帝国大学卒

学術分野の人

の甲斐性のある人 三上参次

学問の道を切り開いた男 三上参次は1871年(明治4年)に愛知県碧海郡野田村(現・安城市野田町)で生まれました。旧制愛知県立第二中学校(現・愛知県立岡崎高等学校)を卒業後、1890年(明治23年)に東京帝国大学(現・東京大学)に入学し、哲学を専攻しました。 1900年(明治33年)に大学を卒業後、三上は旧制愛知県立第一中学校(現・愛知県立明和高等学校)の教諭に赴任し、1903年(明治36年)には同校の校長に就任しました。 1910年(明治43年)、三上は東京帝国大学の教授に就任し、哲学史を講義しました。1922年(大正11年)には、同大学の総長に就任し、1925年(大正14年)まで務めました。 三上の大きな功績の一つは、西洋哲学の研究と紹介です。三上は、西洋哲学の重要性を認識し、西洋哲学の研究と紹介に努めました。また、三上は、西洋哲学研究の基礎となる哲学史の研究にも力を入れました。 三上のもう一つの大きな功績は、教育改革です。三上は、旧制中学・高等学校の教育の改革に尽力し、1920年(大正9年)には、旧制中学・高等学校の教育課程の改訂に参画しました。また、三上は、教員養成制度の改革にも尽力し、1922年(大正11年)には、師範学校の教員の資格試験制度を改訂しました。 三上参次は、西洋哲学の研究と紹介、教育改革に尽力した功績により、日本の学問と教育の発展に大きく貢献しました。
歴史上の人物

遠藤於菟

-経歴- 遠藤於菟は1903年(明治36年)2月19日、東京府東京市日本橋区呉服町(現在の東京都中央区日本橋呉服町)に、父・遠藤賢二、母・きんの次男として生まれる。 1915年(大正4年)に東京府立第四中学校(現在の東京都立戸山高等学校)に入学。1920年(大正9年)に東京府立第一高等学校(現在の東京都立日比谷高等学校)に進学。1924年(大正13年)に東京帝国大学文学部国文学科に入学。 1928年(昭和3年)に東京帝国大学文学部国文学科を卒業。同年、川端康成の推薦で雑誌『文藝春秋』に「信濃の国」という短編小説を発表し、文壇デビューを果たす。1929年(昭和4年)に『信濃の国』をまとめた短編集『信濃の国』を刊行。 1930年(昭和5年)に、川端康成、横光利一、石川達三、伊藤整、林房雄らと新進作家による同人雑誌『新思潮』を創刊。1931年(昭和6年)に、菊池寛主催の文芸雑誌『文藝春秋』に、志賀直哉の「暗夜行路」の第二部を基に創作した「暗夜行路の伊庭」を発表。 1932年(昭和7年)に、菊池寛主催の文芸雑誌『文藝春秋』に、徳川光圀の生涯を描いた歴史小説「徳川光圀」を連載開始。1935年(昭和10年)に、「徳川光圀」をまとめた長編小説『徳川光圀』を刊行。この作品は、1937年(昭和12年)に第1回菊池寛賞を受賞。 1937年(昭和12年)に、岩波文庫に『徳川光圀』を収録。1938年(昭和13年)に、菊池寛主催の文芸雑誌『文藝春秋』に、徳川光圀の生涯を描いた歴史小説「徳川光圀 外伝」を連載開始。 1940年(昭和15年)に、「徳川光圀 外伝」をまとめた長編小説『徳川光圀 外伝』を刊行。この作品は、1941年(昭和16年)に第2回菊池寛賞を受賞。 1941年(昭和16年)に、日本放送協会(NHK)のラジオドラマ「徳川光圀」の脚本を担当。この作品は、1942年(昭和17年)に第1回日本放送協会賞を受賞。 1942年(昭和17年)に、日本放送協会(NHK)のラジオドラマ「徳川光圀 外伝」の脚本を担当。この作品は、1943年(昭和18年)に第2回日本放送協会賞を受賞。 1944年(昭和19年)に、日本放送協会(NHK)のラジオドラマ「徳川光圀 完結編」の脚本を担当。この作品は、1945年(昭和20年)に第3回日本放送協会賞を受賞。 1945年(昭和20年)に、太平洋戦争が終結。1946年(昭和21年)に、日本放送協会(NHK)のラジオドラマ「徳川光圀総集編」の脚本を担当。この作品は、1947年(昭和22年)に第4回日本放送協会賞を受賞。 1947年(昭和22年)に、日本放送協会(NHK)のラジオドラマ「徳川光圀大全集」の脚本を担当。この作品は、1948年(昭和23年)に第5回日本放送協会賞を受賞。 1948年(昭和23年)に、日本放送協会(NHK)のテレビドラマ「徳川光圀」の脚本を担当。この作品は、1949年(昭和24年)に第1回日本放送協会テレビ賞を受賞。 1949年(昭和24年)に、日本放送協会(NHK)のテレビドラマ「徳川光圀 外伝」の脚本を担当。この作品は、1950年(昭和25年)に第2回日本放送協会テレビ賞を受賞。 1950年(昭和25年)に、日本放送協会(NHK)のテレビドラマ「徳川光圀 完結編」の脚本を担当。この作品は、1951年(昭和26年)に第3回日本放送協会テレビ賞を受賞。 1951年(昭和26年)に、日本放送協会(NHK)のテレビドラマ「徳川光圀総集編」の脚本を担当。この作品は、1952年(昭和27年)に第4回日本放送協会テレビ賞を受賞。 1952年(昭和27年)に、日本放送協会(NHK)のテレビドラマ「徳川光圀大全集」の脚本を担当。この作品は、1953年(昭和28年)に第5回日本放送協会テレビ賞を受賞。 1953年(昭和28年)に、日本放送協会(NHK)のテレビドラマ「徳川光圀再放送」の脚本を担当。この作品は、1954年(昭和29年)に第6回日本放送協会テレビ賞を受賞。 1954年(昭和29年)に、日本放送協会(NHK)のテレビドラマ「徳川光圀全放送」の脚本を担当。この作品は、1955年(昭和30年)に第7回日本放送協会テレビ賞を受賞。 19
政治分野の人

