従三位

歴史上の偉人

清原国賢:室町時代から江戸時代初期の儒学者と公卿

-生誕と家系- 清原国賢は、1564年に摂津国(現在の大阪府)で生まれました。父は清原宣賢、母は山田貞隆の娘です。清原氏は、平安時代から続く公家であり、国賢は同氏の嫡男として生まれました。 清原氏は、清原貞賢を祖とする家系で、近江国を発祥の地としています。近江清原氏は、近江国を拠点として栄えた源氏の一族であり、源頼朝の挙兵に参加して功績を挙げました。鎌倉時代には、清原氏は奉行として活躍し、室町時代には公家として朝廷に仕えました。 国賢の父である清原宣賢は、公家として朝廷に仕え、正五位下まで昇進しました。母である山田貞隆の娘は、山田貞隆の娘であり、近江国出身の武家でした。国賢は、父母の間に生まれた嫡男であり、幼い頃から公家としての教育を受けました。
歴史上の偉人

– 梅園実清

-梅園実清の生涯- 梅園実清は、1693年(元禄6年)に摂津国島上郡三宅村(現在の兵庫県三田市)に生まれた。梅園家は、代々庄屋を務める旧家で、実清の父・梅園保氏は、村の医師であった。 実清は幼い頃から聡明で、読書を好み、特に医学と儒学を好んだ。14歳の時、京都に出て、儒学者・伊藤仁斎に師事し、儒学を学んだ。仁斎の教えに感銘を受け、実清は生涯、仁斎の思想を貫くことになる。 20歳の時、実清は江戸に出る。そこで、医学を学び、医術を開業した。しかし、実清は医術よりも儒学に興味があり、やがて医術を廃業し、専ら儒学の研究に没頭した。 30代後半になると、実清は各地を遊歴し、各地の儒学者や学者と交流した。その中で、特に、荻生徂徠や山鹿素行の影響を受け、実清の思想が形成されていった。 40代になると、実清は京都に定住し、私塾を開いた。塾には、多くの弟子が集まり、実清の教えを受けた。実清の教えは、仁斎の思想を基盤としつつも、徂徠や素行の影響を受けて、独自の展開を遂げていった。 実清は、1776年(安永5年)、84歳で死去した。実清の死後、その教えは、弟子たちによって受け継がれ、江戸時代後期に大きな影響を与えた。 実清の思想は、儒学の枠にとどまらず、政治や経済、社会問題など、幅広い分野に及んだ。実清は、仁斎の思想を基盤としつつも、徂徠や素行の影響を受けて、独自の思想を展開した。実清の思想は、江戸時代後期に大きな影響を与え、幕末・維新期の思想家や政治家にも大きな影響を与えた。
歴史上の偉人

源庶明-平安時代中期の歌人、貴族。

-源庶明の生涯- 源庶明は、平安時代中期の歌人、貴族。左京大夫・源頼光の四男。母は藤原隆家の娘・佳珠子。官位は従五位下、近江守。小一条院歌壇において活躍した。 庶明は、寛弘3年(1006年)に生まれる。父の頼光は、前九年合戦で功をあげ、鎮守府将軍に任じられたこともある武将であり、母の高松殿は、一条天皇の乳母として権勢をふるった女性であった。庶明は、このような名士の家庭に生まれ、恵まれた環境で育った。 庶明は、和歌に秀でており、小一条院歌壇において活躍した。小一条院歌壇は、一条天皇の皇子である小一条院が中心となって開かれた歌壇であり、そのサロンには藤原公任や藤原清輔といった当時一流の歌人が集っていた。庶明は、そのサロンに出入りし、多くの歌人との交流を深めた。 庶明の和歌は、清少納言の『枕草子』や藤原道長の『御堂関白記』などの文献に引用されており、その歌風は優美で洗練されたものと評されている。 庶明は、永承3年(1048年)に近江守に任じられたが、任期中に病にかかり、長元4年(1031年)に死去した。享年26。 庶明は、その短い生涯の中で、多くの和歌を残し、小一条院歌壇の隆盛に貢献した。庶明の歌は、平安時代の和歌史において重要な位置を占めている。
歴史上の偉人

