後醍醐天皇

歴史上の人物

孤峰覚明 – 鎌倉・南北朝時代の僧侶

-# 孤峰覚明の生涯 孤峰覚明(1275-1350)は、鎌倉時代末から南北朝時代にかけて活躍した臨済宗の僧侶です。その生涯は、激動の時代を懸命に生き抜いた一人の人間の姿であり、日本の仏教史においても重要な意味を持っています。 -# 幼少期と出家 孤峰覚明は、文永12年(1275年)、常陸国(現在の茨城県)で生まれました。幼名を「覚仙」といい、10歳の時に母を亡くし、15歳の時に出家して、建長寺の無学祖元禅師のもとで修行しました。 -# 弘法活動と入元 覚明は、無学祖元禅師の死後、鎌倉に転居し、建長寺と円覚寺の両寺で修行を続けました。正安3年(1301年)には、建長寺の典座(食事係)となり、弘法活動に努めました。また、嘉元2年(1304年)には、入元して中国に渡り、五山の第一位である天童山万寿寺で修行しました。 -# 帰国と晩年 覚明は、帰国後、建長寺の住職となり、建長派の祖師として活動しました。さらに、暦応2年(1339年)には、円覚寺の住職も兼ね、両寺の復興に努めました。また、正平2年(1347年)には、幕府の命を受けて、後村上天皇の皇子である懐良親王(かねよししんのう)を護持して九州に下向し、懐良親王の九州経営を支えました。 覚明は、正平5年(1350年)、建長寺で76年の生涯を閉じました。
歴史上の人物

「恒性皇子」(1305-1333)

恒性皇子の誕生と出家 恒性皇子は、1305年(嘉元3年)に鎌倉幕府第8代執権・北条高時の長男として生まれました。母は、北条時宗の娘である覚山尼御前です。恒性皇子は幼少期から聡明で、容姿端麗であったと伝えられています。 1314年(正和3年)、恒性皇子は父・高時の死により、10歳で鎌倉幕府第9代執権に就任しました。しかし、恒性皇子は若年であったため、実権は叔父である北条基時が握っていました。 1318年(元応元年)、元寇の再来に備えて、恒性皇子は九州に御家人の軍勢を集結させました。しかし、元軍は来襲せず、恒性皇子は軍勢を解散させました。 1321年(元亨元年)、恒性皇子は、後醍醐天皇の皇子である護良親王を鎌倉に呼び寄せました。護良親王は、恒性皇子の妹である叡子女王と結婚し、恒性皇子の妹婿となりました。 1324年(元亨4年)、恒性皇子は、後醍醐天皇の倒幕計画を事前に察知し、護良親王を鎌倉から追放しました。後醍醐天皇は、倒幕計画が発覚したことにより、隠岐島に配流されました。 1331年(元弘元年)、後醍醐天皇が隠岐島から脱出し、倒幕の兵を挙げました。恒性皇子は、鎌倉幕府軍を率いて、後醍醐天皇軍と戦いましたが、敗北しました。 1333年(元弘3年)、恒性皇子は、鎌倉幕府の滅亡とともに、自害しました。享年29歳でした。 恒性皇子は、若くして鎌倉幕府の執権に就任し、後醍醐天皇の倒幕計画を事前に察知するなど、優秀な政治家でした。しかし、元寇の再来に備えて九州に御家人の軍勢を集結させたことで、鎌倉幕府の財政を逼迫させてしまい、鎌倉幕府の滅亡を早めてしまいました。
歴史上の人物

三隅兼連 – 南北朝時代の武将

-三隅兼連の生涯- 三隅兼連は、南北朝時代の武将。安芸国三隅郡の国人領主。三隅兼重の子で、三隅兼連は、三隅氏の本貫地である安芸国三隅郡の国人領主・三隅兼重の子として生まれた。 応永17年(1410年)に父・兼重が没し、家督を継いだ。兼連は、安芸守護・武田信繁に従って、大内氏や尼子氏との戦いに参加した。応永24年(1417年)に尼子氏を破り、安芸守護職に任命された。 応永26年(1419年)に武田信繁が没すると、安芸守護職を解任された。その後、大内氏と尼子氏の争いに巻き込まれ、一時的に尼子氏に属したが、後に大内氏に帰順した。大永6年(1526年)に没した。 兼連は、安芸国三隅郡の国人領主として、武田氏や大内氏、尼子氏と渡り合ってきた武将だった。また、兼連は、三隅氏の本貫地である安芸国三隅郡の国人領主として、武田氏や大内氏、尼子氏と渡り合ってきた武将だった。
歴史上の人物

