幕府

歴史上の偉人

細川氏春-南北朝時代の武将

-細川氏春の生涯- 細川氏春は、南北朝時代の武将であり、細川頼之の次男として生まれた。幼名は三郎。 正平23年(1368年)に、氏春の兄である細川頼元が、京都で足利義満を擁立して、北朝勢力と対決する。氏春もこの戦いに参加し、北朝勢力の将である斯波高経を破って、京都を制圧した。 正平24年(1369年)に、北朝勢力が京都を奪還すると、氏春は九州に逃れ、南朝勢力に合流した。 正平25年(1370年)に、氏春は南朝勢力の将である菊池武光とともに、九州で北朝勢力と戦い、これを破った。 正平26年(1371年)に、氏春は南朝勢力の将である懐良親王とともに、九州から四国に渡り、四国で北朝勢力と戦った。 正平27年(1372年)に、氏春は四国で北朝勢力に敗れ、九州に逃れた。 正平28年(1373年)に、氏春は九州で北朝勢力と戦い、これを破った。 正平29年(1374年)に、氏春は南朝勢力の将である懐良親王とともに、九州から中国地方に渡り、中国地方で北朝勢力と戦った。 正平30年(1375年)に、氏春は中国地方で北朝勢力に敗れ、九州に逃れた。 正平31年(1376年)に、氏春は九州で北朝勢力と戦い、これを破った。 正平32年(1377年)に、氏春は九州で北朝勢力と戦い、これを破った。 正平33年(1378年)に、氏春は九州で北朝勢力と戦い、これを破った。 正平34年(1379年)に、氏春は九州で北朝勢力と戦い、これを破った。 正平35年(1380年)に、氏春は九州で北朝勢力と戦い、これを破った。 正平36年(1381年)に、細川氏春は九州で亡くなった。享年26。
研究者

中根半嶺 – 書道師範として活躍した幕末・明治時代の医師

中根半嶺の生涯 中根半嶺は、幕末から明治時代にかけて活躍した医師であり、書道師範でもありました。天保14年(1843年)に江戸で生まれ、幼い頃から書道を学び、15歳の時に江戸幕府の書道師範を務めていた篠崎小竹に入門しました。半嶺は、小竹から書道の基礎を学び、次第に頭角を現していきました。 安政6年(1859年)に、半嶺は蘭方医の福沢諭吉に入門し、医学の勉強を始めました。半嶺は、諭吉から西洋医学の最先端の知識を学び、医師としての実力をつけました。文久3年(1863年)には、半嶺は諭吉の勧めで幕府の蕃書調所に入所し、西洋医学の翻訳や研究に携わりました。 慶応4年(1868年)に、徳川幕府が倒れ、明治維新が勃発すると、半嶺は新政府に出仕し、医師として活躍しました。半嶺は、明治6年(1873年)に東京医学校(現在の東京大学医学部)の教授に就任し、西洋医学の教育に尽力しました。半嶺は、明治13年(1880年)に東京医学校を退職し、私立の医院を開業しました。半嶺は、明治24年(1891年)に亡くなりました。 半嶺は、医師として活躍する傍ら、書道師範としても活躍しました。半嶺は、書道を通して日本の伝統文化を後世に伝えようと努めました。半嶺の書は、その力強い筆致と繊細な美しさで知られ、多くの人々に愛されました。半嶺は、明治23年(1890年)に東京書道会を設立し、書道の普及に努めました。半嶺は、明治24年(1891年)に亡くなりましたが、その書は現在でも多くの人々に親しまれています。
歴史上の偉人

宗義暢とは?江戸時代中期の対馬藩主について解説

-宗義暢の生涯- * 生誕と家督相続 宗義暢は、延享4年(1747年)に、対馬藩主・宗義功の三男として江戸で生まれた。幼名は昌之助。宝暦5年(1755年)に世子となったが、藩主就任はかなわず、宝暦10年(1760年)に兄の宗義淳が急死したため、14歳で対馬藩主を継いだ。 * 対馬藩政の改革 宗義暢は、対馬藩の財政再建と藩政改革に努めた。まず、藩の財政を立て直すために、倹約令を出し、藩士の俸禄を削減した。また、藩の産業振興を図るために、殖産興業政策を推進し、農地の開発や特産品の生産を奨励した。さらに、藩校である対馬藩日新館を創設し、藩士の教育に力を注いだ。 * 朝鮮通信使の来航と対馬藩の役割 宗義暢の時代には、朝鮮通信使が2度にわたって対馬に来航した。朝鮮通信使は、朝鮮国王から日本国に派遣された使節団であり、日朝の友好関係を保つために重要な役割を果たしていた。宗義暢は、朝鮮通信使を丁重に迎え、手厚くもてなした。また、朝鮮通信使の来航を機に、日朝の貿易を促進するための政策を打ち出した。 * 隠居と死 宗義暢は、天明6年(1786年)に江戸で隠居し、長男の宗義功に家督を譲った。隠居後は、対馬藩の政務から退き、読書や詩作に専念した。寛政7年(1795年)、49歳で江戸で死去した。
歴史上の偉人

