応仁の乱

歴史上の偉人

馬切衛門-室町時代の武士

-- -応仁の乱で活躍した足軽大将- 応仁の乱は、室町時代後期の1467年から1477年まで続いた日本の内乱である。この乱は、室町幕府の将軍職を巡る争いがきっかけとなり、全国各地に戦火が広がった。この乱では、足軽という足軽が大きな役割を果たした。足軽は、武士の下級兵士であり、主に農民や町人出身者から構成されていた。 足軽は、弓矢や槍、刀などの武器を持って戦い、主君の命に従って戦った。足軽は、戦場では主に雑兵として扱われ、武士よりも軽視されていた。しかし、応仁の乱では、足軽が武士を凌ぐ活躍を見せた。足軽は、足が速く機動性に優れていたため、ゲリラ戦術を得意とした。また、足軽は、集団で戦うことを得意としており、武士の軍勢を破ることもあった。 応仁の乱で活躍した足軽大将として、馬切衛門が挙げられる。馬切衛門は、播磨国の出身であり、足軽の出身であった。馬切衛門は、応仁の乱で東軍の足軽として戦い、数々の功績を挙げた。馬切衛門は、足軽の集団を率いて敵軍を破り、東軍の勝利に貢献した。 馬切衛門は、応仁の乱後も足軽として戦い続け、名を馳せた。馬切衛門は、足軽出身でありながら、武士よりも優れた武勇を発揮した。馬切衛門は、足軽の地位向上に貢献し、足軽が武士と対等に扱われるようになった。
歴史上の偉人

足利義視の人物像と生涯

- 足利義視の生涯と功績 足利義視(あしかが よしとし)は、南北朝時代の武将であり、足利尊氏の弟である。鎌倉幕府滅亡後、足利尊氏が室町幕府を開いた際に、幕府の有力な武将として活躍した。 足利義視は、1305年に生まれた。諱は直義といい、義視は通称である。父は足利貞氏、母は赤橋登子である。義視には、兄の尊氏、弟の直義、基氏、直冬、直興、直詮がいる。 1333年、鎌倉幕府が滅亡すると、義視は兄の尊氏に従って、京都に上洛した。足利尊氏は、後醍醐天皇を奉じて建武の新政を始めたが、1336年に尊氏が後醍醐天皇と対立し、建武の新政は崩壊した。 尊氏が京都を離れた後、義視は京都に留まり、後醍醐天皇を支持した。しかし、1338年、尊氏は京都に攻め上り、義視は京都から逃亡した。 義視は、各地を転戦したが、1340年に尊氏と和睦した。和睦後は、尊氏に従って、各地の反乱を鎮圧した。 1348年、尊氏が死去すると、義視は足利直義を擁立して室町幕府の第2代将軍とした。しかし、直義は義視を疎んじ、1350年に義視を殺害した。 義視は、室町幕府の有力な武将であり、尊氏を支えて幕府の安定に貢献した。また、義視は、和歌や書画を愛し、文化人としても知られた。 義視の死後、足利直義は、室町幕府の第3代将軍となった。しかし、直義は、1352年に尊氏の弟である直冬に殺害され、室町幕府は混乱に陥った。 1358年、尊氏の嫡男である足利義詮が、室町幕府の第4代将軍に就任し、室町幕府は安定を取り戻した。 義視は、室町幕府の創始者である尊氏の弟であり、幕府の有力な武将として活躍した。義視は、和歌や書画を愛し、文化人としても知られた。
歴史上の偉人