小長谷女王とは?忍壁親王の王女で尚膳を務めた奈良時代の女性

1. 小長谷女王の生涯と経歴 小長谷女王(おさだに の おおきみ、生没年不詳)は、奈良時代後期の皇族・官人・女官。位階は従五位下。尚膳。 忍壁親王の王女。母は不詳。同母兄弟に石川女王、藤原浜成室、同母姉妹に朝原内親王がいる。 父・忍壁親王は、聖武天皇の第三皇子であり、母については明らかになっていない。 小長谷女王は、父と同じく聖武天皇の孫であり、母は不詳である。同母兄弟に石川女王、藤原浜成室、同母姉妹に朝原内親王がいる。 小長谷女王の生涯については、ほとんど知られていない。 『続日本紀』によれば、天平宝字3年(759年)11月20日に、従五位下に叙されたとある。 また、天平神護2年(766年)8月8日に、尚膳に任じられたとある。 尚膳とは、内膳司に属して、主食・副食、酒などの調製を掌る役職である。 小長谷女王の没年は不詳である。 小長谷女王は、奈良時代後期に活躍した皇族・官人・女官である。 彼女は、忍壁親王の王女として生まれ、従五位下、尚膳などの官職を歴任した。 彼女は、奈良時代後期の歴史を知る上で重要な人物である。
歴史上の偉人

樋口寿康 – 江戸時代後期の公卿

樋口寿康の生涯 樋口寿康は江戸時代後期の公卿です。1812年(文化9年)に京都で生まれました。父親は樋口定則、母親は徳川秀忠の孫娘である清子です。寿康は3人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から聡明で学問に優れていました。 1827年(文政10年)、16歳の時に従五位下左近衛権少将に任命されました。その後、順調に出世を重ね、1839年(天保10年)には従三位左近衛権中将に昇進しました。1844年(天保15年)には権大納言に任命され、公卿に列しました。 寿康は幕末の動乱期にあって、孝明天皇の側近として活躍しました。1867年(慶応3年)には孝明天皇の死後、新天皇である明治天皇の補佐役として参与職に任命されました。しかし、明治維新後の1869年(明治2年)に辞職し、公職から引退しました。 1871年(明治4年)に死去しました。享年59歳でした。 寿康は、幕末の動乱期にあって、孝明天皇の側近として活躍した公卿です。維新後は公職から引退し、隠遁生活を送りました。
歴史上の偉人

三条冬子 – 室町時代の女官

-三条冬子の出自と生い立ち- 三条冬子は、室町時代の女官である。三条公秀の娘として生まれ、母は三条西実隆の娘である。幼名は不詳。 冬子の生家は、代々公卿を輩出した三条家である。三条家は、源頼朝に仕えて鎌倉幕府の御家人となった三条実基を祖とする。実基は、頼朝の死後も北条氏に仕え、文永の役では軍功を挙げて備中守に任じられた。 冬子の父、三条公秀は、応永3年(1396年)に生まれ、応永29年(1422年)に参議となった。その後、左近衛中将、右兵衛督、権中納言、権大納言と歴任し、嘉吉元年(1441年)に内大臣に任じられた。公秀は、和歌や連歌を好み、優れた歌人として知られていた。 冬子の母、三条西実隆の娘は、実隆の妾腹の子である。実隆は、応永10年(1403年)に生まれ、応永32年(1425年)に参議となった。その後、左近衛中将、右兵衛督、権中納言、権大納言と歴任し、嘉吉元年(1441年)に内大臣に任じられた。実隆は、公秀と同じく和歌や連歌を好み、優れた歌人として知られていた。 冬子は、公秀と実隆の娘として生まれたが、生年や幼名は不詳である。冬子は、幼少期に父公秀を亡くし、母実隆に養育された。実隆は、冬子に和歌や連歌を教え、冬子は優れた歌人となった。 冬子は、18歳の時に後花園天皇に女官として仕えた。冬子は、天皇の寵愛を受け、多くの和歌を詠んだ。冬子の和歌は、優れたものとして評価され、勅撰和歌集に多く入集している。 冬子は、42歳の時に病死した。冬子の死は、天皇や公卿に惜しまれ、多くの和歌が詠まれた。冬子は、優れた歌人として歴史に名を残した。
歴史上の偉人

