従五位上

歴史上の人物

茨田王 – 奈良時代の官吏

-茨田王とは?- 茨田王は、奈良時代の官吏である。茨田王は、天武天皇と持統天皇の第四皇子として生まれ、天武天皇10年(681年)に茨田親王に叙せられた。同年に、右大臣に任命され、天武天皇12年(683年)には内蔵寮長官に任命された。 天武天皇13年(684年)に、茨田王は、大納言に任命された。同年に、藤原不比等を太政大臣に任命し、太政官の官制を定めた。茨田王は、不比等を支持し、不比等の政治を支えた。 持統天皇7年(693年)に、茨田王は内大臣に任命された。同年に、高市皇子を太政大臣に任命し、太政官の官制を改正した。茨田王は、高市皇子を支持し、高市皇子の政治を支えた。 文武天皇元年(697年)に、茨田王は左大臣に任命された。同年に、藤原不比等を右大臣に任命し、太政官の官制を再び改正した。茨田王は、不比等と協力して、文武天皇の政治を支えた。 大宝2年(702年)に、茨田王は、72歳で薨去した。茨田王は、藤原不比等や高市皇子を支持し、彼らの政治を支えた。茨田王は、奈良時代前期の政治を支えた功績で知られている。
歴史上の人物

藤原末茂 – 平安京を彩った、藤原北家の貴公子

- 藤原末茂の生涯~波瀾に満ちた官吏人生 - 藤原末茂は、平安京の都を彩った藤原北家の貴公子でした。藤原氏の摂政・関白を輩出した名門である藤原北家の嫡流である彼は、皇族に次ぐ高貴な家柄に生まれました。 末茂の生涯は波瀾に満ちたものでした。彼は延暦10年(791年)に生まれ、幼少期から聡明さと美貌で知られていました。18歳の時に右衛門少尉として出仕し、順調に官僚としてキャリアを積みました。しかし、藤原種継暗殺事件に連座したとして延暦24年(805年)に左遷され、美濃の国司に任命されました。 美濃国司在任中は、洪水や飢饉などの災害に遭い、苦労を重ねました。しかし、末茂は不屈の精神で困難を乗り越え、美濃の国を立て直しました。延暦28年(809年)に召還され、京に戻りました。 帰京後は、再び順調に官僚として出世し、延暦40年(821年)には参議に任命されました。しかし、承和9年(842年)に発生した承和の変に連座し、再び左遷されてしまいました。この事件により、末茂は藤原北家の嫡流としての地位を失い、政治的な失脚を余儀なくされました。 承和の変の後、末茂は出家を宣言し、名を空海と改めました。そして、高野山に籠もって仏道に精進しました。しかし、晩年には再び俗世に戻り、政治家として活躍しました。貞観11年(869年)に薨去するまで、貴重な政治的経験を有する高官として、政界で重きをなしました。 藤原末茂の生涯は、波瀾に満ちたものでしたが、彼は常に高貴な家柄に生まれたことに誇りを持ち、政治家として、そして仏教者として、最後まで自らの信念を貫きました。
歴史上の人物

文室文子の生涯と功績

文室文子とは? 文室文子は、飛鳥時代後期の貴族、女官です。聖武天皇の皇后で、光仁天皇の生母でもあります。桓武天皇の祖母にあたる人物です。 文室氏は、渡来系氏族で、文室文子の父である文室浄三は、中納言まで昇進しました。文室文子はその娘として生まれました。 文室文子は、16歳の時に聖武天皇の后となり、721年に光仁天皇を出産しました。聖武天皇は、文室文子に寵愛を寄せ、彼女は皇后に冊立されました。 749年に聖武天皇が崩御すると、文室文子は皇太后となりました。そして、758年に光仁天皇が即位すると、文室文子は太皇太后となりました。 文室文子は、政治にも大きな影響力を持っていました。757年に起きた藤原仲麻呂の乱では、藤原仲麻呂を討伐するために光仁天皇を説得し、乱の終結に貢献しました。 文室文子は、770年に崩御しました。享年69歳でした。彼女は、平城京の西に葬られ、その陵墓は文室文子陵と呼ばれています。 文室文子は、聖武天皇の皇后として、そして光仁天皇の母として、日本の歴史に大きな影響を与えた女性でした。彼女は、日本の女性初の太皇太后であり、その功績は高く評価されています。
歴史上の人物

