広島藩

歴史上の偉人

頼元鼎 – 江戸時代後期の儒者

-# 頼元鼎の生涯 頼元鼎(よりもと てい、1779年 - 1844年)は、江戸時代後期の儒学者、教育者、孝子、漢詩人。通称は稲垣兵左衛門。字は子勲。近江国蒲生郡(現在の滋賀県東近江市)生まれ。号は竹邑。 1779年(安永8年)、近江国蒲生郡の豪農・稲垣家に生まれる。幼少期から聡明で、読書を好み、16歳で儒学を学び始める。20歳頃に京都に出て、朱子学を学び、25歳で郷里に戻り、私塾を開く。 1806年(文化3年)、27歳のときに、孝行の模範として知られるようになり、藩主・井伊直亮から賞賛される。1816年(文化13年)、37歳のときに、藩校・崇徳館の学頭に任命される。 1822年(文政5年)、43歳のときに、藩主・井伊直中から、近江国蒲生郡の郡奉行に任命される。1827年(文政10年)、48歳のときに、藩主・井伊直亮から、近江国蒲生郡の郡代に任命される。 1832年(天保3年)、53歳のときに、藩主・井伊直中から、近江国蒲生郡の郡奉行に任命される。1837年(天保8年)、58歳のときに、藩主・井伊直亮から、近江国蒲生郡の郡代に任命される。 1844年(天保15年)、65歳で死去。 頼元鼎は、朱子学を学び、孝行の模範として知られた儒学者である。また、教育者として、多くの弟子を育て、漢詩人としても活躍した。
芸術家

小倉武駿:色彩花鳥画に優れ安芸広島藩の絵師となった江戸時代後期の画家

江戸時代後期の画家、小倉武駿 小倉武駿は、江戸時代後期の画家です。本名は武助、通称は又次郎で、字は士堅、号は竹窓・武堂・武巽・鳳譲・梧窓・蘆葉園・合一斎・慈山などです。摂津国武庫郡神崎(現在の兵庫県伊丹市)で生まれ、幼い頃から絵を好みました。 16歳で京都に出て円山応挙に入門し、写生を主体とした円山派の画風を学びました。その後、諸国を遊歴して絵の技を磨きました。 安芸広島藩の藩主、浅野重晟に才能を認められて、藩の絵師となりました。広島藩では、藩主の命を受けて襖絵や屏風絵などを制作しました。また、広島の風景を描いた「安芸名所記」などの作品も残しています。 武駿は、色彩花鳥画に優れており、その作品は華やかで優美な作風です。また、人物画や山水画も得意としました。 武駿は、享和3年(1803年)に62歳で亡くなりました。弟子には、小倉遊亀、小倉幽山、小倉万介らがおり、彼らを通じて武駿の画風が受け継がれました。
歴史上の偉人

「山田十竹」

-「山田十竹」- -幕末から明治時代にかけての儒者、教育者- 山田十竹(1825-1900)は、幕末から明治時代にかけての儒者、教育者です。幼名源太郎、通称源治郎、号は十竹、字は竹坡、別号は青峰、古梅閣、養寿庵。 -経歴- 1825年、江戸に生まれる。1846年、22歳の時に昌平坂学問所に入学し、林復斎に儒学を学ぶ。1853年、29歳の時に昌平坂学問所を卒業し、藩校の教授となる。1868年、44歳の時に明治政府に仕官し、文部省に出仕する。1872年、48歳の時に文部省を退官し、私塾を開設する。1885年、61歳の時に東京帝国大学教授に就任する。1890年、66歳の時に東京帝国大学を退官する。1900年、76歳の時に死去する。 -業績- 山田十竹は、幕末から明治時代にかけての儒学の大家であり、教育者として多くの弟子を育てた。儒学の研究では、朱子学を唱え、朱子学の体系化に貢献した。また、教育者として、私塾を開設して多くの弟子を育て、明治政府の教育制度の整備に貢献した。山田十竹は、幕末から明治時代にかけての日本の儒学と教育の発展に大きな役割を果たした。 -著作- 山田十竹は、多くの著作を残している。代表的な著作には、次のようなものがある。 * 『小学敬身録』(1854年) * 『四書講義』(1860年) * 『大学中庸講義』(1862年) * 『朱子学綱領』(1864年) * 『教育要論』(1869年) * 『日本教育史』(1871年) 山田十竹の著作は、儒学の研究と教育の普及に大きな役割を果たした。
歴史上の偉人