原田佐秀-鎌倉時代の武士

-菅家党の一員- 原田佐秀は、菅家党の一員として、鎌倉幕府の成立に貢献しました。菅家党とは、鎌倉幕府の有力御家人であった菅原氏の家臣団のことです。菅原氏は、平安時代中期に活躍した学者・政治家である菅原文時の末裔で、鎌倉幕府の初代将軍である源頼朝の信任を得て、幕府の要職を歴任しました。 原田佐秀は、菅原氏の家臣団の一員として、源頼朝の挙兵に参加し、鎌倉幕府の樹立に貢献しました。その後、佐秀は、鎌倉幕府の御家人として、奥州合戦や承久の乱などに参加し、武功を挙げました。佐秀は、源頼朝やその子である源頼家、源実朝の3代に仕え、鎌倉幕府の重臣として活躍しました。 佐秀は、鎌倉幕府の政務にも参画し、幕府の政策立案や裁定などに関わりました。また、佐秀は、鎌倉幕府の外交にも携わり、朝廷との交渉や外国との交渉などにも参加しました。佐秀は、鎌倉幕府の政務の中枢を担う人物として、重要な役割を果たしたのです。 原田佐秀は、鎌倉幕府の有力御家人として、鎌倉幕府の成立と発展に貢献した人物です。佐秀は、武功だけでなく、政務や外交にも優れており、鎌倉幕府の重臣として活躍しました。佐秀は、鎌倉幕府を代表する人物の一人であり、その功績は高く評価されています。
歴史上の人物

鷹取種佐:鎌倉時代の武将

伯耆船上山での後醍醐天皇との出会い 鎌倉時代末期、伯耆船上山(ほうきせんじょうざん)に、鷹取種佐(たかとりたねさ)という武将がいました。種佐は、源氏の名門である佐々木氏の一族で、弓の名手として知られていました。 ある日、種佐は船上山で狩りをしていたところ、一人の僧侶に出会いました。僧侶は、後醍醐天皇(ごだいごてんのう)でした。後醍醐天皇は、鎌倉幕府の専横に不満を抱き、幕府を倒して朝廷の権威を回復することを目指していました。 後醍醐天皇は、種佐の武勇を聞きつけて、彼に協力を求めました。種佐は、後醍醐天皇の志に共感し、天皇の挙兵に協力することを決意しました。 種佐は、自分の領地である伯耆国(ほうきこく)で兵を集め、後醍醐天皇の軍に加わりました。後醍醐天皇の軍は、鎌倉幕府の軍と戦い、最終的には鎌倉幕府を倒しました。 鎌倉幕府が倒れた後、後醍醐天皇は建武の新政を行い、朝廷の権威を回復しました。種佐は、建武の新政で功績を上げ、伯耆守護に任命されました。 しかし、建武の新政は長くは続きませんでした。鎌倉幕府の残党である足利尊氏(あしかがたかうじ)が反乱を起こし、後醍醐天皇は京都を追われました。種佐は、後醍醐天皇を護衛して、吉野に逃れました。 種佐は、吉野で後醍醐天皇を支え続け、足利尊氏と戦いました。しかし、足利尊氏の勢力は強く、種佐はついに敗れて討死しました。 種佐は、後醍醐天皇に忠義を尽くした武将でした。彼の武勇は、後醍醐天皇の建武の新政を支え、朝廷の権威を回復するのに貢献しました。
歴史上の人物

