従二位

歴史上の人物

藤原寿子ー鎌倉時代の女官の伝記

藤原寿子の生い立ちと家柄 藤原寿子は、鎌倉時代の女官であり、後深草上皇の寵愛を受けたことで知られています。寿子は、建長2年(1250年)に藤原重家と藤原家の娘の間に生まれ、幼い頃から公家の娘として育てられました。寿子は、14歳の時に後深草上皇に仕え始め、その美貌と教養で上皇の寵愛を受けました。寿子は、後深草上皇との間に4人の皇子をもうけ、そのうちの一人が後伏見天皇となりました。寿子は、後深草上皇の死後も朝廷に仕え、承安5年(1305年)に亡くなりました。 寿子の父である藤原重家は、鎌倉幕府の御家人であり、寿子は武家出身の女性でした。寿子の母は藤原家の娘であり、寿子は藤原家の血を引いていました。藤原家は、桓武天皇の皇子である藤原良房の子孫であり、平安時代以降、朝廷で大きな権力を持っていました。寿子は、藤原家の出身であり、公家の娘として育てられたため、高い教養を持っていました。
歴史上の人物

– 平光盛

平光盛の生涯 平光盛は、平安時代末期の平家政権の有力武将である。父は平重盛、母は平清盛の娘である。平清盛の異母弟である。 光盛は、平家の重臣として、治承・寿永の乱において、木曾義仲や源頼朝ら源氏方の武将と戦った。また、平家滅亡後も、源頼朝に仕えて、鎌倉幕府の成立に貢献した。 光盛は、弓馬に優れ、武勇に秀でていた。また、歌や和歌にも通じており、文化人としても知られていた。 治承4年(1180年)、平清盛が死去すると、平家政権を継いだ兄の平宗盛を補佐して、源氏方の武将と戦った。寿永3年(1184年)、一ノ谷の戦いで、源義仲に敗れて、壇ノ浦の戦いに敗れて、入水して果てた。 光盛は、平家滅亡後も、源頼朝に仕えて、鎌倉幕府の成立に貢献した。建久2年(1191年)、頼朝の嫡男である源頼家の家令となり、頼家の側近として仕えた。 建久3年(1192年)、頼家が権力を失うと、光盛も失脚した。その後、出家して、法然の弟子となり、法名を入道覚円とした。建久10年(1199年)、死去した。 光盛は、平家の重臣として、治承・寿永の乱において、源氏方の武将と戦った。また、平家滅亡後も、源頼朝に仕えて、鎌倉幕府の成立に貢献した。武勇に秀でていただけでなく、文化人としても知られており、源頼朝の側近として仕えた。
歴史上の人物

百済明信-平安時代の女官

百済明信の生涯 百済明信は、平安時代前期の女官であり、百済姓(くだら の うじ)の出身です。彼女は、百済国末期に日本に渡来した百済王族の末裔と伝えられています。 百済明信は、延暦2年(783年)に生まれました。彼女は、幼い頃から容姿端麗で知られ、宮中に仕えていました。桓武天皇の寵愛を受け、従五位下に叙せられました。しかし、延暦15年(796年)に桓武天皇が崩御すると、彼女は宮中を追われることになりました。 その後、百済明信は、嵯峨天皇の寵愛を受け、再び宮中に仕えることになりました。彼女は、従四位下まで昇進し、嵯峨天皇の第一の側室となりました。しかし、弘仁14年(823年)に嵯峨天皇が崩御すると、彼女は再び宮中を追われることになりました。 百済明信は、その後、出家して比丘尼となりました。彼女は、弘仁16年(825年)に亡くなりました。享年43歳でした。 百済明信は、平安時代前期の女官として、その美貌と教養で知られました。彼女は、桓武天皇と嵯峨天皇の寵愛を受け、宮中で大きな権力を握りました。しかし、二人の天皇が崩御すると、彼女は宮中を追われることになりました。 百済明信の生涯は、平安時代前期の宮廷の内情を垣間見ることができる貴重な史料となっています。
歴史上の人物

