延享

歴史上の人物

小笠原長庸とは?江戸時代中期の掛川藩主

- 小笠原長庸の生涯 小笠原長庸(おがさわらなかつね)は、江戸時代中期の掛川藩主です。1713年(正徳3年)、掛川藩主・小笠原長芳の長男として江戸で誕生しました。1730年(享保15年)に父が亡くなり、18歳で家督を継ぎました。 長庸は、藩政改革に力を入れました。1732年(享保17年)には、藩士の俸禄を削減し、財政を健全化しました。また、1734年(享保19年)には、藩校「致遠館」を設立し、藩士の教育に努めました。さらに、1741年(寛保元年)には、新田開発を行い、藩の収入を増やしました。 長庸は、文化にも力を入れました。1744年(延享元年)には、儒学者・山崎闇斎の門人で、備後国福山藩の儒臣である安部貞幹を招き、藩士の教育に当たらせました。また、1748年(寛延元年)には、俳人・松尾芭蕉の句碑を建立しました。 長庸は、1771年(明和8年)に59歳で亡くなりました。家督は、長男の長教が継ぎました。 長庸は、藩政改革や文化振興に力を入れ、掛川藩の発展に貢献した名君として知られています。
文学分野の人

佐久間柳居 – 江戸時代中期の俳人

- 佐久間柳居の生涯 佐久間柳居は、江戸時代中期の俳人です。元禄15年(1702年)、江戸(現在の東京都)で生まれました。本名は佐久間季とともにいい、柳居は号です。 柳居は幼い頃から俳諧に親しみ、17歳の時に芭蕉に入門しました。芭蕉の死後、蕪村のもとで学び、元文5年(1740年)に『柳居集』を出版しました。『柳居集』は、柳居の代表作であり、江戸俳壇に大きな影響を与えました。 柳居は、天明7年(1787年)に86歳で亡くなりました。江戸の深川永代寺に葬られました。 柳居は、芭蕉の蕉風を受け継ぎ、写生を重んじる俳諧を確立しました。柳居の俳句は、簡潔で平明でありながら、風情があり、多くの人々に愛されています。 柳居の代表的な句には、次のようなものがあります。 * 「月見れば竹の影さえ涼しげなり」 * 「富士を見るや人馬もけさのしら露に」 * 「初しぐれ猿も小蓑をほしさうに」 柳居は、江戸俳壇を代表する俳人であり、その功績は今日でも高く評価されています。
歴史上の人物

佐々成意とは?江戸時代中期の武士

佐々成意とは?江戸時代中期の武士 佐々成意の生涯 佐々成意(ささなりもち/なりよし)は、江戸時代中期の武士です。通称は孫三郎、号は春庵、別号は勺水。下野佐野藩の第4代藩主となり、藩政改革に尽力しました。 佐々成意は、元禄13年(1700年)に下野佐野藩の第3代藩主・佐々成政の三男として生まれました。享保12年(1727年)に兄の成章が早世したため、家督を相続して藩主となりました。 成意は藩の財政再建のため、藩政改革を実施しました。まず、藩の財政を調査し、出費の節約や収入の増加を図りました。また、殖産興業にも力を入れ、綿花や藍の栽培を奨励しました。さらに、藩校の開校や人材育成にも力を入れ、藩の基盤を強化しました。 成意の藩政改革は成功し、佐野藩は財政的に好転しました。また、成意の殖産興業政策により、藩内では綿花や藍の栽培が盛んになり、藩の収入も増加しました。さらに、藩校の開校や人材育成政策により、藩内には有能な人材が輩出され、藩の基盤は強固になりました。 成意は、宝暦14年(1764年)に65歳で死去しました。家督は養子の中務成行が相続しました。 成意は、藩政改革に尽力し、佐野藩の財政を再建した名君でした。また、殖産興業や人材育成にも力を入れ、藩の基盤を強化しました。成意の治世は、佐野藩にとって黄金期の一つでした。
学術分野の人

