平安時代

歴史上の人物

春日基光(藤原基光)について

-春日基光の生涯と人物像- 春日基光(藤原基光)は、平安時代初期の公卿・歌人。藤原朝臣四天王の一人。左大臣・藤原良房の長男で、右大臣・藤原良相の兄。 825年(天長2年)、藤原良房の長男として生まれる。幼少期に、天長年間の承和の変で父が失脚したため、母方の祖父である清和天皇の乳母・中原氏とともに地方に下向した。 833年(承和10年)、清和天皇の即位により、藤原良房が権勢を回復すると、基光も京に戻り、従五位上右近衛少将に任じられた。その後、累進して、840年(嘉祥3年)に従三位右兵衛督、842年(承和9年)に正三位・左兵衛督に昇進した。 845年(承和12年)、藤原良房が左大臣に就任すると、基光も参議に任命された。その後、854年(仁寿4年)に中納言、856年(斉衡3年)には権大納言に昇進した。 857年(天安2年)、藤原良房が薨去すると、基光は急激に昇進する。857年(貞観9年)に右大臣に任命され、858年(貞観10年)には左大臣に昇進した。 864年(貞観16年)、基光は薨去した。享年40歳。 基光は、父・良房と同様に優れた歌人であり、多くの和歌を残している。また、書道にも優れ、能書家として知られている。 基光は、藤原氏の全盛期を支えた名臣であり、歌人としても高い評価を得ている。
歴史上の人物

平実雄→ 平安時代前期の官僚

平実雄の生涯と経歴 平実雄は、平安時代前期の官僚。清和源氏、平高望の長男。官位は従四位下・左少弁。 生年は不詳だが、承和15年(848年)以前の生まれとされる。承和8年(841年)父・高望が死去したため、以後は皇太后・藤原順子に奉仕した。嘉祥3年(850年)従五位下に叙爵され、仁寿3年(853年)右大史に任官。文徳天皇の治世には、文徳天皇の信任を受け、右中弁・左中弁を歴任した。斉衡3年(856年)に従四位上・左近衛権少将に叙任され、斉衡4年(857年)には左大弁に昇進。 貞観元年(859年)清和天皇が即位すると、実雄は右大弁に遷った。貞観2年(860年)には大納言・藤原良房の娘・盛子を娶って、藤原氏と姻戚関係を結んだ。貞観3年(861年)に従四位下に叙爵され、貞観4年(862年)には左少弁に任官した。 貞観11年(869年)に発生した応天門の変では、藤原良房の出頭により、左京大夫・伴善男が流罪に処された。この時、実雄は善男の求めに応じて、周防国に下向して善男を慰めたという。貞観16年(874年)に出家して、法名を証観と号した。 元慶3年(879年)10月19日に薨去。享年40余。 実雄は、文徳天皇から清和天皇にわたって信任を受け、官僚として頭角を現していたが、若くして出家して生涯を終えた。また、実雄は、歌人としても知られており、『古今和歌集』に1首の歌を残している。
歴史上の人物

藤原脩子とは?平安時代中期の女房について徹底解説

藤原脩子とは?平安時代中期の女房について徹底解説
歴史上の人物

「御船佐世」について

「御船佐世」を菅野氏に比定 「御船佐世」は、13世紀後半の朝廷関係の書「水左記」に登場する名前です。この「水左記」には、当時の政情や朝廷の行事などが詳細に記録されており、貴重な史料として研究者たちに重んじられています。 「御船佐世」については、その出自や経歴、さらにはその実在すらも不明な点が少なくありません。しかし、これまでの研究により、「御船佐世」は、鎌倉時代に実在した人物である菅野政長に比定されているのです。 菅野政長は、相模国(神奈川県)の豪族・三浦氏の家臣として生まれ、鎌倉幕府の御家人として活躍しました。元寇(1274年・1281年)では、幕府軍の副将として従軍し、博多湾の海戦で元軍を撃破するなど、数々の武功を挙げました。 また、菅野政長は、文才にも優れ、和歌や連歌を嗜みました。その作品の中には、元寇での戦いを詠んだものもあり、その勇猛さと文才は当時の人々に高く評価されていました。 「水左記」に登場する「御船佐世」は、朝廷と幕府の間をとりもつために京都に滞在していたと記録されています。これは、菅野政長が鎌倉幕府の使者として京都に滞在していたという史実と符合しています。 さらに、「水左記」には、「御船佐世」が朝廷に参内して後嵯峨天皇に拝謁したと記録されています。これも、菅野政長が1274年に鎌倉幕府の使者として京都に滞在し、後嵯峨天皇に謁見したという史実と一致しています。 以上の史料から、「御船佐世」は、鎌倉時代に実在した人物である菅野政長に比定されているのです。菅野政長は、元寇での戦いで武功を挙げ、文才にも優れた人物でした。鎌倉幕府の使者として京都に滞在し、朝廷と幕府の間をとりもつ役割を果たしていました。
歴史上の人物