錦織従久 – 江戸時代中期の公卿

錦織従久の生涯 錦織従久は、江戸時代中期の公卿です。字は子貞、号は松窓。従三位参議、左近衛権中将、権中納言、中納言、権大納言、大納言、太政大臣を務めました。 錦織従久は、1673年(寛文13年)に京都で生まれました。父は錦織頼兼、母は烏丸光広の娘です。錦織家は、藤原北家閑院流の流れを汲む公家であり、従久は、幼少の頃から優れた才能を示しました。 従久は、1686年(貞享3年)に14歳で元服し、従五位下に叙せられました。その後、累進して1698年(元禄11年)に参議に任じられました。1703年(元禄16年)に左近衛権中将に任じられ、1706年(宝永3年)に権中納言に任じられました。 1710年(宝永7年)に中納言に任じられ、1715年(正徳5年)に権大納言に任じられました。1718年(享保3年)に大納言に任じられ、1726年(享保11年)に太政大臣に任じられました。 錦織従久は、在任中に多くの功績を挙げました。1716年(正徳6年)には、享保の改革を断行した徳川吉宗を補佐し、1720年(享保5年)には、幕府の財政を立て直すために新税を導入しました。また、1721年(享保6年)には、京都の街を整備し、1725年(享保10年)には、全国の寺社を調査して寺社奉行の権限を強化しました。 錦織従久は、1737年(元文2年)に65歳で薨去しました。従一位太政大臣を追贈されました。
歴史上の人物

二条為遠→ 南北朝時代の公卿兼歌人

-二条為遠の生涯と業績- 二条為遠は、南北朝時代の公卿兼歌人である。1330年、二条良基の長男として京都に生まれる。幼名を為守といい、早くから和歌や学問に秀で、14歳の時に従三位に叙せられる。その後、参議、権中納言、権大納言を歴任し、1368年に内大臣に任じられる。しかし、翌年に参議に左遷され、出家して道誉と号した。1370年に復権し、内大臣に再任される。以後、左大臣、右大臣、太政大臣を歴任し、1394年に薨去した。 為遠は、和歌の才能に優れ、二条派の祖として知られている。1358年に『新古今和歌集』の撰集に参加し、1364年に『新葉和歌集』の撰集を主導した。また、1375年に『新千載和歌集』を撰集し、1386年に『玉葉和歌集』を完成させた。これらの和歌集は、いずれも室町時代の代表的な和歌集であり、為遠の和歌に対する功績は大きい。 為遠は、和歌以外にも、歴史書や随筆など、多くの著作を残した。代表作には、『二条河原落書』、『愚管抄』、『増鏡』などがある。『二条河原落書』は、南北朝の動乱を風刺したもので、室町時代の社会情勢を知る上で貴重な資料となっている。『愚管抄』は、日本の歴史を古代から南北朝時代まで通史的にまとめたもので、為遠の史観を知る上で重要である。『増鏡』は、平安時代末期から南北朝時代までの歴史を題材とした物語であり、為遠の文学的才能を遺憾なく発揮した作品である。 為遠は、南北朝時代の動乱に翻弄されながらも、和歌や学問に精進し、数多くの優れた作品を残した。その功績は大きく、室町時代の文化の発展に寄与した。
歴史上の人物

「巨勢奈氐麻呂」について

巨勢奈氐麻呂とは 巨勢奈氐麻呂(こせのなでまろ)は、奈良時代の貴族。参議・巨勢豊人の子。官位は従四位上・治部卿。 天平10年(738年)に乙麻呂が亡くなったため、奈氐麻呂は巨勢氏の氏上となった。天平12年(740年)に右少弁に任じられ、一旦は散位となったが、天平15年(743年)に左大弁に任じられ、翌天平16年(744年)には大宰少弐に任じられた。 孝謙朝では天平勝宝4年(752年)に参議に任じられ、天平勝宝6年(754年)に大蔵卿に任じられた。天平宝字元年(757年)に治部卿に任じられた。 天平宝字8年(764年)に藤原仲麻呂の乱が勃発すると、仲麻呂の乱鎮圧軍の副将を務めた。仲麻呂の乱が鎮圧されると、称徳朝の天平神護2年(766年)に正四位下、翌天平神護3年(767年)に従四位上に叙せられた。 称徳朝の末年まで参議を務めた。光仁朝では初めは参議に任じられなかったが、宝亀元年(770年)に参議に任じられた。宝亀6年(775年)に病没。最終官位は従四位上・治部卿。
歴史上の人物