岡氏茂:救貧と年貢闘争で江戸の民を救った美作の農民

宝暦14年生まれの農民、岡氏茂 岡氏茂は、備中国下道郡酒津村の農民です。宝暦14年(1764年)に生まれ、文化4年(1807年)に43歳で亡くなりました。生計を立てるために、山林を開墾したり、米や麦、野菜などを栽培したりしていました。 岡氏茂は、農民救済と年貢闘争に尽力したことで知られています。当時の江戸幕府は、農民から重い年貢を取り立てていました。そのため、多くの農民が貧困に陥っていました。岡氏茂は、そんな農民たちを救うために、救貧活動や年貢闘争を行いました。 岡氏茂は、貧しい農民に米やお金を施したり、病気になった農民を助けたりしました。また、年貢の減免を訴えるために、江戸幕府に何度も嘆願書を提出しました。岡氏茂の活動は、多くの農民の支持を集めました。 文化4年(1807年)、岡氏茂は43歳で亡くなりました。岡氏茂の死後、彼の活動は弟子たちによって引き継がれました。弟子たちは、岡氏茂の遺志を継いで、農民救済と年貢闘争を続けました。 岡氏茂は、農民救済と年貢闘争に尽力した偉大な農民指導者です。彼の活動は、多くの農民の生活を改善しました。岡氏茂の功績は、今もなお称えられています。
歴史上の偉人

「懐英」- 幕府への陳述で学侶方の勝利に貢献した高野山の僧

-懐英の生涯- 懐英は、1674年に紀伊国高野山で生まれた真言宗の僧侶です。幼い頃から学問に優れており、19歳で高野山の最高学府である金剛峯寺に入学しました。金剛峯寺では、密教や仏教哲学を学び、頭角を現しました。25歳のときには、同寺で講師を務めるようになりました。 懐英は、学問だけでなく、政治にも関心を持ちました。特に、幕府が推進していた鎖国政策に強く反対しました。懐英は、鎖国政策は日本の発展を阻害すると考え、幕府にその撤回を訴えました。また、懐英は、幕府の儒教偏重の教育政策にも反対しました。懐英は、儒教は日本の伝統文化を破壊すると考え、幕府に仏教の振興を訴えました。 懐英の幕府への抗議活動は、次第に高まっていきました。1709年、懐英は、幕府に陳述する機会を得ました。陳述の中で、懐英は、鎖国政策と儒教偏重の教育政策の弊害を訴え、その撤回を求めました。懐英の陳述は、幕府に大きな衝撃を与えました。幕府は、懐英の訴えを検討し、鎖国政策の一部を緩和し、仏教の振興を図ることになりました。 懐英の幕府への陳述は、学侶方の勝利に大きく貢献しました。学侶方とは、儒学者ではなく、仏教の学僧たちのことであり、幕府の教育政策に反対していました。懐英の陳述によって、幕府は、学侶方の意見を尊重し、仏教の振興を図ることになりました。 懐英は、1747年に、74歳で死去しました。懐英は、幕府に抗議し、学侶方の勝利に貢献した僧侶として、現在でも尊敬されています。
作家

里村昌程(1612-1688 江戸時代前期の連歌師)

- 江戸時代前期の連歌師 連歌とは、複数の歌人が交互に歌を詠み継いでいく、日本の伝統的な文芸です。江戸時代前期には、里村昌程という連歌師が活躍しました。昌程は、1612年に京都で生まれ、初めは本阿弥光悦に師事しました。その後、石川丈山に師事し、連歌の奥義を極めました。 昌程は、連歌師としての実力に加えて、連歌理論にも精通していました。彼は、「連歌秘訣抄」や「連歌袋草子」などの連歌に関する著書を残しており、後世の連歌師に大きな影響を与えました。また、昌程は、連歌会を主催したり、連歌の指導を行ったりするなど、連歌の普及にも努めました。 昌程の活躍によって、江戸時代前期には連歌が盛んになりました。連歌は、当時の知識人や文化人に愛好され、さまざまな連歌会が開催されました。また、連歌に関する書物が多く出版され、連歌の理論や技法が研究されました。 昌程の死後、連歌は衰退の一途をたどりました。しかし、明治時代に正岡子規によって再興され、現在でも多くの愛好者がいます。連歌は、日本の伝統的な文芸として、これからも長く愛され続けるでしょう。
歴史上の偉人

「小笠原長勝」(1646-1682)

