平家物語

作家

登蓮法師-平安時代後期の歌人,僧

-# 登蓮法師の生涯 登蓮法師は、平安時代後期の歌人・僧である。俗姓は藤原氏、法名は良忍。1072年(承保2年)に播磨国(現兵庫県)に生まれ、1132年(保延8年)に京都で亡くなった。 登蓮法師は、幼少期から和歌に親しみ、18歳の時に京都に出て、歌人として名を馳せた。20歳の時に出家して比叡山延暦寺に入り、その後、播磨国に戻って法然上人に師事した。法然上人の死後、京都に戻って浄土宗を広め、西山浄土寺を開山した。 登蓮法師は、歌人として320首余の歌を残しており、その多くは『新古今和歌集』に収められている。登蓮法師の歌は、自然を詠んだものが多く、その素朴で温かみのある作風が特徴である。 登蓮法師は、僧として浄土宗を広め、歌人として『新古今和歌集』に多くの歌を残した、平安時代後期の代表的な歌人・僧である。
作家

藤原道経とは?平安時代後期の歌人

-藤原道経の生涯- 藤原道経は、平安時代後期の歌人であり、藤原北家御子左家の祖である。生年は不詳だが、1130年(天承3年)頃と推定されている。父は藤原家成、母は藤原忠子(中御門宗忠の娘)である。 道経は、幼い頃から和歌に秀でており、16歳で従五位下に叙せられ、19歳で右少弁に任じられた。その後、右中弁、中宮大夫、参議を歴任し、1171年(承安元年)には従二位に叙せられた。 1172年(承安2年)、道経は権中納言に任じられ、1175年(安元元年)には内大臣に昇進した。1177年(治承元年)には、嫡男の藤原兼実が従三位に叙せられ、道経自身も正二位に叙せられた。 1180年(治承4年)、平清盛の専横を恐れた後白河法皇と源頼朝が挙兵し、平氏は滅亡した。このとき、道経は平氏に味方したため、後白河法皇の怒りを買い、失脚した。 1181年(養和元年)、道経は赦免され、参議に任じられた。その後、権中納言、権大納言を歴任し、1186年(文治2年)には内大臣に再任された。1188年(文治4年)には、従一位に叙せられ、摂政に任じられた。 道経は、摂政として、後鳥羽天皇の補佐を務めた。また、和歌にも熱心で、多くの和歌を詠んだ。1197年(建久8年)に薨去した。享年68。 道経は、和歌に秀でた歌人であり、また、摂政として後鳥羽天皇の補佐を務めた政治家でもあった。平安時代後期の代表的な人物の一人である。
歴史上の偉人

– 平知盛

-平知盛の生涯- 平知盛は、平清盛の四男として生まれました。清盛の死後、兄の重盛が家督を継ぎましたが、重盛の死後、知盛が家督を継ぎました。知盛は、壇ノ浦の戦いで源義経に敗れて滅びるまで、平家の総帥として活躍しました。 知盛は、幼い頃から武勇に優れていて、清盛からも寵愛されていました。重盛の死後、知盛は平家の棟梁として、源氏との戦いで活躍しました。寿永3年(1184年)、知盛は源頼朝が挙兵した際に、平家の軍勢を率いて頼朝を討伐するために東国に向かいました。しかし、頼朝の軍勢に敗れて、知盛は平家一門とともに西国に逃れました。 治承4年(1185年)、知盛は平家の総帥として、源義経率いる源氏軍と壇ノ浦で戦いました。この戦いで、平家は義経の軍勢に敗れて滅び、知盛も海に身を投げて自害しました。 知盛は、平家の総帥として、源氏との戦いで活躍した武将でした。知盛の死は、平家の滅亡を象徴する出来事となりました。 -壇ノ浦の戦い- 壇ノ浦の戦いは、治承4年(1185年)3月24日に、周防国壇ノ浦(現在の山口県下関市)で行われた、平家と源氏の間の戦い。平家は、平知盛を総帥として、源義経率いる源氏軍と戦いましたが、敗れて滅びました。この戦いで、平家は840隻の船が沈没し、平知盛をはじめ、平家一門の多くが海に身を投じて自害しました。壇ノ浦の戦いは、源平合戦の最後の戦いとなり、平家の滅亡を決定づける出来事となりました。 -知盛の最期- 壇ノ浦の戦いで、平家軍は源氏軍に敗れ、平知盛は海に身を投げて自害しました。知盛の死は、平家の滅亡を象徴する出来事となりました。知盛は、平家の総帥として、源氏との戦いで活躍した武将でした。知盛の死は、平家の滅亡を決定づける出来事となりました。 -知盛の功績- 平知盛は、平家の総帥として、源氏との戦いで活躍した武将でした。知盛の功績は、次のとおりです。 * 平家一門の結束を固め、平家の勢力を拡大した。 * 平家の軍事力を強化し、源氏との戦いで勝利を収めた。 * 平家の文化を保護し、平家の繁栄に貢献した。 知盛は、平家の総帥として、平家の繁栄に貢献した偉大な武将でした。知盛の功績は、今日でも語り継がれています。
歴史上の偉人