石山師香 – 江戸時代前期-中期の公卿

-石山師香の生涯- 石山師香は、江戸時代前期から中期にかけての公卿です。 1638年(寛永15年)に権大納言・石山基政の子として京都に生まれました。母は中御門資勝の娘で、名は豊姫。 1651年(慶安4年)、14歳のときに元服し、従五位下に叙せられます。 1654年(承応3年)、21歳のときに侍従に任ぜられ、以後、右近衛少将、右近衛権中将、右近衛中将と昇進していきます。 1667年(寛文7年)、34歳のときに参議に任ぜられ、公卿に列します。参議在任中は、左近衛権中将、右近衛権大将などを歴任しました。 1671年(寛文11年)、38歳のときに権大納言に任ぜられます。権大納言在任中は、右近衛大将、内大臣などを歴任しました。 1683年(天和3年)、49歳のときに大納言に任ぜられます。大納言在任中は、内大臣、右大臣などを歴任しました。 1701年(元禄14年)、68歳のときに薨去しました。 石山師香は、50年以上にわたって朝臣として仕え、公卿として国の政治に携わりました。その功績を讃え、1702年(元禄15年)に正一位を追贈されました。
歴史上の人物

藤原長方 – 平安末期~鎌倉初期の公卿

藤原長方の生涯 藤原長方は、平安末期から鎌倉初期にかけての公卿です。摂政・藤原忠通の五男として生まれ、権中納言・藤原忠雅の養子となりました。長方は、官僚として活躍し、権大納言まで昇進しました。また、和歌にも優れ、『新古今和歌集』に10首が入選しています。その生涯を以下にまとめます。 鎌倉時代の最初の年、1185年(文治元年)に生まれました。父は摂政・藤原忠通、母は藤原清経の娘・源子です。長方は、忠通の五男として生まれました。 1191年(建久2年)に、権中納言・藤原忠雅の養子となりました。忠雅は、長方の叔父にあたります。 1196年(建久7年)に、従五位下に叙爵されました。 1202年(建仁2年)に、侍従に任命されました。 1205年(元久2年)に、権右少弁に任命されました。 1207年(承元元年)に、正五位下に叙爵されました。 1213年(建保元年)に、権右中弁に任命されました。 1216年(建保4年)に、従四位下に叙爵されました。 1218年(承久元年)に、権左中弁に任命されました。 1221年(承久3年)に、正四位下に叙爵されました。 1223年(貞応2年)に、権右大弁に任命されました。 1225年(貞応4年)に、従三位に叙爵されました。 1227年(嘉禄3年)に、権大納言に任命されました。 1231年(建保9年)に、正三位に叙爵されました。 1232年(建保10年)に、薨去しました。享年48歳。 藤原長方は、官僚として活躍し、権大納言まで昇進しました。また、和歌にも優れ、『新古今和歌集』に10首が入選しています。しかし、享年48歳と若くして亡くなってしまいました。
歴史上の人物

藤原範光 – 鎌倉時代の公卿を知る

藤原範光 - 鎌倉時代の公卿を知る 藤原範光の生涯 - 生い立ちや家系を解説 1.生い立ちと家系 藤原範光は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した公卿です。藤原北家名門の一つである御子左家に生まれ、父は権中納言藤原範季、母は高倉院の女房であった藤原重房の娘とされています。 藤原範光は、幼い頃から天性の聡明さで知られており、勉学に励んでいました。11歳で元服し、14歳で従五位下に叙任されました。その後、順調に官位を昇進し、24歳で参議に任命されました。 藤原範光は、参議として様々な政治・外交問題に携わり、鎌倉幕府との関係強化に尽力しました。また、京都の治安維持にも力を注ぎ、1219年には六波羅探題を創設して、京都の治安を確保しました。 藤原範光は、1225年に41歳で薨去しましたが、その功績を称えて、正二位、太政大臣を贈られました。 2.藤原範光の功績 藤原範光は、鎌倉時代の公卿として、数多くの功績を残しました。 まず、鎌倉幕府との関係強化に尽力し、鎌倉幕府の権威を確立しました。藤原範光は、鎌倉幕府の初代将軍源頼朝と親しく、頼朝が京都に上洛した際には、その警護を務めました。また、頼朝が没した後も、鎌倉幕府の2代将軍源頼家や3代将軍源実朝と親しく、鎌倉幕府の権威を確立するのに貢献しました。 次に、京都の治安維持にも力を注ぎ、1219年には六波羅探題を創設して、京都の治安を確保しました。六波羅探題は、鎌倉幕府の京都における出先機関で、京都の治安維持や鎌倉幕府と朝廷の連絡を担当していました。藤原範光は、六波羅探題の初代執権を務め、京都の治安を確保するのに貢献しました。 また、藤原範光は、学問や文化の振興にも力を注ぎました。藤原範光は、藤原定家や藤原家隆らと親しく、和歌や連歌を好みました。また、藤原範光は、鎌倉幕府の3代将軍源実朝の後援のもと、東大寺に鐘楼を建立しました。この鐘楼は、日本の国宝に指定されています。 藤原範光は、鎌倉時代の公卿として、数多くの功績を残した人物です。藤原範光の功績は、鎌倉時代以降の日本の歴史に大きな影響を与えました。
歴史上の人物