「北畠教具」の人生と業績

北畠教具の生涯 北畠教具は、1897年(明治30年)11月11日に、現在の京都府福知山市に生まれた。幼少期から、書や絵を描くことを好み、1914年(大正3年)には、京都市立美術工芸学校に入学し、絵画を専攻した。 1918年(大正7年)に、京都市立美術工芸学校を卒業した後、東京帝国大学に入学し、教育科に進学した。卒業後は、京都府立中学校や小学校で、図画と手工の教員として勤務した。 1926年(昭和元年)、北畠教具は、東京帝国大学で、教育学の博士号を取得した。その後、京都帝国大学で、教育学の講師を務め、1931年(昭和6年)には、教授に昇進した。 1938年(昭和13年)、北畠教具は、文部大臣に任命された。文部大臣として、北畠教具は、戦時下の教育制度の改革に取り組み、国民学校令を施行した。また、戦後、教育基本法の制定にも、尽力した。 1951年(昭和26年)、北畠教具は、文部大臣を退任し、京都帝国大学の総長に就任した。総長として、北畠教具は、大学の改革に取り組み、大学院制度を導入した。また、学術研究の振興にも、努めた。 1955年(昭和30年)、北畠教具は、京都帝国大学の総長を退任し、衆議院議員に当選した。衆議院議員として、北畠教具は、戦後日本の教育政策の立案に、参画した。 1965年(昭和40年)、北畠教具は、衆議院議員を引退し、参議院議員に当選した。参議院議員として、北畠教具は、教育基本法の改正に取り組んだ。 1970年(昭和45年)、北畠教具は、参議院議員を引退した。その後も、北畠教具は、教育評論家として、活躍し、1997年(平成9年)には、勲一等旭日大綬章を受章した。 北畠教具は、2000年(平成12年)6月29日に、京都市左京区の自宅で、老衰のため死去した。享年102歳。
歴史上の偉人

今川義忠 – 室町時代の武将

-今川義忠の生涯- 今川義忠は、室町時代の武将であり、駿河国の守護大名でした。今川氏範の子として生まれ、1471年に家督を継承しました。 義忠は、優れた武将であり、1476年には武田氏と甲斐を巡って戦いましたが、これを勝利に導きました。また、1485年には、扇谷上杉氏と武蔵国を巡って戦いましたが、こちらも勝利を収めました。 しかし、義忠は、享禄4年(1531年)に、北条氏綱と戦って敗北し、家督を息子の今川氏輝に譲りました。そして、翌年の1532年に、死去しました。 義忠は、駿河国の守護として、領内の統治に尽力した人物でした。また、優れた武将でもあり、多くの戦で勝利を収めました。しかし、最期は北条氏綱に敗れて、家督を譲らざるを得ませんでした。 義忠の死後、今川氏は、氏輝が家督を継承しましたが、1560年に桶狭間の戦いで織田信長に敗れて、滅亡しました。 義忠は、今川氏を繁栄させた名君であり、その死は、今川氏にとって大きな損失となりました。
歴史上の偉人

淳良親王-越中礪波郡に逃れ、亀山城主神保良衡に殺害された伝承上の皇子

淳良親王とは 淳良親王は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての人物である。後鳥羽天皇の第十四皇子で、母は中納言藤原成通の娘・藤原良子。 淳良親王は、建久9年(1198年)に生まれ、建仁元年(1201年)に親王宣下を受け、淳良親王と名付けられた。建永2年(1207年)には、越中守に任じられ、越中国に下向した。 承久の乱では、後鳥羽天皇に味方して鎌倉幕府に反乱を起こした。しかし、乱は幕府軍に鎮圧され、後鳥羽天皇は隠岐島に流され、淳良親王も越中礪波郡に逃亡した。 淳良親王は、礪波郡で亀山城主神保良衡に匿われたが、神保良衡は幕府に淳良親王を殺害するよう命じられ、淳良親王を殺害した。 淳良親王の墓は、富山県砺波市高波にある。淳良親王は、悲劇的な生涯を送った皇子であり、その死は、承久の乱の悲劇を象徴している。
歴史上の偉人

「後土御門天皇」:室町-戦国時代の103代天皇

「後土御門天皇」室町-戦国時代の103代天皇 概要 後土御門天皇(ごつちみかどてんのう)は、室町時代から戦国時代にかけての北朝第9代、歴代103代の天皇です。在位期間は1464年5月30日から1500年10月19日まででした。 後土御門天皇は、後花園天皇の第一皇子として、京都で生まれました。母は、勧修寺教秀の娘である光厳門院中務卿局です。幼名は勝仁親王(かつひとしんのう)または勝仁宮(かつひとのみや)といいます。 1464年5月28日、父である後花園天皇が崩御したため、21歳で皇位を継承しました。即位後、後土御門天皇は、室町幕府第8代将軍足利義政と協力して、応仁の乱を鎮圧しようとしました。しかし、応仁の乱は11年間にわたって続き、京都は荒廃しました。 応仁の乱の終結後、後土御門天皇は、室町幕府と協力して、京都の復興を図りました。また、後土御門天皇は、学問を奨励し、歌道や連歌を愛好しました。 1500年10月19日、後土御門天皇は、京都で崩御しました。享年57でした。 後土御門天皇は、在位中に大きな戦争や災害を経験しましたが、学問や芸術を奨励し、京都の復興に努めました。また、後土御門天皇は、歌道や連歌を愛好し、数多くの和歌や連歌を詠みました。
歴史上の偉人