松野勇雄:皇典講究所及び国学院創設に尽力した幕末~明治時代の国学者

-幕末~明治時代の国学者松野勇雄- 松野勇雄は、幕末から明治時代にかけて活躍した国学者です。皇典講究所と国学院の創設に尽力し、近代神道の発展に貢献しました。 松野勇雄は、1820年に播磨国飾磨郡(現在の兵庫県姫路市飾磨区)に生まれました。幼名は猪之丞。1837年に京都に出て、二条家の国学者である伴信友に師事しました。伴信友から国学を学び、皇典講究所の創設に協力しました。 皇典講究所は、1868年に京都に設立された国学の研究機関です。松野勇雄は、皇典講究所の運営に当たり、皇典講究所の教授として、多くの国学者を育成しました。 1872年に、皇典講究所は国学院と改称されました。国学院は、皇典講究所の後身であり、日本の伝統文化を研究する機関として現在も続いています。松野勇雄は、国学院の初代学長に就任し、国学院の発展に尽力しました。 松野勇雄は、1893年に74歳で死去しました。松野勇雄は、近代神道の発展に貢献した国学者として、その功績を称えられています。
歴史上の偉人

高間省三 – 幕末に活躍した広島藩士

-高間省三の誕生と生い立ち- 高間省三は、1838年(天保9年)に広島藩の藩士の子として誕生しました。幼名は鐵五郎、諱は省三、通称は直左衛門。号は梅花堂、梅里、無心庵、梅里空ひとりなど。 省三の父・高間貞蔵は、広島藩の勘定方として働き、藩政改革にも携わった人物でした。省三は、そんな父の元で、幼い頃から藩政や経世済民の学問に親しんで育ちました。 1853年(嘉永6年)、ペリーが浦賀に来航したことで、日本は大きな衝撃を受けました。省三もまた、この事件に大きな衝撃を受け、日本の将来を憂慮するようになりました。 1858年(安政5年)、省三は広島藩の藩校である修道館に入学しました。修道館では、儒学や兵学を学び、藩士としての教養を身につけました。 1861年(文久元年)、省三は広島藩の藩主・浅野長勲の命を受けて、江戸に遊学しました。江戸では、昌平坂学問所や蕃書調所などで学び、西洋の学問や思想に触れました。 1864年(元治元年)、省三は広島藩に戻り、藩政改革に携わるようになりました。省三は、藩の財政改革や軍備の近代化を進め、広島藩の近代化に貢献しました。 1868年(明治元年)、明治維新が起こると、省三は新政府に参加しました。新政府では、民部省や大蔵省で働き、日本の近代化に貢献しました。 1873年(明治6年)、省三は病のため、36歳の若さで亡くなりました。しかし、省三の功績は今もなお語り継がれています。
歴史上の偉人

山口修斎 – 幕末・明治の儒者

-生い立ちと家系- 山口修斎は、1818年(文政元年)に山口家次男として播磨国姫路城下(現・兵庫県姫路市)に生まれた。山口家は、姫路藩儒家の家柄で、修斎の祖父である山口鹿仙は、藩の儒学教授を務めた。修斎の父である山口雪堂も、藩儒として仕えた。修斎は、幼少期から父の指導を受け、儒学を学んだ。 修斎は、14歳の時に藩の奨学金を受けて、京都の吉田神道で学び始めた。吉田神道は、古事記や日本書紀を重視する神道の一派で、修斎はそこで、神道や儒教を学んだ。 修斎は、吉田神道で6年間学び、その後、姫路に戻って藩儒として仕えた。修斎は、藩主の池田慶徳に仕え、藩政改革や教育改革を進めた。また、修斎は、藩校である好古堂の学頭を務め、多くの門下生を育てた。 修斎は、幕末の動乱期には、尊王攘夷運動に参加し、倒幕運動にも協力した。修斎は、長州藩の藩主である毛利敬親に仕え、藩の顧問として活躍した。明治維新後、修斎は、明治政府に出仕し、文部卿を務めた。修斎は、学制頒布や東京大学の創設に尽力し、日本の近代教育制度の確立に貢献した。
研究者