清田竜川-江戸時代中期の儒者

-清田竜川の生涯- 清田竜川(1728-1790)は、江戸時代中期の儒者です。名は邦夫、字は子孝、号は竜川。美作国上房郡倉敷村(現・岡山県倉敷市)に生まれました。 竜川は、幼い頃から学問を好み、15歳の時に京都に出て、中井竹山の塾に入門しました。その後、各地を遊歴し、1760年に江戸に出て、昌平黌の儒官となりました。 竜川は、朱子学を学び、特に朱子の「中庸」を研究しました。著書に「中庸疏解」、「大学衍義補」などがあり、朱子学の普及に努めました。 竜川は、1790年に63歳で亡くなりました。昌平黌の儒官を退いた後、故郷の倉敷に戻り、そこで亡くなりました。 竜川は、朱子学を学び、特に朱子の「中庸」を研究した儒者です。著書に「中庸疏解」、「大学衍義補」などがあり、朱子学の普及に努めました。
芸能分野の人

歌舞伎役者・中村伝九郎(2代)の生涯と芸風

# 中村伝九郎(2代)の生涯と芸風 - 中村伝九郎(2代)の生い立ちと歌舞伎の世界への入門 中村伝九郎(2代)は、1897年1月19日に東京都に生まれました。本名は堀口伝九郎です。幼い頃から歌舞伎に興味を持ち、1908年に中村宗十郎(4代)に入門しました。1909年に本拠地である大阪歌舞伎座で初舞台を踏み、「中村万之丞」と名乗りました。 その後、1914年に東京の歌舞伎座にも初登場し、歌舞伎の演目である「仮名手本忠臣蔵」の「大序」で、「早野勘平」を演じました。1916年には、「中村芝翫(6代)」と改名し、1918年に「中村勘三郎(16代)」となりました。 1924年には、人間国宝の初代中村吉右衛門に師事し、1926年には「中村伝九郎(2代)」を襲名しました。1931年には、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で「勧進帳」を上演し、海外公演にも成功しました。 1945年には、第二次世界大戦の戦災で自宅を焼失しましたが、戦後すぐに再建し、歌舞伎の復興に尽力しました。1951年には、大阪歌舞伎座の開場50周年を記念して、「仮名手本忠臣蔵」の「大序」で、「早野勘平」を演じ、大喝采を浴びました。 1958年には、人間国宝に認定され、1961年には、文化勲章を受章しました。1964年には、東京オリンピックの開会式で、「勧進帳」を上演し、世界中の人々に歌舞伎をアピールしました。 1971年、歌舞伎座で「仮名手本忠臣蔵」の「大序」で、「早野勘平」を演じ、81歳で舞台を引退しました。引退後は、歌舞伎の指導に携わり、1981年に、中村伝九郎(3代)の養子である中村段四郎を、中村吉之丞と改名し、歌舞伎の世界に送り出しました。 中村伝九郎(2代)は、歌舞伎の伝統を継承し、発展させた名優として知られています。その芸風は、華やかで艶やかで、歌舞伎の美しさを余すところなく表現しました。また、人形浄瑠璃や文楽にも造詣が深く、その芸風は、歌舞伎に大きな影響を与えました。 中村伝九郎(2代)は、1983年に、86歳で亡くなりました。その死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、歌舞伎の伝統を継承する人材の育成が重要であることを再認識させました。
学術分野の人

竜統元棟について知るべきこと

-# 竜統元棟の生い立ちと経歴 竜統元棟は、1980年代に活躍した日本のプロレスラーである。本名は竜統元則。東京都出身。身長185cm、体重105kg。 竜統元棟は、1955年1月1日に東京都で生まれた。高校卒業後、全日本プロレスに入門。1976年4月29日にデビューを果たした。 デビュー当初は、同期入門の谷津嘉章(後の谷津嘉章)とのタッグチーム「谷津竜組」で活躍。1978年には、全日本プロレスのジュニアヘビー級王座を獲得した。 1980年に、新日本プロレスに移籍。アントニオ猪木、藤波辰爾、長州力らと共に、新日本プロレスの黄金時代を築いた。 1983年には、IWGPヘビー級王座を獲得。同年には、アントニオ猪木とタッグを組み、WWF世界タッグチーム王座も獲得した。 竜統元棟は、1980年代半ばに全日本プロレスに復帰。1986年には、天龍源一郎とタッグを組み、世界タッグ王座を獲得した。 1988年に、竜統元棟は引退。引退後は、プロレス解説者として活躍している。 竜統元棟は、1980年代に活躍した日本のプロレスラーの中で、最も成功した選手の1人である。IWGPヘビー級王座、WWF世界タッグチーム王座、世界タッグ王座など、数々のタイトルを獲得し、新日本プロレスと全日本プロレスの両団体で活躍した。
文学分野の人

