志岐麟泉

歴史上の偉人

志岐麟泉 – 信仰と外交に生きた戦国武将

志岐麟泉の生涯と功績 志岐麟泉は、戦国時代後期に活躍した武将です。志岐氏は、戦国時代には肥前国(現在の佐賀県)に根を下ろした戦国大名でした。麟泉は、志岐氏第12代当主である志岐兼親の嫡男として、1530年頃に誕生しました。 麟泉は、幼い頃から聡明で学問を好み、15歳で家督を継いだ後も、領国の経営に手腕を発揮しました。また、麟泉は、キリシタン大名として知られ、1563年に宣教師コスメ・デ・トーレスを迎え入れて布教を許可しました。麟泉自身も洗礼を受けてキリシタンとなり、洗礼名は「レオン」でした。 麟泉は、キリシタン大名として、ポルトガルやスペインと通商関係を結び、領国の発展に努めました。また、麟泉は、肥前国の統一を目指して、周辺の諸大名と戦いを繰り広げ、1570年には、龍造寺隆信を破って肥前国の大部分を平定しました。しかし、1578年に龍造寺隆信が巻き返しを図り、麟泉は敗れて、肥前国を奪われました。 麟泉は、肥前国を奪われた後も、キリシタンとして信仰を貫き、領民の救済に努めました。また、麟泉は、ポルトガルやスペインと交渉を重ね、1597年に、フィリピン総督フランシスコ・テッロと通商条約を締結しました。 麟泉は、1599年に、69歳で死去しました。麟泉は、戦国時代を代表する武将であり、キリシタン大名として、日本の歴史に大きな足跡を残しました。