宇佐美実政 – 平安後期から鎌倉時代にかけての武士

-源頼朝に仕えた武士- 宇佐美実政は、源頼朝に仕えた武士です。頼朝が挙兵した際に加わり、その後の数々の戦いで功績をあげました。梶原景時とともに頼朝の「双璧」と謳われた名将です。 宇佐美実政は、平安後期から鎌倉時代にかけての武将です。伊豆国宇佐美郷(現在の静岡県伊東市)の出身です。源頼朝に仕えて数々の戦いで活躍し、鎌倉幕府の有力御家人となりました。 宇佐美実政は、1156年に伊豆国宇佐美郷で生まれました。幼名は太郎です。父は宇佐美常基、母は源頼清の娘です。頼清は頼朝の父である源義朝の弟であり、実政は頼朝の従兄弟にあたります。 実政は、1180年に頼朝が挙兵した際に加わり、その後の数々の戦いで功績をあげました。1185年の壇ノ浦の戦いで平氏を滅ぼした際には、源義経の軍勢に加わって活躍しました。 1192年に頼朝が鎌倉幕府を開いた後は、幕府の有力御家人として活躍しました。1199年に頼朝が死去した後は、頼朝の嫡男である源頼家に仕えました。 1203年に頼家が暗殺されると、実政は頼家の弟である源実朝の補佐役を務めました。1213年に実朝が暗殺されると、実政は鎌倉幕府の執権となった北条義時に仕えました。 実政は、1219年に死去しました。享年64歳でした。実政は、源頼朝に仕えて数々の戦いで活躍した名将として知られています。 宇佐美実政は、源頼朝に仕えた武士として知られています。実政は、頼朝挙兵の直後から頼朝陣営に参加し、その後の数々の戦いで活躍しました。実政は、頼朝の側近として仕え、頼朝の信頼を得ていました。 頼朝が鎌倉幕府を開いた後も、実政は幕府の有力御家人として活躍しました。実政は、頼朝の嫡男である源頼家に仕え、頼家の死後は頼家の弟である源実朝の補佐役を務めました。 実政は、鎌倉幕府の3代将軍である源実朝の在職中に死去しました。実政の死は、鎌倉幕府にとって大きな損失となりました。
文学分野の人

清原元輔 – 平安時代中期の官吏、歌人

- 清原元輔の生涯と経歴 清原元輔は、平安時代中期の官吏、歌人。五畿七道諸国歌合の勅撰、六条藤原家隆盛に尽力、子に歌人清原俊蔭、歌学者清原為輔。 文永3年(1266年)に誕生し、天延2年(974年)に没した。山城国(現京都府)の出身で、清原氏の一族である。 清原元輔は、幼少の頃から学問に優れ、和歌の才能も早くから発揮した。貞観5年(863年)に大学寮に入学し、元慶5年(881年)に五位に叙され、文章生に任命された。その後、各地を歴任し、延喜6年(906年)に参議に任命された。 延喜8年(908年)には、五畿七道諸国歌合の勅撰を命じられ、20年間かけて編纂した。この歌合は、日本最古の歌合集であり、和歌史上の重要な史料となっている。 延長8年(930年)には、左近衛中将に任命された。その後、蔵人頭、右大臣などを歴任し、天慶5年(942年)に薨去した。 清原元輔は、和歌の才能だけではなく、政治家としても優れた人物であった。五畿七道諸国歌合の勅撰や、六条藤原家隆盛への尽力など、その功績は大きい。 清原元輔の和歌は、優美で華やかな作風を特徴としている。その歌は、多くの人々に親しまれ、現在でも多くの歌集に収録されている。
歴史上の人物

