広瀬淡窓

学術分野の人

儒学者・大田稲香の生涯と功績

-広瀬淡窓に師事し、長崎で砲術を学ぶ- 大田稲香が17歳になった時、広瀬淡窓の塾である三餘塾に入門しました。淡窓は、当時、筑前国(現在の福岡県)で最も著名な儒学者であり、稲香は淡窓から儒学を学びました。稲香は淡窓のもとで、儒学の経典を学び、また、日本の歴史や政治についても学びました。淡窓は、稲香に大きな影響を与え、稲香の思想形成に大きな役割を果たしました。 稲香は、淡窓の塾で3年間学んだ後、江戸に出て、砲術を学びました。砲術は、当時、日本において重要な軍事技術であり、稲香は砲術を学ぶことで、日本の防衛に貢献したいと考えました。稲香は、江戸で3年間砲術を学び、その後、長崎に渡って、さらに砲術を学びました。 長崎は、当時、日本の貿易の中心地であり、稲香は長崎で、西洋の学問や文化に触れました。稲香は、長崎で、西洋の数学や物理学を学び、また、西洋の政治や経済についても学びました。稲香は、長崎で、西洋の学問や文化に大きな影響を受け、稲香の思想形成に大きな役割を果たしました。 稲香は、長崎で4年間学んだ後、故郷の薩摩藩に戻りました。稲香は、薩摩藩に戻って、藩の軍事改革に尽力しました。稲香は、砲術を薩摩藩に導入し、また、薩摩藩の軍隊を近代化しました。稲香の改革により、薩摩藩は、日本の最も強大な藩の一つとなりました。 稲香は、薩摩藩の軍事改革に尽力しただけでなく、薩摩藩の教育にも尽力しました。稲香は、薩摩藩に学校を設立し、また、薩摩藩の藩士の子弟に教育を施しました。稲香の教育改革により、薩摩藩は、日本の最も教育水準の高い藩の一つとなりました。 稲香は、薩摩藩の軍事改革と教育改革に尽力し、薩摩藩を日本の最も強大な藩の一つにしました。稲香は、日本の近代化に大きな貢献をした偉大な儒学者です。
学術分野の人

川窪予章 – 明治時代の漢学者

-川窪予章 - 明治時代の漢学者- -幼少期と教育- 川窪予章は、1841年(天保12年)に、播磨国飾磨郡小島村(現在の兵庫県姫路市小島)に生まれた。幼い頃から漢学に興味を持ち、10歳のときに、地元の漢学者である川窪貞章に入門した。貞章から儒教の経書や歴史を学び、漢詩や漢文にも優れていた。 -山塾と学塾の設立- 1858年(安政5年)に、予章は、貞章の死後、家業を継いで漢学塾を開いた。塾は、小島村の近くの山中にあったことから、山塾と呼ばれた。山塾では、儒教の経書や歴史、漢詩、漢文などを教えていた。山塾は、多くの学生を集め、予章は、播磨地方を代表する漢学者として知られるようになった。 1872年(明治5年)に、予章は、姫路市に学塾を開いた。学塾では、儒教の経書や歴史、漢詩、漢文に加えて、英語や数学などの西洋学も教えていた。学塾は、多くの学生を集め、予章は、播磨地方を代表する教育者として知られるようになった。 -著作と業績- 予章は、多くの著作を残した。其中でも、最も有名なのは、『播磨国誌』である。『播磨国誌』は、播磨国(後の兵庫県西南部)の歴史、地理、風俗、産業などについて記したもので、播磨国の貴重な資料となっている。予章は、播磨国の歴史研究にも貢献し、播磨国に関する多くの論文を発表した。 予章は、1915年(大正4年)に、75歳で亡くなった。予章は、明治時代の漢学者として、播磨地方の教育と文化の発展に貢献した。
歴史上の人物