多治比豊継

多治比豊継の生涯 多治比豊継は、奈良時代の貴族・政治家。参議・大納言・右大臣を歴任し、光明皇后の甥にあたる。氏は多治比朝臣、名は豊継。 天平13年(741年)、多治比池守の長男として生まれる。天平宝字3年(759年)、従五位下・右衛士佐に叙任される。天平宝字5年(761年)、従五位上に叙せられる。天平宝字8年(764年)、正五位下に叙せられる。 天平神護元年(765年)、神護景雲と改元され、豊継は右中弁に任じられる。神護景雲2年(766年)、従四位下に叙せられる。神護景雲3年(767年)、参議に任じられる。 宝亀元年(770年)、正四位下に叙せられる。宝亀2年(771年)、従三位に叙せられる。宝亀3年(772年)、大納言に任じられる。 宝亀6年(775年)、正三位に叙せられる。宝亀7年(776年)、右大臣に任じられる。宝亀9年(778年)、薨去。享年38。 多治比豊継は、光明皇后の甥にあたることから、聖武天皇の寵愛を受け、順調に出世を重ねた。右大臣にまで昇り詰めたが、38歳の若さで薨去した。 多治比豊継は、学問にも優れており、特に儒学に精通していた。また、和歌にも秀でており、勅撰和歌集『万葉集』に1首が入集している。
歴史上の人物

紀難波麻呂-奈良時代の官吏

-紀難波麻呂とは- 紀難波麻呂(き なにわまろ)は、奈良時代の公卿。名は難波麻呂とも。姓は朝臣。父は参議・紀飯麻呂。母は藤原広嗣の娘。 天平宝字元年(757年)に左右近衛権少将に任ぜられ、侍従や刑部少輔を歴任する。天平宝字5年(761年)に播磨守に任ぜられ、天平宝字8年(764年)に参議に任ぜられる。 天平神護元年(765年)に大宰大弐に任ぜられ、天平神護3年(767年)に文章博士を兼任する。天平神護4年(768年)に淳仁天皇が廃された際、大納言・藤原永手によって捕らえられるが、後に赦される。 天平宝字7年(763年)に、藤原仲麻呂の乱が起こった際に、仲麻呂の娘を妻にしていた難波麻呂は、仲麻呂に味方する。しかし、仲麻呂が敗北すると、難波麻呂もまた捕らえられ、死罪に処せられた。 難波麻呂は、書道に優れており、その筆跡は「紀卿筆」と呼ばれ、珍重された。また、和歌にも秀でており、『万葉集』に4首の歌が残されている。
美術分野の人

土佐行広→ 室町時代の画家

土佐行広の生涯 土佐行広は室町時代初期の画家。土佐派の祖とされる。京都の人。祖父の土佐光信(こうしん)に学び、父土佐行秀の跡を継いで室町将軍家に仕えた。足利義満に仕えて御所などの障壁画を担当し、将軍家に名望を掲げた。義満には絵の御指南をしていて、義満の命で『保元物語』『平治物語』『源平盛衰記』の絵巻物を製作した。 一方で、土佐行広は、足利義政の命で、『伊勢物語』の絵巻物を製作した。この絵巻物は、伊勢物語の和歌に沿って、物語の場面を活き活きと描いたもので、土佐行広の代表作として知られている。 また、土佐行広は、寺社などの障壁画も数多く描いた。そのうち、京都の相国寺にある「四季山水図」は、土佐行広の代表的な障壁画として知られている。四季折々の山水の風景を屏風に描いたもので、土佐行広の優れた画力が発揮されている。 土佐行広は、室町時代初期の画壇を代表する画家であり、土佐派の祖とされる。その画風は、父土佐行秀を受け継ぎ、大和絵の伝統を尊重しつつ、新しい画風を創造した。土佐行広の作品は、現在では国宝や重要文化財に指定されており、日本の絵画史において重要な位置を占めている。
歴史上の人物