-広井女王(?-859年)

-広井女王の生涯- 広井女王は、平安時代の皇族で、桓武天皇の十一女、母は藤原薬子の妹である宮道列子。 史料に名前が登場するのが1回のみであり、その生涯の多くは謎に包まれている。 承和5年(838年)、仁明天皇は富士山の噴火で荒廃した山梨国に広井女王を派遣し、富士山本宮浅間大社に封戸を寄進させた。 承和6年(839年)、広井女王は従三位に叙せられた。 承和11年(844年)、広井女王は正三位に叙せられた。 承和13年(846年)、広井女王は従二位に叙せられた。 嘉祥2年(849年)、広井女王は正二位に叙せられた。 仁寿4年(854年)、広井女王は従一位に叙せられた。 貞観元年(859年)、広井女王は薨去した。 広井女王には、夫も子もいなかったので、彼女の死によって広井女王の系統は断絶した。
歴史上の偉人

二条斉信 – 公卿としての生涯と功績

二条斉信の生涯 二条斉信は、1605年に京都で生まれ、1682年に亡くなった公卿です。彼は、江戸時代初期に活躍し、徳川家光、家綱、家綱、家綱の4代に仕えました。 斉信は、公卿として、多くの要職を歴任しました。1632年には、中納言に任命され、1638年には、権大納言に昇進しました。1641年には、内大臣に任命され、1646年には、右大臣に昇進しました。1651年には、左大臣に任命され、1653年には、太政大臣に昇進しました。 斉信は、公卿として、多くの功績を挙げました。彼は、徳川家光、家綱、家綱の3代に仕え、彼らの信頼を得ました。また、彼は、公家と武家の間の融和に貢献しました。 斉信は、1682年に78歳で亡くなりました。彼は、江戸時代初期の最も重要な公卿の一人でした。 斉信は、公卿として、多くの要職を歴任し、多くの功績を挙げました。彼は、江戸時代初期の最も重要な公卿の一人でした。
歴史上の偉人

藤原成子(2)-鎌倉時代の女官

- 藤原成子の生涯 藤原成子は、11世紀後半から12世紀前半にかけて活躍した女官です。藤原成通の娘として生まれ、1087年に白河天皇の女御となりました。成子は、白河天皇の寵愛を受け、1093年には女御の最高位である中宮に昇格しました。成子は、白河天皇の治世を支え、堀河天皇の誕生にも貢献しました。しかし、1107年に白河天皇が崩御すると、成子は政界から退き、晩年は出家して「高陽院」と号しました。成子は、1135年に61歳で亡くなりました。 成子は、白河天皇の寵愛を受け、多くの和歌を詠みました。成子の和歌は、当時の女流文学を代表するものであり、その優雅な文体と繊細な表現で知られています。成子の和歌は、『金葉和歌集』や『詞花和歌集』などの勅撰和歌集に多く収められています。 成子は、白河天皇の治世に大きな影響を与えた女官でした。成子は、白河天皇の側近として政務を補佐し、堀河天皇の誕生にも貢献しました。成子は、和歌にも優れており、その優雅な文体と繊細な表現で知られています。成子は、当時の女流文学を代表する人物であり、その和歌は現在も高く評価されています。
歴史上の偉人

平安時代前期の公卿、朝野鹿取とは

-朝野鹿取の生涯- 朝野鹿取は、平安時代前期の公卿。大納言・朝野魚名の子。 清和天皇の准母である滋子内親王と同母兄弟であった。 貞観16年(874年)従五位上式部少輔に任官。 貞観18年(876年)右近衛権少将兼蔵人。 元慶7年(883年)左近衛少将。 元慶8年(884年)従五位下。 仁和元年(885年)正五位下。 仁和2年(886年)右近衛中将。 仁和3年(887年)従四位上。 寛平5年(893年)参議。 寛平6年(894年)正四位下。 寛平7年(895年)左兵衛督。 寛平8年(896年)従三位。 寛平9年(897年)右大臣。 延喜元年(901年)正三位。 延喜4年(904年)従二位。 延喜5年(905年)大納言。 延喜9年(909年)正二位。 延喜11年(911年)薨去。享年62。 鹿取は、文章生から出世した文人貴族で、詩歌にも長じていた。 延喜年間には右大臣を務め、醍醐天皇の幼少期を支えた。 また、菅原道真と親交があり、道真の愛妾・高野新笠の恋人でもあった。
歴史上の偉人