小畑詩山→ 江戸時代後期の医師、儒者

-小畑詩山の生涯- 小畑詩山は、1733年に江戸で生まれた。幼い頃に父を亡くし、母の手で育てられた。15歳のときに、儒学者の穂積有龍に師事し、儒学を学び始めた。18歳のときに、江戸に出て、儒学者の林述斎に師事した。林述斎のもとで、儒学を学びつつ、医学も学んだ。25歳のときに、江戸で開業医となり、儒学者のほか、医師としても活躍した。 小畑詩山は、儒学者として、多くの著作を残した。その中でも、特に有名なのが『詩経通説』である。『詩経通説』は、詩経の注釈書であり、詩経の解釈を詳しく解説している。この本は、儒学者のみならず、一般の人々にも広く読まれた。 小畑詩山は、医師としても、多くの功績を残した。その中でも、特に有名なのが、種痘の普及である。種痘は、天然痘の予防法であり、天然痘による死亡者を大幅に減らすことができる。小畑詩山は、種痘の普及に努め、多くの人の命を救った。 小畑詩山は、1811年に江戸で亡くなった。享年79歳であった。小畑詩山は、儒学者として、医師として、多くの功績を残した偉人である。
学術分野の人

「広瀬旭荘」(1807-1863)

広瀬淡窓の弟にして、亀井昭陽、菅茶山に学ぶ 広瀬旭荘(1807-1863)は、江戸時代後期に活躍した儒学者である。筑後国柳河藩(現・福岡県柳川市)生まれ。幼名は万之丞。号は旭荘、淡斎、半麓。 兄の広瀬淡窓に学び、その後、亀井南冥の門に入り、さらに菅茶山に師事した。 1838年(天保9年)に柳河藩の藩校・藩校の教授となり、1840年(天保11年)には藩主・立花鑑通の侍講を務めた。 1858年(安政5年)に兄・淡窓の跡を継いで藩校の学頭となった。 旭荘は、儒学だけでなく、和歌や連歌にも通じ、歌集『旭荘歌集』を残している。また、教育者としても優れた手腕を発揮し、多くの門人を育てた。 旭荘の弟子のうち、最も有名なのは、明治時代の儒学者・政治家である木戸孝允である。木戸は、旭荘の教えを受け、尊王攘夷思想を身につけることになった。 旭荘は、1863年(文久3年)に57歳で死去した。 旭荘は、兄・淡窓とともに、筑後国柳河藩における儒学の発展に大きな功績を残した。旭荘の教えは、明治維新後の日本の近代化にも大きな影響を与えた。
歴史上の人物

広瀬秋子→ 江戸時代後期の女性

広瀬秋子の生涯 広瀬秋子は、江戸時代後期の女性です。1788年(天明8年)に、下野国足利郡大渡村(現在の栃木県足利市大渡町)に生まれました。幼い頃から頭がよく、読書を好みました。1803年(享和3年)に、16歳の時に、江戸に出て、昌平坂学問所で学びました。昌平坂学問所は、徳川幕府が設立した最高学府であり、秋子は、そこで儒学や漢学を学びました。 秋子は、昌平坂学問所で、多くの学者と交流し、その才能を認められました。1811年(文化8年)には、昌平坂学問所の教授となりました。秋子は、教授として、多くの弟子を育て上げました。また、秋子は、多くの著書を執筆し、その内容は、儒学や漢学だけでなく、歴史や文学など、幅広い分野に及びました。秋子は、江戸時代後期の代表的な女性学者の一人として知られています。 秋子は、1858年(安政5年)に、71歳で亡くなりました。秋子の死後、その功績を称えて、昌平坂学問所に、秋子の銅像が建てられました。秋子の銅像は、現在も、昌平坂学問所に残されています。 秋子は、江戸時代後期の女性としては、非常に活躍した人物です。秋子は、昌平坂学問所の教授として、多くの弟子を育て上げ、また、多くの著書を執筆しました。秋子は、その功績により、江戸時代後期の代表的な女性学者の一人として知られています。
美術分野の人