平安時代前期の官吏・菅野永岑

-菅野永岑の生涯- 菅野永岑(すがの ながのぶ)は、平安時代前期の官吏であり、文章博士・大学頭・式部大輔などを歴任した。 生年は不詳であるが、天安2年(858年)に文章生に補せられたとされる。仁寿3年(853年)には内蔵助・大学助に任じられ、斉衡3年(856年)には大学頭に任じられている。貞観元年(859年)には式部大輔に任じられ、貞観9年(867年)には文章博士に任じられた。 永岑は、文章生として文章道を学び、大学頭としては大学寮の教学を担当した。また、式部大輔としては式部省の事務を担当し、文章博士としては文章道の教授を担当した。永岑は、これらの官職を歴任する中で、文章道や官僚制度に大きな影響を与えた。 永岑は、貞観18年(876年)に卒去した。享年は69歳であった。 -菅野永岑の業績- 永岑は、文章道や官僚制度に大きな影響を与えたとされる。永岑は、文章道において、文章生の教育に力を入れ、文章道の振興に努めた。また、官僚制度においては、官吏の登用や任免について、公平かつ公正な制度の確立に努めた。 永岑は、文章生として文章道を学び、大学頭として大学寮の教学を担当した。また、式部大輔としては式部省の事務を担当し、文章博士としては文章道の教授を担当した。永岑は、これらの官職を歴任する中で、文章道や官僚制度に大きな影響を与えた。 永岑の業績は、平安時代前期の文化や政治に大きな影響を与えた。永岑は、文章道や官僚制度の確立に努めたことで、平安時代前期の文化や政治の繁栄に貢献した。 -菅野永岑の評価- 永岑は、平安時代前期の文化や政治に大きな影響を与えたとされる。永岑は、文章道や官僚制度の確立に努めたことで、平安時代前期の文化や政治の繁栄に貢献した。 永岑は、その学識と政治的手腕から、平安時代前期において、最も優れた官吏の一人であったと評価されている。永岑は、その業績によって、後世の官吏や文化人に大きな影響を与えた。
歴史上の人物

藤原清正 – 平安時代中期の官吏・歌人

藤原清正の生涯と歌人としての活躍 藤原清正は、平安時代中期の官吏・歌人です。清正は、清原深養父の子として生まれ、幼少期に藤原良房に養育されました。清正は、文章生として出仕し、その後、蔵人・左近衛権少将・右少弁などを歴任しました。清正は、歌人としても活躍し、『古今和歌集』に10首の歌が採録されています。清正の歌は、清雅で優美な作風が特徴です。 清正は、天暦2年(948年)に発生した平将門の乱に際して、平将門討伐を主張しました。清正は、平将門討伐の功績により、従四位下・肥後守に叙任されました。清正は、天暦9年(955年)に卒去しました。清正の墓は、京都府宇治市にある平等院にあります。 清正は、歌人として活躍し、『古今和歌集』に10首の歌が採録されています。清正の歌は、清雅で優美な作風が特徴です。清正の歌をいくつか紹介します。 * 春の夜の夢の浮橋とだえして峰にわかるる横雲の空 * 夕されば風はやさしくゆふだすきかけてもなほぞ涼しかるらむ * 秋の野に鹿のねをきけばおもほえむ妻恋ふるかもよもすがらに 清正の歌は、清雅で優美な作風が特徴です。清正の歌は、平安時代中期の和歌を代表する歌のひとつです。
歴史上の人物

紀鹿人 – 奈良時代の官吏

紀鹿人の生涯 紀鹿人は、奈良時代の官吏である。和銅3年(710年)に生まれ、天平10年(738年)に没した。氏は紀、名は鹿人である。 紀鹿人は、美濃国席田郡(現在の岐阜県美濃市)に生まれた。若い頃は、郷里で学問を修めた。その後、上京して官吏となった。 紀鹿人は、官吏として順調に出世した。和銅6年(713年)には、少納言に任命された。その後、治部少輔、右少弁、左少弁、中務少輔、大蔵少輔、民部少輔、兵部少輔を歴任した。 天平6年(734年)には、弾正少弼に任命された。弾正少弼は、官吏の不正を調査する役職である。紀鹿人は、弾正少弼として、官吏の不正を厳しく取り締まった。 天平9年(737年)には、右大臣に任命された。右大臣は、太政官の次官である。紀鹿人は、右大臣として、国政を支えた。 天平10年(738年)、紀鹿人は病没した。享年29歳であった。 紀鹿人は、短命であったが、官吏として大きな功績を残した。彼は、官吏の不正を取り締まり、国政を支えた。彼の死は、朝廷に大きな損失を与えた。
歴史上の人物