名和長年 – 伯耆出身の鎌倉・南北朝時代の武将

-船上山で挙兵した名和長年- 名和長年は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将です。伯耆国(現在の鳥取県)出身で、名和氏の当主を務めました。 長年は、後醍醐天皇の建武の新政に参加しましたが、足利尊氏に敗れて九州に逃れました。その後、尊氏に降伏して鎌倉幕府に仕えましたが、やがて反旗を翻し、船上山に拠って挙兵しました。 長年の挙兵は、鎌倉幕府を倒して建武の新政を復活させることを目的としていました。しかし、尊氏に敗れて船上山で自害しました。 長年の挙兵は、鎌倉幕府を倒すことはできませんでしたが、建武の新政の理念を継承して戦った武将として知られています。 -船上山の戦い- 船上山の戦いは、1337年(建武4年)に、名和長年が船上山に拠って挙兵した際に、足利尊氏と戦った戦いである。 長年は、尊氏に敗れて九州に逃れた後、尊氏に降伏して鎌倉幕府に仕えたが、やがて反旗を翻し、船上山に拠って挙兵した。 尊氏は、長年を討伐するために軍勢を派遣し、船上山を包囲した。長年は、尊氏の軍勢と激戦を交えたが、やがて敗れて船上山で自害した。 船上山の戦いは、尊氏の勝利に終わり、名和氏の本拠地であった船上山は焼失した。長年の死により、建武の新政の勢力は衰退し、尊氏の勢力が拡大することになった。 -長年の死後- 長年の死後、名和氏は衰退し、やがて滅亡した。しかし、長年の名は、建武の新政の理念を継承して戦った武将として知られている。 長年の墓は、船上山の麓にある。毎年、長年の命日には、地元の人々によって供養が行われている。
歴史上の人物

粟飯原氏光の生涯~鎌倉幕府から南北朝時代を駆け抜けた武将~

-鎌倉幕府に仕えた氏光- 粟飯原氏光は、鎌倉幕府の御家人として活躍した武将です。彼は、1224年に鎌倉で生まれ、1304年に亡くなりました。氏光の父は、鎌倉幕府の有力御家人である粟飯原忠光であり、氏光は忠光の嫡男として生まれました。 氏光は、幼い頃から武芸に優れ、13歳で鎌倉幕府の将軍である源頼嗣に仕えました。頼嗣は、氏光の武勇を気に入り、氏光を側近として重用しました。しかし、1247年に頼嗣が失脚すると、氏光も連座して謹慎を命じられました。 謹慎が解かれた後、氏光は再び鎌倉幕府に仕え、1252年に武蔵守に任命されました。武蔵守は、現在の埼玉県と東京都の一部を管轄する役職であり、氏光は武蔵国における幕府の代表者として活躍しました。 氏光是、1274年の文永の役と1281年の弘安の役にも従軍し、元軍と戦いました。文永の役では、氏光は博多湾に侵攻した元軍を撃退し、弘安の役では、氏光は九州に侵攻した元軍を撃退して、鎌倉幕府の勝利に貢献しました。 鎌倉幕府の滅亡後は、氏光は足利尊氏に仕えました。尊氏は、1333年に鎌倉幕府を倒して室町幕府を開き、氏光は室町幕府の御家人として活躍しました。氏光は、1336年に越後守に任命され、越後国における室町幕府の代表者として活躍しました。 氏光是、1304年に越後国で亡くなりました。享年81歳でした。氏光の死後、粟飯原氏は衰退し、室町時代中期に断絶しました。
歴史上の人物

戦国時代の武士「金持景藤」- 生涯と功績

-金持景藤の功績 - 隠岐脱出と船上山挙兵- 金持景藤は、戦国時代の武将であり、尼子氏の家臣として活躍しました。彼は、隠岐島から脱出し、船上山に挙兵して尼子氏再興に尽力しました。 隠岐脱出は、金持景藤の最も有名な功績の1つです。1566年、尼子氏の本拠地である月山富田城が毛利氏に攻め落とされ、尼子義久は隠岐島に逃れました。金持景藤は、義久に従って隠岐島に渡り、そこで毛利氏の追撃を逃れて生き延びました。 1569年、金持景藤は隠岐島から脱出し、船上山に挙兵しました。彼は、尼子氏再興を掲げて、毛利氏に対して戦いを挑みました。金持景藤は、毛利氏に対して何度も勝利を収め、尼子氏再興に貢献しました。 しかし、1573年、金持景藤は毛利氏に敗れ、戦死しました。金持景藤の死によって、尼子氏再興の夢は潰えました。しかし、金持景藤の功績は、後世に語り継がれています。 金持景藤の隠岐脱出と船上山挙兵は、彼の勇気と決意を示すものであり、戦国時代の武将の中でも最も重要な出来事のひとつです。金持景藤の功績は、後世に語り継がれ、彼の名は、戦国時代の英雄として記憶されています。
歴史上の人物

