後鳥羽上皇

歴史上の偉人

信房 – 平安後期から鎌倉時代にかけての刀工

-平安後期から鎌倉時代にかけて活躍した刀工- 平安後期から鎌倉時代にかけて、日本には多くの優れた刀工が活躍しました。その中でも、特に有名なのが信房です。信房は、備前国(現在の岡山県)に生まれ、平安後期から鎌倉時代初期にかけて活躍した刀工です。信房の刀は、切れ味と耐久性に優れており、名刀として知られています。信房は、日本刀の製作技術に大きな影響を与えた人物であり、彼の作品は現在でも多くの人々に愛されています。 信房の刀は、主に太刀や脇差などの実戦用の刀剣です。信房の刀の特徴は、刃文が直線的で、地鉄が細かく詰んでいることです。また、信房の刀は、切れ味と耐久性に優れています。信房の刀は、日本刀の製作技術に大きな影響を与えた人物であり、彼の作品は現在でも多くの人々に愛されています。 信房の刀は、多くの武将や武士に愛用されました。源頼朝、源義経、足利尊氏など、日本の歴史上、名だたる武将たちが信房の刀を愛用していました。信房の刀は、切れ味と耐久性に優れており、実戦においても活躍しました。信房の刀は、日本刀の製作技術に大きな影響を与えた人物であり、彼の作品は現在でも多くの人々に愛されています。
歴史上の偉人

「五条有範」

五条有範とは 五条有範とは、平安時代後期の公卿、歌人である。藤原北家の流れを汲む五条家の祖で、従二位権大納言にまで昇進した。また、歌人として『後拾遺和歌集』や『金葉和歌集』などに作品を残した。 五条有範は、源師房の息子の藤原良綱を祖父に、良業の子の藤原有信を父として生まれた。有信は正二位大納言と高い位に上ったが、有範自身は従二位権大納言に止まり、父を越えることはできなかった。 有範は、歌人として『後拾遺和歌集』や『金葉和歌集』などに作品を残した。彼の歌は、優美で情感豊かな作風で知られ、多くの歌人が模範とした。また、有範は、歌壇のリーダー的存在として活躍し、多くの歌人を育成した。 有範は、保延6年(1140年)に72歳で亡くなった。彼の死は、歌壇に大きな影響を与え、多くの歌人が彼の死を悼んだ。
歴史上の偉人

人物事典→ 小野盛綱

小野盛綱 概要 小野盛綱は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。常陸国(現在の茨城県)の豪族。父は小野次郎資忠。母は信田庄司忠頼の娘。妻は久慈二郎重光の娘。子は盛実、盛経、盛定、盛澄、盛俊、盛時、盛国、盛基、盛治、盛義、盛宗、盛信、盛房、盛隆、盛政、盛業。 盛綱は、常陸国の豪族小野氏の当主。常陸国北部の久慈郡を領有し、久慈川沿いに居館を構えていた。 治承4年(1180年)源頼朝が挙兵すると、盛綱は頼朝に味方し、源平合戦で活躍した。『吾妻鏡』によれば、盛綱は寿永3年(1184年)の倶利伽羅峠の戦い、文治元年(1185年)の一ノ谷の戦い、同2年の壇ノ浦の戦いで功績を挙げ、源頼朝より常陸国茨城郡の知行を与えられた。 建久10年(1199年)に頼朝が亡くなると、盛綱は頼朝の遺言により、子の頼家に仕えた。 建仁元年(1201年)に頼家が侍所別当を辞任すると、盛綱は侍所別当に任命された。侍所別当は、源頼朝の創設した御家人の統率機関である。盛綱は侍所別当として、御家人の統制と治安維持に努めた。 建仁2年(1202年)に頼家が廃嫡されると、盛綱は頼家の子の一幡を擁立しようとしたが失敗した。その後、頼家の弟の源実朝が将軍になると、盛綱は実朝に仕えた。 元久2年(1205年)に実朝が暗殺されると、盛綱は賴家の遺児である公暁を擁立しようとしたが、失敗した。その後、北条氏と和睦し、常陸国に隠退した。 承久3年(1221年)に承久の乱が起こると、盛綱は乱に呼応し、鎌倉を攻めた。しかし、北条泰時率いる幕府軍に敗れ、常陸国に逃れた。 嘉禄元年(1225年)に盛綱は亡くなった。享年71。法名は正覚寺殿盛綱大居士。墓所は常陸国茨城郡の正覚寺。 盛綱は、常陸国の豪族として源頼朝に仕え、源平合戦で活躍した武将である。頼朝の死後は、頼家、実朝に仕え、侍所別当として御家人の統制と治安維持に努めた。承久の乱では、幕府軍に敗れ、常陸国に逃れた。
歴史上の偉人