佐伯男

- 佐伯男 -# 壬申の乱における活躍 佐伯男は、壬申の乱(672年~673年)に活躍した有力な豪族であり、天武天皇を支持した。彼は、壬申の乱の初期段階で、天武天皇の軍勢に合流して、大海人皇子の軍勢と戦った。その後、彼は、天武天皇の軍勢の一翼を担って、大海人皇子の軍勢を破り、天武天皇の勝利に貢献した。壬申の乱の後、佐伯男は、天武天皇から、功績を賞されて、官位を授けられた。また、彼は、天武天皇の信任を得て、朝廷で重要な役割を果たした。 佐伯男の壬申の乱における活躍は、彼が、天武天皇の側近として、天武天皇の政治を支えていたことを示している。また、彼は、軍事的な才能にも優れていたことが分かる。佐伯男の壬申の乱における活躍は、日本の歴史において重要な役割を果たした。 佐伯男の壬申の乱における活躍には、以下のようなものがある。 * 壬申の乱の初期段階で、天武天皇の軍勢に合流して、大海人皇子の軍勢と戦った。 * 天武天皇の軍勢の一翼を担って、大海人皇子の軍勢を破り、天武天皇の勝利に貢献した。 * 壬申の乱の後、天武天皇から、功績を賞されて、官位を授けられた。 * 天武天皇の信任を得て、朝廷で重要な役割を果たした。 佐伯男の壬申の乱における活躍は、彼が、天武天皇の側近として、天武天皇の政治を支えていたことを示している。また、彼は、軍事的な才能にも優れていたことが分かる。佐伯男の壬申の乱における活躍は、日本の歴史において重要な役割を果たした。
歴史上の人物

小治田諸人 – 奈良時代の官吏

万葉集にその名が登場する人物 万葉集には、小治田諸人の名が登場する歌が数多く残されています。その中でも、特に有名なのは、以下の歌です。 * 「ちはやぶる神のみこともち小治田の諸人」 この歌は、小治田諸人が神祇官の長官であったことを詠んだものとされています。小治田諸人は、神祇官の長官として、多くの神事を行い、また、万葉集の編纂にも携わったと考えられています。 万葉集には、小治田諸人が詠んだ歌も数多く残されています。その中でも、特に有名なのは、以下の歌です。 * 「柿本朝臣人麻呂の別れを悲しぶる歌」 この歌は、小治田諸人が、柿本人麻呂と別れる際に詠んだものとされています。小治田諸人は、柿本人麻呂と親交があり、その死を深く悲しんだと考えられています。 小治田諸人は、万葉集にその名が登場する人物の中で、最も重要な人物の一人です。神祇官の長官として、多くの神事を行い、また、万葉集の編纂にも携わったと考えられています。小治田諸人が詠んだ歌は、万葉集の中で最も有名な歌の一つであり、その死は多くの人々に悼まれました。
歴史上の人物

– 大中臣安子

大中臣安子とは 大中臣安子は、平安時代初期の女官で、桓武天皇の皇后であり、嵯峨天皇の生母である。 大中臣安子は、大中臣清麻呂の娘として生まれ、桓武天皇の后妃となった。桓武天皇との間に、嵯峨天皇、淳和天皇、平城天皇の3人の皇子と、嘉智子内親王、有智子内親王の2人の皇女をもうけた。 桓武天皇の崩御後、大中臣安子は皇太后となり、嵯峨天皇の摂政として政務を執った。嵯峨天皇が成人した後も、大中臣安子は嵯峨天皇を補佐し、朝廷の安定に貢献した。 大中臣安子は、835年に崩御した。享年66。死後、大中臣安子は贈皇太后の称号を贈られた。 大中臣安子は、平安時代初期の皇室を支えた重要な人物の一人である。彼女の功績は、今日でも高く評価されている。
歴史上の人物