簗京介 – 江戸時代中期の歌舞伎作者

-簗京介の生涯と経歴- 簗京介は、江戸時代中期の歌舞伎作者です。寛政5年(1793年)に江戸に生まれ、文化5年(1808年)に江戸で亡くなりました。享年15。 京介は、歌舞伎作者の河竹黙阿弥の門下生であり、黙阿弥の薫陶を受けて歌舞伎の作法を学びました。京介は、黙阿弥の教えを忠実に守り、歌舞伎の作法を遵守した作品を多く執筆しました。 京介の作品は、忠臣蔵を題材にした「仮名手本忠臣蔵」や、人情噺を題材にした「廓文章」などが代表作です。京介の作品は、当時の歌舞伎役者たちに好評で、多くの作品が上演されました。 京介は、歌舞伎作者として活躍した期間は短いながらも、その作品は歌舞伎の歴史に大きな影響を与えました。京介の作品は、現在でも歌舞伎の舞台で上演されており、多くの人々に愛されています。 京介は、歌舞伎作者としてだけでなく、俳人としても活躍しました。京介は、俳諧を愛し、多くの俳句を詠みました。京介の俳句は、当時の俳人たちに高く評価され、京介は俳人としても名を馳せました。 京介は、歌舞伎作者としても俳人としても、その才能を発揮しました。京介は、江戸時代中期の歌舞伎界に大きな影響を与えた人物であり、その功績は現在でも高く評価されています。
学術分野の人

「鳥海玄達」

「鳥海玄達の生涯」 鳥海玄達は、1857年に農家の息子として山形県に生まれました。16歳の時に、京都の禅寺である天龍寺に入り、修行を始めました。1882年に、僧侶の資格を取得し、京都で説法活動を行うようになりました。1891年に、鳥海玄達は、アメリカに渡り、サンフランシスコで禅の道場を開きました。1896年に、鳥海玄達は、ニューヨークに移り、マンハッタンで禅の道場を開きました。鳥海玄達の禅の教えは、アメリカ人に広く受け入れられ、多くの弟子ができました。1907年に、鳥海玄達は、日本に帰国しました。1919年に、鳥海玄達は、62歳で亡くなりました。 鳥海玄達は、日本の禅を広めることに貢献した偉大な禅僧です。鳥海玄達の教えは、アメリカ人に広く受け入れられ、多くの弟子ができました。鳥海玄達の禅の教えは、今もなお多くの人々に影響を与えています。 鳥海玄達の生涯を振り返ると、彼がいかに禅の教えを広めることに情熱を傾けていたかがわかります。鳥海玄達は、アメリカに渡り、サンフランシスコとニューヨークで禅の道場を開きました。鳥海玄達の禅の教えは、アメリカ人に広く受け入れられ、多くの弟子ができました。鳥海玄達の禅の教えは、今もなお多くの人々に影響を与えています。 鳥海玄達は、日本の禅を広めることに貢献した偉大な禅僧です。鳥海玄達の教えは、アメリカ人に広く受け入れられ、多くの弟子ができました。鳥海玄達の禅の教えは、今もなお多くの人々に影響を与えています。
美術分野の人

奥村政房 – 江戸中期の浮世絵師の生涯と作品

-奥村政房の生涯と経歴- 奥村政房は1686年(貞享3年)に江戸に生まれました。浮世絵師として活動し、その作品は多くの人々に愛されました。 政房は、浮世絵師、奥村政信の息子として生まれました。政房は幼い頃から絵を描くことに興味を持ち、1699年(元禄12年)に13歳の時に浮世絵師、菱川師宣の門下に入りました。 菱川師宣は、浮世絵の創始者の一人であり、政房は師宣のもとで浮世絵の基礎を学びました。政房は、浮世絵の技法である木版画を学び、また、浮世絵の題材である歌舞伎役者や美人画を描くようになりました。 1705年(宝永2年)に、政房は菱川師宣の門下を離れ、独立して浮世絵師として活動を始めました。政房は、江戸を中心に活動し、多くの浮世絵を制作しました。 政房は、歌舞伎役者や美人画を描くことを得意とし、その作品は多くの人々に愛されました。政房は、浮世絵の普及に貢献した浮世絵師の一人であり、その作品は現在でも多くの人々に愛されています。 1764年(宝暦14年)に政房は亡くなりました。78歳でした。
芸能分野の人