一條実雅(藤原実雅)について

一条実雅の人物像と生涯 一条実雅(藤原実雅)は、平安時代末期の公卿・歌人。藤原北家九条流、関白・一条能保の長男。官位は正一位・関白。 一条実雅は、久寿2年(1155年)に藤原能保の長男として生まれる。仁安2年(1167年)に元服して従五位下に叙され、侍従となる。嘉応2年(1170年)には従五位上に叙され、右兵衛権佐に任じられる。安元2年(1176年)には従四位下に叙され、蔵人頭となる。治承3年(1179年)には従四位上に叙され、右中弁に任じられる。治承4年(1180年)には正四位下に叙され、権中納言に任じられる。寿永2年(1183年)には正四位上に叙され、権大納言に任じられる。寿永3年(1184年)には正三位に叙され、左大将に任じられる。元暦元年(1184年)には従二位に叙され、右大臣に任じられる。文治元年(1185年)には正二位に叙され、内大臣に任じられる。建久元年(1190年)には正一位に叙され、関白に任じられる。 一条実雅は、関白在任中に平氏政権の滅亡と鎌倉幕府の成立を経験する。建久3年(1192年)には、源頼朝の要請を受けて征夷大将軍に任命される。建久9年(1198年)には、頼朝が死去すると、子の源頼家を征夷大将軍に推薦する。正治2年(1200年)には、頼家が失脚すると、子の源実朝を征夷大将軍に推薦する。 一条実雅は、正治2年(1200年)に失脚し、配流される。建仁2年(1202年)には、赦免されて帰京する。建仁3年(1203年)には、出家する。建永2年(1207年)に死去する。 一条実雅は、和歌に優れ、勅撰和歌集に7首が入集している。また、日記『後愚昧記』を残している。
歴史上の人物

人物辞典「出羽房雲厳」について

-人物紹介- -出羽房雲厳(でわのぼううんげん)-は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての僧侶です。天台宗で比叡山常行堂の堂主を務め、天台浄土教を宣揚しました。法然の弟子の一人であり、法然の死後、浄土宗の開祖の一人として活躍しました。 出羽房雲厳は、出羽国(現在の山形県)の生まれです。若い頃に比叡山に登り、天台宗の僧侶となりました。比叡山では、常行堂の堂主を務め、天台浄土教を宣揚しました。天台浄土教は、天台宗の教えと浄土宗の教えを融合させたもので、阿弥陀仏の救いを説いています。 建久9年(1198年)、法然が亡くなった後、出羽房雲厳は浄土宗の開祖の一人として活躍しました。出羽房雲厳は、法然の教えを忠実に守るとともに、念仏を唱えることの大切さを説きました。出羽房雲厳の念仏の教えは、多くの庶民に受け入れられ、浄土宗は急速に広まりました。 出羽房雲厳は、承元3年(1209年)に72歳で亡くなりました。出羽房雲厳の死後、浄土宗はさらに広まり、現在では日本最大の仏教宗派の一つとなっています。 出羽房雲厳は、天台宗と浄土宗の教えを融合させた天台浄土教を宣揚し、浄土宗の開祖の一人として活躍した僧侶です。出羽房雲厳の念仏の教えは、多くの庶民に受け入れられ、浄土宗は急速に広まりました。
歴史上の人物

菅原是善 – 平安時代前期の公卿と学者

菅原是善の生涯と功績 菅原是善は、平安時代前期の公卿、学者である。 845年に、菅原道真の次男として生まれた。 864年、文章生に任じられ、866年には文章博士に任じられた。 879年には、左少弁に任じられ、881年には、蔵人頭となった。 884年には、参議に任じられ、887年には、権中納言に任じられた。 894年、遣唐使の副使として唐に渡った。 896年に帰国し、897年には、中納言に任じられた。 901年には、権大納言に任じられ、903年には、大納言に任じられた。 906年、文章博士を辞任し、909年に、太政大臣に任じられた。 923年に、太政大臣を辞任し、930年に、薨去した。 菅原是善は、漢文学に優れ、多くの著作を残した。 特に、漢詩集『菅家文草』は、平安時代屈指の名作として知られている。 また、菅原是善は、教育にも力を入れており、文章生や文章博士を育成した。 その功績は、平安時代の文化の発展に大きく貢献した。
歴史上の人物