巨勢子邑治-奈良時代の官吏

- 巨勢子邑治の功績 巨勢子邑治は、奈良時代の官吏であり、多くの功績を残しました。 * -墾田永年私財法の制定- 巨勢子邑治は、723年に墾田永年私財法を制定しました。墾田永年私財法は、それまで公有地であった墾田を、開発した者に永続的に私有することを認める法律です。この法律により、人々は安心して墾田開発に取り組むことができ、日本の農業生産力が大幅に向上しました。 * -租庸調の制定- 巨勢子邑治は、724年に租庸調を制定しました。租庸調は、国民に税として納めさせる米、布、労働力のことです。租庸調の制定により、国家の財政基盤が確立され、律令国家の運営が安定しました。 * -正倉院の建設- 巨勢子邑治は、749年に正倉院を建設しました。正倉院は、国家の財物や宝物などを保管する倉庫です。正倉院の建設により、国家の財産が安全に保管・管理できるようになりました。 * -東大寺大仏の建立- 巨勢子邑治は、752年に東大寺大仏の建立に貢献しました。東大寺大仏は、奈良の東大寺にある巨大な仏像です。東大寺大仏の建立は、日本の仏教史上における一大事業であり、巨勢子邑治の功績を物語っています。 巨勢子邑治は、多くの功績を残した、奈良時代の傑出した官吏でした。巨勢子邑治の功績は、日本の歴史に大きな影響を与え、今日まで語り継がれています。
歴史上の人物

「百済玄風」

-百済玄風の人物像- 百済玄風とは、6世紀後半から7世紀前半にかけて、百済から日本に伝わった文化を指す。百済玄風は、日本の文化に大きな影響を与え、日本の仏教や美術、文学の発展に寄与した。 百済玄風を日本に伝えた人物には、高句麗の僧、恵慈や百済の官人、蘇我馬子、秦河勝などがいる。恵慈は、522年に日本に渡り、日本の仏教の発展に寄与した。蘇我馬子は、587年に百済に遣隋使を派遣し、百済から仏教や美術を伝えた。秦河勝は、607年に百済に派遣され、百済の文化を日本に伝えた。 百済玄風を担った人物たちは、いずれも高い教養を身につけた人材であった。彼らは、百済の文化を日本に伝え、日本の文化の発展に貢献した。百済玄風の担い手たちは、日本の歴史において重要な役割を果たした人物である。 百済玄風を担った人物たちの代表的な人物像は、以下の通りである。 * -恵慈- 恵慈は、522年に日本に渡り、日本の仏教の発展に寄与した。彼は、百済の僧であり、高句麗の僧、慧慈の弟子であった。恵慈は、日本に仏教の経典を伝え、日本の仏教の発展に貢献した。恵慈は、日本の仏教史上、重要な人物である。 * -蘇我馬子- 蘇我馬子は、587年に百済に遣隋使を派遣し、百済から仏教や美術を伝えた。彼は、日本の政治家で、蘇我氏の氏上であった。蘇我馬子は、日本の仏教の発展に寄与した功績により、日本の仏教史上、重要な人物である。 * -秦河勝- 秦河勝は、607年に百済に派遣され、百済の文化を日本に伝えた。彼は、日本の政治家で、秦氏の氏上であった。秦河勝は、日本の仏教の発展に寄与した功績により、日本の仏教史上、重要な人物である。 百済玄風を担った人物たちは、いずれも高い教養を身につけた人材であった。彼らは、百済の文化を日本に伝え、日本の文化の発展に貢献した。百済玄風の担い手たちは、日本の歴史において重要な役割を果たした人物である。
歴史上の人物

紀白麻呂 – 奈良-平安時代前期の官吏

-官吏としての経歴- 紀白麻呂は、706年に従八位下、下総少目から官吏の道を歩み始めました。 その後、順調に出世し、717年には従五位下、紀伊守に任ぜられました。 724年に河内守となり、727年には右京大夫に昇進しました。 730年には左京大夫、731年には参議に任じられました。 735年には、左大弁に任ぜられ、737年には、右大臣に昇進しました。 740年には、大納言に任ぜられ、743年には、左大臣に昇進しました。 749年には、太政大臣に昇進し、756年には、従一位に叙せられました。 757年に61歳で亡くなるまで、太政大臣を務めました。 紀白麻呂は、約50年にわたって官吏として活躍し、その間、多くの重要な役職を歴任しました。 彼は、奈良-平安時代前期を代表する官吏の一人です。
歴史上の人物

