幕府天文方

学術分野の人

「渋川敬也」(1699-1727)

-渋川敬也の生涯と功績- 渋川敬也は、1699年に江戸で生まれた。父は旗本、渋川景澄。母は、陸奥国仙台藩藩主、伊達綱村の娘。敬也は、幼い頃から聡明で、学問や武術を好んだ。1716年、将軍徳川吉宗に仕えはじめた。吉宗は、敬也の才能を高く評価し、1721年には、若年寄に任命した。敬也は、若年寄として、幕政改革に尽力した。 敬也が最も力を注いだ改革の一つは、財政改革である。吉宗は、幕府の財政が厳しい状況に陥っていたため、財政改革を急務としていた。敬也は、まず、幕府の収入を増やすために、新税を導入した。また、幕府の支出を削減するために、経費の見直しを行った。敬也の財政改革は、成功を収め、幕府の財政は好転した。 敬也は、また、政治改革にも尽力した。吉宗は、幕府の政治が停滞していたため、政治改革を望んでいた。敬也は、まず、幕府の役人の数を減らした。また、幕府の役人に、定期的に登城することを義務付けた。敬也の政治改革は、幕府の政治を活性化させ、幕府の統治力を強化した。 敬也は、1727年に、28歳の若さで病死した。しかし、敬也の改革は、幕府の財政や政治を好転させ、幕府の安定に大きく貢献した。敬也は、江戸時代中期を代表する政治家の一人である。
歴史上の人物

奥留種徳〜江戸時代後期の暦算家〜

# 奥留種徳の生涯 奥留種徳は、江戸時代後期の暦算家です。1758年、埼玉県入間郡出身で、幼い頃から数学に興味を持ち、独学で暦学を学んでいました。20歳の頃には、暦学の知識を活かして、地元の農民に暦を配布するようになりました。 1795年、奥留種徳は、江戸に出て、暦学の大家である間重富の弟子となりました。間重富は、奥留種徳の才能を高く評価し、奥留種徳は間重富から暦学の奥義を学びました。 1801年、奥留種徳は、間重富の死後に、間重富の暦学の著作物を引き継ぎ、暦学の研究を続けました。奥留種徳は、天文学や数学の分野でも研究を行い、多くの業績を残しました。 1816年、奥留種徳は、幕府の天文方となり、暦学の改革を行いました。奥留種徳は、それまでの暦法を改良し、より正確な暦法を作成しました。この暦法は、幕末まで使用され、日本近代暦法の基礎となりました。 1832年、奥留種徳は、65歳で亡くなりました。奥留種徳は、日本の暦学の発展に大きな貢献をした一人として知られています。
学術分野の人

吉田秀升:江戸時代中期の暦算家

吉田秀升の生い立ちと家系 吉田秀升は、江戸時代中期の暦算家で、寛政の改暦にも参画した人物です。 秀升は、宝暦5年(1755年)に、播磨国宍粟郡(現在の兵庫県宍粟市)に生まれました。父は、吉田稠延、母は、豊田氏です。父は、赤穂藩の足軽で、秀升も幼い頃は足軽として働いていました。 しかし、秀升は数学に興味を持ち、独学で数学を学びました。特に、暦学に興味を持ち、暦書を研究しました。また、当時、日本ではまだほとんど知られていなかった西洋数学も学びました。 秀升の才能は、やがて赤穂藩主の松平忠宜に認められ、忠宜の援助を受けて、江戸に出て、暦学を学ぶことができました。そして、寛政12年(1800年)、改暦の際に、幕府の天文方である高橋至時に協力して、改暦事業に参画しました。 秀升は、改暦事業に貢献した功績により、幕府から褒賞を受けました。また、赤穂藩でも、家禄を賜与され、足軽から士分に昇格しました。 秀升は、文化13年(1816年)に62歳で亡くなりました。秀升の死後、その業績は子息の吉田由成が受け継ぎました。
学術分野の人