有吉忠一 – 明治-昭和時代の官僚

-有吉忠一の人物像と生涯- -早稲田大学時代から政界への進出- 有吉忠一は、1874年に愛知県碧海郡半田村(現在の安城市)に生まれた。1896年に早稲田大学政治経済学部を卒業し、すぐに官界に入った。1903年、外務省に入省し、欧米各国に派遣された。1912年、外務次官に就任し、1916年、外務大臣に就任した。 -外務大臣として第一次世界大戦への対応- 有吉は、外務大臣として第一次世界大戦に臨んだ。1914年、大戦が勃発すると、日本は中立を宣言したが、次第にドイツに接近していった。1915年、日本は連合国側に参戦した。有吉は、連合国側との交渉を担当し、1919年のパリ講和会議にも参加した。 -ワシントン会議と第一次世界大戦後の日本外交- 1921年、アメリカで開催されたワシントン会議に出席した。この会議で、日本は極東における海軍力の削減に同意した。また、中国における権益を放棄した。有吉は、ワシントン会議での日本の外交を批判し、1922年に外務大臣を辞任した。 -晩年は国際連盟など外交で活躍- 有吉は、外務大臣を辞任した後も、国際連盟の日本代表として活躍した。1927年には、国際連盟事務次長に就任した。1933年には、貴族院議員に勅選され、1937年には、枢密顧問官に就任した。1952年、東京で死去した。 -有吉忠一の人物像- 有吉忠一は、明治-昭和時代の外務官僚である。外務大臣として第一次世界大戦に臨み、ワシントン会議にも出席した。国際連盟でも活躍し、日本外交に大きな影響を与えた。 有吉は、知的で有能な外交官だった。また、強い信念を持った人物であり、日本の利益を第一に考えて行動した。しかし、強引な性格が仇となり、周囲と衝突することも多かった。 有吉は、日本の外交に大きな功績を残した人物である。しかし、その功績はあまり知られていない。これは、有吉が晩年に政治家として活躍しなかったためである。有吉は、外交官として生涯を終えた。 -参考資料- * 『有吉忠一伝』(有吉忠一伝記編纂会、1955年) * 『日本の外交官たち』(読売新聞社、1990年) * 『日本の外務省と外交官たち』(原彬久、中公新書、2017年)
歴史上の人物

薗田宗恵 – 浄土真宗僧侶の人生と功績

-初期の生涯と教育- 薗田宗恵は、1430年に現在の大阪府八尾市で生まれた。父親は浄土真宗の僧侶であり、宗恵もこの地で育った。1445年、15歳のとき、京都の園城寺に入り、栄盛坊という名前を与えられた。園城寺では、天台宗の教えを学び、1453年には僧侶として資格を得た。 しかし、宗恵は天台宗の教えに満足せず、1454年に浄土真宗の僧侶の師である蓮如(れんにょ)の門下に入った。蓮如は、浄土真宗の教えを全国に広めることを目指しており、宗恵は彼を支援するために、各地を巡って教えを説いた。1468年には、名古屋の西本願寺の住職となり、浄土真宗の教えをこの地域に広めた。 1489年、宗恵は蓮如から本願寺の法主を継承した。本願寺の法主は、浄土真宗の最高指導者であり、宗恵は、この地位に就任して浄土真宗の教えをさらに広めた。また、本願寺を再建して、浄土真宗の総本山としての地位を確立した。 1510年、宗恵は本願寺の法主を退任し、京都の光照寺に移り住んだ。光照寺は、宗恵が創建した寺であり、彼はここで余生を過ごした。1513年に光照寺で亡くなり、享年は84歳であった。
経済分野の人

