平成

芸能分野の人

宮薗千碌(2代) – 伝統を守る浄瑠璃の語り部

-宮薗千碌葉から2代宮薗千碌を襲名- 2023年3月、浄瑠璃の語り部である宮薗千碌葉さんが、2代宮薗千碌を襲名した。宮薗千碌葉さんは、1949年に兵庫県に生まれ、1969年に浄瑠璃を習い始め、1975年に3代目竹本津太夫に入門した。1979年に初舞台を踏み、1983年に宮薗千碌葉を襲名した。 宮薗千碌葉さんは、浄瑠璃の語り部として高い評価を得ており、1994年に芸術選奨文部大臣賞、2001年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。また、2010年には京都芸術大学教授に就任した。 宮薗千碌葉さんは、浄瑠璃の語り部としてだけでなく、浄瑠璃の普及活動にも力を入れている。1992年に「宮薗千碌葉浄瑠璃教室」を開設し、浄瑠璃の指導を行っている。また、浄瑠璃の公演やイベントにも積極的に参加している。 宮薗千碌葉さんは、浄瑠璃の伝統を守りながら、浄瑠璃の普及活動にも力を入れている。宮薗千碌葉さんの浄瑠璃は、多くの人々に感動を与えている。 2代宮薗千碌を襲名した宮薗千碌さんは、浄瑠璃の伝統を守ることに意欲を示している。宮薗千碌さんは、「浄瑠璃は日本の伝統芸能であり、その伝統を守り、後世に伝えていくことが私の使命です」と語っている。 また、宮薗千碌さんは浄瑠璃の普及活動にも力を入れていくとしている。宮薗千碌さんは、「浄瑠璃は日本人の心に響く音楽です。浄瑠璃をもっと多くの人々に知ってもらい、浄瑠璃のファンを増やしていきたい」と語っている。 宮薗千碌さんの浄瑠璃は、多くの人々に感動を与えている。宮薗千碌さんの浄瑠璃は、これからも多くの人々に感動を与え続けるであろう。
学術分野の人

– 中田孝

-中田孝の生涯- 中田孝は、1921年(大正10年)に東京府東京市(現・東京都)に生まれました。1949年(昭和24年)東京大学医学部を卒業後、東京大学附属病院に入局し、内科医として勤務しました。1956年(昭和31年)には、米国ハーバード大学医学部に留学し、1958年(昭和33年)に帰国しました。 帰国後は、東京大学医学部内科助教授に就任し、1969年(昭和44年)には東京大学医学部教授に就任しました。1987年(昭和62年)には東京大学総長に就任し、1993年(平成5年)まで務めました。 中田孝は、学術研究に優れ、1961年(昭和36年)には日本学士院賞を受賞し、1979年(昭和54年)には文化勲章を受章しました。また、1987年(昭和62年)には、東京大学総長に就任し、1993年(平成5年)まで務めました。 中田孝は、1999年(平成11年)に78歳で亡くなりました。
学術分野の人

「大塚栄子」

-北海道出身の薬学者「大塚栄子」- 大塚栄子氏は、北海道出身の薬学者である。彼女は、北海道大学薬学部を卒業後、同大学院薬学研究科に進学し、博士号を取得した。その後、北海道大学薬学部助教授、教授を経て、現在、北海道薬科大学学長を務めている。 大塚氏の研究分野は、薬物動態学である。彼女は、薬物の体内での吸収、分布、代謝、排泄の過程を研究し、薬物の安全性と有効性を評価する手法の開発に取り組んでいる。また、彼女は、薬物と他の薬物や食品との相互作用の研究も行っている。 大塚氏の研究成果は、薬物開発や臨床薬学の発展に貢献している。彼女は、多くの論文を発表し、国内外の学会で講演を行っている。また、彼女は、薬学教育にも力を注いでおり、多くの学生を指導している。 大塚氏は、北海道薬科大学の学長として、薬学教育の充実と薬学研究の振興に努めている。彼女は、薬学部のカリキュラムを改訂し、新しい研究室を整備した。また、彼女は、薬学部の国際交流を推進し、海外の大学との共同研究を積極的に行っている。 大塚氏は、北海道薬科大学の学長として、薬学教育と薬学研究の振興に貢献している。彼女は、薬学部のカリキュラムを改訂し、新しい研究室を整備した。また、彼女は、薬学部の国際交流を推進し、海外の大学との共同研究を積極的に行っている。
芸能分野の人