– 中原章兼→ 鎌倉-南北朝時代の官吏と明法家

中原章兼の生い立ちと生涯 中原章兼は、1296年(永仁4年)に鎌倉幕府の御家人、中原師兼の子として鎌倉で生まれた。師兼は、中原氏の嫡流である中原師元の子で、中原氏は、平安時代以来、代々朝廷の官吏や明法家を務めてきた名門である。章兼は、そのような名門の出であり、幼い頃から学問に励み、明法博士の資格を取得した。 章兼は、鎌倉幕府に出仕し、政務に携わった。1321年(元亨元年)には、評定衆に任命され、1333年(元弘3年)には、執権北条守時のもとで評定衆の寄合衆を務めた。また、章兼は、明法家としても活躍し、1336年(建武3年)に、後醍醐天皇の命を受けて、建武式目を制定した。建武式目は、鎌倉幕府の武家法を改め、公家法を復活させた法典であり、章兼の明法家としての能力の高さがうかがえる。 章兼は、1339年(暦応2年)に、後醍醐天皇の命を受けて、足利尊氏の追討に赴いた。しかし、章兼は、尊氏に敗れ、鎌倉に退却した。その後、章兼は、鎌倉幕府の滅亡とともに、失意のうちに没した。章兼は、鎌倉-南北朝時代の官吏と明法家として活躍した人物であり、彼の死は、鎌倉幕府の滅亡とともに、一個の時代の終わりを告げたのである。
歴史上の人物

尹良親王-南朝の血を引く反乱を起こした皇子

尹良親王とは? 尹良親王(いんならしんのう 825年 - 850年)は、平安時代初期の皇族。神 Saga天皇の第三皇子で、母は藤原正子の腹。正六位下・左兵衛佐。 尹良親王については、史書に記載される情報は乏しい。幼名は宗良王(むねよしおう)で、承和2年(835年)に親王宣下を受ける。承和8年(841年)に、仁明天皇の第八皇子・常康親王(恒貞親王)が亡くなった際に同母兄の惟仁親王(のちの文徳天皇)とともに、親王位を停止された。 嘉祥3年(850年)2月、惟仁親王(文徳天皇)が即位すると、尹良親王は母方の叔父である藤原良輔らと謀り、南朝の血を引く反乱を起こした。しかし、反乱はすぐに鎮圧され、尹良親王は捕らえられて伊豆国に流された。同年3月に伊豆国で自害し、その遺体は丹波国に葬られた。 尹良親王の反乱は、南朝と北朝の対立が解決していないことを示すものであり、平安時代前期の政治情勢を理解する上で重要な事件である。 尹良親王の反乱の背景には、南朝と北朝の対立があった。南朝とは、桓武天皇の孫である安殿親王を祖とする皇統で、北朝とは、桓武天皇の弟である嵯峨天皇を祖とする皇統のことである。 承和の変で南朝の安殿親王が没落した後、南朝は衰退したが、完全に滅亡したわけではなかった。承和8年(841年)に、仁明天皇の第八皇子・常康親王が亡くなった際に、尹良親王と惟仁親王(のちの文徳天皇)は、親王位を停止された。これは、南朝の血を引く皇族が皇位を継承することを防ぐためであった。 嘉祥3年(850年)に、惟仁親王(文徳天皇)が即位すると、尹良親王は藤原良輔らと謀り、南朝の血を引く反乱を起こした。しかし、反乱はすぐに鎮圧され、尹良親王は捕らえられて伊豆国に流された。同年3月に伊豆国で自害し、その遺体は丹波国に葬られた。 尹良親王の反乱は、南朝と北朝の対立が解決していないことを示すものであり、平安時代前期の政治情勢を理解する上で重要な事件である。
歴史上の人物

