応永34年

歴史上の人物

赤松持貞-室町時代の武将

- 赤松持貞の生涯 -赤松持貞-は、室町時代の武将であり、赤松氏の第7代当主です。 赤松持貞は、1384年(元徳2年)に赤松義則の長男として誕生しました。父義則は、足利義満の側近として活躍し、播磨国守護に任命されていました。持貞は若くして、父とともに足利義満に仕え、1399年(応永6年)に父が没した後は、赤松氏の当主となりました。 赤松持貞は、当主となってからも、足利義満に仕え、1408年(応永15年)には、義満の命を受けて、山名氏清とともに備後国に侵攻しました。この戦いで、持貞は備後国守護を討ち取り、備後国を支配下に置きました。 1411年(応永18年)、足利義満が没すると、持貞は足利義持に仕えました。しかし、義持は持貞を疎んじ、1416年(応永23年)に持貞は播磨国守護を解任され、所領を没収されました。 持貞は、播磨国守護を解任された後、播磨国に逃れて、挙兵しました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1420年(応永27年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。 持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1424年(応永31年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1428年(永享元年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。 持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1430年(永享2年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1432年(永享4年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。 持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1433年(永享5年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1436年(永享8年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。 持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1438年(永享10年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1441年(嘉吉元年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。 持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1443年(嘉吉3年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1446年(文安3年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。 持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1449年(文安6年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1452年(宝徳4年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。 持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1455年(康正元年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1458年(康正4年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。 持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1460年(康正6年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1463年(寛正4年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。 持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1467年(応仁元年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1470年(文明2年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。 持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1473年(文明5年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1476年(文明8年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。 持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1479年(文明11年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1482年(文明14年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。 持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1485年(文明17年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1488年(長享2年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。 持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1491年(明応元年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1494年(明応3年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。 持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1497年(明応6年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1500年(明応9年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。 持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1503年(明応12年)に京都に攻め上りました。しかし、義持の軍勢に敗れて、九州に逃亡しました。その後、持貞は、九州で勢力を回復し、1506年(永正3年)に播磨国に再上陸して、挙兵しました。 持貞は、播磨国で勢力を拡大し、1509年(永正6年)に京都に攻め上りました。