榊山小四郎(2代) – 歌舞伎役者の人物像と功績

2代榊山小四郎の生涯 2代榊山小四郎は、江戸時代初期の歌舞伎役者である。本名は、山本喜左衛門。屋号は、相模屋。1611年、江戸に生まれる。幼少期より父から歌舞伎の稽古を受け、1623年に初舞台を踏む。その後、坂東三津五郎、中村勘三郎らと共演し、次第に人気を集めるようになる。1630年には、中村座の座頭となり、歌舞伎界のトップスターとなる。 2代榊山小四郎は、歌舞伎の演目である「仮名手本忠臣蔵」の初演で、大星由良之助役を演じた。この公演は大成功を収め、2代榊山小四郎の名はさらに高まった。また、2代榊山小四郎は、歌舞伎の演技を研究し、新しい演出法を編み出した。彼の演技は、観客を魅了し、歌舞伎界に大きな影響を与えた。 2代榊山小四郎は、1665年に55歳で亡くなった。彼の死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くの人が悲しみに包まれた。2代榊山小四郎は、歌舞伎界に多大な貢献をした偉大な役者として、現在も人々の記憶に残っている。 2代榊山小四郎の功績 2代榊山小四郎は、歌舞伎界に多大な貢献をした。彼の功績は、以下の通りである。 ・歌舞伎の演目である「仮名手本忠臣蔵」の初演で、大星由良之助役を演じ、この公演を大成功に導いた。 ・新しい演出法を編み出し、歌舞伎の演技に革命を起こした。 ・歌舞伎の役者の育成に力を注ぎ、多くの弟子を育て上げた。 ・歌舞伎を庶民に親しみやすい演劇として確立した。 2代榊山小四郎は、歌舞伎界の巨匠として、現在も人々の尊敬を集めている。
芸能分野の人

荻野伊三郎(初代)

- 荻野伊三郎の生い立ち - 荻野伊三郎は、1888年(明治21年)9月15日、兵庫県豊岡市に生まれた。父は荻野伊平、母はなか。伊三郎は6人兄弟の末っ子で、幼少期は貧しい生活を送った。 伊三郎は12歳の時に大阪に出て、丁稚奉公を始めた。その後、18歳で独立して、大阪で呉服店を開業した。しかし、事業は失敗し、伊三郎は多額の借金を背負うことになった。 伊三郎は借金を返すため、大阪を離れて、北海道に渡った。そして、札幌で呉服店を開業した。こちらの呉服店は成功し、伊三郎は借金を返済することができた。 1923年(大正12年)、伊三郎は東京に進出、東京に呉服店を開業した。この呉服店は「荻野呉服店」と名付けられ、後に「荻野デパート」に発展した。荻野デパートは、日本屈指のデパートとなり、伊三郎は一代で財を成した。 伊三郎は、1950年(昭和25年)に死去した。享年61歳。
歴史上の人物

林因長

-林因長- -元禄3年生まれの林因長- 林因長は、江戸時代中期に活躍した日本の儒学者、政治家です。享保10年(1725年)に大老職に就き、享保の改革を推進しました。 因長は、元禄3年(1690年)に京都で生まれました。幼い頃から聡明で、14歳のときに京都の儒学者である伊藤仁斎に入門しました。仁斎のもとで儒学を学び、やがてその才能を認められて仁斎の娘と結婚しました。 因長は、仁斎の没後、その跡を継いで儒学者として活動しました。また、政治にも関わり、享保7年(1722年)に老中に任命されました。享保10年(1725年)には、大老職に就き、享保の改革を推進しました。 享保の改革は、財政改革、社会改革、軍制改革などを柱とする一連の改革でした。因長は、改革を推進するにあたって、儒学の精神に基づいて、質素倹約を奨励し、綱紀粛正を図りました。また、国内の産業を振興し、軍備を強化しました。 享保の改革は、江戸幕府の財政を立て直し、社会の安定に貢献しました。また、軍備を強化したことで、江戸幕府の軍事力を高めることに成功しました。 因長は、享保16年(1731年)に死去しました。享年42歳でした。因長の死後、享保の改革は頓挫しましたが、その功績は高く評価されています。 因長は、儒学を政治に活かした先駆者であり、江戸幕府の復興に貢献した人物です。その功績は、今もなお語り継がれています。
歴史上の人物