北島見信:江戸時代中期の天文家

- 江戸時代中期の天文家 北島見信(きたじま みしん、1675年 - 1749年)は、江戸時代中期の天文家です。幼名は吉之助、字は君信、通称は吉左衛門。 肥前国高来郡(現在の長崎県諫早市)に生まれました。幼少より和算を学び、天文に興味を持ちました。20歳頃に京都に出て、儒学や天文を学びました。 30歳の頃、京都で千家玄蕃(せんげ げんば)という医師と出会い、天文学を学びました。また、測量や地図製作にも携わり、暦学や暦注の作成にも貢献しました。 1725年には、京都で「天文部御用所」を設立し、天文観測や暦の作成を行いました。また、1739年には、日本初の天球儀である「渾天儀」を作成し、京都の寺に寄進しました。 1749年に、京都で死去しました。享年75歳。 北島見信は、江戸時代中期の天文界に大きな功績を残しました。その功績は、現在でも高く評価されています。
歴史上の人物

– 「大槻玄幹」

-大槻玄幹の生涯- 大槻玄幹(1837-1903)は、明治時代の国語学者、教育者である。 上野国藤岡(現・群馬県藤岡市)に生まれる。1857年(安政4年)に江戸に出て、昌平黌に入る。1862年(文久2年)に幕府の翻訳掛となる。1868年(明治元年)に文部省に出仕し、編纂局長を務めた。1872年(明治5年)に東京大学教授となる。1876年(明治9年)に文部卿となる。1881年(明治14年)に東京大学総長となる。1886年(明治19年)に貴族院議員となる。1897年(明治30年)に東京大学総長を辞任する。1903年(明治36年)に死去する。 玄幹は、日本における西洋語学の導入に尽力した。また、国語の研究にも力を入れ、『和英語林集成』、『広日本文典』、『言海』などの著作を残した。 玄幹は、日本の近代教育制度の確立にも貢献した。彼は、東京大学や師範学校の創立に尽力し、教育勅語の制定にも参画した。 玄幹は、近代日本の国語学、教育学の発展に大きな功績を残した人物である。
学術分野の人

「山本賀前」

-山本賀前の生涯と業績- 山本賀前は、戦国時代に活躍した武将であり、越後国の戦国大名上杉謙信の家臣でした。賀前は、上杉謙信の側近として仕え、川中島の戦いなど、多くの戦いで活躍しました。また、賀前は、上杉謙信の死後、上杉景勝を擁立して、景勝の後見役を務めました。 賀前は、永正9年(1512年)に、越後国頸城郡に生まれました。賀前の父は、山本景次であり、景次は、上杉謙信の父である上杉房能の家臣でした。賀前は、幼い頃から上杉謙信に仕え、謙信の側近として活躍しました。 賀前は、永禄4年(1561年)に行われた川中島の戦いにおいて、謙信の軍勢を率いて武田信玄の軍勢と戦いました。この戦いにおいて、賀前は、武田信玄の弟である武田信繁を討ち取り、上杉謙信の勝利に貢献しました。 天正6年(1578年)に上杉謙信が死去すると、賀前は、謙信の養子である上杉景勝を擁立して、景勝の後見役を務めました。賀前は、景勝を補佐して上杉氏の家督を相続させ、上杉氏の勢力拡大に貢献しました。 天正10年(1582年)、賀前は、織田信長の家臣である柴田勝家と戦いました。この戦いにおいて、賀前は、柴田勝家の軍勢を破り、上杉氏の勝利に貢献しました。しかし、この戦いの後に、賀前は上杉景勝と対立し、景勝によって幽閉されました。 賀前は、天正13年(1585年)に、幽閉先の越後国春日山城で死去しました。享年74歳でした。賀前は、上杉謙信の側近として活躍し、上杉景勝を擁立して景勝の後見役を務めた人物でした。賀前は、上杉氏の勢力拡大に貢献しましたが、最期は景勝と対立して幽閉され、悲劇的な死を遂げました。
学術分野の人