-小笠原長勝の生涯- 小笠原長勝は、1646年に備前国岡山藩主・小笠原忠真の長男として生まれた。幼名は長松。 1660年に父が死去し、15歳で家督を相続する。岡山藩は、徳川家康の異父弟・松平康元が1573年に3万石で立藩したのが始まり。康元は長勝の祖父・忠政の弟に当たる。1600年の関ヶ原の戦いでは、忠政が西軍に与したため改易されたが、翌1601年に康元が死去したため、忠政が岡山藩主として復活。しかし、1615年の大坂夏の陣での戦功により、加増を受けて6万石となる。 長勝は、岡山藩主として藩政改革を実施。藩士の俸禄を削減する一方で、藩校を設立して人材育成に力を注いだ。また、用水路の整備や新田開発などにも取り組んだ。 1682年、長勝は37歳で死去した。家督は、長男の長陣が相続した。 長勝は、藩主として藩政を改革し、岡山藩の基礎を固めた名君として知られている。
歴史上の偉人

織田信守 – 江戸時代後期の大名

-生い立ちと家督相続- 織田信守は、天保13年(1842年)に、尾張藩主・徳川斉朝の第11子として江戸で生まれた。母は側室の毛受氏。幼名は長次郎。弘化元年(1844年)、斉朝の隠居に伴い、兄の斉荘が藩主となると、信守は尾張藩附家老として重用された。 安政2年(1855年)、信守は尾張藩主・徳川慶勝の養子となり、翌安政3年(1856年)に家督を相続した。慶勝は、一橋慶喜の擁立を図る安藤信正と対立し、安政の大獄で失脚した。信守は、慶勝の失脚に伴い、尾張藩主の座を追われた。 しかし、慶応元年(1865年)、将軍徳川家茂が死去すると、一橋慶喜が征夷大将軍となり、信守は尾張藩主に戻った。慶喜は、幕府の改革を推進し、信守もそれに協力した。しかし、慶応3年(1867年)に勃発した戊辰戦争で、幕府軍は新政府軍に敗北。信守は、尾張藩主の座を再び追われた。 明治2年(1869年)、信守は徳川宗家の家督を相続し、尾張藩知事に任命された。明治4年(1871年)には、藩知事を辞職し、東京に移住した。明治17年(1884年)、東京で死去。享年43。
研究者

文人医師のトップ 福井楓亭とは?

福井楓亭の生涯 福井楓亭は、江戸時代後期に活躍した文人医師です。文化12年(1815年)、大坂に生まれ、本名は豊次郎、字は子文、号は楓亭、白雨堂、一楓老人などがあります。 楓亭は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。13歳のとき、大坂の儒学者・篠崎小竹に師事して、儒学を学びました。その後、大坂の適塾で緒方洪庵の門下生となり、蘭学を学びました。 21歳のとき、楓亭は長崎に渡り、シーボルトの門下生となって、西洋医学を学びました。シーボルトの逮捕後、楓亭は長崎を離れ、大坂に戻りました。 楓亭は、大坂で医業を開業し、多くの患者を診察しました。また、蘭学の普及にも努め、適塾で医学を講義しました。さらに、多くの医学書を著し、西洋医学の普及に貢献しました。 楓亭は、安政3年(1856年)に42歳で亡くなりました。楓亭の死後、その功績をたたえて、大坂に楓亭の墓碑が建てられました。 楓亭は、文人医師として、西洋医学の普及に貢献しただけでなく、多くの医学書を著し、後世の医師に大きな影響を与えました。また、楓亭は、その人柄も温厚で、患者や弟子から慕われていました。
歴史上の偉人

「加太八兵衛」- 幕末の商人

-加太八兵衛の生涯- 加太八兵衛は、幕末の商人であり、薩摩藩の御用商人として活躍しました。1830年(天保元年)に鹿児島に生まれ、幼少の頃から商才を発揮したと言われています。1850年(嘉永3年)に薩摩藩の御用商人となり、藩の物資調達や資金調達などに携わりました。 加太八兵衛は、薩摩藩の近代化にも貢献した人物です。1865年(慶応元年)には、薩摩藩の御用商人の仲間とともに、薩摩藩の武器の近代化を目的とした「集成館事業」に参加しました。集成館事業では、薩摩藩の武器の製造や改良、外国から武器の購入などが行われました。加太八兵衛は、集成館事業の資金調達や物資調達などに協力し、薩摩藩の近代化に貢献しました。 加太八兵衛は、1880年(明治13年)に51歳で亡くなりました。加太八兵衛の死後、彼の功績を称えて、鹿児島市内に「加太八兵衛銅像」が建立されました。加太八兵衛銅像は、現在でも鹿児島市の観光スポットとなっています。 加太八兵衛は、幕末の動乱期に薩摩藩の近代化を支えた人物です。彼の功績は、現在でも称えられています。
歴史上の偉人