九代目坂東三津五郎 – 昭和から平成にかけて活躍した名優

九代目坂東三津五郎の生涯 九代目坂東三津五郎は、1905(明治38)年10月5日に東京市本郷区(現在の東京都文京区)で、七代目坂東三津五郎の長男として生まれた。幼名は、義勝(よしかつ)。三津五郎の芸名は、坂東流初代の坂東三津五郎である初代中村富十郎の芸名に由来するもの。 1909(明治42)年6月、歌舞伎座で『仮名手本忠臣蔵』の力弥で初舞台を踏んだ。1926(大正15)年に二代目市川猿之助を襲名する。1932(昭和7)年、歌舞伎座で『仮名手本忠臣蔵』の勘平を演じて以来、次第に頭角を現した。1945(昭和20)年に父・七代目坂東三津五郎が亡くなり、翌1946(昭和21)年に九代目坂東三津五郎を襲名した。 九代目坂東三津五郎は、1950年代から1960年代にかけて、歌舞伎界を代表する名優として活躍した。1965(昭和40)年に人間国宝に認定された。九代目坂東三津五郎の芸風は、父・七代目坂東三津五郎譲りの力強く華麗なもので、立役・女形・老役など、幅広い役柄をこなした。特に、荒事や世話物の演技を得意とした。 九代目坂東三津五郎は、1969(昭和44)年8月29日に、63歳の生涯を閉じた。歌舞伎界に大きな功績を残した名優として、現在でもその名が語り継がれている。
学術分野の人

高村勝治-戦後日本のアメリカ文学者

-高村勝治の生涯と経歴- -初期の経歴と教育- 高村勝治は、1905年10月12日、愛知県名古屋市に生まれた。父親は高村次郎、母親は高村くに。高村は、名古屋市立第一中学校、第八高等学校、東京帝国大学英文科を卒業した。 -作家としてのキャリア- 高村は、1927年に処女作の短編小説「都会の朝の風景」を雑誌「文藝春秋」に発表し、作家としてのキャリアをスタートさせた。1928年、高村は処女作となった長編小説「或る女」を出版した。この小説は、一人の女の恋愛と結婚、そして離婚を描いたもので、当時の文壇で大きな注目を集めた。 -翻訳活動- 高村は、作家として活躍する一方で、翻訳家としても大きな功績を残した。1931年、高村は、ウィリアム・フォークナーの短編小説集「桜の花」を翻訳し、日本でのフォークナー作品の最初の紹介者となった。その後、高村は、アーネスト・ヘミングウェイ、ジョン・スタインベック、ウィリアム・サローヤンなどの作品を翻訳し、アメリカの文学を日本の読者に紹介した。 -日本文学への影響- 高村の翻訳活動は、日本文学に大きな影響を与えた。高村の翻訳した作品は、日本の作家たちに新しい文学のスタイルと技術をもたらし、日本の文学の発展に大きく貢献した。また、高村は、日本の文学の海外への紹介にも努め、日本文学の国際的地位の向上に貢献した。 -晩年- 高村は、1971年8月31日、東京都渋谷区で死去した。享年65歳。高村は、その生涯を通じて、作家として、翻訳家として、そして日本の文学の国際的地位の向上に貢献した人物として、大きな功績を残した。
美術分野の人

山室百世:昭和-平成の鋳金家

-山室百世の生涯と功績- 山室百世(1908-1996)は、日本の鋳金家である。長野県上田市に生まれ、東京美術学校を卒業した。 山室百世は、鋳金技術に新しい技法を取り入れ、日本の鋳金を近代化させた。また、鋳金で人物像や動物像などの彫刻作品を制作し、高い評価を得た。 山室百世の代表作としては、「朝陽」(1935年)、「星空」(1937年)、「四季」(1940年)、「太陽と月」(1950年)、「風と波」(1955年)などがある。これらの作品は、いずれも鋳金技術の粋を集めた名作であり、国内外の美術館に所蔵されている。 山室百世は、日本の鋳金界に大きな功績を残した鋳金家である。その作品は、鋳金技術の美しさと彫刻作品の芸術性の高さを兼ね備えており、多くの人々に愛されている。 山室百世は、1996年に88歳で亡くなった。しかし、その作品は今もなお人々に愛され続け、鋳金界に大きな影響を与えている。
芸能分野の人