帆足杏雨 – 江戸後期から明治時代にかけて活躍した画家

-# 帆足杏雨の生涯と作品 帆足杏雨は、江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した画家である。本名は帆足信平(ほあし のぶひら)、号は杏雨(きょうう)、別号は隣菊(りんきく)。 帆足杏雨は、1810年(文化7年)に江戸の商家の子として生誕。幼い頃から絵の才能があり、狩野派の画家である狩野秀信に師事する。1830年(天保元年)には、江戸城西の丸御用絵師に任命される。その後、1843年(天保14年)に京都へ移住し、円山派の画家である円山応挙に師事した。 帆足杏雨は、円山応挙の指導の下で、写生画の技法を学び、円山派の画風を取り入れた独自の画風を確立する。また、漢画や西洋画にも影響を受け、多様な画風を展開した。 帆足杏雨の代表作の一つが、1847年(弘化4年)に描かれた「花鳥図屏風」である。この作品は、金地の屏風に、花や鳥が描かれており、華やかで優美な雰囲気を醸し出している。また、1868年(慶応4年)に描かれた「武蔵水無瀬川図屏風」は、多摩川の風景を描いたもので、写生画の技法を駆使して、川の流れや山々の様子を巧みに表現している。 帆足杏雨は、1893年(明治26年)に東京で死去した。享年84歳。その作品は、東京国立博物館や京都国立博物館など、各地の美術館に所蔵されている。
歴史上の人物

青木研蔵→ 日本の医学のパイオニア

青木研蔵は、1850年(嘉永3年)に肥後国熊本(現在の熊本県熊本市)に生まれました。11歳で長崎に出て、蘭学を学び、1870年(明治3年)に東京に出て、東京医学校(現在の東京大学医学部)に入学しました。1875年(明治8年)に東京医学校を卒業し、大学院に進学しました。1878年(明治11年)に大学院を修了し、東京医学校教授に就任しました。 青木研蔵は、日本の医学の発展に大きな貢献をしました。1879年(明治12年)に、日本初の医学雑誌「東京医学雑誌」を創刊しました。1881年(明治14年)には、日本初の医学博士の称号を授与されました。1886年(明治19年)には、東京帝国大学医学部初代学部長に就任しました。 青木研蔵は、医学教育にも力を入れました。1887年(明治20年)に、東京帝国大学医学部に医学専門学校を設立しました。この専門学校は、日本の医学教育の発展に大きな役割を果たしました。 青木研蔵は、1927年(昭和2年)に77歳で亡くなりました。青木研蔵は、日本の医学のパイオニアとして、医学の発展に大きな貢献をした偉大な医師です。 青木研蔵の主な業績は以下の通りです。 * 日本初の医学雑誌「東京医学雑誌」の創刊(1879年) * 日本初の医学博士の称号の授与(1881年) * 東京帝国大学医学部初代学部長就任(1886年) * 東京帝国大学医学部に医学専門学校を設立(1887年)
学術分野の人

「村上一策」

村上一策の生涯 村上一策は、1759年に江戸で生まれた医者・蘭学者である。名は良策、号は燕石。蘭学を学び、オランダ語の翻訳書を多く著した。また、西洋医学を日本に紹介し、日本の近代医学の発展に貢献した。 村上一策は、10歳のときに父を亡くし、叔父の家に引き取られた。17歳で江戸に出て、医学を学び始めた。23歳のときに蘭学を志し、オランダ語の勉強を始めた。27歳のときに蘭学塾を開き、多くの弟子を育てた。 村上一策は、1790年にオランダ語の翻訳書『解体新書』を出版した。これは、オランダの医師ヨハン・アダム・クルムスの『人体の構造と機能』を翻訳したもので、日本の近代医学の発展に大きな影響を与えた。 村上一策は、1810年に62歳で亡くなった。しかし、彼の業績は日本の医学の発展に大きな影響を与え、現在でも高く評価されている。 村上一策の主な業績は以下の通りである。 * オランダ語の翻訳書『解体新書』を出版した。 * 西洋医学を日本に紹介した。 * 日本の近代医学の発展に貢献した。 * 多くの弟子を育てた。
文学分野の人

広瀬林外とは?~儒者として活躍した幕末・明治時代の人物を解説!