那須与一の全貌は謎に包まれた武士

-那須与一の全貌は謎に包まれた武士- -那須与一の生涯- 那須与一は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将であり、源氏に仕えて活躍しました。彼の全貌は謎に包まれており、生年や没年も不明です。 那須与一は、源頼朝の挙兵に参加し、数々の戦いで功を立てました。特に、壇ノ浦の戦いで、平家の舟形の旗を射落とした話は有名です。 那須与一は、弓の達人としても知られており、後世に伝えられる逸話は数多く残されています。例えば、那須与一が、鹿の角を的にして、矢を射たところ、矢が鹿の角を貫き、鹿の角が矢の先端に刺さったままになったという逸話があります。 那須与一は、生涯にわたって源氏に忠誠を尽くしましたが、壇ノ浦の戦いの後、源頼朝が亡くなると、政権は北条氏に移り、那須与一は、鎌倉幕府から遠ざけられました。 那須与一は、晩年、故郷の那須に戻り、そこで亡くなりました。しかし、彼の墓所は現在でも不明です。 那須与一は、謎に包まれた武将であり、彼の生涯については、多くの謎が残されています。しかし、彼の武勇伝は、後世の人々に伝えられ、今もなお、人々を魅了しています。
歴史上の偉人

城一 – 平曲の完成に尽力した南北朝時代の平曲家

城一の生涯と功績 城一は、南北朝時代の平曲家で、平曲の詞章の補綴や、平曲の譜本の編集など、平曲の完成に尽力した人物です。城一の生涯については、詳しくはわかっていませんが、平曲の詞章の補綴や、平曲の譜本の編集など、平曲の完成に尽力した功績から、平曲の歴史上、重要な人物とされています。 城一は、はじめ、豊原時秋に平曲を学びました。豊原時秋は、平曲の祖といわれる人物で、平曲の詞章の補綴や、平曲の譜本の編集など、平曲の完成に尽力した人物です。城一は、豊原時秋から、平曲の詞章の補綴や、平曲の譜本の編集など、平曲の完成に必要な知識を学びました。 城一は、その後、平曲の詞章の補綴や、平曲の譜本の編集など、平曲の完成に尽力しました。城一は、平曲の詞章の補綴において、平曲の詞章に、文学的な美しさや、物語的な面白さを加えました。また、城一は、平曲の譜本の編集において、平曲の譜本の編集を、より整然としたものにしました。 城一の平曲の詞章の補綴や、平曲の譜本の編集など、平曲の完成に尽力した功績は、平曲の歴史上、重要な意味を持っています。城一は、平曲の詞章に、文学的な美しさや、物語的な面白さを加え、平曲の譜本の編集を、より整然としたものにしました。これにより、平曲は、より完成された芸能として、人々から愛されるようになりました。また、城一は、平曲の詞章の補綴や、平曲の譜本の編集など、平曲の完成に尽力したことにより、平曲を、後世に伝えることに貢献しました。
歴史上の偉人

