川口松太郎

文学分野の人

料理の名人:高石鍈之助とそのレシピ

-ミートコロッケの生みの親- 高石鍈之助は大正から昭和初期の料理人であり、日本における洋食の普及に多大な貢献をした人物です。彼は明治29年(1896年)に和歌山県に生まれ、15歳で上京して料理人を目指しました。その後、東京の芝浦にある海軍割烹学校の料理課で学び、そこで西洋料理の基礎を学びました。 大正6年(1917年)、高石は東京・京橋にレストラン「高石商店」をオープンしました。このレストランは大正12年(1923年)に関東大震災で焼失しましたが、高石はすぐに復興して「高石洋食店」をオープンしました。このレストランは西洋料理を日本人の口に合うようにアレンジした料理を提供し、瞬く間に人気となりました。 高石の料理の中でも特に人気があったのが、ミートコロッケです。ミートコロッケは、牛ひき肉や玉ねぎなどの具材をホワイトソースで煮込み、それをコロッケ状にして揚げた料理です。高石は、このミートコロッケをサクサクの衣に包んで提供しました。このミートコロッケは、日本人にとって初めての洋食であり、その美味しさに多くの人が魅了されました。 高石は、ミートコロッケ以外にも、エビフライやハンバーグなど、多くの 洋食のレシピを考案しました。彼のレシピは、日本における洋食の普及に大きな役割を果たしました。高石は昭和26年(1951年)に亡くなりましたが、彼のレシピは今も多くのレストランで受け継がれています。 高石鍈之助は、日本における洋食の普及に多大な貢献をした料理人です。彼のレシピは、日本人の食生活を豊かにしました。
美術分野の人

清水三重三:大正と昭和の名彫刻家と挿絵画家

- 清水三重三の生涯 清水三重三は、1887年(明治20年)に愛知県名古屋市に生まれました。父親は漆芸家で、三重三も幼い頃から絵画や彫刻に興味を持ちました。1907年(明治40年)に東京美術学校(現・東京芸術大学)彫刻科に入学し、1911年(明治44年)に卒業しました。 卒業後は、彫刻家として活動を開始しました。1913年(大正2年)に文展に出品した「聖母」が特選となり、その名が知られるようになりました。その後も、数多くの作品を発表し、高い評価を受けました。 1924年(大正13年)には、挿絵画家としてもデビューしました。芥川龍之介の「蜘蛛の糸」や谷崎潤一郎の「痴人の愛」などの挿絵を手がけ、その繊細なタッチで人気を博しました。 1933年(昭和8年)には、東京美術学校彫刻科の教授に就任しました。1945年(昭和20年)に定年退官するまで、多くの学生を指導しました。 1955年(昭和30年)には、文化勲章を受章しました。1968年(昭和43年)に東京都世田谷区で死去しました。 清水三重三は、大正・昭和期の代表的な彫刻家・挿絵画家として、高い評価を受けています。その作品は、全国の美術館に所蔵されています。
芸能分野の人

悟道軒円玉(初代) – 講談師、速記者、川口松太郎の師

-悟道軒円玉の生涯- 悟道軒円玉は、講談師、速記者、川口松太郎の師として知られた人物である。1864年、現在の東京都台東区浅草に生まれた。本名は田中又蔵。 円玉は幼い頃から講談に親しみ、17歳の時に初代悟道軒円玉に入門して講談師となった。円玉は天性の才能を発揮し、たちまち頭角を現した。円玉の講談は、その巧みな話術とユーモアで評判を呼び、多くの聴衆を魅了した。 円玉は講談師として活躍する傍ら、速記者としても活躍した。円玉は、速記の大家である田中芳男に師事して速記を学び、速記記者として数々の裁判や国会で活躍した。 また、円玉は川口松太郎の師でもあった。川口松太郎は、円玉の講談を聞いて、その才能に惚れ込み、円玉に弟子入りを志願した。円玉は川口松太郎の熱意にほだされ、川口松太郎を弟子として受け入れた。円玉は川口松太郎に講談の技術を教え込み、川口松太郎は円玉の教えを受けて、後に大成した。 円玉は、1941年に77歳で亡くなった。円玉は、講談師、速記者、川口松太郎の師として、日本の文化に大きな功績を残した人物である。
文学分野の人

葵新吾 – 江戸時代の美男剣士

葵新吾の誕生と生い立ち 葵新吾は、江戸時代初期に実在したとされる美男剣士であり、その生涯は多くの伝説に彩られている。彼は、1603年に美濃国苗木城下(現在の岐阜県中津川市)で生まれたと伝わっている。苗木城は、武田信玄の五男である武田信茂が築いた城であり、葵新吾はその家臣の家に生まれたといわれている。 葵新吾は、幼少の頃から剣の才能を発揮し、13歳の時には、苗木藩の剣術指南役として抜擢されたという。また、彼は容姿端麗であり、若くして多くの女性から求愛されたといわれている。1621年、葵新吾は、江戸幕府の剣術指南役として召し出され、将軍徳川家光に剣術を教授した。彼は、将軍家から厚い信頼を得て、江戸城の門番長に任命された。 葵新吾は、1627年に、31歳の若さで急死した。彼の死因は、病死説、暗殺説、自害説など諸説あるが、真相は不明である。しかし、彼の死は、江戸の町に衝撃を与え、多くの人が彼の死を悼んだといわれている。 葵新吾は、その美貌と剣の腕前、そして短い生涯で多くの人々に愛された美男剣士であり、その生涯は多くの伝説に彩られている。彼は、講談や小説、映画などの題材として取り上げられ、現在でも多くの人々に親しまれている。
美術分野の人

『』須藤しげるについて知ろう!

須藤しげるの生涯 須藤しげるは、1942年12月12日に東京都世田谷区で生まれた。彼は、日本のフォークミュージシャン、反戦活動家、タレントである。 須藤しげるは、1967年にフォークグループ「ソルティー・シュガー」を結成し、1969年にデビューした。その後、1971年にソロ歌手としてデビューし、「北国の春」「めぐり逢い」「夢芝居」などのヒット曲を送り出した。 須藤しげるは、1970年代から反戦運動にも積極的に参加し、1972年には「反戦フォークシンガー宣言」を発表した。また、1973年には「原発反対運動」に参加し、1975年には「反原発フォークシンガー宣言」を発表した。 須藤しげるは、1980年代以降も音楽活動を続け、1984年には「娘」「家族」などのヒット曲を送り出した。また、1985年には映画「居酒屋ゆうれい」に出演し、俳優としても活躍した。 須藤しげるは、1990年代以降も音楽活動を続け、1995年には「大地」などのヒット曲を送り出した。また、1996年には映画「Shall we ダンス?」に出演し、俳優としても活躍した。 須藤しげるは、2000年代以降も音楽活動を続け、2002年には「男の勲章」などのヒット曲を送り出した。また、2003年には映画「釣りバカ日誌12」に出演し、俳優としても活躍した。 須藤しげるは、2010年代以降も音楽活動を続け、2012年には「人生」などのヒット曲を送り出した。また、2013年には映画「天童よしみ物語」に出演し、俳優としても活躍した。 須藤しげるは、2019年8月21日に肺がんのため、東京都内の病院で死去した。享年76歳であった。