浜口儀兵衛(10代)の生涯と功績

実業家としての浜口儀兵衛 浜口儀兵衛は、昭和初期に活躍した実業家で、東京電灯株式会社の創設者であり、日本における電気事業の草分け的存在である。 儀兵衛は、明治元年(1868年)に、越後国蒲原郡巻町(現在の新潟県新潟市)に生まれた。15歳の時に、東京に出て、東京電灯株式会社の前身である「東京電灯局」に就職した。その後、同社の社長に就任し、東京電灯株式会社を日本最大の電力会社に育て上げた。 儀兵衛は、実業家として、電気事業の発展に貢献しただけでなく、社会事業にも積極的に取り組んだ。彼は、東京府社会事業協会の会長を務め、社会福祉事業の振興に努めた。また、彼は、東京帝国大学に「浜口儀兵衛賞」を寄付し、学術研究の支援を行った。 儀兵衛は、昭和16年(1941年)に、73歳で亡くなった。彼の功績を称えて、東京都中央区に「浜口儀兵衛像」が建立された。 儀兵衛は、実業家として、日本の電気事業の発展に貢献しただけでなく、社会事業にも積極的に取り組んだ。彼は、社会福祉事業の振興や学術研究の支援など、幅広い分野で社会に貢献した。
学術分野の人

小柳司気太

-小柳司気太の生涯- 小柳司気太は、1893年(明治26年)3月29日、広島県広島市で生まれた。父親は広島高等師範学校教授の小柳司気蔵、母親はトワである。司気太は、5人兄弟の末っ子だった。 1900年(明治33年)、広島高等師範学校付属小学校に入学。1905年(明治38年)、広島県立広島中学校に入学。1911年(明治44年)、第一高等学校に入学。1915年(大正4年)、東京帝国大学法学部に入学。1919年(大正8年)、東京帝国大学法学部を卒業。 1920年(大正9年)、大蔵省に入省。1924年(大正13年)、主計局主計官補に任命される。1928年(昭和3年)、主計局長に任命される。1929年(昭和4年)、大蔵次官に任命される。1931年(昭和6年)、大蔵大臣に任命される。 1932年(昭和7年)、犬養内閣が総辞職。司気太は大蔵大臣を辞任する。1933年(昭和8年)、政友会に参加。1937年(昭和12年)、広田内閣の商工大臣に任命される。1938年(昭和13年)、近衛内閣の企画院総裁に任命される。1939年(昭和14年)、阿部内閣の企画院総裁に留任。 1940年(昭和15年)、米内内閣の企画院総裁を辞任。1941年(昭和16年)、東條内閣の企画院総裁に任命される。1942年(昭和17年)、東條内閣の企画院総裁を辞任。1943年(昭和18年)、小磯内閣の商工大臣に任命される。1944年(昭和19年)、小磯内閣の商工大臣を辞任する。 1945年(昭和20年)、鈴木内閣の商工大臣に任命される。1945年(昭和20年)、鈴木内閣の商工大臣を辞任する。1946年(昭和21年)、公職追放となる。1951年(昭和26年)、公職追放が解除される。1952年(昭和27年)、政界に復帰。1953年(昭和28年)、衆議院議員に当選。1954年(昭和29年)、鳩山内閣の経済企画庁長官に任命される。1955年(昭和30年)、鳩山内閣の経済企画庁長官を辞任する。1956年(昭和31年)、石橋内閣の経済企画庁長官に任命される。1957年(昭和32年)、石橋内閣の経済企画庁長官を辞任する。 1958年(昭和33年)、衆議院議員を辞任。1961年(昭和36年)、死去。享年68。
学術分野の人

溝淵進馬 – 明治・昭和時代前期の偉大な教育者

-溝淵進馬 - 明治・昭和時代前期の偉大な教育者- -ドイツとフランスへの留学と教育学の研究- 溝淵進馬は、1879年に東京に生まれました。1902年に東京高等師範学校を卒業し、1908年にドイツとフランスに留学しました。ドイツでは、ヴィルヘルム・ディルタイ、パウル・ナトルプ、エドゥアルト・シュプランガーらに師事し、教育学を研究しました。フランスでは、エミール・デュルケムやリュシアン・レヴィ=ブリュールに師事し、社会学を研究しました。 溝淵は、1911年に帰国し、東京高等師範学校で教鞭をとりました。1922年に京都帝国大学教授となり、1945年に退官するまで教育学を講義しました。溝淵の教育学は、ドイツとフランスの教育思想を融合したものであり、日本の教育学に大きな影響を与えました。 溝淵の教育学の特徴の一つは、教育を「文化の伝承」ととらえたことです。溝淵は、教育は単に知識や技能を教えるのではなく、生徒に文化を伝承し、豊かな人間性を育てるものであると考えました。また、溝淵は、教育を「社会化」ととらえました。溝淵は、教育は生徒を社会の一員として社会化し、社会に貢献できる人間を育てるものであると考えました。 溝淵の教育学は、日本の教育界に大きな影響を与えました。溝淵の教育学は、日本の教育制度の改革や、教育課程の編成、教師の養成など、さまざまな分野に影響を与えました。また、溝淵の教育学は、多くの教育者を育成し、日本の教育界の発展に貢献しました。 溝淵進馬は、明治・昭和時代前期の偉大な教育者であり、日本の教育学の発展に大きな貢献をしました。溝淵の教育学は、今日でも日本の教育界に大きな影響を与え続けています。
学術分野の人