広瀬林外の生い立ちと経歴 広瀬林外は、1828年に江戸で生まれた。幼名は熊吉と言い、父は広瀬泰蔵、母は高子。林外は、幼い頃から聡明で、学問を好んだ。10歳の時には、江戸の昌平坂学問所に学び、儒学を修めた。1844年には、昌平坂学問所の首席となり、幕府から下賜金を賜った。 林外は、昌平坂学問所を卒業後は、江戸で私塾を開き、儒学を教えた。また、林外は、幕府の学問所である昌平坂学問所の教授にも任命された。林外は、昌平坂学問所での講義で、儒学の思想を説いた。林外の講義は、多くの学生に人気があり、林外は、幕府の儒学者として重んじられた。 1868年に、明治維新が起きると、林外は、明治政府に出仕した。林外は、明治政府で、文部省の官僚として働いた。林外は、文部省で、日本の教育制度の改革に尽力した。林外は、日本の教育制度を近代化し、国民に教育の機会を提供した。 林外は、1891年に亡くなった。享年64歳。林外は、儒者として幕末・明治時代を生き、日本の教育制度の改革に尽力した。林外は、日本の教育制度の近代化に貢献した人物として知られている。
学術分野の人

玉井忠田-幕末から明治の医師

玉井忠田の生い立ちと医学の学び 玉井忠田は、1836年(天保7年)に現在の埼玉県飯能市にある上直竹村に生まれました。玉井家は代々名主を務める家柄で、忠田も幼い頃から勉強熱心な少年でした。10代の頃には、漢学や医学を学び始め、1853年(嘉永6年)には、江戸に出て、医学を学ぶために昌平坂学問所にに入学しました。 昌平坂学問所は、当時の日本における最高学府であり、忠田はそこで、儒学や医学を学びました。また、忠田は、イギリス人医師のウィリアム・カーマイケルから、西洋医学を学び始めました。カーマイケルは、1859年(安政6年)に、江戸に開かれた外国人居留地である横浜にやって来て、西洋医学の普及に努めていました。 忠田は、カーマイケルから、西洋医学の基礎を学び、1863年(文久3年)には、横浜に開業しました。忠田は、西洋医学の最新の知識を駆使して、多くの患者を治療し、横浜における西洋医学の普及に貢献しました。 1868年(明治元年)、明治維新が起きると、忠田は、新政府の医師として、東京大学医学校で教鞭をとりました。忠田は、東京大学医学校で、西洋医学を教え、日本の近代医学の発展に貢献しました。 忠田は、1881年(明治14年)に、45歳の若さで亡くなりましたが、彼の業績は、日本の近代医学の発展に大きな影響を与えました。
学術分野の人

谷口藍田-江戸・明治期の儒者

-早年と教育- 谷口藍田(1819-1874)は、江戸・明治期の儒者、教育者です。幼名は猪之助、字は子龍、号は藍田。通称は鐵太郎または哲太郎。 藍田は、1819年(文政2年)1月25日、武蔵国入間郡谷口村(現在の埼玉県川越市)の農家に生まれました。幼い頃から神童と呼ばれ、四書五経を暗記するほどであったと伝えられています。 藍田は、12歳の時に江戸に出て、儒学者・渡辺崋山に師事しました。崋山は、藍田の才能を高く評価し、藍田は崋山の門下で儒学のほか、書画や蘭学を学びました。 1838年(天保9年)、崋山は、蛮社の獄に連座して捕らえられました。藍田は、崋山の釈放を訴える運動を展開しましたが、崋山は獄中で死去しました。 崋山の死後、藍田は、崋山の遺志を継いで、儒学の普及に努めました。1846年(弘化3年)には、江戸に私塾・藍田塾を開設し、多くの弟子を育てました。 藍田塾は、幕末の思想界・学術界で大きな影響力を持ち、勝海舟や西郷隆盛など、後に維新の立役者となる人材を輩出しました。 藍田は、1874年(明治7年)10月14日に死去しました。享年56歳でした。
歴史上の人物