忠房親王

- 忠房親王血筋と生涯 -# 血筋 忠房親王は、鎌倉時代初期の皇族であり、後堀河天皇の父として知られています。忠房親王の父は、後鳥羽天皇であり、母は、藤原定子の娘の藤原嬉子です。忠房親王は、1179年に生まれ、1249年に亡くなりました。 -# 生涯 忠房親王は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。1202年には、後鳥羽天皇の譲位を受けて、18歳で天皇に即位しました。忠房親王の在位期間は、わずか2年であり、1204年に後鳥羽天皇の弟である順徳天皇に譲位しました。 忠房親王は、譲位後は、上皇として、政治に影響力を持ち続けました。1221年には、承久の乱が起こり、後鳥羽上皇と順徳上皇が幕府に敗北しました。忠房上皇は、幕府に協力したため、乱後も政治的地位を維持することができました。 忠房上皇は、1249年に亡くなりました。忠房上皇の死後、後堀河天皇が天皇に即位しました。 -# 忠房親王の功績 忠房親王は、鎌倉時代初期の皇族であり、政治に影響力を持ち続けました。忠房親王は、和歌の才能にも恵まれており、多くの和歌を残しています。忠房親王は、皇族としての立場から、幕府と朝廷の関係を調整する役割を果たしました。 忠房親王は、鎌倉時代初期の皇族であり、政治に影響力を持ち続けました。忠房親王は、和歌の才能にも恵まれており、多くの和歌を残しています。忠房親王は、皇族としての立場から、幕府と朝廷の関係を調整する役割を果たしました。
歴史上の人物

藤原親房:鎌倉時代の公卿

-藤原親房の生涯と功績- 藤原親房は、鎌倉時代末期の公卿で、北畠親房としても知られています。正平11年/貞治4年(1365年)に、足利尊氏に謀殺されました。 親房は、正安3年(1301年)に、藤原俊通の子として生まれました。俊通は、鎌倉幕府の評定衆を務め、親房もまた、13歳で評定衆に加えられました。 建武3年(1336年)、足利尊氏が京都を攻め落とし、親房は、光厳天皇を奉じて吉野に逃れました。吉野に朝廷を開いた後も、親房は、尊氏と対立し続け、尊氏を討つために、各地を転戦しました。 正平11年/貞治4年(1365年)、尊氏は、吉野を攻撃し、親房は、楠木正成らとともに、吉野を死守しましたが、力尽きて降伏しました。尊氏は、親房を捕らえ、京都に送りましたが、親房は、途中で殺害されました。 親房は、膨大な量の著作を残しており、その中には、『神皇正統記』、『愚管抄』、『太平記』などがあります。これらの著作は、日本の歴史を知る上で、貴重な資料となっています。 親房は、日本の歴史の中で、重要な役割を果たした人物であり、その生涯と功績は、多くの人々に語り継がれています。
歴史上の人物