河野通春 – 室町時代の伊予の武将

-河野通春の生涯- 河野通春は、室町時代の伊予の武将です。河野氏の第12代当主であり、伊予国守護職や伊予国守護代職を歴任しました。 通春は、河野通直の子として生まれました。1401年に父が亡くなると、14歳で家督を継ぎました。通春は、若くして伊予国守護職に任命され、伊予国内の勢力を拡大しました。 1408年、通春は室町幕府の管領である細川頼之の反乱に参加しました。しかし、頼之の反乱は失敗し、通春も幕府軍に敗れました。通春は、一時的に伊予国守護職を罷免されましたが、すぐに復職しました。 その後、通春は伊予国で勢力を拡大し、伊予国の有力な武将となりました。1429年には、伊予国守護代職に任命されました。通春は、伊予国守護代職として、伊予国内の治安維持や税金の徴収などを行いました。 1441年、通春は64歳で亡くなりました。通春は、伊予国守護職や伊予国守護代職を歴任した名将でした。通春が築いた河野氏の勢力は、その後も伊予国で大きな影響力を持ち続けました。
歴史上の偉人

武田国信→ 室町時代の武将

武田国信は、室町時代中期に活躍した武将です。甲斐守護・武田信縄の嫡男として生まれ、信昌と名乗りました。信昌は、幼い頃から聡明で武勇に秀で、14歳の時に父・信縄が亡くなると家督を継ぎました。 信昌は、甲斐国内の有力者を次々と従属させ、甲斐一国の支配権を確立しました。また、隣接する信濃国にも侵攻して、小笠原氏を降伏させて信濃守護に任命されました。さらに、東海道を支配する今川氏とも同盟を結び、駿河国や遠江国にも勢力を拡大しました。 信昌は、甲斐の戦国大名としての地位を確立し、武田氏の基礎を築きました。また、甲斐国内の金山開発にも力を注ぎ、武田氏を財政的に豊かにしました。 1487年、信昌は54歳で亡くなりました。嫡男の信虎が家督を継ぎ、武田氏は信虎の代に甲斐全土を平定して戦国大名としての地位を確立しました。 武田国信は、武田氏の基礎を築き、甲斐の戦国大名としての地位を確立した名将です。信昌の武勇と智勇は、後世の武田氏当主にも受け継がれ、武田氏は戦国時代を代表する大名となりました。
歴史上の偉人

「義円(2)」

足利義教 足利義教は、室町幕府の第6代将軍であり、在職期間は1429年から1441年でした。彼は足利義満の三男として生まれ、1425年に兄の足利義持が死去したことにより、21歳で将軍の座を継承しました。 義教は、将軍として、幕府の権威を高めるためにさまざまな政策を打ち出し、それにより、一定の成果を上げました。例えば、義教は、将軍の権威を強化するために、室町幕府の直轄領である御料所の数を増やすとともに、御料所の地頭に対して、将軍への忠誠を誓わせるようにしました。また、義教は、大名に対する統制を強化するために、大名に対する検断権を強化するとともに、大名同士の争いを禁止する「武家諸法度」を制定しました。 さらに、義教は、諸国を統治するために、全国を6つの「管領」に分け、管領に国々の統治を任せるという「管領制度」を確立しました。管領は、将軍の代理人として、各国の守護大名に対する統制を行い、国々の治安維持や裁判を担当しました。 義教は、内政面だけでなく、外交面でも大きな成果を上げました。義教は、中国の明朝と国交を樹立し、明朝との貿易を盛んにしました。また、義教は、朝鮮半島や琉球王国と国交を樹立し、それらの国々と貿易を盛んにしました。 しかし、義教の政策は、大名や守護大名など、当時の政権を担っていた武士階級の反発を招き、1441年に、嘉吉の乱が発生しました。嘉吉の乱は、赤松満祐や畠山満家らによる反乱であり、義教は、この反乱で殺害されました。 義教の死後、室町幕府は一時的に混乱しましたが、義教の弟である足利義勝が将軍の座を継承し、室町幕府の権威を回復させました。義教は、室町幕府の権威を高めるためにさまざまな政策を打ち出し、それにより、一定の成果を上げましたが、その一方で、大名や守護大名など、当時の政権を担っていた武士階級の反発を招き、嘉吉の乱が発生して殺害されました。
歴史上の偉人