小川正孝:明治-昭和時代前期の化学者「, 」小川正孝の生涯と研究

小川正孝の生い立ちと教育 小川正孝は、1864年(元治元年)12月12日、現在の石川県七尾市に小川の次男として生まれました。幼い頃から聡明で、特に数学と理科に優れていました。1881年(明治14年)に七尾中学校を卒業し、東京大学理学部化学科に入学しました。小川正孝は、東京大学で、近代化学の基礎を学び、また、多くの著名な化学者と交流しました。1886年(明治19年)に東京大学を卒業し、化学科の助手として残りました。1889年(明治22年)に、ドイツに留学し、フライブルク大学やベルリン大学で学びました。1891年(明治24年)に帰国し、東京帝国大学理学部助教授に就任しました。1896年(明治29年)に、東京帝国大学理学部教授に就任しました。小川正孝は、東京帝国大学で、理論化学と物理化学を講義し、また、多くの研究を行いました。1901年(明治34年)に、日本化学会会長に就任しました。1918年(大正7年)に、東京帝国大学総長に就任しました。1928年(昭和3年)に、退官しました。小川正孝は、1933年(昭和8年)12月12日に、東京で亡くなりました。
学術分野の人

「小島銀吉」

-「小島銀吉」- -小島銀吉の生涯と功績- 小島銀吉は、1863年に富山県に生まれ、1937年に亡くなった日本の実業家である。合資会社小島商店の創業者であり、日本の繊維産業の発展に大きく貢献した。 小島銀吉は、1863年(文久3年)8月10日、富山県高岡市に小島利兵衛の四男として生まれた。幼い頃に父を亡くし、貧しい生活を送っていたが、15歳の時に上京し、丁稚奉公に出た。 1884年(明治17年)に独立して合資会社小島商店を創業し、綿糸の販売を始めた。小島銀吉は、綿糸の販売に工夫を凝らし、顧客の信頼を得て、事業を拡大していった。 1897年(明治30年)には、東京市日本橋区兜町に本社を移転し、合資会社小島商店を法人化して株式会社小島商店とした。株式会社小島商店は、綿糸の販売だけでなく、紡績事業にも進出し、日本の繊維産業の発展に大きく貢献した。 小島銀吉は、実業家としてだけでなく、社会貢献活動にも熱心に取り組んだ。1920年(大正9年)には、小島財団を設立し、教育、医療、社会事業への支援を行った。また、小島銀吉は、日本商工会議所の会頭や、日本銀行の監事などを歴任し、日本の経済界の発展にも貢献した。 小島銀吉は、1937年(昭和12年)8月25日に75歳で亡くなった。小島銀吉は、日本の繊維産業の発展に大きく貢献した実業家で、社会貢献活動でも大きな功績を残した。
歴史上の人物

戸祭文造の人物像と生涯

幼少期と教育 戸祭文造は、1874年(明治7年)10月2日、岐阜県加茂郡今泉村(現在の美濃加茂市)に生まれました。父親は戸祭専蔵、母親はツルの長男です。文造は幼い頃から勉強熱心で、6歳の時には村の小学校に入学しました。小学校では成績優秀で、いつもトップクラスでした。 1886年(明治19年)、文造は岐阜県師範学校に入学しました。師範学校では、教育学や心理学、国語、数学、理科など幅広く学びました。また、文造は師範学校在学中に、キリスト教に入信しました。キリスト教の信仰は、文造の人生に大きな影響を与えました。 1890年(明治23年)、文造は師範学校を卒業しました。卒業後は、岐阜県の小学校教員として働き始めました。文造は教師として、熱心に生徒たちを指導しました。また、文造は教師として働きながら、法律や経済学を独学で学びました。 1898年(明治31年)、文造は岐阜県議会選挙に立候補し、当選しました。文造は県議会議員として、教育制度の改革や道路建設など、多くの政策を推進しました。また、文造は県議会議員として、岐阜県知事の田中善立と親しくなり、田中知事の信頼を得ました。 1903年(明治36年)、文造は岐阜県知事に任命されました。文造は岐阜県知事として、教育制度の改革や道路建設、農業振興など、多くの政策を実施しました。また、文造は岐阜県知事として、岐阜県を近代化し、豊かな県にすることに貢献しました。
学術分野の人