百済敬福 – 奈良時代の公卿

百済敬福の生涯 百済敬福は、奈良時代の公卿です。百済の武寧王の子である琳聖太子の子孫であり、百済滅亡後に日本に亡命しました。日本においては、文武天皇の朝に文官として仕え、大宰少弐に任命されました。その後、元正天皇の朝に参議に任命され、兵部卿や式部卿などの要職を歴任しました。また、文章生として、多くの文章を起草し、その文才は高く評価されました。 百済敬福は、757年に薨去しました。享年70歳でした。百済敬福の墓は、奈良県奈良市にある法華寺にあり、国の史跡に指定されています。 百済敬福の生涯は、百済滅亡後の日本における百済人の活躍の一例です。百済敬福は、文武天皇や元正天皇に仕え、多くの文章を起草することで、日本の文化に貢献しました。また、百済敬福の墓は、百済滅亡後の日本における百済人の活躍を物語る貴重な史跡です。
歴史上の人物

丈部不破麻呂~奈良時代の官吏~

- 藤原仲麻呂追討の功 丈部不破麻呂は、奈良時代の官吏です。藤原仲麻呂の乱で、仲麻呂を討伐した功績を称えられ、右京大夫に任命されました。 藤原仲麻呂は、聖武天皇の時代に権勢を振るった藤原氏の一族です。仲麻呂は、757年に称徳天皇が即位すると、権力基盤を固めました。しかし、764年に称徳天皇が崩御すると、仲麻呂は皇位を巡って争いが起こりました。 仲麻呂は、皇太子である早良親王を廃位して、自分の娘婿である井上内親王を擁立しようとしました。しかし、早良親王の母である光明皇后は、これを阻止するために、丈部不破麻呂を仲麻呂討伐の軍勢の指揮官に任命しました。 丈部不破麻呂は、764年9月に仲麻呂の軍勢を破り、仲麻呂を討ち取りました。この功績により、丈部不破麻呂は右京大夫に任命されました。 丈部不破麻呂は、藤原仲麻呂を討伐したことで、朝廷から大きな信頼を得ました。不破麻呂は、その後も右京大夫として朝廷に仕え、766年に死去しました。
歴史上の人物

藤原真作→ 奈良時代の官吏

-藤原南家藤原巨勢麻呂の子- 藤原巨勢麻呂(きょせいまろ)は、奈良時代の官吏。参議藤原永手(または永貞)の子。官位は従四位上・参議。 藤原南家の創始者、藤原鎌足の四男である藤原麻呂の子の藤原永手(または永貞)の三男。 -経歴- 天平6年(734年)10月16日、従五位下を授けられる。 天平7年(735年)11月25日、日向守に任じられる。 天平10年(738年)7月30日、正五位下に昇進する。 天平13年(741年)3月19日、左京亮に任じられる。 天平16年(744年)9月30日、従四位下に昇進する。 天平18年(746年)4月2日、遣唐使の副使に任じられる。 天平勝宝4年(752年)4月2日、式部大輔に任じられる。 天平勝宝8年(756年)11月10日、従四位上に昇進する。 天平宝字2年(758年)4月13日、参議に任じられる。 天平宝字8年(764年)3月10日、卒去する。享年51。 -人物- 温雅な性格であり、直気で正義感のある人物であった。 -官歴- * 天平6年(734年)10月16日従五位下 * 天平7年(735年)11月25日日向守 * 天平10年(738年)7月30日正五位下 * 天平13年(741年)3月19日左京亮 * 天平16年(744年)9月30日従四位下 * 天平18年(746年)4月2日遣唐使副使 * 天平勝宝4年(752年)4月2日式部大輔 * 天平勝宝8年(756年)11月10日従四位上 * 天平宝字2年(758年)4月13日参議 * 天平宝字8年(764年)3月10日卒去 -系譜- * 父藤原永手(または永貞) * 母不詳 * 生母不詳の子女 * 男子藤原継縄 * 男子藤原憶良 * 男子藤原乙縄 * 女子藤原吉子(孝謙天皇の後宮) -参考文献- * 『続日本紀』 * 『公卿補任』 * 『尊卑分脈』 * 『日本人名大辞典』
歴史上の人物

