川上音二郎

芸能分野の人

「高田実」- 明治-大正時代の舞台俳優

- 新派の団十郎と呼ばれた俳優- 高田実 高田実は、明治-大正時代に活躍した舞台俳優です。新派の団十郎と呼ばれ、その演技は高く評価されました。 高田実は、1878年(明治11年)に東京で生まれました。幼い頃から芝居に興味があり、16歳の時に劇団に入団しました。その後、新派の劇団である「松竹新派」に入団し、頭角を現しました。 高田実の演技は、リアリティーがあり、情感豊かでした。特に、悲劇の役を演じさせると右に出る者がいないと評されました。また、舞踊にも優れており、その華麗な舞いは多くの人を魅了しました。 高田実は、1923年(大正12年)に関東大震災に遭い、一時的に舞台を離れます。しかし、その後も活動を再開し、晩年まで第一線で活躍しました。 高田実は、1955年(昭和30年)に77歳で亡くなりました。その死は、日本の演劇界に大きな衝撃を与えました。高田実は、日本を代表する舞台俳優であり、その功績は今も語り継がれています。 以下は、高田実の代表的な舞台作品です。 * 「勧進帳」(1914年) * 「仮名手本忠臣蔵」(1915年) * 「椿姫」(1919年) * 「マクベス」(1922年) * 「ハムレット」(1925年) * 「オイディプス王」(1928年) * 「羅生門」(1931年) * 「桜の園」(1933年) * 「海辺の殺人」(1948年) * 「どですかでん」(1951年) これらの作品は、いずれも高田実の演技の素晴らしさを示しています。高田実は、日本の演劇界に大きな足跡を残した偉大な俳優でした。
芸能分野の人

「川上貞奴」-明治-大正時代の女優

明治-大正時代の女優として活躍 川上貞奴は、明治-大正時代に活躍した日本の女優である。本名は川上貞奴。1871年(明治4年)に東京市麻布区(現在の東京都港区)に生まれた。1888年(明治21年)に新派劇の劇団「川上座」に入団し、女優としての活動を始めた。1890年(明治23年)に「鬼あざみ」で初主演を果たし、一躍人気女優となった。その後も「不如帰」「婦系図」などのヒット作に出演し、川上座の看板女優として活躍した。 1900年(明治33年)には、アメリカ合衆国に渡り、ニューヨークのブロードウェイで公演を行った。日本人の女優としてブロードウェイで公演を行ったのは、川上貞奴が初めてであった。アメリカの観客は、川上貞奴の演技を高く評価し、彼女は大きな成功を収めた。 1903年(明治36年)に帰国し、再び川上座の舞台に立った。その後も、女優として活躍を続け、1919年(大正8年)に引退するまで、多くの作品に出演した。川上貞奴は、明治-大正時代の日本を代表する女優の一人であり、その演技力は高く評価されている。
芸能分野の人

瀬川如皐(5代)-明治-昭和時代の劇作家

-早稲田の血を引く第五代瀬川如皐- 五代目瀬川如皐は、明治36年(1903年)に、四代瀬川如皐の長男として、東京市麹町区(現在の東京都千代田区麹町)に生まれた。本名は、瀬川周太郎。早稲田大学政経学部卒業。在学中は、演劇部に所属し、伊藤熹朔、井上正夫、真山青果らに師事した。 卒業後は、父の四代目瀬川如皐が主宰する新派劇団「如皐一座」に入団。昭和5年(1930年)に五代目瀬川如皐を襲名した。 五代目瀬川如皐は、新派劇団「如皐一座」の座頭として、多くの作品を上演した。その中でも、特に有名なのは、昭和10年(1935年)に上演された『婦系図』である。この作品は、森鷗外の小説『婦系図』を原作としており、五代目瀬川如皐は、主人公の青山半蔵を演じた。 『婦系図』は、大ヒットし、五代目瀬川如皐は、一躍、新派劇壇のスターとなった。その後も、彼は、多くの作品に出演し、新派劇団「如皐一座」の隆盛に貢献した。 五代目瀬川如皐は、昭和38年(1963年)に、死去した。享年60。 五代目瀬川如皐は、早稲田大学の出身者であり、早稲田大学演劇部は、彼の母校である。彼は、在学中に、演劇部に所属し、伊藤熹朔、井上正夫、真山青果らに師事した。 五代目瀬川如皐は、新派劇団「如皐一座」の座頭として、多くの作品を上演し、新派劇壇の隆盛に貢献した。彼は、早稲田大学の出身者であり、早稲田大学演劇部は、彼の母校である。
芸能分野の人

ある俳優の人生-木村周平の生涯

-幕末に生まれ明治に活躍した木村周平- 木村周平は、幕末に生まれ明治に活躍した俳優である。本名は、木村喜多八。1844年(弘化元年)、江戸浅草花川戸に生まれた。幼い頃から芝居に興味を持ち、1855年(安政2年)、11歳のときに中村田之助の門下に入り、中村菊太郎の芸名で初舞台を踏んだ。 1868年(慶応4年)、明治維新が起こり、江戸は東京と改称された。木村周平は、東京で活躍する俳優となり、1873年(明治6年)には、東京座の座頭を襲名した。また、1881年(明治14年)には、新富座の座頭を襲名し、1887年(明治20年)には、明治座の座頭を襲名した。 木村周平は、歌舞伎の三大名優の一人と称され、その演技力は高く評価された。また、私生活では、派手な遊び人として知られ、多くの女性と浮名を流した。 1896年(明治29年)、木村周平は53歳で亡くなった。死後、勲四等瑞宝章が贈られた。 木村周平は、明治時代の歌舞伎界を代表する俳優の一人である。その演技力は高く評価され、後世の俳優たちに大きな影響を与えた。
芸能分野の人