「都腹赤(みやこはらあか)」について

-都腹赤の生涯- 都腹赤は、平安時代前期の貴族・歌人です。生没年は不詳ですが、825年(天長2年)以前、880年(元慶4年)以後に生存していたと推定されます。 都腹赤は、武蔵国(現在の埼玉県)出身で、桓武天皇の孫である大伴親王の子です。幼い頃に父親を亡くし、叔父である都良香に育てられました。 都良香は、奈良時代から平安時代にかけて活躍した貴族・政治家で、都腹赤に政治や学問を教えました。都腹赤は、都良香の指導のもと、優れた歌人として成長しました。 都腹赤は、仁明天皇の時代から文徳天皇の時代にかけて、宮廷に出仕しました。858年(貞観10年)には、参議に任命され、866年(貞観18年)には、中納言に任命されました。 都腹赤は、歌人としても活躍し、勅撰和歌集である『古今和歌集』に、23首の歌が収録されています。都腹赤の歌は、自然を詠んだものが多いのが特徴です。 都腹赤は、880年(元慶4年)以後に亡くなったと推定されます。彼の死後、歌集である『都腹赤集』が編纂されましたが、現在は失われています。
歴史上の人物

ー「忠尋」

- 忠尋 -# 比叡山の覚尋に師事し、天台恵心流の教学を復興 忠尋は、平安時代末期から鎌倉時代初期の天台宗の僧侶です。天台恵心流の教学を復興し、建仁寺の開山とされています。 忠尋は、1143年、播磨国(現在の兵庫県)で生誕しました。幼くして仏門に入り、比叡山の覚尋に師事しました。覚尋は、天台恵心流の教学を復興した僧侶です。忠尋は、覚尋から天台恵心流の教学を学び、その教えを広く伝えました。 1193年、忠尋は、東寺において、天台恵心流の教学を講じ始めました。忠尋の講義は、多くの僧侶や学者を惹きつけ、その門下には、多くの僧侶や学者が入りました。忠尋は、天台恵心流の教学を復興し、その教えを広く伝えました。 1202年、忠尋は、建仁寺を開山しました。建仁寺は、京都市東山区にある天台宗の寺院です。建仁寺は、忠尋の功績をたたえて、忠尋を中興の祖として祀っています。 忠尋は、1211年に、入寂しました。忠尋の入寂後、天台恵心流の教学は、東寺を中心に、広く伝えられました。忠尋は、天台恵心流の教学を復興し、その教えを広く伝えた功績で、今日でも多くの人々に尊敬されています。
歴史上の人物

「愛宮」平安時代の女性

「愛宮」平安時代の女性
歴史上の人物

堀親家 – 平安後期から鎌倉時代の伊豆の御家人

- 伊豆の御家人としての活躍 堀親家は、平安後期から鎌倉時代の伊豆の御家人でした。源頼朝の挙兵に参加し、伊豆国の平氏を討伐するなど、鎌倉幕府の成立に貢献しました。鎌倉幕府成立後は、伊豆国の地頭に任命され、伊豆国の統治に当たりました。 親家は、頼朝挙兵の際、伊豆国の平氏を討伐するなど、挙兵初期の功績が顕著でした。また、頼朝が鎌倉に幕府を開いた後は、鎌倉幕府の御家人として活躍し、伊豆国の地頭に任命されました。地頭として、伊豆国の統治に当たり、荘園の支配や裁判を行いました。また、頼朝の命を受けて、伊豆国の開発にも力を入れました。 親家は、源頼朝からの信頼が篤く、頼朝が亡くなった後は、頼家の後見役となりました。また、親家は、北条氏との関係も良好で、北条政子や北条時政とも親交がありました。 親家は、建久9年(1198年)に亡くなりました。享年62歳でした。親家の死後、堀氏の家督は、嫡男の堀親治が継ぎました。
歴史上の人物

