応永20年

歴史上の人物

烏丸豊光 – 公卿(くぎょう)として室町幕府を支えた名家烏丸家の祖

-烏丸豊光の生涯 - 室町幕府の中枢で活躍した公卿- 烏丸豊光は、室町時代前期の公卿です。室町幕府の政務を掌る三か条奉行の一人として、幕府の中枢で活躍しました。 豊光は、応永8年(1401年)に烏丸資光の嫡男として誕生します。烏丸家は、代々公卿を輩出した名家で、豊光もまた若くして公卿の地位に上ります。 応永26年(1419年)、豊光は20歳にして正五位上に昇叙し、室町幕府の評定衆に加えられます。評定衆は、幕府の政務を審議する機関であり、豊光は幕府の中枢で活躍するようになります。 応永33年(1426年)、豊光はさらに従四位下に昇叙し、三か条奉行の一人に任命されます。三か条奉行は、幕府の政務を掌る三人の奉行であり、豊光は幕府の最高権力者の一人となります。 嘉吉元年(1441年)、嘉吉の乱が発生します。嘉吉の乱は、赤松満祐の起こした謀反で、室町幕府は大きな混乱に陥ります。豊光もまた、この乱に巻き込まれ、赤松満祐の襲撃を受けて討死しました。 豊光は、室町幕府の中枢で活躍した公卿であり、幕府の安泰に貢献しました。その功績は、後世にまで称えられています。
歴史上の人物

-高辻久長

-高辻久長- -高辻久長の生涯- 高辻久長は、南北朝時代の公卿・武将です。 久長は、延元3年(1338年)に高辻頼業の子として生まれました。 建武5年(1338年)、南北朝の動乱が始まると、久長は南朝に属して戦いました。 久長は、正平16年(1361年)に陸奥国の守護に任命され、同国で北朝方の軍勢と戦いました。 正平23年(1368年)、久長は北朝方の軍勢に敗れ、自害しました。 久長は、南朝方の武将として活躍した人物です。 久長は、正平16年(1361年)に陸奥国の守護に任命され、同国で北朝方の軍勢と戦いました。 久長は、正平23年(1368年)に北朝方の軍勢に敗れ、自害しました。 久長は、南朝方の武将として活躍した人物です。
歴史上の人物

武田信春 – 南北朝時代に活躍した甲斐の武将

-武田信春とは- 武田信春は、南北朝時代に活躍した甲斐の武将です。甲斐守護・武田信成の次男として生まれ、兄・信武の死後、家督を継ぎました。信春は、甲斐国内の統一に努め、南朝方の有力武将として活躍しました。 信春は、建武3年(1336年)に足利尊氏に従って鎌倉幕府を滅ぼし、建武政権の樹立に貢献しました。しかし、尊氏が建武政権を倒して室町幕府を開くと、信春は南朝方に転じました。信春は、南朝方の名将として知られ、数々の戦いで勝利を収めました。 正平11年(1356年)、信春は室町幕府軍と戦って敗れ、自害しました。信春の死後、武田氏は衰退し、甲斐国内は混乱状態に陥りました。しかし、信春の孫である武田信満が甲斐を統一し、武田氏は再興することになります。 信春は、甲斐国の統一に努め、南朝方の武将として活躍した名将です。信春の死後、武田氏は衰退しましたが、信春の孫である武田信満が甲斐を統一し、武田氏は再興することになります。
歴史上の人物

 - 増珍

増珍の生涯 増珍は、912年に越後国(現在の新潟県)に生まれた。父は、園城寺の座主を務めた増賀。母は、長谷寺の尼僧であった。増珍は、幼少期から仏教に親しみ、10歳の時に園城寺で得度した。その後、東大寺や高野山で修行を積み、19歳の時に園城寺の座主に就任した。 増珍は、座主に就任すると、園城寺の復興に尽力した。また、平安時代の後期に起こった天台宗の内部抗争である「延暦寺の座主問題」を解決するため、叡山を訪問して天台宗の総本山である延暦寺の座主を説得した。この功績により、増珍は「天台宗の救世主」と呼ばれた。 増珍は、980年に園城寺の座主を退任し、985年に亡くなった。享年73歳。増珍の遺体は、園城寺に葬られた。 増珍は、天台宗の発展に大きな貢献をした高僧である。また、平安時代の政治にも影響力を持ち、朝廷から重んじられた。増珍は、今日でも天台宗の信徒から敬愛されている。
歴史上の人物

「明済」

-明済と播磨の矢野荘- 明済は、室町時代後期に活躍した臨済宗の禅僧であり、播磨の矢野荘の開拓に尽力したことで知られています。 矢野荘は、播磨国佐用郡にあった荘園で、鎌倉時代から室町時代にかけて、赤松氏の支配下にありました。明済は、赤松氏の家臣である赤松則村の招きに応じて、矢野荘に移り住みました。 明済は、矢野荘の住人たちに、農業技術や水利技術を伝え、また、矢野荘の開墾を進めました。明済の努力によって、矢野荘は、播磨国有数の穀倉地帯となりました。 また、明済は、矢野荘に、明恵寺という禅寺を開きました。明恵寺は、播磨国の禅宗の中心地として、栄えました。 明済の功績は、播磨国に大きな影響を与えました。明済の開拓事業によって、播磨国は、経済的に発展し、また、明済の禅宗の教えによって、播磨国の人々は、精神的に豊かになりました。 明済は、播磨国の人々から、大変尊敬されました。明済の死後、明済は、播磨国の守護神として祀られました。 明済は、播磨国に大きな足跡を残した偉大な人物です。明済の功績は、今もなお、播磨国の人々の心に生き続けています。
歴史上の人物