飯尾為数→ 室町幕府の政務を司った要職

-飯尾為数の生涯と室町幕府における功績- 飯尾為数は、室町幕府の10代将軍足利義稙に仕えた、室町時代の武将・政治家です。室町幕府の政務を司った要職である執事や管領を歴任し、幕府の運営に大きく貢献しました。 飯尾為数は、1463年に美濃国に生まれました。幼い頃から学問や武芸を学び、早くから頭角を現しました。1489年に足利義稙が室町幕府の将軍に就任すると、飯尾為数は義稙に仕えるようになりました。 飯尾為数は、義稙の信任を得て、1493年に執事に任命されました。執事は、室町幕府の政務を司る最高職であり、為数は幕府の中枢で働き始めました。為数は、政務に精通し、有能な政治家として知られるようになりました。 1507年に、為数は管領に任命されました。管領は、執事よりも上位の職であり、室町幕府の最高職でした。為数は、管領として幕府の運営を統括し、幕府の権威を高めるために尽力しました。 しかし、1511年に為数は細川高国によって失脚させられました。高国は、為数を失脚させるために謀反を起こし、為数は敗れて自害しました。 飯尾為数は、室町幕府の政務を司った有能な政治家でした。為数の功績は、室町幕府の権威を高め、幕府の運営を安定させることにありました。しかし、為数は細川高国によって失脚させられ、その功績は忘れ去られてしまいました。
歴史上の偉人

高僧・古山崇永とその生涯

# 高僧・古山崇永とその生涯 - 古山崇永の生涯をたどる 古山崇永は、10世紀後半から11世紀前半にかけて活躍した高僧です。比叡山の出身で、華厳宗の開祖として知られています。また、天台宗の僧として法然や栄西に影響を与えた人物でもあります。 古山崇永は、953年に比叡山で生まれました。幼い頃から出家して、比叡山の僧として修行を積みました。その後、10世紀後半に天台宗の僧として、比叡山の座主を務めました。 1005年、古山崇永は比叡山で華厳宗を開きました。華厳宗は、仏教の経典「華厳経」を根本経典とする宗派です。華厳経は、宇宙のすべてが互いに関係し合っており、すべてが平等であると説く経典です。古山崇永は、華厳経の教えを比叡山に伝え、華厳宗を日本に広めました。 古山崇永は、1017年に亡くなりました。享年65歳でした。古山崇永は、華厳宗の開祖として、また、天台宗の僧として、日本仏教に大きな影響を与えた人物です。 - 古山崇永の思想 古山崇永の思想は、華厳経の教えに基づいています。華厳経は、宇宙のすべてが互いに関係し合っており、すべてが平等であると説く経典です。古山崇永は、華厳経の教えを比叡山に伝え、華厳宗を日本に広めました。 古山崇永の思想は、法然や栄西に大きな影響を与えました。法然は、浄土宗の開祖であり、栄西は、臨済宗の開祖です。法然と栄西は、古山崇永の華厳宗の教えを学び、それを独自の宗派の教えとして発展させました。 古山崇永の思想は、日本仏教に大きな影響を与えただけでなく、日本文化にも大きな影響を与えました。古山崇永の思想は、日本人の自然観や、生死観に大きな影響を与えています。
歴史上の偉人

六角高頼:戦国時代の南近江の守護大名

-応仁の乱と六角高頼の役割- 応仁の乱は、1467年から1477年まで続いた日本の南北朝時代の内乱です。六角高頼は、近江国の守護大名であり、応仁の乱では畠山義就に加担して戦いました。 六角高頼は、応仁の乱の初期段階では、上洛して畠山義就を支援しました。しかし、1469年に近江国に侵攻した細川勝元の軍勢に敗れ、近江国を追放されました。その後、六角高頼は近江国に潜伏しながら細川勝元の軍勢と戦い続けましたが、1470年に近江国の守護に復帰しました。 1471年に畠山義就が没すると、六角高頼は畠山義就の跡を継いで近江国の守護となりました。六角高頼は、近江国の守護として、応仁の乱の終結に尽力しました。1477年に応仁の乱が終結すると、六角高頼は近江国の守護として、近江国の復興に努めました。 六角高頼は、応仁の乱で畠山義就を支援し、近江国の復興に尽力した戦国時代の南近江の守護大名です。六角高頼は、応仁の乱の終結に貢献し、近江国の復興に努めた功績で知られています。
芸術家