儀同三司母(⇒高階貴子)について

儀同三司母と高階貴子 平安時代初期の貴族・政治家であった高階貴子は、右大臣・高階真宅の長女として生まれました。父・真宅は、唐に派遣された遣唐使の一員として渡航し、そこで唐の皇帝から「儀同三司」という称号を授けられました。この「儀同三司」とは、唐の官職のひとつで、三公に次ぐ高位であり、真宅が唐で活躍した証しでもありました。 高階貴子は、父・真宅の死後、その跡を継いで「儀同三司母」の称号を授けられました。これは、女性が「儀同三司」の称号を授けられるのは非常に珍しいことであり、貴子の父に対する功績を称えるとともに、貴子自身の能力を認めたものでもありました。 貴子は、儀同三司母として、朝廷で重要な役割を果たしました。彼女は、女官として天皇の側近に仕え、天皇の諮問に応じたり、政務を補佐したりしました。また、貴子は、外交にも携わり、唐や新羅との交渉にもあたりました。 貴子は、政治家としても活躍しました。彼女は、中納言や参議などの要職を歴任し、平安時代の政界で大きな影響力を持ちました。貴子は、藤原氏と対立することもありましたが、最終的には藤原氏と和解し、藤原氏を支える立場となりました。 貴子は、平安時代初期の政界で重要な役割を果たした女性政治家であり、儀同三司母として、朝廷で重要な役割を果たしました。彼女は、父・真宅の跡を継いで「儀同三司」の称号を授けられ、女官として天皇の側近に仕え、政務を補佐しました。また、貴子は、外交にも携わり、唐や新羅との交渉にもあたりました。貴子は、政治家としても活躍し、中納言や参議などの要職を歴任し、藤原氏と対立することもありましたが、最終的には藤原氏と和解し、藤原氏を支える立場となりました。
歴史上の人物

「源孝道」(?-? 平安時代中期の官吏,漢詩人)

-官吏としてのキャリア- 源孝道は、平安時代中期の官吏であり、漢詩人でした。彼は、源融の曾孫であり、源融の曾孫である源高明の子とされています。彼は、天暦年間(947-957)に文章生となり、考試に及第して主計寮の判官に任じられました。その後、右衛門少尉、右衛門尉、左衛門尉、右近衛少将を歴任しました。彼は、長徳2年(996)に右近衛中将に任じられ、永祚2年(990)に参議に任じられました。彼は、正暦3年(992)に右大弁に任じられ、正暦4年(993)に左大弁に任じられました。彼は、永祚元年(989)に中納言に任じられ、永祚2年(990)に権中納言に任じられました。彼は、正暦2年(991)に権大納言に任じられ、正暦5年(994)に大納言に任じられました。 彼は、正暦6年(995)に内大臣に任じられ、長保元年(998)に右大臣に任じられました。彼は、長保3年(1000)に左大臣に任じられました。彼は、寛弘8年(1011)に太政大臣に任じられました。彼は、寛弘9年(1012)に薨去しました。 彼は、漢詩を良くし、多くの作品を残しました。彼の作品は、平安時代の漢詩文集である『本朝文粋』に収められています。
歴史上の人物

で藤原婧子について調べてみよう!

藤原婧子(ふじわら の しずこ)は、平安時代初期の公卿、歌人です。嵯峨天皇の第二皇女で、母は橘嘉智子。桓武天皇の異母妹。 藤原婧子は、弘仁元年(810年)に生まれました。嵯峨天皇は、藤原婧子を桓武天皇の皇子である淳和天皇に降嫁させ、皇后にしようと考えましたが、淳和天皇は固辞しました。 そこで、藤原婧子は、淳和天皇の弟である正良親王に降嫁しました。正良親王は、嵯峨天皇の死後、仁明天皇として即位しました。 藤原婧子は、仁明天皇との間に、恒貞親王、道康親王、良岑安世、良岑貞世、源信ら5人の子息をもうけました。 藤原婧子は、貞観11年(869年)に病にかかり、その年の4月30日、59歳で亡くなりました。 藤原婧子は、歌人としても有名で、その歌は『古今和歌集』や『拾遺和歌集』などに収められています。 藤原婧子は、平安時代初期を代表する女性で、その生涯は、平安時代の政治や文化に大きな影響を与えました。
歴史上の人物

– 「小松帝」とは何者か?