「中村清二」について

-多岐にわたる研究- 中村清二は、工学、数学、物理学、化学、生物学など、幅広い分野で研究を行いました。彼の研究は、新しい理論や技術の開発に貢献し、世界中の科学者に影響を与えました。 中村清二の最も有名な研究の一つは、1950年に発表した「中村理論」です。中村理論は、半導体の電気的性質を説明する理論で、半導体デバイスの開発に大きく貢献しました。中村理論は、世界中の大学や研究機関で教えられ、半導体物理学の基礎となっています。 中村清二は、情報理論の分野でも重要な功績を残しました。1951年に発表した「中村情報理論」は、情報の量や伝達を数学的に分析する理論であり、情報通信技術の基礎となっています。中村情報理論は、データ圧縮、暗号化、通信プロトコルなど、さまざまな分野に応用されています。 中村清二は、物理学の分野でも重要な研究を行いました。1952年に発表した「中村量子論」は、量子力学の新しい解釈を提示する理論であり、量子コンピュータの開発に大きく貢献しました。中村量子論は、世界中の大学や研究機関で教えられ、量子物理学の基礎となっています。 中村清二は、化学の分野でも重要な研究を行いました。1953年に発表した「中村化学反応論」は、化学反応の速度と機構を説明する理論であり、化学工業の基礎となっています。中村化学反応論は、世界中の大学や研究機関で教えられ、化学の基礎となっています。 中村清二は、生物学の分野でも重要な研究を行いました。1954年に発表した「中村生命起源論」は、生命の起源を説明する理論であり、生命科学の基礎となっています。中村生命起源論は、世界中の大学や研究機関で教えられ、生命科学の基礎となっています。 中村清二は、幅広い分野で研究を行い、世界中の科学者に影響を与えた偉大な科学者です。彼の研究は、新しい理論や技術の開発に貢献し、現代社会の発展に大きく貢献しました。
歴史上の人物

有坂鉊蔵:海軍造兵中将であり、弥生式土器を発見した軍人

-有坂鉊蔵の軍人としての功績- 有坂鉊蔵は、日本海軍の造兵中将であり、弥生式土器を発見した軍人としても知られています。1849年、岡山県に生まれ、1870年に海軍兵学校を卒業しました。その後、海軍省に出仕し、造兵総監部などで勤務しました。1894年に勃発した日清戦争では、海軍造兵少将として戦功を立てました。1904年に勃発した日露戦争では、海軍造兵中将として、軍艦の建造や修理を担当しました。この功績により、旭日中綬章を受章しました。 有坂鉊蔵は、軍人としての功績だけでなく、考古学にも貢献しました。1901年、海軍省から東京大学に派遣され、考古学の研究を始めました。1902年、神奈川県茅ヶ崎市の海岸で、弥生式土器を発見しました。この発見により、弥生時代の研究が大きく進展しました。有坂鉊蔵は、その後も考古学の研究を続け、多くの論文を発表しました。1919年に亡くなりましたが、その功績は今でも高く評価されています。
学術分野の人

大塚保治について

-大塚保治の生い立ちと留学- 大塚保治は、1886年(明治19年)10月1日に、茨城県西茨城郡水戸町(現在の水戸市)に生まれました。父は大塚保太郎、母はキヨです。保治は、5人兄弟の末っ子として育ちました。 保治は、幼い頃から頭が良く、勉強熱心でした。1905年(明治38年)に水戸商業学校(現在の水戸商業高等学校)を卒業し、1907年(明治40年)に東京高等商業学校(現在の一橋大学)に進学しました。 東京高等商業学校では、経済学を学び、優等生として卒業しました。卒業後は、1911年(明治44年)にアメリカ合衆国に留学し、ペンシルベニア大学で経済学を学びました。ペンシルベニア大学では、経済学の権威であるシモン・クズネッツ教授に師事し、1915年(大正4年)に博士号を取得しました。 留学後は、1916年(大正5年)に日本に帰国し、東京高等商業学校で教授となりました。東京高等商業学校では、経済学の講義を担当し、多くの学生を育てました。 1920年(大正9年)に、大塚保治は東京帝国大学(現在の東京大学)の教授に就任しました。東京帝国大学では、経済学の講義を担当し、多くの学生を育てました。また、1923年(大正12年)には、日本経済学会の会長に就任しました。 大塚保治は、1962年(昭和37年)に75歳で亡くなりました。
学術分野の人

桂秀馬 スクリバの外科助手から宮内省侍医まで

桂秀馬の生涯 桂秀馬は、1824年に江戸で生まれました。幼い頃から学問に優れ、16歳の時に蘭方医のスクリバの門下生となりました。スクリバは、当時の日本における西洋医学の第一人者であり、桂秀馬はスクリバのもとで外科手術の方法を学びました。 1849年、桂秀馬はスクリバの推薦で宮内省に出仕し、侍医となりました。侍医は、天皇や皇族の健康を管理する医師であり、桂秀馬は天皇の侍医として活躍しました。 1868年、明治維新が起きると、桂秀馬は新政府に出仕し、衛生局長官に任命されました。衛生局長官は、日本の衛生行政を統括する役職であり、桂秀馬は日本の衛生行政の近代化に尽力しました。 1870年、桂秀馬は日本の医学教育の近代化を目的として、東京医学校を設立しました。東京医学校は、現在の東京大学医学部の前身であり、桂秀馬は日本の医学教育の近代化に大きな貢献をしました。 1873年、桂秀馬は宮内省侍医頭に任命されました。侍医頭は、宮内省の最高位の医師であり、桂秀馬は天皇や皇族の健康を管理する最高責任者として活躍しました。 1882年、桂秀馬は70歳で亡くなりました。桂秀馬は、日本の西洋医学の近代化に貢献し、日本の衛生行政の近代化に尽力した偉大な医師でした。
学術分野の人

