心学臆見論

研究者

大郷信斎 – 江戸時代後期の儒者

-大郷信斎の生涯- 大郷信斎は、江戸時代後期の儒者で、名は信斎、字は子敬、名は信、通称は市左衛門、別号は楽道亭、楽堂、墨堂、思陵、進斎、貫道翁、東亜老人、東亜野老人、東亜道人、甲斐信齋、甲信齋と号した。 1781年(天明元年)、甲斐国(現在の山梨県)に生まれる。幼い頃から学問に優れ、18歳で江戸に出て、儒学者・山階蟠桃の門下生となる。蟠桃は、朱子学を批判し、独自の思想を説いたことで知られる儒者で、信斎は、蟠桃の思想に共鳴し、その学問を深く学んだ。 1806年(文化3年)、蟠桃の死後、信斎は、その遺志を継いで、私塾を開き、儒学を講じた。信斎の塾は、多くの学生を集め、その学問は、江戸の儒学界で高く評価された。 1825年(文政8年)、信斎は、幕府の儒官に任命され、昌平坂学問所の教授となった。信斎は、昌平坂学問所で、儒学を講じ、多くの学生を育て上げた。また、信斎は、昌平坂学問所の改革にも尽力し、その功績は高く評価された。 1848年(嘉永元年)、信斎は、昌平坂学問所を退官し、私塾に戻った。信斎は、私塾で、儒学を講じ、多くの学生を育て上げた。また、信斎は、多くの著書を著し、その学問は、江戸の儒学界に大きな影響を与えた。 1856年(安政3年)、信斎は、江戸で死去した。享年76。信斎は、江戸時代後期の儒学界を代表する儒者の一人で、その学問は、後の儒学の発展に大きな影響を与えた。