三浦胤義 – 鎌倉時代の武将

三浦胤義の生涯 三浦胤義は、鎌倉時代前期の武将です。三浦義村の次男として生まれ、兄の泰村と共に三浦氏を継ぎました。胤義は、承久の乱で朝廷軍を破って鎌倉幕府の勝利に貢献し、その功績により北条泰時の娘である阿波局を正室に迎えました。 胤義は、泰時の死後、幕府の執権を務めた北条経時の補佐役として活躍しました。経時の死後は、その子の北条時頼の執政を助け、幕府の権威を高めることに努めました。 胤義は、文永11年(1274年)に60歳で亡くなりました。その死は、幕府にとって大きな損失となり、時頼は胤義の死を深く悲しみました。 三浦胤義は、鎌倉幕府の有力御家人であり、その生涯は波乱に満ちていました。承久の乱での活躍や執権北条経時の補佐役として果たした役割など、胤義の功績は大きく、その名は鎌倉幕府の歴史に永遠に刻まれています。
歴史上の偉人

葉室宗行-鎌倉時代の公卿

葉室宗行の生涯 葉室宗行(1217-1276)は、鎌倉時代の公卿。父は参議・葉室定嗣。母は平通政の娘。藤原北家閑院流葉室家の祖。 葉室家は、藤原北家閑院流の一支流で、九条兼実の次男・藤原定嗣を祖とする。定嗣は、建仁2年(1202年)に参議に任じられ、建保6年(1218年)には権中納言に昇進した。宗行は、定嗣の長男として、建保5年(1217年)に誕生した。 宗行は、幼少期から聡明で、学問に励んだ。元仁元年(1224年)に17歳で元服し、建長2年(1250年)に右近衛権少将に任じられた。建長4年(1252年)には、左近衛権少将に転任し、建長7年(1255年)には、左近衛権中将に昇進した。 正嘉元年(1257年)に、宗行は参議に任じられ、公卿に列した。正嘉2年(1258年)には、右兵衛督を兼任し、建治元年(1275年)には、権中納言に昇進した。 宗行は、公卿として、朝廷の儀式や政務に参画した。また、学問にも優れており、和歌や漢詩を詠み、多くの著作を残した。 宗行は、建治2年(1276年)に59歳で亡くなった。死後、正二位を追贈され、菩提寺である清水寺に葬られた。 宗行は、公卿として、朝廷の儀式や政務に参画し、学問にも優れており、和歌や漢詩を詠み、多くの著作を残した。鎌倉時代の公卿として、重要な役割を果たした人物である。
歴史上の偉人

河野通信 – 平安後期から鎌倉時代にかけて活躍した武将

# 河野通信の生涯 河野通信は、平安後期から鎌倉時代にかけて活躍した武将です。河野氏は、伊予国(現在の愛媛県)を拠点とした豪族で、通信は河野氏の第9代当主でした。 通信は、1156年に生まれました。河野氏は、平家一門に属しており、通信も平治の乱では平家方として戦いました。しかし、平家が滅亡すると、通信は源頼朝に降伏します。頼朝に仕えた通信は、源平合戦にも加わり、功績を上げています。 1185年、河野通信は四国の覇権をめぐる「源平四国合戦」に参戦しました。 平家の遠征軍を迎え撃ち、讃岐国(現在の香川県)で激戦を繰り広げました。この合戦で通信は、平家の軍勢を撃退し、四国の制圧に成功しました。 1189年、通信は源頼朝の命を受けて、伊予国に守護職を設置します。守護職とは、幕府が各地域に任命した官職で、地方を統治する役割を担っていました。通信は、伊予国の守護職に任命されることで、伊予国の支配を固めることに成功しました。 1201年、通信は死去しました。享年46歳でした。通信の死後、河野氏は伊予国の支配を続け、戦国時代まで存続しました。通信は、河野氏を伊予国の有力豪族に育て上げた名将として知られています。
歴史上の偉人