小出英貞 – 江戸時代中期の大名を知る

# 小出英貞の生い立ちと家柄 小出英貞は、江戸時代中期の大名で、信州飯田藩の藩主を務めました。 小出氏は、戦国時代には信濃国の国人で、武田氏に仕えていました。 その後、徳川氏に仕えるようになり、関ヶ原の戦いでは東軍に加わって戦功を挙げました。 戦後、下総国関宿藩、上野国館林藩を経て、1711年に信州飯田藩に封じられました。 英貞は、1724年に飯田藩の藩主となりました。 父は先代藩主の小出英長、母は松平乗忠の娘です。 英貞は、幼い頃から学問を好み、特に儒学に精通していました。 また、武芸にも秀でており、剣術や弓術を得意としていました。 1730年には、江戸城で将軍徳川吉宗に謁見し、その学識と武勇を称賛されました。 その後も、英貞は藩政に励み、領内の産業振興や文化の振興に努めました。 1740年に、英貞は病のため死去しました。 享年38歳でした。 英貞の死後、嫡男の小出英賢が飯田藩の藩主を継ぎました。
歴史上の人物

前田利隆(2)

-前田利隆(2)- -前田家4代藩主- 前田利隆は、加賀藩の第4代藩主である。前田利常の四男として生まれ、幼名は慶次郎。兄たちがいずれも早世したため、藩主を継ぐこととなった。 利隆は1639年に藩主となり、藩政改革を行った。まず、藩の財政を立て直すため、倹約令を発令し、藩士の俸禄を削減した。また、藩の産業を振興するため、殖産興業政策を推進した。さらに、藩の教育制度を整え、藩校である加賀藩藩校を設立した。 利隆は、藩政改革に成功し、加賀藩を中興した名君として知られている。また、利隆は文武両道に優れ、特に槍術に長けていた。また、書画を好み、多くの作品を残している。 利隆は、1658年に44歳で死去した。跡を長男の前田綱紀が継いだ。 -功績- * 藩の財政を立て直すため、倹約令を発令し、藩士の俸禄を削減した。 * 藩の産業を振興するため、殖産興業政策を推進した。 * 藩の教育制度を整え、藩校である加賀藩藩校を設立した。 * 槍術に長けていた。 * 書画を好み、多くの作品を残している。 -エピソード- * 利隆は、幼い頃、利常から「お前は藩主になる器ではない」と言われたことがある。しかし、利隆はそれを励みにして努力を重ね、藩主となった。 * 利隆は、藩校である加賀藩藩校を設立した。この藩校は、加賀藩の藩士の子弟を教育する機関として、大きな役割を果たした。 * 利隆は、槍術に長けており、藩士たちからも恐れられていた。また、利隆は書画を好み、多くの作品を残している。
歴史上の人物