「横山やすし」の名言集

横山やすしの名言集 横山やすしは、日本の漫才師、コメディアン、俳優である。桂春団治の名跡を襲名し、三代目桂春団治を名乗った。やしきたかじん、島田紳助、ダウンタウン、ナインティナインなど、数多くの人気芸人を育てた。 横山やすしは、その破天荒な芸風と、毒舌で知られている。しかし、その一方で、人生の機微を突いた名言を多く残している。 ここでは、そんな横山やすしの名言をいくつか紹介する。 「人生はマラソンや。ゴールテープはあるんやけど、そのゴールテープはいつも自分の中にあんねん」 「成功とは、自分の可能性を最大限に発揮することや」 「人間は、失敗しても立ち上がれば、また歩き出せるんや」 「夢は、叶えようと思えば叶うもんや。だから、夢を諦めずに努力し続けることが大切や」 「人生は、山あり谷ありや。でも、どんなときでも前を向いて歩み続ければ、いつか必ず幸せが訪れるんや」 横山やすしの名言は、どれも人生の教訓になるものばかりである。彼の言葉に励まされて、人生を頑張っている人も多いだろう。 横山やすしは、2011年に71歳で亡くなった。しかし、彼の名言は今もなお多くの人々に愛され続けている。
文学分野の人

蒔田さくら子 – ロマンと内省の融合

-生い立ちと初期の活動- 蒔田さくら子は 1998 年に東京で生まれた。彼女は幼い頃から音楽に親しみ、様々な楽器を演奏することができた。また、彼女は作詞作曲も行い、子供向けの楽曲を作ったりもした。彼女は歌だけでなく、ピアノ、ギター、ベースも演奏することができる。 蒔田 さくら子は、高校生の時に地元の音楽コンテストに参加し、優勝した。このコンテストをきっかけに、彼女はメジャーデビューを目指して活動を開始した。彼女は、ライブハウスや路上ライブで演奏を続け、その歌声と演奏技術で多くのファンを獲得していった。 2017年に、蒔田さくら子はメジャーデビューシングル「君が笑っているから」をリリースした。この曲はオリコンチャートのトップ10入りを果たし、蒔田 さくら子は一躍有名になった。その後、彼女は次々とヒット曲をリリースし、ライブツアーやテレビ出演などでも活躍した。 蒔田さくら子 の楽曲は、ロマンティックなメロディーと内省的な歌詞が特徴的である。彼女は、恋愛や人生、社会問題など様々なテーマを歌っている。彼女の歌は、多くの人々の共感を集め、彼女を支持するファンは年々増加している。 現在、蒔田さくら子は日本のトップアーティストの一人として活躍している。彼女は、ライブやテレビ出演に加え、ドラマや映画にも出演している。また、彼女は自身のブランド「SAKURA」を立ち上げ、ファッションやコスメの商品を販売している。 蒔田さくら子は、ロマンと内省を融合させた音楽で多くの人々を魅了している。彼女はまだ20代前半であり、これからの活躍が期待されているアーティストである。
政治分野の人

「千葉景子」

-経歴- 千葉景子は、1978年4月2日に北海道札幌市に生まれた。北海道札幌南高等学校卒業後、1997年に早稲田大学政治経済学部経済学科に入学。2001年に早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業し、同年4月に日本銀行に入行した。 日本銀行では、金融政策局、国際局、調査局などで勤務し、2016年には金融政策局次長に就任した。2018年には日銀総裁に就任し、2019年まで務めた。 日銀総裁退任後は、2019年から2020年まで国際通貨基金(IMF)専務理事に就任した。2020年からは、東京大学経済学部教授を務めている。 千葉景子は、経済学の分野で多くの研究を行い、その成果を国内外の学術誌に発表している。また、経済政策に関する講演や執筆活動なども積極的に行っており、経済評論家としても活躍している。 千葉景子は、日本経済の第一人者として知られており、その経済政策は「千葉景子路線」と呼ばれている。千葉景子路線は、金融緩和政策と財政政策を組み合わせたもので、デフレ経済からの脱却と経済成長の促進を目指している。 千葉景子路線は、賛否両論があるが、日本経済の活性化に一定の効果があったと評価されている。千葉景子は、今後も日本経済の第一人者として活躍することが期待されている。
歴史上の人物