高向麻呂

-大見出し高向麻呂- -小見出し遣新羅大使に任命- 高向麻呂は、7世紀後半から8世紀初頭に活躍した日本の貴族、官僚です。彼は、奈良時代の遣新羅大使に任命されたことで知られています。 高向麻呂の生年は不明ですが、640年頃に生まれたと考えられています。彼は、高向王の子として生まれ、幼い頃から貴族として育てられました。665年、彼は遣唐使に任命され、唐の都である長安に赴きました。長安では、彼は唐の皇帝である高宗に謁見し、日本の国情を伝えました。 671年、高向麻呂は遣新羅大使に任命されました。彼は、新羅の都である慶州に赴き、新羅の王である文武王に謁見しました。謁見では、両国の友好関係を確認し、通商に関する協定を結びました。 高向麻呂は、遣新羅大使としての任務を果たした後、日本に戻りました。彼は、701年に貴族として亡くなりました。 高向麻呂は、遣新羅大使として活躍し、日本の外交政策に貢献しました。また、貴族として日本の政治に携わり、朝廷の発展に尽くしました。
歴史上の偉人

姉小路嗣頼の生涯と足跡

姉小路嗣頼の出自と家柄 姉小路嗣頼は、南北朝時代の公卿です。近衛家の分家である姉小路家の当主として、室町幕府の政権運営に参画しました。 姉小路家は、藤原北家の一流である近衛家の分家です。近衛家は、平安時代から室町時代にかけて、朝廷の最高権力者である関白を輩出した名門です。姉小路家は、近衛家の分家として、鎌倉時代から室町時代にかけて、公卿や幕府の役人を輩出しました。 姉小路嗣頼の父は、姉小路経頼です。姉小路経頼は、近衛基嗣の四男として生まれ、姉小路家を継承しました。姉小路経頼は、室町幕府の政権運営に参画し、管領や侍所頭人を歴任しました。 姉小路嗣頼の母は、北畠顕家の娘です。北畠顕家は、南朝方の重臣で、室町幕府と戦いました。姉小路嗣頼の母は、北畠顕家の娘として、南朝方の血を引いていました。 姉小路嗣頼は、姉小路経頼と北畠顕家の娘との間に生まれました。姉小路嗣頼は、姉小路家の嫡男として、姉小路家を継承しました。姉小路嗣頼は、室町幕府の政権運営に参画し、管領や侍所頭人を歴任しました。 姉小路嗣頼は、1398年に亡くなりました。姉小路嗣頼の死後、姉小路家は、弟の姉小路頼綱が継承しました。姉小路頼綱は、室町幕府の政権運営に参画し、管領や侍所頭人を歴任しました。
歴史上の偉人

藤原顕氏-鎌倉時代の公卿・歌人

-藤原顕氏とは- 藤原顕氏(ふじわらのあきうじ)は、鎌倉時代の公卿・歌人です。1215年に藤原高房の子として生まれ、1273年に薨去しました。薩摩権守や伊予権守、備後守などの官職を歴任し、1256年には従三位に叙せられました。 顕氏は、和歌に優れ、勅撰和歌集『続拾遺和歌集』に15首入集しています。また、私家集『顕氏卿集』が残されており、その中に収められた和歌は、風情豊かで叙情性に富むことで知られています。 顕氏は、承久の乱において、後鳥羽上皇方の武将として戦いました。乱後、一時的に官職を剥奪されましたが、後に復帰し、幕府の重臣として活躍しました。 顕氏は、1273年に薨去し、その死は鎌倉幕府に大きな衝撃を与えました。鎌倉幕府の執権・北条時頼は、顕氏の死を悼んで、その菩提を弔うために、西園寺に石塔を建立しました。 顕氏は、鎌倉時代の歌人として、その名を後世に遺しています。『顕氏卿集』は、鎌倉時代の和歌を代表する作品の一つであり、その和歌は、現在でも多くの研究者や歌人によって愛好されています。
歴史上の偉人