「月照」

- 月照とは 月照とは、鎌倉時代から南北朝時代に活躍した禅僧です。建長寺を開いた蘭渓道隆の弟子であり、日本禅宗の五山制度を確立した人物として知られています。 月照は、1247年に現在の愛知県蒲郡市に生まれました。17歳の時に出家し、建長寺に入門しました。蘭渓道隆の薫陶を受け、禅の悟りを得ました。1286年に蘭渓道隆が亡くなると、建長寺の住職を引き継ぎました。 月照は、建長寺に住職として在任中に、禅宗の五山制度を確立しました。五山制度とは、鎌倉幕府が禅宗を保護するために制定した制度で、京都五山の寺院を格付けし、その寺院の住職を国師に任命しました。月照は、五山制度の制定に貢献し、日本禅宗の発展に大きな役割を果たしました。 月照は、1336年に建長寺の住職を辞任し、京都に隠棲しました。1345年に京都で亡くなりました。享年98歳でした。 月照は、日本禅宗の発展に大きな貢献をした禅僧として知られています。五山制度を確立し、多くの禅僧を育成しました。月照の教えは、日本禅宗の形成に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

ブラントン – 日本の近代化に貢献したイギリス人技術者

ブラントンとは? ブラントンとは、19世紀後半に日本に渡り、日本の近代化に貢献したイギリス人技術者である。本名はリチャード・ヘンリー・ブラントン。1844年、イギリスのロンドンで生まれた。ブラントンは、1868年に来日し、横浜外国人居留地に住居を構えた。ブラントンは、日本の近代化に貢献した技術者として知られているが、彼の業績は多岐にわたる。ブラントンは、1870年に東京の第一国立銀行の建設を監督し、1872年に日本の最初の鉄道である新橋-横浜間の鉄道の建設を監督した。また、ブラントンは、1874年に日本の最初の電信線の建設を監督し、1876年に日本の最初の電話線の建設を監督した。ブラントンは、1881年に帰国したが、日本の近代化に果たした彼の功績は大きく、今日でも日本人に尊敬されている。
歴史上の偉人

初代弾左衛門→ 江戸時代前期の穢多頭

徳川家康と初代弾左衛門の関係 初代弾左衛門は、江戸時代前期に活躍した穢多頭である。穢多頭とは、江戸幕府の支配下で、穢多と呼ばれる人々の代表的地位にあった人物である。穢多とは、死刑執行や汚物の処理など、社会的に忌避される仕事に従事していた人々のことを指す。 初代弾左衛門は、徳川家康の時代に、穢多頭の地位を確立した人物である。家康は、1590年に江戸幕府を開いた武将である。家康は、穢多を支配するために、初代弾左衛門を穢多頭の地位に任命した。初代弾左衛門は、家康の命を受けて、穢多の支配と統制に尽力した。 家康は、穢多を支配することで、幕府の権威を確立しようとした。穢多は、社会的に忌避される存在であり、家康は、穢多を支配することで、幕府の権威をより高めることができると考えた。また、家康は、穢多を支配することで、幕府の統治を円滑に進めることができると考えた。穢多は、社会の底辺に位置する存在であり、家康は、穢多を支配することで、幕府の統治をより安定させることができると考えた。 初代弾左衛門は、家康の命を受けて、穢多の支配と統制に尽力した。初代弾左衛門は、穢多の居住地である穢多屋敷の建設を命じ、穢多の職業を制限し、穢多を監視するために穢多同心を設置した。初代弾左衛門の政策は、穢多を社会的に隔離し、穢多の生活を厳しく制限するものであった。 初代弾左衛門の政策は、穢多から大きな反発を受けた。穢多は、初代弾左衛門の政策に抵抗し、幕府に訴え出た。しかし、幕府は初代弾左衛門の政策を支持し、穢多の訴えは退けられた。初代弾左衛門の政策は、穢多を社会的に隔離し、穢多の生活を厳しく制限することで、幕府の権威と統治を確立した。
歴史上の偉人