源義仲の生涯と武勇伝

-平家打倒の立役者- 源義仲は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。清和源氏の流れを汲み、源頼朝の従兄弟にあたる。幼名は駒王丸(こおうまる)。官位は従二位、右中将。 義仲は、治承4年(1180年)に挙兵し、平家打倒の兵を挙げた。寿永2年(1183年)には、倶利伽羅峠の戦いで平家軍を破り、平家を追って京へと進軍した。同年11月には、平家を追って福原まで進出。平家は福原を放棄して西国へと逃れた。 義仲は、寿永3年(1184年)1月20日に、平家追討の院宣を奉じて入京し、平家追討の総大将となった。同年2月には、宇治川の戦いで平家軍を破り、さらに3月には、一ノ谷の戦いで平家軍を破った。平家は、さらに西国へと逃れた。 義仲は、平家を追って西国へと進軍し、寿永4年(1185年)2月には、壇ノ浦の戦いで平家軍を破り、平家を滅亡させた。義仲は、平家滅亡の功績により、従二位、右中将に叙任された。 しかし、義仲は、平家滅亡後、頼朝の命により、追討されることとなった。義仲は、頼朝の軍勢に敗れ、寿永4年(1185年)5月21日に、越中倶利伽羅峠で戦死した。義仲の死により、源氏の内紛は終結し、頼朝が鎌倉幕府を開いた。 義仲は、平家打倒の立役者として、その功績は称えられている。また、義仲は、武勇に優れた武将としても知られており、その武勇伝は数多く残されている。
歴史上の偉人

藤原資経 – 鎌倉時代の公卿、平家物語の作者

-藤原資経の生涯- 藤原資経は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した公卿です。平家物語の作者として知られており、その作品は日本文学史に残る名作として高く評価されています。 資経は、1156年に藤原為隆の三男として生まれました。幼い頃から和歌に親しみ、15歳の時には和歌の師範として活躍していた藤原俊成の門人となりました。俊成から和歌の指導を受けた資経は、和歌の才能を開花させ、やがて歌人として名声を得るようになりました。 資経は、1181年に平清盛の娘である建礼門院徳子の女房となり、宮廷に出仕しました。その後、平清盛の死後に発生した源平合戦では、平氏側に与して源氏と戦いました。しかし、1185年に源頼朝が鎌倉幕府を開くと、資経は源頼朝に降伏し、鎌倉幕府の御家人となりました。 鎌倉幕府に仕えた資経は、和歌の才能を活かして和歌の講師を務め、また、朝廷との折衝役としても活躍しました。資経は、和歌の講師として多くの門人を育て、また、朝廷との折衝役として鎌倉幕府の政策に影響を与えました。 資経は、1217年に亡くなりました。享年62歳でした。資経の死後、平家物語は宮廷や武家の間で広く読まれ、日本文学史に残る名作として高く評価されました。 資経は、和歌の才能に優れ、また、朝廷や鎌倉幕府との折衝役としても活躍した人物です。資経は、平家物語の作者として知られており、その作品は日本文学史に残る名作として高く評価されています。
歴史上の偉人

宇治橋姫- 民間伝承の神と嫉妬の伝説

宇治橋姫- 起源と神託 宇治橋姫は、奈良県宇治市を流れる宇治川の女神とされています。宇治橋の守り神としても知られ、古くから人々に信仰されてきました。 宇治橋姫の起源については、いくつかの説があります。一説によると、宇治川の上流に住む龍神と、下流に住む蛇神との間に生まれた娘であるとされています。また、宇治川のほとりに住む美しい娘が、川に流されて溺れて死んだ後、神になったという説もあります。 宇治橋姫は、人々から様々な神託を授けたとされています。その神託は、占い師や巫女を通して伝えられました。宇治橋姫の神託は、病気の治癒や、恋愛の成就、また、戦勝祈願など、様々な内容だったと伝えられています。 宇治橋姫は、人々に信仰され、神託を授ける神として、古くから親しまれてきました。宇治橋姫の伝説は、今も宇治川周辺の人々に語り継がれています。
歴史上の偉人

信濃前司行長 – 鎌倉時代の人物で「平家物語」の作者とされる人物

-信濃前司行長の生涯と経歴- 信濃前司行長は、鎌倉時代初期に活躍した武将であり、『平家物語』の作者とされる人物である。 行長の生年は不詳だが、家系は信濃源氏のの名門であり、父は源行綱、兄は源行家。また、源頼朝、源義経、源範頼、北条政子、大姫、静御前などは、行長の従兄弟にあたる。 治承4年(1180年)に平治の乱が勃発し、源頼朝が挙兵すると、行長はこれに呼応して挙兵した。そして、頼朝の挙兵に呼応、源範頼、源義経と共に壇ノ浦の戦いで平氏を破り、平家物語の成立に関与したと伝えられている。 建久10年(1199年)に、頼朝が亡くなると、行長は頼朝の遺児である源頼家の家臣となった。しかし、頼家が幕府の実権を握ると、行長は頼家の側近として重用され、建仁元年(1201年)には信濃前司に任命された。 建仁3年(1203年)に、頼家が死去すると、行長は頼家の遺児である源実朝の家臣となった。しかし、実朝が幕府の実権を握ると、行長は実朝の側近として重用されず、建保7年(1219年)に、行長は実朝によって誅殺された。 行長の死後、行長の邸宅は没収され、行長の妻子は流罪となった。しかし、行長の息子である行氏は、後に幕府に仕えて信濃前司を継承し、行長の家系は存続した。
歴史上の偉人