池田宗泰 – 江戸時代中期の因幡鳥取藩主

池田宗泰の生涯 池田宗泰は、江戸時代中期の鳥取藩第2代藩主。因幡鳥取藩池田家5代当主。幼名は竹之助。官位は従五位下、侍従、兼右近衛権少将、若狭守。 1682年(天和2年)、鳥取藩初代藩主・池田綱政の長男として江戸藩邸で生まれる。母は側室の養仙院(秋山氏)。 1695年(元禄8年)、父の隠居により家督を継ぐ。藩政を安定させ、領民の救済や殖産興業に努めた。また、儒学を奨励し、家臣の子弟に学問の機会を与えた。 1731年(享保16年)、50歳で死去。跡を長男の宗政が継いだ。 池田宗泰は、1682年(天和2年)、鳥取藩初代藩主・池田綱政の長男として江戸藩邸で生まれた。母は側室の養仙院(秋山氏)。 1695年(元禄8年)、父の隠居により家督を継いだ。藩政を安定させ、領民の救済や殖産興業に努めた。また、儒学を奨励し、家臣の子弟に学問の機会を与えた。 1702年(元禄15年)、大坂城加番に任じられた。 1711年(正徳元年)、従五位下、侍従に叙任。 1713年(正徳3年)、兼右近衛権少将、若狭守に任じられた。 1731年(享保16年)、50歳で死去。跡を長男の宗政が継いだ。
芸能分野の人

大谷広右衛門(2代) – 江戸時代中期に活躍した歌舞伎役者

大谷広右衛門(2代) 江戸時代中期に活躍した歌舞伎役者 大谷広右衛門(2代)の生い立ちと歌舞伎への道 大谷広右衛門(2代)は、江戸時代中期に活躍した歌舞伎役者である。1714年、江戸に生まれる。本名は、河合市三郎。幼い頃から歌舞伎に興味を持ち、10歳で初代大谷広右衛門の門下となる。1732年、18歳で初舞台を踏み、1740年には「大谷広右衛門」の名を襲名した。 広右衛門は、容姿端麗で声量豊か、そして巧みな演技で人気を博し、江戸の歌舞伎界を代表する役者の一人となった。特に、荒事(あらごと)の役を得意とし、その豪快な演技は人々を魅了した。また、世話物(せわもの)の役も演じ、その繊細な演技は高く評価された。 広右衛門は、1769年に55歳で亡くなるまで、歌舞伎界で活躍し続けた。その死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くの人々がその死を悼んだ。広右衛門は、歌舞伎の歴史に残る名優として、今もなお語り継がれている。
歴史上の人物

「長田兼持」

長田兼持の紹介 長田兼持は、日本の政治家、官僚、実業家。自由民主党所属の参議院議員(3期)、科学技術庁長官、内閣府特命担当大臣(科学技術政策)、経済産業大臣、総務大臣などを歴任。 1951年、兵庫県神戸市に生まれる。灘高等学校を経て、東京大学法学部卒業後、通商産業省に入省。 1995年、第17回参議院議員通常選挙に兵庫県選挙区から自由民主党公認で立候補し、初当選。 1999年、参議院議員に再選。 2001年、第1次小泉内閣で科学技術庁長官に任命される。 2003年、参議院議員に3選。 2005年、第2次小泉内閣で内閣府特命担当大臣(科学技術政策)に任命される。 2006年に経済産業大臣に任命される。 2007年に総務大臣に任命される。 2008年、政界を引退。 2010年、経済同友会副代表委員長に就任。 2012年、日本経済団体連合会副会長に就任。 2014年、新エネルギー・産業技術総合開発機構理事長に就任。 2016年、東京電力ホールディングス取締役会長に就任。 長田兼持は、日本の政治家として活躍し、科学技術政策、経済政策、総務政策などの分野で重要な役割を果たした。
芸能分野の人

辰岡染右衛門 – 歌舞伎の名優

-# 辰岡染右衛門の生い立ちと師匠 辰岡染右衛門は、1943年1月1日に東京に生まれた。父は歌舞伎役者の三代目辰岡一男、母は女優の田中早苗である。幼い頃から演劇に興味を持ち、5歳の時に初舞台を踏んだ。その後、父や伯父である二代目辰岡一男に師事し、歌舞伎の基礎を学んだ。 1961年に国立劇場で「菅原伝授手習鑑」に出演し、正式に歌舞伎役者としてデビューした。その後、数々の舞台に出演し、若手有望株として注目を集めた。1966年には「源氏物語」の光源氏役で菊五郎賞を受賞し、実力派俳優として評価されるようになった。 1971年に父が亡くなり、四代目辰岡一男を襲名した。その後の活躍はますます目覚ましく、1976年には文化庁芸術祭大賞を受賞、1983年には人間国宝に認定された。また、1988年には「歌舞伎座の顔」と称され、国立劇場の歌舞伎座の座主となった。 辰岡染右衛門は、歌舞伎界を代表する名優として、数多くの舞台に出演し、観客を魅了してきた。その卓越した演技力と独特の存在感は、多くのファンを惹きつけている。
美術分野の人