小松帝とは? 小松帝(こまつてい)とは、日本の歴史に登場する架空の人物であり、江戸時代の儒学者・荻生徂徠によって創作された。徂徠は、小松帝を「天下最初の武人政権を樹立した人物」と位置づけ、その治績を称賛した。 小松帝が実在したという証拠はなく、その存在はあくまでも徂徠の創作である。しかし、徂徠の著作は江戸時代における歴史観に大きな影響を与え、小松帝は「武人政権の祖」として広く知られるようになった。 徂徠が小松帝を創作した理由は、当時の社会情勢に関係している。江戸時代中期は、徳川幕府の権威が衰退し、諸藩の力が強まっていた。このため、徂徠は「武人政権の祖」を創作することで、幕府の権威を強化しようとしたのである。 小松帝の治績については、徂徠の著作『政談』に詳しく記されている。それによると、小松帝は「武勇に優れ、知略に富んだ人物」であり、「天下を統一して泰平の世を築いた」という。また、小松帝は「儒教を奨励し、学問を重んじた」とされ、その治世は「文化の繁栄期」であったとされる。 しかし、小松帝の治績については史料的な裏付けが全くない。そのため、徂徠の創作であるという説が有力である。しかし、小松帝の存在を信じる人もおり、その治績についてはさまざまな議論が行われている。 小松帝は、日本の歴史上架空の人物でありながら、多くの人の関心を集めている。これは、徂徠の創作が巧みであったことと、小松帝が「武人政権の祖」という魅力的な人物であることが理由であろう。
歴史上の人物

藤原仲平とは? - 平安時代中期の公卿

-藤原仲平の生涯- 藤原仲平は、平安時代中期の公卿です。父は藤原忠平、母は源明子です。醍醐天皇の第四皇子である保明親王(後の村上天皇)の次男として生まれ、藤原忠平の養子となりました。 仲平は、天慶元年(938年)に右大臣に任命され、天暦4年(950年)に太政大臣に昇進しました。同年に村上天皇が崩御し、その子である冷泉天皇が即位すると、仲平は摂政に任命されました。 仲平は、摂政として国の政治を司り、冷泉天皇の治世を安定させました。天徳4年(960年)に冷泉天皇が崩御し、その弟である円融天皇が即位すると、仲平は引き続き摂政として国政を執りました。 康保2年(965年)に仲平は薨去しました。享年48。中右大臣藤原兼通(藤原忠平の弟)の娘・穏子と婚姻し、兼家、兼通、重家、安家、多子、倫子、綏子、時姫、隆姫、歓子らの一男九女をもうける。 仲平は、平安時代中期における最有力の公卿であり、村上天皇と円融天皇の治世に大きな影響を与えました。
歴史上の人物

「大村福吉」(?-? 平安時代前期の医師)

桓武天皇に仕えて武内宿禰の支流と称した 大見出しに「「大村福吉」(?-? 平安時代前期の医師)」とあるように、大村福吉は平安時代前期に生きた医師です。桓武天皇に仕え、武内宿禰の支流を称しました。 桓武天皇は、第50代天皇であり、平安京を建設したことで知られています。大村福吉は、そんな桓武天皇に仕えていました。桓武天皇は、大村福吉の才能を高く評価し、その医療知識を重んじていました。 大村福吉は、武内宿禰の支流であると称していました。武内宿禰は、神話に登場する人物であり、聖徳太子の顧問を務めた人物としても知られています。大村福吉は、武内宿禰の支流を称することで、自分の家系の高貴さをアピールしようとしていたのかもしれません。 大村福吉は、医師としてだけではなく、政治家としても活躍しました。桓武天皇の死後、その息子である嵯峨天皇の代に、大村福吉は参議に任命されました。参議は、太政官の次官であり、政務を司る重要な役職です。大村福吉は、参議として国家の運営に携わりました。 大村福吉は、平安時代前期に活躍した医師であり、政治家です。桓武天皇に仕え、武内宿禰の支流を称しました。医師としてだけではなく、政治家としても活躍し、参議に任命されました。大村福吉は、平安時代前期の医療界と政界に大きな影響を与えた人物です。
歴史上の人物