橘常蔭 – 平安時代前期の官吏

-橘常蔭 - 平安時代前期の官吏- -讃岐権介から刑部少輔まで歴任した官吏- 橘常蔭は、平安時代前期の官吏です。讃岐権介、刑部少輔などを歴任しました。 橘常蔭は、仁明天皇の御代に讃岐権介に任命されました。讃岐権介とは、讃岐国の権官(権守)のことです。讃岐国は、現在の香川県にあたり、平安時代には国の等級では中国の下国とされていました。 その後、橘常蔭は刑部少輔に任命されました。刑部少輔とは、刑部省の次官のことです。刑部省は、刑罰や裁判を管轄する役所でした。刑部少輔は、刑部卿(卿は大蔵卿・民部卿に次ぐ三位の官職)に次ぐ地位にある官吏でした。 橘常蔭は、讃岐権介、刑部少輔以外にも、美濃権守、大蔵権大輔、但馬権守、大隅守などの官職を歴任しました。 橘常蔭は、寛平8年(896年)に卒去しました。享年69歳でした。 橘常蔭は、讃岐権介から刑部少輔まで歴任した官吏でした。平安時代前期の官僚政治を支えた人物の一人でした。
歴史上の人物

→ 真苑雑物

真苑雑物の生涯と経歴 真苑雑物は、平安時代初期に活躍した貴族。藤原氏の流れを汲む豪族である大掾氏の一族で、父は真苑豊人、母は不詳。生年は不詳だが、8世紀後半頃と推定されている。 真苑雑物は、幼少の頃から聡明で、和歌や漢詩を詠むことに秀でていたという。また、容姿端麗で、人々から愛された。 天長10年(833年)、真苑雑物は官位に就き、承和11年(844年)には左近衛少将に任命された。その後、右近衛少将、右近衛中将を歴任し、貞観4年(862年)には参議に任命された。 貞観8年(866年)、真苑雑物は右大臣に任命された。右大臣は、太政大臣に次ぐ高官であり、真苑雑物は、藤原氏の一族として初めて右大臣に任命された人物であった。 貞観11年(869年)、真苑雑物は左大臣に任命された。左大臣は、太政大臣、右大臣に次ぐ高官であり、真苑雑物は、藤原氏の一族として初めて左大臣に任命された人物であった。 貞観14年(872年)、真苑雑物は太政大臣に任命された。太政大臣は、最高官であり、真苑雑物は、藤原氏の一族として初めて太政大臣に任命された人物であった。 真苑雑物は、太政大臣として、政治を円滑に進め、平安時代の繁栄に貢献した。また、和歌や漢詩を詠むことを好み、多くの作品を残した。 真苑雑物は、貞観18年(876年)に薨去した。享年不詳。
歴史上の人物

平安時代の「藤原周光」と彼の詩

平安時代の「藤原周光」と彼の詩 平安時代の初期に活躍し、詩人・学者・政治家として名を馳せた藤原周光(832ー912)は、文華を重んじ、文章道において大きな功績を残しました。彼の作品には、漢詩集「本朝無題詩」があり、自然を題材とした詩が多く含まれています。 「本朝無題詩」における多様性 「本朝無題詩」は、藤原周光が890年に編纂した漢詩集です。この詩集には、自然を題材とした詩が数多く含まれており、四季折々の風景や動植物の様子が生き生きと描かれています。また、旅の途中に出会った人々との交流や、歴史上の人物に対する思いなどを詠んだ詩も収録されています。 「本朝無題詩」の特徴の一つは、その多様性です。自然を題材とした詩の中には、山や川、海など、さまざまな景観を詠んだ詩があります。また、動植物を題材とした詩の中には、花や鳥、動物など、さまざまな生き物を詠んだ詩があります。さらに、旅の途中に出会った人々との交流や、歴史上の人物に対する思いなどを詠んだ詩も含まれています。 「本朝無題詩」の多様性は、藤原周光の幅広い視野と豊かな感性を反映しています。藤原周光は、自然を愛し、生き物を慈しみ、人々と交流することを好みました。また、歴史を学び、先人の業績を敬いました。こうした藤原周光の幅広い視野と豊かな感性が、「本朝無題詩」の多様性に表れています。 「本朝無題詩」は、平安時代の漢詩集の中でも、特に優れている詩集の一つです。藤原周光の幅広い視野と豊かな感性が反映された詩は、現代人にも感動を与えます。
歴史上の人物