「有王」について

俊寛僧都の侍童「有王」の人生 俊寛僧都の侍童「有王」は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した人物です。俊寛僧都は、藤原頼長の息子で、平安時代末期の公卿・僧侶です。俊寛僧都は、平清盛の怒りを買い、伊豆大島に流罪となりました。その際、有王は俊寛僧都に付き添い、伊豆大島で過ごしました。 有王は、俊寛僧都の流罪後も、俊寛僧都を支え続けました。俊寛僧都が伊豆大島で亡くなった後、有王は俊寛僧都の遺骨を京都に持ち帰り、俊寛僧都の菩提寺である安楽寺に葬りました。 有王は、俊寛僧都の死後も、俊寛僧都の供養を続けました。有王は、俊寛僧都の命日には、安楽寺を訪れ、俊寛僧都の遺骨に花を手向けました。また、有王は、俊寛僧都の功績を後世に伝えるために、俊寛僧都の生涯を記した『俊寛僧都伝』を著しました。 有王は、俊寛僧都に忠義を尽くした人物として知られています。有王は、俊寛僧都の流罪後も、俊寛僧都を支え続け、俊寛僧都の死後も、俊寛僧都の供養を続けました。有王は、俊寛僧都の功績を後世に伝えるために、『俊寛僧都伝』を著しました。有王は、俊寛僧都に忠義を尽くした人物として、後世の人々に語り継がれています。
歴史上の偉人

源義経とその悲劇的生涯

源義経の生涯 源義経は、平安時代末期の武将であり、源頼朝の弟である。幼名は牛若丸。木曽義仲に預けられてからは「判官」と呼ばれた。兄・頼朝の挙兵に従ってからは、「義経」と名乗った。 頼朝の挙兵に加わった後、義経は各地を転戦し、平氏を相手に数々の勝利を収めた。特に、壇ノ浦の戦いでは、平氏の水軍を破って、平氏を滅亡に追い込んだ。 しかし、義経はその後、兄・頼朝の猜疑心を買ってしまい、頼朝の命を受けて鎌倉を出奔した。義経は、奥州の藤原秀衡を頼って逃れたが、秀衡が亡くなった後は、秀衡の息子・泰衡に裏切られて自害した。 義経の生涯は、まさに波乱万丈であった。兄・頼朝に仕えて数々の勝利を収めたが、最後は頼朝の猜疑心によって滅ぼされてしまった。義経の悲劇的な生涯は、多くの文学作品や演劇の題材となっている。 義経の生涯を振り返ると、彼の短くも波乱に満ちた人生が印象に残る。義経は、兄・頼朝の挙兵に加わって各地を転戦し、数々の勝利を収めた。しかし、頼朝の猜疑心を買ってしまい、鎌倉を出奔した。義経は、奥州の藤原秀衡を頼って逃れたが、秀衡が亡くなった後は、秀衡の息子・泰衡に裏切られて自害した。 義経の悲劇的な生涯は、多くの文学作品や演劇の題材となっている。例えば、義経を主人公とした「義経記」や「曽我物語」は、日本文学の古典として知られている。また、義経を題材とした芝居は、歌舞伎や人形浄瑠璃で上演されており、現在でも人気を博している。 義経の生涯は、短く波乱に満ちているが、その悲劇的な人生は、多くの人々に感動を与えている。義経の生涯は、日本史上の重要な人物の一人として、これからも語り継がれていくであろう。
歴史上の偉人