「藤原実基」の生涯と不祥事

藤原実基とは 藤原実基は、平安時代末期の公卿。藤原北家、摂政・藤原忠実の次男。母は源顕房の娘・俊子。妻は藤原光隆の娘、藤原光隆の娘、藤原経宗の娘。実基の子に、藤原実宗、藤原実兼、藤原実信、藤原実定、藤原実親など。官位は従一位・右大臣。 藤原実基は、父・忠実の死後、兄・基房の摂政就任を助けて権勢を振るう。しかし、その後、実基は基房と対立し、保元の乱で敗れて失脚した。その後、実基は赦免されて再び政界に復帰し、右大臣にまで昇進した。しかし、実基は再び失脚し、流罪となった。 実基は、優れた歌人としても知られており、藤原定家らと同時代に活躍した。実基の和歌は、優美で繊細な作風が特徴であり、当時の歌壇に大きな影響を与えた。 藤原実基の子孫は、鎌倉時代以降も幕府や公家社会で活躍した。特に、実基の孫・藤原基通は、鎌倉幕府の執権・北条時頼の娘を妻とし、北条氏と深い関係を築いた。 藤原実基は、平安時代末期の公卿であり、優れた歌人でもあった。実基は、保元の乱で敗れて失脚するなど、波乱の人生を送ったが、その歌才は高く評価されている。
歴史上の偉人

伊賀光綱→ 若くして散った鎌倉時代の武士

伊賀光綱の生涯と功績 伊賀光綱は、1198年(建久9年)に常陸国の伊賀氏の嫡男として誕生しました。幼い頃から武芸に秀で、鎌倉幕府の侍所所司の北条泰時に見込まれて、13歳で幕府の御家人となりました。 1221年(建保9年)には、承久の乱で幕府軍に従軍し、功績を上げました。この戦いで、光綱は源実朝を討ったとされ、幕府から感状を授与されました。 1232年(貞永元年)に、光綱は北条泰時の命を受けて、越後国の御家人を討伐しました。この戦いで、光綱は大いに功を上げ、北条泰時から越後国の地頭職を与えられました。 1244年(寛元2年)には、幕府の六波羅探題に任命されました。六波羅探題は、鎌倉幕府の京都における出先機関であり、光綱は京都の治安維持や幕府の命令を執行する役割を担っていました。 1247年(寛元5年)、光綱は北条泰時が亡くなった後、幕府の執権となった北条経時から、肥後国の地頭職を与えられました。肥後は、鎌倉幕府にとって重要な土地であり、光綱は肥後の治安維持や幕府の命令を執行する役割を担っていました。 1251年(建長3年)、光綱は肥後国で亡くなりました。享年54歳でした。光綱は、鎌倉幕府に仕えて功績を上げ、若くして亡くなりましたが、その功績は今も語り継がれています。
歴史上の偉人

鎌倉時代の武将二階堂行光の一生

-二階堂行光の生涯- 二階堂行光(1231年 - 1287年)は、鎌倉時代の武将です。二階堂氏の祖であり、鎌倉幕府の有力御家人として活躍しました。 行光は、1231年に二階堂行政の子として誕生しました。幼名は太郎、通称は八郎です。1247年に元服し、二階堂行光の諱を名乗りました。 行光は、1251年に鎌倉幕府の御家人となり、1256年に評定衆に任命されました。評定衆とは、幕府の重臣による合議制の機関であり、評定衆のメンバーは幕政を左右する重要な役割を果たしました。 行光は、評定衆として幕政に参画する傍ら、各地の戦にも従軍しました。1257年に発生した蒙古襲来では、肥前国の菊池城に籠もり、蒙古軍を撃退する功績を挙げました。 また、行光は、1274年に勃発した文永の役にも従軍し、九州各地で蒙古軍と戦いました。文永の役では、蒙古軍に敗北を喫しましたが、行光は奮戦し、幕府から感状を賜りました。 行光は、1281年に評定衆を辞任し、隠居しました。しかし、1287年に再び評定衆に任命され、幕政に復帰しました。1287年に死去するまで、幕政に参画し続けました。 行光は、鎌倉幕府の有力御家人として、幕政に参画し、各地の戦にも従軍するなど、活躍しました。行光は、特に蒙古襲来や文永の役で功績を挙げ、幕府から感状を賜りました。行光は、鎌倉幕府の崩壊後も生き延び、鎌倉幕府滅亡から3年後に死去しました。
歴史上の偉人

平清基 – 鎌倉時代の武将、平康頼の子、父から阿波麻殖保の保司職をつぐ

-# 平清基の生い立ちと家系 平清基は、鎌倉時代の武将です。平康頼の子として生まれ、父から阿波麻殖保の保司職を継ぎました。保司とは、荘園の行政官のことです。平清基は、阿波国麻殖保の荘園を管理していました。 平清基の生年は不明ですが、12世紀の後半に生まれたものと思われます。父である平康頼は、源義朝に仕えた武将でした。源義朝が平治の乱で敗死した後、平康頼は阿波国に逃れ、麻殖保に土着しました。 平清基は、父である平康頼から武士としての教育を受けました。また、保司としての行政の仕事も学んだと思われます。平清基は、阿波国で勢力を持ち、源頼朝の挙兵に参加しました。源頼朝が鎌倉幕府を開いた後、平清基は鎌倉幕府の御家人となりました。 平清基は、1221年に亡くなりました。享年は不明です。平清基には、数人の子がいましたが、その名前は伝わっていません。平清基の死後、麻殖保の保司職は、子の平清貞が継ぎました。
歴史上の偉人