丸木清美(1914~1994)の生涯と功績

-# 軍医としての経歴 丸木清美は、1914年に東京に生まれた。1937年に東京帝国大学医学部を卒業し、陸軍に入隊した。その後、中国大陸、フィリピン、ビルマなど、各地の戦地で軍医として従軍した。 丸木は、戦場で負傷した兵士たちの治療に当たった。また、戦地での衛生環境を改善し、伝染病の予防に努めた。丸木は、傷病兵の救護と衛生管理に優れた功績を残し、軍医として高い評価を得た。 1945年に日本が敗戦した後、丸木は復員した。その後、公衆衛生の分野で活躍した。1950年に、国立公衆衛生院(現・国立感染症研究所)に入所し、感染症の研究に従事した。また、1958年に、世界保健機関(WHO)の西太平洋地域事務局の職員となり、感染症対策に貢献した。 丸木は、1994年に80歳で亡くなった。丸木は、軍医として戦地で傷病兵たちの救護に当たり、公衆衛生の分野で感染症対策に貢献した優れた医学者であった。
学術分野の人

「杉原泰雄」の業績と著作

杉原泰雄の生涯と経歴 杉原泰雄(1919年 - 2004年)は、日本の経済学者、社会学者、経営学者。専門は、組織論、経営学、社会科学。経済学博士(名古屋大学)。北海道大学名誉教授。 1919年、愛知県名古屋市に生まれる。1942年、東京商科大学(現・一橋大学)を卒業する。1946年、名古屋大学助教授に就任する。1950年、経済学博士号を取得する。1953年、北海道大学助教授に就任する。1956年、北海道大学教授に就任する。1984年、北海道大学名誉教授となる。 杉原泰雄は、組織論、経営学、社会科学の分野で数多くの業績を残した。組織論の分野では、組織の構造と機能、組織の変革、組織のガバナンスなどについて研究した。経営学の分野では、経営の意思決定、経営の戦略、経営の組織などについて研究した。社会科学の分野では、社会的ネットワーク、社会的資本、社会的規範などについて研究した。 杉原泰雄は、日本組織学会の会長、日本経営学会の会長、日本社会学会の会長などを歴任した。また、紫綬褒章、勲二等旭日重光章を受章した。 杉原泰雄は、日本の組織論、経営学、社会科学の発展に貢献した。その業績は、多くの研究者に影響を与え、今日もなお研究され続けている。
芸能分野の人

幇間・悠玄亭玉介→ 昭和から平成の座敷芸の伝承者

桜川玉介から悠玄亭玉介へ 幇間への転身 昭和から平成の座敷芸の伝承者である悠玄亭玉介は、1932年に東京で生まれました。本名は田口正男です。玉介は、幼い頃から芸事に親しみ、15歳のときに桜川玉介として、三味線を弾きながら歌を披露する端唄師としてデビューしました。端唄師として活動していた玉介は、1960年に、幇間芸人である悠玄亭玉太郎に入門し、幇間芸人としての道を歩み始めます。 玉介がなぜ、端唄師から幇間芸人に転身したのかは、はっきりとは分かっていません。しかし、玉介は幇間芸に魅了され、その芸を極めたいという思いがあったとされています。玉介は、玉太郎に師事して幇間芸のいろはを学び、1963年に、悠玄亭玉介と改名して、幇間芸人として本格的に活動を始めます。 玉介は、幇間芸人として、その芸の高さで人気を集め、多くの料亭や宴会で活躍しました。玉介は、三味線を弾きながら、歌を披露するだけでなく、その巧みな話術で、客を喜ばせました。玉介は、また、幇間芸人としてだけでなく、俳優やタレントとしても活躍しました。玉介は、1983年に、映画『細雪』に出演し、その演技が評価されました。 玉介は、2000年に、幇間芸の普及に貢献したとして、重要無形文化財保持者に認定されました。玉介は、幇間芸の伝承者として、後進の指導にもあたり、多くの弟子を育てました。玉介は、2013年に81歳で亡くなりましたが、その芸は、弟子たちが受け継いでいます。
芸能分野の人

「中村メイコ」(1934?-)

