徳川家重

その他

谷村三育:江戸時代中期の茶人

-谷村三育の生涯- 谷村三育(たにむら さんいく、明和元年(1764年) - 文政6年9月8日(1823年10月16日))は、江戸時代中期の茶人。本姓は吉岡。通称は源助。号は三育、虚白斎、青瓷庵、日下老人、道生齋。 京都に生まれ、幼少期に大坂に移る。18歳の時に茶の湯を学び始め、武野紹鷗、千利休、古田織部に師事した。その後、京都に戻り、茶室「虚白斎」を建てて茶人として活動した。 三育は、茶の湯の改革者として知られる。彼は、従来の茶の湯の形式にとらわれず、独自の茶の湯を追求した。また、茶の湯の精神を広く世間に普及させるために、茶道の入門書である『茶道筌蹄』を執筆した。 三育の茶の湯は、多くの茶人に影響を与えた。彼の弟子には、小堀遠州、松江藩主松平不昧公、加賀藩主前田綱紀などがいる。三育の茶の湯は、江戸時代後期に大流行し、現代の茶道にも大きな影響を与えている。
歴史上の人物

尊峰入道親王-江戸時代中期に活躍した公家

尊峰入道親王の生涯 尊峰入道親王は、江戸時代中期に活躍した公家です。後桃園天皇の皇子であり、母は中宮安子女王です。幼名は Initia 親王。1714年に誕生し、1722年に准三宮となり、1732年に右近衛少将に任じられました。1735年に権中納言に昇進し、1738年に従二位となりました。1742年に権大納言に昇進し、1745年に正二位となりました。1748年に内大臣に昇進し、1750年に右大臣に任じられました。1752年に辞任し、1759年に薨去しました。享年46。 尊峰入道親王は、学問を好み、多くの書物を著しました。また、和歌にも優れ、多くの和歌を詠みました。また、尊峰入道親王は、梅を愛し、多くの梅の木を植えました。そのため、尊峰入道親王は「梅宮」とも呼ばれています。 尊峰入道親王は、江戸時代中期に活躍した公家で、学問、和歌、梅を愛した人物です。
歴史上の人物

清水重好 – 江戸時代中期の三卿

清水重好の生涯 清水重好は、江戸時代中期の三卿であり、老中や京都所司代などを歴任しました。父は清水重胤、母は中院通村の娘です。重好は、1698年に江戸で生まれ、1724年に従五位下侍従、1726年に若年寄、1730年に老中に任じられました。1738年には京都所司代となり、1745年には正二位権大納言に叙せられました。1749年に没しました。 重好は、老中として幕政に参画し、享保の改革に尽力しました。また、京都所司代として、公家や寺社との関係を調整し、治安維持に努めました。重好は、幕府の重臣として活躍し、幕政に大きな影響を与えました。 重好は、和歌にも優れており、多くの和歌を残しています。また、書画にも堪能で、多くの書画作品を残しています。重好は、文化人としても活躍し、江戸文化の発展に貢献しました。 重好は、1749年に没しましたが、その功績は後世にまで語り継がれています。重好は、江戸時代中期の代表的な政治家であり、文化人であり、その生涯は多くの人々にとって模範となっています。
歴史上の人物

徳川家重 – 江戸幕府第9代将軍

-徳川家重の生い立ちと家督相続- 徳川家重は、江戸幕府の第9代将軍です。1711年(正徳元年)、江戸城西の丸で、第8代将軍・徳川吉宗の次男として生まれました。母は側室の近衛熙子の娘・月光院です。幼名は長福丸で、2歳の時に大島と改名しました。 1716年(享保元年)、生母・月光院が亡くなり、同年中に家重は尾張藩主の徳川宗春のもとに養子に出されます。これは、吉宗が宗春の娘を継室に迎えるための措置でした。家重は尾張藩で養育され、1723年(享保8年)には元服して家重と改名しました。 1731年(享保16年)、宗春が死去したため、家重は尾張藩主を継ぎました。しかし、1735年(享保20年)に吉宗が死去すると、家重は尾張藩主を退いて江戸城に戻り、第9代将軍に就任しました。 家重は、敬虔な仏教徒で、学問や芸術を好みました。しかし、政治にはあまり興味がなく、将軍職を継いだ当初は側近に政務を委任していました。しかし、側近の専横がひどくなり、将軍としての威厳が失墜したため、1745年(延享2年)に側近を追放して自ら政務を執るようになりました。 家重の治世は、相次ぐ飢饉や洪水に見舞われ、幕府の財政は悪化しました。また、外国船の来航も頻繁になり、幕府の対応に苦慮しました。1760年(宝暦10年)、家重は病気のため将軍職を退き、嫡子の家治に譲りました。家重は1761年(宝暦11年)に死去しました。
歴史上の人物