城長茂 – 平安後期から鎌倉時代にかけての武将

-源平の争乱で平家方として戦い、源義仲を破る- 城長茂は、平安後期から鎌倉時代にかけての武将です。平家方として源平の争乱で戦い、源義仲を破りました。 源平の争乱は、平家と源氏の二大勢力が覇権を争った戦いでした。城長茂は、平家方の有力武将として、源氏方と戦いました。 寿永2年(1183年)、城長茂は源義仲軍と戦いました。この戦いでは、城長茂が勝利し、源義仲を破りました。源義仲は、この戦いで討ち死にしました。 城長茂は、源義仲を破ったことで、平家方の中での地位を高めました。しかし、その後は源氏方の勢力が強まり、平家方は滅亡しました。城長茂は、平家方の滅亡とともに姿を消しました。 城長茂は、源平の争乱で活躍した武将の一人です。その武勇は、源氏方の武将からも恐れられました。城長茂は、平家方の中での地位を高めましたが、最後は平家方とともに滅亡しました。
歴史上の偉人

| 国友(1)

- -国友(1)とは- 国友(1)とは、日本の兵庫県南東部にある市町村です。瀬戸内海に面しており、人口は約5万人です。国友(1)は、かつて銃砲製造で栄えた町として知られています。 国友(1)の歴史は古く、古代には弥生人が住んでいたと考えられています。平安時代には、国友(1)は備前国の荘園として栄えました。鎌倉時代には、国友(1)に武士が住み始め、戦国時代には、国友(1)は毛利氏と宇喜多氏の争いの舞台となりました。 安土桃山時代には、国友(1)に鉄砲製造の技術が伝わりました。国友(1)の鉄砲は、その品質の高さから、全国各地に輸出され、国友(1)は銃砲製造で栄えました。江戸時代には、国友(1)は幕府の直轄地となり、鉄砲製造が盛んに行われました。 明治時代になると、国友(1)は日本の近代化とともに、銃砲製造から機械製造へと産業を転換しました。国友(1)には、多くの機械メーカーが設立され、国友(1)は日本の機械産業の中心地の一つとなりました。 第二次世界大戦後、国友(1)は日本の復興とともに、再び機械産業で栄えました。国友(1)には、多くの機械メーカーが設立され、国友(1)は日本の機械産業の中心地の一つとなりました。 現在、国友(1)は、機械産業と観光業を主産業としています。国友(1)には、多くの機械メーカーが設立されており、国友(1)は日本の機械産業の中心地の一つとなっています。また、国友(1)には、多くの観光スポットがあり、毎年多くの観光客が訪れます。
歴史上の偉人

葉室宗頼:鎌倉時代の公卿とその功績

葉室宗頼の生い立ちと家系 葉室宗頼は、鎌倉時代中期に活躍した公卿です。1233年(嘉禎3年)に生まれ、1301年(永仁9年)に亡くなりました。父は権大納言葉室光頼、母は右衛門督源具基の娘です。宗頼は、藤原南家御子左家の出身で、家格は中級公家でした。 宗頼の父である光頼は、後嵯峨天皇の側近として仕え、1219年(建保7年)には権大納言に任じられました。光頼は、和歌や蹴鞠に優れた文人として知られており、宗頼も父の影響を受けて和歌や蹴鞠を嗜みました。 宗頼は、幼い頃から学問に励み、15歳の時に文章博士に任じられました。その後、左中弁、右中弁、中宮亮などを歴任し、1279年(弘安2年)には参議に任じられました。宗頼は、参議在職中に、元寇の際に朝廷の使節として鎌倉に派遣され、北条氏と交渉を行い、元軍の撤退に成功しました。 宗頼は、1296年(永仁4年)に内大臣に任じられ、1298年(永仁6年)には右大臣に任じられました。宗頼は、右大臣在職中に、後深草天皇の譲位と亀山天皇の即位に尽力しました。1301年(永仁9年)に宗頼は薨去し、享年69でした。 宗頼は、和歌や蹴鞠に優れた文人として知られていましたが、政治家としても優れた才能を発揮した人物でした。元寇の際に、朝廷の使節として鎌倉に派遣され、北条氏と交渉を行い、元軍の撤退に成功したことは、宗頼の政治手腕を物語っています。また、宗頼は、後深草天皇の譲位と亀山天皇の即位に尽力し、鎌倉時代の政治に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