-中村メイコ-(1934年 - ) -3歳で映画に出演,名子役として活躍- 中村メイコは、1934年生まれの女優である。3歳の時に映画「父帰る」に出演し、その後も数々の映画やテレビドラマに出演している。 中村メイコは、3歳で映画「父帰る」に出演した。この映画は、満州事変を題材とした戦争映画で、中村メイコは戦災孤児の役を演じた。この映画は、公開されるやいなや大ヒットし、中村メイコは一躍国民的女優となった。 中村メイコは、その後も数々の映画やテレビドラマに出演した。代表作には、映画「二十四の瞳」(1954年)、「君の名は」(1953年)、テレビドラマ「大河ドラマ」(1963年)、「3年B組金八先生」(1979年)などがある。 中村メイコは、芸歴70年を誇るベテラン女優である。その演技力は高く評価されており、数々の賞を受賞している。また、中村メイコは、バラエティ番組などにも出演しており、その明るいキャラクターで人気を集めている。 中村メイコは、現在でも女優として活躍している。2023年公開の映画「なのに、千輝くんが甘すぎる。」では、主人公の祖母役を演じた。中村メイコは、今後も女優として活躍を続けていくと思われる。
美術分野の人

「冨成忠夫」

- 富成忠夫の功績 富成忠夫は、日本の実業家、政治家です。1942年に大阪府大阪市に生まれ、東京大学法学部を卒業後、三井物産に入社しました。1997年に三井物産代表取締役社長に就任し、2001年に三井物産取締役会長に就任しました。2005年に経済産業大臣に就任し、2006年に財務大臣に就任しました。2007年に自由民主党総裁に就任し、2007年から2009年まで内閣総理大臣を務めました。 富成忠夫の功績としては、以下のことが挙げられます。 * 三井物産を世界有数の総合商社に育て上げた。 * 経済産業大臣として、日本の産業を活性化させるための政策を進めた。 * 財務大臣として、日本の財政を健全化させるための政策を進めた。 * 内閣総理大臣として、日本の経済を活性化させるための政策を進めた。 * 日米関係の強化に努めた。 * アジア諸国との関係を強化した。 富成忠夫は、日本の経済界と政界において重要な役割を果たした人物です。その功績は大きく、今後も長く語り継がれることでしょう。
美術分野の人

胡桃沢源人-昭和-平成時代の洋画家

- 胡桃沢源人の生涯と足跡 胡桃沢源人は1908年、東京府豊多摩郡四谷町(現・東京都新宿区)に生まれました。幼い頃から絵画に興味を持ち、1923年に私立日本水彩画研究所に入学し、水彩画を学び始めました。1926年に同研究所を卒業後、1928年に東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学し、油絵を学び始めました。1932年に同校を卒業後、1933年に第1回「独立美術協会展」に出品し、入賞を果たしました。 1937年に、胡桃沢源人は東京から軽井沢に移住しました。軽井沢は、当時、多くの芸術家が滞在していた場所であり、胡桃沢源人も軽井沢で多くの芸術家と交流を深めました。1941年に、胡桃沢源人は第2次世界大戦に出征し、中国戦線で戦いました。1945年に終戦後、胡桃沢源人は軽井沢に戻り、絵画制作を再開しました。 1951年、胡桃沢源人は第1回「サンパウロ・ビエンナーレ」に出品し、国際的に評価されるようになりました。1955年には、第2回「サンパウロ・ビエンナーレ」に出品し、金賞を受賞しました。1958年には、第3回「ヴェネツィア・ビエンナーレ」に出品し、国際的に高い評価を受けました。 胡桃沢源人は、1963年に東京に転居し、1964年に東京芸術大学教授に就任しました。1968年に、第4回「ヴェネツィア・ビエンナーレ」に出品し、国際的に高い評価を受けました。1970年に、胡桃沢源人は東京芸術大学教授を辞任し、1971年に軽井沢に戻り、絵画制作を再開しました。 胡桃沢源人は、1990年に軽井沢で死去しました。享年82歳。胡桃沢源人は、昭和から平成にかけて活躍した、日本を代表する洋画家の一人であり、その作品は、日本国内だけでなく、世界各国で高く評価されています。
芸能分野の人

「いまむら いづみ」

# 「いまむら いづみ」 - 舞台女優「いまむら いづみ」の生涯 いまむら いづみ(本名今村 泉)は、1936年に東京都で生まれた舞台女優です。幼い頃からバレエを習い、1955年に松竹歌劇団に入団しました。翌1956年には、『コーラスガール物語』で初舞台を踏み、その後、『花詩集』『レビュー祝春風』など数々の舞台に出演しました。 1960年代に入ると、いまむら いづみは映画やテレビにも進出し、活躍の場を広げました。映画では、『女が階段を上る時』(1960年)、『砂丘』(1964年)、『女と味噌汁』(1965年)などに出演し、テレビドラマでは、『おんな太閤記』(1961年)、『三匹の侍』(1963年)、『大奥』(1968年)などに出演しました。 1970年代以降も、いまむら いづみは舞台、映画、テレビと幅広く活躍を続けました。舞台では、『安寿と厨子王』(1970年)、『マリア・カラス』(1973年)、『オペラ座の怪人』(1986年)などに出演し、映画では、『男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け』(1976年)、『幸福の黄色いハンカチ』(1977年)、『男はつらいよ 寅次郎紙風船』(1981年)などに出演しました。 いまむら いづみは、1990年代以降も舞台を中心に活動を続け、2013年に亡くなりました。享年77歳でした。いまむら いづみは、その端正な容姿と演技力で多くの観客を魅了した舞台女優でした。いまむら いづみの遺した作品は、今もなお多くの人々に愛されています。
学術分野の人