藤原行家 – 鎌倉時代の公卿、歌人

藤原行家の生涯 藤原行家は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した公卿、歌人です。父は藤原光能、母は平時信の娘です。藤原定家の弟にあたります。正二位、権大納言まで昇進しました。歌人としては、新古今和歌集に52首が入選しています。 行家は、建久4年(1193年)に生まれました。建久7年(1196年)に父が亡くなり、建久9年(1198年)に兄の定家が亡くなると、藤原家の家督を継ぎました。建保4年(1216年)に権右中弁に任じられ、建保5年(1217年)には参議に昇進しました。建永2年(1207年)には正二位に昇叙され、権大納言に任じられました。 承久3年(1221年)に承久の乱が起こると、後鳥羽上皇側につきましたが、敗れて配流されました。建保6年(1218年)に赦免され、帰京しました。建長7年(1255年)に亡くなりました。 行家は、歌人としても有名で、新古今和歌集に52首が入選しています。彼の歌は、繊細で優雅な作風が特徴です。また、彼は藤原定家とともに、和歌の理論書である『毎月抄』を編纂しました。 行家は、鎌倉時代初期の公卿、歌人として活躍した人物です。彼の歌は、繊細で優雅な作風が特徴であり、新古今和歌集に52首が入選しています。また、彼は藤原定家とともに、和歌の理論書である『毎月抄』を編纂しました。
歴史上の人物

菅原淳高

菅原淳高の生涯 菅原淳高は、1887年(明治20年)10月4日、神奈川県横浜市に生まれた。父は、菅原しまうの夫で横浜の医師であった。母は、吉備真備の子孫と自称していた。淳高は、1901年(明治34年)に東京高等師範学校に入学し、1905年(明治38年)に卒業した。その後、東京高等商業学校(現・一橋大学)の講師を務めた。 1911年(明治44年)、淳高はアメリカ合衆国に渡り、コロンビア大学で経済学を学んだ。1914年(大正3年)に帰国し、東京高等商業学校の教授に就任した。1921年(大正10年)には、東北帝国大学(現・東北大学)の教授となり、1924年(大正13年)には、東京帝国大学(現・東京大学)の教授となった。 淳高は、1929年(昭和4年)に、日本銀行の調査局長に就任した。1931年(昭和6年)には、日本銀行の副総裁に就任し、1937年(昭和12年)には、日本銀行の総裁に就任した。淳高は、日本銀行の総裁として、第二次世界大戦中の金融政策を担った。 淳高は、1945年(昭和20年)に、日本銀行の総裁を辞任した。その後、大蔵省の参与を務めた。1946年(昭和21年)に、淳高は、公職追放の対象となった。1951年(昭和26年)に、淳高は、公職追放を解除された。 淳高は、1970年(昭和45年)6月19日に死去した。享年82歳であった。
歴史上の人物

園池宗朝 – 江戸時代前期の公卿

園池宗朝の生涯 園池宗朝(そのいけ むねとも、1602年(慶長7年) - 1677年6月26日(延宝5年5月23日))は、江戸時代前期の公卿。 園池宗朝は、1602年(慶長7年)、摂政・九条忠栄の長男として、京都で生まれた。幼名は金松(きんしょう)。 1615年(元和元年)に元服し、宗朝と名乗る。 1623年(元和9年)に参内して従五位上に叙され、侍従に任官。その後、右近衛権少将、右近衛権中将、左近衛権少将などを歴任した。 1637年(寛永14年)に正三位に叙され、権中納言に任官。 1644年(正保元年)に権大納言に転任。その後、内大臣、右大臣を歴任した。 1655年(明暦元年)に関白に就任。在職中は、徳川家綱の代に元号を寛文と改め、内裏を再建するなど、幕府と協力して、朝廷の権威を高めることに努めた。 1663年(寛文3年)に太政大臣に就任。 1677年(延宝5年)に薨去。享年76。
歴史上の人物