雪舟等楊 – 室町-戦国時代の画家

雪舟等楊の生涯と経歴 雪舟等楊は、室町-戦国時代の画家です。彼の生涯と経歴は、以下の通りです。 ・生誕と幼少期 雪舟等楊は、1420年に備中国(現在の岡山県)に生まれました。幼い頃から絵に興味を持ち、独学で絵の勉強を始めました。 ・上洛と修行 雪舟等楊は、15歳頃に京都に上洛し、狩野正信に師事しました。狩野正信は、室町時代を代表する画家であり、雪舟等楊は彼のもとで絵の基礎を学びました。 ・中国への留学 雪舟等楊は、25歳頃に中国に留学しました。中国では、当時の中国画壇を代表する画家である沈周や夏珪に師事し、中国画を学びました。 ・帰国と活躍 雪舟等楊は、1467年に日本に帰国しました。帰国後は、京都に居を構え、絵の制作に専念しました。彼の作品は、中国画の影響を受けながらも、独自の画風を確立しており、室町時代を代表する画家として活躍しました。 ・最期 雪舟等楊は、1506年に87歳で亡くなりました。彼の墓は、京都の妙心寺にあります。 雪舟等楊は、室町-戦国時代の画家であり、中国画を学び、日本に持ち帰りました。彼の作品は、中国画の影響を受けながらも、独自の画風を確立しており、室町時代を代表する画家として活躍しました。
歴史上の偉人

姉小路昌家 – 室町時代公卿

-室町期の公卿「姉小路昌家」- 姉小路昌家は、室町時代の公卿です。永享5年(1433年)に生まれ、文明15年(1483年)に亡くなりました。父は姉小路実綱、母は万里小路経尹の娘です。 昌家は応永33年(1426年)に叙爵され、以降、順調に昇進を重ねていきます。永享7年(1435年)には右中弁に任じられ、その後、右大弁、左少弁を歴任しました。嘉吉元年(1441年)には参議に任じられ、以降、権中納言、権大納言を歴任しました。 昌家は、室町幕府の重臣として活躍しました。嘉吉元年(1441年)には、嘉吉の乱で暗殺された足利義教の遺児である足利義勝を奉じて、赤松満祐の乱を鎮圧しました。また、康正2年(1456年)には、畠山持国の乱を鎮圧するのに貢献しました。 昌家は、和歌を嗜み、歌集『姉小路昌家卿集』を残しています。また、書にも優れ、その書跡は現在も数多く残されています。 昌家は、文明15年(1483年)に薨去しました。享年51。法名は浄珠院殿永誉良岳。戒名は浄珠院殿永誉良岳。墓所は京都市左京区の浄土寺です。
歴史上の偉人

「山名持豊」

-応仁の乱の西軍の総大将- 山名持豊は、室町時代後期の大名であり、応仁の乱の西軍の総大将を務めた人物です。播磨国守護代を歴任し、後に山名氏の本拠地である但馬国守護となりました。応仁の乱では、細川勝元率いる東軍と激しく戦いましたが、最終的には敗北し、自害しました。 -山名持豊の生涯- 山名持豊は、1404年に山名氏の一族である山名持清の子として生まれました。1429年に播磨国守護代となり、1437年に但馬国守護となりました。持豊は、武勇に優れており、多くの戦いで活躍しました。1441年の嘉吉の乱では、赤松満祐を討伐し、室町幕府の威信を高めました。 1467年に応仁の乱が勃発すると、持豊は西軍の総大将となりました。東軍は細川勝元が率いており、両軍は激しく戦いました。持豊は、京都で東軍と何度も戦いましたが、最終的には敗北し、1469年に自害しました。 -山名持豊の功績- 山名持豊は、室町時代後期を代表する武将の一人です。武勇に優れており、多くの戦いで活躍しました。応仁の乱では、西軍の総大将として東軍と戦いましたが、最終的には敗北しました。しかし、持豊の功績は大きく、現在でも多くの人々に語り継がれています。 -山名持豊の人物像- 山名持豊は、武勇に優れ、智勇兼備の名将でした。また、忠義に厚く、主君である足利義政に最後まで忠誠を尽くしました。持豊は、応仁の乱で敗北しましたが、その功績は大きく、現在でも多くの人々に尊敬されています。
歴史上の偉人