「塩谷処」

「塩谷処」とは、幕末に但馬の国(現在の兵庫県北部)豊岡藩に設置された藩政改革のための組織のことである。 藩主吉川経幹は、天保12年(1841年)に藩主を継ぐと、藩政改革に乗り出した。そのために、同年12月に「塩谷処」を設置し、藩の財政や軍備、教育などに関する改革を行った。 塩谷処のメンバーは、藩の重臣や家老、奉行などであり、そのトップには、藩主吉川経幹自身が就いた。塩谷処は、藩政改革のために、様々な政策を実施した。 例えば、藩の財政を健全化するために、藩の支出を節約し、藩の収入を増やすための政策を実施した。また、藩の軍備を強化するために、藩士に西洋式の軍事訓練を受けさせ、藩の武器や装備を近代化するための政策を実施した。 さらに、藩の教育を充実させるために、藩校「豊陵学校」を設立し、藩士や庶民に教育を施すための政策を実施した。 塩谷処は、藩政改革に成功し、豊岡藩は、幕末の動乱期を乗り越え、明治維新を迎えることができた。 また、塩谷処のメンバーの一人である塩谷宕陰は、幕長戦争の調停に尽力した。塩谷宕陰は、長州藩と幕府の間に立って、両者の和解を図り、幕長戦争の終結に貢献した。 塩谷処は、豊岡藩の藩政改革に成功しただけでなく、幕長戦争の調停にも貢献し、日本の近代化に大きな役割を果たした。
歴史上の人物

国島俊蔵 ー 江戸時代後期の儒者

-広瀬淡窓に師事し、昌平黌で学ぶ- 国島俊蔵は、1786年に肥前国松浦郡伊万里村(現在の佐賀県伊万里市)に生まれた。幼い頃から学問に優れ、1805年に広瀬淡窓が私塾を開いた際には、すぐにその門下に入った。淡窓の教えは、儒学の古典を重んじるものであり、俊蔵はすぐにその教えに感化された。 1811年、俊蔵は昌平黌に入学した。昌平黌は、江戸幕府が設立した官立の学校であり、儒学を学ぶには最適な環境であった。俊蔵は、昌平黌で儒学の古典をさらに深く学び、儒学者としての素養を積んだ。 1815年に昌平黌を卒業した後は、伊万里に戻り、私塾を開いて後進の指導に当たった。俊蔵の講義は、淡窓の教えを忠実に守り、古典を重んじるものであり、多くの学生が俊蔵の門下に入った。俊蔵は、伊万里における儒学の振興に努め、多くの儒学者を輩出した。 俊蔵は、1861年に76歳で亡くなった。俊蔵の死後、その教えは弟子たちによって受け継がれ、伊万里における儒学の伝統はさらに発展していった。俊蔵は、江戸時代後期における儒学の振興に大きな貢献をした儒学者の一人である。
歴史上の人物

寺西元栄→ 江戸時代後期の武士と国学者

-寺西元栄とは?- 寺西元栄は、江戸時代後期の武士であり、国学者として活躍した人物です。大阪の旗本の家に生まれ、幼少期から学問に励んでいました。18歳で江戸に出て、儒学者の古賀精里に師事して、儒学を学びました。 その後、国学に関心を持ち、本居宣長に入門して、国学を学びました。本居宣長の死後は、国学の継承者として活躍し、多くの門人を育てました。 寺西元栄は、国学の研究に加えて、和歌にも優れていました。1803年には、歌集『葛の花』を刊行し、高い評価を得ました。 また、寺西元栄は、幕府の政策にも関与しました。1811年には、幕府の儒学者として登用され、1817年には、幕府の書物奉行に任命されました。 寺西元栄は、1822年に62歳で死去しました。
美術分野の人