吉田秀長 – 江戸時代中期の暦算家

概要 吉田秀長は、江戸時代中期の暦算家です。通称は之祐。号は易斎、協庵、源四郎。本姓は飯島氏。1724年(享保9年)に江戸で生まれ、1788年(天明8年)に京都で亡くなりました。 吉田秀長は、幼い頃から数学に秀でており、1744年(延享元年)に、渋川春海の弟子である安永晴英に師事して暦学を学び始めました。1753年(宝暦3年)には、安永晴英の推薦で、幕府の天文方に出仕しました。 吉田秀長は、天文方に出仕してから、暦学の研究に没頭し、多くの業績を残しました。1765年(明和2年)には、安永晴英と一緒に、太陽黒点の観測を始めました。また、1772年(安永元年)には、安永晴英と一緒に、月食の観測を行いました。 吉田秀長は、暦学の研究だけでなく、数学の研究にも熱心でした。1763年(宝暦13年)には、安永晴英と一緒に、天保暦を完成させました。また、1774年(安永3年)には、安永晴英と一緒に、明暦暦を完成させました。 吉田秀長は、暦学と数学の研究に多大な功績を残した人物であり、日本の近代科学の発展に大きく貢献しました。
学術分野の人

渋川敬尹 – 江戸時代中期の暦算家

-渋川敬尹の生涯と功績- 渋川敬尹は、江戸時代中期の暦算家です。1734年に江戸に生まれ、1801年に亡くなりました。彼は、日本で初めて西洋の天文学を導入し、日本の暦法を改革しました。 渋川敬尹は、幼い頃から算術や天文学に興味を持ち、独学で学問を修めました。1754年に、幕府の天文方である渋川春海に弟子入りし、天文学を学びました。1765年に、春海が亡くなると、渋川敬尹が天文方の後を継ぎました。 渋川敬尹は、天文方の職に就いてから、西洋の天文学を積極的に導入しました。彼は、西洋の天文学書を翻訳し、日本の暦法を改革しました。また、彼は、天文観測を行い、日本初の天体図を作成しました。 渋川敬尹の功績は、日本の暦法を改革し、日本の天文学の発展に貢献したことなどがあげられます。彼は、日本の天文学の父と呼ばれています。 渋川敬尹は、晩年は、江戸浅草の寿安寺に隠居し、1801年に亡くなりました。彼の墓は、東京都台東区谷中にある谷中霊園にあります。
学術分野の人

佐竹義根:江戸時代中期の天文家

- 佐竹義根の生涯 佐竹義根は、江戸時代中期の天文家です。1707年に、江戸の佐竹藩藩主・佐竹義祇の子として生まれました。幼い頃から天文学に関心を持ち、18歳で、天文学者・麻田剛立の門下に入りました。麻田剛立の指導を受けながら、天文学の知識を深め、やがて、麻田剛立の協力者として、天体の観測や暦の作成などを行いました。 1743年に、麻田剛立が亡くなった後、佐竹義根は、麻田剛立の跡を継いで、天文学者となりました。そして、麻田剛立の研究を引き継ぎ、天体の観測や暦の作成などを行いました。また、佐竹義根は、天文学の普及にも努め、多くの弟子を育てました。 佐竹義根の功績の一つは、1755年に、彗星の軌道要素を正確に計算したことです。これは、日本の天文学者が彗星の軌道要素を正確に計算した初めての例であり、佐竹義根の天文学の才能を示しています。 また、佐竹義根は、1761年に、日本で初めて、太陽黒点の観測を行いました。太陽黒点の観測は、太陽の活動を知るために重要な観測であり、佐竹義根の太陽黒点の観測は、日本の太陽天文学の始まりとされています。 佐竹義根は、1769年に、63歳で亡くなりました。しかし、佐竹義根の天文学の研究は、弟子たちによって引き継がれ、日本の天文学の発展に貢献しました。
歴史上の人物