「高浦豊太郎」

-高浦豊太郎の生涯- 高浦豊太郎は、1908年(明治41年)3月1日に岡山県苫田郡西加茂村(現・津山市)に生まれた。1932年(昭和7年)に京都帝国大学工学部機械工学科を卒業し、三菱造船所に入社した。入社後は、海軍艦艇の設計・建造を担当し、戦艦「大和」の設計にも携わった。 太平洋戦争中は、海軍造船技術部長として造艦計画の立案・推進にあたり、日本海軍の近代化に貢献した。しかし、1945年(昭和20年)の終戦により、海軍は解体され、高浦も公職追放となった。 公職追放解除後は、1949年(昭和24年)に日本鋼管に入社し、常務取締役、専務取締役を経て、1961年(昭和36年)に社長に就任した。社長在任中は、日本鋼管を国内有数の鉄鋼メーカーに育て上げた。 1971年(昭和46年)には、日本鉄鋼連盟の会長に就任し、日本の鉄鋼産業の近代化・国際化に尽力した。1976年(昭和51年)に会長を退任後は、顧問として日本の鉄鋼産業の発展に貢献した。 高浦豊太郎は、1991年(平成3年)4月1日に死去した。享年83歳。勲一等旭日大綬章を受章している。
歴史上の偉人

金子楽山について

-金子楽山の生涯- 金子楽山は、1880年(明治13年)6月23日に、京都市で生まれました。本名は金子武八です。 10歳の頃から、地元の書道塾に通い始め、15歳の時には、京都府の書道展で入選を果たしました。 その後、1901年(明治34年)に上京し、日本書道院に入門します。 1902年(明治35年)には、日露戦争に出征し、1年間従軍しました。 1910年(明治43年)に、日本書道院を退会し、独立します。 1912年(大正元年)には、京都府立第一中学校の教諭に就任し、1923年(大正12年)まで務めました。 この間、1915年(大正4年)には、京都書道会を設立し、書道の普及に努めました。 1923年(大正12年)に、大阪商科大学の教授に就任し、1937年(昭和12年)まで務めました。 この間、1926年(昭和元年)には、大阪書道院を設立し、書道の普及に努めました。 1937年(昭和12年)に、大阪商科大学を退職し、書道に専念するようになりました。 1940年(昭和15年)には、日本書道会の理事長に就任し、1945年(昭和20年)まで務めました。 1946年(昭和21年)には、新日本書道院を設立し、書道の普及に努めました。 1953年(昭和28年)には、文化功労者に選出されました。 1954年(昭和29年)には、日本書道院の顧問に就任し、1961年(昭和36年)まで務めました。 1959年(昭和34年)には、京都市名誉市民に選出されました。 1961年(昭和36年)4月24日に、心不全のため、大阪府吹田市で亡くなりました。享年80歳でした。
歴史上の偉人

関忠親-江戸時代後期の武士の生涯

-関忠親の生涯と功績- 関忠親は、江戸時代後期の武士で、水戸藩の第9代藩主である。1782年、水戸藩主・徳川治保の六男として江戸で生まれた。幼名は徳丸。1796年、兄の徳川斉昭が水戸藩主を継ぐと、忠親は水戸藩世嗣となった。1803年、従四位上侍従に叙任。1833年、斉昭の隠居により水戸藩主を継いだ。 忠親は、水戸学の復興を図り、藩校である弘道館の拡充や、儒学者を招いての講義を盛んに行った。また、藩政改革にも力を入れ、財政の緊縮や、産業の振興を推進した。 1844年、忠親は隠居し、嫡男の徳川慶篤が水戸藩主を継いだ。忠親は、1854年に江戸で死去した。 忠親は、水戸学の復興と藩政改革に尽力した名君として知られている。また、忠親は、勤王思想の強い人物としても知られており、ペリー来航の際には、攘夷を主張した。 忠親の功績は、以下の通りである。 * 水戸学の復興 * 藩校である弘道館の拡充 * 儒学者を招いての講義の盛行 * 藩政改革の実施 * 勤王思想の啓蒙 忠親は、江戸時代後期の重要な人物の一人であり、その功績は現在も高く評価されている。
研究者