「後堀河院民部卿典侍」

-後堀河院民部卿典侍の生涯と経歴- 後堀河院民部卿典侍(ごほりかわいんみんぶきょうのすけ)とは、鎌倉時代中期に活躍した女性で、後堀河天皇の側室であり、女房として仕えた人物です。その生涯と経歴については、以下の通りです。 -生い立ちと入内- 後堀河院民部卿典侍は、建長7年(1255年)に、父・藤原朝経と母・藤原為子の子として生まれました。彼女は、藤原北家閑院流の出身であり、家柄は高貴なものでした。 建長7年(1255年)、17歳の時に後堀河天皇に入内し、女房として仕えました。彼女は、その美貌と和歌の才能で天皇の寵愛を受け、建長9年(1257年)には、侍従に任命されました。 -典侍として- 弘長2年(1262年)、後堀河院民部卿典侍は、典侍に任命されました。典侍は、天皇の側室の中でも最も位の高い女房であり、天皇の身の回りの世話をしたり、天皇の相談に乗ったりする役割を担っていました。 後堀河院民部卿典侍は、典侍として天皇に仕え、天皇の寵愛を受け続けました。彼女は、建治元年(1275年)に、皇女・脩子内親王を産み、建治2年(1276年)には、皇女・穠子内親王を産みました。 -出家と死- 建治3年(1277年)、後堀河天皇が崩御すると、後堀河院民部卿典侍は、出家して法名を「専玄」としました。彼女は、出家後も皇子女の воспитаに当たりました。 正和元年(1312年)、後堀河院民部卿典侍は、58歳で亡くなりました。彼女は、生前、後堀河天皇との間に儲けた2人の皇女を、天皇が崩御する前に臣籍降下させていました。そのため、彼女の死後、皇子女は、臣籍に編入されました。 -後堀河院民部卿典侍の業績- 後堀河院民部卿典侍は、その美貌と和歌の才能で天皇の寵愛を受け、典侍として天皇に仕えました。彼女は、皇子女を産み、臣籍降下させて臣籍に編入させるなど、皇室に貢献しました。 また、後堀河院民部卿典侍は、和歌の才能も持ち合わせており、百人一首にも彼女の和歌が一首選出されています。彼女の和歌は、優美で繊細な作風が特徴です。 後堀河院民部卿典侍は、鎌倉時代中期に活躍した、美貌と和歌の才能を兼ね備えた女性でした。彼女は、天皇の側室として仕え、皇子女を産み、臣籍降下させて臣籍に編入させるなど、皇室に貢献しました。また、和歌の才能も持ち合わせており、百人一首にも彼女の和歌が一首選出されています。
歴史上の偉人

「朝助」-鎌倉時代の刀工

-朝助とは?- 朝助は、鎌倉時代の刀工です。相模国(現在の神奈川県)鎌倉に住んでいたとされ、正嘉元年(1257年)に作刀した短刀が現在まで残されています。朝助の作刀の特徴は、刃文がのたれ調で、匂い口(刃文の切っ先部分)が丸みを帯びていることです。また、地鉄(刀身の地肌)は小板目肌で、地沸(地鉄に分布する小さな粒状の模様)が豊かに現れています。朝助の作刀は、鎌倉時代の刀工の中でも特に優れており、国宝や重要文化財に指定されているものもあります。 -朝助の作刀の特徴- * 刃文がのたれ調で、匂い口が丸みを帯びている * 地鉄は小板目肌で、地沸が豊かに現れている * 刀身の姿が優美で、反りが浅い * 銘は「朝助」の二文字を切るのが一般的 -朝助の代表作- * 短刀 銘 朝助 正嘉元年 * 太刀 銘 朝助 貞応元年 * 脇差 銘 朝助 建長五年 -朝助の作刀の価値- 朝助の作刀は、鎌倉時代の刀工の中でも特に優れており、国宝や重要文化財に指定されているものもあります。そのため、その価値は非常に高く、オークションなどに出品されると高額で落札されることが多いです。また、朝助の作刀は、コレクターの間でも人気が高く、常に高い需要があります。 -朝助の作刀の入手方法- 朝助の作刀は、オークションや刀剣販売店などで入手することができます。ただし、前述したように朝助の作刀は非常に高価であるため、購入する際には慎重に検討することが大切です。また、朝助の作刀を購入する際には、必ず刀剣鑑定書を発行してもらいましょう。刀剣鑑定書は、刀剣の真贋や価値を証明するものであり、購入する際の重要な資料となります。
歴史上の偉人