平有親とは?鎌倉時代の公卿の生涯と功績

-平有親の生涯- 平安時代末期から鎌倉時代初期に活躍した公卿、平有親。彼は、平清盛の甥であり、平家一門の重鎮として活躍しました。しかし、壇ノ浦の戦いで平家が滅亡すると、有親は捕らえられ、流罪となりました。その後、赦免されて帰京し、公卿として再び活躍しました。 -生い立ち- 平有親は、平清盛の弟である平頼盛の長男として、京都に生まれました。平家一門の次期当主として期待され、幼い頃から公卿として英才教育を受けました。有親は、文武両道に秀でた人物で、特に和歌に優れていました。 -平治の乱と平家一門の台頭- 平有親が15歳の頃、平治の乱が起こりました。この乱で、平清盛と源義朝が激突し、平清盛が勝利しました。この勝利により、平家一門は朝廷で勢力を拡大し、有親も平家一門の重鎮として活躍するようになりました。 -壇ノ浦の戦い- 平有親は、平清盛の死後も平家一門の重鎮として活躍し続けました。しかし、源頼朝が挙兵すると、平家一門は源氏と激突することになります。壇ノ浦の戦いで、平家一門は源氏に敗れ、有親も捕らえられました。 -流罪と赦免- 壇ノ浦の戦いで捕らえられた有親は、伊豆国に流罪となりました。しかし、後に赦免されて帰京し、公卿として再び活躍しました。帰京後は、朝廷で要職を歴任し、平家一門の再興に尽力しました。 -晩年- 平有親は、鎌倉時代初期に亡くなりました。享年は63歳でした。有親は、平家一門の重鎮として、平家の台頭を支えた人物でした。また、和歌に優れ、公卿としても活躍した人物でした。
歴史上の人物

藤原光範:鎌倉時代の公卿とその生涯

-# 藤原光範の生涯と事績 藤原光範は、鎌倉時代の公卿であり、太政大臣まで務めました。彼は、藤原北家勧修寺流の出身であり、父は権大納言藤原兼光、母は右大臣藤原実兼の娘、藤原経子でした。 光範は、建保2年(1215年)に生まれました。建保6年(1218年)に父が死去し、建保7年(1219年)に祖父の実兼が死去すると、光範は勧修寺家の家督を継ぎました。 光範は、建保9年(1221年)に叙爵され、嘉禄元年(1225年)には従五位下に叙せられました。安貞2年(1229年)には、参議に任じられ、嘉禎3年(1237年)には権中納言に任じられました。 寛元元年(1243年)には、権大納言に任じられ、建長6年(1254年)には内大臣に任じられました。康元元年(1256年)には、左大臣に任じられ、弘長3年(1263年)には右大臣に任じられました。 文永元年(1264年)には、太政大臣に任じられ、文永2年(1265年)に死去しました。 光範は、朝廷で重要な役割を果たした人物であり、その生涯は、鎌倉時代の公卿の典型例となっています。彼は、多くの功績を残しており、その中でも特に注目されるのは、以下のとおりです。 * 建長6年(1254年)に、東寺に宝塔を建立しました。 * 康元元年(1256年)に、東大寺に大仏殿を再建しました。 * 弘長3年(1263年)に、北条時頼の執権就任を奏請しました。 光範は、これらの功績により、朝廷から多くの賞賛を受けました。彼は、鎌倉時代の公卿の中で最も重要な人物の一人であり、その生涯は、鎌倉時代の歴史を理解する上で欠かせないものとなっています。
歴史上の人物

藤原基教 – 鎌倉時代の公卿

藤原基教とは? 藤原基教は、鎌倉時代の公家です。藤原北家閑院流を祖とする四条家の祖であり、四条隆資の子、藤原基綱の弟です。法名は玄基。 基教は、建久9年(1198年)に従五位下に昇叙され、建永元年(1206年)には侍従に任命されました。建保4年(1216年)には従四位上となり、嘉禄元年(1225年)には参議に任命されました。仁治3年(1242年)には従三位となり、建長4年(1252年)には権中納言に任命されました。 基教は、寛元4年(1246年)に四条家に改姓し、その後、四条家の祖となりました。四条家は、鎌倉時代から江戸時代にかけて繁栄した公家であり、多くの公卿や武人を輩出しました。 基教は、弘安10年(1287年)に薨去しました。享年80。 * 藤原基教の主な経歴 * 建久9年(1198年)に従五位下に昇叙 * 建永元年(1206年)に侍従に任命 * 建保4年(1216年)には従四位上となる * 嘉禄元年(1225年)には参議に任命 * 仁治3年(1242年)には従三位となる * 建長4年(1252年)には権中納言に任命 * 寛元4年(1246年)に四条家に改姓 * 弘安10年(1287年)に薨去
歴史上の人物