の考察 – 岡田清

生涯と業績 岡田清は、1920年(大正9年)に東京都に生まれました。東京大学農学部を卒業後、同大学院に進学して農学博士の学位を取得しました。その後、東京大学農学部助教授、教授を歴任し、1983年(昭和58年)に定年退官しました。 岡田清の業績は、主に植物の生理生態学の分野にあります。特に、植物の光合成と呼吸の研究で知られています。岡田清は、光合成と呼吸が植物の生長や発育にどのように影響するかを明らかにし、植物の生産性を向上させるための新しい技術の開発に貢献しました。 岡田清は、1977年(昭和52年)に日本農学賞を受賞し、1983年(昭和58年)には文化功労者に選出されました。また、1985年(昭和60年)には、国際植物生理学会の会長に就任しました。 岡田清は、2006年(平成18年)に86歳で亡くなりました。しかし、彼の業績は、今でも植物生理生態学の分野で高く評価されています。
歴史上の偉人

平山尚住 – 江戸時代中期の尾道奉行

-安芸広島藩士としての経歴- 平山尚住は、安芸広島藩の重臣であり、広島藩の第3代藩主・浅野光晟に仕えていた。藩では勘定方や留守居役を歴任し、藩政にも大きく貢献した。 尚住は、1665年(寛文5年)に広島藩領である安芸国賀茂郡古市村(現・広島県庄原市東城町古市)で生まれた。祖父は平山武直、父は平山武堅である。尚住は幼い頃から英邁で、学問を好み、長じて儒学や兵法に通じた。また、武芸にも秀でており、剣術・槍術・弓術に長けていた。 尚住は、広島藩に仕えて勘定方や留守居役を歴任し、藩政にも大きく貢献した。特に、藩の財政改革に尽力し、藩財政の健全化を図った。また、広島藩の領地の視察も行い、領民の生活改善に努めた。 尚住は、1718年(享保3年)に54歳で死去した。法名は法山道昌。広島県安芸郡府中町の浄土寺に葬られた。 尚住は、広島藩に仕えて藩政に貢献した優れた重臣であった。その功績は、今日でも広島藩の歴史の中で高く評価されている。
歴史上の偉人

鈴木四郎右衛門-江戸時代前期の海辺の干拓と塩田開発に尽力した武士

-鈴木四郎右衛門-江戸時代前期の海辺の干拓と塩田開発に尽力した武士- -海辺を干拓し、塩田を開発した功績- 鈴木四郎右衛門は、江戸時代前期の武士であり、海辺の干拓と塩田開発に尽力した人物です。彼は、徳川家康の側近として活躍し、慶長6年(1601年)には、美濃国海津郡(現在の岐阜県海津市)の干拓事業を指揮しました。この事業は、海を埋め立てて陸地を作り、そこに塩田を開発するもので、成功を収めました。 四郎右衛門は、この功績により、徳川家康から海津郡の領地を与えられ、海津郡代に任命されました。その後も、海辺の干拓と塩田開発を続け、慶長14年(1609年)には、尾張国中島郡(現在の愛知県稲沢市)の干拓事業を指揮しました。この事業も成功し、四郎右衛門は中島郡の領地を与えられました。 四郎右衛門の干拓事業は、日本の経済発展に大きな貢献をしました。塩田開発により、日本は塩の自給自足が可能となり、塩の輸入に頼らなくなりました。また、干拓地は農地に利用され、日本の食糧生産量も増加しました。 四郎右衛門は、日本の干拓事業のパイオニアであり、その功績は今日でも高く評価されています。彼の干拓事業は、日本の経済発展の礎を築いた重要な事業であり、日本の歴史に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