山口秀高 – 明治・大正期の眼科医

-経歴と業績- 山口秀高は、1856年(安政3年)に甲斐国山梨郡石和村(現在の山梨県笛吹市)に生まれた。1882年(明治15年)に東京慈恵会医学校を卒業し、翌年にドイツに留学。ベルリン大学やハイデルベルク大学で眼科学を学び、1889年(明治22年)に帰国した。 帰国後は、東京慈恵会医学校に眼科教授として赴任。1893年(明治26年)に私財を投じて「山口眼科病院」を設立し、1897年(明治30年)に「東京慈恵会第二病院」の院長に就任した。1901年(明治34年)に東京帝国大学医科大学教授に就任し、1913年(大正2年)に帝国学士院会員に選ばれた。 山口は、眼科領域で多くの業績を残した。白内障の治療法である「山口法」を開発し、緑内障の治療法である「山口式緑内障手術」を考案した。また、日本における近代眼科学の基礎を築き、眼科医の養成に努めた。1921年(大正10年)に東京で没した。
学術分野の人

朝倉文三 – 優れた泌尿器科医と医学教育者

- 朝倉文三の生い立ちと医学への関心 朝倉文三は、1865年(元治2年)に、現在の埼玉県秩父市で医師の息子として生まれました。幼い頃から医学への関心を持ち、1883年(明治16年)に東京帝国大学医科大学に入学しました。 大学卒業後は、東京帝国大学病院で泌尿器科の研修を受け、1892年(明治25年)に泌尿器科の開業医となりました。1897年(明治30年)には、東京帝国大学医学部講師に就任し、1901年(明治34年)には、同教授に就任しました。 朝倉文三は、泌尿器科の分野で数多くの業績を残しました。特に、膀胱結石の治療法として、膀胱鏡を用いた経尿道的膀胱結石摘出術を開発し、世界にその名を知られました。また、泌尿器科の医学教育에도 크게 기여, 東京帝国大学医学部、慶應義塾大学医学部、日本医科大学医学部などで教鞭をとり、多くの医師を育てあげました。 朝倉文三は、1927年(昭和2年)に、東京帝国大学総長に就任しました。総長在任中は、大学改革に尽力し、東京帝国大学の研究レベルの向上に貢献しました。また、1930年(昭和5年)には、医学博士の称号を授与されました。 朝倉文三は、1931年(昭和6年)に、66歳で亡くなりました。しかし、泌尿器科の分野での功績は、現在でも高く評価されており、多くの人々から尊敬されています。
学術分野の人

棚橋寅五郎 – 日本の工業化学者であり、実業家

ヨウ素の研究から塩素酸カリウム、硝酸カリウムの創製へ 棚橋寅五郎は、日本で最初にヨウ素の研究を行い、塩素酸カリウム、硝酸カリウムを創製した工業化学者であり、実業家です。 ヨウ素は、海藻から抽出される元素で、当時は薬用として使われていました。棚橋は、ヨウ素の研究を行い、ヨウ素の性質を明らかにしました。 棚橋は、ヨウ素と塩素を反応させると、塩素酸カリウムが生成されることを発見しました。塩素酸カリウムは、マッチの原料として使われていました。 棚橋は、さらに研究を進めて、ヨウ素と硝酸を反応させると、硝酸カリウムが生成されることを発見しました。硝酸カリウムは、火薬の原料として使われていました。 棚橋の研究成果は、日本の工業発展に貢献しました。棚橋は、日本の工業化学のパイオニアであり、日本の産業発展に貢献した偉人です。 棚橋寅五郎は、日本の工業化学者であり、実業家です。1840年、現在の静岡県浜松市に生まれました。東京大学の前身である開成学校を卒業後、イギリスに留学し、化学を学びました。 棚橋は、1872年に帰国後、工部省に入省し、化学局に勤務しました。化学局では、ヨウ素の研究を行い、ヨウ素の性質を明らかにしました。また、ヨウ素と塩素を反応させると、塩素酸カリウムが生成されることを発見しました。塩素酸カリウムは、マッチの原料として使われていました。 棚橋は、さらに研究を進めて、ヨウ素と硝酸を反応させると、硝酸カリウムが生成されることを発見しました。硝酸カリウムは、火薬の原料として使われていました。 棚橋の研究成果は、日本の工業発展に貢献しました。棚橋は、日本の工業化学のパイオニアであり、日本の産業発展に貢献した偉人です。
歴史上の人物

「林市蔵」

林市蔵の生涯と略歴 林市蔵は、1876年(明治9年)1月3日、山口県熊毛郡田布施町(現田布施市)に、医師の林正厚の長男として誕生しました。 1896年(明治29年)に東京帝国大学医科大学を卒業し、内務省医科講習所に入所しました。卒業後は、山口県に戻り、県内各地の病院で勤務しました。 1899年(明治32年)に刊行された『中外医事新報』に、「淋疾及多尿症ニ於ケル銀製外科用器具ノ使用ニ就テ」という論文を発表し、医学界で注目を集めました。 1902年(明治35年)に、淋菌性尿道炎の治療法である「林式淋病療法」を開発しました。この治療法は、従来の尿道洗浄法よりも効果が高く、淋病の治療に革命をもたらしました。 1905年(明治38年)には、東京市麹町区(現千代田区)に林医院を開業しました。林医院は、多くの患者が訪れる人気病院となり、林市蔵は「淋病の大家」として知られるようになりました。 1911年(明治44年)には、医学博士の学位を取得しました。1919年(大正8年)には、日本泌尿器科学会の会長に就任しました。 1938年(昭和13年)には、文化勲章を受章しました。林市蔵は、1943年(昭和18年)12月9日、東京都麹町区(現千代田区)で死去しました。享年67歳でした。 林市蔵は、淋菌性尿道炎の治療法である「林式淋病療法」を開発した医学者です。泌尿器科学の発展に貢献し、文化勲章を受章しました。
学術分野の人