花山院師賢 – 名声と悲劇の物語

-鎌倉時代の公卿,花山院師賢- 花山院師賢は、鎌倉時代前期に活躍した公卿です。花山院家の嫡男として生まれ、参議、権大納言などを歴任しました。建保5年(1217年)には、後鳥羽天皇の側近として、承久の乱における朝廷側の総大将を務めました。しかし、乱に敗れて配流され、延暦6年(1238年)に赦免されるまで、12年間配流生活を送りました。その後、政界に復帰し、建長3年(1251年)には、左大臣に任命されました。しかし、その後も配流の経験が尾を引き、文永5年(1268年)に67歳で失意のうちに亡くなりました。 -花山院師賢の生涯- 花山院師賢は、建久元年(1190年)に、花山院忠雅の嫡男として生まれました。幼少の頃から頭脳明晰で、和歌や書道を得意としました。建暦元年(1211年)には、14歳で参議に任命され、翌年には、権中納言に昇進しました。建保5年(1217年)には、後鳥羽天皇の側近として、承久の乱における朝廷側の総大将を務めました。しかし、乱に敗れて配流され、延暦6年(1238年)に赦免されるまで、12年間配流生活を送りました。 赦免後は、政界に復帰し、建長3年(1251年)には、左大臣に任命されました。しかし、その後も配流の経験が尾を引き、文永5年(1268年)に67歳で失意のうちに亡くなりました。 -花山院師賢の人物像- 花山院師賢は、頭脳明晰で、和歌や書道を得意とする文化人でした。また、政治家としての才能にも恵まれ、承久の乱における朝廷側の総大将を務めました。しかし、配流の経験が尾を引き、その後は失意のうちに亡くなりました。 花山院師賢は、鎌倉時代の公卿の中で、最も悲劇的な人物の一人と言われています。しかし、その才能と人間性は、後世の人々からも高く評価されています。
歴史上の偉人

沢橋六太夫 – 江戸時代前期の武士

前田利家の娘の秀家夫人にひきとられ、のち前田利長につかえる 沢橋六太夫は、江戸時代前期の武士です。肥後国菊池郡の国人領主であった沢橋成清の六男として生まれました。兄に沢橋成政、沢橋重政、沢橋清重、沢橋総重、沢橋頼重がいます。 前田氏に仕える 沢橋六太夫は、前田利家の娘である秀家夫人にひきとられ、のち前田利長につかえました。前田利長は、前田利家の長男であり、加賀藩の初代藩主です。 沢橋六太夫は、前田利長のもとで、加賀藩の重臣として活躍しました。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、前田利長に従って東軍に参加し、功績を上げました。戦後、前田利長が加賀藩に加増されたのに伴い、沢橋六太夫も加賀藩に加増されました。 沢橋六太夫は、加賀藩の重臣として、藩政に参画しました。また、沢橋六太夫は、茶道にも通じており、前田利長から茶器を拝領するなど、前田利長から厚い信頼を得ていました。 沢橋六太夫は、寛永10年(1633年)に死去しました。享年75歳でした。 沢橋六太夫は、加賀藩の重臣として活躍し、前田利長から厚い信頼を得た人物でした。沢橋六太夫の死は、前田利長にとって大きな損失でした。
歴史上の偉人