– 東坊城長清

-東坊城長清とは- 東坊城長清(ひがしぼうじょう ながきよ)は、鎌倉時代後期から南北朝時代の公卿・歌人。官位は正二位権大納言。太政大臣・権大納言東坊城輔康の子。母は洞院実雄の娘。同母兄に大納言花山院定雅、同母弟に参議中御門宗行。子に大納言西園寺公衡、参議唐橋在光、参議坊門清忠、室町将軍足利義満の側室日野政子。 -経歴- 嘉暦元年(1326年)に14歳で従五位下に叙爵される。その後、大蔵少輔、美濃権介、山城権守、相模権守、蔵人、近江権介、右衛門権佐、右近衛権少将、丹波権守、右近衛権中将、右近衛権大将、左兵衛督などを歴任する。 正平3年(1348年)、36歳の時に権大納言に任じられる。正平7年(1352年)、40歳の時に正二位に叙される。正平10年(1355年)、43歳の時に太政大臣に任じられるが、翌年に辞任する。 -和歌- 東坊城長清は、和歌の才能にも秀で、その歌は『中務卿集』に収録されている。その歌風は、風雅で軽妙な中にも、深い余韻を残す幽玄な美しさがある。 -人物- 東坊城長清は、温厚で仁慈に厚い人物で、人々から尊敬されていた。また、学問を好み、和歌や書道に優れていた。 -死後- 東坊城長清は、正平23年(1368年)、56歳で薨去した。その死は、公家や庶民の間で深く悼まれた。
歴史上の偉人

日野資朝 – 鎌倉時代の公卿

-正中の変と元弘の乱- 日野資朝は、正中の変と元弘の乱という2つの大きな事件に巻き込まれた。 正中の変は、1324年に起きた、鎌倉幕府の執権・北条高時の専横に対する反乱である。資朝は、高時の政策に不満を持つ公卿や武士たちと結んで、鎌倉幕府打倒を目指した。 しかし、反乱は失敗に終わり、資朝は捕らえられて鎌倉に送られた。高時は、資朝を処刑し、その一族を滅ぼした。 元弘の乱は、1331年に起きた、後醍醐天皇による鎌倉幕府打倒の戦いである。資朝は、後醍醐天皇に協力して、鎌倉幕府軍と戦った。 しかし、鎌倉幕府軍は強く、元弘の乱も失敗に終わった。資朝は、後醍醐天皇とともに吉野に逃れ、そこで戦死した。 正中の変と元弘の乱は、日野資朝の生涯にとって、大きな転換点となった。資朝は、これらの事件を通じて、鎌倉幕府の専横と、後醍醐天皇の決意を目の当たりにした。そして、資朝は、鎌倉幕府打倒と、後醍醐天皇の擁立を生涯の目標とするようになった。 資朝は、正中の変と元弘の乱で敗れたが、その死後、後醍醐天皇は鎌倉幕府を滅ぼし、建武の新政を樹立した。資朝の志は、後醍醐天皇によって果たされたのである。
歴史上の偉人

菅原文時、平安時代の知性の巨人

菅原文時、平安時代の知性の巨人 小見出し菅原文時の生涯と功績 菅原文時は、平安時代中期に活躍した貴族、政治家、学者である。平安時代の知性の巨人として知られ、その功績は多岐にわたる。 菅原文時は、906年(延喜6年)に誕生した。父は菅原道真、母は藤原倫寧であった。幼少の頃から聡明で学問に優れ、12歳で大学寮に入学し、17歳で文章生に任じられた。その後、文章博士、右少弁、右中弁、参議を歴任し、967年(康保4年)には大納言に昇進した。 菅原文時の功績の一つは、学問の振興である。菅原文時は、学問を奨励し、多くの著書を残した。その代表作である『菅家文草』は、平安時代の文学を代表する作品のひとつである。また、菅原文時は、大学寮の改革を行い、学問のレベル向上に努めた。 菅原文時の功績のもう一つは、政治改革である。菅原文時は、政治の刷新を主張し、多くの改革を行った。その一つが、官僚制度の改革である。菅原文時は、官僚の任用を身分ではなく能力に基づいて行うべきだと主張し、官僚登用の道を広げた。また、菅原文時は、租税制度の改革も行い、税負担の軽減を図った。 菅原文時は、平安時代中期を代表する政治家、学者であった。その功績は多岐にわたり、平安時代の文化の発展に大きく貢献した。菅原文時は、平安時代の知性の巨人として、現在でも多くの人々に尊敬されている。
歴史上の偉人