– 池田涼珉

池田涼珉の生涯 池田涼珉は、1894年(明治27年)10月22日、東京府豊多摩郡戸塚村(現在の東京都杉並区)に生まれた。本名は池田満。第12代内閣総理大臣である細川護熙は従弟にあたる。 1910年(明治43年)、東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)を卒業後、東京帝国大学(現在の東京大学)医学部に進学した。1915年(大正4年)に東京帝国大学を卒業し、医学博士の学位を取得した。 その後、東京帝国大学医学部附属病院に勤務し、内科医として研鑽を積んだ。1920年(大正9年)に、東京帝国大学医学部教授に就任した。1927年(昭和2年)には、東京帝国大学医学部長に就任した。 池田涼珉は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療法の研究に没頭し、1930年(昭和5年)に、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療法として、胃酸の分泌を抑える薬である「タケダ胃腸薬」を開発した。タケダ胃腸薬は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療に大きな貢献を果たし、池田涼珉は、日本の内科学の第一人者として知られるようになった。 1935年(昭和10年)に、東京帝国大学を退職し、東京医科大学(現在の東京慈恵会医科大学)の学長に就任した。1938年(昭和13年)には、日本医師会の会長に就任した。 1945年(昭和20年)8月15日、日本の敗戦に伴い、日本医師会の会長を辞任した。1946年(昭和21年)に、東京医科大学の学長を辞任した。 1948年(昭和23年)10月22日、東京都杉並区の自宅で死去した。享年54歳。 池田涼珉は、日本の内科学の第一人者として活躍し、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療法として、タケダ胃腸薬を開発した。また、東京医科大学の学長や日本医師会の会長を歴任するなど、日本の医学界の発展に貢献した。
美術分野の人

浮世絵師「万月堂」の生涯と作品

万月堂の生涯 万月堂は、江戸時代中期に活躍した浮世絵師です。生誕地や生年は不明ですが、享保19年(1734年)に江戸で没したとされています。万月堂は、初めは役者を専門に描く役者絵師として活動していましたが、後に美人画や風俗画も描くようになりました。万月堂の作品には、当時の俳優や美人、世相などが描かれており、庶民の間で人気がありました。 万月堂は、生前にはあまり名声を得られませんでしたが、20世紀になって再評価され、今では浮世絵の名作とされる作品を多く残しています。万月堂の代表作には、「役者絵」「美人画」「風俗画」などがあります。万月堂の役者絵は、俳優の表情や所作を巧みに捉えており、当時の芝居の様子を生き生きと伝えています。万月堂の美人画は、美しい女性を繊細なタッチで描いたもので、庶民の間で大変人気がありました。万月堂の風俗画は、当時の世相を風刺したもので、庶民の生活の様子をリアルに描いています。 万月堂は、江戸時代中期の浮世絵師として活躍した人物です。万月堂の作品は、当時の俳優や美人、世相などを描いたもので、庶民の間で人気がありました。万月堂は、生前にはあまり名声を得られませんでしたが、20世紀になって再評価され、今では浮世絵の名作とされる作品を多く残しています。
芸能分野の人

→ 名護屋播磨太夫

-名護屋播磨太夫の生涯- 名護屋播磨太夫は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した女性武将・海賊である。播磨国名護屋城主・別所長治の娘として生まれる。別所長治は、毛利氏と織田氏の争いで織田方につき、毛利方の海賊・村上水軍と戦った。播磨太夫は、父の死後、名護屋城を継いで、村上水軍と戦い続けた。 播磨太夫は、海賊として活躍しただけではなく、政治家としても手腕を発揮した。彼女は、毛利氏と織田氏の争いで毛利氏に味方し、織田方の武将・羽柴秀吉と戦った。秀吉は、播磨太夫の武勇を認めて、彼女に和睦を持ちかけた。播磨太夫は、秀吉の和睦を受け入れて、毛利氏と織田氏の間の争いを終わらせた。 播磨太夫は、和睦後も海賊として活躍し続けた。彼女は、瀬戸内海を支配して、貿易や海運で莫大な富を築き上げた。播磨太夫は、海賊として活躍しただけではなく、政治家としても手腕を発揮した。彼女は、瀬戸内海の海賊を統一して、海賊としての地位を確立した。 播磨太夫は、1600年の関ヶ原の戦いで、西軍に味方して戦い、敗北した。その後、彼女は、徳川家康に降伏して、名護屋城を明け渡した。播磨太夫は、徳川家康から許されて、播磨国に隠棲した。播磨太夫は、1628年に死去した。
文学分野の人