斯波義敏→ 室町-戦国時代の武将

-斯波義敏の生涯- 斯波義敏は、室町-戦国時代の武将です。斯波氏の一族で、斯波義将の子として美濃に生まれます。斯波義敏は、父・義将の死後、家督を継いで美濃守護に就任します。 斯波義敏は、美濃守護在職中に、美濃国内の安定と統治に努めました。また、京都の幕府とも密接な関係を築き、将軍・足利義政から偏諱を賜るなど、斯波氏は室町幕府内で重要な地位を占めるようになります。 しかし、斯波義敏は、応仁の乱勃発後は、西軍に属して東軍と戦います。しかし、西軍は東軍に敗北し、斯波義敏は美濃に撤退します。その後、斯波義敏は、美濃の再建に努めましたが、享禄4年(1531年)に病没します。 斯波義敏は、美濃守護として在職中に、美濃国内の安定と統治に努めた人物です。また、京都の幕府とも密接な関係を築き、斯波氏は室町幕府内で重要な地位を占めるようになります。しかし、応仁の乱勃発後は、西軍に属して東軍と戦いますが、西軍は東軍に敗北し、斯波義敏は美濃に撤退します。その後、斯波義敏は、美濃の再建に努めましたが、享禄4年(1531年)に病没します。
歴史上の偉人

「後光明天皇」の生涯と功績

-後光明天皇の生涯- 後光明天皇は、1611年1月29日に誕生しました。後水尾天皇の第一皇子であり、母は中宮徳川和子(東福門院)です。諱は興子(おきなこ)。 1617年9月26日に父帝の譲位を受けて践祚。即位後、寛永の大飢饉や島原の乱など、国内で多くの難題に直面しました。しかし、徳川幕府の協力のもと、徐々に国内を安定させました。 後光明天皇は、学問を好み、儒学や和歌に優れていました。また、茶道や蹴鞠にも精通していました。また、後光明天皇は、敬虔な仏教徒であり、多くの寺院を建立しました。 1643年11月5日、後光明天皇は痘瘡により33歳で崩御しました。陵は京都市東山区にある泉涌寺にあります。 -後光明天皇の功績- 後光明天皇は、寛永の大飢饉や島原の乱など、国内で多くの難題に直面しました。しかし、徳川幕府の協力のもと、徐々に国内を安定させました。 後光明天皇は、学問を好み、儒学や和歌に優れていました。また、茶道や蹴鞠にも精通していました。また、後光明天皇は、敬虔な仏教徒であり、多くの寺院を建立しました。 寛永12年(1635年)、後光明天皇は、徳川家光の妹、和子(明正天皇)を皇后に迎えました。和子は、後光明天皇と非常に仲が良く、天皇の政治を支えました。 承応3年(1654年)、後光明天皇は、明正天皇に譲位して上皇となりました。上皇となってからも、政治に影響力を持ち続けました。 万治元年(1658年)、後光明天皇は、50歳で崩御しました。後光明天皇は、在位中の功績を称えられ、諡号として「後光明天皇」を贈られました。
歴史上の偉人

尾和宗臨 – 室町-戦国時代の貿易商

堺の豪商としての生涯 尾和宗臨は、堺の豪商として知られる人物である。1426年に堺で生まれ、1493年に没した。宗臨は、幼い頃に父親を亡くし、母親に育てられた。宗臨は、若い頃から商才を発揮し、堺で商売を始めた。宗臨は、中国や東南アジア諸国との貿易を行い、莫大な富を蓄積した。宗臨は、堺の豪商としてだけではなく、堺の政治にも大きく貢献した。宗臨は、堺の町政に参画し、堺の発展に尽くした。また、宗臨は、堺の文化の発展にも貢献した。宗臨は、茶道や能楽を愛好し、堺の文化の発展に大きな影響を与えた。 宗臨は、堺の豪商としてだけではなく、堺の政治にも大きく貢献した。宗臨は、堺の町政に参画し、堺の発展に尽くした。また、宗臨は、堺の文化の発展にも貢献した。宗臨は、茶道や能楽を愛好し、堺の文化の発展に大きな影響を与えた。 宗臨は、1493年に堺で没した。宗臨の死後、宗臨の事業は、宗臨の息子である尾和宗二が継いだ。宗二は、父親の事業をさらに拡大し、堺の豪商として名を馳せた。宗二は、1550年に堺で没した。
歴史上の偉人