「平山東山」

# 平山東山 - 平山東山の生涯 -1897年(明治30年)- 4月1日、熊本県熊本市に生まれる。本名は平山敬。 -1909年(明治42年)- 熊本県立熊本中学校(現・熊本県立熊本高等学校)に入学。 -1915年(大正4年)- 熊本県立熊本中学校を卒業。東京美術学校(現・東京芸術大学)彫刻科に入学。 -1919年(大正8年)- 東京美術学校を卒業。太平洋画会研究所に入会。 -1922年(大正11年)- 第9回院展で「女」が特選を受賞。 -1924年(大正13年)- 第11回院展で「女性像」が特選を受賞。 -1925年(大正14年)- 第12回院展で「首」が特選を受賞。 -1926年(昭和元年)- 新文展の審査員に任命される。 -1927年(昭和2年)- 第14回院展で「自然」が特選を受賞。 -1928年(昭和3年)- 第15回院展で「女」が特選を受賞。 -1929年(昭和4年)- 第16回院展で「首」が特選を受賞。 -1930年(昭和5年)- 第17回院展で「女」が特選を受賞。 -1931年(昭和6年)- 第18回院展で「首」が特選を受賞。 -1932年(昭和7年)- 第19回院展で「自然」が特選を受賞。 -1933年(昭和8年)- 第20回院展で「女」が特選を受賞。 -1934年(昭和9年)- 第21回院展で「首」が特選を受賞。 -1935年(昭和10年)- 第22回院展で「自然」が特選を受賞。 -1936年(昭和11年)- 第23回院展で「女」が特選を受賞。 -1937年(昭和12年)- 文化勲章を受章。 -1942年(昭和17年)- 第30回院展で「女」が特選を受賞。 -1944年(昭和19年)- 第32回院展で「自然」が特選を受賞。 -1946年(昭和21年)- 第34回院展で「女」が特選を受賞。 -1947年(昭和22年)- 第35回院展で「首」が特選を受賞。 -1948年(昭和23年)- 第36回院展で「自然」が特選を受賞。 -1949年(昭和24年)- 第37回院展で「女」が特選を受賞。 -1950年(昭和25年)- 第38回院展で「首」が特選を受賞。 -1951年(昭和26年)- 第39回院展で「自然」が特選を受賞。 -1952年(昭和27年)- 第40回院展で「女」が特選を受賞。 -1953年(昭和28年)- 第41回院展で「首」が特選を受賞。 -1954年(昭和29年)- 第42回院展で「自然」が特選を受賞。 -1955年(昭和30年)- 第43回院展で「女」が特選を受賞。 -1956年(昭和31年)- 第44回院展で「首」が特選を受賞。 -1957年(昭和32年)- 第45回院展で「自然」が特選を受賞。 -1958年(昭和33年)- 第46回院展で「女」が特選を受賞。 -1959年(昭和34年)- 第47回院展で「首」が特選を受賞。 -1960年(昭和35年)- 第48回院展で「自然」が特選を受賞。 -1961年(昭和36年)- 第49回院展で「女」が特選を受賞。 -1962年(昭和37年)- 第50回院展で「首」が特選を受賞。 -1963年(昭和38年)- 第51回院展で「自然」が特選を受賞。 -1964年(昭和39年)- 第52回院展で「女」が特選を受賞。 -1965年(昭和40年)- 第53回院展で「首」が特選を受賞。 -1966年(昭和41年)- 第54回院展で「自然」が特選を受賞。 -1967年(昭和42年)- 第55回院展で「女」が特選を受賞。 -1968年(昭和43年)- 第56回院展で「首」が特選を受賞。 -1969年(昭和44年)- 第57回院展で「自然」が特選を受賞。 -1970年(昭和45年)- 第58回院展で「女」が特選を受賞。 -1971年(昭和46年)- 第59回院展で「首」が特選を受賞。 -1972年(昭和47年)- 第60回院展で「自然」が特選を受賞。 -1973年(昭和48年)- 第61回院展で「女」が特選を受賞。 -1974年(昭和49年)- 第62回院展で「首」が特選を受賞。 -1975年(昭和50年)- 第63回院展で「自然」が特選を受賞。 -1976年(昭和51年)- 第64回院展で「女」が特選を受賞。 -1977年(昭和52年)- 第65回院展で「首」が特選を受賞。 -1978年(昭和53年)- 第66回院展で「自然」が特選を受賞。 -1979年(昭和54年)- 第67回院展で「女」が特選を受賞。 -1980年(昭和55年)- 第68回院展で「首」が特選を受賞。 -1981年(昭和56年)- 第69回院展で「自然」が特選を受賞。 -1982年(昭和57年)- 第70回院展で「女」が特選を受賞。 -1983年(昭和58年)- 第71回院展で「首」が特選を受賞。 -1984年(昭和59年)- 第72回院展で「自然」が特選を受賞。 -1985年(昭和60年)- 第73回院展で「女」が特選を受賞。 -1986年(昭和61年)- 第74回院展で「首」が特選を受賞。 -1987年(昭和62年)- 第75回院展で「自然」が特選を受賞。 -1988年(昭和63年)- 第76回院展で「女」が特選を受賞。
歴史上の偉人

ハビアン

ハビアン 生涯 ハビアン(Pope Fabian、?-250年1月20日)は、ローマ教皇(在位236年1月10日-250年1月20日)。フランシスコ教皇が2014年1月10日付けで列聖。 生涯 ハビアンはローマ生まれで、教父ヒッポリュトスはハビアンはオットー神学校の主任をつとめていたという。教皇コルネリウスが没し、再臨主義を主張するノバティアヌスが対立教皇に立てられた。ハビアンは236年、ノヴァティアヌス派と対立する正統派の教皇に選出された。 在位期間はわずか14年のみだったが、彼はキリスト教会の拡大に尽力し、多くの信者を獲得しました。彼はまた、聖職者や信者のための司牧規定を制定し、教会の組織を固めました。 ハビアンは、キリスト教に反対するローマ帝国の迫害にも直面しました。250年、彼は捕らえられて殉教し、フォス通り(現在のアッピア街道)にある地下墓地サン・カリストゥスに埋葬されました。 ハビアンは、キリスト教の信仰のために殉教した最初期の教皇の一人です。今日、彼は勇気と忍耐の模範として尊敬され、教会の殉教者聖人として崇められています。ハビアンの日である1月20日は、カトリック教会では祝日とされています。 ハビアンの主な功績は以下の通りです。 * キリスト教会の拡大に尽力し、多くの信者を獲得した。 * 聖職者や信者のための司牧規定を制定し、教会の組織を固めた。 * キリスト教に反対するローマ帝国の迫害に直面し、250年に殉教した。 * ハビアンは、今日でも勇気と忍耐の模範として尊敬されており、教会の殉教者聖人として崇められています。
歴史上の偉人

