慧湛

歴史上の人物

– 慧湛(大用慧堪)とは

-慧湛とは- 慧湛(えち)は、平安時代初期の真言宗の僧。弘法大師空海の高弟であり、空海の没後、真言宗を率いた。また、空海の弟子の中で最も秀でていたとされ、空海が開いた真言宗の寺、東寺(京都市南区)の初代住職を務めた。 慧湛は、空海と同じく讃岐国(現在の香川県)出身。幼い頃から仏教に帰依し、東大寺で学んだ後、空海に師事した。空海に師事してからは、空海の秘伝を授かり、真言宗の奥義を極めた。空海が没した後は、真言宗を率い、東寺の初代住職となった。 慧湛は、真言宗の教義を体系化し、真言宗の基礎を固めた。また、真言宗の儀式を整備し、真言宗の信仰を広めた。慧湛の功績は大きく、真言宗の発展に大きく貢献した。 慧湛は、空海に仕える中で、空海の思想や教えを深く理解し、真言宗の奥義を極めた。また、慧湛は、真言宗の教義を体系化し、真言宗の基礎を固めた。さらに、慧湛は、真言宗の儀式を整備し、真言宗の信仰を広めた。慧湛の功績は大きく、真言宗の発展に大きく貢献した。 慧湛は、空海の没後、真言宗を率い、真言宗の発展に大きく貢献した。また、慧湛は、空海の思想や教えを深く理解し、真言宗の奥義を極めた。さらに、慧湛は、真言宗の教義を体系化し、真言宗の基礎を固めた。また、慧湛は、真言宗の儀式を整備し、真言宗の信仰を広めた。慧湛の功績は大きく、真言宗の発展に大きく貢献した。