石川足人の生涯と作品

石川足人とは? 石川足人は、1899年(明治32年)に石川県金沢市で生まれた洋画家です。東京美術学校(現・東京藝術大学)を卒業後、ヨーロッパに留学し、フランスを中心に10年間活動しました。その後、帰国して東京で制作を続け、日本の洋画界をリードする一人となりました。 石川足人は、印象主義の影響を受け、明るく清々しい色彩とタッチで風景や人物を描きました。特に、パリの街並みを描いた作品が多く、その軽快で洗練された作風は、当時の日本の洋画壇に大きな影響を与えました。 石川足人は、1972年(昭和47年)に73歳で亡くなりましたが、その作品は現在も多くの美術館やギャラリーに収蔵されています。また、東京芸術大学名誉教授や日本芸術院会員など、数多くの栄誉を授与されました。 石川足人は、日本の洋画界に大きな足跡を残した偉大な画家です。その作品は、今も多くの人々を魅了し続けています。
歴史上の人物

平定相とは?-平安時代前期の官吏

平定相の系譜と経歴 平定相は、平安時代前期の官吏である。一般的に、桓武天皇の孫である皇太弟良仁親王(弘仁天皇)の時代に、常陸国に派遣された官吏と考えられている。平定相の系譜は、清和天皇の孫である平定文にまでさかのぼることができる。平定文は、平姓を賜与されたことで、平氏を名乗った。平定文の子である平定相は、常陸国に派遣され、国内の平定に努めた。平定相には、平定国、平定盛、平定基の3人の子がいた。平定国と平定盛は、常陸国で平定相の跡を継いで活躍し、平定基は、武蔵国に派遣されて、国内の平定に努めた。 平定相の経歴については、あまり知られていない。しかし、平定相は、常陸国に派遣されて、国内の平定に努めたことがわかっている。平定相は、常陸国の国司と協力して、国内の反乱を鎮圧し、秩序を回復した。また、平定相は、常陸国に荘園を開発し、国内の経済を復興した。平定相の功績により、常陸国は、平安時代中期には、日本有数の豊かな国となった。 平定相は、平安時代前期の官吏の中で、最も重要な人物の一人である。平定相は、常陸国の平定と経済復興に努め、常陸国を、平安時代中期には、日本有数の豊かな国へと導いた。平定相の功績は、平安時代前期の日本の歴史において、重要な役割を果たした。
歴史上の人物

「藤原鮮子」について

藤原鮮子の生涯 藤原鮮子は、平安時代前期の貴族女性です。左大臣・藤原良房の娘で、仁明天皇の女御・藤原順子の妹にあたります。 藤原鮮子は、822年に生まれます。幼少期についてはあまり伝わっていませんが、容姿端麗で知られていました。 藤原鮮子は、838年に仁明天皇の後宮に入ります。当時、皇太子だった源常恒親王(後の文徳天皇)の妃となり、841年には皇子・惟仁親王(後の清和天皇)を産みました。しかし、842年に仁明天皇が崩御すると、皇太子だった惟仁親王が即位し、藤原鮮子は皇太后となりました。 藤原鮮子は、皇太后として、政治に大きな影響力を持っていました。有力貴族と結託して、政権を左右するなど、その権勢は絶大でした。しかし、866年に惟仁親王が崩御すると、その権勢は衰えました。 藤原鮮子は、879年に死去しました。享年58歳でした。 藤原鮮子は、平安時代前期の貴族女性として、大きな権勢を誇った人物です。その生涯は、平安時代の政治史を知るうえで、重要な役割を果たしています。