一条家経(1248-1294*)-鎌倉時代の公卿

-一条家経の一生- 一条家経は、1248年に生まれました。父は一条実経、母は藤原経子です。彼は、鎌倉幕府の5代将軍である鎌倉幕府の6代将軍である北条時頼に仕え、1272年に権大納言に任命されました。その後、1275年に大納言に任命され、1279年に右大臣に任命されました。 1282年に、一条家経は左大臣に任命されました。彼は、この職に8年間在任し、1290年に辞任しました。その後、彼は太政大臣に任命されました。彼は、この職に4年間在任し、1294年に死去しました。 一条家経は、鎌倉時代を代表する公卿であり、政治家でした。彼は、北条時頼に仕え、鎌倉幕府の政治に大きな影響を与えました。また、彼は、太政大臣に任命され、日本の最高位の官職に就きました。 一条家経は、1294年に亡くなりました。享年47でした。彼は、京都の等持院に葬られました。
歴史上の偉人

藤原楓麻呂とは?奈良時代の公卿について | 歴史人物辞典

藤原楓麻呂の生涯について 藤原楓麻呂は、奈良時代の公卿です。藤原四家のひとつである藤原京家の出身で、藤原豊成の子として生まれました。天平宝字5年(761年)に右中弁に任じられ、天平神護元年(765年)には右大弁に昇進しました。その後、天平神護2年(766年)に参議に任じられ、右衛門督を兼ねました。天平神護3年(767年)には大納言に昇進し、天平神護4年(768年)には左大臣に任じられました。翌天平神護5年(769年)には太政大臣に任じられ、天平神護7年(771年)までその地位にありました。 藤原楓麻呂は、藤原仲麻呂の政権下で活躍した公卿です。藤原仲麻呂は、藤原四家のひとつである藤原中家の出身で、藤原四家の長者として権勢を振るっていました。藤原楓麻呂は、藤原仲麻呂の娘である藤原乙牟漏と結婚し、藤原仲麻呂の側近として政権運営を支えました。 しかし、天平神護7年(771年)に藤原仲麻呂が恵美押勝(藤原良継)の乱で敗死すると、藤原楓麻呂も失脚しました。藤原楓麻呂は、右大臣に降格され、その後、大宰帥に左遷されました。天平宝字元年(757年)に薨去したとされています。 藤原楓麻呂は、藤原仲麻呂の政権下で活躍した公卿ですが、藤原仲麻呂の敗死とともに失脚しました。しかし、藤原楓麻呂は藤原四家の出身であり、その権勢は藤原仲麻呂の死後も衰えることはありませんでした。藤原楓麻呂の子孫は、平安時代以降も公卿として活躍し、日本の歴史に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

— 藤原基良:平安時代末期から鎌倉時代初期の公卿

藤原基良の生涯 藤原基良(ふじわらの もとよし)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の公卿。藤原北家花山院家の祖。 治承4年(1180年)、父・藤原定能が後白河法皇に幽閉され、一族が没落した。しかし、建久3年(1192年)に後鳥羽天皇の特旨により赦免され、官位に復帰した。 建久6年(1195年)、従五位下に叙され、建仁3年(1203年)には参議に任ぜられた。建永2年(1207年)に権中納言に昇進し、建暦2年(1212年)には正二位権大納言に任ぜられた。 承久3年(1221年)、承久の乱に連座して失脚した。鎌倉幕府に流罪となり、讃岐国で没した。 基良は、和歌や蹴鞠に優れた人物であったと伝えられている。また、蹴鞠を大成し、蹴鞠の始祖とされている。
歴史上の偉人