悪源太義平とは?源義平の生涯と功績を分かりやすく解説

-悪源太義平とは?- 鎌倉時代初頭に活躍した武将である。悪源太義平とは、平安時代末期から鎌倉時代初期に活躍した武将である。本名は源義平だが、その武勇を称えて「悪源太義平」と呼ばれたという。源義家の三男で、源頼朝の弟にあたる。 悪源太義平は、治承4年(1180年)に平治の乱で源義朝が敗死すると、平氏に追われて諸国を流浪する。しかし、治承7年(1183年)に源頼朝が挙兵すると、これに参じ、平氏打倒に尽力した。 悪源太義平は、源頼朝の挙兵以来、各地を転戦し、平氏を相手に多くの戦功を挙げた。特に、養和元年(1181年)の倶利伽羅峠の戦いでは、平氏の大軍を相手に大勝利を収め、源頼朝を大いに喜ばせたという。 悪源太義平の死後、その功績は高く評価され、建久4年(1193年)に源頼朝が鎌倉幕府を開くと、その御家人として重用された。そして、建久6年(1195年)には、征夷大将軍に任命されたという。 悪源太義平は、源頼朝の右腕として、鎌倉幕府の創設に貢献した武将である。その武勇と功績は、後世にも語り継がれている。
作家

杉本秀太郎の生涯と功績 → 京都府出身のフランス文学者

-生い立ちと経歴- 杉本秀太郎は、1883年(明治16年)10月25日に、京都府京都市に生まれた。父は杉本吉三郎、母はトメである。幼い頃から英語とフランス語を学び、14歳で京都第一中学校(現在の洛北高等学校)に入学した。その後、1901年(明治34年)に東京帝国大学文科大学仏文科に入学した。 1904年(明治37年)、東京帝国大学を卒業し、すぐにフランスに留学した。留学中は、パリ大学に学び、ロマン主義文学や象徴派文学を研究した。また、この間に『ヴィクトル・ユゴーの生涯と作品』『フランス近代文学の研究』などの著作を執筆した。 1908年(明治41年)に帰国した後、東京帝国大学助教授に就任し、フランス語とフランス文学の講義を担当した。1914年(大正3年)には、教授に昇進した。1921年(大正10年)には、東京帝国大学総長に就任し、1923年(大正12年)まで務めた。 1923年(大正12年)には、京都帝国大学総長に就任し、1925年(大正14年)まで務めた。1925年(大正14年)には、貴族院議員に勅選され、1938年(昭和13年)まで務めた。 1945年(昭和20年)に、日本学術振興会会長に就任し、1950年(昭和25年)まで務めた。また、1949年(昭和24年)には、文化勲章を受章した。 1955年(昭和30年)10月19日、東京都世田谷区の自宅で死去した。71歳没。
歴史上の偉人

侍従 – 平安時代後期の遊女とその哀しい生涯

侍従の生涯について 侍従は、平安時代後期の遊女であり、その生涯は哀しみと苦難に満ちていました。彼女は幼い頃から遊女として育てられ、16歳の時に初めて客を取らされました。侍従は美貌と教養の持ち主で、多くの男性から愛されましたが、その一方で、遊女としての境遇に苦しみ続けました。 侍従は、客から暴力を振るわれたり、人身売買に遭ったりすることもありました。また、遊女としての仕事に疲れ果て、死を願うこともありました。侍従は、遊女としての境遇から逃れるために、何度か結婚を試みましたが、いずれも失敗に終わりました。 侍従は、40歳の時に遊女を引退し、尼寺に入りました。しかし、尼寺での生活も苦しく、侍従は、50歳の時に亡くなりました。侍従の生涯は、遊女としての境遇に苦しみ続け、幸せな人生を送ることができなかった悲劇的な生涯でした。 侍従の生涯は、平安時代後期の遊女の悲惨な実態を物語っています。遊女は、男性の欲望のはけ口として扱われ、社会から差別されていました。侍従の生涯は、遊女の悲惨な実態を明らかにし、遊女に対する偏見をなくすために、私たちが何をすべきかを考えさせるものであります。
研究者