藤原親経 – 平安後期から鎌倉時代初期の公卿・和歌研究家

藤原親経の生涯と経歴 藤原親経は、平安後期から鎌倉時代初期にかけて活躍した公卿・和歌研究家です。1179年(治承3年)に藤原俊経の子として誕生し、1191年(建久2年)に参議に任じられ、その後、権中納言、権大納言を歴任しました。1221年(建保9年)には内大臣に任じられ、1223年(貞応2年)には右大臣に昇進しました。 親経は、和歌にも優れており、1201年(建仁元年)に開催された「建仁歌合」に出詠して勝利し、1204年(元久元年)には「新勅撰和歌集」の撰者の一人に選ばれました。また、1214年(建暦4年)には「続後撰和歌集」の撰者の一人に選ばれ、1216年(建保4年)には「金槐和歌集」を撰集しました。 親経は、1238年(天福元年)に右大臣を辞任し、出家して法名を「浄海」と改めました。1241年(仁治2年)に病のため死去し、享年63でした。 親経は、公卿として活躍するとともに、和歌研究家としても大きな功績を残しました。その和歌は、優美で繊細な作風で知られ、多くの歌人が親経を範として和歌を学びました。親経は、平安後期から鎌倉時代初期にかけての和歌界を代表する歌人であり、その功績は今日にも高く評価されています。
歴史上の人物

六条有定:足利義教の時代を生き抜いた公卿

-足利義教の時代- 室町幕府6代将軍・足利義教は、1428年から1441年までの14年間、室町幕府を率いた将軍である。この時代は、応永の乱(1399~1408年)や嘉吉の乱(1441年)など、幕府の権威が揺らぎ、戦乱が相次いだ動乱の時代であった。 足利義教は、応永の乱で幕府に反旗を翻した大名たちを次々と鎮圧し、幕府の権威を回復した。また、嘉吉の乱では、赤松満祐に暗殺されたが、子の足利義政が跡を継いで幕府を継承した。 足利義教の時代は、室町幕府にとって大きな転換点となった。応永の乱と嘉吉の乱という2つの大きな戦乱を経て、幕府の権威は大きく衰退した。また、足利義教の暗殺は、幕府の結束を乱し、戦乱がさらに激化することとなった。 足利義教の時代は、室町幕府にとって大きな転換点となったが、同時に、公卿たちにとっては、新たな活躍の場が生まれた時代でもあった。足利義教は、公卿たちを積極的に登用し、幕府の政務を委ねた。 六条有定は、足利義教の時代に活躍した公卿の一人である。六条有定は、1401年に生まれ、1461年に亡くなった。公卿として、幕府の政務を執り、足利義教の信任を得た。 六条有定は、足利義教の時代を生き抜いた公卿として、その名を残している。
歴史上の人物

藤原良継の乱と藤原仲麻呂の排除

藤原良継の出自と経歴 藤原良継は、藤原仲麻呂の兄である藤原豊成の四男として、747年に生まれたとされています。良継の母は、天智天皇の曾孫である蘇我娼子です。良継は、藤原北家の嫡流であり、若い頃から才能を認められて、順調に出世していきます。 764年に、良継は右大臣に就任します。右大臣は、太政官の中で最高位の官職であり、良継は藤原氏の中で最も権力のある人物となりました。良継は、藤原仲麻呂と協力して、政権を運営していきます。しかし、良継と仲麻呂は、次第に仲違いするようになります。 仲麻呂は、良継よりも権力があり、良継は仲麻呂の権勢を恐れていました。仲麻呂は、良継を排除するために、良継の失脚を画策します。764年、仲麻呂は良継を中傷する文書を天皇に提出しました。天皇は、良継を罷免し、良継は伊豆国に流罪となりました。 765年、良継は伊豆国で病死しました。良継の死後、藤原北家は分裂し、藤原氏と仲麻呂の争いが激化します。766年、仲麻呂は良継の弟である藤原永手によって失脚させられました。仲麻呂の失脚により、藤原氏と仲麻呂の争いは終結し、藤原北家は再び統一されます。
歴史上の人物

平松時庸

- -平松時庸の生涯- 平松時庸は、1905年1月2日に東京都に生まれた。 父親は陸軍軍人であり、時庸も幼い頃から軍人になることを志していた。 時庸は陸軍士官学校を卒業後、陸軍歩兵少尉に任官された。 その後、時庸は支那事変(日中戦争)や太平洋戦争に従軍し、1943年には陸軍大佐に昇進した。 太平洋戦争終戦後、時庸は公職追放処分を受けたが、1951年に解除された。 その後、時庸は政界に進出し、1952年に衆議院議員選挙に立候補して当選した。 時庸はその後、衆議院議員を8期務め、1978年には内閣総理大臣に就任した。 時庸は内閣総理大臣として、日中平和友好条約の締結や経済政策「時庸内閣の経済政策」を実行した。 時庸は1980年に内閣総理大臣を退任し、1988年に死去した。
歴史上の人物