後藤基清とは?鎌倉時代の武将と承久の乱での最期

後藤基清の生涯 後藤基清(ごとう・もときよ)は、鎌倉時代の武将。河内源氏佐々木氏の一族であり、後藤氏を称した。承久の乱で活躍し、乱後に処刑された。 生誕1160年 没年1221年 本名佐々木基清 家系河内源氏佐々木氏 官位従五位下播磨守 家格御家人 後藤基清は、佐々木定綱の四男として生まれた。佐々木氏は、源義経の弟である源頼朝の家臣として活躍した名門であり、基清もまた頼朝の御家人として仕えた。 承久の乱では、基清は後鳥羽上皇側に付いて戦った。承久の乱は、上皇と鎌倉幕府の間で起こった内乱であり、基清は上皇の軍勢に加わって鎌倉軍と戦った。しかし、鎌倉軍は上皇軍を破り、基清は捕らえられた。 捕らえられた基清は、鎌倉に護送されて処刑された。享年62。基清の死は、承久の乱の終結を象徴する出来事であり、鎌倉幕府の権威を確立する上で大きな役割を果たした。 基清の生涯は、鎌倉時代の武士道の精神を体現したものであった。基清は、主君である上皇に忠義を尽くし、最後まで戦い抜いた。その勇猛果敢な姿は、後世の人々からも賞賛されている。
歴史上の偉人

– 藤原範茂

-藤原範茂とは- 藤原範茂は、平安時代中期の公卿・歌人です。藤原北家勧修寺流、藤原道長の五男として生まれ、兄・頼通の子・通房を養子としました。官位は正二位内大臣、贈従一位。 左大臣・藤原教通の娘・藤原寛子と結婚し、長女・寛徳内親王、次女・章子内親王、三女・馨子内親王、長男・範永、次男・通俊、三男・憲房をもうけました。 和歌を好み、『後拾遺和歌集』、『金葉和歌集』、『詞花和歌集』にその歌が収められています。また、笛の名手としても知られ、源氏物語にもその名が記されています。 範茂は、兄・頼通と対立し、一時左遷されたこともあります。しかし、後に頼通と和解し、朝廷で重要な役割を果たしました。 1062年、範茂は内大臣に任命されました。1065年、範茂は父・道長の死を受けて、藤原氏の家督を継ぎました。範茂は、藤原氏の権勢を維持するために、多くの政策を実施しました。その中には、源氏と平氏を抑制するための政策や、仏教寺院の建立や保護のための政策がありました。 範茂は、1068年に死去しました。死後、正二位、内大臣を追贈されました。
歴史上の偉人

包道と備前福岡一文字派

-備前福岡一文字派と後鳥羽天皇- 備前福岡一文字派は、鎌倉時代に備前国福岡(現在の岡山県瀬戸内市)を拠点とした刀工集団です。鎌倉幕府の御用鍛冶として、多くの名刀を制作しました。備前福岡一文字派と後鳥羽天皇の関係は深く、後鳥羽天皇は備前福岡一文字派の刀工たちに多くの注文を出しました。 後鳥羽天皇は、鎌倉幕府の初代将軍である源頼朝の弟で、1180年に即位しました。後鳥羽天皇は、鎌倉幕府を倒して皇室の権威を回復することを目指しており、そのためには強力な軍隊が必要でした。そこで、後鳥羽天皇は備前福岡一文字派の刀工たちに多くの刀を注文しました。 備前福岡一文字派の刀工たちは、後鳥羽天皇の注文に応えて、多くの名刀を制作しました。その中でも、特に有名なのが「小烏丸(こがらすまる)」です。小烏丸は、後鳥羽天皇の愛刀であり、鎌倉幕府を倒すために使用されました。 しかし、後鳥羽天皇は、鎌倉幕府を倒すことができませんでした。1221年、鎌倉幕府の第三代将軍である源実朝が暗殺されると、後鳥羽天皇は幕府に捕らえられ、隠岐島に流されました。後鳥羽天皇は、1239年に隠岐島で亡くなりました。 後鳥羽天皇の死後、備前福岡一文字派は衰退しました。しかし、備前福岡一文字派の刀工たちの技法は、現代にまで受け継がれています。備前福岡一文字派の刀は、その美しさと切れ味から、現在でも多くの刀剣愛好家に愛されています。
歴史上の偉人

– 仲資王(1157-1222)