浅野長容 – 江戸時代後期の広島新田藩主

-浅野家の歴史- 浅野家は、鎌倉時代から続く武家の一族である。浅野長政、浅野長晟、浅野長吉、浅野長賢、浅野長広、浅野長友、浅野長政、浅野長晟など、数多くの著名人を輩出した名門である。 室町時代になると、浅野長政は織田信長の家臣となり、本能寺の変後は豊臣秀吉に仕えた。秀吉の死後は徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いでは東軍に属して戦功を挙げた。家康から広島藩を与えられ、広島城を築城した。 浅野長政の死後は、嫡男の浅野長晟が広島藩を継いだ。長晟は、江戸幕府の老中を務め、広島藩を治めた。長晟の死後は、嫡男の浅野長友が広島藩を継いだ。長友は、江戸幕府の若年寄を務め、広島藩を治めた。 長友の死後は、嫡男の浅野長政が広島藩を継いだ。長政は、江戸幕府の老中を務め、広島藩を治めた。長政の死後は、嫡男の浅野長晟が広島藩を継いだ。長晟は、江戸幕府の若年寄を務め、広島藩を治めた。 長晟の死後は、嫡男の浅野長友が広島藩を継いだ。長友は、江戸幕府の若年寄を務め、広島藩を治めた。長友の死後は、嫡男の浅野長政が広島藩を継いだ。長政は、江戸幕府の老中を務め、広島藩を治めた。 長政の死後は、嫡男の浅野長晟が広島藩を継いだ。長晟は、江戸幕府の老中を務め、広島藩を治めた。長晟の死後は、嫡男の浅野長友が広島藩を継いだ。長友は、江戸幕府の若年寄を務め、広島藩を治めた。 長友の死後は、嫡男の浅野長政が広島藩を継いだ。長政は、江戸幕府の老中を務め、広島藩を治めた。長政の死後は、嫡男の浅野長晟が広島藩を継いだ。長晟は、江戸幕府の老中を務め、広島藩を治めた。 長晟の死後は、嫡男の浅野長友が広島藩を継いだ。長友は、江戸幕府の若年寄を務め、広島藩を治めた。長友の死後は、嫡男の浅野長政が広島藩を継いだ。長政は、江戸幕府の老中を務め、広島藩を治めた。
研究者

上田円増(1827-1906)-幕末から明治時代の儒者

- 上田円増の生い立ちと幼少期 上田円増は、1827年(文政10年)に、現在の長野県上田市にある旧高槻藩藩士の家に生まれました。幼名は、久治郎でした。 円増の父、上田寿庵は、藩儒であり、儒学や書道を教えていました。円増は、幼い頃から父の影響を受けて儒学を学び始めました。 円増は、神童と称され、10歳の頃にはすでに、四書五経を暗記していたと言われています。また、書道にも優れていて、12歳の頃には、藩主から賞賛を受けました。 円増は、15歳の頃、江戸に出て、儒学者である安井息軒の門下生となりました。息軒は、円増の才能を高く評価し、熱心に指導しました。 円増は、息軒のもとで、儒学を深く学び、また、詩や文にも才能を発揮しました。18歳の頃には、息軒の推挙によって、藩主の侍講となりました。 円増は、侍講として、藩主の教育を担当しました。また、藩の儒学者として、藩校で儒学を教え、藩士の教育にも尽力しました。 円増は、幕末の動乱期には、藩の重臣として、藩政に参与しました。また、明治維新後には、新政府に出仕し、文部省の官僚として、日本の近代化に貢献しました。
歴史上の偉人

松原鶴峰 – 江戸時代前期の儒者

-松原鶴峰とは- 松原鶴峰(まつばら かくほう、1621年(元和7年) - 1697年10月13日(元禄10年9月6日))は、江戸時代前期の儒者。諱は信之。字は晋叔。通称は市之丞。号は鶴峰・雲際・雪隠・一雨亭・緑雲堂。 尾張国熱田(愛知県名古屋市熱田区)に生まれる。父は尾張藩の儒臣・松原維明。兄は毛利藩の儒臣・松原安。 15歳のとき、京都に出て山鹿素行に師事する。20歳のとき、江戸に出て林羅山に師事する。23歳のとき、尾張藩に仕える。尾張藩主・徳川光友の信任を得て、藩の儒学の最高責任者である「御用儒者」に任命される。 松原鶴峰は、朱子学を基本としつつも、陽明学や古学などの他の儒学の学説にも通じていた。また、詩や書にも優れていた。 松原鶴峰は、尾張藩の儒学の発展に貢献しただけでなく、江戸時代の儒学界全体にも大きな影響を与えた。彼の門下からは、荻生徂徠や伊藤仁斎など、江戸時代を代表する儒者が輩出した。 松原鶴峰は、元禄10年(1697年)に77歳で死去した。
歴史上の偉人