藤原成子(2)-鎌倉時代の女官

- 藤原成子の生涯 藤原成子は、11世紀後半から12世紀前半にかけて活躍した女官です。藤原成通の娘として生まれ、1087年に白河天皇の女御となりました。成子は、白河天皇の寵愛を受け、1093年には女御の最高位である中宮に昇格しました。成子は、白河天皇の治世を支え、堀河天皇の誕生にも貢献しました。しかし、1107年に白河天皇が崩御すると、成子は政界から退き、晩年は出家して「高陽院」と号しました。成子は、1135年に61歳で亡くなりました。 成子は、白河天皇の寵愛を受け、多くの和歌を詠みました。成子の和歌は、当時の女流文学を代表するものであり、その優雅な文体と繊細な表現で知られています。成子の和歌は、『金葉和歌集』や『詞花和歌集』などの勅撰和歌集に多く収められています。 成子は、白河天皇の治世に大きな影響を与えた女官でした。成子は、白河天皇の側近として政務を補佐し、堀河天皇の誕生にも貢献しました。成子は、和歌にも優れており、その優雅な文体と繊細な表現で知られています。成子は、当時の女流文学を代表する人物であり、その和歌は現在も高く評価されています。
歴史上の人物

「お幸の方」

「お幸の方」とは、江戸時代中期の徳川家重の側室で、徳川家治の生母である。家重は、徳川吉宗の六男として生まれ、享保20年(1735年)に将軍職を継いだ。家重は、体質が弱く、病気がちであったため、政治は側用人である田沼意次らに任せていた。 お幸の方は、享保13年(1728年)に江戸で生まれた。本名は、久留島喜多。旗本である久留島通嘉の娘であった。お幸の方は、容姿端麗で、性格も温厚であったため、家重の寵愛を得た。 お幸の方は、延享3年(1746年)に、家治を生んだ。家治は、家重の三男であり、若くして将軍職を継いだ。お幸の方は、家治の生母として、江戸城の大奥で権勢を誇った。 お幸の方は、宝暦13年(1763年)に亡くなった。享年36歳であった。お幸の方は、家重の側室の中で最も愛された女性であり、その死は家重に大きな悲しみを与えた。 お幸の方は、江戸時代中期の徳川将軍家の歴史の中で、重要な役割を果たした女性である。お幸の方の生涯は、徳川将軍家の興亡を物語る貴重な史料となっている。
歴史上の人物

「西洞院時慶」

-西洞院時慶の生涯- 西洞院時慶は、平安時代末期の公卿。父は権大納言・西洞院実家。兄は権大納言・西洞院実氏。官位は従一位・右大臣。 1150年(久寿2年)に誕生。1159年(平治元年)に元服し、丹波守に任じられる。1160年(永暦元年)に父が死去し、家督を継ぐ。1161年(応保元年)に参議に任じられ、公卿に列する。1166年(仁安元年)に権中納言に昇進し、1168年(仁安3年)に権大納言に昇格する。 1171年(承安元年)に右大臣に任じられ、政務を総覧する。1177年(治承元年)に平清盛のクーデターによって解任されるが、1179年(治承3年)に平清盛が死去すると官職に復帰する。1183年(寿永2年)に平家一門が壇ノ浦の戦いで滅亡すると、朝廷のトップとして政務に尽力する。 1185年(文治元年)に平家一門の残党である平時忠を討伐して、平家の乱を平定する。1186年(文治2年)に辞職し、出家して法名を浄円と号した。1191年(建久2年)に死去。享年42。 西洞院時慶は、平安時代末期の政局を担った公卿である。平清盛のクーデターによって解任されるが、平家一門が壇ノ浦の戦いで滅亡すると官職に復帰し、朝廷のトップとして政務に尽力する。平家一門の残党である平時忠を討伐して、平家の乱を平定するなど、功績を残した。