武田元綱

武田元綱とは 武田元綱(たけだ もとつな)は、戦国時代の武将。甲斐武田氏の家臣。武田信玄の四男。母は三条夫人の南方。通称は四郎。官位は従五位下、越後守。 武田元綱は、永禄9年(1566年)に武田信玄の四男として生まれた。母は三条夫人の南方。武田信玄が長男の武田義信を廃嫡した際に、武田元綱が跡継ぎとして擁立された。しかし、武田信玄は武田元綱が幼少であることを理由に、武田勝頼を跡継ぎとした。 武田元綱は、武田勝頼の補佐役として活躍した。武田信玄の死後は、武田勝頼に従って各地を転戦した。天正10年(1582年)の甲州征伐では、武田勝頼とともに甲斐に籠城した。しかし、武田勝頼は織田信長の軍勢に敗れて自害し、武田元綱も武田勝頼とともに自害した。 武田元綱は、武田信玄の四男として生まれ、武田勝頼の補佐役として活躍した。天正10年(1582年)の甲州征伐では、武田勝頼とともに甲斐に籠城したが、武田勝頼は織田信長の軍勢に敗れて自害し、武田元綱も武田勝頼とともに自害した。
歴史上の偉人

「斯波義廉」

斯波義廉の生涯 斯波義廉(しば よしかど)は、南北朝時代の武将・守護大名。斯波高経の嫡男。室町幕府の管領。 生誕 斯波義廉は、建武4年(1337年)、斯波高経の嫡男として生まれた。 足利尊氏の挙兵に従う 延文3年(1358年)、足利尊氏が挙兵すると、斯波義廉はこれに従った。 管領就任 貞治6年(1367年)、斯波義廉は管領に就任した。 観応の擾乱 観応の擾乱では、斯波義廉は足利義満を支持した。 征西大将軍就任 弘和3年(1383年)、斯波義廉は征西大将軍に就任し、九州に出陣した。 九州平定 斯波義廉は、九州で菊池武光を破り、九州を平定した。 管領再任 康暦2年(1380年)、斯波義廉は管領に再任された。 晩年 斯波義廉は、明徳3年(1392年)に死去した。 斯波義廉は、足利尊氏や足利義満に仕え、幕府の重臣として活躍した。
歴史上の偉人

「原古志稽」について

-原古志稽の生涯- 原古志稽は、日本の古道の一つである「古志稽」の開祖とされる人物です。生没年は不詳ですが、平安時代初期に活動したとされています。 原古志稽は、河内国(現在の大阪府)に生まれました。幼少の頃から武芸に秀で、特に槍術を得意としました。成長すると、各地を放浪しながら武芸の修行を積みました。 ある日、原古志稽は熊野で修行をしているとき、山中で一匹の白狼に襲われました。原古志稽は白狼と戦い、見事に退治しました。すると、白狼は天に昇り、原古志稽に「汝は古志稽の祖となり、天下の人々を武芸で導くであろう」と告げました。 原古志稽はこの言葉を信じ、古志稽の修行を始めました。古志稽とは、古代日本の武芸の一つで、槍術、剣術、弓術などを含みます。原古志稽は、古志稽の修行を積むことで、天下無双の武芸者となりました。 原古志稽は、古志稽の修行を積んだ後、各地を巡って武芸の指導を行いました。原古志稽の武芸は、多くの人々に支持され、古志稽は瞬く間に日本の古道の一つとなりました。 原古志稽は、日本の古道の一つである古志稽の開祖として、現在でも多くの人々に尊敬されています。
歴史上の偉人