浅野高勝 – 織豊・江戸時代前期の武将

- 浅野高勝の生涯 浅野高勝(あさのたかかつ、1547-1611)は、織豊・江戸時代前期の武将、大名です。豊臣秀吉に仕えて、豊臣政権下で五大老の一人として活躍しました。徳川家康に仕えてからは、江戸幕府の重臣として活躍しました。 高勝は、現在の愛知県豊橋市に生まれたと言われています。若い頃は織田信長に仕えていましたが、後に秀吉に仕えました。秀吉に仕えてからは、賤ヶ岳の戦いや九州征伐などで軍功を上げ、1590年には豊臣政権下で五大老の一人になりました。五大老としては、外交や国内の政務を担いました。 1600年の関ヶ原の戦いでは、東軍(徳川家康方)に属して西軍(石田三成方)と戦いました。関ヶ原の戦いでは、東軍が勝利し、高勝は戦功を上げました。関ヶ原の戦いの後、徳川家康に仕え、徳川政権の重臣として活躍しました。徳川政権下では、江戸城の普請奉行や大坂城の普請奉行などを歴任しました。 1611年、高勝は死去しました。享年65。 高勝は、織豊・江戸時代前期を代表する武将の一人です。豊臣政権下では五大老の一人として活躍し、徳川政権下では江戸幕府の重臣として活躍しました。高勝は、その武功と政略で、豊臣政権と徳川政権の両政権で活躍した名将です。
研究者

ー「堀景山」

-「堀景山」- -生涯と業績- 堀景山とは、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した、日本の武将であり、陶工でもあります。肥前国、現在の佐賀県に生まれ、龍造寺氏に仕えました。龍造寺氏の家臣として多くの戦いに参加し、軍功を立てていきました。 景山は、陶工としても非常に優れた才能を持っており、彼が生み出した陶器は、現在でも「古伊万里」として高く評価されています。景山の陶器は、その精緻な絵付けと、美しい色使いが特徴であり、多くの人の目を楽しませてきました。景山の作品は、国内だけでなく、海外でも高く評価されており、多くの美術館に所蔵されています。 景山は、陶工としてだけでなく、実業家としても成功しました。彼は、陶器の販売ルートを確立し、多くの富を築きました。景山の事業は、彼の死後も長く続き、多くの陶工たちが彼の技術を引き継いで活躍しました。 景山は、1599年に亡くなりました。享年は59歳でした。景山の死後、彼の功績を称えて、佐賀県に「堀景山記念館」が建てられました。記念館には、景山の陶器や、彼に関する資料が展示されており、多くの人が訪れています。 景山は、日本の陶工として、非常に重要な人物です。彼の作品は、現在でも多くの人々に愛されており、彼の功績は、いつまでも人々の記憶に残り続けるでしょう。
研究者

「吉田石痴」

-吉田石痴の生涯- 吉田石痴(1866-1950)は、明治から昭和に活躍した日本の日本画家。本名は吉田栄三。和歌山県日高郡加智浜村(現・御坊市)に生まれる。幼少の頃から絵を好み、10歳の頃には地元の画家・和田三右衛門に師事し、本格的に絵を学び始める。 1880年(明治13年)、15歳の時に上京し、芳崖に師事。芳崖の指導の下、日本画の技法を本格的に学ぶ。1885年(明治18年)、東京美術学校に入学し、1890年(明治23年)に卒業。在学中には、日本美術院の創立に参加し、院展に出品し始める。 1893年(明治26年)、日本美術院を退会し、東京に独立して画塾を開く。1895年(明治28年)、『読売新聞』の挿絵画コンクールで入選し、一躍有名になる。1900年(明治33年)、パリ万国博覧会に出品し、銀メダルを受賞。1907年(明治40年)、東京美術学校教授に就任。1911年(明治44年)、ローマ万国博覧会に出品し、金メダルを受賞。 1919年(大正8年)、日本芸術院会員に推挙される。1923年(大正12年)、関東大震災で自宅兼画塾が焼失し、多くの作品を喪失する。しかし、震災後は精力的に創作活動を続け、1928年(昭和3年)には『読売新聞』の社屋に大きな壁画を制作。1931年(昭和6年)、帝国美術院会員に推挙される。 1940年(昭和15年)、文化勲章を受章。1945年(昭和20年)、太平洋戦争で自宅兼画塾が空襲で焼失し、多くの作品を喪失する。しかし、戦後は再び精力的に創作活動を続け、1949年(昭和24年)には日本芸術院院長に就任。翌1950年(昭和25年)、85歳で死去。 吉田石痴は、明治から昭和にかけて活躍した日本の日本画家。伝統的な日本画の技法を駆使しながら、西洋の写実主義を取り入れた独自の画風を確立した。また、日本美術院の創立に参加するなど、日本画壇の発展に大きく貢献した。
歴史上の偉人