平野五岳 – 江戸後期と明治時代の傑出した僧侶と画家

豊後の真宗大谷派専念寺の住職 平野五岳は、1799年に豊後の国大分郡(現在の大分県大分市)に生まれ、1878年に亡くなった日本の僧侶、画家です。真宗大谷派専念寺の住職を務め、豊後一円に真宗を広めるのに尽力しました。 平野五岳は、幼い頃から学問を好み、10代の頃には京都に上京して、儒学や仏教を学びました。その後、専念寺の住職となり、豊後一円に真宗を広めるのに努めました。 平野五岳は、また、絵画にも優れ、多くの作品を残しています。その画風は、南蘋派の影響を受けており、花鳥画を得意としました。 平野五岳は、豊後一円に真宗を広め、また、絵画にも優れた功績を残した傑出した僧侶、画家でした。
学術分野の人

小林安石

小林安石とは 小林安石(こばやし やすいわ、1913年11月10日 - 1987年10月12日)は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(4期)。 1913年、愛媛県宇和島市に生まれる。1936年、東京帝国大学法学部を卒業。卒業後は実業家として活動する。 1947年、第23回衆議院議員総選挙に立候補し、当選。以後、衆議院議員を4期務める。1960年、参議院議員に当選。参議院議員を4期務める。 参議院議員在任中は、文教委員長、外務委員長、大蔵委員長などの要職を歴任。また、自由民主党幹事長、総務会長、政務調査会長、副総裁などを歴任する。 1987年10月12日、病気のため死去。73歳没。
歴史上の人物

「円我」-江戸後・明治の僧

円我の生涯 円我は、文化5年(1808年)、播磨国姫路藩で生まれた。俗名は、長尾甚右衛門。幼い頃から仏教に親しみ、15歳の時に出家して、浄土宗の僧侶となった。 円我は、若くして学問に秀でており、江戸の增上寺で学び、17歳の時には総本山知恩院で得度した。その後、各地を巡錫し、仏教の教えを広めた。 円我が、広く知られるようになったのは、ペリーの来航以後である。円我は、ペリーとの交渉に尽力し、日米修好通商条約の締結にも関与した。また、幕府の外交顧問として、外国使節団の接待にも当たった。 円我は、明治維新後も、引き続き仏教界の発展に尽力した。明治4年(1871年)、東京の芝増上寺に浄土宗大学を開設し、明治13年(1880年)には、浄土宗の管長に就任した。 円我は、明治19年(1886年)、80歳で死去した。円我が果たした功績は大きく、明治天皇から、正四位に叙せられた。また、円我が開設した浄土宗大学は、現在でも、浄土宗の僧侶を養成する重要な機関として、その役割を果たしている。
学術分野の人

劉冷窓:幕末・明治の儒学者

生涯と業績 劉冷窓(1830年 - 1896年)は、幕末・明治時代の儒学者、漢詩人である。名は椸、字は冷生、冷窓は号である。別号に帰雲、青衣子などがある。 劉冷窓は、1830年(天保元年)に信濃国小県郡(現・長野県小県郡)で生まれた。父は儒学者の劉雪渓、母は飯沼町(現・上田市)出身の娘であった。劉冷窓は、幼少の頃から神童と呼ばれ、13歳の時に藩校の明倫堂に入学した。16歳の時に江戸に遊学し、儒学を学ぶ。1853年(嘉永6年)に帰郷し、藩校の教授となった。 1868年(明治元年)に明治維新が起こると、劉冷窓は新政府に出仕し、文部省の官吏となった。その後、東京大学の前身である開成学校や東京師範学校などで教鞭を執った。1877年(明治10年)には、東京大学教授に就任した。 劉冷窓は、儒学の研究と教育に尽力した。また、漢詩人としても活躍し、5000首以上の漢詩を遺した。その詩風は、清新で洒脱であり、幕末・明治期の代表的な漢詩人として知られている。 劉冷窓は、1896年(明治29年)に東京で死去した。享年67。
歴史上の人物