村田良阿弥とは?その功績から号まで解説します

-村田良阿弥の経歴- 村田良阿弥は、戦国時代から江戸時代にかけて活躍した茶人であり、茶書「村田珠光全集」の著者である。通称を藤左衛門、諱を定次といい、号は良阿弥。1522年、京都の公家に生まれ、10歳のときに村田珠光の弟子となった。珠光の死後、家督を継いで茶道の師範となり、多くの弟子を育てた。 良阿弥は、茶道において独自の工夫を加え、茶道の発展に貢献した。例えば、茶室の床の間に花を飾ることを考案し、茶道に華やかさを加えた。また、茶道の作法や道具について、詳細に記した「村田珠光全集」を著し、茶道の継承に大きな役割を果たした。 良阿弥は、茶人としてだけでなく、文化人としても活躍した。書画に優れ、多くの書画作品を残している。また、茶道以外の文化にも関心を持ち、和歌や連歌を嗜んだ。1597年、76歳で京都で死去した。 良阿弥は、茶道において大きな功績を残した茶人であり、茶道の発展に貢献した。また、文化人としても活躍し、書画や和歌、連歌など、幅広い分野で活躍した。
歴史上の偉人

浄空(1693-1775) – 江戸時代中期の僧侶

浄空の生涯 浄空は1693年、遠江国磐田市に生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、12歳の時に出家して浄土真宗の僧侶となりました。その後、各地を巡りながら修行を積み、1723年に京都の西本願寺で得度しました。1727年には、本願寺の住職に就任し、1747年には浄土真宗の最高位である門主に任命されました。浄空は、本願寺を再興し、浄土真宗の教義を広く説きました。また、多くの著書を残し、浄土真宗の思想の発展に貢献しました。1775年に83歳で亡くなりました。 浄空は、浄土真宗の中興の祖として知られています。彼は、本願寺を再興し、浄土真宗の教義を広く説いたことで、浄土真宗の復興に大きな貢献をしました。また、多くの著書を残し、浄土真宗の思想の発展に貢献しました。浄空の思想は、現代にも多くの仏教徒に影響を与えています。 浄空の主な著書としては、以下のものがあります。 * 『浄土真宗綱要』 * 『浄土真宗安楽集』 * 『浄土三部経解釈』 * 『浄土三部経指南』 * 『御文章指南』 これらの著書は、浄土真宗の教義や思想をわかりやすく解説したもので、現代にも広く読まれています。
歴史上の偉人

清原光俊〜日本の盆石の始祖〜

-清原光俊の生涯- 清原光俊は、日本の盆石の始祖とされる平安時代前期の貴族、歌人。清原夏野の子。官位は従五位下、左京権大夫。 光俊は、延喜3年(903年)に生まれ、延喜23年(923年)に右近衛将監に任ぜられた。その後、左近衛将監、左京権大進、左京権大夫を歴任し、従五位下に叙せられた。 光俊は、和歌にも優れ、『拾遺和歌集』に14首が入集している。また、『古今和歌集』の仮名序の執筆者の一人とされる。 光俊は、70歳で亡くなった。法名は、寂照。墓所は、京都市東山区の霊山護国神社にある。 光俊は、平安時代前期に盆石を創始したことで知られる。盆石とは、盆上に石や砂を置いて、山水の景観を表現したものである。光俊は、盆石の制作に、和歌の表現手法を応用した。例えば、石を山に見立て、砂を川に見立てた。また、盆石の制作に、風流の精神を取り入れた。例えば、盆石の制作に、花や草を添えた。 光俊の盆石は、平安時代後期に流行し、鎌倉時代には、武士の間で盛んに制作されるようになった。室町時代には、盆石は、茶道の道具として定着した。江戸時代には、盆石は、庶民の間でも人気を博し、現在まで続く盆石文化の基礎を築いた。
歴史上の偉人

浅田兵助

-浅田兵助とは?- 浅田兵助とは、戦国時代の武将であり、浅田弾正とも呼ばれていた。本名は浅田政盛であり、浅田氏の一族として美濃国に生まれた。 浅田兵助は、織田信長に仕えていたが、後に豊臣秀吉に仕えるようになった。豊臣秀吉に仕えてからは、九州征伐や朝鮮出兵などに参加し、武功をあげた。 浅田兵助は、武勇に優れているだけでなく、知略にも長けていた。そのため、豊臣秀吉から重用され、数々の重要な任務を任された。 浅田兵助は、豊臣秀吉の死後、徳川家康に仕えるようになった。徳川家康に仕えてからは、関ヶ原の戦いなどに参加し、活躍した。 浅田兵助は、徳川家康の死後、息子である徳川秀忠に仕えるようになった。徳川秀忠に仕えてからは、大坂の陣などに参加し、活躍した。 浅田兵助は、徳川秀忠の死後、孫である徳川家光に仕えるようになった。徳川家光に仕えてからは、島原の乱などに参加し、活躍した。 浅田兵助は、徳川家光の死後、息子である徳川家綱に仕えるようになった。徳川家綱に仕えてからは、慶安の変などに参加し、活躍した。 浅田兵助は、徳川家綱の死後、隠居した。隠居後は、京都で悠々自適の生活を送った。 浅田兵助は、戦国時代から江戸時代にかけて活躍した武将であり、数々の武功をあげた。また、知略にも長けており、豊臣秀吉や徳川家康など、数々の武将に重用された。
歴史上の偉人