有元佐弘 – 鎌倉時代の武将

- 有元佐弘の生涯 有元佐弘は、鎌倉時代の武将です。上野国邑楽郡有元郷(現・群馬県邑楽郡大泉町)を本拠地とし、佐竹氏の一族である小山氏に仕えていました。 元弘元年(1331年)、後醍醐天皇が鎌倉幕府に挙兵すると、佐弘は小山氏に従って幕府軍を破り、鎌倉を攻略しました。その後、佐弘は建武政権に従い、足利尊氏の鎌倉攻めに抵抗しましたが、敗北して足利氏に降伏しました。 文和元年(1352年)、尊氏が北朝を樹立すると、佐弘は北朝に仕え、貞治2年(1363年)に上野国守護に任命されました。その後、佐弘は上野国守護として、足利氏と南朝方の新田義貞の戦いで活躍しました。 応安3年(1370年)、佐弘は73歳で亡くなりました。法名は光山光鉄禅定門。佐弘の死後、有元氏は衰退し、やがて滅亡しました。 -# 佐弘の事績 佐弘は、足利氏に従い、南北朝の内乱で活躍しました。また、上野国守護として、上野国の治安維持に努めました。佐弘は武勇に優れ、有元氏の領地を拡大しました。 佐弘は、上野国の有力な武将であり、鎌倉幕府と足利氏に仕えました。また、上野国守護として、上野国の治安維持に努めました。佐弘は、武勇に優れ、有元氏の領地を拡大しました。
歴史上の人物

「静尊法親王」

-# -静尊法親王とは- 静尊法親王は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての皇族・僧侶である。光仁天皇の孫である桓武天皇の曾孫にあたる。 1161年、後白河天皇の第五皇子として生まれる。母は平滋子。幼名は重仁。 1168年、出家し、法名を静尊と改める。翌年、仁和寺に入寺し、1177年に同寺の門跡となる。 1181年、平清盛の娘である建礼門院徳子の入内を機に、後白河天皇により即位させられた安徳天皇の叔父として、権大納言に任ぜられる。しかし、同年11月に壇ノ浦の戦いで安徳天皇が崩御したため、皇位を退いた。 その後、静尊法親王は、引き続き仁和寺に住持し、1185年に同寺の座主となる。1198年には、後鳥羽天皇より大僧正に任じられた。 1204年、死去。享年44。
歴史上の人物

ー「春日局(3)」

西園寺公宗の妻(日野名子)の侍女 西園寺公宗の妻である日野名子は、豊臣秀吉の側室であるおね(茶々)の姉妹であり、豊臣家と西園寺家との関係を深めるために嫁いだ人物でした。名子は、西園寺家に入ってからも、おねや豊臣秀吉との交流を続けており、豊臣家の情報を得ていました。 また、名子は、春日局の兄である稲葉正成とも親しく、春日局と交流を深めるようになりました。正成は、春日局に、豊臣家の情報を提供し、豊臣家を監視するよう命じました。名子は、春日局に協力し、豊臣家の情報を集めて報告しました。 名子は、豊臣家と西園寺家との関係を深めるために嫁いだ人物でしたが、春日局と協力して豊臣家を監視する役割も果たしていました。名子は、春日局に、豊臣家の情報を提供し、豊臣家の動向を報告していました。
歴史上の人物

人物辞典-「顕円」

「顕円」の生涯と事績 顕円(けんえん、1051年 - 1122年)は、平安時代後期の天台宗の僧侶、法相宗の僧侶。俗姓は藤原氏。父は藤原顕忠、母は藤原伊周の娘。妻は藤原敦基の娘。子は顕真。 1051年(天喜4年)、藤原顕忠の子として生まれる。幼名は覚範。12歳で比叡山に登り、顕光に師事する。顕光は比叡山延暦寺の僧侶であり、法相宗の教学にも通じていた。顕円は顕光の薫陶を受け、天台宗と法相宗の両方の教えを学ぶ。 1074年(承保元年)、顕円は比叡山延暦寺の第65代座主に就任する。座主在任中は、比叡山延暦寺の復興に尽力し、多くの堂宇を建立した。また、法相宗の教学を広めるために、法相宗の僧侶を比叡山延暦寺に招聘した。 1086年(応徳3年)、顕円は比叡山延暦寺の座主を辞任し、法相宗の総本山である興福寺に移る。興福寺では、法相宗の教学を講じ、多くの弟子を育てた。また、興福寺の復興にも尽力し、多くの堂宇を建立した。 1122年(保安3年)、興福寺で死去。享年72。 顕円は、天台宗と法相宗の両方の教えに通じた高僧であり、両宗の教学の発展に貢献した。また、比叡山延暦寺と興福寺の復興に尽力し、多くの堂宇を建立した。顕円は、平安時代後期の仏教界において重要な役割を果たした人物である。
歴史上の人物