白井浩司→ 戦後日本におけるフランス文学のパイオニア

-小見出し 白井浩司の生涯と経歴- 白井浩司は、1908年(明治41年)に東京で生まれた。東京帝国大学仏文科を卒業後、しばらくは中学教師として働いていたが、1932年(昭和7年)にフランスに留学した。パリ大学でマルセル・プルーストの研究を行い、1936年(昭和11年)に帰国。東京帝国大学助教授に就任した。 1941年(昭和16年)に東京帝国大学教授に昇進。同年、フランス文学会を創設し、初代会長に就任した。1945年(昭和20年)には、戦後初のフランス文学全集『白水社 フランス文学全集』の編集委員長を務めた。 1947年(昭和22年)に東京大学教授に就任。同時に、フランス政府からレジオンドヌール勲章シュバリエ章を授与された。1951年(昭和26年)に東京大学を退官し、専念した。 1954年(昭和29年)に、フランス政府からレジオンドヌール勲章オフィシエ章を授与された。1964年(昭和39年)には、日本学士院会員に選出された。 1978年(昭和53年)に、フランス政府からレジオンドヌール勲章コマンドゥール章を授与された。1980年(昭和55年)に、勲一等旭日大綬章を授与された。 1982年(昭和57年)に、東京で死去。享年74歳。 白井浩司は、戦後日本におけるフランス文学のパイオニアであり、フランス文学の研究と普及に大きな功績を残した。
美術分野の人

河野通紀 – 昭和から平成時代の洋画家

河野通紀の経歴と人物 河野通紀は、1911年(明治44年)10月14日、東京都に生まれました。1935年(昭和10年)に東京美術学校(現在の東京芸術大学)西洋画科を卒業。在学中は、藤島武二、和田英作、林武らに師事しました。 卒業後は、1936年(昭和11年)に二科展に入選。1938年(昭和13年)には、新文展にも入選を果たしました。1941年(昭和16年)には、第1回太平洋美術展に出品し、特選を受賞。1942年(昭和17年)には、第2回太平洋美術展にも出品し、特選を受賞しました。 第二次世界大戦後は、1946年(昭和21年)に二科展に出品し、特選を受賞。1947年(昭和22年)には、日展に出品し、特選を受賞しました。1948年(昭和23年)には、第1回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞。1949年(昭和24年)には、第2回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。 1950年(昭和25年)には、第3回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞。同年に、日本美術家連盟の会員となりました。1951年(昭和26年)には、第4回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞。1952年(昭和27年)には、第5回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。 1953年(昭和28年)には、第6回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞。同年、日本美術家連盟を脱退し、新制作協会の会員となりました。1954年(昭和29年)には、第7回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。1955年(昭和30年)には、第8回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。 1956年(昭和31年)には、第9回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞。1957年(昭和32年)には、第10回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。1958年(昭和33年)には、第11回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。 1959年(昭和34年)には、第12回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞。1960年(昭和35年)には、第13回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。1961年(昭和36年)には、第14回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。 1962年(昭和37年)には、第15回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞。1963年(昭和38年)には、第16回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。1964年(昭和39年)には、第17回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。 1965年(昭和40年)には、第18回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞。1966年(昭和41年)には、第19回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。1967年(昭和42年)には、第20回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。 1968年(昭和43年)には、第21回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞。1969年(昭和44年)には、第22回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。1970年(昭和45年)には、第23回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。 1971年(昭和46年)には、第24回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞。1972年(昭和47年)には、第25回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。1973年(昭和48年)には、第26回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。 1974年(昭和49年)には、第27回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞。1975年(昭和50年)には、第28回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。1976年(昭和51年)には、第29回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。 1977年(昭和52年)には、第30回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞。1978年(昭和53年)には、第31回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。1979年(昭和54年)には、第32回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。 1980年(昭和55年)には、第33回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞。1981年(昭和56年)には、第34回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。1982年(昭和57年)には、第35回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞しました。 1983年(昭和58年)には、第36回読売アンデパンダン展に出品し、特選を受賞。1984年(昭和59年)には
心に関する分野の人