染谷源右衛門 – 江戸時代中期の治水家

-印旛沼からの放水路開削と新田開発- 染谷源右衛門は、印旛沼からの放水路である印旛放水路の開削と、その周辺の新田開発に尽力した治水家である。 印旛沼は、千葉県北部に位置する湖である。江戸時代には、たびたび氾濫を起こして周辺の村々を水害に遭わせていた。染谷源右衛門は、印旛沼の氾濫を防ぐために、放水路の開削と新田開発を計画した。 放水路の開削は、1722年に開始された。染谷源右衛門は、印旛沼の南端から北に向かって、幅約10メートル、長さ約5キロメートルの放水路を掘削した。放水路の開削により、印旛沼の水は利根川に流れ込むようになった。 放水路の開削と同時に、印旛沼の周辺では新田開発が行われた。染谷源右衛門は、放水路の周辺に、約1,000町歩の新田を開発した。新田開発により、周辺の村々の住民は、水害の心配をせずに農業を行うことができるようになった。 印旛放水路の開削と新田開発は、印旛沼の水害を防ぎ、周辺の村々の住民の生活を安定させることに成功した。染谷源右衛門は、治水家として、江戸時代の人々に貢献した。 印旛放水路は、現在でも印旛沼の水を利根川に流しており、水害を防ぐ役割を果たしている。また、印旛放水路の周辺の新田は、現在でも、農業地帯として利用されている。
歴史上の偉人

町尻説久 – 江戸時代中期の公卿

-# 町尻説久の生涯 町尻説久(まちじり ときはる)は、江戸時代中期の公卿。権大納言・町尻降房の子。官位は正二位・権大納言・右近衛大将。 1710年(宝永7年)に生まれる。享保12年(1727年)に叙爵し、侍従・左近衛少将に任官する。享保19年(1734年)に参議に昇進し、宝暦元年(1751年)には権中納言に転じる。宝暦7年(1757年)には権大納言となり、右近衛大将を兼任する。明和3年(1766年)には正二位に昇叙した。 明和8年(1771年)に薨去。享年62。 町尻説久は、官位的には権大納言まで昇進したが、公卿としてはそれほど目立った活躍はなかった。しかし、学問に優れ、和歌や書画にも通じていたとされる。また、多くの和歌を詠み、その一部は『新古今和歌集』や『和歌林泉集』に収められている。
歴史上の偉人

ディエゴ デ サンタ カタリナ – 禁教令下の日本とスペインの外交交渉

-中世スペインの外交使節- 中世のスペインは、西ゴート族の支配からイスラム教徒の支配、そしてレコンキスタによるキリスト教徒の支配へと移り変わり、複雑かつ多様なの歴史をたどってきました。この間、スペインはヨーロッパや地中海諸国との外交交渉にも積極的に取り組んでいました。 スペインの外交使節の活動は、主に以下の4つの時期に分類することができます。 * 1. 西ゴート族時代(5世紀~8世紀) * 2. レコンキスタ時代(8世紀~15世紀) * 3. スペイン帝国時代(16世紀~17世紀) * 4. ブルボン朝時代(18世紀~19世紀) 西ゴート族時代には、スペインは西ゴート族の王によって統治されていました。西ゴート族は、アラブ人の侵略から逃れてヨーロッパに渡ってきたゲルマン系の民族であり、キリスト教を信仰していました。西ゴート族の王は、ヨーロッパ諸国と外交交渉を行い、同盟を結んでいました。 レコンキスタ時代には、スペインはキリスト教徒とイスラム教徒の間に長く続いた戦争の時代でした。キリスト教徒の王たちは、イスラム教徒の支配からスペインを奪還するために、ヨーロッパ諸国に支援を求めました。スペインの王たちは、ヨーロッパ諸国と外交交渉を行い、同盟を結んでいました。 スペイン帝国時代には、スペインは世界帝国となり、ヨーロッパ、アメリカ、アジアに広大な領土を持っていました。スペインの外交使節は世界各国に派遣され、スペインの権益を守っていました。スペインの外交使節は、ヨーロッパ諸国と外交交渉を行い、同盟を結んでいました。 ブルボン朝時代には、スペインはヨーロッパの大国として君臨しました。スペインの外交使節は、ヨーロッパ諸国と外交交渉を行い、同盟を結んでいました。スペインの外交使節はまた、アメリカやアジアの植民地にも派遣され、スペインの権益を守っていました。 中世のスペインの外交使節は、ヨーロッパや地中海諸国との関係を築き、スペインの権益を守り、スペインの繁栄に貢献しました。