西園寺公宗

-西園寺公宗の生涯- 平安時代後期から鎌倉時代初期にかけての公卿。西園寺実宗の子。母は権中納言・藤原経実の娘。妻は平清盛の娘・平滋子。子は西園寺公経、西園寺公頼、西園寺公時、西園寺公成、西園寺公宗、西園寺実雅。 【公家の家柄である西園寺家に生まれる】 1167年、公卿・西園寺実宗の子として誕生する。母は藤原経実の娘。 【平清盛の娘と結婚】 1183年、平清盛の娘・平滋子と結婚。 【平清盛の台頭と西園寺公宗の活躍】 1180年代以降、平清盛の台頭により西園寺家も権勢を強める。公宗も左大臣に昇進し、清盛の政権を支える。 【源頼朝の挙兵と西園寺公宗の対応】 1180年、源頼朝が挙兵し、平家と源氏の間に源平合戦が勃発する。公宗は初め平家方に与するが、1183年に源氏に降伏する。 【源頼朝の死と西園寺公宗の没落】 1199年、源頼朝が死去する。公宗は頼朝の死後に失脚し、出家して法然の弟子となる。 【西園寺公宗の死】 1225年、公宗は59歳で死去した。
歴史上の人物

伊賀局(1) – 南北朝時代の女官

-伊賀局の生涯- 伊賀局は、南北朝時代の女官で、後醍醐天皇の側室であった。北畠顕家の母としても知られている。 伊賀局は、伊賀国の出身で、父は伊賀守であった。幼名は伊賀の方と呼ばれていた。延元2年(1337年)に後醍醐天皇の側室となり、顕家を産んだ。しかし、建武3年(1336年)に後醍醐天皇が北朝に降伏した後は、顕家と共に京都を追われて、吉野に潜伏した。 吉野では、伊賀局は顕家の養育に専念した。顕家は南朝方の有力な武将として活躍し、正平23年(1368年)には北朝方の足利尊氏を破り、京都を奪還した。 しかし、正平24年(1369年)に尊氏が京都を奪還し、顕家は再び吉野に敗走した。伊賀局も顕家と共に吉野に落ち延びた。 吉野では、伊賀局は顕家の死まで、彼の側で支え続けた。顕家は正平27年(1372年)に病死し、伊賀局もその後まもなく亡くなった。 伊賀局は、南北朝時代の動乱の中で、顕家を支え続けた女傑であった。彼女の生涯は、南北朝時代の女性の生き方を物語っている。
歴史上の人物

北条登子-鎌倉・南北朝時代の女性

-足利尊氏の正室としての北条登子- 北条登子は、鎌倉時代末期の女性で、足利尊氏の正室でした。登子は、鎌倉幕府の執権である北条高時の娘として生まれ、幼い頃から武芸に秀でた女性として知られていました。1333年、鎌倉幕府が倒れた後、尊氏は後醍醐天皇に叛旗を翻し、建武の新政を倒しました。尊氏は室町幕府を開き、初代将軍となりました。登子は、尊氏の正室として、その権力を支えました。 登子は、尊氏との間に、足利義詮、足利直義、足利基氏、足利直冬、足利貞氏、足利義満の6人の男子を儲けました。登子は、尊氏の死後も、室町幕府の権力を維持するために尽力しました。1362年、登子は尊氏の死後、出家して尼となり、1381年に亡くなりました。 登子は、足利尊氏の正室として、室町幕府の権力を支えた、重要な女性でした。登子は、武芸に秀でた女性としても知られており、尊氏の死後は、出家して尼となり、1381年に亡くなりました。
歴史上の人物

