幕府褒賞

歴史上の人物

「久保田長朝」

江戸時代後期に生きた農民久保田長朝 久保田長朝(1770~1830)は、江戸時代後期に生きた農民であり、当時の農村社会の生活や風習を記録した「北越雪譜」の著者として知られています。 長朝は、現在の新潟県に位置する越後国頸城郡雁子村(現在の小千谷市)で、農家の長男として生まれました。家は代々庄屋を務めており、長朝自身も若くして庄屋を引き継ぎました。 長朝は、農村の生活や風習に強い関心を持ち、それらを記録するようになりました。1801年に完成させた「北越雪譜」は、農村の年中行事、農業技術、民俗、生活習慣などを詳細に記録した貴重な資料として、現在でも高く評価されています。 「北越雪譜」は、長朝の鋭い観察眼と、農村社会への深い愛情が込められた作品であり、江戸時代後期の農村社会を知る上での必読書となっています。長朝は、農民でありながら、その優れた文章力と観察眼によって、当時の農村社会を後世に伝える貴重な記録を残した偉大な人物です。 長朝は、「北越雪譜」の執筆以外にも、農村の発展のために尽力しました。1810年には、灌漑施設の整備を行い、村の農地の生産性を向上させました。また、1815年には、村の学校である「雁子義校」を創設し、村の子供たちに教育の機会を提供しました。 長朝は、農民でありながら、その優れた才能と努力によって、当時の農村社会の発展に貢献した偉大な人物です。「北越雪譜」は、長朝の農村社会への深い愛情と、その優れた観察眼が込められた作品であり、江戸時代後期の農村社会を知る上での必読書となっています。