「浅野長寔」- 江戸時代中期の広島藩重臣から備後三次藩主の存在の跡

-浅野長寔とは?- 浅野長寔(あさの ながしげ)は、江戸時代中期の広島藩重臣から備後三次藩主となった人物です。1674年(延宝2年)に広島藩主・浅野綱長の四男として生まれ、幼名は虎之助、のちに長吉、長矩、長寔と改名しました。 1683年(天和3年)に綱長の死により兄・浅野綱教が広島藩主を継ぎ、長寔は広島藩家老として藩政に参画しました。1697年(元禄10年)には三次藩を分知され、初代藩主となりました。 長寔は、三次藩主として藩政改革を行い、新田開発や殖産興業に努めました。また、学問を奨励し、藩校「三次藩校」を創設しました。1729年(享保14年)に死去するまで、22年間三次藩主を務めました。 長寔は、広島藩家老として、また三次藩主として、藩政に尽力した人物です。
歴史上の偉人

沢三石-江戸時代後期の武士と書家

1. 沢三石の生涯 沢三石(さわ みついし)は、江戸時代後期の武士であり、書家でもある。1777年(安永6年)に、江戸に生まれる。幼名は、幸太郎。通称は、新太郎。号は、石居、篆園、三石である。 三石は、幼い頃から書を学び、才能を発揮する。15歳の時には、当時の篆書の名手である大槻玄沢に入門する。玄沢から、篆書の奥義を学ぶ。三石は、玄沢の教えを忠実に守って、篆書を修める。そして、やがては玄沢の跡を継いで、篆書の名手となる。 三石は、篆書以外にも、楷書、行書、草書、隷書など、あらゆる書体を習得する。そして、それらの書体を駆使して、多くの作品を残す。三石の作品は、そのどれもが力強く、それでいて繊細であり、高い評価を得ている。 三石は、書家としてだけでなく、武士としても活躍する。1804年(文化元年)に、幕府の旗本となる。そして、1817年(文化14年)には、勘定吟味役に就任する。勘定吟味役は、幕府の財政を監督する役職であり、三石はその職務を忠実に果たす。 三石は、1837年(天保8年)に亡くなる。享年61歳。三石の死後、その作品は多くの書家たちに影響を与え、三石は江戸時代を代表する書家の一人として、現在でもその名を留めている。
歴史上の偉人

仙石久勝1552-1639

-# 概要 仙石秀久(1552-1639)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将、大名である。出羽国本庄藩初代藩主、陸奥国磐城平藩初代藩主、常陸国下館藩主などを歴任した。 仙石秀久は、美濃国出身の戦国大名・仙石秀忠の長男として生まれた。少年時代より織田信長に仕え、信長の家臣・柴田勝家に従って各地を転戦した。 1582年、本能寺の変で信長が横死したことを受け、秀久は明智光秀の陣営に加わるが、その後、山崎の戦いで豊臣秀吉に帰参した。秀吉の馬廻衆として九州平定や小田原征伐などに参加した。 1590年、秀久は出羽国本庄藩12万石を与えられ、大名となった。その後、陸奥国磐城平藩14万石に移封され、さらに常陸国下館藩2万石に移封された。 1600年、関ヶ原の戦いで秀久は西軍に加わったが、戦後に恩赦を受け、所領を安堵された。 1615年、大坂夏の陣で秀久は大坂城を攻略した。この功績により、伊予国今治藩に10万石の加増を受け、合計12万石の大名となった。 1639年、秀久は江戸で死去した。享年88。
芸術家