「桜町天皇」

-生涯- 桜町天皇は、1720年8月15日に誕生しました。父は中御門天皇、母は勧修寺婧子です。1735年7月29日に即位し、1747年9月14日まで在位しました。 桜町天皇の在位期間は、日本の歴史において非常に重要な時期でした。1741年には、鎖国政策を緩和する「寛政改革」が行われました。この改革によって、日本の経済は大きく発展し、文化も花開きました。また、1745年には、江戸幕府がオランダ商館長に日本の地図を作らせた「伊能図」が完成しました。この地図は、日本の領土を正確に描いているため、日本の歴史において非常に重要な資料となっています。 桜町天皇は、1747年9月14日に崩御しました。享年28でした。後を桃園天皇が継ぎました。 桜町天皇は、日本の歴史において重要な役割を果たした天皇でした。寛政改革を行い、日本の経済や文化の発展に貢献しました。また、伊能図の完成にも携わり、日本の領土を正確に描かせました。桜町天皇は、日本の歴史に名を残す名君でした。
歴史上の人物

「お幸の方」

「お幸の方」とは、江戸時代中期の徳川家重の側室で、徳川家治の生母である。家重は、徳川吉宗の六男として生まれ、享保20年(1735年)に将軍職を継いだ。家重は、体質が弱く、病気がちであったため、政治は側用人である田沼意次らに任せていた。 お幸の方は、享保13年(1728年)に江戸で生まれた。本名は、久留島喜多。旗本である久留島通嘉の娘であった。お幸の方は、容姿端麗で、性格も温厚であったため、家重の寵愛を得た。 お幸の方は、延享3年(1746年)に、家治を生んだ。家治は、家重の三男であり、若くして将軍職を継いだ。お幸の方は、家治の生母として、江戸城の大奥で権勢を誇った。 お幸の方は、宝暦13年(1763年)に亡くなった。享年36歳であった。お幸の方は、家重の側室の中で最も愛された女性であり、その死は家重に大きな悲しみを与えた。 お幸の方は、江戸時代中期の徳川将軍家の歴史の中で、重要な役割を果たした女性である。お幸の方の生涯は、徳川将軍家の興亡を物語る貴重な史料となっている。
芸能分野の人

宝生友精 – 江戸時代中期の能役者

宝生友精 - 江戸時代中期の能役者
歴史上の人物

杉生真一:鍼医としての功績と生涯

失明と鍼への転身 杉生真一の人生において、最も大きな転機となったのが、27歳の時に右目を失明したことである。この失明は、杉生真一が医学生だったときに起こった。ある日、実験中に薬品が目に飛び散り、右目を失明してしまったのである。この失明は、杉生真一の人生に大きな打撃を与えた。医者になるという夢を諦めざるを得なくなり、将来に絶望したのである。 しかし、杉生真一は失明にめげずに、鍼灸の道を志す。鍼灸は、失明した人でもできる仕事である。杉生真一は、鍼灸の学校に入り、鍼灸師の資格を取得した。そして、鍼灸院を開業し、鍼灸師として働き始めたのである。 鍼灸師として働き始めた当初は、杉生真一は苦労した。失明しているため、普通の鍼灸師よりも苦労が多かったのである。しかし、杉生真一は努力を重ね、次第に評判の鍼灸師となっていった。やがて、杉生真一は鍼灸の大家として知られるようになり、多くの患者が杉生真一の鍼灸院を訪れるようになったのである。 杉生真一は、鍼灸師として働きながら、鍼灸の研究も行った。杉生真一は、鍼灸の理論と実践を体系化し、鍼灸の治療法を確立した。杉生真一の鍼灸治療法は、多くの患者に効果を上げ、杉生真一は鍼灸界に大きな功績を残した。
歴史上の人物