安井算哲 (1):江戸時代前期の囲碁棋士

-出自と生い立ち- 安井算哲は、1589年に摂津国西成郡安井村(現在の大阪市西淀川区安井町)で生まれました。本名は安井宗哲と言い、父親は安井宗因、母親は安井西閑の娘でした。宗因は茶人、歌人として有名で、西閑は和算家として知られています。算哲は、茶人であり俳人でもある宗因の長男として生まれ、幼い頃から詩歌や茶道、和算などを学びました。 算哲は、10代の頃には早くも囲碁の才能を発揮し、京都や大阪の碁会所に通い詰めて、腕を磨きました。そして、1613年には、江戸幕府の碁師として召し出され、3代将軍徳川家光の碁の相手を務めました。その後、算哲は、幕府の囲碁方として、多くの棋士を指導し、また、囲碁の普及にも努めました。 算哲は、1664年に、75歳で亡くなりました。算哲は、江戸時代前期を代表する囲碁棋士であり、その棋風は、力強い手筋と正確な読みを兼ね備えたもので、多くの棋士から尊敬を集めました。また、算哲は、囲碁の普及にも貢献し、多くの人々に囲碁の楽しさを伝えました。
学術分野の人

船山輔之:江戸時代中期から後期の暦算家

-船山輔之の功績- 船山輔之は、江戸時代中期から後期の暦算家で、天文学者としても知られていました。西洋の天文学を日本に紹介し、日本の天文学の発展に貢献しました。 船山輔之は、1734年に江戸に生まれました。父は、暦作りの家として知られる渋川家の出身で、暦算を学んでいました。船山輔之も、幼い頃から暦算を学び、17歳で渋川家の養子となりました。 船山輔之は、1754年に、日本の暦法を改革するために設置された「暦局」の暦生となりました。暦局では、西洋の天文学を学び、日本の暦法を西洋の天文学に基づいて改訂する作業に取り組みました。 船山輔之は、1762年に、西洋の天文学に基づいた新しい暦法である「宝暦暦」の作成に成功しました。宝暦暦は、それまでの日本の暦法よりも正確で、西洋の天文学に基づいた最初の日本の暦法でした。宝暦暦は、1764年から使用され、1873年まで使用されました。 船山輔之は、宝暦暦の作成以外にも、西洋の天文学に関する多くの著作を残しました。これらの著作は、日本の天文学の発展に大きな影響を与えました。船山輔之は、日本の天文学の発展に貢献した功績が認められ、1787年に、時の将軍である徳川家治から「従四位下」の位を授与されました。 船山輔之は、1794年に、61歳で亡くなりました。船山輔之の死後も、その功績は称えられ、1804年に、江戸に「船山輔之の功績を称える碑」が建てられました。
歴史上の人物

幕末の陰陽師、土御門晴雄とその功績

- 幕末の陰陽師、土御門晴雄とその功績 -# 土御門晴雄の生涯 土御門晴雄は、江戸時代末期に活躍した陰陽師です。京都の出身で、土御門家の当主を務めました。土御門家は大陰陽師として知られる家で、古くから代々天皇家に仕えていました。晴雄は幼い頃から陰陽道を学び、優れた才能を発揮しました。 18歳で父の死後、土御門家の当主を継ぎ、大陰陽師となりました。その後、京都所司代に登用され、朝廷と幕府の間を取り持つ役目を果たしました。また、孝明天皇の信任も厚く、皇居の除妖や吉凶を占うなど、重要な役割を果たしました。 1868年、戊辰戦争が勃発すると、晴雄は朝敵として官軍に追われる身となりました。一時、土佐に逃亡しましたが、その後京都に戻り、潜伏生活を送りました。1869年、病により京都で亡くなりました。享年52歳でした。 晴雄は、陰陽師としてだけでなく、政治家として活躍した人物でもありました。朝廷と幕府の間を取り持つ役割を果たし、戊辰戦争では朝敵として官軍に追われるなど、激動の幕末を生き抜いた人物でした。 また、晴雄は陰陽道に関する多くの著作を残しました。代表作である『土御門晴雄集』は、陰陽道の入門書として広く読まれています。晴雄の著作は、陰陽道の研究者にとっても貴重な資料となっています。 土御門晴雄は、幕末という激動の時代に活躍した陰陽師でした。陰陽師としてだけでなく、政治家として活躍し、多くの著作を残しました。晴雄の功績は、現在も陰陽道の研究者や愛好家に高く評価されています。