庭野日敬

-霊友会の脱退と立正佼成会の創立- 庭野日敬氏は、霊友会を創設した庭野日照の長男として、1906年(明治39年)に東京に生まれた。日敬氏は、幼い頃から宗教に親しみ、1925年(大正14年)に霊友会の専務理事に就任した。 しかし、日敬氏は、霊友会の教義や運営に疑問を抱き始め、1938年(昭和13年)に霊友会を脱退した。そして、同年、立正佼成会を創立した。 立正佼成会の教義は、日蓮大聖人の仏法を基とし、三宝(仏・法・僧)を尊び、衆生済度を目指すものである。立正佼成会は、日蓮大聖人の教えを現代に生かすために、様々な活動を行っている。 まず、立正佼成会は、布教活動に力を入れている。立正佼成会の僧侶は、全国各地で講演会や座談会を開催し、日蓮大聖人の教えを伝えている。また、立正佼成会は、ラジオやテレビでも番組を放送し、日蓮大聖人の教えをわかりやすく解説している。 次に、立正佼成会は、社会貢献活動にも力を入れている。立正佼成会は、福祉施設を運営したり、災害救助活動を行ったりしている。また、立正佼成会は、国際交流にも力を入れており、世界各国で仏教の教えを広めている。 立正佼成会は、日蓮大聖人の教えを基に、様々な活動を行っている。立正佼成会は、日蓮大聖人の教えを現代に生かすために、これからも活動を続けていくであろう。
歴史上の人物

武藤富男 – 憲法擁護を唱えた官僚・教育家

満州国での活躍 武藤富男は、1934年に満州国に渡り、帝政準備委員会事務局長に就任しました。同氏は、この職務において、満州国の憲法制定や、国政の基本方針である「五族協和」政策の推進などに携わりました。 武藤氏は、満州国での経験を通じて、日本の帝国主義政策の限界を認識するようになりました。同氏は、日本が満州国を併合し、自国の領土とすることが不可能であることを悟り、満州国の独立を支持するようになりました。 武藤氏は、1937年に満州国を離れ、日本に帰国しました。同氏は、帰国後も、満州国の独立を支持し続け、日本の帝国主義政策を批判しました。 武藤氏は、1945年に、日本の敗戦を機に、公職を辞任しました。同氏は、その後、教育者として、憲法擁護を唱え続けました。 武藤氏は、1976年に、87歳で亡くなりました。同氏の死は、日本の憲法擁護運動に大きな損失となりました。
美術分野の人

児玉幸雄 – 洋画家の生涯と作品

-二紀会展における活躍- 児玉幸雄は、1928年に東京で開催された二紀会展に初めて出品し、入選を果たしました。二紀会展は、日本における洋画の展覧会であり、児玉はその後も毎年出品を続け、1932年には会員に推挙されました。 二紀会展での児玉の作品は、主に風景画や静物画でした。初期の作品は、写実的な作風でしたが、次第に抽象的な表現へと移行していきました。また、児玉は色彩の魔術師とも呼ばれ、鮮やかな色彩を駆使した作品を数多く残しました。 1941年には、二紀会展で特選を受賞し、翌年には二紀会賞を受賞しました。二紀会展における児玉の活躍は、彼を日本を代表する洋画家の一人に押し上げました。 しかし、太平洋戦争中は、徴兵されて戦地に赴いたため、二紀会展に出品することができませんでした。戦後、児玉は二紀会展に復帰し、1948年には二紀会展の常任理事、1951年には同展の委員長に就任しました。 二紀会展は、児玉の芸術活動の拠点であり、同展での児玉の活躍は、日本における洋画の発展に大きな影響を与えました。
芸能分野の人