源憲定 – 知られざる村上源氏の一族

-源憲定の生涯- 源憲定は、平安時代初期の貴族で、村上源氏の祖とされる。村上天皇の孫であり、父は左大臣・源師房、母は権中納言・藤原定方の娘である。 治安2年(1022年)、14歳で従五位下に叙爵し、父師房の死後は、祖父村上天皇の勧めにより、左大臣忠実の局を継いだ。万寿3年(1026年)、右衛門督に任じられ、翌年には正四位下に昇叙。長元6年(1033年)、右近衛中将に任じられ、翌年には正四位上に昇叙。 長元9年(1036年)、左中将に任じられ、翌年には従三位に昇叙。寛徳元年(1044年)、権中納言に任じられ、翌年には正三位に昇叙。天喜元年(1053年)、左衛門督に任じられ、翌年には従二位に昇叙。康平元年(1058年)、右近衛大将に任じられ、翌年には正二位に昇叙。 嘉保元年(1094年)、67歳で薨去。最終官位は右近衛大将。 憲定は、父師房の死後、村上源氏を率いて、藤原氏と対立した。天喜2年(1054年)、藤原氏の権勢を弱めるために、後冷泉天皇の廃位と、源氏出身の皇太子・敦明親王の擁立を計画したが、藤原頼通ら藤原氏によって阻止された。 その後、憲定は藤原氏と和解し、康平4年(1061年)には、娘の賢子を入内させて後三条天皇の皇后に立てた。賢子は、後三条天皇との間に、白河天皇、堀河天皇、鳥羽天皇の3人の皇子を儲け、源氏の繁栄の基礎を固めた。 憲定は、村上源氏の祖として、源氏の発展に大きな功績を残した人物である。
歴史上の人物

中原師尚 – 平安後期・鎌倉時代初期の官吏

-中原師尚の生涯と足跡- 中原師尚(なかはらのもろなお)は、平安時代後期から鎌倉時代初期にかけての官吏である。 * -中原氏出身。- 中原師尚は、平安時代後期に権勢を誇った中原氏の出身である。中原氏は、平安時代から鎌倉時代にかけて、朝廷の重要な官職を多く占めた家柄である。師尚の父は中原師長である。 * -若くして出仕。- 師尚は若くして朝廷に出仕し、左衛門尉、左近衛少将、検非違使別当などの要職を歴任している。師尚は、官僚として才能を発揮し、朝廷からも信任されていた。 * -頼朝の挙兵に協力。- 1180年、平清盛が都を追われて源頼朝が挙兵すると、師尚は頼朝に協力して、平氏を打倒した。頼朝が鎌倉幕府を開くと、師尚は幕府の重要な官僚として仕えた。 * -文治の勅許。- 1185年、師尚は頼朝の奏請により、朝廷に文治の勅許を求めた。文治の勅許とは、源氏が全国の守護・地頭の職に任命することを認める勅許のことである。文治の勅許の獲得により、源氏は全国に支配権を確立し、鎌倉幕府の基礎を固めた。 * -幕府の重用。- 師尚は、鎌倉幕府の重臣として、幕府の政治を支えた。師尚は、政所別当、侍所別当などの要職を歴任し、頼朝の死後も、源頼家、源実朝を補佐した。 * -承久の乱。- 1221年、承久の乱が起こると、師尚は幕府軍の一員として、朝廷軍と戦った。承久の乱は、幕府軍の勝利に終わり、師尚は乱の平定に功績を挙げた。 * -晩年。- 承久の乱後、師尚は幕府を退き、出家した。師尚は、出家後は、仏教に帰依し、晩年を過ごした。師尚は、1232年に死去した。
歴史上の人物