山本晴海-江戸時代後期の砲術家

-山本晴海の生い立ちと経歴- 山本晴海は、江戸時代後期に活躍した砲術家である。 明和2年(1765年)、信濃国小諸藩(現在の長野県小諸市)に生まれた。 幼い頃から砲術に興味を持ち、15歳の時に江戸に出て、砲術家・佐久間象山の門下に入った。 佐久間象山のもとで砲術を学んだ後、20歳で小諸藩に戻り、藩の砲術師範となった。 小諸藩では、藩士たちに砲術を教え、藩の砲術隊を編成した。 また、砲術に関する書物を執筆し、砲術の普及に努めた。 文政5年(1822年)には、江戸幕府の砲術師範に任命された。 江戸幕府では、幕府の砲術隊を編成し、砲術の指導を行った。 また、砲術に関する書物を執筆し、砲術の普及に努めた。 弘化2年(1845年)、81歳で死去した。
歴史上の人物

 中島米華 江戸時代後期の儒者

中島米華の生涯 中島米華(1781-1859)は、江戸時代後期の儒者で、名は祥、字は徳甫、通称は鉄之助、米華は号である。肥後国(現・熊本県)に生まれ、14歳の時に儒学者である山口平八郎の門下に入る。22歳の時に江戸に出て、儒学者である古賀侗庵に師事する。その後、熊本藩の儒官となり、藩主細川斉茲に仕えた。 米華は、朱子学を学び、陽明学を批判した。また、経書を研究し、多くの著書を残した。代表作には、『大学章句私義』、『中庸章句私義』、『論語章句私義』などがある。米華は、儒学の普及に努め、多くの人材を育成した。彼の門下からは、横井小楠、佐久間象山、大久保利通など、幕末維新の志士が多く輩出した。 米華は、1859年に死去した。享年79。熊本県の阿蘇神社に葬られている。
歴史上の人物

藤井藍田→ 幕末の儒者で尊攘運動家

藤井藍田の生涯と経歴 藤井藍田は、幕末の儒者で尊攘運動家です。1810年(文化7年)、伊予国新居郡和気村(現在の愛媛県新居浜市)に生まれました。幼名は金輔、通称は直右衛門、字は子豪、号は藍田。 藍田は、幼い頃から学問を好み、15歳の時に大阪の儒学者・野田笛浦の門下生となりました。1836年(天保7年)、27歳の時に江戸へ遊学し、佐藤一斎や佐久間象山らに師事しました。 1841年(天保12年)、32歳の時に帰郷し、私塾を開いて子弟を教育しました。1853年(嘉永6年)、ペリーが浦賀に来航すると、攘夷論を唱えて尊攘運動に参加しました。 1858年(安政5年)、39歳の時に、尊攘派の志士たちと「安政の大獄」で捕らえられ、投獄されました。1860年(万延元年)に釈放され、帰郷しましたが、その後も尊攘運動を続けました。 1868年(明治元年)、59歳の時に、明治政府に出仕し、文部省の官僚として教育制度の整備に尽力しました。1874年(明治7年)、65歳の時に死去しました。 藍田は、生涯に多くの著書を残しており、その中には『藍田遺稿』『藍田日記』『藍田詩草』などがあります。藍田の学問は、明治維新後の日本の教育制度の整備に大きな影響を与えました。
学術分野の人