-仲資王の生涯- 仲資王は、高麗第18代の王。高宗の次男、母は宣懿太后。1157年、広陵府に生まれる。 1170年、14歳で王太子に立てられた。1197年、高宗の譲位を受けて即位した。 仲資王の治世は、高麗がモンゴルの脅威にさらされていた時期であった。1210年、モンゴル軍が初めて高麗に侵攻。仲資王は、モンゴル軍の侵攻に対抗するために、1211年に開京から江華島に遷都した。1217年には、モンゴル軍が再び高麗に侵攻。仲資王は、モンゴル軍に屈服して、モンゴルに臣従した。1222年、仲資王は江華島で崩御した。 仲資王は、モンゴル軍の侵攻に対応するために、1214年、軍制の改革を実施した。仲資王は、衛禁軍制を廃止して、成宗武衛軍と宿衛侍衛軍を設けた。成宗武衛軍は、全国から徴募された兵士で構成された常備軍であり、宿衛侍衛軍は、王室の警護を担う軍隊であった。仲資王の軍制改革は、高麗軍の強化に貢献し、モンゴル軍の侵攻に対して一定程度の抵抗力を示すことができた。 仲資王は、仏教を保護した王としても知られる。仲資王は、1210年に、仏教の経典を編纂した「三蔵教典」を刊行した。また、仲資王は、仏教寺院の再建や新設を奨励した。仲資王の仏教保護政策は、高麗の仏教の発展に寄与した。 仲資王は、モンゴル軍の侵攻に対応しながら、高麗の統治に努めた王であった。仲資王の治世は、高麗がモンゴルの脅威にさらされていた時期であり、仲資王は、モンゴル軍の侵攻に対抗するために、軍制の改革や仏教の保護政策など、さまざまな施策を実行した。
歴史上の偉人

「後藤基綱」

-後藤基綱の生涯- 後藤基綱(ごとう もとつな、1565年 - 1615年)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将、大名。通称は小三郎。官位は従五位下、若狭守、修理大夫。 -生い立ち- 1565年、伊予国宇和郡野村(現在の愛媛県八幡浜市)に生まれる。父は後藤基次であり、基綱は三男であった。 -豊臣氏への仕官- 1580年、豊臣秀吉に仕え、天正11年(1583年)の賤ケ岳の戦いで活躍する。天正15年(1587年)には、九州征伐に従軍し、肥後の八代城攻撃で武功を挙げた。 -朝鮮出兵と関ヶ原の戦い- 1592年、朝鮮出兵に従軍し、朝鮮の蔚山城の戦いで活躍する。文禄4年(1595年)、肥後の八代城攻撃で武功を挙げ、8000石の加増を受けて肥後国八代城主となる。 1600年、関ヶ原の戦いで西軍についたが、戦後に赦され、出羽国山形城主となる。 -江戸幕府での活躍- 1603年、江戸幕府が成立すると、徳川家康に仕え、大坂の陣にも従軍する。1610年、出羽国鶴岡城主となる。 -最期- 1615年、大坂夏の陣で本多忠朝軍に属し、天王寺口の戦いで徳川家康の陣を攻撃する。しかし、家康の幕僚である本多正純の策略に嵌り、大坂城に帰還する途中に戦死した。享年51。 -評価- 後藤基綱は、勇猛な武将として知られており、豊臣秀吉や徳川家康に仕えて武功を挙げた。しかし、関ヶ原の戦いで西軍についたため、戦後に改易される。その後、赦されて江戸幕府に仕え、大坂夏の陣で戦死した。 -人物像- 後藤基綱は、勇猛な武将であったが、一方で温厚な性格でもあったという。また、茶の湯を嗜み、利休七哲の一人に数えられている。 -子孫- 後藤基綱の子孫は、徳川幕府の旗本として続いた。
歴史上の偉人

坊門局(2) – 承久の乱の動乱の中、後鳥羽上皇に寄り添った女官

-坊門局(2)の生涯- 坊門局(2)は、承久の乱の動乱の中で、後鳥羽上皇に寄り添った女官です。彼女は、坊門信清の娘として生まれ、幼い頃から後鳥羽上皇に仕えました。 坊門局(2)は、容姿端麗で性格も温厚だったと伝えられています。彼女は、後鳥羽上皇の寵愛を受け、後鳥羽上皇との間に、雅成親王、忠成親王、頼仁親王の3人の皇子を儲けました。 承久の乱では、後鳥羽上皇は、鎌倉幕府に反旗を翻し、幕府軍と戦いました。しかし、幕府軍は、後鳥羽上皇の軍を破り、後鳥羽上皇は、隠岐島に流されました。 坊門局(2)は、後鳥羽上皇と共に隠岐島に流されました。彼女は、隠岐島で、後鳥羽上皇の看病に励みました。 後鳥羽上皇が隠岐島で崩御した後、坊門局(2)は、鎌倉に戻りました。彼女は、鎌倉で、出家し、尼僧となりました。坊門局(2)は、尼僧として、後鳥羽上皇の菩提を弔い、生涯を終えました。 坊門局(2)は、承久の乱の動乱の中で、後鳥羽上皇に寄り添った女官です。彼女は、後鳥羽上皇の寵愛を受け、後鳥羽上皇との間に、3人の皇子を儲けました。承久の乱では、後鳥羽上皇と共に隠岐島に流され、そこで、後鳥羽上皇の看病に励みました。後鳥羽上皇が隠岐島で崩御した後、坊門局(2)は、鎌倉に戻り、出家し、尼僧となりました。坊門局(2)は、尼僧として、後鳥羽上皇の菩提を弔い、生涯を終えました。
歴史上の偉人