平安・鎌倉時代の神職、大中臣能隆の生涯

-大中臣能隆の経歴と生涯- 中納言大中臣雅俊の子として京都に生まれる。4歳の頃に父が亡くなったため大中臣家の家督を継いでいる。10歳で元服を行い、従五位下に叙せられ若くして朝廷に仕えた。その後、侍従から左兵衛佐、右近衛少将、左近衛少将を歴任し、従四位下への昇叙を受けた。 治承4年1180年)に起きた平清盛のクーデターの際には、清盛の命を受けた平業盛から「皇位を譲り渡せ」と迫られた高倉天皇に「君命に逆らうことはできないが、天皇の権威を保ちたい」と説得し、平氏に屈することなく退位を拒否させた。この功績により左近衛権中将に任ぜられ、正四位下に昇叙され、侍従頭も兼任した。 寿永3年(1183年)に治承・寿永の乱が勃発すると、後白河法皇に随従して福原へ逃れ、平氏政権に抵抗した。しかし、平氏が福原を焼き払って都に迫ると、法皇は土佐国へ逃れ、能隆は法皇に従わずに都に留まって平氏に降伏した。 乱が終結した後、能隆は朝廷に復帰し、右大臣平清盛に接近してその寵愛を受けた。建久9年(1198年)に平氏政権が滅亡すると、鎌倉幕府の庇護を受けて朝廷に留まった。 建久10年(1199年)に法皇が崩御すると、能隆は出家して法名を浄秀と称した。その後、法皇の菩提を弔うために東大寺に大仏殿を建立し、自身も奈良に移り住んで仏道に専念した。 承元4年(1210年)に東大寺大仏殿の落慶供養が行われ、法皇の菩提を弔った能隆は、その功績により従一位に叙せられた。嘉禄元年(1225年)に奈良で死去した。享年86。 能隆は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した神職、政治家で、平氏政権に抵抗して朝廷の権威を守った功績で知られている。また、東大寺大仏殿の建立にも尽力し、仏教の発展に貢献した。
文学分野の人

歌人 藤原道信 (972-994) 生涯と作品

藤原道信の生涯 藤原道信は、平安時代中期の歌人です。972年(天延2年)に誕生し、994年(正暦5年)に23歳の若さで亡くなりました。道信は、藤原北家閑院流の貴族であり、彼の曾祖父は藤原為時、祖父は藤原為光、父は藤原為輔です。 道信は、幼い頃から和歌に才能を発揮し、13歳の頃には『後拾遺和歌集』に作品が収録されました。道信は、源兼昌や大江匡衡らと親交があり、彼らの影響を受けて和歌を学びました。道信は、和歌の新しいスタイルである「歌物語」を創始し、多くの作品を残しました。また、道信は、和歌の理論書である『和歌体式』を執筆し、和歌の創作方法を説きました。 道信は、23歳の若さで亡くなりましたが、その才能は高く評価されており、平安時代を代表する歌人の一人とされています。道信の作品は、優美で抒情的な作風で知られており、多くの歌人が彼の作品を模倣しました。
歴史上の人物

「源香泉」

-源香泉の生涯- 源香泉は、江戸時代前期の女性芸術家です。画家、書家、俳人として活躍し、その才能は当代随一と称されました。 源香泉は、1604年に京都で生まれました。本名は源氏香泉、通称は八重菊です。父は公家の源光友、母は武家の娘でした。 源香泉は、幼い頃から絵や書を学び、その才能を早くから発揮しました。16歳で京都の画壇に登場し、その画風は、狩野派の影響を受けながらも、独自のものでした。 源香泉は、20歳の頃、加賀藩主の前田利常に嫁ぎました。前田利常は、源香泉の才能を高く評価し、彼女のために画室を設けました。 源香泉は、前田利常の庇護のもと、自由に絵画や書を制作することができました。彼女は、花鳥画や山水画を得意とし、その作品は多くの人々に愛されました。 源香泉は、また、俳人としても活躍しました。彼女の俳句は、その繊細さと風雅さで知られ、多くの俳人に影響を与えました。 源香泉は、1675年に京都で亡くなりました。享年72歳でした。彼女の死後、その作品は多くの人々に収集され、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されています。 源香泉は、江戸時代前期を代表する女性芸術家であり、その才能は今もなお多くの人々に愛されています。