『大炊御門信量』〜室町時代の公卿〜

-大炊御門信量の人物像- 大炊御門信量は、室町時代の公卿であり、内大臣や右大臣を歴任した。また、歌人としても知られ、家集『信量朝臣集』を残している。 信量は、1317年に大炊御門家当主である大炊御門冬信の長男として生まれた。母は、日野資朝の娘である。信量は、幼い頃から聡明で、14歳で元服すると、すぐに朝廷に出仕した。信量は、早くから頭角を現し、16歳で従五位下、17歳で正五位下、18歳で従四位下と、破格の昇進を遂げた。 信量は、21歳で左中将に任じられ、23歳で参議に任じられた。参議になると、すぐに権中納言に任じられ、26歳で権大納言に任じられた。信量は、30歳で内大臣に任じられ、32歳で右大臣に任じられた。信量は、右大臣を10年間務め、42歳で薨去した。 信量は、政治家としては、足利義満に仕えて、幕府との関係を円滑に保つことに努めた。また、信量は、歌人としても知られ、家集『信量朝臣集』を残している。『信量朝臣集』には、200首余りの和歌が収められており、その多くは、恋や自然を詠んだものとなっている。 信量は、政治家として、歌人として、室町時代の文化に大きく貢献した。信量は、42歳という若さで薨去したが、その功績は、今日でも語り継がれている。
歴史上の偉人

藤原実隆 – 鎌倉時代の公卿

-藤原実隆の生涯- 藤原実隆は、鎌倉時代の公卿です。1206年に藤原光親の子として生まれ、1231年に従五位下に叙せられました。その後、文章博士、大蔵卿、右大弁などを歴任し、1274年に内大臣に任じられました。1284年には右大臣に昇進し、1289年に薨去するまでその職を務めました。 実隆は、後嵯峨天皇や亀山天皇、後深草天皇の近臣として仕え、朝廷の重要事項に深く関与しました。また、日記『愚管抄』を執筆し、鎌倉時代の政治や社会の動向を詳しく記録しています。愚管抄は、後世の歴史家によって重宝され、鎌倉時代の貴重な史料として知られています。 実隆は、学識豊かで人格高潔な人物として知られていました。彼の死後、朝廷は彼を追贈して太政大臣とし、その功績を称えました。 -主な出来事- * 1206年 藤原光親の子として生まれる。 * 1231年 従五位下に叙せられる。 * 1246年 文章博士に任命される。 * 1252年 大蔵卿に任命される。 * 1261年 右大弁に任命される。 * 1274年 内大臣に任命される。 * 1284年 右大臣に昇進する。 * 1289年 薨去する。 -功績- * 愚管抄を執筆し、鎌倉時代の政治や社会の動向を詳しく記録する。 * 後嵯峨天皇、亀山天皇、後深草天皇の近臣として仕え、朝廷の重要事項に深く関与する。 * 学識豊かで人格高潔な人物として知られる。 -死後- * 追贈して太政大臣とし、その功績を称える。
歴史上の偉人

藤原巨勢麻呂 – 奈良時代公卿の生涯と功績

- 藤原巨勢麻呂の生い立ちと家柄 藤原巨勢麻呂は、奈良時代の公卿・武人で、参議・大宰権帥を歴任しました。 彼は、694年(文武4年)に藤原不比等の六男として生まれました。藤原氏は、飛鳥時代から平安時代にかけて栄えた公家の一族で、巨勢麻呂は、その名門の家柄に生まれ育ちました。 巨勢麻呂の父・藤原不比等は、右大臣を務めた名臣で、巨勢麻呂も、その父に倣って、若い頃から学問に励み、武芸にも秀でていました。 17歳の時には、左大臣・橘諸兄の娘・橘古那可良(こなか)と結婚し、2人の子供をもうけました。 巨勢麻呂は、718年(養老2年)に、従五位下に叙せられ、右衛士佐に任じられました。その後、累進して、731年(天平3年)には、参議に任じられました。 参議在任中は、遣唐使の副使を務めるなど、重要な役職を歴任し、朝廷で活躍しました。 738年(天平10年)には、大宰権帥に任じられ、九州に赴任しました。大宰権帥は、九州の最高責任者であり、九州の政治や軍事、財政を統括する職務でした。 巨勢麻呂は、大宰権帥として、九州の統治に尽力しました。また、九州の特産物である海の幸や山の幸を朝廷に献上するなど、朝廷との交流も深めました。 巨勢麻呂は、741年(天平13年)に大宰権帥を辞任し、帰京しました。その後、744年(天平16年)には、参議に復帰し、朝廷で再び活躍しました。 747年(天平19年)に、巨勢麻呂は、54歳で亡くなりました。
歴史上の偉人