梶原正昭 – 昭和後期から平成時代にかけて活躍した国文学者

-梶原正昭 - 昭和後期から平成時代にかけて活躍した国文学者- -軍記文学の研究に貢献した国文学者- 梶原正昭は、昭和22年(1947年)に東京都で生まれ、平成29年(2017年)に70歳で亡くなった国文学者です。東京大学文学部国文科を卒業後、東京大学大学院人文科学研究科国文学専攻博士課程に進学し、昭和51年(1976年)に東京大学より文学博士の学位を取得しました。 その後、東京大学文学部助手、東京大学文学部助教授、東京大学文学部教授を歴任し、平成19年(2007年)に東京大学を退職しました。退職後は、東京大学名誉教授となり、平成29年(2017年)まで東京大学大学院人文社会系研究科客員教授を務めました。 梶原正昭は、軍記文学の研究に大きな貢献をしました。軍記文学とは、戦記物、合戦物、陣物語、軍物語など、合戦や戦乱を題材にした文学の総称です。梶原正昭は、軍記文学の成立や変遷、軍記文学の表現技巧、軍記文学の歴史的意義などについて研究し、多くの論文や著書を発表しました。 梶原正昭の研究は、軍記文学の理解を深めることに大きく貢献しました。また、梶原正昭は、軍記文学の研究だけでなく、平安文学の研究にも大きな貢献をしました。梶原正昭の研究は、平安文学の理解を深めることに大きく貢献しました。 梶原正昭は、平成29年(2017年)に70歳で亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。梶原正昭の研究は、軍記文学の研究や平安文学の研究に大きな影響を与え、今もなお多くの研究者に影響を与え続けています。
研究者

佐々木八郎 – 平家物語の研究家

佐々木八郎の生涯 佐々木八郎は、1892年(明治25年)に東京に生まれました。父は、貴族院議員を務めた佐々木高行、母は、子爵・大給恒の娘・登美子です。 八郎は、幼少期から文学に興味を持ち、旧制第一高等学校を卒業後、東京帝国大学文学部国文学科に入学しました。在学中は、平家物語を研究し、1918年(大正7年)に卒業論文「平家物語の研究」を提出して卒業しました。 卒業後は、東京帝国大学大学院に進学し、平家物語の研究を続けました。1922年(大正11年)には、博士論文「平家物語の成立」を提出して博士号を取得しました。 博士号取得後は、東京帝国大学で教鞭を執り、1930年(昭和5年)に教授に就任しました。また、1935年(昭和10年)には、日本文学報国会を設立し、会長に就任しました。 八郎は、平家物語の研究において、その成立過程や作者の問題を解明し、平家物語の文学的価値を明らかにしました。また、日本文学報国会を設立し、日本文学の研究と普及に貢献しました。 1963年(昭和38年)に文化勲章を受章し、1970年(昭和45年)に逝去しました。
歴史上の偉人

渡辺競

-渡辺競- -渡辺競の生涯- 渡辺競は、1855年(安政2年)に薩摩藩(現在の鹿児島県)で生まれた。1873年(明治6年)に海軍兵学校に入学し、1878年(明治11年)に卒業。海軍少尉補としてアメリカに留学し、1880年(明治13年)に帰国。1882年(明治15年)に海軍中尉に昇進し、日清戦争では海軍少佐として従軍した。 1895年(明治28年)に海軍大佐に昇進し、1900年(明治33年)に海軍少将に昇進。1904年(明治37年)に日露戦争が勃発すると、連合艦隊司令長官に任命され、日本海海戦で勝利を収めた。1905年(明治38年)に海軍中将に昇進し、1907年(明治40年)に海軍大将に昇進。同年、海軍軍令部総長に就任した。 1913年(大正2年)に退役し、1925年(大正14年)に死去。享年70歳だった。 渡辺競は、日本海軍の黎明期を支えた軍人で、日露戦争での勝利に大きく貢献した。また、海軍軍令部総長として海軍の近代化を推進し、日本海軍を世界有数の大海軍へと育て上げた。 -渡辺競の功績- 渡辺競の功績をいくつか挙げる。 * 日露戦争での勝利。渡辺競は連合艦隊司令長官として、日本海海戦でロシア海軍のバルチック艦隊を撃破し、日本海軍の勝利に大きく貢献した。 * 海軍の近代化。渡辺競は海軍軍令部総長として、海軍の近代化を推進し、日本海軍を世界有数の大海軍へと育て上げた。 * 海軍教育制度の改革。渡辺競は海軍教育制度の改革を行い、海軍士官の育成に力を入れた。 * 日英同盟の締結。渡辺競は日英同盟の締結に尽力し、日本とイギリスの友好関係を強化した。 渡辺競は、日本の近代化に大きく貢献した人物であり、その功績は高く評価されている。
歴史上の偉人