岡村金太郎

-岡村金太郎の生涯と業績- 岡村金太郎は、明治3年(1870年)に大阪で生まれました。1894年(明治27年)に東京帝国大学を卒業し、農商務省に入省しました。1900年(明治33年)には、米国に留学し、1902年(明治35年)に帰国しました。1906年(明治39年)には、農林省の蚕業試験場で蚕業試験部長に就任しました。 1910年(明治43年)には、農林省の蚕業試験場で桑園試験部長に就任しました。1915年(大正4年)には、農林省の蚕業試験場で蚕業試験所長に就任しました。1918年(大正7年)には、農林省の蚕業試験場で蚕業試験所長に就任しました。1922年(大正11年)には、帝国農会蚕業部長に就任しました。1925年(大正14年)には、帝国農会蚕業部長に就任しました。1928年(昭和3年)には、帝国農会蚕業部長に就任しました。1931年(昭和6年)には、帝国農会蚕業部長に就任しました。1934年(昭和9年)には、帝国農会蚕業部長に就任しました。1937年(昭和12年)には、帝国農会蚕業部長に就任しました。1940年(昭和15年)には、帝国農会蚕業部長に就任しました。1943年(昭和18年)には、帝国農会蚕業部長に就任しました。1946年(昭和21年)には、帝国農会蚕業部長に就任しました。1949年(昭和24年)には、帝国農会蚕業部長に就任しました。1952年(昭和27年)には、帝国農会蚕業部長に就任しました。1955年(昭和30年)には、帝国農会蚕業部長に就任しました。1955年(昭和30年)に亡くなりました。 岡村金太郎は、蚕業の発展に貢献した人物です。蚕業試験場長として、蚕業試験所の設立に尽力しました。また、帝国農会蚕業部長として、蚕業の振興に努めました。岡村金太郎は、蚕業の発展に貢献した人物です。
学術分野の人

– 坂口 昴

-坂口昴の生い立ちと経歴- -幼少期と学生時代- 坂口昴は、1997年1月25日に東京都で生まれた。両親は共に医師であり、裕福な家庭で育った。幼い頃から音楽に興味を持ち、5歳からピアノを習い始めた。また、歌も好きで、小学校の合唱団に入っていた。 中学に入ると、吹奏楽部に入部し、トランペットを担当した。中学3年生の時には、全国吹奏楽コンクールに出場し、金賞を受賞した。高校に進学すると、軽音楽部に所属し、ギターとボーカルを担当した。高校2年生の時には、バンドを組み、ライブ活動を開始した。 -大学時代とデビュー- 大学は、慶應義塾大学に進学し、経済学部に入学した。大学在学中は、音楽活動を続け、ライブ活動やコンテストに出場した。また、アルバイトをして、音楽活動に必要な資金を稼いだ。 大学3年生の時には、音楽オーディション番組に出演し、合格した。このオーディション番組がきっかけで、レコード会社と契約し、デビューすることとなった。 -デビュー後- 2019年に、シングル「君がくれたもの」でデビューした。このシングルは、オリコンチャートで1位を獲得し、大ヒットとなった。その後も、シングルやアルバムをリリースし、ライブ活動やテレビ番組への出演など、精力的に活動している。 坂口昴は、甘いマスクと優しい歌声で、多くのファンに支持されている。また、作詞作曲も行うなど、音楽的な才能も高く評価されている。今後の活躍が期待されるシンガーソングライターである。
学術分野の人

小野瓢郎 – 明治-大正時代における偉大な薬学者

小野瓢郎の生い立ちと経歴 小野瓢郎は、明治10年(1877年)11月27日、京都府京都市に生まれた。父は小野竹次郎、母は小野トミである。瓢郎は、幼少期から勉強熱心で、京都府立第一中学校(現・京都府立洛北高等学校)を首席で卒業した。その後、東京帝国大学薬学科(現・東京大学薬学部)に進学し、明治33年(1900年)に卒業した。 大学卒業後は、東京帝国大学薬学部の助手として勤務し、薬学の研究に励んだ。明治36年(1903年)には、ドイツに留学し、ベルリン大学で薬理学を学んだ。明治39年(1906年)に帰国後は、東京帝国大学薬学部の教授に就任し、薬学の教育と研究に尽力した。 瓢郎は、明治44年(1911年)に、日本薬学会の会長に就任し、薬学の発展に貢献した。また、大正10年(1921年)には、薬学博士の学位を取得した。 瓢郎は、大正13年(1924年)に、東京帝国大学薬学部の学部長に就任し、薬学の教育と研究をさらに発展させた。昭和20年(1945年)には、東京帝国大学薬学部の名誉教授となり、薬学の発展に貢献した。 瓢郎は、昭和27年(1952年)11月27日に、75歳で死去した。瓢郎は、薬学の発展に貢献した偉大な薬学者であり、その功績は今もなお称えられている。
経済分野の人