竺山得仙→ 南北朝-室町時代の僧

竺山得仙の生涯 竺山得仙は、南北朝時代から室町時代にかけて活躍した臨済宗の僧侶です。1307年(徳治2年)に美濃国(現在の岐阜県)で生まれ、1349年(正平4年)に京都の建仁寺で出家しました。その後、京都の東福寺で修行し、1343年(暦応6年)に長慶寺で悟りを開きました。 得仙は、その悟りを開いたことから、臨済宗の僧侶として大きな名声を得ました。1347年(貞和3年)には、京都の建仁寺の住職に任命され、1349年(正平4年)には、京都の東福寺の住職に任命されました。その後、1352年(正平7年)には、京都の万寿寺の住職に任命され、1353年(正平8年)には、京都の円覚寺の住職に任命されました。 得仙は、臨済宗の僧侶として、数多くの著作を残しました。その中で最も有名なのが、「正法眼蔵」です。「正法眼蔵」は、禅の思想を解説した書物で、禅の修行者にとって必読書とされています。また、得仙は、禅の思想を絵画で表現した「十牛図」も残しました。「十牛図」は、禅の修行者が悟りを開くまでの過程を10枚の絵で表現したもので、禅の修行者にとって大切な教えとなっています。 得仙は、1370年(応安3年)に京都で亡くなりました。享年64歳でした。得仙は、臨済宗の僧侶として大きな功績を残した人物であり、その思想は今日でも多くの禅の修行者に影響を与えています。
歴史上の人物

「越渓秀格」とは?

-越渓秀格の生涯- 越渓秀格(1277年 - 1352年)は、元末明初の画家、書家、詩人です。本名は趙孟頫、字は子昂、号は松雪道人、東海逸隠、閒逸老人、松雪山樵など。浙江省湖州烏程県(現在の浙江省湖州市烏程区)の出身です。 越渓秀格は、宋の太祖趙匡胤の9世の孫であり、南宋の宗室に生まれました。幼い頃から絵画や書道を好み、15歳のときに趙孟堅に師事して絵画を学びました。その後、王羲之や顔真卿などの書法を研究し、独自の書風を確立しました。 元の大徳2年(1298年)に、越渓秀格は元の朝廷に仕官しました。翰林学士や中書省参知政事などの要職を歴任し、元朝の文化政策に大きな影響を与えました。しかし、元朝の腐敗や専制政治に嫌気がさし、大徳11年(1307年)に辞職して故郷に帰りました。 故郷に帰った越渓秀格は、絵画や書道に専念しました。彼の絵画は、宋代の伝統を受け継ぎながらも、独自の画風を確立しました。山水画を得意とし、特に「蘭亭集序」の臨書は名作として知られています。 越渓秀格は、元末明初の文化を代表する人物であり、その作品は現在でも多くの人に愛されています。彼の生涯と作品は、中国美術史において重要な位置を占めています。
歴史上の人物

日野重光

-日野重光の生涯- 日野重光(1462年 - 1535年)は、室町時代後期から戦国時代にかけての公卿・歌人である。内大臣・日野勝光の三男・日野富子の子。兄に日野広光がいる。 * 生涯 日野重光は、1462年に内大臣・日野勝光の三男として生まれた。母は日野富子。兄に日野広光がいる。 1478年、17歳の時に従三位に叙され、侍従となる。1484年、正三位に叙され、権中納言に任じられる。1486年、従二位に叙され、権大納言に任じられる。 1489年、30歳の時に参議に任じられ、右大辨を兼ねる。1492年、左大辨に任じられる。 1505年、44歳の時に内大臣に任じられる。 1512年、51歳の時に辞任し、剃髪して蓮勝と号する。 1535年、74歳で死去した。 * 歌人として 日野重光は、歌人として知られ、勅撰和歌集に10首が入集している。また、私撰和歌集『新撰菟玖波集』を撰進した。 日野重光の歌は、優美で典雅な作風が特徴である。また、自然を詠んだ歌が多く、季節の移ろいを繊細に表現している。 * 日野富子と細川政元との戦い 日野重光は、日野富子の兄であり、細川政元の義兄であった。しかし、日野富子と細川政元は、権力争いを繰り広げていた。 1507年、細川政元は、日野富子を勝竜寺城に幽閉した。これに対して、日野重光は、細川政元に挙兵し、勝竜寺城を攻めた。 しかし、日野重光は、細川政元に敗れ、降伏した。 日野富子は、細川政元によって、幽閉されたまま、1511年に死去した。 * 晩年 日野重光は、細川政元に敗れた後、剃髪して蓮勝と号した。その後は、京都の西山に隠棲し、歌三昧の生活を送った。 1535年、74歳で死去した。