安倍泰親 – 平安時代の陰陽師

安倍泰親 - 平安時代の陰陽師
歴史上の偉人

「祇王・祇女」

-「祇王・祇女」- -平家物語の白拍子姉妹- 平家物語に登場する祇王と祇女は、白拍子姉妹として知られています。白拍子は、平安時代後期に現れた芸能者の一種で、舞や歌、楽器演奏などを得意とする女性たちでした。祇王と祇女もまた、白拍子として活躍していた姉妹です。 祇王は、平清盛の寵愛を受けた白拍子であり、清盛との間に一子・清経をもうけました。しかし、清盛が祇王を離縁した後は、祇王は白拍子として再び舞台に立つようになります。一方、祇女は祇王の妹であり、姉同様に白拍子として活躍していました。 ある日、祇王と祇女は、平清盛の嫡男・重盛の邸宅に招かれました。重盛は、祇王と祇女の舞を気に入り、二人は重盛の寵愛を受けるようになります。しかし、祇王と祇女は、やがて重盛の弟・宗盛と恋仲になってしまいます。 宗盛は、祇王と祇女を屋敷に連れ込み、二人を愛人として囲うようになります。しかし、重盛は祇王と祇女が宗盛と恋仲であることを知り、激怒します。重盛は、祇王と祇女を屋敷から追い出し、二人の白拍子としての活動も禁止してしまいます。 祇王と祇女は、重盛の命令によって、白拍子として舞台に立つことができなくなりました。二人は、京都を追われ、各地を放浪することになります。祇王と祇女は、その後、どのような人生を送ったのかはわかっていません。 祇王と祇女は、平家物語に登場する白拍子姉妹として知られています。二人は、平清盛と重盛の寵愛を受けましたが、やがて宗盛と恋仲になってしまい、重盛の怒りを買ってしまいます。祇王と祇女は、重盛の命令によって、白拍子としての活動が禁止され、京都を追われて各地を放浪することになります。二人は、その後、どのような人生を送ったのかはわかっていません。
歴史上の偉人

「堀川具守」(⇒源具守)について

堀川具守とは? 堀川具守は、平安時代末期の公家・歌人。歌人としては「堀河百首」で知られています。また、法令集『建久御歴』の撰述者の一人としても名を残しています。 具守は、藤原北家閑院流の出身で、堀川天皇の孫にあたります。父は中納言・藤原顕頼、母は権中納言・藤原実行の娘・延子です。1136年に生まれ、1155年に従五位下右少将に任官されました。その後、右中将、参議、権中納言を歴任し、1186年に大納言に昇進しました。 具守は、和歌にも優れており、「堀河百首」は彼の代表作として知られています。「堀河百首」は、1183年に撰集された百首の歌集で、恋の歌や季節の歌などさまざまなテーマの歌が収められています。この歌集は、平安時代末期の和歌を代表する歌集の一つとされており、現在でも多くの人に親しまれています。 また、具守は法令集『建久御歴』の撰述者の一人としても知られています。『建久御歴』は、1190年に編纂された法令集で、平安時代末期の法制をまとめたものです。具守は、この法令集の撰述にあたり、法制の整備に貢献しました。 具守は、和歌に優れ、法制の整備にも貢献した、平安時代末期の公家・歌人でした。
歴史上の偉人

黒百合姫-悲劇の姫君が復讐を果たした伝説

-黒百合姫の生涯- 黒百合姫は、かつて日本のとある地方に存在した国の姫君であったと伝えられています。 彼女は類まれなる美貌と気品を備えた姫君であり、人々から「黒百合姫」と呼ばれ、愛されていました。 しかし、黒百合姫の運命は過酷でした。 ある日、黒百合姫の国に隣国から侵略者がやって来ました。 侵略者は黒百合姫の国を蹂躙し、黒百合姫の家族を皆殺しにしてしまいました。 なんとか生き延びた黒百合姫は、侵略者への復讐を誓い、山奥に身を潜めて修行を積みました。 長い年月を経て、黒百合姫は卓越した武芸と忍術を身につけ、ついに侵略者に立ち向かいました。 黒百合姫は、侵略者の大将を倒し、侵略者を国から追い出すことに成功しました。 しかし、黒百合姫自身も、戦いで重傷を負ってしまいました。 黒百合姫は、故郷に帰還したものの、傷が癒えることなく、やがて亡くなりました。 黒百合姫の死後、人々は彼女の美貌と気品、そして侵略者への復讐を果たした勇気を偲び、彼女を「黒百合姫」と呼び続けました。 黒百合姫の伝説は、時を経て現在も人々に語り継がれています。 彼女の名前は、悲劇の姫君でありながら、復讐を果たした勇猛な女性として、日本の歴史に長く刻まれているのです。
歴史上の偉人