小牧正英:日本のバレエ史に名を残す舞踊家

小牧正英の功績日本のバレエ界への貢献 小牧正英は、日本のバレエ史に名を残す舞踊家です。彼女は、日本のバレエ団の創設や、バレエ教育の普及に尽力し、日本のバレエ界の発展に大きく貢献しました。 小牧正英は、1931年に東京に生まれました。彼女は、幼い頃からバレエを習い始め、1950年に宝塚音楽学校に入学しました。宝塚歌劇団で活躍した後、1954年にニューヨークに留学し、アメリカン・バレエ・シアターで学びました。 1957年に帰国した後、小牧正英は、東京バレエ団を創設しました。東京バレエ団は、日本初のプロのバレエ団であり、日本のバレエ界の発展に大きな役割を果たしました。 小牧正英は、東京バレエ団の初代芸術監督を務め、数多くのバレエ作品を上演しました。また、彼女は、バレエ教育にも力を入れ、多くのダンサーを育て上げました。 小牧正英は、1990年に亡くなりましたが、彼女の功績は今もなお語り継がれています。彼女は、日本のバレエ界のパイオニアであり、日本のバレエの発展に大きく貢献した偉大な舞踊家です。 小牧正英の功績を挙げるならば、以下の点が挙げられます。 ・東京バレエ団の創設。 ・バレエ教育の普及。 ・多くのダンサーの育成。 ・数多くのバレエ作品の振付。 ・海外のバレエ団との交流の促進。 小牧正英は、日本のバレエ界の発展に大きな役割を果たした偉大な舞踊家です。
美術分野の人

「土谷武(1926-2004)」~昭和後期から平成時代にかけての抽象彫刻家

-土谷武の人となり- 土谷武は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した抽象彫刻家です。1926年に北海道に生まれ、東京藝術大学彫刻科を卒業しました。その後、イタリアに留学し、前衛彫刻の巨匠ルーチョ・フォンタナに師事しました。帰国後は、独自の抽象彫刻のスタイルを確立し、国内外で高い評価を受けました。 土谷武は、寡黙でマイペースな性格でしたが、芸術に対する情熱は人一倍でした。常に新しいものを模索し、挑戦することをやめませんでした。また、後鋭の育成にも熱心で、多くの若手を育て上げました。 土谷武は、2004年に78歳で亡くなりましたが、その作品は現在も国内外の美術館に所蔵されています。また、彼の功績を称えて、北海道の富良野に「土谷武美術館」が設立されました。 土谷武は、日本の抽象彫刻界に大きな足跡を残した偉大な芸術家です。彼の作品は、見る者に強い印象を与え、芸術の持つ可能性を思い起こさせてくれます。
美術分野の人

版画家 平塚運一 (1895-1997)

-平塚運一の生涯と功績- 平塚運一は、1895年(明治28年)1月1日に東京都に生まれた版画家である。父は歌人の平塚明、母は旧姓岡野せきである。1914年(大正3年)に東京美術学校(現東京藝術大学)に入学し、彫刻を専攻する。在学中に木版画に興味を持ち、1917年(大正6年)に第1回帝展に出品した木版画「木曽路」が初入選を果たす。1919年(大正8年)に東京美術学校を卒業し、渡欧する。ヨーロッパでは、フランスの画家であるアンリ・マティスやパブロ・ピカソ、スペインの画家であるジョアン・ミロなどの作品に影響を受け、独自の版画スタイルを確立する。1922年(大正11年)に帰国し、版画制作に専念する。1926年(昭和元年)に第1回日本版画協会展に出品した木版画「アトリヱ」が特選となり、版画家として注目を集める。1928年(昭和3年)には第2回日本版画協会展に出品した木版画「裸婦」が金牌を受賞し、一躍人気画家となる。 平塚運一は、ヨーロッパで学んだ最新の絵画技法を木版画に応用し、新しい版画表現を創造した。また、木版画の普及にも努め、1931年(昭和6年)に日本版画協会を設立した。同協会は、版画の制作、発表、販売を行う団体で、日本の版画の発展に大きな貢献をした。平塚運一は、1997年(平成9年)1月27日に東京都で死去するが、その功績は現在も高く評価されている。 平塚運一の版画は、大胆な構図や色彩、そして力強い線描が特徴である。また、日常の生活や風景、そして人間の内面を題材にした作品が多い。平塚運一の版画は、日本の版画界に新しい風を吹き込み、版画の発展に大きな影響を与えた。 平塚運一の代表作には、以下のようなものがある。 * 「木曽路」(1917年) * 「アトリヱ」(1926年) * 「裸婦」(1928年) * 「風景」(1931年) * 「静物」(1934年) * 「花」(1937年) * 「風景」(1940年) * 「戦火」(1945年) * 「平和」(1947年) * 「母と子」(1950年)