は、浄瑠璃三味線方の家系に生まれ、家元として活躍した人物である。父である8代岸沢式佐から三味線を学び、1917年に家元を襲名した。以降、浄瑠璃三味線の第一人者として活躍し、多くの弟子を育て上げた。また、浄瑠璃の普及にも努め、1955年に日本浄瑠璃三味線方協会を設立した。 岸沢式佐(9代)は、浄瑠璃三味線の演奏だけでなく、作曲家としても活躍した。浄瑠璃の古典作品はもちろんのこと、新作浄瑠璃の作曲も手がけ、その数は100曲以上にのぼる。また、浄瑠璃三味線の楽譜の編纂にも尽力し、三味線界の発展に大きく貢献した。 岸沢式佐(9代)は、1979年に亡くなったが、その死後もその功績は称えられ続けている。1980年には、日本浄瑠璃三味線方協会から「浄瑠璃三味線の名誉会員」の称号を贈られた。また、1984年には、文化庁から「重要無形文化財保持者」の認定を受けた。 岸沢式佐(9代)は、浄瑠璃三味線の発展に大きく貢献した人物である。その功績は、今日でも高く評価されている。
エンターテインメント

岸沢竹遊斎(初代)(⇒岸沢式佐(きしざわ-しきさ)(5代))について

-岸沢竹遊斎(初代)について- 岸沢竹遊斎(初代)は、日本の落語家。本名は岸沢芳蔵。1833年(天保4年)、江戸の日本橋に生まれる。 幼少の頃から落語好きで、1847年(弘化4年)に2代目三遊亭圓橘に入門し、橘太郎を名乗る。その後、1851年(嘉永4年)に初代柳家小さん門下に移り、柳家小八を名乗る。 1855年(安政2年)、初代三遊亭小圓朝一門に移り、三遊亭小圓遊を名乗る。1859年(安政6年)、真打に昇進し、橘家圓遊を名乗る。 1868年(明治元年)、初代圓遊一門で「玉なの会」を結成し、落語の改革を掲げる。1871年(明治4年)、自由民権運動に共鳴し、落語に政治風刺を取り入れる。 1873年(明治6年)、初代圓遊一門が解散し、橘家圓喬を名乗る。1879年(明治12年)、4代目三遊亭小圓朝門下に移り、三遊亭圓梅を名乗る。 1883年(明治16年)、浅草公園の寄席「金竜館」に移り、岸沢竹遊斎を名乗る。竹遊斎は、落語に音楽を取り入れたり、落語の台本を執筆したりするなど、革新的な活動を行った。 1885年(明治18年)、初代圓遊一門の再結成に加わり、橘家圓喜を名乗る。1888年(明治21年)、初代三遊亭圓遊一門の再結成に加わり、三遊亭圓遊を名乗る。 1894年(明治27年)、再び岸沢竹遊斎を名乗る。翌1895年(明治28年)、死去。享年63。 岸沢竹遊斎は、落語の近代化に貢献した重要な人物である。落語に音楽を取り入れたり、落語の台本を執筆したりするなど、革新的な活動を行った。また、初代圓遊一門の解散と再結成を繰り返すなど、落語界の発展に大きく貢献した。
エンターテインメント

岸沢式佐(3代) – 江戸時代後期の浄瑠璃三味線方

-2代岸沢式佐の門人から岸沢派の家元争いで憤死まで- 岸沢派の祖、岸沢式佐は、2代目を養子にした後、84歳で逝去した。2代目は、師匠と同じ式佐の名を襲名し、家元となった。式佐は、三味線の名手として知られ、多くの門人を輩出した。その中でも、特に有名なのが、3代岸沢式佐である。 3代式佐は、2代式佐の門下で三味線を学び、その才能を早くから認められていた。2代式佐が亡くなった後、家元を継いで3代式佐となった。3代式佐は、2代式佐に劣らぬ名手であり、多くの人々に愛された。しかし、そんな3代式佐にも、晩年に悲劇が襲った。 3代式佐には、弟子が何人もいたが、その中でも特に可愛がっていたのが、岸沢小佐治という人物である。小佐治は、3代式佐の三味線の腕を高く評価しており、3代式佐も小佐治を後継者として期待していた。しかし、3代式佐が亡くなった後、小佐治は家元を継ぐことができなかった。 小佐治が家元を継げなかったのは、3代式佐の遺言によるものだった。3代式佐は、遺言の中で、家元は血縁者に継がせるべきであると定めたのである。これにより、小佐治は家元を継ぐことができず、家元は3代式佐の娘婿である岸沢弥三郎が継いだ。 小佐治は、3代式佐の遺言に深く傷つき、憤死に至ってしまった。小佐治の死は、3代式佐の死からわずか1年後のことであった。小佐治の死は、岸沢派にとって大きな損失であり、岸沢派は衰退の一途をたどった。 岸沢派の衰退は、3代式佐の死と小佐治の死が大きな要因であることは言うまでもない。しかし、それ以外にも、岸沢派が衰退した原因はいくつかある。その一つは、浄瑠璃の衰退である。浄瑠璃は、かつては庶民の間で人気が高かった芸能であったが、明治維新以降、西洋音楽の流入などにより、その人気は衰退していった。岸沢派も、浄瑠璃の衰退とともに衰退していったのである。 もう一つの原因は、岸沢派内部の不和である。岸沢派は、3代式佐の死後、家元争いで分裂した。この分裂は、岸沢派の衰退に拍車をかけることとなった。 岸沢派は、3代式佐の死後、衰退の一途をたどった。しかし、岸沢派の三味線の伝統は、現在でも受け継がれている。岸沢派の三味線の伝統は、日本の伝統芸能の貴重な財産であり、これからも大切に守り継がれていくべきである。
歴史上の偉人