葉室時長とは?平安後期の文学者であり、「平家物語」の作者とされる説がある人物

葉室時長とは 平安後期の文学者であり、「平家物語」の作者とされる説がある人物。 生没年は不詳であるが、12世紀後半から13世紀初頭にかけて活躍したと考えられている。 京都の出身とされ、幼い頃から和歌を学び、早くから頭角を現した。 建久年間(1190~1199年)に藤原定家らとともに「新古今和歌集」の撰集に参加した。 また、承久の乱(1221年)の際には、後鳥羽上皇の側近として活躍した。 乱後、隠遁したと考えられているが、その後の消息は不明である。 葉室時長は、和歌の他に物語も執筆しており、「平家物語」の作者とされる説がある。 「平家物語」は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士の栄枯盛衰を描いた軍記物語であり、日本文学史上屈指の名作とされる。 葉室時長が「平家物語」の作者であるという説は、江戸時代に初めて唱えられたが、現在では否定されている。 しかし、葉室時長が「平家物語」の執筆に関与した可能性はあると考えられている。
歴史上の偉人

歴史的人物「根井行親」について

-根井行親とは- 根井行親(ねい・ゆきちか)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。桓武天皇系平氏傍流の良文流平氏の出身。上総国(現在の千葉県東部)を本拠とした根井氏の初代当主である。 行親は、平将門の乱で活躍した平良文の孫である平良兼の子として、上総国に生まれた。幼名は於久(おく)。父・良兼は源頼義に従って前九年の役で戦功を挙げ、上総国の国司に任命された。行親も父に従って前九年の役に参加し、功績を挙げた。 治承4年(1180年)、平清盛の死後に源頼朝が挙兵すると、行親は頼朝の旗揚げに参加した。頼朝が鎌倉に幕府を開いた後、行親は関東御家人となり、上総国の守護に任じられた。 文治2年(1186年)、行親は奥州合戦に従軍し、平泉の藤原泰衡を討ち取る功績を挙げた。この功績により、行親は上総国に所領を与えられ、根井氏を称した。 建久元年(1190年)、頼朝が上洛すると、行親は頼朝に従って京都に上り、朝廷に拝謁した。建久2年(1191年)、頼朝が鎌倉に帰還すると、行親も鎌倉に戻り、関東の治安維持に努めた。 建久4年(1193年)、頼朝が亡くなると、行親は頼朝の弟である源義経を支持した。しかし、義経は頼朝の嫡男である源頼家に敗れ、奥州に逃亡した。行親も義経に従って奥州に逃れ、義経とともに平泉で自害した。 行親は、勇猛果敢な武将として知られ、頼朝や義経に仕えて功績を挙げた。また、根井氏の初代当主として、上総国に根井氏の基盤を築いた。
歴史上の偉人

横笛-その生涯と伝説

横笛のプロフィール平安時代後期の女官 * 名前横笛(よこぶえ) * 生誕年平安時代後期(11世紀後半) * 生誕地不明 * 没年月日不明 * 没地不明 * 配偶者平敦盛(たいらのあつもりの) * 子女平資盛(たいらのすけもり)、平忠房(たいらのただふさ) * 官位従五位下(じゅうごいのげ) * 法名空覚(くうかく) 横笛は、平安時代後期の女官であり、平敦盛の妻として知られています。敦盛との間に、平資盛と平忠房の二人の息子がいました。横笛は、敦盛が平治の乱で戦死した後は、出家して「空覚」と名乗り、生涯を仏門で過ごしました。 横笛は、その美しさで知られており、敦盛との恋の物語は、謡曲や浄瑠璃など、多くの芸能作品に取り上げられています。また、横笛の存在は、日本の文学作品にも影響を与え、源氏物語や平家物語にも登場します。 横笛は、平安時代後期の女官として、敦盛との恋の物語を始め、その美しさや悲劇的な生涯で、後世に語り継がれる人物となっています。