人名辞典-「浦上則宗」

浦上則宗とはどんな人物か? 浦上則宗は、戦国時代の武将で、播磨国(現在の兵庫県)の守護大名。浦上宗景の子として生まれ、室町幕府11代将軍・足利義澄に仕えました。 則宗は、若い頃から武勇に優れており、1519年には、播磨国の赤松則村を破って、播磨国の守護に就任しました。その後、則宗は、足利義晴を奉じて、畿内を転戦し、1527年には、京都を奪取しました。 しかし、1533年に、足利義晴が近江国に逃亡すると、則宗は、近江国に攻め入り、足利義晴を捕らえました。この功績により、則宗は、室町幕府12代将軍に任じられました。 1536年には、則宗は、播磨国に帰国し、居城である赤穂城を築城しました。その後、則宗は、家臣の浦上宗景と対立し、1545年に、宗景に攻められて、赤穂城を失いました。 則宗は、その後、播磨国を流浪し、1560年に、備前国(現在の岡山県)で死去しました。 则宗は、戦国時代の武将の代表格であり、その武勇と謀略は、多くの人々に知られていました。その生涯は、多くの小説やドラマの題材となっています。
歴史上の偉人

「細川政国」(室町時代の武将)

-細川政国の生涯- 細川政国は、室町時代後期の武将・守護大名。室町幕府の管領を歴任した。 -出生- 細川政国は、応永13年(1406年)、細川満元の三男として生まれた。 -幕府に出仕- 政国は、永享の乱で功績を上げ、幕府に出仕した。永享11年(1439年)、細川持之が管領を辞任すると、政国がその跡を継いだ。 -管領として- 政国は、管領として、幕府の政務を執り行った。また、嘉吉の乱では、赤松満祐を討伐し、室町幕府の権威を回復した。 -晩年- 政国は、文明3年(1471年)に管領を辞任し、隠居した。そして、文明6年(1474年)に死去した。 -評価- 政国は、室町幕府の管領として、幕府の政務を執り行い、室町幕府の権威を回復した。また、政国は、文化人としても知られ、和歌や連歌を嗜んだ。
歴史上の偉人

「大内政弘」-室町-戦国時代の武将

大見出し「大内政弘」-室町-戦国時代の武将」の下に作られた小見出しの「生涯と功績」 小見出しの本文 大内政弘(おおうちまさひろ)は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将。周防国、長門国、豊前国を領有した大内氏の第31代当主である。 永正3年(1506年)、大内義興の嫡男として生まれる。幼名は亀王丸。 永正13年(1516年)、父・義興が死去し、家督を相続する。 永正17年(1520年)、尼子経久の侵攻を撃退し、周防国の制圧を完了する。 大永4年(1524年)、長門国に侵攻し、大友宗麟を破って長門国を平定する。 享禄2年(1529年)、豊前国に侵攻し、菊池武時を破って豊前国を平定する。 天文2年(1533年)、尼子晴久の侵攻を撃退し、周防国の制圧を完了する。 天文5年(1536年)、毛利元就と和睦し、安芸国を毛利氏に割譲する。 天文10年(1541年)、大内義長が死去し、家督を相続する。 天文11年(1542年)、尼子晴久の侵攻を撃退し、周防国の制圧を完了する。 天文12年(1543年)、毛利元就の侵攻を撃退し、安芸国を奪回する。 天文13年(1544年)、毛利元就の侵攻を撃退し、安芸国を奪回する。 天文14年(1545年)、毛利元就の侵攻を撃退し、安芸国を奪回する。 天文15年(1546年)、毛利元就の侵攻を撃退し、安芸国を奪回する。 天文16年(1547年)、毛利元就の侵攻を撃退し、安芸国を奪回する。 天文17年(1548年)、毛利元就の侵攻を撃退し、安芸国を奪回する。 天文18年(1549年)、毛利元就の侵攻を撃退し、安芸国を奪回する。 天文19年(1550年)、毛利元就の侵攻を撃退し、安芸国を奪回する。 天文20年(1551年)、毛利元就の侵攻を撃退し、安芸国を奪回する。 天文21年(1552年)、毛利元就の侵攻を撃退し、安芸国を奪回する。 天文22年(1553年)、毛利元就の侵攻を撃退し、安芸国を奪回する。 天文23年(1554年)、毛利元就の侵攻を撃退し、安芸国を奪回する。 天文24年(1555年)、毛利元就の侵攻を撃退し、安芸国を奪回する。 弘治元年(1555年)、死去する。享年50。 大内政弘は、毛利元就と争い、安芸国を奪い合い、最終的には毛利元就に敗れたが、大内氏は西国の雄として、戦国時代に大きな影響を与えた。