賀茂能久(1171-1223):鎌倉時代の神職

承安元年生まれ、賀茂資保の子 賀茂能久は、1171年(承安元年)に生まれた。父は賀茂資保で、賀茂別雷神社の社務を務めていた。能久は資保の次男として生まれた。 能久は若くして才能を発揮し、18歳の時には賀茂別雷神社の祠官に任じられた。その後、能久は賀茂別雷神社の社務を執り行い、賀茂氏の家督を継いだ。 能久は賀茂別雷神社の社務を執り行う傍ら、歌人としても活躍した。能久の歌は『新古今和歌集』に収められており、その歌は優美で風雅なものが多い。 能久は1223年(承久元年)に死去した。享年53歳であった。能久の死後、賀茂別雷神社の社務は子の賀茂経久が継いだ。 能久は賀茂氏中興の祖と称され、賀茂別雷神社の発展に大きく貢献した。また、能久の歌は『新古今和歌集』に収められており、その歌は優美で風雅なものが多い。
歴史上の偉人

藤原朝俊:鎌倉時代の公家で、承久の乱で奮戦して討ち死にした人物

-藤原朝俊の生涯- 藤原朝俊は、鎌倉時代の公家であり、承久の乱で奮戦して討ち死にした人物です。 朝俊は、1166年に藤原経定の三男として生まれました。父と同様に才能豊かで知性的なことで知られ、若い頃から朝廷で活躍しました。1185年に、平氏政権の権臣である平知盛の娘と結婚し、平氏と姻戚関係を結びました。 1221年、後鳥羽上皇が鎌倉幕府打倒を掲げて起こした承久の乱が勃発しました。朝俊は、朝廷軍の総大将として幕府軍と戦いましたが、6月25日の東大寺での合戦で幕府軍に敗れ、討ち死にしました。 朝俊は、文武両道を究めた理想的な公家であり、承久の乱で討ち死にした悲劇の英雄として知られています。 -承久の乱での活躍- 承久の乱では、朝俊は朝廷軍の総大将として幕府軍と戦いました。6月25日、東大寺で行われた合戦では、朝俊は幕府軍の攻撃に耐え抜きましたが、最終的には幕府軍の猛攻に敗れて討ち死にました。 朝俊の死は、朝廷軍にとっては大きな痛手となり、承久の乱の敗北に大きく影響しました。 -朝俊の死後の評価- 朝俊の死後、朝廷ではその功績を称えて、朝俊に正二位の官位を追贈するとともに、その子孫が代々、公家の地位を継ぐことを認めました。 また、朝俊の死を悼む多くの和歌が詠まれ、朝俊は承久の乱の悲劇の英雄として、人々の記憶に留められています。
歴史上の偉人

則宗 – 平安後期・鎌倉時代刀工

-人物像と功績- 則宗は、平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍した刀工です。備前国(現在の岡山県)長船で生まれ、備前長船派の祖とされています。則宗は、優れた技術と独創的な作風で知られ、その刀は「則宗の刀は切れ味抜群で、敵を倒すのに最適」と評されていました。 則宗は、備前国長船の刀工の一族に生まれ、幼い頃から刀作りを学びました。則宗は、刀作りの才能に恵まれており、若くして名工と呼ばれるようになりました。 則宗は、平安時代末期に源頼朝が挙兵した際に、頼朝に刀を献上しました。頼朝は、則宗の刀の切れ味と美しさに感銘を受け、則宗を御用刀工に任命しました。則宗は、頼朝の死後も鎌倉幕府に仕え、多くの刀を制作しました。 則宗の刀は、その切れ味と美しさで知られており、多くの武将が愛用しました。源義経、源範頼、平清盛、平重盛、源頼朝、北条義時など、数多くの武将が則宗の刀を使用していました。 則宗の刀は、現在でも多くの博物館や美術館に所蔵されており、その美しさは多くの人々を魅了しています。則宗は、日本の刀工の歴史の中で最も重要な人物の一人であり、その功績は今もなお語り継がれています。