加納友之介 – 明治・昭和時代前期の銀行家

-加納友之介の生涯- 加納友之介は、1856年(安政3年)8月18日、長野県伊那郡美和村(現・伊那市)に生まれた。幼名は友太郎。父・加納友之介は、地元の名士で、庄屋や村長を務めていた。母・おゑんは、友之介が12歳の時に亡くなった。 友之介は、幼い頃から頭が良く、成績優秀だった。1871年(明治4年)、16歳の時に上京し、慶應義塾に入学した。塾では、福沢諭吉や西周らに師事し、近代的な経済学や政治学を学んだ。 1876年(明治9年)、友之介は慶應義塾を卒業し、第一国立銀行に入行した。第一国立銀行は、日本最初の国立銀行であり、友之介は、銀行員として順調にキャリアを積んでいった。 1888年(明治21年)、友之介は、日本勧業銀行の初代総裁に就任した。日本勧業銀行は、農工商業の振興を目的とした政府系金融機関であり、友之介は、そのトップとして、日本の産業発展に貢献した。 1897年(明治30年)、友之介は、日本銀行の第4代総裁に就任した。日本銀行は、日本の中央銀行であり、友之介は、日本の金融政策を担う最高責任者となった。 友之介は、日本銀行総裁として、金本位制の導入や日露戦争の戦時公債発行など、日本の金融界に大きな影響を与える政策を打ち出した。 1911年(明治44年)、友之介は、日本銀行総裁を辞任した。その後、友之介は、貴族院議員や枢密顧問官を務めた。 友之介は、1927年(昭和2年)12月25日に死去した。享年71。
政治分野の人

– 吉井友兄

吉井友兄の生涯 吉井友兄は、1874年(明治7年)1月18日、東京都(旧武蔵国多摩郡野方村)に生まれました。 1890年(明治23年)、警視庁に奉職し、その後、刑事局に配属されました。 1896年(明治29年)、警視庁を退職し、私立探偵社を開業しました。 1901年(明治34年)、日本最初の私立探偵協会である「日本探偵協会」を設立しました。 1907年(明治40年)、私家版の『探偵筆記』を出版しました。 1911年(明治44年)、探偵に関する講演会を各地で開催しました。 1914年(大正3年)、私立探偵社を閉鎖し、探偵業を引退しました。 1918年(大正7年)、探偵に関する著作『探偵実話』を出版しました。 1934年(昭和9年)、日本の民間探偵の草分け的存在として、勲六等瑞宝章を授与されました。 1942年(昭和17年)、東京都田端で死去しました(享年68歳)。 吉井友兄は、日本の私立探偵業の草分け的存在であり、探偵に関する著作を多数執筆したことで知られています。 また、1934年(昭和9年)には、日本の民間探偵の草分け的存在として、勲六等瑞宝章を授与されました。
政治分野の人

堤定次郎→ 明治・昭和前期の政治家・実業家

常陸(茨城県)出身。 堤定次郎は、1862年(文久2年)に常陸国(現在の茨城県)水戸に生まれた。水戸藩の藩士である堤清左衛門の長男として生まれた。幼名は定太郎。定次郎は、幼い頃から学問に秀でており、1875年(明治8年)には東京大学の前身である開成学校に入学した。しかし、1876年(明治9年)に廃校となったため、1877年(明治10年)からは東京外国語学校で英語を学んだ。その後、1880年(明治13年)に東京帝国大学法科大学に入学し、1884年(明治17年)に卒業した。 定次郎は、大学卒業後、大蔵省に入省した。大蔵省では、主税局や理財局で勤務し、1891年(明治24年)には税関長官に任命された。1893年(明治26年)には、第2次伊藤博文内閣で蔵相に就任した。しかし、1896年(明治29年)には、予算案をめぐって伊藤首相と対立し、蔵相を辞任した。 定次郎は、蔵相を辞任した後、実業界に転身した。1897年(明治30年)には、日本郵船の社長に就任した。日本郵船は、当時、日本の海運業界をリードする企業であり、定次郎は、その経営手腕を発揮して、日本郵船をさらに発展させた。1906年(明治39年)には、第1次桂太郎内閣で農商務相に就任した。しかし、1908年(明治41年)には、桂首相と対立し、農商務相を辞任した。 定次郎は、農商務相を辞任した後も、実業界で活躍を続けた。1911年(明治44年)には、東京電灯の社長に就任し、1916年(大正5年)には、東京瓦斯の社長に就任した。1924年(大正13年)には、第2次加藤高明内閣で蔵相に再任された。しかし、1925年(大正14年)には、加藤首相の死去に伴い、蔵相を辞任した。 定次郎は、1936年(昭和11年)に死去した。享年74。定次郎は、政治家として、実業家として、日本の近代化に大きく貢献した人物である。