竹田出雲(2代) – 江戸時代中期の浄瑠璃作者

-竹田出雲のプロフィール- 竹田出雲(2代)は、江戸時代中期の浄瑠璃作者です。本名は河合与左衛門。生年は不詳ですが、1658年(万治元年)頃に生まれる。江戸(現・東京都)の生まれで、若狭守昌重の次男として生まれました。 出雲は、10代の頃から人形芝居の作者として活動を始め、1710年(宝永7年)頃に2代目竹田出雲を襲名しました。出雲は、浄瑠璃の黄金期である元禄時代から享保時代にかけて活躍し、浄瑠璃の発展に大きく貢献しました。 出雲の作品は、忠臣蔵を題材にした「仮名手本忠臣蔵」や、義経を題材にした「義経千本桜」など、数多くの名作を世に送り出しています。出雲の作品は、歌舞伎などにも影響を与え、日本の演劇史上において重要な役割を果たしました。 出雲は、1728年(享保13年)に68歳で亡くなりました。出雲の死後、浄瑠璃は衰退していきますが、出雲の作品は今もなお演じられ続けており、日本文化に大きな影響を与え続けています。
歴史上の人物

「お幸の方」

「お幸の方」とは、江戸時代中期の徳川家重の側室で、徳川家治の生母である。家重は、徳川吉宗の六男として生まれ、享保20年(1735年)に将軍職を継いだ。家重は、体質が弱く、病気がちであったため、政治は側用人である田沼意次らに任せていた。 お幸の方は、享保13年(1728年)に江戸で生まれた。本名は、久留島喜多。旗本である久留島通嘉の娘であった。お幸の方は、容姿端麗で、性格も温厚であったため、家重の寵愛を得た。 お幸の方は、延享3年(1746年)に、家治を生んだ。家治は、家重の三男であり、若くして将軍職を継いだ。お幸の方は、家治の生母として、江戸城の大奥で権勢を誇った。 お幸の方は、宝暦13年(1763年)に亡くなった。享年36歳であった。お幸の方は、家重の側室の中で最も愛された女性であり、その死は家重に大きな悲しみを与えた。 お幸の方は、江戸時代中期の徳川将軍家の歴史の中で、重要な役割を果たした女性である。お幸の方の生涯は、徳川将軍家の興亡を物語る貴重な史料となっている。
文学分野の人

「寂翁(じゃくおう)」

-「寂翁(じゃくおう)」- -江戸時代中期の僧,歌人- 寂翁(じゃくおう、1718年-1801年)は、江戸時代中期の僧侶、歌人。俗姓は伊丹氏。名は長政。号は寂翁、玉船、清浄園など。 寂翁は、1718年に摂津国西成郡難波(現在の大阪府大阪市)に生まれた。父は伊丹市兵衛、母は松村氏。幼い頃から学問を好み、10歳の時に父に勧められて歌を始めた。15歳の時に出家し、浄土宗の僧侶となった。その後、京都の知恩院や増上寺、江戸の芝増上寺などで修行を積んだ。 寂翁は、歌人としても活躍し、1761年に「玉船集」、1781年に「清浄園集」などの歌集を出版した。また、1792年には「新古今和歌集」の注釈書である「寂翁評釈」を出版した。寂翁の歌は、優美で情趣に富むものが多い。 寂翁は、1801年に江戸で死去した。享年84。 寂翁は、江戸時代中期の歌人として、大きな功績を残した人物である。寂翁の歌は、優美で情趣に富むものが多い。また、寂翁は「新古今和歌集」の注釈書である「寂翁評釈」を出版し、和歌の理解に貢献した。