明極楚俊

-# 明極楚俊臨済宗の僧 明極楚俊(1171-1252)は、中国宋代の臨済宗の僧侶です。字は具茨(ぐし)、号は宝峯(ほうほう)です。 浙江省杭州府銭塘県の出身です。若くして出家し、浄慈寺の了庵清欲に師事して禅を学びました。その後、天童山に参じて雪竇重顕に師事し、印可を受けました。 1210年、楚俊は住職として明極寺に招聘され、その後、径山寺、浄慈寺、万寿寺などの住職を歴任しました。 楚俊は、臨済宗の正統派とされる圜悟克勤(えんごこっきん)の法系を継承し、中国禅宗史上において重要な人物とされています。 楚俊は、禅の悟りを得るためには、「無念無想」の境地に至ることが必要であると説きました。また、禅の修行は、日常生活のすべてにおいて行うべきものであると主張しました。 楚俊は、多くの弟子を育て上げ、その中には、後に臨済宗の五家七宗の一派である楊岐派の祖となった楊岐方会(ようぎほうえ)も含まれています。 楚俊の禅思想は、中国禅宗の発展に大きな影響を与えました。また、楚俊の著作である『明極楚俊禅師語録』は、禅の修行者にとって貴重な資料となっています。
歴史上の人物

和田助家-鎌倉-南北朝時代の武将

和田助家の生涯 鎌倉時代の武将で、和田義盛の嫡男。幼名は七郎または赤松丸。通称は小四郎、四郎。 1213年、和田義盛の嫡男として誕生。父・義盛は鎌倉幕府の有力御家人で、和田一族は幕府内で大きな権力を握っていた。 1221年、父・義盛が北条義時に謀反の疑いをかけられ、誅殺される。助家は父と共に誅殺されることを逃れ、伊賀国に逃亡する。 1223年、北条義時が死去。和田一族は幕府に復帰し、助家は鎌倉に帰参する。 1224年、兄・義直が死去。助家は和田一族の当主となる。 1225年、安達景盛の娘と結婚する。 1227年、北条泰時が死去。北条氏と和田氏の対立が激化する。 1230年、和田一族が挙兵し、北条氏と戦う。しかし、北条氏の軍勢に敗れ、助家は自害する。享年18。 助家は、若くして戦乱の世に翻弄された悲劇の武将として知られている。
歴史上の人物

紀正泰 – 南北朝時代の武将 –

-後醍醐天皇と紀正泰- 紀正泰は、南北朝時代の武将で、後醍醐天皇の忠臣として仕えた。正平元年(1346年)に、後醍醐天皇の命を受けて、楠木正成らとともに湊川の戦いで足利尊氏と戦った。しかし、この戦いで正成が戦死し、正泰も敗走した。その後、正泰は後醍醐天皇に従って吉野に逃れ、忠臣として仕え続けた。 正平6年(1351年)、正泰は後醍醐天皇の命を受けて、足利尊氏と和睦交渉を行った。この交渉は成功し、正平7年(1352年)に、正泰は足利尊氏と和睦を結んだ。この和睦により、後醍醐天皇は京都に戻ることができ、南北朝は統一された。 正平13年(1358年)、足利尊氏が死去すると、正泰は足利義詮と戦った。しかし、この戦いで正泰は敗北し、吉野に逃亡した。その後、正泰は吉野で後醍醐天皇に仕え続け、正平19年(1364年)に死去した。 紀正泰は、後醍醐天皇の忠臣として仕え、南北朝統一に貢献した武将である。正泰の功績は、後世の人々から称賛されている。
歴史上の人物

昭慶門院 – 鎌倉時代の皇女

昭慶門院の生涯 昭慶門院(しょうけいもんいん、1212年 - 1283年)は、鎌倉時代の皇女で、後鳥羽天皇の第二皇女。母は典侍・藤原重子。異母兄に順徳天皇、土御門天皇、同母兄弟に後堀河天皇、邦仁親王、雅成親王、貞良親王がいる。 建保4年(1216年)に父帝が承久の乱で敗れた後、順徳上皇、土御門上皇とともに隠岐国に流され、そこで成長した。寛喜3年(1231年)に隠岐国から京都に戻り、嘉禎元年(1235年)に出家して法名を真浄と称した。 仁治2年(1241年)に後堀河天皇の准母として院宣を受け、昭慶門院と号した。以後、後堀河天皇、四条天皇、後深草天皇の三代の天皇の准母として、宮廷に大きな影響力を持った。 文永10年(1273年)には、蒙古襲来に際して、後深草天皇に宝剣と御璽を奉じて戦勝を祈願した。弘安6年(1283年)に72歳で薨去した。 昭慶門院は、鎌倉時代の皇女として、政治に大きな影響力を持った人物である。また、和歌にも優れ、『新勅撰和歌集』、『続後撰和歌集』、『続拾遺和歌集』など多くの歌集にその歌が収められている。
歴史上の人物