木村猛夫-明治・大正期の新派俳優

-政治活動から新派劇俳優へ- 木村猛夫は、明治・大正期の新派俳優です。明治元年(1868)に東京で生まれ、本名は川越勇です。慶應義塾大学法学部を卒業後、政治家として活躍し、衆議院議員や東京府議会議員を務めました。しかし、明治36年(1903)に政界を引退し、同年、新派劇俳優として舞台にデビューしました。 木村猛夫は、端正な容姿と雄弁な話術で人気を集め、すぐに新派劇のスター俳優になりました。彼は、島村抱月や松井須磨子らとともに、新派劇の黄金時代を築き上げました。 木村猛夫は、数多くの作品に出演しましたが、特に有名なのは、島村抱月の戯曲「婦系図」の早瀬主税役です。彼は、この役を長年演じ続け、新派劇の代表的な俳優として知られるようになりました。 木村猛夫は、昭和15年(1940)に亡くなりましたが、彼の残した作品は現在でも多くの人々に親しまれています。
芸能分野の人

青木鶴子(1891-1961):伝説的な女優の生涯と功績

-青木鶴子とは?彼女の生涯とキャリア- 青木鶴子は、1891年4月20日に東京で生まれました。青木鶴子は、1910年代に松竹キネマで女優としてのキャリアを開始しました。彼女は、1920年代に日本映画界のトップスターとして活躍し、松竹キネマの黄金時代を支えました。青木鶴子は、1930年代に結婚して引退しましたが、1940年代に再び松竹キネマで女優として活動を再開しました。彼女は、1950年代に女優としてのキャリアを引退しましたが、1960年代に再び松竹キネマで映画に出演しました。青木鶴子は、1961年10月29日に東京で亡くなりました。 青木鶴子は、日本映画界で活躍した伝説的な女優です。彼女は、1920年代に日本映画界のトップスターとして活躍し、松竹キネマの黄金時代を支えました。青木鶴子は、1930年代に結婚して引退しましたが、1940年代に再び松竹キネマで女優として活動を再開しました。彼女は、1950年代に女優としてのキャリアを引退しましたが、1960年代に再び松竹キネマで映画に出演しました。青木鶴子は、1961年10月29日に東京で亡くなりました。 青木鶴子は、日本映画界で活躍した伝説的な女優です。彼女は、1920年代に日本映画界のトップスターとして活躍し、松竹キネマの黄金時代を支えました。青木鶴子は、1930年代に結婚して引退しましたが、1940年代に再び松竹キネマで女優として活動を再開しました。彼女は、1950年代に女優としてのキャリアを引退しましたが、1960年代に再び松竹キネマで映画に出演しました。青木鶴子は、1961年10月29日に東京で亡くなりました。
芸能分野の人

柴田善太郎について

新派の幹部として活躍  柴田善太郎は、新派の幹部として活躍した人物です。彼は、1870年(明治3年)に大阪で生まれ、1895年(明治28年)に新派の俳優一座である「松竹座」に入団しました。その後、彼は数多くの舞台で活躍し、1918年(大正7年)には「松竹座」の座長に就任しました。  柴田善太郎は、新派の俳優として高い評価を受けており、その演技は「繊細かつ力強い」と評されていました。また、彼は新派の振興にも尽力し、新派の俳優養成所である「松竹座俳優養成所」の設立に貢献しました。  柴田善太郎は、1945年(昭和20年)に亡くなりましたが、彼の功績は現在も新派の世界で高く評価されています。
芸能分野の人

山本嘉一 – 明治から昭和にかけて活躍した名優

-# 山本嘉一の人生とキャリア 山本嘉一は、1867年に東京で生まれました。1886年に新派劇団である「川上音二郎一座」に入団し、翌年に初舞台を踏みました。1896年に「自由劇場」の旗揚げに参加し、その中心的人物として活躍しました。自由劇場解散後は、新派劇団である「山田邦子一座」の座長を務めました。 1910年には、新派劇団である「山本嘉一劇団」を旗揚げし、1928年には「帝国劇場」の支配人となりました。1945年の太平洋戦争終戦まで帝国劇場の支配人を務め、日本の演劇界の発展に貢献しました。 山本嘉一は、新派劇の大御所として活躍し、多くの名作を残しました。代表作には、「不如帰」「金色夜叉」「虞美人草」「ハムレット」「マクベス」などがあります。また、映画にも出演し、1927年の「忠臣蔵」では大石内蔵助役を演じました。 山本嘉一は、1958年に81歳で亡くなりました。死後、勲四等瑞宝章が追贈されました。 山本嘉一は、明治から昭和にかけて活躍した名優であり、日本の演劇界の発展に大きな功績を残しました。