岡岷山とは?【江戸時代中期の画家】

-岡岷山の生涯- 岡岷山は、江戸時代中期の画家である。本名は岡本貞起、字は次古、号は岷山、別号に松洲、東湖などがある。 岷山は、1707年に近江国高島郡雲浜村(現・滋賀県高島市)に生まれた。彼の父親は、近江・高島藩に仕えていた。岷山は幼い頃から絵を好み、15歳の時には、京都に出て絵を学び始めた。 岷山は、京都で狩野派の画家である秋元春信に師事した。秋元春信は、狩野派の伝統的な画法に、明清画の影響を受けた新しい画風を取り入れたことで知られていた。岷山は、秋元春信から狩野派の画法を学んだだけでなく、明清画の画風も学んだ。 岷山は、秋元春信のもとで画力を伸ばし、20歳の頃には、独立して絵を描き始めた。岷山は、京都で活躍し、多くの作品を残した。 岷山は、山水画、花鳥画、人物画など、さまざまなジャンルの絵を描いた。彼の作品は、明清画の影響を受けた新しい画風で、当時の画壇に大きな影響を与えた。 岷山は、1763年に京都で亡くなった。享年56歳。 岷山の作品は、現在も多くの美術館や博物館に所蔵されている。彼の作品は、明清画の影響を受けた新しい画風で、当時の画壇に大きな影響を与えた。
研究者

偉大な儒者 山口慎斎 – 地域の貢献者

-山口慎斎の生涯- 山口慎斎は、1817年に現在の佐賀県杵島郡大町町に生まれました。父は山口久蔵、母は山口いくの長男です。慎斎は、幼い頃から聡明で勤勉であり、12歳の時に村の師範代になりました。その後、18歳で江戸に遊学し、儒学者・佐藤一斎に師事しました。 慎斎は、一斎から儒学の真髄を学び、やがて一斎の塾で助手を務めるようになりました。1841年、25歳の時に、慎斎は故郷の杵島郡大町町に戻り、私塾「誠之館」を開きました。誠之館は、すぐに評判となり、多くの門人が集まりました。慎斎は、門人たちに対して、儒学の教えを説くだけでなく、実生活での実践を重視しました。慎斎は、また、郷土の教育振興にも尽力し、1856年には、佐賀藩の藩校「弘道館」の教授に任命されました。 慎斎は、弘道館で、儒学の教えを説くだけでなく、藩政改革にも積極的に参加しました。慎斎は、藩の財政改革や殖産興業を推進し、佐賀藩の近代化に貢献しました。1868年、明治維新が起こると、慎斎は、新政府に仕え、文部卿や元老院議長などの要職を歴任しました。 慎斎は、1891年に75歳で亡くなりました。慎斎は、儒学者としてだけでなく、教育者、政治家としても活躍し、地域社会に多大なる貢献をしました。
歴史上の偉人

浅野吉長→ 仙台藩中興の英傑

仙藩の改革を主導した名君 浅野吉長は、江戸時代初期の仙台藩主です。家康に重用されて大名に列し、仙台藩の基礎を固めた伊達政宗の死後、跡を継いで藩主となりました。吉長は、政治手腕に優れ、内政改革に尽力し、仙台藩を中興に導きました。 吉長の功績のひとつは、仙台藩の財政再建です。政宗の時代には、戦乱や大規模な土木工事が続き、藩の財政は疲弊していました。吉長は、倹約令を出し、不必要な経費を削減し、財政を立て直しました。また、新しい税制を導入して、藩の収入を増やすことに成功しました。 吉長の功績のもうひとつは、仙台藩の産業振興です。吉長は、藩内に殖産興業政策を推進して、新しい産業を育成しました。また、仙台藩の特産品である伊達政宗の鎧兜や仙台七夕を積極的に宣伝し、藩の収入を増やしました。 吉長の功績の三つ目は、仙台藩の文化振興です。吉長は、藩校である仙台藩校を創設し、藩士の子弟に教育を施しました。また、仙台藩の文化を保護し、発展させました。吉長は、仙台藩の中興の英傑として、藩民から敬愛されました。 浅野吉長は、江戸時代初期の仙台藩主です。政宗の死後、藩主となり、藩の改革に尽力しました。吉長は、財政再建、産業振興、文化振興など、さまざまな政策を打ち出し、仙台藩を中興に導きました。吉長は、藩民から敬愛される名君として、仙台藩の歴史にその名を刻みました。