愛知医専教授

学術分野の人

北林貞道とは?明治-昭和時代の精神医学者

-# 北林貞道の生い立ちと経歴 北林貞道は、1869年(明治2年)10月14日に、東京府北豊島郡巣鴨村(現在の東京都豊島区巣鴨)に生まれた。父は北林八郎左衛門、母はタキノ。貞道は、幼少期から病弱で、しばしば学校を休みがちであった。しかし、読書を好み、特に歴史と文学を好んで読んだ。 1886年(明治19年)に、東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)に入学。在学中は、柔道部に所属し、猛練習を重ねて、黒帯を取得した。また、演劇にも興味を持ち、演劇部にも所属した。 1891年(明治24年)に、第一中学校を卒業後、東京帝国大学医科大学(現在の東京大学医学部)に進学。在学中は、精神病学を専攻し、教授の浅田宗伯に師事した。1896年(明治29年)に、東京帝国大学医科大学を卒業し、医師となった。 卒業後は、東京帝国大学精神病学教室の助手となり、精神病学の研究に従事した。1900年(明治33年)に、ヨーロッパに留学し、ドイツのベルリン大学とハイデルベルク大学で精神病学を学んだ。1902年(明治35年)に、帰国し、東京帝国大学精神病学教室の助教授となった。 1905年(明治38年)に、東京帝国大学精神病学教室の教授に昇任。1912年(大正元年)に、東京帝国大学附属精神病医院(現在の東京大学医学部附属病院精神神経科)の院長に就任した。1923年(大正12年)に、関東大震災が発生すると、被災者の精神衛生を指導し、復興に尽力した。 1928年(昭和3年)に、東京帝国大学を退官し、名誉教授となった。その後も、精神病学の研究と教育に携わり、多くの精神科医を育成した。1943年(昭和18年)に、73歳で死去した。