北畠顕家(1318-1338)

-# 北畠顕家(1318-1338) -- 北畠顕家の生涯 北畠顕家は、南北朝時代の公卿・武人。大納言・北畠親房の長男。官位は従二位権大納言。 1318年に京都で生まれた。1331年、14歳のときに元服し、顕家と名乗った。1333年に鎌倉幕府が滅亡すると、父・親房とともに京都に帰還。建武政権の成立に貢献した。 1336年、足利尊氏が建武政権を離反して京都を占領すると、顕家は父・親房とともに吉野に逃れ、南朝を樹立した。顕家は南朝の総大将として、尊氏と戦った。 1338年、顕家は尊氏に敗れて戦死した。享年21。 顕家は、南朝の忠臣として知られている。その生涯は、太平記や神皇正統記などの歴史書に描かれている。 顕家の墓は、奈良県吉野町の吉野水分神社にある。
歴史上の人物

康仁親王 – 鎌倉-南北朝時代の皇族

-康仁親王の生涯- 康仁親王(やすひとしんのう、安嘉門院、1326年 - 1383年)は、日本の南北朝時代の皇族・園城寺の第141世座主(園城寺の長官)。後醍醐天皇の第5皇子。母は二条為世の娘・珣子。光厳天皇の同母弟。尊円法親王の養子。大覚寺統の皇統の傍系であり、大覚寺統の最有力の皇位継承候補者であり、南朝において事実上の皇太弟であった。 -幼少期- 康仁親王は、1326年に後醍醐天皇の第5皇子として誕生した。母は二条為世の娘・珣子であった。康仁親王は、幼少期に光厳天皇の同母弟として養育された。 -鎌倉-南北朝時代- 1336年、後醍醐天皇が鎌倉幕府に捕らえられ、光厳天皇が擁立された。康仁親王は、兄である光厳天皇の即位に伴い、1336年に園城寺の第141世座主となった。 1338年、後醍醐天皇が隠岐島に配流された。康仁親王は、兄である光厳天皇の即位に伴い、1338年に園城寺の第141世座主となった。 1352年、後醍醐天皇が京都に戻り、南朝を樹立した。康仁親王は、南朝において事実上の皇太弟とされた。 1368年、南朝が滅亡した。康仁親王は、北朝に降伏し、出家した。 -晩年- 康仁親王は、1383年に58歳で薨去した。 康仁親王は、鎌倉-南北朝時代の皇族であり、園城寺の第141世座主であった。康仁親王は、南朝において事実上の皇太弟とされたが、南朝が滅亡し、北朝に降伏した。康仁親王は、出家後、58歳で薨去した。
歴史上の人物

「玄海(2)」

瓊算から伝法灌頂を受ける 玄海は、瓊算から伝法灌頂を受け、密教の教えを学びました。伝法灌頂とは、師匠から弟子に密教の教えを伝える儀式のことです。玄海は、瓊算から密教の奥義を授かり、密教の行者として本格的に活動するようになりました。 玄海は、瓊算から伝法灌頂を受けると、各地を巡り、密教の教えを説きました。彼は、比叡山で天台宗の僧侶たちに密教の教えを説き、また、奈良の東大寺で華厳宗の僧侶たちに密教の教えを説きました。玄海は、密教の教えを広めるために、精力的に活動しました。 玄海は、密教の教えを説くだけでなく、密教の修行も行いました。彼は、山に籠って厳しい修行を行い、密教の奥義を極めました。玄海は、密教の修行によって、高い悟りを得て、密教の行者として大きな名声を得るようになりました。 玄海は、密教の教えを学び、密教の修行を行うことで、密教の行者として大きな名声を得ました。彼は、密教の教えを広めるために、精力的に活動し、多くの弟子を育てました。玄海は、密教の発展に大きく貢献した人物として知られています。