– 岸沢古式部(4代) (岸沢式佐(5代))

-岸沢古式部の生涯と功績- 岸沢古式部は、江戸時代前期に活躍した剣術家です。岸沢式佐の父であり、宝蔵院流槍術の祖とされています。 岸沢古式部は、1590年に美濃国に生まれました。幼い頃から武芸に秀で、16歳の時に上京して宝蔵院流槍術を学びました。その後、各地を巡って修行を重ね、1624年に江戸で道場を開きました。 岸沢古式部は、宝蔵院流槍術を改良し、独自の技法を編み出しました。また、槍術だけでなく、剣術や柔術にも通じていました。その武勇は広く知られ、江戸城に出仕して将軍の指南役を務めました。 1650年に岸沢古式部は死去しましたが、その弟子たちは彼の教えを受け継ぎ、宝蔵院流槍術を広めました。宝蔵院流槍術は、現在でも多くの武術家に学ばれています。 岸沢古式部の功績は、宝蔵院流槍術の改良と普及にあります。また、彼は江戸城に出仕して将軍の指南役を務め、武術の発展に貢献しました。岸沢古式部は、日本の武術史に名を残す偉大な剣術家です。
エンターテインメント

岸沢式佐(5代)-江戸時代後期の浄瑠璃三味線方

-岸沢式佐(5代)の生涯- 岸沢式佐(5代)は、江戸時代後期の浄瑠璃三味線方で、江戸本郷兎毛(とげ)町に住み、初代岸沢式佐の玄孫にあたる。約20年間にわたり、岸沢式佐の名跡を継ぎ、活躍した。 享和3年(1803)に、江戸に生まれる。文政の頃、4代岸沢式佐に師事して三味線を学び、文政13年(1830)には、28歳の若さで寄席三味線の名人として江戸に名を馳せた。 天保4年(1833)、4代岸沢式佐の隠居に伴い、5代岸沢式佐を襲名した。5代式佐は、浄瑠璃三味線方の技術をさらに磨き上げ、その名声は江戸の町中に広がった。 天保11年(1840)には、大阪の豊竹若太夫(16代)や豊竹呂太夫(5代)らと共演し、大好評を博した。また、嘉永2年(1849)には、江戸城で大奥に呼ばれて演奏し、その際に、時の将軍である徳川家慶から褒美を賜った。 5代式佐は、三味線の奏法に優れ、特に、浄瑠璃の語り物を伴う三味線の弾き語りを得意とした。その演奏は、情感豊かで、聴衆を魅了した。 また、5代式佐は、三味線の教育にも力を入れ、多くの弟子を育てた。その弟子たちの中には、のちに浄瑠璃三味線方の名手として活躍する者が多く、5代式佐の功績は、その後の浄瑠璃三味線方の発展に大きな影響を与えた。 安政3年(1856)、江戸本郷の自宅で死去した。享年54。
ミュージシャン

豊名賀志妻太夫 – 江戸の浄瑠璃界に新風を吹き込んだ人物

-豊名賀志妻太夫 - 波乱万丈な生涯と浄瑠璃への貢献- 豊名賀志妻太夫は、江戸時代中期に活躍した浄瑠璃太夫です。華麗な語り口と独創的な演出で、江戸の浄瑠璃界に新風を吹き込み、多くのファンを魅了しました。しかし、波乱万丈な人生を送った人物でもあり、その生涯は多くの悲劇に彩られています。 -1. 豊名賀志妻太夫 - 生い立ちと浄瑠璃の世界へのデビュー- 豊名賀志妻太夫は、元禄11年(1698年)に江戸の町に生まれました。幼い頃から浄瑠璃に興味を持ち、12歳の時に初めて舞台で浄瑠璃を語ります。その才能はすぐに認められ、浄瑠璃太夫としての修行を重ねます。 -2. 豊名賀志妻太夫 - 江戸浄瑠璃界への挑戦- 豊名賀志妻太夫は、20歳の時に江戸浄瑠璃界にデビューします。その華麗な語り口と独創的な演出は、瞬く間に多くのファンを魅了しました。豊名賀志妻太夫は、それまでの浄瑠璃太夫とは一線を画す存在となり、江戸浄瑠璃界に新風を吹き込みます。 -3. 豊名賀志妻太夫 - 波乱万丈な人生- しかし、豊名賀志妻太夫の人生は、波乱万丈でした。夫との結婚生活は破綻し、愛する娘も病で亡くしてしまいます。さらに、火災によって家財をすべて失い、生活困窮に陥ります。 -4. 豊名賀志妻太夫 - 再起と浄瑠璃への貢献- それでも、豊名賀志妻太夫は浄瑠璃に対する情熱を失うことはありませんでした。再起を図り、再び浄瑠璃太夫として舞台に立ちます。豊名賀志妻太夫の浄瑠璃は、人々を感動させ、江戸浄瑠璃界に再び旋風を巻き起こしました。 -5. 豊名賀志妻太夫 - 浄瑠璃界への貢献- 豊名賀志妻太夫は、江戸浄瑠璃界に多くの功績を残しました。華麗な語り口と独創的な演出は、江戸浄瑠璃を新たな高みへと押し上げました。また、豊名賀志妻太夫は、浄瑠璃の台本にも大きな影響を与え、浄瑠璃の脚本家としての才能も発揮しました。 豊名賀志妻太夫は、波乱万丈の人生を送りながらも、浄瑠璃界に多大な貢献をした偉大な人物です。その功績は、江戸浄瑠璃の新たな時代の幕開けを告げるものであり、今日でも浄瑠璃の世界で語り継がれています。