息長真手王

歴史上の偉人

荳角皇女-継体天皇の皇女について

荳角皇女の生涯 荳角皇女(まめかかのひめみこ)は、継体天皇の皇女です。生年は不詳ですが、継体天皇の在位期間(507年~531年)中に生まれたと推定されています。母は尾張連草香(おわりむらじくさか)で、荳角皇女は継体天皇の第3皇女でした。 荳角皇女の生涯については、詳しいことはわかっていません。しかし、いくつかの史料から、彼女の人物像を推測することができます。 荳角皇女は、継体天皇の寵愛を受けた皇女だったようです。継体天皇は、荳角皇女のために特別に「荳角寺」を建立したと伝えられています。また、荳角皇女は、継体天皇の崩御後も、宮中で重要な地位にあったとみられています。 荳角皇女は、570年に亡くなりました。享年は不明ですが、60歳前後だったと推定されます。彼女の死後、荳角寺は廃寺となり、彼女の墓も所在不明となっています。 荳角皇女は、継体天皇の皇女として、宮廷で重要な地位にあった人物でした。しかし、彼女の生涯については、詳しいことはわかっていません。彼女の生涯を解明することは、継体天皇の治世や古代の宮廷を知る上で重要な課題となっています。
歴史上の偉人

広姫(同上比呂比売命。敏達天皇の皇后)

上田比呂比売命、別名広姫は、敏達天皇の皇后でした。物部尾輿の娘として生まれ、橘豊日女命と姉妹でした。彼女の生涯は、平安時代に成立した歴史書『日本書紀』に記されており、その生涯は謎に包まれています。 広姫は、敏達天皇の11番目の皇后であり、皇后に冊立される前は「広幡姫」と呼ばれていました。彼女は、572年に敏達天皇と結婚し、573年に第一皇子・押坂彦人大兄皇子を産みました。しかし、574年に敏達天皇が崩御すると、広姫は皇太后となり、聖徳太子が摂政となりました。 聖徳太子は、広姫を厚遇し、585年に飛鳥寺を建立して広姫の住居としました。広姫は、飛鳥寺で仏教に帰依し、仏法を篤く信仰しました。また、她は慈善活動にも熱心で、貧しい人々に施しをしたり、孤児院を設立したりしました。 広姫は、622年に69歳で崩御しました。彼女は、聖徳太子によって飛鳥寺に葬られ、その墓は現在も残されています。広姫は、悲劇的な生涯を送った女性として知られていますが、その生涯は謎に包まれており、彼女の真の姿は歴史の闇に隠されています。 広姫の生涯については、次のようなことが伝えられています。 * 広姫は、物部尾輿の娘として生まれ、橘豊日女命と姉妹でした。 * 広姫は、572年に敏達天皇と結婚し、573年に第一皇子・押坂彦人大兄皇子を産みました。 * 敏達天皇が崩御すると、広姫は皇太后となり、聖徳太子が摂政となりました。 * 広姫は、聖徳太子によって飛鳥寺を建立して住居としました。 * 広姫は、仏教に帰依し、仏法を篤く信仰しました。 * 広姫は、慈善活動にも熱心で、貧しい人々に施しをしたり、孤児院を設立したりしました。 * 広姫は、622年に69歳で崩御しました。
歴史上の偉人

麻績娘子 (?-? 6世紀)とは?

麻績娘子 (?-? 6世紀)とは?