「重富縄山」

-「重富縄山」- -重富縄山の生涯- 重富縄山は、戦国時代に活躍した武将です。美濃国郡上八幡城の城主であり、斎藤道三や織田信長に仕えました。 重富縄山は、1505年に美濃国郡上八幡城で生まれました。父親は重富重綱、母親は斎藤妙純の娘です。幼名は五郎八郎といい、後に縄山と名乗りました。 縄山は、斎藤道三に仕えていましたが、1556年に道三が織田信長に敗れてからは、信長に仕えました。縄山は、信長の家臣として、多くの戦いに参加しました。 1570年、縄山は、姉川の戦いで戦死しました。享年66歳でした。縄山の死後、郡上八幡城は織田信長の家臣、滝川一益が城主となりました。 縄山は、勇猛な武将として知られており、多くの戦で活躍しました。また、縄山は、茶道にも通じており、信長から茶器を拝領したこともあります。 縄山は、戦国時代の武将として、その名を残しています。
美術分野の人

西島青浦(1828-1912 江戸後期-明治時代の画家)

豊後咸宜園で学ぶ 西島青浦は、1828年(文政11年)に豊後国日田郡皿山村(大分県日田市)に生まれた。家は代々庄屋を務める名家で、青浦も家業を継ぐべく幼い頃から漢学を学んだ。しかし、青浦は絵画にも興味を持ち、独学で絵を描き始めた。その才能はすぐに開花し、1851年(嘉永4年)には豊後咸宜園に遊学して医学を学びながら、絵画の勉強も続けた。咸宜園は、豊後国岡藩の藩医・広瀬淡窓が開いた私塾で、儒学をはじめ、医学、算学、絵画など幅広い分野を学ぶことができた。青浦は、咸宜園で淡窓の教えを受け、画技をさらに磨いた。 青浦は、咸宜園で学んでいる間に、淡窓の息子である広瀬元恭(げんこう)と知り合い、親しく交際した。元恭は、青浦の画才を高く評価し、青浦を豊後国岡藩の御用絵師に取り立てた。青浦は、御用絵師として、岡藩の藩主や重臣の肖像画や、藩の行事や風俗を描いた絵画を制作した。また、青浦は、咸宜園の学生たちにも絵画を教え、咸宜園の絵画教育に貢献した。 青浦は、咸宜園で学んだ後、江戸に遊学して、狩野派の画家である狩野貞信に師事した。貞信は、青浦の画才を高く評価し、青浦を狩野派の門人として認めた。青浦は、貞信のもとで狩野派の画法を学び、画技をさらに磨いた。青浦は、江戸で活躍した後、豊後国日田に戻り、晩年は日田で絵画を制作し、後進の指導にあたった。青浦は、1912年(明治45年)に日田で死去した。
学術分野の人

松森三朴 – 江戸後期から明治時代の偉大な医師と儒者

-松森三朴の生涯- 松森三朴は、江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した医師であり、儒者でありました。1806年(文化3年)に、越中(現在の富山県)に生まれました。幼少期から学問を好み、1822年(文政5年)には、江戸に出て、医学を学び始めました。1828年(文政11年)には、医師として開業し、すぐに評判となりました。 松森三朴は、西洋医学の知識を積極的に取り入れ、日本における西洋医学の普及に貢献しました。また、儒学にも通じており、多くの著書を残しました。その著書の中で、彼は、儒教の倫理を説き、人々の徳性の向上を訴えました。 松森三朴は、1880年(明治13年)に、75歳で亡くなりました。彼の死は、日本医学界に大きな損失となりました。しかし、彼の業績は、今日もなお、語り継がれています。 松森三朴は、越中(現在の富山県)に生まれ、江戸に出て医学を学びました。その後、医師として開業し、すぐに評判となりました。彼は、西洋医学の知識を積極的に取り入れ、日本における西洋医学の普及に貢献しました。また、儒学にも通じており、多くの著書を残しました。その著書の中で、彼は、儒教の倫理を説き、人々の徳性の向上を訴えました。松森三朴は、1880年(明治13年)に、75歳で亡くなりました。彼の死は、日本医学界に大きな損失となりました。しかし、彼の業績は、今日もなお、語り継がれています。