徳川家重の妻「証明院」

証明院の生涯 証明院(1706年 - 1784年)は、江戸時代中期の女性。徳川家重の正室。俗名は千代姫。父は越前福井藩主・松平吉品。母は家重の兄・家宣の娘・政子。 千代姫は、1706年に江戸城で生まれた。1721年、16歳の時に家重と結婚し、大奥に入った。家重は、1716年に将軍に就任したが、生来病弱で、政務にはあまり関心がなかった。そのため、実権は側用人たちの手に委ねられていた。 千代姫は、家重の病気を看病し、大奥を取り仕切った。1735年、家重の死後、落飾して証明院と号した。証明院は、江戸城に隠居し、1784年に79歳で死去した。 証明院は、生前、聡明で慈悲深い人物として知られていた。また、和歌や書道をよくし、多くの作品を残した。証明院の生涯は、江戸時代中期の女性の生き方を示す貴重な資料となっている。
歴史上の人物

「安祥院」の生涯と功績

-安祥院の生い立ちと入内- 安祥院は1162年に大納言・藤原経宗の娘として生まれ、幼名は亀殿(かめどの)と言いました。母は大蔵卿・藤原光頼の娘の藤原滋子。亀殿はとても聡明で、幼い頃から和歌や書に通じ、箏や琴などの楽器を演奏するのも得意でした。 亀殿が17歳の時、平清盛の妻・平時子の養女となり、建春門院と名付けられました。そして、1180年に清盛の嫡男・平重盛と結婚。重盛との間には、平資盛(すけもり)・平清経(きよつね)・平有盛(ありもり)・平宗盛(むねもり)という4人の男子を儲けました。 重盛は、1181年に清盛亡き後、平家の棟梁となります。しかし、重盛は病弱で、1183年に32歳の若さで亡くなりました。重盛の死後、平家の棟梁は弟の平宗盛が継ぎました。 亀殿は、重盛の死後、夫の菩提のため、京都の東山に安祥寺を建立しました。そして、自ら安祥院と名乗り、尼僧として余生を過ごしました。 安祥院は、清盛の死後も平家を支え続けました。治承4年(1180年)に起こった平家と源氏の合戦では、平家の勝利を祈願し、戦勝を願いました。しかし、源頼朝率いる源氏が勝利し、平家は滅亡。安祥院は、平家の滅亡後も、平家の遺族を助け、平家の再興を願い続けました。 安祥院は、建久10年(1199年)に68歳で亡くなりました。遺体は、安祥寺に葬られました。安祥院は、平家の尼僧として、平家の再興を願い続け、その生涯を終えました。
歴史上の人物

太田資俊

太田資俊の生涯 太田資俊は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将である。近江国蒲生郡太田庄(現・滋賀県近江八幡市)の出身で、蒲生貞秀の子とされる。 資俊は、蒲生氏の一族として生まれ、幼い頃から武芸に励んだ。15歳の時、織田信長に仕え、その勇猛果敢さで重用された。信長の命により、近江国や美濃国などの各地で転戦し、功績を挙げた。 1582年、本能寺の変で信長が横死すると、資俊は豊臣秀吉に仕えた。秀吉の九州征伐、小田原征伐にも参戦し、武功を上げた。秀吉からは、近江国蒲生郡太田庄を中心とする5万石の所領を与えられ、太田氏を称した。 1590年、秀吉の朝鮮出兵に従軍した資俊は、その最前線で戦った。しかし、1593年に病気のため帰国し、翌年に死去した。享年39。 資俊は、戦国時代を代表する武将の一人で、その武勇と忠義は後世に伝えられている。