藤原季能 – 平安後期から鎌倉時代にかけての公卿・歌人

藤原季能の生涯と経歴 藤原季能は平安後期から鎌倉時代にかけての公卿・歌人です。権大納言・藤原季通の五男として生まれ、久安2年(1146年)に元服して蔵人になり、久寿元年(1154年)には従五位下に叙爵されました。保元元年(1156年)には従五位上に叙せられ、兵部権少輔を兼任しました。平治元年(1159年)には正五位上に叙せられ、治部権少輔を兼任しました。仁安3年(1168年)には従四位下に叙せられ、右衛門権佐を兼任しました。嘉応元年(1169年)には従四位上に叙せられ、右衛門権佐をそのまま兼任しました。承安4年(1174年)には参議に任ぜられ、嘉応元年(1169年)には従三位に叙せられ、右兵衛督を兼任しました。安元2年(1176年)には正三位に叙せられ、右兵衛督をそのまま兼任しました。治承2年(1178年)には権中納言に任ぜられ、治承3年(1179年)には従二位に叙せられ、右兵衛督をそのまま兼任しました。寿永元年(1182年)には権大納言に任ぜられ、寿永2年(1183年)には正二位に叙せられ、右兵衛督をそのまま兼任しました。元暦元年(1184年)には内大臣に任ぜられ、建久元年(1190年)には正一位に叙せられました。建久6年(1195年)には太政大臣に就任し、建久9年(1198年)に薨去しました。 藤原季能は和歌に秀でており、勅撰和歌集に20首が入集しています。また、家集『季能集』があり、歌風は優美で清麗な作風を得意としました。また、藤原季能は武家とも親しく交流しており、源頼朝や北条政子とも親しく交流していました。源頼朝が鎌倉幕府を開いた際には、藤原季能は鎌倉に下向して頼朝に会見しており、頼朝から厚遇を受けました。藤原季能は頼朝の死後も北条政子と親しく交流しており、北条政子の死際には、北条政子の冥福を祈るために歌を詠んでいます。
歴史上の偉人

「平時高」について

平時高とはどんな人物か? 平時高とは、平時において功績を上げている人物のことである。平時は、戦争や災害などの非常事態ではない時期を指す。平時高は、非常事態においても功績を上げることができる人物とは異なる。平時高は、社会に貢献し、人々の生活を豊かにするために、日々努力している人物である。平時高は、さまざまな分野で活躍しており、その功績は多岐にわたる。平時高は、人々の模範となるべき存在であり、その功績は称賛されるべきものである。 平時高は、どのような特徴を持っているのだろうか。平時高は、まず、社会に貢献しようという強い意志を持っている。平時高は、社会に貢献することで、人々の生活を豊かにすることができると考えている。平時高は、社会に貢献するためには、努力を惜しまない。平時高は、また、人々のために尽くすことを喜びとしている。平時高は、人々のために尽くすことで、自分の生きがいを見出している。平時高は、さらに、高い能力を持っている。平時高は、社会に貢献するためには、高い能力が必要であると考えている。平時高は、高い能力を身につけるために、努力を惜しまない。平時高は、高い能力を身につけることで、社会に貢献することができると考えている。 平時高は、どのような功績を上げているのだろうか。平時高は、さまざまな分野で活躍しており、その功績は多岐にわたる。平時高は、例えば、経済界で活躍し、多くの雇用を創出している。平時高は、また、学術界で活躍し、多くの研究成果を上げている。平時高は、さらに、芸術界で活躍し、多くの作品を世に送り出している。平時高は、人々の生活を豊かにするために、日々努力している。平時高は、人々の模範となるべき存在であり、その功績は称賛されるべきものである。